SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  唯「憂大好き!愛してる!!」#1

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「憂大好き!愛してる!!」#1 【日常系】


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:16:23.62 ID:wU362rr80

憂「お、お姉ちゃん…!」

唯「えへへ、大好きだよ」チュッ

憂「うん…私も好き///」

唯「…ねぇ憂、お願いがあるんだけ」

憂「なぁに?」

唯「お金貸して、一万円」

憂「え…」

唯「おねがーい」

憂「…うん、いいよ。お姉ちゃんのこと大好きだもん」

唯「やたー!」





唯「あずにゃん、お金なんとかなったからご飯食べに行こっか。今日はおごっちゃうよ~」

梓「唯先輩、大好きです!」チュッ

唯「えへへ~///」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:20:57.29 ID:wU362rr80

梓「でもどうしたんですかそのお金?」

唯「え?」

梓「唯先輩バイトしてないじゃないですか。それなのに急にお金が入るなんて…」

唯「お、お小遣いだよ、お小遣い」

梓「ふーん、そうですか」

唯「それより早く食べに行こうよ!」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:25:13.23 ID:wU362rr80

平沢家

憂「お姉ちゃん、どこ行ったんだろう…せっかくご飯作ったのに」

憂「一緒に食べたいしし帰ってくるまで待ってようかな…」

憂「……」

憂「お腹すいたなぁ…」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:37:17.47 ID:wU362rr80

唯「ふぅ、あずにゃんとの食事は楽しかったなー」

唯「ただいまー」

憂「あ、おかえりおねえちゃん…」

唯「あれ?夕飯まだ食べてなかったの?」

憂「う、うん…お姉ちゃんを待ってたんだよ」

唯「へ?なんで?」

憂「なんでって…一緒に食べたかったから…」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:41:05.04 ID:q+KcXPUh0

憂を幸せにしろコラ





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:43:29.41 ID:wU362rr80

唯「そうなんだ…」

唯(あちゃー、私もう食べちゃったよ)

唯(どうしようかな……そうだ!)

憂「じゃあ二人そろったし、食べよっか」

唯「ごめん憂、今食欲ないの…」

憂「え!?だ、大丈夫!?」

唯「うん…ちょっと部屋で休んでくるね」

憂「ご飯だけは少し食べたほうがいいよ」

唯「ごめんね…今はムリ」

憂「お姉ちゃん…」

唯「…じゃあ私の分は部屋に持って行っていい?後で食べるから」

憂「うん、ちょっとだけでもいいから食べてね。元気出ると思うし」

唯「ありがとう、憂」

憂「えへへ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:46:47.07 ID:wU362rr80

唯の部屋

唯「なんとか憂を騙せた」フンス

唯「このご飯どうしよっかなー…食べれないよ」

唯「そうだ、ビニール袋に全部入れて…」ドバドバ

唯「明日の朝捨てちゃおう!」

唯「よし、なんとかなった!」

唯「おやすみー」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:49:47.16 ID:wU362rr80

憂「……」パクパク

憂「……」モグモグ

憂「……」

憂「お姉ちゃん大丈夫かなぁ…」

憂「……」パクパク

憂「……」モグモグ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:55:15.37 ID:wU362rr80

翌朝

憂「お姉ちゃんおはよー」

唯「あっ、おはよう憂」

憂「あれ?もう起きてたんだ」

唯「うん」

憂「体調は大丈夫?」

唯「ゆっくり寝たからばっちりだよ~」

憂「よかったぁ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:58:31.69 ID:wU362rr80

唯「あっ、今日のゴミ捨ては私がやるね」

憂「えっ」

唯「いつも憂ばかりにやらせるのは悪いから」

憂「お姉ちゃん…」

唯「だから今日は私にやらせて!」フンス

憂「うん!ありがとうお姉ちゃん!」

唯(作戦成功)




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:59:13.59 ID:wU362rr80

後は任せた




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:59:33.12 ID:8z2ObPkh0

やはり憂いじめは見てて楽しいな



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/05(水) 23:59:54.16 ID:HCruwqLa0

俺の知ってるゆいちゃんじゃない・・・・



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 00:02:14.77 ID:7BBpKNtk0

立て逃げ装って投げ出しの言い訳にするのやめろよ





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 03:46:17.25 ID:82tuZntC0

>>18

憂「お姉ちゃん優しいなあ……」

憂「あんなお姉ちゃんがいて嬉しいなあ」

憂「私は世界一の幸せものだね」クスン

ゴミ捨て場

唯「も~結構重かったよー」

唯「なんで私こんなコトしてるんだろ……」

唯「憂が勝手にゴハン作るからだよね!」

唯「もう憂のやつめー……」

唯「あんな妹を持ってしまって最悪だよぉ」

唯「私は世界一不幸だね」フンス



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 03:48:56.23 ID:82tuZntC0

唯「でも、あずにゃんに早く逢いたいなあ」

唯「あずにゃんが妹だったらよかったのにー」

唯「でも、妹だったら結婚できないや……!」

唯「ああ、あずにゃんのこと考えるだけで元気が出てきたよ!」

唯「あずにゃんに早く逢いたい!学校に行こう!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 03:52:18.53 ID:82tuZntC0

自宅

唯「早速学校に行ってくるよ!」

憂「お姉ちゃん、朝練ないなら一緒に行こうよ?」

唯「ああ、ごめん。朝練だった」

唯(あずにゃん捕まえて朝練にしよう)

憂「そっか……最近毎朝大変だね、でも嬉しそう!」

唯「うん!部活楽しいから!」

憂「そうなんだ!よかったね!」

唯(本当はあずにゃん目当てだけど憂には黙ってたほうがいい気がする)

唯「いってくるよ!」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 03:55:24.32 ID:82tuZntC0

憂「いっちゃった……」

憂「私もお弁当作ったらいこうっと」

憂「……梓ちゃん今日も喜んでくれるかなあ」

憂「毎日美味しいって食べてくれるから嬉しいよ」

憂「梓ちゃんの恋人になれて嬉しいな……」

憂「お姉ちゃんにはまだ言えてないけど……」

憂「あれ、ギー太忘れてる」

憂「これじゃあ朝練が出来ないよね」

憂「とどけてあげよーっと」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 03:57:00.41 ID:82tuZntC0

学校

唯「あずにゃん!おはよう!」ガバァ

梓「おはようございます、唯先輩」サッ

唯「はうう!また避けられた!」

梓「朝からシンドいですよ、そのテンション」

唯(あずにゃんめ恥ずかしがり屋さんだねっ!)

梓(憂もこのくらい積極的だったらよかったのになあ)



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:04:50.54 ID:82tuZntC0

唯(でも、皆が観ていないところならあずにゃんも積極的になるはず)

唯「あずにゃん!部室に行こう!」

梓「部室?まだ朝も早いから自主練ですか?」

唯「そうそう!それそれ!」

梓「かまいませんけど……先輩ギター持ってなくないですか?」

唯「えっ」

梓「確か昨日持って帰ってましたよね」

唯(……そうか!ゴミ捨て場に行って直ぐに学校に来たから!)

唯(くそー憂が御飯作らなかったらこんなことには……)

唯「……楽器なんか無くても愛と気合があれば音は出るんだよ!」

梓「は、はあ」

唯「先輩命令だよ!さあ、部室にいこ!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:16:55.99 ID:82tuZntC0

部室

梓「じゃあ、早速……」ガサゴソ

唯「あーーーーずにゃん!」ダキッ

梓「はいはい、なんですか?」

唯(やっぱり恥ずかしがらない!)

唯(恥ずかしがってるだけだったんだね!)

梓(憂だったらよかったのにな……)

唯「あずにゃんってばあああ」 スリスリ

梓(唯先輩と憂って似てるからなあ……)

梓(……なんか憂に見えてきた)ポッ

唯(頬が赤くなった!これはこれは……)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:21:21.25 ID:82tuZntC0

梓「……ちょ、離れてください」

梓(やばい、ボケーとしてきた)

唯(いや、どうみてもフラグ立ったね、これは)

唯(ついにあずにゃんを攻略してしまった)

ガラガラ

憂「おはようございます、お姉ちゃん、……」

梓「……あ」

憂「……」

唯(えー憂!また邪魔して!)

梓「こ、これは違うの!」

憂「……ギー太忘れてたから」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:24:33.58 ID:82tuZntC0

唯「あ、あ、ギー太、ありがとう、憂!」

憂「いえいえ、邪魔してごめんね」

梓「ま、まって!憂!」

憂「……また後でね」

ピシャン

唯「さあ!あずにゃん、練習だよ!」

梓「」

唯「あずにゃん?!」

唯「ははーん、アレだね」

唯「憂は私の事好きだから」

唯「あとで憂に嫌がらせされると心配してるんだね!」

唯「大丈夫!あずにゃん!あずにゃんは私が守るよ!」キリッ

唯(決まった) 

梓「」

唯(よほど憂を恐れているのかな?)



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:30:15.65 ID:82tuZntC0

2年教室

梓「あの憂さっきのは」

憂「ああ、大丈夫。びっくりしちゃったけど……」

梓「唯先輩が無理やり」

憂「……それにしては喜んでたようにも見えたけどね」

梓「それは……!あの、その、憂を重ねちゃって!」

憂「そっか、じゃあ、私も澪先輩に抱きつこうかな~」

梓「怒ってるじゃん!私は本気で悪いと……!」グスン

憂「ごめん、ごめん。お姉ちゃん抱きつくから仕方ないよ」ニコッ

梓「うん……でも、そろそろ唯先輩に私たちのこと言ったほうがいいかも」

憂「そうだね」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:35:41.86 ID:82tuZntC0

3年教室

唯「ニコニコ」

紬「唯ちゃん嬉しそうね」

律「何があったんだ?」

唯「今日もあずにゃんの好感度を上げてきたよっ!」

澪「おお、またか。やるじゃん、唯」

唯「えへへ、それほどでも……あるかな」

和「唯に好かれるなんて、梓ちゃんも幸せものね」

紬「そうね~」

唯「ごめんね、みんな……でも、私はあずにゃんが好きなんだよっ」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:38:23.06 ID:82tuZntC0

律(うぜえ。私はお前より澪が好きだっての)

澪「律も唯を応援するよな!」

律「あ、あ、うん!もちろん!仲間だからな!///」

律(みおしゃんかわいい)

紬「あら、りっちゃんも照れてる」

唯「りっちゃんも私のことが好きなんだね!」

律(おかしーし)



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:41:09.07 ID:82tuZntC0

和「でも、そろそろ梓ちゃんに告白しても平気なんじゃないかしら」

唯「それは……たしかに、どうでしょう!澪先生!」

紬「やっぱり恋愛といえば澪ちゃんよね!」

澪「……唯、気持ちはわかるが、まだ慌てないほうがいい」

澪「焦って行くと逃げられてしまう」

澪「告白失敗後その後のつながりがなくなってしまったり」

澪「最悪の場合、バンド解散にもつながりかねない」

唯「それは嫌だよ!」

律(たしかにトバッチリを食らうのは嫌だな……)



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:44:45.07 ID:82tuZntC0

澪「いいか、唯。常に最悪の場合を想定するんだ」

和「澪の分析はすごいわね」

律(みおしゃんカッコイイ)

紬「うんうん、でも、どうしたらいいの?」

澪「失敗してしまったとしても……致命傷を最低限に抑える方法」

唯「ど、どうすればいいの?!澪先生!」

澪「学園祭ライブの打ち上げ後にノリで告白する!」

紬「……なるほど!それなら駄目でもノリですませれるし」

和「成功したら感動的な演出ね!」

律(それならバンドに与える影響も少ないな)



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:47:46.87 ID:82tuZntC0

唯「わかりました!」

紬「つまり学園祭まで唯ちゃんを支援しようってことね!」

澪「ああ、そうだ」

澪「もちろん、今のままでも成功すると思う」

和「でも、成功するにしても学園祭の後だったら感動的だわ」

唯「そうそう!一生思い出に残るよ、これは!」

律(あ、あれ?なんか唯のやる気が上昇して練習体制に……?!)



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:51:20.70 ID:82tuZntC0

放課後

梓(うーん、結局いつ言うかは決まらなかったな……)

梓(てか、今日の憂弁当も美味しかったなあ)

梓(あんなお弁当毎日食べれてすごい幸せだよ……)

梓(よーし部活も頑張ろう!わたし!)

梓「どうもー」カチャ

唯「」 ギュイイインチャアアアアアン

梓(唯先輩が練習している?!)



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:54:10.04 ID:82tuZntC0

回想3年教室

澪「いいか、唯。梓はどんな人が好きだ?」

唯「私みたいな人!」

和「間違いないわね!」

澪「……いや、違う」

唯「そうなの?!」

澪「ああ、今は好感度上がってるから大丈夫だが……」

律「梓は真面目な奴が好きだよな」

律(みおしゃんみたいな)

澪「そのとおり。律、よくわかったな」

律(みおしゃんにほめられた!うれちい!)

唯「と、いうことは……私真面目に練習します!」

紬「唯ちゃん頑張ろうね!」

和「真面目な唯も最高だわ!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 04:56:44.45 ID:82tuZntC0

部室

唯(おお……あずにゃん、みてるみてる!こっちみてる!)

紬「梓ちゃん、こんにちは」

唯「ムギちゃん!サボっちゃだめだよ!」

唯(これであずにゃんの評価ダダ上がりだね!)チラッ

梓「え?唯先輩変なものでも食べたんですか?」

律「www」

唯「ひどい!」

梓「冗談ですよ」クスッ

梓「真面目に練習されることはいいことです」

唯(くぅ、あずにゃんに、弄ばれっちゃってるよ~これもありだね……)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:00:36.95 ID:82tuZntC0

帰宅中

梓「いやー唯先輩がやる気出してくれるといい感じに成りますね」

唯「フッフッフ、私は、生まれ変わったのです」

澪「ああ、真面目な唯もいいよな」

澪(我ながら完璧なプッシュ過ぎる)

澪(またカップルを作ってしまうのか……ふっ)

紬「うんうん、唯ちゃんかっこよかった~」

唯「いや~照れますなあ」

律(はやくみおしゃんと二人っきりになりたい)

澪「じゃあ、また明日」

澪(がんばれよ、唯!)

紬(ここは空気を読むわ!)

紬「今日アルバイトだからこっちなの~またね~」

律(ふたりっきりになれなかった!)



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:09:58.35 ID:82tuZntC0

紬「あ、あの!澪先生質問があります!」

澪「先生つけなくてもいいけど、なんだ?」

紬「唯憂の可能性はないでしょうか?」

澪「……そ、そうか。憂ちゃんへのフォローだよな」

律(なんでムギとばっかりはなしてんだよー!)

律「いや、姉妹でってないだろーそれよりもさー」

紬「そんなことないわ!すてきよ!」

澪「律、愛の形は人それぞれなんだ……」

律(真面目な澪しゃん素敵)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:14:51.31 ID:82tuZntC0

澪「律……憂ちゃんに話聞いてこい」

律「へ?何を聞くの?」

澪「憂ちゃんの唯への気持ちだ……」

澪「そして唯は残念ながら憂ちゃんにそういう気持ちを持っていないことをそれとなく……」

律「なんで私なんだよ!……でも、澪がやれって言うなら……」

紬「りっちゃん!がんば!」

澪「律、たのむ!」

律「お、おう。任せろ!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:24:24.47 ID:82tuZntC0

翌日学校

憂(ほんと、お姉ちゃんにいつ説明しよう……)

律「ういちゃん、おはよう!」

憂「おはようございます、律さん」

律「あ、あのさ、憂ちゃんちょっと話があるからさ、放課後あけといてよ」

憂「あ、はい、なんでしょう?」

律「その時話すよ!んじゃ!」タッタッ

憂「行ってしまった……そうだ、律さんに相談してみよう!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:40:16.58 ID:82tuZntC0

放課後

律(なんて言おう……)

憂「お待たせしました、すいません」

律「いや、いま来たばかり」

律(……うーん)

憂「こんなところでお話ってなんでしょう?」

律「……あのさ、憂ちゃんって好きな人居る?」

憂「はい……?」

憂(えっ、これって告白?)

憂(……ど、どうしよー)

憂(もし告白だったら梓ちゃんとのこと相談できないよ……)



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 05:52:49.47 ID:82tuZntC0

律「……憂ちゃん?」

憂「あ、あのっ、その……えーと」

律「唯とか?」

憂「へっ、お姉ちゃんですか?」

律「うん」

憂「お姉ちゃんは好きですけど」

律「それは、あの、恋人的な意味で?」

憂「いえ、違います」

律「そ、そっかーだったらいいんだ」

憂(ん、告白じゃないのかな?)

憂「それが、どうしたんですか?」

律「いや、何もないんだ!」

憂(告白とかじゃないなんだったら相談に乗ってもらおう)

憂「あの相談いいですか?」

律「え、うん、私でいいの?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:11:45.83 ID:82tuZntC0

憂「あの、その……実は今付き合ってる人がいまして」

律(へー、憂ちゃんって進んでるんだー)

憂「でも、まだお姉ちゃんに紹介できてないんですよ」

律「そうなんだ」

憂「はい、でも、言い出すタイミングがなくて」

律「たしかにねー。で、その恋人って唯も知ってる人?」

憂「はい」

律「へーどんなの人なの?」

憂「どんなひとって……あの、ないしょにしてくれますか?」

律「もちろん!」

憂「……梓ちゃんです」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:21:23.30 ID:82tuZntC0

律「ふむふむ……梓ね……」

律「え……梓?」

憂「お、おかしいですよね、女の子同士で」ウルウル

律「いや、おかしくねーし!」

律「あ、ごめん、それは、うん、ちょっとアイデア考えてくるよ!」

律「直接唯には言わないほうがいいと思う!びっくりするだろうし!」

憂「そう……ですよね」

律「ああ、うん!ムギや澪とも相談してみるから!」

律「うん、そういわけだから!」 タッタッ

憂「うーん、やっぱりないしょにしてたほうがいいのかなあ」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:26:56.25 ID:82tuZntC0

律「澪、ムギ、唯はどこへ?」

澪「なんなんだ、そんなに息を切らして?」

紬「唯ちゃんなら梓ちゃんにアピールするため部室に行ったけど」

律「よし、ちょうどいい」

澪「それより憂ちゃんのことどうなったんだ?」

紬「やっぱり憂ちゃんは唯ちゃんのことが好きだったのかしら……」

律「それなんだが……」

律「憂ちゃんと梓で付き合ってるらしい」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:36:03.07 ID:82tuZntC0

澪「な、なんだって……?」

紬「梓憂とかそんなの聞いたことないわ……」

律「私もびっくりしたよ」

澪「でも、憂ちゃんが嘘を付くとは思えない」

紬「まずは梓ちゃんに確認したいところね」

律「ああ、しかし、これはマジで秘密に行かないと」

澪「うん、ライブどころではなくなるな……」

紬「これは秘密ね!」

和「わかったわ!」

律「って、和もいたのか!」

和「うん、つまり私と唯が付き合えるチャンスということね」

澪「和!頼むから黙っておいてくれ!」

和「……まあ、仕方ないわね」





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:38:15.50 ID:lsTEcRP80

                                  ノ)
                               { {
                                 / Y)
                           ⌒〈  l{
                       /    }  ノ
                      _/  .   ´ ̄ ̄`
                       "´   /   .:         \
               ,  '´       /     ,/l   l、  ヽ  \
               /        /  /  〃 |   | ヽ   ヽ
               {           /|   .′ 人>   |∠ィ  !l  i
 .             ヽ        .イ | | l  / _   \ |  ヽ |   }
               |     _/ :! | | | ,x=z-ミ   `≦z=x | | |
 .              l        | |_| VY'辷う      辷う^ヘ/ |_ !
                  .        | { | ::}   :::::   ,   :::::  { | } |
 .               ,       い| ::{            } |ノ!
                 ,     l! ::::、      H      /: l:.. ヽ
                  ヽ     ,′:l: r>、          .ィ::; ! ̄ヽ
                   丶   |   :l:| { >、 ..__.. ィ::八l/   l     ヽ
                  人   l  :::l |、 ゝ:::::_x――- ′_ }/    ヽ
                     //ハ  '.  ::゙.|  ̄`./{         ̄  ¬ ―- 、
                  // : : :〉   ゙、  :::l___! ゙.                 ヽ
               i { : : : l∧ 八  :l    l '.                    ヽ
                 l∧ : : /. :∨  '   ゙.   | ,ハ.__.:::へ
                { \/ . : :| __ハ  }   | |l J  {   {_ 二r- _       ノ
               





88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:43:08.12 ID:82tuZntC0

>>87
Hなお口だな



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:00:29.02 ID:82tuZntC0

澪「まずは梓に確認するか……」

紬「ここはりっちゃんね!」

律「また私か……」

澪「頼む!部長命令で何とかしてくれ!」

律「澪が言うならしかねーな」

部活

唯「ここは、こうかな」 ジャンジャンジャン

梓「いいえ、こうですね」 ジャンジャンジャン

唯「むー」

律「どるぁぁあっっぁあ!」

唯「りっちゃん、どうしたの?」

律「いや、梓ちょっと来てくれ」

唯「えー。どうしてー」

紬「唯ちゃん今日はマカロンにしたのー」

唯「わー、こんなに!食べる食べる!」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:08:34.50 ID:82tuZntC0

梓「血相変えて何があったんですか?」

律「単刀直入に聞く」

梓「はい?」

澪「憂ちゃんと付き合ってるっての本当か?」

梓「えっ、誰から聞いたんですか……」

律「本当なのな……憂ちゃんから相談を受けた」

梓「相談って、どんな?」

律「唯に報告したいがタイミングが掴めないと」

梓「なるほど……ええ、本当です、3ヶ月くらいですかね」

澪「全然気づかなかったよ」

梓「だってふつうじゃないですか。そりゃ気を使いますよ」

律「そうだったのか……」

梓「それでなにか問題でもあるんですか?」

澪「……実は唯が梓の事好きなんだ」

梓「あ、はい。それはわかります。だからタイミングが掴めないんですよ」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:14:47.49 ID:82tuZntC0

澪「だったら話は早い」

律「とりあえず黙っておいてくれないか」

梓「……おはなしは理解できますけど、そろそろ私たちも限界ですよ」

梓「わかりますか?唯先輩にカムアウトできれば私たちはもっとイチャイチャ出来るんですよ!」

澪「気持ちはわかるけども、バンドのことを考えてくれ」

梓「はい、唯先輩のことです……やる気なくしてしまうでしょう」

律「そして私たちは唯を応援してるんだ」

梓「応援?どういうことですか?」

律「唯と梓が付き合うためにだ」

梓「な、なるほど」

澪「しかし、梓が憂ちゃんと付き合ってることを知った今状況は変わった」

梓「ですね、でも、どうせ唯先輩には行ける行ける言ってるんじゃないですか?」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:01:59.11 ID:82tuZntC0

澪「いや、まあ、ほら、梓は普通に唯が好きだと……」

梓「まあ、嫌いではないです」

律「だったら、その唯が悲しむのは見たくないだろ?」

梓「ええ、まあ」

梓「でも、憂がいますから。唯先輩と付き合うってのは無しです」

澪「そうなんだよなぁ」

梓「でも、カミングアウトも無しにしときます」

律「助かるよ」

澪「私たちは唯に告白させないようにするよ」

梓「助かります。もし告白されたらどうしようか、と思ってましたから」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:04:33.53 ID:82tuZntC0

梓「あ、お願いついでに……」

律「ん?なんだ?」

梓「実は憂とデートしたいんです」

澪「まあ、それはそうだよな」

梓「でも、唯先輩が私を誘ってくるのでなかなか会えなくて……」

澪「すまん!私らのせいだ!」

梓「いえ、仕方ないです。それよりも、一日だけでいいんで唯先輩を引きつけててもらえませんか?」

律「ああ、そういうことでいいなら」

梓「ありがとうございます!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:08:17.69 ID:82tuZntC0

翌日

憂「おはよ、あの、梓ちゃん。昨日のこと本当?」

梓「うん、先輩方がいいって」

憂「遠出は出来ないからさ、ウチにおいでよ」

梓「うん」

憂「一緒にご飯とかおかしとか作ればお姉ちゃんも喜ぶだろうし」

梓「そうだね!」

憂「梓ちゃんと一緒にいれるだけで嬉しいもん」

梓「私も。楽しみ」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:10:55.28 ID:82tuZntC0

日曜日

唯「おおおおおお、あずにゃん分が足りないよぉぉぉ」

律「今日は梓いないから仕方ないだろ」

澪「憂ちゃんと一緒にお菓子作るって行ってたしな」

唯「だったら勉強会ウチでよかったじゃん!」

紬「だって唯ちゃん梓ちゃんがいたら集中力できないでしょ?」

唯「確かにそうなんだけどさぁ」

唯「は。ウチにあずにゃん着てるんだよね」

律「そうだろ?たぶん?」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:13:56.22 ID:82tuZntC0

唯「澪ちゃんパソコンかして!」

澪「いいけど何をするんだ?」

唯「~♪」

唯「これでよし!」

紬「どうしたの?」

唯「自宅の様子を観れるようにしてるんだー」

律「は?」

唯「うん、防犯用カメラ。あずにゃんがウチに来るって聞いたから秘密に設置したんだよお」

紬「憂ちゃんは知らないの?」

唯「あ、言い忘れた」

澪「見るの辞めないか?」

唯「なんで?私の家だよ」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:17:01.98 ID:82tuZntC0

唯「あずにゃんぶん……え?」

紬「あら、あらあらあら」

律「これはチューしてるな」

澪「よりによって何故……」

唯「」

紬「……」

唯「もしかして、あずにゃん、私と憂を間違えたのかな」

律「どうする?澪?」

澪「仕方ないだろ……」

紬「あのね、憂ちゃんと梓ちゃんは付き合ってるの」

唯「え……」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:21:09.49 ID:82tuZntC0

唯「え、何?みんな知ってたの?」

澪「ああ……」

唯「知ってたのに!私のこと応援してたの?」

律「違うんだ!知ったのはつい最近!」

唯「最近だろうが、なんだろうが、なんで黙ってたの!」

紬「それは、唯ちゃんを悲しませないため」

唯「黙ってたほうが悲しいよ!裏切られた気分だよ……」

唯「わたし、完全にピエロじゃん……」クスッ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:32:22.98 ID:82tuZntC0

唯「うう、どーしよー」

澪「2人を祝福してやればいいんじゃないか?」

律「ああ、そうだな」

唯「いや、見なかったことにして、憂からあずにゃんを取り戻すよ」

澪「は?:

唯「別に付き合ってるのだって永遠じゃないよ」

紬「それはそうかもしれないけど……」

唯「憂よりも私のほうがあずにゃん好きだもん!」

澪「……あまり賛成はできないな」

唯「いいよ、勝手にやる」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:41:14.44 ID:82tuZntC0

帰り道

唯「とは言ったもの……どうしよう」

唯「うーん、そうだ!」

唯「憂の振りをしてあずにゃんにひどいことをするんだ!」

唯「そうすればあずにゃんは憂のことが嫌いになるはず」

唯「ふふふ、憂のやつめーあずにゃんまで取りやがって許さないよー」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:51:35.69 ID:82tuZntC0

翌日

唯「完璧だね、どっからどうみても憂だ」

唯「あずにゃん発見!」

唯「でも、あずにゃんじゃなくてーえーっと」

唯「あずさちゃーん!」

梓「えっ?ああ、憂?どうしたの?」

唯(ふふふ、流石のあずにゃんも気がつかないか)

唯「いやー、そろそろ梓ちゃんに飽きちゃった」

梓「え……」

唯「もう無理。わかれよ?」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:23:45.81 ID:82tuZntC0

梓「え?何を言ってるの、憂」

唯(ふふっ、これであずにゃんは憂のことが嫌いになるはず)

梓「そんなの嫌だよ」

梓「分かれるなんて言わないで……」 キュッ

唯(あずにゃんから抱きついてきた)

梓「悪いところあったら直すからさ……ね」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:32:47.63 ID:82tuZntC0

梓「ん……」

唯「悪いけど梓ちゃんのことは……」

梓「このおっぱいの感触は憂じゃない」

唯「もうって……え?」

梓「もしかして唯先輩ですか?」

唯「いやだなー私は憂だよ」

梓「……」 スッ

唯「携帯!」

梓「prrr」

梓「あ、もしもし憂?ちょっと来てくれる?」

唯「にげろー!」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:35:25.12 ID:82tuZntC0

梓「ちょっと待ってください!」

唯「ああ、あずにゃんがわたしを追いかけてくるよ」

憂「お姉ちゃんストップ!」

唯「わ!うい!」

憂「その髪形!どういうつもり?」

唯「ちがうの!」

梓「な、何がちがうんですか!」

梓「さっきのはどういつもりですか」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:45:53.85 ID:82tuZntC0

憂「さっきのって……何があったの?」

梓「憂のふりして嫌いって言われた」

唯「あ、あれは……」

憂「本当なの?お姉ちゃん」

唯「嘘だよ!あずにゃんは嘘をついている!」

憂「梓ちゃん……?」

梓「唯先輩!何を言ってるんですか!」

憂「……だったらなんでその髪形なの?」

唯「そんなのどうだっていいじゃん!」

唯「……もう、いや!ふたりとも大嫌い!」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:54:10.20 ID:82tuZntC0

梓「ちょ、唯先輩!」

梓「ういっ、おう……うい?」

憂「お姉ちゃんに嫌われちゃったよぉ……」 ヒクヒク

梓「う、憂……」

憂「ど、どうしよう、梓ちゃん……」

梓「私も何がなんだか……」

憂「大体なんでお姉ちゃんは私たちの関係知ってるの?」

梓「ほ、ほんとだ」

梓「先輩方に聞いてみようよ」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:18:50.24 ID:82tuZntC0

律「と、いうわけだったんだ」

憂「なるほど、そんなことが」

澪「唯は唯なりに良かれと思ってやってるんだ……」

梓「でも、ひどすぎます!」

憂「お姉ちゃんにも喜んで貰いたかったのに……」

憂「お姉ちゃんに嫌われたら嫌だよ」

梓「うい……」

紬「まず唯ちゃんを探しましょ」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:22:37.06 ID:82tuZntC0

河原

唯「あずにゃん、どうして私をみてくれないの?」

唯「なんで憂なの?」

唯「あずにゃんに嫌われたら生きていけないよ」

唯「やだよ、もう、やだよ!」

唯「ここで演芸大会の練習したときはたのしか……ったなー」

唯「でも、そのころにはもう付き合っていたなんて……」

梓「唯先輩!」

憂「お姉ちゃん!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:26:37.40 ID:82tuZntC0

唯「こないで!」

憂「お姉ちゃん、黙っててゴメン!」

唯「あ、謝らないで!」

梓「もう、なんなんですか!」

唯「もう2人とも私のことバカにしてるんでしょ!」

憂「してない!してないよ!」

唯「嘘!2人で私のこと嘲笑ってたんでしょ?」

梓「してませんよ!」

唯「別にそういうのいいから」 フッ



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:29:56.56 ID:82tuZntC0

梓「どうして、そんなふうに思うんですか?」

唯「どうしてって……ふつうそう思うよ」

憂「お姉ちゃん、私を信じて」

唯「……私、憂のこと好きじゃないし」

憂「え……」

梓「唯先輩何言ってるんですか」

唯「憂は何でも持っていくじゃん!」

唯「なんでもできるし!」

唯「いつも憂がほめられるし!」

唯「何やっても上手くいくし!」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:35:45.34 ID:82tuZntC0

梓「……唯先輩見損ないました」

唯「はいはい、キライになったでしょ?」

梓「ちょっとひどすぎます」

唯「……あーあ、もう生きている意味ないなぁ」

梓「そういうこと言わないでくださいよ!」

憂「お姉ちゃん……おねえちゃん!」シクシク

唯「泣いていいこちゃんアピール?ホントうざいなぁ」

梓「憂はそんなんで泣いてるんじゃないです!」

唯「ちがうよ!あずにゃんの気持ちをひきつけようとしてるんだよ!」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:39:14.04 ID:82tuZntC0

憂「お姉ちゃん……」

唯「なに?」

憂「どうやったら優しいお姉ちゃんに戻ってくれるの?」

唯「……じゃあさ、あずにゃんと別れて」

梓「嫌ですよ!なんでとばっちりを!」

唯「憂ばかり何でも持っていくのずるい!」

梓「そんなの飲めません!」

憂「……」

梓「ね、憂」

憂「……わかった、梓ちゃん、別れよう」 ポロポロ



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:43:34.03 ID:82tuZntC0

梓「う、憂!」

憂「私だって別れたくないよ!」

憂「でも、それでお姉ちゃんが元に戻るんだったら……」

梓「唯先輩!これで憂がどれだけ唯先輩のこと考えてるかわかりましたよね!」

唯「……」

憂「お姉ちゃん、黙っててゴメンね」

憂「梓ちゃんとは別れるので許してください」

唯「あずにゃん聞いた?憂はあずにゃんより私のほうが好きだってさ!」

唯「あずにゃんとのことは遊びってことだったんだよ!」

梓「唯先輩!」 ギリッ



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:47:53.72 ID:82tuZntC0

梓「殴らせてもらいます!」

律「梓、やめとけ」

澪「唯がここまで意固地になってるのも私達が甘やかしすぎたせいなんだ」

梓「先輩方……」

紬「唯ちゃん。今の唯ちゃんはおかしいよ」

唯「裏切り者の話なんか聞きたくないよ」

律「だから黙っててゴメンって言ってるじゃん!」

澪「そう、憂ちゃんたちもそう。みんな唯を大切に思ってたから黙ってたんだ」

唯「どうして……」

唯「わたしはそんなに大切にされる人間じゃないよ……」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:48:37.43 ID:wOqHeMxL0

なんか憂が可哀想でしかたない(´;ω;`)





135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:52:46.68 ID:82tuZntC0

唯「私は最低な人だよ」

唯「妹に嫉妬するし」

唯「後輩に愛されてるって勝手に誤解するし」

唯「仲間も信じられないし」

唯「ねえ、憂。こないだゴミ出しした日あったじゃん」

憂「う、うん」

唯「あの時私、憂の作ったご飯ゴミにしたからばれないために出したんだよ」

憂「……」

唯「せっかく憂が作ってくれたのに」

唯「……ほらほら、私ってこんな最低な人間だから」

唯「だから、大切にされる理由がわからないよ」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:58:51.54 ID:82tuZntC0

律「いや、今さらっとひどすぎだろ」

憂「律さん……お姉ちゃんを責めないで」

澪「いや、ご飯を捨てるとか……」

唯「あーなんかスッキリしたなぁ」

憂「お姉ちゃん……」

唯「もーこれから演技しなくてもいいと思ったら気楽だよ」

唯「あずにゃんは好きだけど憂は嫌いだから!」

梓「私は今の唯先輩は嫌いですけど!」

唯「あずにゃんったらー」

律「いや、正直私もねーわ」

澪「……私も」

紬「唯ちゃん……」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:59:35.17 ID:EmCuC5Kw0

愛は人を狂わせるんだな





141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:02:48.60 ID:82tuZntC0

唯「いいよ、別に」

唯「みんな上っ面の私が好きなだけだから」

唯「ホントの私なんか皆嫌いだから」

唯「あんなフワフワしてなんて、ありえないよ」

唯「ほら、憂も気づけてよかったね!」

憂「……お姉ちゃん」

唯「なに?見損ないましたって?」

憂「私はお姉ちゃんが好きだもん!」

唯「憂」

憂「お姉ちゃんだって人間だもん!しんどい時や辛い時あるもん」

憂「嫌なお姉ちゃんも、優しいお姉ちゃんも全部引っくるめてお姉ちゃんだもん!」




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:03:29.40 ID:wBcFB6eS0

なかなか面白い



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:06:17.01 ID:wOqHeMxL0

なんかいい展開になってきた





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:07:05.82 ID:82tuZntC0

唯「憂、馬鹿なの!」

憂「ばかでいいよ!お姉ちゃん嫌うほうが嫌だもん!」

憂「お姉ちゃん好きだもん!キライになりたくないもん!」

唯「う、うい……」

憂「皆がお姉ちゃんキライでも、そんなの関係ないもん!」

唯「私は憂のことが嫌いだから!」

憂「それは悲しいけど……それでも世界でたったひとりのお姉ちゃんだもん!大切にしたいよ」

唯「憂……」

唯「世界でたったひとり……」

唯「そこまで私のことを……」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:13:09.96 ID:82tuZntC0

憂「そうだよ!世界で一人のお姉ちゃん」

唯「こんなダメなお姉ちゃんでも許してくれるの?」

憂「許すも何も怒ってないよ!」

唯「……だめだよ。私は憂みたいにいい子ちゃんのお姉ちゃんには相応しくないよ」

梓「もー!なに意固地になってるんですか!」

唯「だって、おかしいよ!こんなにひどいことして!直ぐに許されるとか、ありえないよ!」

憂「ありえるよ!」

唯「ありえないって!」

憂「お姉ちゃん、さっき本当のこと言ってくれた!」

憂「ご飯の件とか辛かったけど、それでも黙って、うそつかれるよりは嬉しかった!」

憂「あんなこと言ったら嫌われるに決まってるのに正直に話してくれた!」

憂「つらいよね、ホントのこと言うの……」

唯「……」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:20:02.23 ID:82tuZntC0

唯「……」

憂「ね、お姉ちゃん。梓ちゃんとも別れるから」

憂「また、元の姉妹にもどろ」

梓「私は憂の意思を尊重します……」

唯「……ごめん、なさい」

唯「憂、ごめんなさい。あずにゃん、ごめんなさい。みんな、ごめんなさい」

憂「お姉ちゃん」

梓「唯先輩!」

律「唯……」

紬「唯ちゃん」

澪「唯ぃ」

唯「こんなに憂が私のこと思ってくれたなんて……」

唯「憂、ありがと」

憂「お姉ちゃん!」 ダキッ



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:24:55.70 ID:82tuZntC0

唯「うい、馬鹿なお姉ちゃんでごめん!」

憂「ううん、どんなお姉ちゃんも好き!大好き!」

唯「あ、あの。あずにゃん」

梓「なんですか」

唯「あずにゃんが憂のこと好きになるのもなんとなく分かるよ」

梓「唯先輩こんなに憂の近くに居たのに気づかなかったんですか」

唯「おはずかしながら……灯台下暗しって奴だね」

憂「それで、梓ちゃんとのことは……」

唯「あ、もちろん!別れないで!ごめんね、憂、あずにゃん」

唯「二人ともおめでとう」

唯「あずにゃん、憂をよろしくね」

梓「はいです!」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:31:11.50 ID:82tuZntC0

唯「憂もあずにゃん大切にしてあげて」

憂「うん」

唯「そして皆応援してくれてたのに裏切り者とか言ってごめん」

律「いや、気にすんなよ」

紬「うん、誰も悪くないよ」

澪「確かにご飯捨てたのはやり過ぎけど、
間違いに気づけたらよかったじゃないか」

唯「ははは、そうだね」

唯「こんな酷い私ですけど、よかったら一緒に演奏させてください」 ペコリ

憂「私からもお願いします!」 ペコリ

律「もちろん!だって仲間じゃねーか!」

澪「これだけ頭を下げてる人間を許さない奴なんかこの部にはいないよ」

紬「がんばろうね、唯ちゃん」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:36:41.76 ID:82tuZntC0

唯「みんな、ありがと。ライブがんばろ」

憂「よかったね、お姉ちゃん」

唯「うん……」

梓「あ、あの。いまの唯先輩は好きです!」

唯「恋人的な意味で?」

梓「先輩的な意味で、いえ、友人的意味です!」

唯「そっか、ありがとう。あずにゃん」

梓「なのでライブまでビシバシ行きますよ!さあ、練習です!」

唯「うん!がんばろ!」

律「いくぜー!」

全員「おー!」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:48:46.14 ID:82tuZntC0

学園祭

唯「えーと、もっと演奏したいんですけど」

唯「次で最後の曲です!」

唯「いつもそばにいる人ほど、その大切さに気づかないんですよね!」

唯「今日はその人に向けて歌います!」

唯「聞いてください!U&I!」

憂「……!」

………
打ち上げ @平沢家

憂「みなさん、ありがとございました」

唯「最後の曲は憂に向けてだよっ!」

律「ああ、バラバラになりかけてたけいおん部を憂ちゃんが救ってくれたんだしな」

憂「そんな……私はお姉ちゃんが好きだってことを伝えたかっただけで……」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:53:23.63 ID:82tuZntC0

梓「やはり私達は他人だからかな」

紬「唯ちゃんがホントのこと言って少し引いちゃった」

澪「でも、憂ちゃんがそれでも許してあげてたから。それにつられて……」

憂「みなさん……」

唯「憂、ありがと」

律「だから憂ちゃんもHTTの大切な仲間だよ!」

憂「そんな、恥かしいです」

梓「ちょ、律先輩。憂にセクハラしないでください」

律「いや、憂ちゃん。可愛いからしかたねーよ」

梓「……律先輩は澪先輩が好きでしょ」

律「へ、へぅ!?なにをいってだ!」

唯「え、そうなの?りっちゃん!」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 14:59:39.45 ID:82tuZntC0

梓「えっ、付き合ってるとばかり……」 ニ
ヤニヤ

律「こらー!わざとやってるだろ」

澪「……りつは私のことキライなのか?」

律「そんなわけ!……ないじゃん」

唯「ナカヨキことは美しいですなぁ」

紬「ねえ、唯ちゃん。今ならいいんじゃない?」

唯「そうだね!実は黙ってたんだけど、私とムギちゃん付き合ってます!」

紬「こないだ私から告白しましたー告白するの夢だったのー」

律「へ!和は!?」

唯「和ちゃんは、ずっとさわちゃんと付き合ってるよ。あ、秘密だったけ」

梓「そ、そうだったんですか」

澪「和の唯好きアピールは先生との関係を隠蔽する偽装工作だったってことか……」




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:00:31.61 ID:Eucnq7U80

和さわだった!
やったぜ!!





160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:07:37.56 ID:82tuZntC0

唯「うん、たぶん」

紬「あとはりっちゃんたちだけね!」

澪「……律、私じゃだめかな」

律「だ、だめなわけねーし」 ///

唯「やったね!りっちゃん!みおちゃん!」

憂「おめでとうございます!」

梓「いやー一件落着ですね!」

唯「うん、そうだね!」

唯「そうだ、憂には言いたいことがあったんだ」

憂「なぁに?お姉ちゃん」

唯「ムギちゃん嫉妬しないでね……」

紬「わかってるよ、唯ちゃん頑張って!」

唯「うん……」

唯「憂大好き!愛してる!!」

おわり




161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:12:36.51 ID:3hK1kHLE0

憂梓
唯紬
律澪
和さわこ
まーありっちゃありだな乙



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:17:35.70 ID:w5Bo74IP0

丸く収まってよかった乙
唯以外のキャラが良い方向に崩れてて楽しかった



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:26:31.70 ID:L1ZhP1mh0

唯が噛ませの憂梓は本当に楽しいな
欲を言えばもっと唯には痛い目にあってほしかった



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:43:25.36 ID:oPtvKpHI0

理想のカップリングに落ち着いたな
おつ



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 16:40:37.62 ID:hCA/yl/v0

>>160


憂梓良いよ憂梓





163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:21:12.45 ID:82tuZntC0

>>161
>>28からの続きはやくおねがいします
パンツはもう脱いでるんで




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:27:07.15 ID:VmfAs/o+0

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





166 名前:28:2011/01/06(木) 15:38:38.73 ID:3hK1kHLE0

>>28
このENDを見たあとだと蛇足にしかならん....



167 名前:166:2011/01/06(木) 15:41:18.51 ID:3hK1kHLE0

>>163だったorz


関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「憂大好き!愛してる!!」#1
[ 2011/01/07 15:34 ] 日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6