お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

2011年3月更新リスト 【まとめ】


2011年3月の更新リストです。








スポンサーサイト
[ 2011/03/31 11:22 ] まとめ | | CM(0)

梓「あそこに毛が生えた」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301496553/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:49:13.65 ID:yXiOArv80

お風呂場

梓「ふー、良い湯だなっと」

梓「ん?」

梓「こ、これは?」

梓「マン毛が生えてる!」

梓「高2になって、やっとこ生えるとは」

梓「これでもう、小学生みたいとかバカにされずに済みます」

梓「みんなでお風呂入る時もあそこを隠さずに堂々と出来る」

梓「お赤飯でお祝いしましょう」




[ 2011/03/31 11:21 ] 非日常系 | | CM(2)

律「歌詞忘れた」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301494383/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:13:03.75 ID:VAH7qw8t0

卒業式後。

澪「梓、聞いてほしい曲があるんだ」

唯「あずにゃんのために作ったんだよー」

紬「あっ唯ちゃん、それ私のセリフー」

梓「あははっ」

唯「こっちへおいで、あずにゃん」



唯「タイトルは『天使にふれたよ!』」

律(やべっ歌詞忘れた)




[ 2011/03/31 11:14 ] 非日常系 | | CM(3)

和「そういえば、講堂の使用届的なものの提出がまだなのよ」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301494777/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:19:37.87 ID:HV/IugL70

律「えっ」

澪「りつー?」

律「いや冗談やめようか。私たちは昨日ライブ終わったばっかだぞ?」

紬「成功して良かったね」

和「とにかく講堂の使用届的なものの
  提出がまだなの。いいから来なさい」ガシッ

律「えっちょそんな強引な」ズルズル

和「またね」ガチャン

唯「またね」

澪「また来週」

唯「りっちゃん行っちゃったねー」ごくごく

梓「唯先輩、ティータイムの場で
  缶ジュースと紅茶を交互に飲んでるんですか?すごいですね」

唯「ありがとー!」

梓「あ?いえ?褒めてませんけど?
  それにしてもどうしてそんな状況になってるんですか」

唯「これは缶ジュースと紅茶、
  どちらも均等に味わうために思いついた最終手段だよ」

梓「そうですか」




[ 2011/03/31 11:07 ] 非日常系 | | CM(3)

紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#後編 【歴史】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301393995/l50


紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#前編



┏━━━┓
┃諸注意┃
┗━━━┛

・ この話はスレタイのとおり
  『あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史』(山本茂実 著 1968年初版)の内容を元にしている

・ なお、上記原著を知らなくとも読みうるよう、最低限配慮したつもりである

・ つまり、舞台の時代が時代なので、
  全体的に(特に後半は)重く暗い話であるから、苦手な人は読まないこと
  
  
  前編、>>3より。
  
  
  


紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#前編 【歴史】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301393995/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:19:55.38 ID:aksLP8+W0

代理





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:23:15.85 ID:K+m0G4pP0

>>1 ありがとうございました

┏━━━┓
┃諸注意┃
┗━━━┛

・ この話はスレタイのとおり
  『あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史』(山本茂実 著 1968年初版)の内容を元にしている

・ なお、上記原著を知らなくとも読みうるよう、最低限配慮したつもりである

・ つまり、舞台の時代が時代なので、
  全体的に(特に後半は)重く暗い話であるから、苦手な人は読まないこと




梓「あずにゃん先生のねこネコ体操はっじまっるよぉ~!」 【カオス】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301409058/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:30:58.28 ID:fWPKFP8iO

憂「お姉ちゃんごはんできたよ~」

唯「うん! 今日のごはんはな~にかな~?」


梓『テレビの前の良い子のみんな~~~
  あずにゃん先生のねこネコ体操、はっじまっるよぉ~!』

『わ~』『わ~』『わ~』(集まる子供達)

唯「えっ? あずにゃん?」

憂「んぅ? 梓ちゃんがどうした……の……」


梓『じゃあ行くよ~?』

子供達『はーい』




[ 2011/03/30 08:51 ] カオス | | CM(7)

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。