SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  梓「私たちの約束」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「私たちの約束」 【日常系】




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:37:33.09 ID:O7U7VotG0

↓以下ID:3SZycU/g0のSS




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:40:40.87 ID:3SZycU/g0

梓が高校三年生になり、もう半年以上が過ぎて…………

一月一日   梓宅

梓「…………暇だなあ」

梓(お母さんもお父さんもどっか出かけちゃってるし)

梓(純と一緒に初詣行こうとしたら、家族全員で旅行中だし)

梓(憂と一緒に初詣行こうとしたら、唯先輩が帰ってきているらしくて断られちゃったし……)

梓「…………一人でどこかに行くっていうのも嫌だしなあ……」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:41:40.36 ID:3SZycU/g0

ピンポーン

梓「……誰だろう、憂が唯先輩連れて、来てくれたのかな?」

ピポピポピポピポピポピンポーン

梓「……近所の子どもがいたずらでもしてるのかな?」

ドンドンドン! 

梓「うわ、ドア叩き始めた……恐いなあ……誰だろ」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:42:43.89 ID:3SZycU/g0

梓は玄関に向かう。

梓「ど、どなたでしょう、か……?」

律「お、やっと開けてくれたか」

梓「り、律先輩!?」

律「梓、久しぶりだな。あけましておめでとう」

梓「え、あ、あけましておめでとうございます、じゃなくて! 何で先輩がここにいるんですか!?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:43:36.61 ID:3SZycU/g0

律「詳しいことは後で話すからさ、とにかく上がらせてくれよ」

梓「は、はい……」

律は玄関で靴を脱ぐと、我が物顔でリビングに向かった。

律「あー、喉乾いた。何か熱いお茶でも持ってきてー」

梓「…………ずうずうしいですね」ボソッ



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:44:42.95 ID:3SZycU/g0

律「何か言ったかー?」

梓「いえ、何でもないです。お茶ですね? はい、どうぞ」

律「サンキュー」

梓「律先輩、いつ帰省してきたんですか?」

律「唯と一緒に帰ってきたんだよ。それでさ、自分の家に帰ろうと思ったら家族全員どっか出かけているんだよ」

梓「あれ? 事前に連絡してなかったんですか? 帰省するって」

律「父さんとか聡を驚かせようと思ってね。失敗したけど」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:45:51.54 ID:3SZycU/g0

梓「自業自得じゃないですか」

律「それで、行くとこなくなって、ここに来たってわけ」

梓「澪先輩やムギ先輩はどうしたんですか?」

律「二人とも勉強やら何やらに忙しいらしくてなー、正月は帰省しないだってよ。薄情なもんだよなー」

律はお茶をすすった。

律「ま、それはともかく。父さんたちが帰ってくるまで暇だから、ここに来たってわけだ」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:47:05.03 ID:3SZycU/g0

梓「なるほど。…………でも、私の家来ても出すものは何もありませんよ? お節なんか作ってませんし」

律「いいっていいって。お茶飲めただけ幸せだし」

梓「…………まぁ、律先輩がいいならいいですけど」

律「それよりさ、初詣行かないか? せっかくの正月なんだし」

梓「せっかくの正月なんだからのんびり過ごしていた方がいいと思いますけど」

律「梓も今年は受験生だろ? 一月後に受験も控えているわけだし、合格祈願のお守りでも買った方がいいんじゃないか? 落ちるぞ?」

梓「受験生に落ちると滑るっていう言葉は禁句ですよ……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:48:11.61 ID:3SZycU/g0

律「落ちたくないだろ? ほら、行こうぜ初詣」

梓「でも、二人だけですよ?」

律「いいじゃん。新鮮で」

梓「まあ、そうかもしれませんけど」

律「いいから行くぞ、ほら!」

梓「ちょ、手をひっぱらないで下さいよ」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:49:13.44 ID:3SZycU/g0



律「そういえばさ、梓はどこの大学志望してるんだ?」

梓「先輩と同じ、N女ですよ」

律「おぉ、私の後輩になるわけか」

梓「はい。……そういえば先輩たちって、大学でもバンドやってるんですか?」

律「んー、やってるっていえばやってるし、やってないっていえばやってない」

梓「どういうことですか?」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:50:13.18 ID:3SZycU/g0

律「私はバンド組んでないんだけどね、澪が外バン組んでる。唯とムギは完全に音楽から手を引いているなー」

梓「律先輩はまだ、音楽はやってるんですか?」

律「ああ。もちろん」

梓「一人で、ですか?」

律「だれか増やしたいとは思ってるんだけどね、人がいないんだよ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:51:17.76 ID:3SZycU/g0

梓「みんな、変わっちゃいましたね……」

律「梓もいずれそうなるぞ? 多分」

梓「変なこと言わないでください。私はずっと音楽をやり続けるつもりですよ?」

律「唯もそんなこと言ってたなー」

梓「唯先輩とは違いますよ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:52:12.45 ID:3SZycU/g0

律「じゃあさ、梓がN女に合格してら、私と組まないか?」

梓「……へ?」

律「音楽をやり続けるんだろ? 私もそのつもりだからさ。一緒に組まないか?」

梓「まぁ、……考えておきます」

律「期待してるぞ、梓」

律は梓の肩を叩いた。悪い気分ではない、と梓は思った。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:53:18.07 ID:3SZycU/g0

神社

律「うわー、人で一杯。もっと早く来ればよかった」

梓「ですね。はぐれるかもしれませんよ」

律「あれだ、手繋いでいった方が得策じゃないか? はぐれないですみそうだし」

梓「繋ぎますか?」

律「繋ぐか」

二人はお互いの手を握った。




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:54:02.37 ID:IC2Extbu0

りっちゃん・・・
マジイケメンすぐる。





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:54:16.16 ID:3SZycU/g0

律「じゃあ、突入するぞ! おー!」

梓「え、あ、きゃっ――」

人込みの中をかき分けて、二人はさい銭箱の前に進む。

梓「うわー、髪がぼっさぼさになりましたよ」

律「私もだ。でもまあ、すぐなおるだろ」

梓「えーと、五円玉五円玉、と」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:55:15.61 ID:3SZycU/g0

律「梓、太っ腹に五百円玉とかを投げたらどうだ? 神様もひいきしてくれるかもしれないぞ?」

梓「神様に五百円も出すのはちょっと……。せいぜい百円ですね」

律「あれだぞ? ケチると叶う願いも叶わなくなるぞ?」

梓「律先輩は去年、いくら出したんですか?」

律「私は五百円。そのおかげでN女受かったのかもしれない」

梓「……じゃあ、私も五百円にしときます」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:56:27.74 ID:3SZycU/g0

律「おう、そうした方がいいぞー」

言いながら、律は五円玉をさい銭箱の中に投げた。梓も五百円玉を放る。

そして、両手を合わせた。

梓(……N女に合格できますように! 憂や、純と一緒に合格できますように!)

梓(補欠合格でもいから! 合格できますように!!)

梓が願い事を終えると同時、律も終えたようだった。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:57:29.34 ID:3SZycU/g0

梓「律先輩、何をお願いしたんですか?」

律「梓が合格できますように、とお願いした」

梓「え」

律「何だよ? 意外かー? 梓が合格してくれないと、バンド組めないだろ?」

梓「……まだ組むとは言ってませんよ?」

律「それでも、合格するに越したことはないからなー」

梓「……ありがとうございます」

律「いえいえ。それよりさ、お守りも買わないか?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:58:18.88 ID:3SZycU/g0

お守り売り場

梓「律先輩は何のお守り買うんですか?」

律「私はそうだな……身体健康かな。風邪とかひきたくないし。梓は合格祈願だろ?」

梓「はい、もちろんです」

律「そういえばさ――」ヴーヴー「お、メールだ」

梓「誰からです? 澪先輩とか?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 02:59:31.97 ID:3SZycU/g0

律「いや。大学で出来た友達……『あけおめ、ことよろ』としか書かれてないな」

梓「…………本当に友達ですか、それ? なんか味気ない……」

律「まぁ、友達だ…………と思う」

梓「大学って入ったら、交友関係とか広がったりするものなんですかね?」

律「まあ、な。私だって友人が3人くらい増えたし」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:00:22.98 ID:3SZycU/g0

梓「3人って……リアルな数字ですね」

律「気にすんな! 友達は数より質だ!」

梓(質も悪いような気が……)

律「それより早くお守り買おうぜ?」

梓「あ、そうですね」

二人は巫女のいるレジに向かった。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:01:19.63 ID:3SZycU/g0



梓「律先輩の家族、もう帰ってきてるんじゃないでしょうか?」

律「そうかな? まあ、電話かけてみるよ」

prrrrr prrrrr

律「駄目だ。まだ留守電になってる」

梓「あぁ……」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:02:15.02 ID:3SZycU/g0

律「どっかで昼飯食べてかないか? 腹減ったし、時間的にもちょうどいいような気がする」

梓「もうお昼近いですしね……そうしますか」

律「あそこにある喫茶店でいいんじゃないか?」

梓「ですね」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:03:18.80 ID:3SZycU/g0

喫茶店内

律「じゃあ、私サンドイッチとホットコーヒーで」

梓「私は……ホットケーキとミルクティーで」

店員「かしこまりました」

言い残し、店員が去って行く。

律「ホットケーキとミルクティーって……甘甘なものばっかし」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:04:16.96 ID:3SZycU/g0

梓「いいじゃないですか。無理してホットコーヒー頼むよりは」

律「無理なんかしてない! 味覚が大人になったんだ」

梓「じゃあ、砂糖とか使わないで飲むんですよね?」

律「う、あ、当たり前だろ」

店員「お待たせいたしました。ミルクティーとホットコーヒーになります」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:05:13.59 ID:3SZycU/g0

梓「あぁ……甘くていい匂いです……」

律「………………ゴクリ」

梓「……」ズズズ「……やっぱミルクティーが一番ですね。あれ、律先輩。コーヒーは飲まないんですか? 冷めますよ?」

律「い、今飲もうと思ってたんだ」

ズズズズズ、と結構な量を飲む。

律「……うげ、苦い……、いや、コクがあって美味しいよ」

梓「顔が引きつってますよ?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:06:06.45 ID:3SZycU/g0

律「…………さーて、砂糖とミルクを入れて飲もうっと」

梓(………………すごく苦かったんだろうな…………)

何となく不憫だったから、律にそれ以上何かを言うのをやめた。

律「そういえばさ、軽音部に部員入ったか?」

梓「はい。一年生が三人入部してくれましたよ。憂と私とその三人の計五人ですね」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:07:08.25 ID:3SZycU/g0

律「あれ? でも来年誰も入部しなかったら……廃部か」

梓「で、でも、大丈夫だと思いますよ? 一人くらいは入ると思いますから」

律「ま、そうであってほしいなぁ」

砂糖とミルクをコーヒーの中に入れながら律が漏らす。

ヴーヴー  梓「あ、メール。……純からだ。『今北海道! 雪がヤバーい!』」

律「お、純ちゃんか。あの子もN女志望してるのか?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:08:07.97 ID:3SZycU/g0

梓「はい。純も憂もN女ですよ」

律「お、憂ちゃんもか。唯のやつ、大学の寮生活が始まってまだ間もないころさ、毎日のように『憂がいない』って泣いてたんだよ」

梓「ああ、唯先輩ならありそうですね」

律「大変だったんだぞー? 講義中に、急に『憂がいない!』って泣きだすこともあったしな」

梓「うわぁ……」

律「ま、憂ちゃんが来るんだったら、そんなことはもうなくなるだろうけどな」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:09:08.13 ID:3SZycU/g0

店員「お待たせいたしました。サンドイッチとホットケーキになります」

律「おお、美味そう」

梓「ですね」

二人はそれから、無言で昼食を食べはじめた。

そして、ほぼ同時に食べ終わった。

律「じゃあ、ここは私が奢るぞ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:10:11.33 ID:3SZycU/g0

梓「え、悪いです、そんなの」

律「いいって。私が誘ったんだしな」

梓「でも……」

律「それに、私は梓の先輩じゃん? 後輩にお金を出させるなんて先輩失格だろー?」

梓「じゃあ……お言葉に甘えて」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:11:10.03 ID:3SZycU/g0



律「あー、駄目だ。まだ家留守電だよ」

梓「事前に帰省するって電話すればこんなことにはならなかったのに……」

律「うるせー、いまさら言っても後の祭りだ」

梓「どうします? 私の家に帰りますか?」

律「いや。正月番組は嫌いなんだ。面白くないから」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:12:08.31 ID:3SZycU/g0

梓「じゃあ、どっか行きますか?」

律「とりあえず、その辺をぶらぶらするか。何か話でもしながら」

梓「でも、話すことなんてもうないような気がしますが」

律「そんなことないだろ。ここに現役女子大生がいるんだぞ」

梓「うーん、じゃあ……彼氏とかはできたんですか?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:13:07.81 ID:3SZycU/g0

律「彼氏がいたら帰省なんかしないね。絶対」

梓「ああ、そういえばそうかもしれませんね」

律「それに、女子大だから異性なんて教授くらいしかいないんだよ」

梓「なるほど」

律「梓はどうだ? 彼氏とか」

梓「彼氏がいたら正月は忙しかったでしょうね」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:14:07.22 ID:3SZycU/g0

律「……まぁ、お互い頑張ろうや」

梓「……ですね」

律「あ、でもムギの奴は彼氏がいるみたいだぞ」

梓「え」

律「クリスマス、デートしているのを唯が見たらしい。羨ましいなー」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:15:08.71 ID:3SZycU/g0

梓「……負けた気がします」

律「あぁ……私もだ」

梓「澪先輩とかに彼氏が出来るような気がしたんですけどね」

律「澪は……恥ずかしがり屋だからなぁ。男と手を繋ぐこともできないだろ」

梓「それは……言いすぎでは? 実際バンドも組んでるんですし」

律「いや、でもまぁ、澪は大学でファンクラブが出来てるしな。ある程度の人気はある見たいだぞ。女の子に」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:16:06.85 ID:3SZycU/g0

梓「女の子にじゃ意味がありませんね」

律「まったくだ」

梓「あれ? 律先輩ってサークルに入ってるんですか?」

律「いや、入ってないよ」

梓「唯先輩たちは?」

律「唯も無所属、澪は軽音楽系のサークル、ムギが漫画研究会」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:16:28.44 ID:YNIw1He30

ム、ムギュゥゥゥ…ぅうっうっ(´;ω;`)





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:17:07.78 ID:3SZycU/g0

梓「ムギ先輩だけ異色ですね」

律「ああ、本人に何があったのかは分からないけど、同人に人生かける、とか訳のわからないことを言っていたのは覚えてる」

梓「…………意味不明ですね」

律「ま、ムギらしいて言ったらムギらしいんだけどな」

梓「何か……私の中の大学生活像がどんどん壊れて行きます」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:18:06.54 ID:3SZycU/g0

律「私もさ、大学入ったばかりはどんな華やかな日々が続くんだろう! って思ったけどまったくの期待はずれだったしな」

梓「どんな生活を想像してたんです?」

律「唯達とまたバンド組んで、駅前とかで演奏する――そんな大学生活」

まあ結果としては

律「誰一人とも組めないまま、大学一年目が終わろうとしているんだけどな」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:19:07.96 ID:3SZycU/g0

梓「…………お気の毒さまです」

律「まだ三年あるしな。気長に頑張ってみるよ。夢は武道館! って言ってみたいからさ」

梓「……律先輩の新しくできた友達とは、組んだりしないんですか?」

律「みんな体育会系の女の子なんだよな。バレーにソフトボールのサークルに入ってるし」

梓「それは、残念ですね」

律「だからさ、梓とか純ちゃんとか憂ちゃんとバンド組んでさ、もう一度武道館目指したいな、とか思ってるんだよ」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:20:17.43 ID:3SZycU/g0

梓「憂まで誘う気ですか?」

律「憂ちゃん、物覚え早いしな」

梓「まぁ、確かにそうですね」

律「ま、憂ちゃんは唯とずっと一緒にいるだろうから、バンドなんかやらないと思うけどな。誰かと音楽をしたいね」

梓「…………いいですよ?」

律「え?」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:21:27.52 ID:3SZycU/g0

梓「…………私がN女入れたら、律先輩と組むって話。私、乗りますよ」

律「! ほ、本当か!? 組んでくれるのか?」

梓「はい、もしかしたら純も入るかもしれませんが、それでもいいですか?」

律「あぁ! 大歓迎だ! いやー、楽しみが一つ増えた。絶対合格しろよ、梓」

梓「もちろんです。律先輩こそ、留年とかしないでくださいよ」

律「留年するほど単位はやばくなーい!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:22:24.08 ID:3SZycU/g0

それからも、二人は談笑した。気がつくと四時を過ぎていて、律が自宅に電話をかけると、家族はもう戻ってきているようだった。

律「じゃあな、梓」

梓「はい、先輩」

律「あれだぞ、絶対受かれよ、N女」

梓「わかってますよ。絶対合格して見せます」

律「約束だぞ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:23:12.73 ID:3SZycU/g0

梓「はい。約束です」

律「よし――。楽しみに待ってるぞ」

梓「楽しみに待ってて下さい」

律が笑んだことに、梓は気付いた。

そして、二人は別々の帰路に着いた。



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:24:06.84 ID:3SZycU/g0

梓宅

家に帰っても、まだ両親は帰っていなかった。梓は自室に戻り、携帯を開く。

梓「あ、純からメール来てる」

梓「なになに……『北海道の氷柱って美味しいね!』……うわ、純が氷柱食べてる画像付きだよ」

梓「……そうだ、純に訊いてみようかな」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:25:15.59 ID:3SZycU/g0

梓は返信ボタンを押し、メール本文を書いていく。

梓「『大学に合格したらさ、一緒にバンド組まない?』――――と、送信」

数分後、返信が来た。

『from 純  本文:梓と二人だけで?』

梓は『ううん、違う。律先輩と』と送信する

ヴーヴー

梓「お、返信早っ!」

『from 純  本文:いいね! 面白そう!』



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:26:07.74 ID:3SZycU/g0

エピローグ    N女校門前

その日はN女の合否発表日で、たくさんの受験生たちが自分の受験番号があるかを確認している。

その様を律は、校門わきにある大木の幹に、寄りかかりながら眺めていた。

悔しいと泣いている者、嬉しいと喜んでいる者、残念だったねと励ましている者。その中に、律は彼女の姿を見つけた。

律は彼女の元へと走る。

彼女は二人の友人と一緒だった。彼女もその友人たちも、涙を潤ませながら喜んでいる風だった。



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:26:53.39 ID:3SZycU/g0

真っ先に律の姿に気づいたのは、彼女ではなくその友人二人。

憂「あ、律さん!」

純「あ、梓の先輩じゃない? あの人」

友人の言葉で、彼女も律に気づいたようで――。

律「久しぶり、梓」

律の言葉に、彼女――中野梓は返答してくる。



梓「久しぶりですね、律先輩。約束はちゃんと守れましたよ」
                                終わり




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:29:42.59 ID:IC2Extbu0

面白かった。
これ見てたら2011年もいい年になる気がした

あけおめ



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:32:24.50 ID:St3IbR/T0

律梓としては楽しめた
ただ二人のキャラが壊れなく平常運行なだけに>>65の言うとおり微妙な白状さにギャップというか違和感があった



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:33:10.04 ID:YNIw1He30



律梓は大吉



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:34:53.39 ID:b72I7MGYO


疎遠になってる人間関係のおかげで全体的に雰囲気が暗かったなw



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:37:38.81 ID:0PU2Bz/Q0


まあ高校時代の仲の良さを考えると互いに定期的に近況報告くらいはするよな
正月まで何も知らないっていうのは言われてみれば変だな
最悪唯のことくらい憂から聞いてないと



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:41:04.40 ID:Qq6a4ecnO



ただ合格発表の所は、唯・澪・紬も出して欲しかった

紛いなりにも後輩だし、唯に関しては妹もいるのに、あの場にいたのが律だけってのもなー



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:43:27.74 ID:WG0Ayk+k0

何かもう素直に律と梓が仲良く初詣に行く話で良かったんじゃないかな
と思えるくらい律と梓のやり取りは良かった乙



76 名前:結論から ◆HotHz4tVdI :2011/01/01(土) 03:43:48.47 ID:RD0JoHLuP ?2BP(2222)

現実味があってよかったぞ^^
終始安定してたけど、もうちょっと盛り上がってもよかったと思うが



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/01(土) 03:45:10.16 ID:IC2Extbu0

この安定感のまま盛り上がる話書いたら
鉄板だと思う




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「私たちの約束」
[ 2011/01/02 23:19 ] 日常系 | 律梓 | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:306 [ 2011/01/03 12:05 ] [ 編集 ]

いい話だった
けど、新年に現実を垣間見たような気がした

タイトル:
NO:309 [ 2011/01/03 18:39 ] [ 編集 ]

俺のむぎゅが……(:_;)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6