お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「四畳半!!」 【クロス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277426122/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金) 09:35:22.28 ID:6jDkYyDc0

四畳半神話体系とけいおんのSSです
原作そのままの文章とかあるんでそこは大目に見てください




スポンサーサイト



[ 2011/10/06 21:40 ] クロス | 森見登美彦 | CM(0)

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半 【クロス】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308413883/l50

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半
紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」(IEのみ縦読み)#前半
紬「四畳半に住むのが夢だったの~」(IEのみ縦読み)#後半




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 04:08:08.50 ID:JcM4nRRK0

「おじゃまします」

丁寧に靴を脱ぎ揃え、礼儀正しく部屋に上がり込む。
ふわりと浮くように髪をなびかせ、男汁の染み込んだ窮屈な空間に不釣り合いなほど
清楚な匂いを発散させていた。

琴吹さんはみすぼらしい私の部屋を、今にも「わぁ~」とでも言いたげな表情で見渡した。
この「わぁ~」は決して不快に身を引く「わぁ~」ではなく、少年が未知の存在と遭遇し、期待を込めて
感嘆するような「わぁ~」であることを読者諸君には理解していただきたい。

つまり私の部屋は琴吹さんにとって、まさに未知との遭遇だったのだ。

「むさ苦しい所だが、まあゆっくりしてくれたまえ」
「は、はい」

心なしか琴吹さんは緊張した様子でうやうやしく腰を下ろした。
その肩には妙に力が入っている。

改めて考えると、我が四畳半に一端の女子大生が面白みを感じるような変わった所などないように思えた。
しかし口をきゅっと結び、縮こまりながらも身を乗り出し
興味深そうにおわしましている琴吹さんを見る限り、それは杞憂にも感じられた。

琴吹さんは何か言いたげにそわそわとしているが、
私とてコーヒーの一つや二つ用意するくらいの礼節はわきまえている。
コーヒーメーカーを準備しようと流し台に向かおうとした時、
半開きになっている部屋のドアの前に小さな置き手紙を発見した。




[ 2011/06/19 22:12 ] クロス | 森見登美彦 | CM(2)

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半 【クロス】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308413883/l50

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半
紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」(IEのみ縦読み)#前半
紬「四畳半に住むのが夢だったの~」(IEのみ縦読み)#後半




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/19(日) 01:18:03.87 ID:JcM4nRRK0

大学三回生の春までの二年間、私は一つとして実益のあることをしてきただろうか。
否。

異性からの孤立、学問の放棄、肉体の衰弱化、
その他全てにおいて負の坂道を転がり落ちていったのはなにゆえであるか。
責任者に問いただす必要がある。責任者はどこか。

かつては邪念のかけらもない純粋無垢の権化ともてはやされた私だったが、
今では邪念を通り越し怨念の塊と化してしまった。
まだ若いのだからと言う人もあろう。人はいくらでも変わることができると。

そんな馬鹿なことがあるものか。

やがてこの世に生を受けて四半世紀になんなんとする立派な青年が
いまさら己の人格を変貌させようとむくつけき努力を重ねた所で何となろう。
すでにこちこちになって屹立している人格を
無理にねじ曲げようとすればぽっきり折れてしまうのが関の山だ。

過去を変えることは出来ぬ。今ここにある己を引きずって、生涯をまっとうせねばならぬ。
その事実に目をつぶってはならぬ。

でも、いささか、見るに堪えない。

この物語の主な登場人物は私である。
第二の主役として、三次元に存在するとは思えない美しき令嬢、琴吹紬がいる。
そして多次元宇宙から舞い降りた天使のような彼女と、
誇り高き美男子である私に挟まれて、矮小な魂を持った脇役たる小津がいる。

博識であり頭脳明晰な読者諸君にあえて断わっておくが、
この物語は小説「四畳半神話体系」を土台とし、いうなればそのまんまである。




[ 2011/06/19 22:05 ] クロス | 森見登美彦 | CM(0)

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半 【クロス】






管理人:PC(IE)のみ、縦読みで読めるようにしています。

     紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半
     紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半

     



[ 2010/12/31 23:58 ] クロス | 森見登美彦 | CM(0)

紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半 【クロス】






管理人:PC(IE)のみ、縦読みで読めるようにしています。

     紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#前半
     紬「四畳半に住むのが夢だったの~」#後半

     


[ 2010/12/31 23:58 ] クロス | 森見登美彦 | CM(0)

紬「げんじつ!」 【日常系】


梓「求めよ、さすれば与えられん」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 10:01:05.62 ID:dcJRU0Nd0

立ったら書く

えいやこらさ!




[ 2010/12/05 02:55 ] 日常系 | 紬純 森見登美彦 | CM(1)

梓「求めよ、さらば与えられん」 【非日常系】


梓「求めよ、さすれば与えられん」より
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287308425/




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 18:45:08.62 ID:FAEEZjkF0

アパート『メゾン・ソアラ』の扉を叩いたのは18時5分前の事である
インターホンを押すとドアが物々しく開いた

今日は我が大学KO大学の新入生説明会であった
新入生説明会を経て学生証等の配布を受け
晴れて私もKO大学生の仲間入りである

さてさて我がばら色の大学生活では何をなすべきであろうか
学友とともに学問に精進するもよし
異性との健全な青春に心ときめかせるもよし
撥弦楽器の道を究めんとするもよし

求めよ、さらば与えられん




[ 2010/10/18 23:19 ] 非日常系 | 森見登美彦 | CM(0)

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6