SS保存場所(けいおん!) TOP  >  2010年10月10日

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






純「あ、あずにゃん?」 【ほのぼの】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286625688/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 21:01:28.25 ID:hBOk8XjpO

梓「」ビクッ

純「そ、その辺の漫画読むよ?」

梓「いいけど……」

純「よしっ。……あ、ドカベンあんじゃん」

梓「純?」

純「へっ?」

梓「今私のことなんて呼んだ?」



スポンサーサイト
[ 2010/10/10 20:58 ] ほのぼの | 梓純 | CM(0)

憂「小さな幸せ」 【詩】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286689427/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 14:43:47.88 ID:kaRg2VOoO

 それは突然舞い降りた。

 私の窓辺の小さな幸せ物語。

憂「わぁ、可愛いね、キミ」

 黄色い身体にほんの少しだけ白と黒のアクセント。

 くるくるした黒い目でキョロキョロ。

 ちょっぴりせわしなく頭を振るのはキミのご挨拶なのかな?

憂「こんにちは、迷子のインコくん」

 ふむ、キミは人に飼われてたのかな

憂「ちょっとだけ、いいよね」

 つんつん。

 少し後退り。

憂「あはは、驚かせちゃったかな?ごめんね、インコくん。」



[ 2010/10/10 20:57 ] | | CM(0)

律「秋山澪の秋」 【ほのぼの】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286693394/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 15:49:54.93 ID:GtkdVVSMP

  放課後、軽音部部室

唯「落ち葉が舞い散ってるよ」

紬「秋だものね」

唯「切ないね、なんだか」

紬「人恋しくなるわよね」

唯「ムーギちゃん♪」 きゅっ

紬「あらあら♪」




[ 2010/10/10 20:57 ] ほのぼの | | CM(0)

憂「お姉ちゃんの起こし方」 【ほのぼの】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286661451/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 06:57:31.41 ID:zVp2iU3yO

おはようございます。
平沢憂です。

今日はお姉ちゃんの起こし方をみなさんにリアルタイムでお教えしたいと思います!



[ 2010/10/10 20:56 ] ほのぼの | 唯憂 | CM(0)

紬「江戸時代の私達」#最終話 【歴史】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286466946/

紬「江戸時代の私達」#一話:梓の猫
紬「江戸時代の私達」#二話:春を憂い
紬「江戸時代の私達」#三話:都忘れ
紬「江戸時代の私達」#四話:別れ
紬「江戸時代の私達」#五話:過去
紬「江戸時代の私達」#六話:心中
紬「江戸時代の私達」#七話:過去2
紬「江戸時代の私達」#八話:過去3
紬「江戸時代の私達」#九話:一蓮托生
紬「江戸時代の私達」#十話:一蓮拓生2




458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/10/10(日) 13:25:15.69 ID:vxp2Xg+yO

【最終話:具会一処】

紬「澪ちゃんが死んだ……」

今朝の瓦版を見て私は衝撃を受けた。

澪ちゃんが死んじゃうなんてそんな……。

紬「澪ちゃん……うぅっ……ずずっ澪ちゃん」

梓「紬さん来ました……どうしたんですかぁ!?」



[ 2010/10/10 20:20 ] 歴史 | 当て屋の椿 | CM(0)

紬「江戸時代の私達」#六~十話 【歴史】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286466946/

紬「江戸時代の私達」#六話:心中
紬「江戸時代の私達」#七話:過去2
紬「江戸時代の私達」#八話:過去3
紬「江戸時代の私達」#九話:一蓮托生
紬「江戸時代の私達」#十話:一蓮拓生2




221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 06:08:30.59 ID:OlK5fEC4O

【第六話:心中】

梓「団子だぁ!団子だぁっ!」

紬「喉に詰まらせないように食べるのよ?」

梓「三日振りの飯だぁ!」

団子を手当たり次第に食べる食べる。

梓「美味しい……美味しいです!」

純「そりゃあ私が作った団子だもんマズイ分けがない」

美味しい……本当に美味しい……。

梓「美味しいです……美味……ぐむっ!」



[ 2010/10/10 20:00 ] 歴史 | 当て屋の椿 | CM(1)

紬「江戸時代の私達」#一~五話 【歴史】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286466946/

紬「江戸時代の私達」#一話:梓の猫
紬「江戸時代の私達」#二話:春を憂い
紬「江戸時代の私達」#三話:都忘れ
紬「江戸時代の私達」#四話:別れ
紬「江戸時代の私達」#五話:過去




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 00:55:46.68 ID:WxsaxAgnO

【第一話:梓の猫】

時は江戸。
人口百十一万人を越えるこの街で探し物を探すと言うのはとても難しい。

だからこそ、このお店は繁盛しているのだろう。

私の目の前にあるお店の看板には探し屋と書いてある。

私一人ではこの街で行方不明になった猫を探すのはとても無理だ。

風の噂で聞いたがこの探し屋の主……変わり者らしい。

梓「……よし!」

迷ってはいられ無い私の大事な猫を探さなきゃ。



[ 2010/10/10 19:46 ] 歴史 | 当て屋の椿 | CM(0)

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6