SS保存場所(けいおん!) TOP  >  コメディ >  唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#3 『ぐにゃあ~ ”首折り男の周辺”』

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#3 『ぐにゃあ~ ”首折り男の周辺”』 【コメディ】


41 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:37:15.11 ID:QHCwJD60

乙でした。

という訳で始めます。


タイトルは『ぐにゃあ~ ”首折り男の周辺”』



※原作3巻の大掃除ネタの改変です。途中までは原作とほぼ一緒です。

※どういう状況なのか思い出してみるといいかも。





42 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:38:03.74 ID:QHCwJD60


<3がっきのぶしつ!>


澪「3学期も終わりということで、今日は音楽室の大掃除をしたいと思います」


 ざわ・・・ざわ・・・ざわ・・・


律「ふー。たいぶ片付いたな」

唯「見て見て! なんかケースが出てきた!」

律「お。何だろ?金目の物入ってないかな?」


 ぱかっ

 唯たちはケースを開けた

 ケースには”古びたギター”が入っていた


唯「わ ギターだ」

梓「凄く古そうな感じですね」

律「もっと面白いもの期待したのになー」

唯「つまんなーい」

梓「軽音部なんだからもっと興味持ちましょうよ…」



43 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:38:51.97 ID:QHCwJD60



さわ子「あら? 懐かしいわね!」

梓「あ、先生!」

さわ子「このギター、私が学生時代に使ってたギターなのよー」

梓「先生って軽音部のOGだったんですか!?」

さわ子「そうよ? 梓ちゃんはまだ知らなかったっけ」

梓「凄いです! 今度ギター教えてもらいたいです!」

唯「はい。これが学生時代のさわちゃんです」


 唯は写真を渡した

 写真にはデスメタメイクのさわ子が写っていた


梓「……やっぱりいいです」

さわ子「なんでよっ!」



44 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:39:22.39 ID:QHCwJD60

唯「それじゃ、はい。さわちゃんのギターだよっ」

さわ子「ありがと。ってこのギター……」


さわ子(ぬわっ! カビくさっ!!)


さわ子「……やっぱりいらないわ。もうギターを弾く暇もないし…」

唯「え? じゃぁこのギターどうするの?」

さわ子「お店に売って部費の足しにしてちょうだい」

唯「おおっ!ふとっぱら!」

澪(いらないものを押し付けられた…)



45 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:40:01.30 ID:QHCwJD60


<がっきや!>


律「というわけで、”古びたギター”を店で売ろうとしてる途中なんだが……」

唯「査定まだかなぁ~。いくらぐらいで売れるかなぁ???」

澪「う~ん? まぁあんまり期待はできないな」

律「だよなぁ。相当年季入ってそうだもん。あの”ギター”」

梓「私もそう思います。カビっぽいし、きっと安いですよ」

紬「買いたたかれちゃって、10万円ぽっちになるんじゃないかしら?」

唯「え~。それは高すぎだよ」

澪「ムギ、10万円は結構な大金だぞ。10万円ぽっちって……」

律「やっぱムギは相当なお嬢様なんだな!」


5人「アハハハハハハハハ」




店員「査定終了しましたー」



46 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:40:39.38 ID:QHCwJD60


店員「50万円で買い取らせて頂きます」


梓「ゴッ……」


律(ご、ごじゅうまんえんっ?? ってナニソレ~ドユコト~??)

澪(ご、ごじゅうまんえんっ!? ってなんでそんな高いんだよぉぉぉぉぉぉ!!)

唯(ご、ごじゅうまんえんっ?! ってタベモノダッケオイシイノ??)


店員「こちらが代金になります」

紬「ありがとー」

律「ち、躊躇なく受け取ってんじゃねー!!」



47 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:41:30.85 ID:QHCwJD60


澪「な…なん…なんで…ご…ごじ…」

律「澪。落ち着け」


律「あの、なんでこんなに高いんですか? もしまたムギに遠慮してるんだったら…」

店員「いや、そんなことはないですよ」




店員「このモデルは60年代始めに生まれたギターでして当初は材料や形が定まっておらず様々な仕様のマイナーチェンジを繰り返しつつ現在の形になったとのことです。お客様にお持ちいただいたこのギターは指板にハカランダという今になっては貴重な木が使われておりましてこれが高い値段の一つの要因になっております。残念なことにこのギターはテイルピースという形状でフルオリジナルじゃないため少し値段が落ちてしまいますがストラップテイルピースの方が演奏性に優れているためこちらの方を好むお客様も多くそれほどのマイナスになりません。しかもこのギターは長いことしまわれていたそうであまり傷やフラットの減りがなく年代物にしては大変コンディションがいいのでこの金額で買い取らせていただきました」




律「……」


律「??????」


店員「あ、えっと…」

店員「とにかく貴重なギターなんです!」



48 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:42:16.70 ID:QHCwJD60


<おみせのそと!>

店員「ありがとうございましたー」


律「……売ってしまった…」

澪「い、いいのかな…」


梓「ほ、本当にいいんですか。こんなことして」

律「さわちゃんがこうしろって言ったんだから大丈夫だよ」

梓「で、でもっ」


律「5人で分けても1人10万だな」ボソッ

梓「!!!」


梓「……私欲しいエフェクターがあったんです」

律(ふふふ)


――梓。陥落っ!



49 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:42:45.43 ID:QHCwJD60


澪「10万円かぁ…なにが買えるかなあ…」


澪(……!)

律(……!!)

唯(……///)



――その時、みんなが浮かれている中でただ一人、律はある事態に気がついた!



律「はっ!」

澪「ん?どうした律?」

律「いっかーん!これはいかんぞぉぉぉぉぉ!」

唯・紬・梓「「「???」」」



50 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:43:25.58 ID:QHCwJD60


律「ほら、この50万円って部費の足しにするわけじゃん」

梓「そういう理由で売ったわけですしね」

律「だとしたらさ、部費計上に使うときにこの”50万円の領収書”も渡すわけじゃん!」

澪「まぁ、そうなるよな」

律「もしさわちゃんに馬鹿正直に『50万円で売れましたー』って報告したらどうなるか!」

紬「えーと?」

律「あまりの大金に『じゃあ49万円は私の財布に入れるわねv』ってなりそうじゃね!」

唯「!」

唯「ありえるっ。りっちゃんソレすっごくありえそうだよ!」

律「だろ!」

唯「そこに気が付くとは、やはりりっちゃんは天才か!」

律「えっへん!」



51 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:44:03.29 ID:QHCwJD60


澪「だったら、どうするんだ?」

律「なんとか売り値をごまかす方法を考えないとな」

梓「でもどうやって……」

律「この領収書をごまかせればなんとか行けると思う。0を消して5万円で売れたことにするとか」

紬「えぇ!? それは無理じゃない?」


律「むぅ」

唯「う~ん??」


――しばしの熟考

  そうして田井中律は見つけ出した。八方ふさがりの中を掻い潜る。悪魔的な謀を!


律「こ、これだァ!」

唯「ナニナニ?どんなの!?」



52 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:44:36.67 ID:QHCwJD60


律「ふふふ。やはり人生、勝つのは知略走り 他人出し抜ける者……」


律「唯。頼みがある」

唯「ほぇ?」

律「お前のギター。売ってくれ……」

唯「ええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」

澪「ちょ、律。なに言ってんだ」


律「いいか。唯のギターを売るとする。たぶん5万円くらいで売れるだろう」

梓「まぁ、そうですかね」

律「とすると、私たちの手元には”唯のギター代5万円”と”5万円分の領収書”と”50万円”と”50万円の領収書”が残る」

紬「ふむふむ」



53 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:45:32.45 ID:QHCwJD60


律「明日、”さわちゃんのギター”の売値を、唯のギターの売値”5万円”と言うんだ」

律「その証拠として、”唯のギター代5万円”と”5万円分の領収書”だけを見せればいい」

唯「えっ、そんなことできる?」


律「ほら、あの店の領収書見てみ。詳細は『ギター代金』としか書いてないだろ!」

律「つまり50万のでなくとも、唯のギターでも売れば”ギターを売った領収書”は手に入るっ」

律「そしてその”5万のギターの領収書”を見せれば、さわちゃんはあの”古びたギター”が5万円で売れたと信じるだろう」


澪「えっと……結局さわちゃんには、あの”古びたギター”が5万で売れたというウソ報告をするという事だな?」


律「そう、そして売れた、渡した領収書の額が5万円程度なら、多分さわちゃんは自分の財布に入れない」

律「とにかく、この計画がうまく行けば、少なくとも”50万円”に関してはノーチェックで私たちがゲットできるって寸法だ!!」

澪「えええぇ!??? そんなに上手く行くかぁ?」



54 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:46:16.19 ID:QHCwJD60


梓「わ、私は反対です! ギタリストにとって、使用してるギターはまさに相棒っ!! いいえ、命と言ってもいいくらいの品物ですっ!」

梓「それを手放す…売っちゃうだなんて……」

律「全部終わった時に買い戻せばいいだけじゃん。大丈夫大丈夫!」

梓「で、でもっ」

律「あのな、梓……」

律「ギタリストにとってギターは命かもしれないが……」





律「金は命より重い!」




律「そこの認識をごまかす輩は 生涯地を這う……!!」

律(ここで、勝負を賭けられるかがっ、勝者と敗者を分ける、分水嶺っ!!)

律(なぜ…… それに気付かない…? ここは、勝負しかねぇだろ!)



澪「えええええええええええええええええええええええええええ」



55 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:47:08.33 ID:QHCwJD60


澪「ちょっと律。今日のお前はどうしちゃったんだよ!」


律「ま、どうするかは唯。お前に任せるよ」

唯「……」


唯「全部がうまく行ったら、50万円が確保できるんだね……りっちゃん」

律「あぁ、唯のギターを買い戻す時に足がでるかもしれないが、」

律「それでも40万円以上は手堅いだろうな」

唯「……」

紬「……」

梓「……」

澪「……」




唯「よしっ!わかったよ、りっちゃん!!」

唯「私のギー太、ちょっとだけ売ってみるっ!」

律「よぉーし、キター!!!」



澪「ああああああああああ」

梓「うええええええ」

紬「……う~ん」



56 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:48:14.41 ID:QHCwJD60


律「よーし、そうと決まれば善はいそげだっ」

唯「しばらくするとお店も閉まっちゃうしね。急いでギー太持ってくるよ」

律「待ってるぞー!」


紬「……」

澪「……いいのかな?」

梓「いや、よくないと思います。いろんな意味で」




梓「あ、そういえば律せんぱい?」

律「?」

梓「手持ちのギター売るんなら、私のでもよかったと思うんですが、なんで唯先輩だけに言ったんですか?」

律「だって梓は賢いけど、唯はアホの子じゃん」

梓「あ、はい。分かりました」

澪「『はい』じゃないが」


律「フフフ。やはり勝つのは知略走り、他人をd」

澪「それはもういい」



57 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:48:53.27 ID:QHCwJD60


律(計画通り! だがまだスタート地点にさえいない。明日さわちゃんに会った時、それが本当のスタートっ!)


 ざわ・・・ざわ・・・ざわ・・・


澪(……律がおかしい。なんか鼻が長く伸びて尖ってきてるし、明らかに変だ!)


梓(……唯先輩。本当にギター売っちゃうのかなぁ)


紬(……ど、どうなっちゃうのかしらっ!?)



58 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:49:38.82 ID:QHCwJD60


<20分後>

梓「あ、唯せんぱい来ましたね。ギターケース抱えて」

律「遅いぞ~ゆーい」

 タッタッタッタ

唯「おーい。みんなぁ」ノシノシ


 ガッ!


唯「はぅぁΣ」

紬「あぁっ! 唯ちゃんがコケた!!」


 ┣¨ン!

 ボキィ!!!










梓(あれ、なんか首の骨が折れるような、そんな音が……)

澪「も、もしかして……」

律「うわああああああああああああああああああああああ」



59 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:50:35.75 ID:QHCwJD60


紬「ギ、ギターケースが……変な方向に曲がっ」


唯「イタタタ、タタ……タ?」



唯「……」


 唯はギターケースを開けた


 が、中にあったギターは、ネックが真っ二つに折れていた!


 唯は”ネックの折れたギター”を手に取った


唯「……」



梓「唯先輩のレスポールのネックが、折れちゃった……」


唯「ふぁ、あっ。あっあっ、あ」

澪「こっ、これは……」

律「や、やっちった!」



60 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:51:51.49 ID:QHCwJD60


――唯の脳裏には、ギー太との思い出が走馬灯のように駆け巡りはじめた



  初めて出会った時の事。一緒に眠った夜。初めて弾いたチャルメラ……


  必死にコードを覚えて練習したこと。合宿で初めて合わせたバンド練に、初ライブ……


  洋服を着せたり、ギー太との毎日毎日の思い出が、グルグルグルグルと駆け巡っていく……
 


  ボロ… ボロ… ボロ……



61 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:52:47.71 ID:QHCwJD60


  ボロ… ボロ… ボロ……


――唯の瞳からは、大粒の涙が。そして……



唯「アバっ」

紬「ABBA?」

澪「…スウェーデンのバンドの?」


唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばっ!?」

梓「ゆ、唯せんぱい?」

唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」



62 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:53:47.35 ID:QHCwJD60


――悲劇降臨!

  平沢唯のギターが、壊れてしまった。ネックが、完全に折れて!

  原因はそう、一瞬の気の緩み。そのせいで、折れた! 折れた!! 折れたっ!!!

  欲を出し、50万金を、手に入れようとしたときに、

  唯が初めて買った大切なギターが、壊れてしまったのだ!!


唯「あうあうあうあうあうあ~」


――そして、平沢唯も、壊れたっ!

  彼女の顔がっ、空気がっ、脊髄がっ、

    ぐにゃあ~

  と曲がり、

  中身が抜けて、イってしまった!


唯「あうあうあうあうあうあうあうあうあうあうああああああああああ」


――これほどショックを受けたのは、平沢唯にとって、彼女のギターが

  血と汗と思い出の染みついたあのギターが、

  まさしく”命”の一部っ。”魂”に他ならないからだろう。


  それを、つまらぬ謀のせいで、壊してしまったのだっ!


  例えるなら、暴落! もう取り返しはつかないっ!!



63 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:54:34.80 ID:QHCwJD60


唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」


 唯はこんらんしている


澪「うわぁ、唯が壊れた!」

唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

梓「しっかりしてください。唯せんぱい!」


律「ご、ごめ。唯……」

律「こんなっ、こんなハズじゃ…!」


唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」


律「ああああっ」


唯「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」


律「ああああああああああっ!」










                                     .



64 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:55:25.09 ID:QHCwJD60


律「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」


 律もこんらんした


澪「うぉい! お前もかいっ!!」


紬「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばw」


梓「ム、ムギ先輩まで……」


唯・律・紬「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば……」


澪・梓「……」


5人「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」


 軽音部は全員こんらんしている



65 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:56:35.97 ID:QHCwJD60


5人「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」





子供「ねーママ~」

母親「しっ、見ちゃいけません」




5人「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」



澪「って何やってんだわたしらはっ///」



66 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:57:32.98 ID:QHCwJD60


<よくじつのがっこう!>


唯「……ぶーたがーみーちをゆーくよー。うへへへへ」


さわ子「……」

さわ子「はい、状況は理解しました」


唯「うへへ。うへへへへへ」


さわ子「唯ちゃんから魂がなくなってるのはそういう訳なのね……」

律「うぅ、ごめんなさいっ」

唯「……ぶーたはしーぬのがこわいからー、くるまーをよーけてゆーくよ~♪」

唯「うへっ。うへへへへへ」

澪「ゆ、唯……」


さわ子「はぁ、じゃぁ50万円は全額没収。部費計上は無し。いいわね」

律「は、はい。結構です。すみませんっ」

さわ子「……反省してる?田井中さん」

律「はい。もうずるはしません。反省してますっ…誠意見せます。焼き土下座でも、なんでも来いです……」

さわ子「……」



67 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 00:58:59.71 ID:QHCwJD60


さわ子「ふぅ……」


さわ子「……分かりました。反省してるようなので、唯ちゃんのギター修理代”だけ”は、先生が出してあげます」

律「えっ!」

唯「えっ?」

澪(おっ。唯が復活した)



律「さ、さわちゃんマジで!?」

唯「ほ、ほんとに出して、直してくれるの!!!?」

さわ子「ええ。なんかもう、魂の抜けた唯ちゃん見てられないもの……」


唯「うぅっ……」

唯「うわーん。さわちゃん先生ありがとっー!」

ギュゥ

さわ子「ちょ、ちょっと抱きつかないっ(涙や鼻水が服に……)」

唯「わ゛た゛し゛っ、わだじのギダーっ。一生大事にずる~」

唯「ぜっだいでばなさない゛~」

唯「うわあああああああああああああああああああああああああああああああん」

さわ子「ええ、大事にしなゃダメよっ!」



68 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 01:00:14.06 ID:QHCwJD60


唯「うわあああああああああああああああああああああああああああああああん」



澪「……とりあえず、一件落着だな」

律「まぁ、よかったよかった……」





律「これを見てる読者のみんな~いいかな~」

律「自分が扱う楽器は、大切にしないといけないぞ~」

律「あと、領収書とかもごまかしちゃいけないぞ~」

律「かわいいかわいい軽音部部長、田井中律ちゃんとの約束だぞっv」


澪「……調子に乗るなっ」

 ドスッ

律「うおおおお……」

END



69 名前: ◆ZoaEhxgi7I:2011/01/03(月) 01:01:13.55 ID:QHCwJD60


……以上です。

パロディとドタバタギャグってやつですよ。うん。

バクマンで言うところのシリアスなギャグです。


じゃぁ次の人よろしゅう。俺の屍を超えて行け!



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#3 『ぐにゃあ~ ”首折り男の周辺”』
[ 2011/01/03 09:39 ] コメディ | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:315 [ 2011/01/03 22:06 ] [ 編集 ]

面白いですが、
これではお笑いや無くで道徳ですわ。

タイトル:
NO:468 [ 2011/01/15 11:09 ] [ 編集 ]

首折り男ほとんど関係ねえw

タイトル:
NO:5852 [ 2012/03/12 09:07 ] [ 編集 ]

つまらん、主旨もズレてるし律唯を軽んじただけ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6