SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ほのぼの >  梓「あったかあったか(爆)」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「あったかあったか(爆)」 【ほのぼの】



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:29:53.13 ID:RpGw5Q1x0

「あったかあったか」

顔のそっくりな姉妹が、一つのマフラーを二人して巻いて、冬だというのにあたたかい笑顔で歩いていた。
私は二人に軽く頭を下げて、寒さの所為でうまく動かない頬を無理に釣り上げて、笑った。

「おはようございます。なにしてるんですか?」

「うん?二人であったかあったかしてるんだよお」

姉のほうがそう言った。私は首をかしげて、間抜けにもオウム返しをした。

「あったかあったか?」

「そう、あったかあったか」

妹のほうが答えた。
あったかあったか。私は彼女たちをじっと見つめた。

「楽しそうですね」

微笑んだ私に、彼女たちは大きく口を開けて笑いかけた。
うらやましいな、と思った。





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:35:20.05 ID:RpGw5Q1x0

二人の少し後を歩きながら学校へ向かう。
はあ、と吐いた息が思ったより白くて、自分でも驚いた。
枯れた並木が延々と、消失点まで続いていて、私はこの通学路を歩いているうちに、凍死してしまうのではないか、なんて下らないことを考えた。

「よっ、唯に梓、それに憂ちゃん」

曲がり角から現れた、カチューシャをつけた先輩が、手を上げて、明るく挨拶してきた。
その隣には、長い黒髪の、凛とした女性が。
二人とも、色違いの同じデザインのマフラーを巻いていた。

「先輩」

私は、失礼かと思ったが、彼女たちのマフラーを指さして言った。

「おそろいですか」

長髪の先輩は、少し顔を赤らめた。
彼女の吐いた息は、あまり白くなくて、ずるいな、なんて思った。

「これが暖かいからな。機能的なものを選んだら、被っただけ」

カチューシャの先輩はにやにやと笑っているから、きっと下手な嘘なんだろう。
どうでも、いいけれど。

「あったかあったか、ってやつですか」

そういう私の息は、やはりやけに白かった。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:39:57.18 ID:RpGw5Q1x0

学校に着いて、私は何となく、彼女たちから離れた。
音楽室に忘れ物をした、なんて言って、とくに理由もないのに音楽室へ向かった。

こぽこぽと、スッポンモドキのトンちゃんが水面から顔をのぞかせていた。

「寒くない?」

何となく、そう尋ねてみた。
冬場は室内でも寒い。私の息はやはり白かったし、掌で触れてみた水槽は、ぞっとするほど冷たかった。

「あったかあったか」

私はそう呟いて、ぐっ、と掌を強く水槽に押し当てた。
冷たさが掌に伝わってくるばかりで、一向に水槽は温まらない。
私はため息をついて、手を離した。

「あら、どうしたの?」

背後で急に、優しい声がしたから、私は驚いて振り向いた。
金髪をすきま風になびかせて、柔らかい表情の先輩が立っていた。
私はしどろもどろになりながら、言った。

「トンちゃんが、寒いかな、と思いまして」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:46:06.18 ID:RpGw5Q1x0

金髪の先輩は、きょとんとした表情で私を見つめて、それから軽やかに笑った。
ふふ、でも、はは、でもなく、あははという笑い声だった。

「変なの。それじゃあ、梓ちゃんの手が冷たくなっちゃうわ」

私は、何故だか理不尽にもむっとして、言った。

「冬場はもともと寒いもんです。今更冷たくなろうが、大して変わりませんよ」

先輩は、男らしいのね、と言って笑った。
そうして、にこにこと笑いながら、自分の手を水槽に押し当てた。
ひゃん、と高い、小さな悲鳴をあげる。

「冷たいね」

「そりゃあ、そうでしょうね」

私たちは顔を見合わせて笑った。
先輩はトンちゃんに餌を上げてから、冬の鋭い空気を、柔らかい髪で包み込むように、くるりと振り向いて、私に手を伸ばした。

「さ、教室に戻らないとね」

私が握った彼女の手はとても冷たかった。
けれど、それは私たちが同じことを――それは下らないことだけれど――頑張ったということで、とても、素敵なことだ。

「先輩の手、冷たいです」

それを聞いて笑う先輩は、とても綺麗だったから。私は自信を持って嘲るのだ。

「あったかあったか(爆)」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:44:02.71 ID:bb+jMSTs0

余り物をくっつけるのはお手軽でいいね





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 00:50:15.37 ID:RpGw5Q1x0

おわり
>20紬梓は原作でもその片鱗を見せつけてくれた魅力的なカップリングですが、おおむね図星だよ糞野郎




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/08(土) 01:51:09.51 ID:FcV29YIa0

>>23
乙。面白かったんだからそう下げずむなよ。





関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「あったかあったか(爆)」
[ 2011/01/08 20:32 ] ほのぼの | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:386 [ 2011/01/08 23:02 ] [ 編集 ]

ギャグかと思ったのに…
いい話だったけどな

タイトル:
NO:396 [ 2011/01/09 05:19 ] [ 編集 ]

唯梓厨は他カプに対して過剰に拒否反応する糞ばかり
それがわかる良いスレだ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6