SS保存場所(けいおん!) TOP  >  コメディ >  唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#8

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#8 【コメディ】


141 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:02:45.80 ID:X/SfZ1go

乙です
次いきます



142 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:04:03.94 ID:X/SfZ1go


─部室─

唯「ねぇねぇ、今度の休みに みんなでバスに乗ろうよ~」

律「ん?」

唯「バス」

澪「うん、バスは分かるけどさ」

梓「どこへ行くつもりなんですか?」

唯「バスに乗るんだよ~」





143 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:05:09.91 ID:X/SfZ1go


律「いや、だからバスに乗るのは分かった」

唯「じゃあ乗るんだね?」

梓「いやいやいや」

唯「なんでそんなにイヤがるの?」

 「あずにゃんはバスに激しい憎悪を抱いているの?」

梓「いや、バス自体は好きですけど」

律「お前、そんなにバス好きだったの?」

梓「あっ、いや、よく考えたら そこまで好きではなかった」



144 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:06:07.10 ID:X/SfZ1go


紬「唯ちゃんはどうしてそんなにバスに乗りたいの?」

唯「う~ん、そうだね……」

 「じゃあムギちゃんはスペースシャトルに乗りたいと思ったことはない?」

紬「無いわ」

唯「そっか……」

澪「……」

律「……」

梓「……」

唯「……」

紬「♪」



145 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:07:41.97 ID:X/SfZ1go


梓「赤インクって思い切って飲み干すと気持ち悪いんですよ」

澪「いきなりなんだ?」

紬「なぜ思いきる必要があるのかしら」

律「そもそも飲み干さなくても気持ち悪くなることは想像にたやすい」

唯「どちらかというと、突然そんな話をし出したあずにゃんが気持ち悪いよ」

梓「気持ち悪くないですよ!!」

唯「じゃあ気持ちいいの?」

梓「気持ちいいです!!」

澪「いったい何が起こっているんだ」



146 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:09:08.07 ID:X/SfZ1go


律「今、なんで赤インクの話をしようと思った?」

梓「なんかこう、気まずい沈黙が流れたので……」

澪「今も十分、気まずいよ」

梓「そうやって一生、後輩をバカにしていればいいんだ」

唯「なんだか私達が悪者みたい」

律「いや、唯は悪いだろ」

唯「なんで?」

澪「バスに乗るとか おかしな事を言うから」

唯「バスに乗るのが おかしな事なの?」

澪「いや、バスに乗るのはおかしくないけど」

唯「澪ちゃんの言う事は矛盾しているよ!!ばーか」

澪「悔しいなぁ」

唯「え?」

澪「私がもっと気が強かったなら唯を暴力で叩きのめしていたのに……」

唯「ダメだよ~」

澪「くっ」



147 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:10:06.31 ID:X/SfZ1go


紬「みんな、お待たせしました~」

律「なにが?」

紬「さっきの梓ちゃんの話を参考に

  赤インクで紅茶を淹れてみたの」

澪「すごく間違ってるよ」

紬「なにが?」

律「こらっムギ!!お金持ちだからって

  食べ物を粗末にするなんて いけない事だぞ!!」

紬「食べ物って?」

律「紅茶に赤インクなんか淹れたら飲めなくなる」

梓「紅茶って食べ物というより飲み物ですけどね」

唯「私も そっち派だよー」

澪「というより紅茶を食べ物とカン違いしているのは

  地球上で律だけだ」

律「へへっ、アタシがナンバー1かよ」

梓「コイツ、バカの世界チャンピオンだな」

律「中野、心の声が出ているよ?」

梓「ははっ」



148 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:11:14.98 ID:X/SfZ1go


紬「そもそもこの紅茶、お茶っ葉が入ってないから

  何も粗末になんかしていないわ」

澪「それは紅いお茶というより

  ただの赤インクだ」

紬「でも、温かいわ」

律「『でも』ってなんだよ」

唯「大正デモクラシーだね」

律「かしこいヤツめ」ナデナデ

唯「えへへ~」



149 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:12:05.03 ID:X/SfZ1go


澪「じゃあ練習するか」

律「『じゃあ』ってなんだよ」

唯「おいしいごはんが炊けるよ」ジャーン

澪「そして、今日の演奏で一番ミスが多かったヤツには

  この赤インクティーを飲んでもらう」

紬「いいわね」

梓「やってやるです!!」

唯「や、やだよ~!!そんなの、私が飲むことになるに決まってるもん!!」

梓「でしょうね」

律「で、でも、唯のちっちゃな胃袋が

  あ、赤インクでパンパンパンに満たされるなんて
  
  さすがに興奮するよなww」ハァハァ

紬「えっ」

唯「怖いよ~」



150 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:12:52.22 ID:X/SfZ1go


梓「『さすがに』の意味がまったく分からないし

  分かりたくもありません」

澪「私も」

紬「私も」

律「アタシも」

澪「お前は分かれよ」

律「分かった」

唯「分からなくていいよ!!」

律「分かった」

紬「分かったのか分らないのかどっちなの?」

律「な、なにが?」

澪「律のアタマは今チンプンカンプンになってるぞ」

梓「私のアタマも今チンプンカンプンです」



151 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:13:50.83 ID:X/SfZ1go


律「ア、アタシは一体 誰だ?」

澪「知るか」

唯「えっ、澪ちゃん この人 知らないの?」

澪「いや、知ってるよ。幼馴染だし」

唯「やっぱり澪ちゃんの言う事は矛盾だらけだよ!!」

梓「もう澪先輩が犯人で間違いありません!!」

澪「私は何の疑いがかけられていたんだ」

梓「どうなんですか唯先輩」

唯「えっとえっと、なんか……わるいことがうたがわれているんだよ!!」

澪「悪いのは貴様の頭だろ」

唯「くやしいなぁ……」ショボーン



152 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:14:35.37 ID:X/SfZ1go


紬「澪ちゃん、あんまりよ」

澪「私が悪いのか?」

梓「そりゃそうですよ」

 「それに私、見ちゃったんですから」

澪「何をだよ」

梓「み、澪先輩が、自転車で

  急な上り坂に差し掛かったとき

 『ガンダムッ!!』って叫んでいたところを……」

律「怖っ」

澪「おい、やめろ」

紬「ひぃぃぃ怖ぃぃぃっ」



153 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:15:29.81 ID:X/SfZ1go


紬「どうしてガンダムって叫んだの?」

律「きっとキツイ上り坂を自転車で登りきるため

  澪の心のバーニアを噴射させたに違いない」

澪「うるさいよ!!うるさいよ!!」

唯「私は澪ちゃんの気持ち分かるな~」

 「坂道を登る時って気合いを入れたくなるもんね」

澪「分かってくれるか」

唯「澪ちゃん!!」ガシッ

澪「ゆ、唯~!!」ガシッ

紬「さっきの敵は今の友ね」

梓「美しいなぁ。私、けいおん部に入って本当に良かったです!!」

律「ふ~ん」



154 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:16:24.66 ID:X/SfZ1go


澪「ちなみに唯は坂道で なんて叫ぶんだ?」

唯「『あれ……鼻なんだ』

  『 あずにゃんの鼻なんだよ!セシリー!セシリィィィィイイイ!!!』」

澪「なに言ってんだコイツ」

梓「そもそも、それはどういうシチュエーションなんですか」

唯「宇宙空間に漂う あずにゃんの鼻を見つけたシーブックが」

梓「なんとおおおおぉぉっ!?」

紬澪「「ふははは!!怖かろう!?」」

律「なにコイツら。ホント怖い」



155 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:17:17.27 ID:X/SfZ1go


澪「ところで唯、なんであんなにバスに乗りたかったんだ?」

唯「う~ん、そうだね……」

 「じゃあ澪ちゃんはスペースシャトルに乗りたいと思ったことはない?」

澪「特に無いなぁ。宇宙って暗くてさびしそうだし怖いし」

唯「そっか……」

律「……」

紬「……」

唯「……」

澪「……」

梓「……」プゥッ

澪「屁だ!!」

律「梓が屁をこいたぞ!!」ヒャッホホホォォィィwwwwww

紬「この空気をビニール袋に封入して秋葉原で売るわ!!」ファサッ

梓「やめろ!!」



156 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:18:12.34 ID:X/SfZ1go


梓「学校が火事になればいいなぁ、と思ったことありません?」

澪「あるわけ無いだろ」

律「アタシは あるぞ」

唯「私も」

紬「私も」

澪「私も」 ← !?

唯「澪ちゃんの言う事は矛盾だらけだよ!!」

澪「一人ぼっちはイヤだもん……」



157 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:18:56.87 ID:X/SfZ1go


律「ところで唯はなんであんなにバスに乗りたかったんだ?」

唯「う~ん、そうだね……」

 「じゃあ、りっちゃんはスペーシャトルだよね?」

律「違うよ、アタシはマシーンじゃない」

紬「クェスの父親代わりなどできない」

澪「もうガンダムの話をやめろ」

唯「なんだかノドが乾いちゃった」ズズッ

梓「あっ、唯先輩 その紅茶は……」

唯「オェエアオォロロロロr」トシャトシャ

澪「唯が 赤インクを 吐いた」

紬「どうして飲もうと思ったのかしら」

律「お前が用意したんだけどね」



158 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:20:49.56 ID:X/SfZ1go

唯「スペースシャトルとシャトルバスって似てるよね」ゲホゲオ

梓「似ているというかシャトルという共通する文字はありますね」

澪「それよりも唯の口から血がダラダラ垂れ流れているみたいで怖いんだけど」

唯「じゃあ澪ちゃんにムチュウウウウウゥゥゥ」ブチュッ

澪「んんっ!?」ブチュウゥゥ!?

紬「あら、ディープキス」

レロレロレロレロレロ

律「うひょうひょwwww澪の口も真っ赤に染まっていくぞ!!」

 「真っ赤wwwwまっかっかっかッカッカwwwwwwww」ピヒーーーーーー!!

梓「この人は何故こんなに赤インクに興奮しているのか」

紬「キチガイなのよ」

梓「そりゃそうでしょうけど……」



159 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:21:40.72 ID:X/SfZ1go


唯「えへへ、澪ちゃん お揃いだね」ペロリ

澪「な、なんでキスなんかしたんだ!?」ドキドキ

 「す、好きなの!?私を!?」キャ

唯「もて遊んだだけだよ」

澪「ファハー」

紬「それ、どういう感情表現?」



160 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:22:11.48 ID:X/SfZ1go


紬「唯ちゃん、あんまりよ」

唯「あんまり と あんまんって似てるよね」

梓「確かに」

唯「じゃあ みんなで あんまん食べに行こうよ!!」

律「おっしゃああああああああ!!」

唯「バスで」

梓「ハッ」

律「こ、こいつ、あんまんというエサをちらつかせ

  私達をまんまとバスに乗せるつもりだぞ」

紬「あぶなかったわ」



161 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:23:11.05 ID:X/SfZ1go


唯「う~!!みんな なんでバスに乗ってくれないの!?」

梓「いや、正直バスに乗るのはいいんですけど」

澪「理由を言え理由を」

唯「なにが?」

律「私達をそこまでバスに乗せたがる理由だよ」

唯「別にそこまで乗せたいとは思ってないよ」

澪「そ、そうか」

律「……」

梓「……」

紬「トンちゃんでキャッチボールしたらどうかしら?」

梓「や、やめてください!!トンちゃんが死んじゃう!!」

紬「梓ちゃんがちゃんと受け止めれば大丈夫よ」

律「こらっムギ!!お金持ちだからって

  食べ物を粗末にするなんて いけない事だぞ!!」

梓「えっ」




梓「トンちゃんは食べ物というより飲み物ですよ」

唯「えぇっ」



162 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:23:42.23 ID:X/SfZ1go


ガチャ

純「梓が変なこと言ってる気がしたので来ました」

唯「あっ、単純ちゃん」

 「いつも憂がお世話になってます!!」ペコリ

純「うっ、突っ込みたいけど丁寧に挨拶されたから突っ込めない!!」

梓「それが唯先輩の手口だよ」

純「あなどれないなぁ」

唯「えへへ~」



163 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:24:30.50 ID:X/SfZ1go


澪「それで何しに来たの?」

純「澪先輩をおだてにきました」

澪「えっ、私をおだててくれるの?」

純「うそです」+*

澪「なんだ、うそか……」ショボン

紬「うそつきはエンマ様に舌を抜かれるのよ」

澪「そうだそうだ!!」

唯「エンマ様さんなんていないもん!!」

 「ムギちゃんの嘘つき!!」

澪「そうだな」

紬「あらっ」



164 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:25:36.89 ID:X/SfZ1go


紬「ご、ごめんなさい……私、そんなつもりじゃ……」オロオロ

唯「許してほしい?」

紬「うんうん」

唯「じゃあバスに乗ろうね」

紬「いやああ」

澪「だから なんなんだよバスって」

唯「澪ちゃん、バスを知らないの?」

澪「いや、バスは知っているよ」

律「めんどうくせぇ、もうバスに乗ってやろうじゃないか」

梓「え~っ」

唯「やったああああああああええええええあああああああ!?」ウォォォォオオォォォ

 「バスwwwwwwみんながwwぶバスにwwww乗ってwwwwwwくれりゅrんりゅんんんwwwwww♪」ピョンピョン ワーワー

 「バスwwwwガスwwwwwwガスバスバスハツwwwwww!?ピピッwwww」ギュォォォォォオオオ

澪「超怖いよ」



165 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:26:18.49 ID:X/SfZ1go


梓「私は乗るとは言っていませんからね」

澪「私も」

紬「バスには唯ちゃんとりっちゃんと純ちゃんだけで乗ってきてね」

純「私も?」

 「というかバスがどうかしたんですか?」

唯「バスはどうもしないよ」

 「どうかしてるのは純ちゃんの方だよ」

純「えっ、私なにか変でしたっけ?」

唯「分からないならバスに乗ろうね」

純「は、はぁ……」

梓「だめだよ純。唯先輩のペースに乗せられちゃ」

唯「もう!!どうして あずにゃんはいつもバスを邪魔するの!?」

梓「バスを邪魔するのは人生で初めてです」



166 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:27:37.21 ID:X/SfZ1go


ガチャ

さわ子「みんな~」

梓「なんかあのAAみたいですね」

さわ子「なにが?」

梓「まぁ、いいんですけどね」

澪「先生どうかしたんですか?」

さわ子「ジャ~ン♪これ、な~んだ?」ピラッ

紬「きもちわるい」

さわ子「えっ」

澪「ジャ~ンて……・」

律「トシを考えろよ」

さわ子「んっ///」ピクン

   「罵られて感じちゃった♪」ゾクゾク

梓「来年、唯先輩たちが卒業したら、けいおん部を辞めよう」



167 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:28:27.17 ID:X/SfZ1go


唯「あっ、さわちゃん!!それ、ひょっとしてバスのチケット!?」

さわ子「当たり~」

   「実は私の友達同士でバスに乗るつもりだったんだけど

    みんなドタキャンしちゃったの」

梓「はぁ」

さわ子「ちょうど25枚あるから、あなた達にどうかなって」

律「25枚のどこがちょうどなんだ」

さわ子「そういえばそうね」



168 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:29:00.19 ID:X/SfZ1go


澪「バスに乗って どこに行く気なんですか?」

さわ子「それは今、話さなきゃいけないことなの?」

梓「そりゃ行き先も分からないのに乗りたくないですよ」

唯「あずにゃん!!」

梓「は、はい?」

唯「これをあげよう」ハイ

ボタッ

梓「なまず……?」ピチピチ

紬「ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って」

律「なんで学校カバンの中から生きたナマズを取り出したんだ」



169 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:30:11.84 ID:X/SfZ1go


唯「こんなこともあろうかとカバンに忍ばせておいてよかったよ~」

澪「どんなことがあったんだ?」

唯「これであずにゃんもバスに乗る気になったよね?」

梓「人の心をなんだと思っているんですか」ビチビチ

唯「ナマズを受け取ったあずにゃんは

  気持ち良くなって バスに乗りたくなってくるでしょ?」

梓「このナマズ、呪いのアイテムなんですか?」ピチピチ

唯「わいろだよ」

梓「えっ」



170 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:30:57.05 ID:X/SfZ1go


律「梓、これ以上おかしなことにならないよう、もうバスに乗ってやれ」
 
梓「えぇっ」

律「アタシも乗るからさ……」

紬「りっちゃんも梓ちゃんも乗るなら私も乗るわ」

澪「じゃ、じゃあ私も乗る!!」

律梓紬「どうぞどうぞ」

澪「えっ!?」

 「みんなも乗るんだよな!?」

律「なぁに、澪がいれば百人力よ」

紬「ふふ、私達の出番は無さそうね」

澪「そ、そんな~;;」ギャフン

梓「思ったより澪先輩の聞きワケがよかった」ホッ



171 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:31:24.71 ID:X/SfZ1go


─バス当日─

ブロロロ

唯「澪ちゃん澪ちゃん!!ほら、バスが来たよ~」

澪「お、おい唯!!飛び出すな!!」

 「危ない!!」

キキキィイイィィィ

ドォォォォン

唯「わー」



172 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:31:52.82 ID:X/SfZ1go


澪「…ゆ、唯」

唯「あー、ビックリしたよ~」

澪「だ、大丈夫なのか?なんかお前、紙クズみたいに吹っ飛んでいったけど」

唯「うん、あれがトラックだったら死んでただろうけど

  バスは撥ねられても平気なんだ~♪」

澪「そうか」

唯「だからバスって大好き!!」

和「大好き♪大好き♪大好き・を♪ありがとう♪」

澪「あっ、それでバスに乗りたがってたのか!!」

唯「うん!!」

澪「これで無事、伏線が解消されたなー」

唯「よかったよかった」


おわり



173 名前: ◆c5NPRoOGUc:2011/01/03(月) 03:32:31.74 ID:X/SfZ1go


終了です



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「けいおんSS新春お笑い選手権!」#8
[ 2011/01/03 10:32 ] コメディ | | CM(6)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:318 [ 2011/01/04 00:25 ] [ 編集 ]

見事
和ちゃんはどうしたのさ急に

タイトル:
NO:331 [ 2011/01/04 19:32 ] [ 編集 ]

なんだこれww
レベル高ぇwww

タイトル:
NO:335 [ 2011/01/05 00:31 ] [ 編集 ]

バスに何故か乗せたいというだけでカオスが生まれるとは・・・

タイトル:
NO:361 [ 2011/01/07 03:09 ] [ 編集 ]

この人が出てくるとはな

タイトル:承認待ちコメント
NO:6645 [ 2012/07/05 22:15 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトル:承認待ちコメント
NO:6806 [ 2014/07/11 22:22 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6