SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  憂「…お姉ちゃんを孕ませたい!」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「…お姉ちゃんを孕ませたい!」#後編 【エロ】





管理人:エロです。閲覧にはご注意下さい。






憂「…お姉ちゃんを孕ませたい!」#前編




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 09:51:50.37 ID:zgEQtN0d0

律編

けいおん部

唯「みおちゃーん!」

澪「ば、ばか!皆の前で抱きつくなって…」

唯「いいじゃん、みんな知ってんだからぁ~」

紬「ふふ、でも、りっちゃんが梓ちゃんと付き合ってるなんてね」

唯「それを知れたから私たちの関係発表できてよかったよぉ~」

律「ムギがしつこすぎるんだよ…ってか、あいつおせーな」

紬「りっちゃん!やっぱり彼女が心配?」 キラキラ

律「そ、そんなんじゃねーし!ちょっと私探してくるわ~」

唯「じゃあ、私澪ちゃんとラブラブしとくー」

紬「私はそれを録画しておくわ!」

澪「悪いな、律頼むよ」

律「へーへー」

律(くそ、あいつら見てたら私も梓に抱きつきたくなっちまった)



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 09:55:56.85 ID:zgEQtN0d0

律「っていっても、アイツの行きそうなところねえ…」

律「だいたいなんで携帯もでないんだ?」

律「もう一回かけてみよ、うーん、駄目だ」

律「あ、憂ちゃんならクラス一緒だし。何か知ってるかな?」

律「もしもし、憂ちゃん?私、律だけど、うん。あの」

憂『はい、もしかして梓ちゃんですか?』

律「ああ、そうそう!サボってるから部長命令的な意味でね!」

憂『今一緒に性徒会室にいますよ、律さんも来て下さい』

律「生徒会室?なんでそんなところに、まあ、迎えに行くわ」

憂『はーい、まってまーす』



憂「ねえ、梓ちゃん聞こえたでしょ?」

梓「り、律先輩がもうすぐ来るっ…」

憂「そうだねえ、早くお洋服着ないと見られちゃうよ。この姿」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:00:22.05 ID:zgEQtN0d0

梓「で、でもっ…」

憂「でも、気持いいから抜けないよね」

梓「そんなことないっ!」

純「でも、さっきから憂の上で腰動かしてるの梓じゃん」

和「ええ、もう動物のように貪ってるわね。だいたい私たちもう抑えつけてないわよ」

梓「私は…そんなこと、ないもん…」 フリフリ

憂「そっかー、じゃあ、抜いていいよ」

梓「えっ」

憂「別に私だって梓ちゃんと律先輩の関係壊したいわけじゃないし」

純「憂は優しいね」

憂「ほら、早く抜いて、お洋服来ないと」

梓「う、うん…」

律「おらー!あずさ…?」

憂「あれ、律さん早いですね」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:05:07.39 ID:zgEQtN0d0

梓「律…こ、コレは違うの!」

律「え?憂ちゃんにおちんちん?」

和「性徒会室にいらっしゃい、律。部屋に入ったら戸締りしないとね」

律「和なんで鍵…って、鈴木さん?!は、はなして」

純「だめですよ!」

梓「ち、ちがうの、ちがうの…」 

律「あああああああああああああ」

梓「…ごめん、ごめんね、律」

憂「律さん大丈夫ですよ、「まだ」梓ちゃんは律さんのことが好きですよ」

律「憂ちゃんでも許さねえ!梓から離れろ!」

憂「そうですねえ。でも、私はどうしたらいいんでしょう?このオチンチン」

律「…そ、そんなの知らないっ」

憂「律さんが、コレ処理してくれたら、梓ちゃんにひどい事しなくても済むのになあ」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:06:41.44 ID:Hi3KrpFc0

外道杉ワロタ





122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:09:03.86 ID:zgEQtN0d0

梓「ちがうの…ちがうの…これは無理やり…」 ヒックヒック

律「梓、あんなに怯えて…わかった。私がやるからひどい事はしないでくれ」

憂「話が早くて助かります!」

律「で、どうすれば…」

憂「まずはやっぱりおでこでしょ」

律「え…」

憂「ふふ、やっぱり律先輩のオデコはピカピカで滑りがいいですね」

律「くっ…」

律(これも梓を助けるためだ…)

憂「さっき途中だったんで出そうです!」 ピュルッ、ピュー

律「うわっ…」

和「あら、律のおでこがまっしろになったわね」

憂「私もう我慢できません、律先輩さっそく入れさせてもらいますね」

律「そ、そんなの…」

憂「じゃあ、梓ちゃんで」




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:11:55.53 ID:ip2x6RYC0

>まずはやっぱりおでこでしょ

純ちゃんのモフモフこきといい、よく分かってらっしゃる





124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:13:20.00 ID:zgEQtN0d0

律「くそっ…憂ちゃん最低っ…」

憂「何でもいいですよ、どうするんですか?」

律「ほ、ほら、好きにしてくれ…」

憂「好きにしていいんですか?」

律「ああ」

憂「じゃあ、梓ちゃんを好きにします」

律「っつ…!私を好きにしてくれ!」

憂「律さん、それは人にお願いする態度じゃないですよ~」

律「…私を好きにしてください」

憂「え?どうして欲しいのかよくわからないんですけど…」

律「私の体を好きに使ってください!」

憂「はい、わかりました。…梓ちゃん?今の聞いた?」

梓「え…?」

憂「律さん、私に「私の体を好きに使ってください」だって」

律「それは憂ちゃんが無理やり…!」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:17:09.70 ID:zgEQtN0d0

憂「あ、今のむりやりだったんですか…」

梓「そ、そうだよ、律がそんなの言うわけない!」

憂(じゃあ、梓ちゃん頂きます。私は律さんの自由意志を尊重しますので) ボソッ

律「…っ、無理やり、じゃないです…私の本心です」

梓「…りつ?」

律「だから、私の体を、好きに使ってください、お願いします」

律(これは梓を救うためなんだ!すまん、梓!)

梓(律が…私を裏切った…?)

憂「はい、わかりました!それじゃあ、早速頂きますね~」

律「くっ…」

梓(うそ、嘘だよね…)

律「くはっ…」

憂(気持よさそうに喘いでもらえなかったらすぐに梓ちゃんにいっちゃいますよ) ボソッ

律「んっ、ああっ…」

憂「ふふ、気持よさそうですね」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:20:38.14 ID:zgEQtN0d0

梓「律!嘘だよね!感じてなんかいないよね!」

律「ああ、かんじ

憂(わかってますよね?)ボソッ

律「…てる」

梓「…り、つ」

憂「そういえば、梓ちゃんともしたことあるそうじゃないですか」

律「う、うんっ」

憂「律さん、梓ちゃんと私、どっちが気持ちいいですか」ニッコリ

律(もちろん梓、梓に決まってる!)

律(でも、ここで梓って言ったら…じゃあ、梓ちゃん試してみようかなーとか)

律(それだけは絶対駄目だ!すまん。梓!)

律「…憂ちゃんだよ」

梓「あああああああああああああああああ」

憂「ふふふ、ありがとうございます。…もういいかな」 ヌポッ

律「えっ?」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:23:20.78 ID:zgEQtN0d0

憂「梓ちゃん、律さん私のおちんちんのほうがいいって」

梓「…」

律「そ、それは…」

憂「じゃ、さっきの続きやろうか」

梓「好きにして」

律「え?」

憂「梓ちゃん頂きます」

梓「…」 バコバコ

律「ちょ、憂ちゃん、梓なにやってんの?ハハハ」

憂「何って…みればおわかりになるかと…」

律「あずさあ!」

梓「律から裏切ったじゃん…」

律「そ、それは…」

梓「さっき気持よさそうにしてたし、憂のほうがいいっていった!」

憂「うんうん、言ってたよ」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:24:53.62 ID:3dhcNPrN0

あずにゃん騙されるなよwww





129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:26:52.04 ID:zgEQtN0d0

梓「だったらもういいもん!」

憂「梓ちゃん、さっきからずっと律さんのほうがいいって言ってたんですよ」

和「ええ、私も聞いてたわ」

梓「なのに、律…」

憂「だったら私のほうが気持ちいいよね、梓ちゃん」

梓「うんっ、きもちいいっ、きもちいいよ、憂!」

律「やめろおおおおおおおおお」

梓「先に裏切ったのはそっちなのに、何言ってるんですか…」

憂「ふふ、梓ちゃん、律さんに、私ので気持ちよくなっちゃうところ見せてあげようよ」

梓「うんっ、あっ、あっ、もうさっきからずっと我慢してたの」

憂「うん、梓ちゃんは、素直じゃないからね。もう素直になっていいんだよ」 チュ

律「ああああああああああああああああ」

梓「にゃあ…うい…」

憂「出すよ、また一番奥に出すよ」 ピュル

梓「んんっ、気持いいところに当たってるの…」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:30:00.03 ID:zgEQtN0d0

梓「ねえ、憂、もっとしよ」

憂「でも、律さんに悪いよ」

梓「そんなの…」

憂「ね、仲直りしよ。律さんには私がお仕置きしてあげるから」

梓「…」

憂「さて律さん」

律「…」

憂「私の大切な親友を裏切った罪はおもいですよ♪」

律「もう、好きにしてくれ、どうでもいい」

憂「あら、完全に折れちゃってますね、それだけ好きだったんですね」

律「…」

憂「まあ、どちらにしろ、やるんですけど…」 グイッ

律「…」

憂「反応がないのもつまらないですね…梓ちゃん、こっちにおいで?」

梓「うん!」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:35:53.82 ID:zgEQtN0d0

憂「ほら、仲直りの印に、律さんの胸舐めてあげて」

律「あ、梓…」

梓「…憂が言うから仕方なくですよ」 ペロっ

律「うっ」 キュン

憂「ふふ。すごく締まりがよくなりましたよ…私のおちんちんそんなにいいですか?」

律「ち、ちがっ…」

憂「ねえ、梓ちゃん。律さんにキスしてあげて…大人の」

梓「んっ」 ペロペロ

律「ん…」 ペロペロ

和「流石に慣れてるって感じね」

純「お互いどこが弱いかわかりきってるって感じですよね!」

憂「ふふふ、いいですよ、そろそろ出しちゃいますね」 ピュピュッ

律「ううっっ…」

憂「ほら、梓ちゃん、律さんのここからでてるミルク舐めとってあげて」

梓「はい…」 ペロペロ
律編完




132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:36:17.80 ID:BxZ4UeFx0

俺も憂ちゃんに犯されたんだな・・・

幸せだ・・・



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:39:36.82 ID:tBWmnLKi0

僕も憂ちゃんに逆レイフされたい



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:48:48.98 ID:3dhcNPrN0

あずにゃん堕ちたか





136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:05:08.36 ID:zgEQtN0d0

紬編

部室
唯「みおちゃんー♪」

澪「って、もうこんな時間…」

唯「ねえ!今日も澪ちゃんのウチにとまっていい?!」

澪「私は構わないけど、憂ちゃんいいのか?」

唯「大丈夫大丈夫!」

紬「じゃあ、私も澪ちゃんの家に…」

唯「それはだめだよー」 

澪「お、律からだって今日はもう解散」

唯「きっとあずにゃん見つけて二人でラブラブしてたんだよー」

下校!

紬「ふう…私も一人は寂しいな…」

紬「あ、憂ちゃんからメールだ」

紬「今日も『お姉ちゃんいないから寂しいのでウチに御飯食べに来ませんか』

紬「いくっきゃないわね!」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:08:27.01 ID:zgEQtN0d0

平沢家

紬「こんばんは!」

憂「いらっしゃいませ!お食事の準備できてますよ」

紬「憂ちゃんありがとう」

憂「はい、こちらです」

紬「えっ…」

憂「あれ、もしかしてお口にあいませんか?女体盛です!」

紬「そうじゃなくてこれって…」

憂「あ、食器ですか?いいのが入ったんですよ~」

律「///」

純「///」

和「///」

梓「///」

紬「えっと…」

憂「もしかして紬さんもお料理より食器のほうが気になりますか?」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:11:52.49 ID:zgEQtN0d0

紬「…」

憂「ベルギー産とかじゃないんですけど、日本産でもいいのあるんですねっ」

紬「いいのかしら」

憂「ええ、大丈夫です、さあ、ご堪能ください」

紬「それじゃあ、りっちゃんのおっぱいを…」

憂「はい、どうぞ、お好きにしてください」

紬「ふふふ、実は始めてあった時からりっちゃんのこと好きだったの」 チュパチュパ

律「…んあ…」

紬「でも、梓ちゃんと付き合ったから身を引いたけどね…」

紬「…やっぱり美味し」

憂「おっぱいといえばコッチの大きいのもおすすめですよ」

紬「鈴木さんのおっぱいも美味しそうね」 チュッ

純「ああっ…」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:20:38.51 ID:zgEQtN0d0

憂「おっぱいばかりではなく、このアワビもおすすめですよ」

紬「そうね、じゃあ和ちゃんのから…」 ペロッ

和「あんっ…」

紬「憂ちゃん、なかなかいいわね」

憂「紬さんなら違いに気づいてくださると思っておりました」

紬「ふふ、次は梓ちゃんのね」 チュルリ

梓「あ…っ」

紬「やっぱり感度が違うわ、これは本物ね。流石憂ちゃんね」

憂「お褒めに預かり恐縮です」

紬「もっと楽しませてもらってもいいかしら…」

憂「どうぞどうぞ、お楽しみください」

紬「じゃあ、下のお口で和ちゃんの舌を頂くわね…」

和「んふっ」

紬「で、この梓ちゃんの味を楽しみながら…りっちゃんと鈴木さんの乳首を弄らせて貰うわ」

憂「流石紬さん。楽しみ方を分かっておられますね」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:26:24.56 ID:zgEQtN0d0

紬「ふふっ、素敵よ、素敵…」

紬「ああ、いっちゃうわ…」

紬「おしっこ漏れちゃう…」

和「あ、はい、どうぞ…」

紬「いえ、和ちゃんには悪いわ。りっちゃんのおでこに出したいの」

律「はい…」

紬(えらく素直ね…まあ楽しいから別に構わないけど) ジョロジョロジョ

憂「ほら、梓ちゃん、ちゃんと掃除してあげて」

梓「はい…あの、ムギ先輩」

憂「紬さんじゃなくて、律さんのおでこをだよ」

梓「あ、はい…」 ペロペロ

律(梓…) ジーン

紬「…なるほど、梓律もあり、ね」

憂「ええ、ありですね。ほら純ちゃんぼっとしないで」

純「あ、はい。お掃除ささせていただきます」 チロチロ




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:26:53.16 ID:ip2x6RYC0

それにしてもこのムギちゃん、ノリノリである





143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:33:52.73 ID:zgEQtN0d0

紬「んっ…結構上手に掃除するのね」

憂「そりゃモップですから」

紬「ああっ、きもちいいわ…」

憂「ほら、和ちゃんも呆けてないでおっぱいをしっかり揉んであげて」

和「うん」

紬「ふう、責めるのもいいけど、責められるのも素敵ね…」

憂「普段紬さんは責めてばかりですからね」

和「それにしても大きいわ」

紬「んっ、やらしい触りかたするのねっ」

純「私の舌使いどうですか?」

紬「合格、合格よっ」

純「やった…」 ぶいっ

憂「ほらほら純ちゃんサボってないでちゃんといかせてあげて」

純「うんっ」

紬「ああっ…いくっ、いくいく…」 ピシャア



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:38:15.80 ID:zgEQtN0d0

紬「はぁ…いっちゃった…よかったわ」

憂「ちょっと紬さん!ウチの純ちゃんに何愛液かけて汚してるんですか!」

紬「えっ、でもさっきりっちゃんに…」

憂「律さんはいいんです!でも、純ちゃんはだめですよ!」

紬「ご、ごめんなさい、知らなかったから…」

憂「そんな謝罪の言葉で純ちゃんの心の傷は癒えません」

紬「私はそんなにひどいことを…」

憂「ええ、でも、紬さんは初回なのでお安い賠償で大丈夫ですよ」

紬「ああ、そういうことなら大丈夫よ」

憂「?お金じゃないですよ…紬さんの体です」

紬「えっ…」

憂「みんな!紬さんを確保して!」

和「ごめんね」

純「別に私は気にしてませんけどね」

梓「そういうことですから」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:54:04.08 ID:zgEQtN0d0

紬「って、何を…」

憂「ふふふ、さっきの見ててずっとパンパンなんですよ」 

紬「それは…!」

憂「紬さん、結構興味あるんじゃないんですか?」

紬「」 コクン

憂「なあんだ、じゃあ、別に拘束する必要もないですよね」

紬「う、うん」

憂「先程は失礼しました、さぁどうぞお召し上がり下さい」 ゴロン

紬「構わないわ、頂きます…」

和「すこしずつでいいのよ」

紬「うんっ…ああっ…」ピト

純「大丈夫ですよ!リラックス!」

梓「ムギ先輩!がんばってください!ほら、律先輩も!」

律「…がんばれー」

紬「みんな…ありがとう!えいっ」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 12:00:07.81 ID:zgEQtN0d0

憂「んっ…」

紬「は、はいってる…ちょっと痛い…」

憂「ご卒業おめでとうございます」

和「あら、血が出てるわ」

純「掃除は任せてください!」

梓「はいです!」

紬「んっ。くすぐったい…でも、きもちいい」

憂「流石紬さん!なかなか名器ですよ!」

紬「あら、ありがと…ねえ、とっても美味しいヨーグルトがあるって聞いたのだけど」

憂「はい、まもなくお待ちします」

紬「待ちきれないわ~」 クニクニ

憂「そんなに激しくされたら…あっ…」 ピュー

紬「あん、すごいわぁ、憂ちゃん…ふふ、もっともっと頂戴…」

紬編完



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:01:56.31 ID:zgEQtN0d0

澪編

憂「それで紬さん。お姉ちゃんと澪さんが付き合ってるって本当ですか?」

紬「ええ、今日も澪ちゃんの家にお泊りだって」 ユッサユッサ

憂「へえ、詳しく聞かせてもらいたいです」

紬「なんでも澪ちゃんから告白したとか…」

憂「そうなんですか、私のお姉ちゃんを取るなんて赦せない!」

律(おまえがいうな)

紬「でも、2人はしあわせそうよ」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:02:56.32 ID:zgEQtN0d0

憂「お姉ちゃん騙されてるに決まってます!」

紬「そうかしら。それより、ねぇ…」

憂「あっ、はい。お礼にいっぱい出しますね!」 ピュルルー

紬「ああん、これっ、はまっちゃう」

純「ねえ、憂私にも……」

憂「うん、みんなにもたくさんタネ付してあげるね」

梓「やったー」

律(あずさ……)

………
……


憂「和ちゃん、和ちゃん!」 ピュッ

和「」

憂「あっ、和ちゃんもダメかー。みんな寝ちゃったけど、我慢できないよね…」

憂「そうだ澪さんの家に行こう」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:08:04.85 ID:zgEQtN0d0

澪の家

澪「唯!」 ギュッ

唯「あはっ、澪ちゃん。ふたりっきりなら大胆なんだね」

澪「…だって唯が好きだもからな///」

澪(今日はパパもママもいない!)

唯「澪ちゃんお料理も美味しかったし!」

澪「まあ、たまに作るからね」

唯「そうなんだ、おいしかったよー」

澪「そ、そうか、ありがとう」

唯「澪ちゃんって何でもできるんだね、かっこいいな」 スッ

澪「そんなことないよ…」

唯「あはは、澪ちゃん顔真っ赤ー」

ピンポーン



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:12:25.56 ID:zgEQtN0d0

澪「誰だろ?唯窓から見える?」

唯「あ、憂だ!おーい!」

憂「おねーちゃん!着替えもってきたよー!」

澪「ああ、憂ちゃんか。今あけるね」

憂「はい!」

唯「ういー!よくここがわかったね!」

澪「いらっしゃい。寒い中悪いね、よかったら少しあったまっていったら?」

憂「ありがとうございます、丁度お話したいことがあったんです」

澪「おはなしって…」

唯「憂どしたの?」

憂「お姉ちゃんと澪さん付き合ってるって本当ですか?」

澪「…ほんとうだよ」

憂「私もお姉ちゃん好きのに!」

唯「!」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:15:26.19 ID:zgEQtN0d0

澪「そうだったんだ。でも、今は唯は私と付き合ってるから」

澪「な、唯?」

唯「憂、それホント?」

憂「ほんとだよ!お姉ちゃん。私はお姉ちゃんのことが世界で一番好き!」

澪「もう、憂ちゃん。それはわかったけど、ふたりは姉妹だろ」

憂「そんなの関係ないです!」

唯「そう、だったんだ」

澪「ほら、唯もびっくりしてるし…悪いけどもう帰ってくれないかな」

憂「ちょっとまってください、まだ話は…」

唯「私も憂が世界で一番好き!」

澪「え?」

憂「お姉ちゃん!」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:20:09.64 ID:zgEQtN0d0

唯「澪ちゃんごめん…」

澪「そ、それは姉妹としてだろ…」

唯「ううん、違うの。女の子として」

澪「でも、家族じゃないか!」

唯「うん、だから気持ち悪いって思ってた」

澪「だけど、私の告白受けてくれたよな!」

唯「うん、澪ちゃんのことは好きだもん。憂を除けば世界で一番好き」

澪「そんな…」

憂「お姉ちゃん!好き!」

唯「ごめんね、憂!気持ちが通じなくて!」

憂「大丈夫だよ!お姉ちゃん!」

澪(彼女が彼女の妹に奪われたけど何か質問ある?ってスレタイかな、やっぱ)

憂「あっ、澪さん。ごめんなさい」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:24:02.70 ID:zgEQtN0d0

憂「慰謝料お支払いいたしますので」

澪「えっ、そんな姉妹レズとか普通じゃないし、気持ち悪い、帰って!」

唯「…澪ちゃん、いまのは酷いよ」

憂「ええ。逆に慰謝料請求いたしますね」

澪「は?気持ち悪いものに気持ち悪いって言って何が悪いの?帰って!」

憂「調子に乗らないでください」 ボカッ

澪「」

憂「次はその綺麗な顔真っ赤にしますよ」

澪「」 フルフル

憂「じゃあ、部屋に上がっても構わないですかね」

澪「」 カクカク

唯「おおー、憂かっこいー」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:39:44.58 ID:zgEQtN0d0

憂、そんなこんないよ、お姉ちゃん」 テレテレ

唯「ううん!」

憂「ほら、いつまで寝てるんですか」

澪「あ、あ…」

憂「まあ、ここでもいいですけどね…」

澪「やめて」 ジョー

唯「澪ちゃんおもらしだー」

憂「まあ、丁度濡れたしいいですね」

澪「え?」

憂「じゃあ、早速いれますね」 バキバキ

澪「な、なんでそんなものが!」

唯「うい、素敵」 ホワホワ

憂「お姉ちゃんを一時的とは言え、誑かした罪は重いのです…贖罪タイムです」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:42:34.46 ID:zgEQtN0d0

澪「あ…」

憂「ほら、入れますよ!」

澪「は、はいらないって…」

憂「入るとか入らないとかの話しはしてません。入れるといっているだけです」 クイッ

澪「んっ…」

憂「くっ…と」

唯「澪ちゃんがんばってー」

憂「またお姉ちゃんに応援されて!」 グイッ

澪「あああっ!」

憂「へへへ、一気にすっぽり入ってしまいましたね」

澪「ああ…」

唯「すごい、私のときよりもでてるよ」

憂「えっ!?お姉ちゃんしたことあるの?」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:47:35.42 ID:zgEQtN0d0

唯「うん、澪ちゃんとしたよ」

憂「でも、澪さんは処女…」

唯「澪ちゃんはパンツタイプの奴だったからー」

憂「赦せないっ!」

唯「だって澪ちゃん怖がってたもん」

憂「お姉ちゃんの純潔を奪い、自分はそのままでいたなんてっ!」 ガクガク

澪「ああっ、痛い!やめてっ…」

憂「私の心の痛みはこんなもんじゃないです!」

澪「ほ、ほんとにいたいの。さけちゃう!


憂「逃しませんよ!きちんと、狙いを定めて…」

憂「いちばん深い所に出してあげますからっ!」 ピュッ

澪「!?うそっ、なかで、なかでてるっ!?」

憂「一発じゃないですよ、まだまだたくさん出ますから…」

唯「がんばれーういー!」

澪編完




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:49:52.95 ID:MqKTG/ej0

これはひどい



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:50:38.50 ID:CB6BBY72P

澪はこういう役が似合うなあ



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 13:54:43.48 ID:YAy9T1AK0

憂ハーレム憂ハーレム





165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:05:55.60 ID:zgEQtN0d0

唯憂編

唯「ういー澪ちゃんもう白目向いてるよ」

憂「はぁはぁ、そうだね」

唯「さすがにしんどそう…大丈夫?」

憂「うん…」

唯「じゃあ今度は私が憂を抱いてあげる!」 ギュッ

憂「お姉ちゃん…」

唯「実は私も昨日から生えてたんだ…」

憂「ほ、ほんとだ!」

唯「ほんとは澪ちゃんに始めて捧げるつもりだったけど、憂にあげる」

憂「お姉ちゃん…実は私も女の子は初めてなの」

唯「へへへ、それじゃあ、ふたりの始めてプレゼントだね」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:09:56.76 ID:zgEQtN0d0

唯「うい、イキナリは痛いからなめてあげるね」

憂「うんっ、お姉ちゃん…」

唯「憂のここ可愛いよね」

憂「そんなにジロジロみないで…」

唯「だってかわいいもん」

憂「恥ずかしいよ…」

唯「っと、そのまえに、ちゅーしよ」

憂「お姉ちゃんとチュー…」

唯「うんっ、憂との始めてのチューだね」

憂「んっー」

唯「むっ…」

憂(お姉ちゃんのベロおしいよぉ)



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:13:38.35 ID:zgEQtN0d0

唯「…ぷはぁ」

憂「お姉ちゃん…おかわり」

唯「うんっ!もっと憂のヨダレほしい!」

憂「わ、私も…」 ブチュー

唯(憂のヨダレがベロを通していっぱい入ってくる)

憂(お姉ちゃんのヨダレ甘くて美味しい)

唯(もっともっお舐めたいよぉ…)

憂(あっ、歯と舐められてる)

唯(もっと近づきたい…) ピト

憂(あ、おちんちんでもキスしちゃってる)

唯(憂のおっばいに私のおっぱいが当たってるよ…)



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:17:32.75 ID:zgEQtN0d0

憂「ぷはぁ…お姉ちゃん乳首通しでもちゅーしよ」

唯「いいね、それ。ついでに、おちんちん通しでもしようよ…」

憂「うん、お姉ちゃんといっぱいチューできるね」

唯「一石三チューだね」

憂「あはは。そうだね…お姉ちゃん」

唯「んぐっ」ペロペロ

憂(あ、お姉ちゃんの乳首コリコリして気持ちいい)

唯(憂のおちんちんのぴくぴくが伝わってくるよぉ)

憂(あ、おちんちんからお汁が出て、ヌルヌルして気持ちいいよぉ)

唯(乳首からおっぱい出たらいいのにな…) ビュー

憂(お、お姉ちゃんのおっぱいから濃厚なミルクが!)



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:22:38.10 ID:zgEQtN0d0

憂(私も出たらいいのに…) ピュー

唯(憂のおっぱいミルク暖かいよぉ)

憂「ぷはぁ、お乳でたね」 ドキドキ

唯「うん、憂のおっぱいミルク舐めてもいい?」

憂「いっぱい舐めて!お姉ちゃん!」

唯「うん、ぺろぺろ…」

憂「ど、どうかな…」

唯「私のミルクと混ざってナイステイストォ!」

憂「はんっ…そ、そうなんだぁ」

唯「ほら、憂も舐めて…」 ぐいっ

憂「う、うんっ…」 ペロッ

唯「おいしいでしょー?」

憂「すごい!すごいよ、お姉ちゃん!チュウチュウが止まらない」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:26:48.07 ID:zgEQtN0d0

唯「そんなにしたらまた出ちゃうよ!」ビュー

憂「あはっ、お姉ちゃんの搾りたておっぱいおしいよ…」

唯「気持ちいい…」

憂「うんっ、私のも直のみしてっ!」

唯「ういー!」 ガブ

憂「あははっ、お姉ちゃんいたいよー。おっぱいは逃げないから、ゆっくり、ね」

唯「うんうん!」 フンス

憂「そうそう、優しくゆっくり…」

唯「おいしいね!」 ペロペロ

憂「あっ、もうおっぱい出ちゃうよ」

唯「うんっ、おっぱい出して!」 カミッ

憂「やんっ。急に噛まれたら…」 ビュー

唯「んふっ、んー」 ゴクリ

憂「ど、どうかな、お姉ちゃん」

唯「うまい!」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:30:32.93 ID:zgEQtN0d0

憂「嬉しい…」

唯「あ、そうだ!あそこ、舐めるんだった!」

憂「もう大洪水だよ、お姉ちゃん」

唯「ダメダメ、ちゃんと濡らしておかないと」

憂「お姉ちゃん…」 ジーン

唯「えへへ、可愛い」

憂「私もお姉ちゃんの舐めたい」

唯「そっか!じゃあ、69しようよ!」

憂「うんっ!」

唯「じゃあ、私が下ね」

憂「はい…」

唯「ほら、ほら、うん」

憂「お姉ちゃんのも綺麗…」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:35:17.51 ID:zgEQtN0d0

唯「えへへ、そうやってマジマジみられると恥ずかしいね」

憂「お互い様だね、お姉ちゃん」 チュッ

唯「あーん。私が先に舐めたかったのにーえーい」 シコシコ ペロッ

憂「お姉ちゃん、おちんちん触りながら、あそこ舐めるのは反則だよぉ…」

唯「んふふ、憂に気持ちよくなってもらいたいもん!」

憂「あんっお姉ちゃん嬉しい」

唯「えへへ、可愛いよ、憂」 チュッチュツ

憂「ああっ、気持良過ぎてお姉ちゃんの触る余裕ないっ」

唯「いいからいいから、お姉ちゃんに任せなさい!」

憂「うんっ、お姉ちゃん、あっ、お姉ちゃんの舌が少しずつ入ってくる」

唯「うんっ、憂の中暖かいよぉ」

憂「変な味しない?」

唯「甘くて美味しい味がするよ」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:40:23.68 ID:zgEQtN0d0

憂「うれしいっ、あっ、ダメ、私のおちんちん爆発しちゃうよ」 ビュー

唯「ぶはっ、あは、我慢できなかったんだね。顔中あったかいよ。こっちにもチュー」 ブチュー

憂「やっ、出たばかりだから敏感なのっ…」 プルプル

唯「あっ、女の子の方でもいっちゃったんだ」

憂「うん、恥ずかしいよー」

唯「大丈夫、憂は可愛い!」

憂「お姉ちゃん…」 ギュッ

唯「じゃ、そろそろ入れようか…」

憂「最初は…正常位がいい」

唯「うんっ、憂の可愛いお顔みながらしたいな」

憂「私もお姉ちゃん見ていたいの…」

唯「んとっ、じゃあ、いれるよっ」 ぴと

憂「うん、お姉ちゃん…」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 14:45:09.90 ID:zgEQtN0d0

憂「あっ、お姉ちゃんの入ってくるよ」

唯「ふふっ、憂の中に少しずついれていくね。いたかったら言って…」

憂「大丈夫…」

唯「んっ…」

憂「お姉ちゃん、私の精液まみれ舐めてあげるね」ペロペロ

唯「やあっ、くすぐったいよっ」

憂「だって、かわいいもん」

唯「憂も私のでまっしろにしてあげるよ」

憂「お姉ちゃん、嬉しい」

唯「あ、血がでてる…痛かった?」

憂「ううん、気づかなかった。お姉ちゃんのことばっかり考えてたから」

唯「わたしも憂のことばかり考えてるよ」

憂「んっ、お姉ちゃん、チューして」

唯「うんっ、はい、べろちゅー」

憂「んーっ」 チュッチュツ



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:14:00.97 ID:zgEQtN0d0

憂「あはっ、気持ちいいよ」

唯「憂の始めてもらっちゃた」

憂「お姉ちゃんも、そっちははじめてでしょ?」

唯「うん!」

憂「ん、嬉しい…」

唯「えへへ、憂私もう限界かも」

憂「いいよ、出して」

唯「うんっ、憂の中にだすねっ!」

憂「おながいっ、お姉ちゃん!」

唯「いくっ、いくっ、あーっ」 ビュービュルビュル

憂「すごい!いっぱい出てる…」

唯「だって始めての射精だもん」

憂「お姉ちゃんの始めての射精まで…」

唯「でも、まだまだガチガチだよ…」

憂「お姉ちゃん、私の後ろの穴もつかう?」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:17:34.29 ID:zgEQtN0d0

唯「えっ、いいの?」

憂「うん、私お尻もはじめてだから…」

唯「ういいいっ!」 ギュッ

憂「後ろなんだからバックのほうがいいよね」

唯「うん!はい、こっちむいて」

憂「えへへ、じゃあ召し上がれー」 フリフリ

唯「憂のお尻可愛いよぉ、入れる前にチュッチュツしたいよー」

憂「またー?いいよ、いっぱい舐めてね」

唯「うんっ!ふふっ、あーんっ」

憂「ひゃう、くすぐったいよぉ」

唯「だって可愛いからしかない」

憂「もうっ、お姉ちゃんったら…んっ…」

唯「これくらい解れたら大丈夫かな」

憂「うんっ、お姉ちゃん来て…」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:25:43.84 ID:zgEQtN0d0

唯「うんっ、憂のお尻にはいっていくよ!」

憂「わたし、幸せ!」

唯「ういっ、わたしも、わたしも幸せ!」

憂「お姉ちゃんとの相性最高だとおもうっ」

唯「うん、私たち最高だよっ!」

憂「ああっ、もう。なにも考えられないっ」

唯「憂のおちんちんも握ってあげるねっ」

憂「んっ、入れられながらシコシコされちゃってるよ!」

唯「きもちいいー?」

憂「うんっ、気持ちいいっ!」

唯「よかった!憂のお尻も凄く気持ちイイよ!」

憂「お姉ちゃん、たくさん出してっ!」 ギュッ

唯「そ、そんなに閉められたら、あっ」 ビュー

憂「んほぉっ、お姉ちゃんのがたくさん出てる、あ、わたしのもでちゃうよ!」 ピュー



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:36:29.59 ID:zgEQtN0d0

唯「えへへ、憂たくさんでてるね」

憂「お姉ちゃんに入れられてたもん」

唯「じゃあ次は違う体位で…」

憂「そのまえに澪さんに仕返ししよ、さっきひどいこと言われたのまだ仕返ししてないし」

唯「ああ、姉妹れずってやつ?」

憂「そう。さっきのは、お姉ちゃんを誑かし罪だったからね」

唯「だねぇ、でも、どうするの?」

憂「お姉ちゃん、前と後ろどっちがいい?」

唯「うーん、やっぱり前かな」

憂「じゃ、私が後ろだね!」

……
唯「み……て。澪ちゃん、おきてー」

澪「んっ、ここは…」

憂「現実ですよ」

澪「な。なんかお尻が痛い」

憂「私のが入ってますからね」




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:41:04.29 ID:ip2x6RYC0

澪カワイソス(´・ω・`)
とばっちりってレベルじゃねーぞw





181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:43:56.26 ID:zgEQtN0d0

澪「や、やめて…」

憂「だめです」

澪「痛い」

唯「私は気持ちイイよぉ!」

憂「うんっ、澪さんの中でお姉ちゃんのが当たってるよ!」

唯「ほんとだ!これ憂のだ!」

澪「は、はげしく動かないでっ」

憂「お姉ちゃんちゅーしよ!」

唯「うんっ!」

憂「チュー」

澪(ふたりの吐息が密に聴こえるよ…)

唯「はっ、はんっ、もっと動かしたくなっちゃった」

憂「うん、お姉ちゃんいっしょに動こ!」

唯憂「うんたん、うんたん♪」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:51:31.02 ID:zgEQtN0d0

澪「い、いたい」

憂唯「きもちい!」

唯「憂、最高!」

憂「えへへ…」

唯「ねえ、憂もう出ちゃいそう」

憂「ふふ、じゃあ、私も一緒に出すね」

唯「いくよー」 フンス ドバトバ

憂「わたしもっ! 」 ドバトバ

澪「あ、ありえない量がでてる」 ガクッ

憂「また気絶しちゃった」

唯「ねえ、お家にかえって続きしよ」

憂「うん、お姉ちゃん…もっと私に種付けしてね!r



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:55:33.39 ID:zgEQtN0d0

唯「ういっ、これからもずっと一緒だよ」

憂「うん。おねえちゃん、もう一生はなさないんだから」

唯「ふふっ、憂ったら」

憂「お姉ちゃん大好き」

唯「私は大大好き!」

憂「ふふふ、じゃあ、大大大好き!」

唯「うーいっ」 チュー

憂「おねーちゃん」 チュー

澪「」

憂「ね、帰る前にもう一回私の中で出してっ」

唯「うんっ、何度でもでるよっ」

憂「お姉ちゃん嬉しいよっ!」

唯憂編完




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:58:59.07 ID:ip2x6RYC0

澪は犠牲になったのだ…



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 15:59:13.28 ID:Q8Xiehf40

台詞が全部みさくらで変換される寝よう





187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 16:08:24.27 ID:zgEQtN0d0

一年後

憂「お姉ちゃんとの赤ちゃん生まれたよ!


唯「が、がんばったね、うい」

憂「うん!…でも、お姉ちゃん妊娠できなかったね」

唯「なんだかよくわからないけど…」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん。一緒に治療つづけていこ」

梓「ねえ、憂!私との子も大切にしてよ」

純「ウチの子も忘れないでね!」

憂「面倒は見てあげたいけど、流石にみんなはお金がたりないよ」

紬「ねぇ、純ちゃん。よかったら正式に付き合わない?」

純「え、私なんかでいいんですか?」

紬「純ちゃんだからいいのよ」

純「では、同じ癖毛仲間同士お願いします!」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 16:11:10.88 ID:zgEQtN0d0

律「あずさ…私たちも」

梓「…」

澪「律、もうあきらめろ」

律「みおしゃん」

澪「それよりも私との付き合わないか?」

律「…私でいいのか?」

澪「あずさのこと忘れさせてあげる」

律「みお」

澪「チュ」

律「お、おでこに!よせやい!」

澪「隙だらけだったから」 ニコッ

律「もー///」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 16:16:48.08 ID:zgEQtN0d0

唯「なんかうまく収まりそうな感じだね!」

憂「うん、和ちゃんも、急におちんちん生えて山中先生妊娠させてたしね」

唯「あれにはビックリしたね!」

憂(まあ、私の子かもしれないけど)

梓「すいません、私も平沢家においてもらって」

憂「ううん、三人で子育てしたほうがきっと楽だから」

唯「あずにゃんなら大歓迎だよっ!」

梓「わわっ」

憂「ふふっ、あとは…」

憂「…お姉ちゃんを孕ませたい!」

終わり




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 16:18:14.69 ID:ip2x6RYC0



>>54以外はみんな幸せになってよかったなー



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 16:47:59.24 ID:4OdC3f1H0



54も喜んでただろ
まあ純ちゃんが幸せならオールOK
純紬……玉の輿か?





関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「…お姉ちゃんを孕ませたい!」#後編
[ 2011/01/11 08:46 ] エロ | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:435 [ 2011/01/11 19:04 ] [ 編集 ]

ハッピーエンドでよかった

タイトル:
NO:464 [ 2011/01/14 12:19 ] [ 編集 ]

これはひどい…

タイトル:
NO:4777 [ 2011/12/20 06:05 ] [ 編集 ]

憂が一番屑だな
胸糞悪い。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6