SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  唯「いがぐり!」実際にあった事例をもとにした けいおん!SS#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「いがぐり!」実際にあった事例をもとにした けいおん!SS#後編 【日常系】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1294837436/l50


唯「いがぐり!」実際にあった事例をもとにした けいおん!SS#前編




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 06:40:02.55 ID:IEdMvzVh0

今夜ついに最終回をむかえる

『唯実「いがぐり!」際にあった事例をもとにした けいおん!SS』

今回は登場人物の行動についておさらいしておこう!


梓の真実

梓「唯先輩むかつくです!裏山で拾ってきたいがぐりでいじめてヤルです!」

ポイポイ

唯「うわーん、あずにゃんのいじわるー」ビエーン

梓「えへへ、楽しいです」

澪「おい止めろよな!」

律「ふざけんな謝れカス!」

梓「謝るのイヤです、この二人ムカつくです」

梓「でも仕方が無いから誤っておくです……」





100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 06:49:27.96 ID:IEdMvzVh0

次の日

梓「私はムササビの生まれ変わりです!飛べますよ」

唯「すごーい」

梓「うわっ、こいつバカだから信じちゃったです」

梓「でも引っ込みがつかないから、飛ぶふりするです」

澪「おい止めろよな!」ガバッ

梓「澪うざいです!早く放すです」バタバタ

紬「梓ちゃん、こっちへいらっしゃい」ダキッ

梓「ムギいい奴です、やわらかくって気持ちイイです」ギュッ

律「ふざけん眉毛!」

梓「またこいつ怒ってるですか?カルシウム足りないんじゃないですか?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 06:59:03.39 ID:IEdMvzVh0

さらに次の日

梓「あずにゃんダンス踊るです!」

梓「ビデオに撮ってみんなに見せるですよ」

梓「あずにゃんダンス あーずにゃんダンス」

梓「楽しいにゃん☆」

梓「と思ったとたんに後悔です、欝です、黒歴史です!」

梓「死にますにゃん☆」

澪「おい止めろよな!」

梓「うわっ、また澪が来たです!本当に死ぬわけ無いのにウザ過ぎます!」

澪「心配なんだよー」ウルウル

梓「私の事を思ってくれてたんですね」

梓「澪もいい奴です」ダキッ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 07:07:42.36 ID:IEdMvzVh0

唯の真実

梓「それそれー」

ポイポイ

唯「うわーん、あずにゃんがいがぐり投げてくるよー」ビエーン

澪「おい止めろよな!」

唯「みおちゃんありがとう、助かったよー」

澪「梓、唯に謝れ」

梓「えーっ、イヤですよ」

律「謝れって言ってるだろ!」

唯「わーっ、なんかあずにゃん怒れれてる、何でだろ?」

唯「私に関係あるみたいだけど、忘れちゃったよー」ホホーイ

唯「二人ともー、あずにゃんをいじめないでー」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 07:13:24.36 ID:IEdMvzVh0

次の日

梓「私はムササビの生まれ変わりです!」

唯「あずにゃんスゴーイ」

澪「おい止めろよな!」

梓「うわーん」

唯「あずにゃんまた怒られてかわいそう」


さらに次の日

憂「おねえちゃん、お弁当だよ」

唯「ありがとー」

憂「残さず食べてね」

唯「むむっ、さては私の嫌いなおかず入れたんだね」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 07:20:04.80 ID:IEdMvzVh0

唯「おやっ、お尻の調子が……」

唯「座薬いれないとやばいよー」

唯「恥かしいから遠くのトイレにいこーっと」

澪「なんか怪しいな」

唯「座薬なかなか入らないよー」

唯「うわっ、入れかけが一個落ちちゃった」

唯「まあ、いいか」ホホーイ

澪「おい、何してる?」

唯「えっ、澪ちゃんだ、恥かしいから急いで退散」

澪「ぺろっ これは錠剤!?」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 18:58:45.47 ID:qYRUXxH70

次の日の朝!

澪「おはよう律!」

律「おはよう」

律「あのさ、澪……」

澪「なんだ?」

律「昨日、学校から帰って何かなかったか?」

澪「そうそう、いたずらメールが着たんだ」

律「ああ……」

律「どんなメールだ?」

澪「えっと、ちょっと恐いんだけどな」

澪「軽音部を、殺すって」

律「そうか……」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 19:07:02.45 ID:qYRUXxH70

澪「あれ?あんまり驚かないな」

律「えっと、どうしようかな……」

澪「律?」

律「やっぱり言っとこう」

律「そのメール、私のところにも着たんだ」

律「そしてどうやら、他のみんなにも」

澪「!!?」

澪「大変じゃないかっ!」

澪「なんで軽音部がこんな嫌がらせを受けなきゃいけないんだ!?」

澪「これは先生に相談しよう」

律「ダメだっ!」

澪「えっ?」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 19:20:17.01 ID:qYRUXxH70

澪「何でだよ?これは事件だぞ!?」

律「みっ、澪は大げさなんだよ」

澪「そんなこと無いだろ」

律「やーい、澪の怖がりー」

澪「なっ、怖がりは関係ないだろ!?」

律「こんないたずらで過剰に反応してたら、相手の思う壺だぞ?」

澪「そうだけど……」

律「こういうのは無視するのが一番なんだ!」

澪「うーん、そうかなー?」

律「とにかくそういう事、澪も気にしすぎるなよ!」

澪「うん……」(でも殺すとまで書かれてたんだ、ちょっと心配だな)



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 19:32:09.88 ID:qYRUXxH70

学校!

澪「みんなおはよう」

紬「あっ、澪ちゃん……」オドッ

澪「?」

紬「おはよう……」

澪(あれ?元気ないな、やっぱり昨日のメールが原因かな?)

唯「ねえ、りっちゃん……」

律「うん、分ってるよ」

律「澪は大丈夫だから心配するな」

澪(えっ、私?)



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 19:41:15.22 ID:qYRUXxH70

律「なあ澪、昨日のメール、なんでもないよな?」

澪「あっ、うん、あんなメールになんか負けたらダメだよな!」

律「だから二人も気にするな」

紬「うん」

唯「わかったよ……」

澪(口ではそう言うものの、みんな心配なのかな)

澪(だけどこの感じ、やっぱり妙だ)

澪(私だけ知らない事があるのか?)

澪「あのさ、ひょっとしてみんなさ……」

澪「もしかして」

澪「犯人にこころ当たりあるのか?」

律「えっ!!?」

唯「!!!」

紬「!!!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 19:52:09.46 ID:qYRUXxH70

澪(なっ、なんだこの反応!?)

澪(図星だったのか!!?)

紬「み、澪ちゃん、それはねっ」

律「誤解だよ、私達に分かるわけ無いだろ?」

澪「本当か?」

唯「本当だよっ、私達は何も知らないよ」

澪「嘘だっ!!!」

唯「!!?」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:03:20.53 ID:qYRUXxH70

澪「最近みんな何だよっ!私に隠し事してっ!」

律「澪、違うんだ、それは……」

澪「私は仲間じゃないのか!?」

律「仲間だよっ、澪は大切な仲間だよっ」

律「だから、今は私達のこと信じてくれっ!」

澪「……」

澪「わかってるよ」

澪「律もみんなも、私の為に隠し事してるんだろ?」

律「!!!?」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:13:51.92 ID:qYRUXxH70

紬「なんでそれを……」

澪「そんなこと分るよ、みんなが私を気にかけてくれてることぐらい……」

澪「それにみんなが私を貶めるような事は絶対しないだろ?」

澪「だったら、嘘をつくとしたら私の為だ」

唯「澪ちゃん……」

澪「私だってみんなの事が心配なんだ」

澪「今回のメールだってそう」

澪「もし、みんなが私の知らないところで危険で大変な目にあってるんなら」

澪「私、助けになってあげたいよっ」グスッ

律「……澪」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:23:20.52 ID:qYRUXxH70

澪「なあ、いい加減、教えてくれよっ」

澪「この件と、梓がおかしくなった事は関係あるんだろ!?」

律「!!?」

澪「お願いだ、秘密を知ったことで、私はどうなってもかまわない!」

澪「頼むよ……」

紬「りっちゃん……」

唯「ねえ、もういいでしょりっちゃん、打ち明けようよ!」

律「……」

律「わかったよ」

澪「!」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:33:40.05 ID:qYRUXxH70

律「澪、この話は教室でするもんじゃない」

律「昼休みに部室に来てくれ」

律「梓も呼んで、そこで全て明らかにする」

紬「ついにね……」

唯「澪ちゃん」

唯「驚くかもしれないけど、信じて」

唯「私達は澪ちゃんの味方だから」

澪「わかってるって……」

澪(みんなの様子から見て、これは只事じゃないな)

澪(一体何があるって言うんだ……)



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:43:32.30 ID:qYRUXxH70

部室!

律「とうとうこの時が来たな」

梓「本当に、本当に澪先輩に教えていいんですか?」

律「ああ、覚悟は決まったよ」

律「今思えば、もっと早くて良かったんだ」

律「私のわがままが、余計に澪を苦しめたのかも」

唯「りっちゃん……」

紬「さあっ、そろそろはじめましょ!」

澪「……」ゴクリ

澪(あれ?みんな横一列に並んだぞ……)

澪(そしてこの音楽……まさかっ!!!?)

澪(嘘だっ!!!そんなっ、こんな事って!!!!!!?)



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:51:13.73 ID:qYRUXxH70

梓唯律紬『あずにゃんダンス あずにゃんダンスっ』

梓唯律紬『あず にゃん ダンスっ』

澪「ちょっと待てぇーーーーっ!!!!!」



梓唯律紬『お目覚めしたなら顔あらーいましょ』

梓唯律紬『こーすり こーすり こすりこすーリ』

梓唯律紬『右のお手ての にくきゅう なめて』

梓唯律紬『ペーロリ ペーロリ ペロリペローリ』


澪「うっわー、振り付け完璧だなおい」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 20:58:15.65 ID:qYRUXxH70

律『ボール遊びで日がくれーてー』

紬『夜になったらしゅうかいーさー』

唯『ねーこーは きーまぐーれー』

梓『集まりっ 悪い!』


澪「あー、個別パートもあるんだねー」


梓唯律紬『あずにゃんダンス あずにゃんダンスっ』

梓唯律紬『あず にゃん ダンスっ』

梓『いぇい☆』


澪「なるほど」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:06:08.58 ID:qYRUXxH70

澪「お前らなぁ、これを私に隠してたのか?」

律「これって何だ?」

澪「何言ってるんだ?あずにゃんダンスだろ!?」

唯「あずにゃん……?」

紬「???」

梓「???」

澪「何だよ、何キョトンとしてるんだよ」

澪「今さっきお前ら踊ってたじゃないか」

律「……」

律「澪、よく聞いてくれ」

澪「なんだよ?」

律「私達は、お前の言っていることが」

律「まったく……分らないんだ」

澪「へっ?」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:13:26.49 ID:qYRUXxH70

律「お前はだいぶ前から妙な事を言い出すようになった」

澪「妙な事?」

律「はじめはほんの些細なことだったんだ」

律「例えばおやつにケーキを食べたはずなのに」

律「お前はドーナツを食べたと言い出す」

澪「えっ?」

律「休みの日に私と二人で遊んだはずなのに」

律「お前は唯も一緒だったと言い張るんだ」

澪「……」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:22:04.09 ID:qYRUXxH70

律「そんな事ぐらいならあまり気にならないし」

律「妄想癖と言うか、詩を書いたりするお前の感性のせいで」

律「特別おかしい事だって思わなかったんだ」

澪「……」

澪「だけどそれが段々酷くなって行って」

澪「今ではお前らが踊って無いのに」

澪「踊っていたと思い込むようになったって言うのか?」

律「ああ……」

澪「嘘だっ、そんなはず無いっ!」

澪「私は今さっきはっきりと見たんだ!聞いたんだっ!!!」

律「……いや」

律「私達は踊ってない」

澪「!!?」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:27:31.12 ID:qYRUXxH70


澪「違うっ、違うよっ!!!!」

澪「そんなわけない!」

澪「私はおかしくなんか無いっ!!!!」

律「だったらよく考えてみろよ」

律「何で私達がここで踊らなくちゃいけないんだ?」

律「ここへは話しに来たんだろ?」

澪「えっ、でも、それはお前達が勝手に……」

律「澪……ありえないんだよ」

律「それは、澪の……」

律「全て妄想なんだ」

澪「えっ、ああ……っ、そん、な」ガタガタ



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:35:51.11 ID:qYRUXxH70

澪「なあムギ、そんな事ないよな?」

紬「……」

澪「唯っ、律はふざけてるんだよな?」

唯「澪ちゃん……」

澪「なんで?何でだよ!?」

澪「なんでみんなはそんな怖い嘘を言うんだ!?」

澪「からかってるのか!!?」

澪「やめろっ、止めてくれよっ!!!!」

梓「澪先輩……」

澪「梓、あずさだけは本当の事をいってくれよ」

澪「私はおかしくなんか無いよな?」

梓「澪先輩……」

梓「病院に……行きましょう」ポロポロ

澪「!!?」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:43:54.46 ID:qYRUXxH70

澪「ううっ、うううっ……」ポロポロ

澪「梓、聞いていいか?」

梓「はい」

澪「お前、いがぐりを唯に投げたか?」

梓「いいえ」

澪「ムササビの真似をしたりは?」

梓「してません」グスッ

澪「そうか、わかった、分ったよぉ……」

澪「急に変な事言って抱きついたり、追いかけたりしてごめんな」

澪「怖かっただろ?」

梓「いいえ、いいんです」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:50:09.06 ID:qYRUXxH70

澪「律も私の為に、話をあわせてくれてたんだな」

澪「ありがとうな」

律「ううん、ごめんな」

律「私、澪がおかしくなったなんて、認めたくなくて」

律「その内治ると思ってて……」

律「もっと早く話してあげれば良かった」

澪「いいんだよ……」

澪「話してくれてありがとう」

澪「辛い思いさせたな」ダキッ

律「澪……」ウルウル



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 21:54:16.69 ID:qYRUXxH70

澪「唯もムギも、ごめんな、大変だったろ」

紬「ううん」

唯「いいんだよ……」

澪(そうだな、よく考えれば分ることだった)

澪(あんなことありえないもんな)

澪(おかしいのは周りじゃなくて、私だったってこと)

澪(……ん)

澪(あれ?)

澪(でもっ、あれは?)

澪(でもあの説明はついてないぞ!?)



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:03:28.15 ID:qYRUXxH70

澪「でも、一つだけいいか?」

律「なんだ?」

澪「昨日のメールも私の妄想か?」

律「えっ……」

澪「私が妄想でメールを見たと思い込んだのを」

澪「みんなで話を合わせてくれたのか?」

律「それは……」

澪「それとも、今朝メールの話しをしたこと自体私の妄想とか?」

律「いやっ、それはな……」

澪(なんだ?何故答えに詰まるんだ?)

澪(もう私に何も隠す必要は無いのに?)



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:13:43.22 ID:qYRUXxH70

澪「みんなの話しは信じるよ、でも最後に確認したいんだ」

澪「私のパソコンのに昨晩、メールが来たはずなんだ」

澪「けいおんぶを 殺す って」

律「……」

澪「みんなの所にも着たんだよな?」

唯「りっちゃん……」

律「ううっ……」

澪「どうした?何故急に黙り込むんだ?」

澪「あのメールは何だったんだ?」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:16:37.99 ID:qYRUXxH70

律「そのメールは……来なかった」

澪「……」

律「その話も、お前の妄想だよ」

紬「……」

澪「やになるな、自分の頭を信用できないって」

律「澪、その話はもういいだろ」

澪「じゃあ、今から家に確認しに行く」

律「!!?」

唯「だっ、ダメだよ!」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:25:56.54 ID:qYRUXxH70

澪「えっ、何でだ?」

唯「だって、まだ……授業があるし……」

紬「澪ちゃん、いいじゃない、その事は」

澪「……」

澪「やっぱり私、行って来る!」ダッ

梓「ダメです!」バッ

澪「梓っ?」

梓「澪先輩、行かないで下さい!!!」

澪「行かないでって……」

律「澪、私はもう大事な事を話したじゃないか?」

律「お前は病気なんだ、余計な事考えずに」

律「今日の帰りにでも、一緒に病院へ行こう!」

澪「おまえ達……?」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:39:26.96 ID:qYRUXxH70

澪「いいじゃないか?最後に一度確認したいんだ」

澪「お前達の事を信用してないわけじゃない!」

澪「でも、そのメールが着てなかったら、私は今の話を本当に飲み込めるんだっ」

律「その必要は無いって言ってるだろ?」

澪「……お前達」

澪「やっぱりっ、なんか変だよっ」

澪「私は行くぞっ!」

律「待ってくれ」ガバッ



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:40:39.57 ID:qYRUXxH70

澪「やめろ、放すんだ律!」

律「いいから今度だけ言う事を聞くれいて!!!」

澪「くそっ、放せよーっ!!!」バッ

律「わっ」ドサッ

梓「行かせませんよ!」

澪「退けっ」バッ

梓「きゃっ!!!」

澪(ごめんな、でも、これだけはどうしてもっ!)ダダッ

紬「追いかけましょ唯ちゃん!」

唯「うん!」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:52:42.74 ID:qYRUXxH70

澪(あのメールこそきっと秘密の鍵なんだ!)タッタ

澪(他の事は形が残らないから、妄想だという証拠は出てこない!)タッタ

澪(でも、あのメールだけは、残るはずだ!)タッタッタ

澪「はあっ、はあっ」ゼイゼイ

澪「その答えを、この目で見てやる!」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:00:22.87 ID:qYRUXxH70

澪の部屋!

澪「パソコンを立ち上げて……」

澪「もうっ、早く起動しろよ、このおんボロッ!」イライラ

澪「メール!」

澪「受信ボックス!」

澪「……」ゴクリ

カチャ カチャ

澪「!!!?」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:05:49.84 ID:qYRUXxH70


け い お ん ぶ を   殺す


澪「!!?」

澪「あった!」

澪「やっぱりあったじゃないか!?」

澪「私の頭はおかしく無かったんだ!」

澪「律達に騙されそうになったのは、ショックだけど」

澪「きっとコイツの仕業に違いない!」

澪「このメールを送った悪者のせいで、みんなおかしくなったんだ!」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:21:05.45 ID:qYRUXxH70

澪「今の時代、ハイテク捜査も進んでるだろうから」

澪「専門家に頼めば、このメールの送り主も特定できるはずだ!」

澪「この野郎、絶対にゆるさないぞっ!」

澪「よくもみんなをっ!!!」

澪「私は、病院に連れて行かれそうになったんだぞ?」

澪「私を病棟に閉じ込めることが目的だったのか?」

澪「私は……律に、みんなに」

澪「大切な仲間に騙されそうになったんだぞ!?」

澪「この辛さ、お前に分るか」グスッ

澪「絶対に赦さないっ、この報い、受けさせてやるっ!!!!!」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:30:51.86 ID:qYRUXxH70

澪「ゆるさないから……な」

澪「……」

澪「あれ?」

澪「これって……」

澪「ふふっ」

澪「あはははっ」

澪「あはははははははっ」

澪「そうか、そういう事か」

澪「だからみんなは……」

澪は机の引き出しからカッターナイフを取り出し
その刃先を首筋に押し当てた



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:40:08.49 ID:qYRUXxH70

唯実「いがぐり!」際にあった事例をもとにした けいおん!SS

次回予告(最終回後編)

いがぐりから始まる軽音部の謎

澪はその真相に辿り着き、仲間を救う事が出来るのか?

しかしまだ物語は半分しか終わっていなかった

次回はごり押しでどんどん話を進めて一気に結末まで駆け抜けるはずだ!

今度こそやや張りすぎの伏線が全て回収される

紬「絶対に見てね!」

(本当に実際の出来事を元にしています)


次は明日の七時以降に書きます
落ちてたらまた自分で立てるのでお気遣いは無用です




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:51:50.92 ID:gGLBkqja0

頑張って。おもろいわ



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:11:53.94 ID:XUwhLEYR0

実際にあった話で>>1が生きてるってことは
澪は死なないってわかっちゃうじゃんwwww
おれ推理力あり過ぎwwwwww



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:14:00.70 ID:82xSMuLw0

他人から聞いた実際にあった話かもしれないだろ



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:57:40.53 ID:4aCZL2NuP

あんまり言いたくないけど
面白い





196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 19:33:52.64 ID:TlbFzKkg0

バーン!!!

紬「澪ちゃん!」

澪「ムギ……っ!?」

唯「大丈夫、澪ちゃんっ!?」

澪「こっ、来ないでくれっ」

唯「大丈夫だよ、私達は澪ちゃんの味方だよ!」

澪「ううっ……」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 19:42:05.77 ID:TlbFzKkg0

澪「おっ、おい!」

澪「教えてくれっ」

澪「このメールを送ったのは私なのか?」

唯「……」

紬「……」

澪「おい、嘘だろ?」

澪「なんで私が!?」

澪「軽音部のみんなを殺すなんてこと……っ」

澪「考えた事もないっ!」

澪「そんなの当たり前だろっ!!!!」

紬「……」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 19:52:51.74 ID:TlbFzKkg0

澪「なあ、そうだろ?」

澪「いくら病気だからって」

澪「私がみんなを殺してやるなんて、言うわけ無いよなっ!?」

唯「……」

澪「このメーアドレスは mio115@ になってるけど」

澪「私はつくった覚えがないんだ」

澪「きっとこれは陰謀だよっ!」

澪「誰か悪い奴が私を陥れてるんだよ!」

澪「そうに決まってる!!!」

澪「なっ、唯!?」ダッ

唯「ひぃっ!!!」バッ

澪「!!?」



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:02:36.87 ID:TlbFzKkg0

澪「なっ、なんで逃げるんだ!?」

唯「わ、わわっ」ブルブル

澪「ゆ、唯?」

澪「私だぞ、仲間なんだろ?なんで怖がるんだ?」

澪「おまえっ、まさか私がみんなを傷つけるような事を、すると思ってるのか?」

唯「でっ、でもっ!」ブルブル

澪「恐がるなよっ!!!」

唯「あっ、ああ……」ブルブル

澪「恐がるなって言ってるだろ!?」

澪「私がそんなあぶない奴な訳がないだろっ!!!!」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:16:46.36 ID:TlbFzKkg0

紬「澪ちゃんっ!刃物を置いてぇっ!!!」

澪「えっ?」

澪はその声で

自分がカッターナイフを持ったままであることに気付いた

さらに紬の近くにある全身鏡に目をやると

そこには首から流れる血で襟元を真っ赤に染め

目を見開く自分の姿があった

とても正気の人間には見えない

澪「うわぁぁぁあああっ!!!!?」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:28:51.50 ID:TlbFzKkg0

澪「何だこれぇ!!!!?」

澪「なんなんだよーっ!!!!?」

紬「澪ちゃん、落ち着いてっ」

紬「先ずは首の傷の手当をしましょ!」

澪「血がっ、こんなにっ」

紬「大丈夫よ、皮膚が切れてるだけだから」

紬「止血して消毒しましょ?」

紬「だから、刃物を捨ててっ!」

澪「あっ、ああっ」バッ

紬「もう大丈夫よ、座って、傷を見せて」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:42:11.81 ID:TlbFzKkg0

紬「さっ、これでいいわ」

澪「……ありがとう」

唯「見た感じより、軽い怪我でよかったよー」

澪「ごめんな唯、恐がらせて」

唯「わたしも、澪ちゃんを恐がったりしちゃって……」

澪「あれは仕方ないよ、自分でも恐かったぐらいだから」

澪「あのメール、私が送ったんだな」

澪「覚えてないだけだ……」

澪「きっと、自分の事は自分で分らないんだ」

澪「さっきも鏡を見るまで、自分があんなになってたなんて」

澪「思っても見なかった」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:49:15.25 ID:TlbFzKkg0

澪「私がみんなを傷つける訳無いなんて言ってたけど」

澪「本当にバカだよな……」

澪「私の事を思って引き止めてくれた、律と梓を突き飛ばしたばかりだったのに」

紬「澪ちゃん……」

澪「なあムギ、私、自分が怖いんだ」

澪「私は、またみんなを傷つけるかもしれないっ」

澪「もう自分が信用できないよ」

澪「だから……」

澪「病院へ連れて行ってくれ」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 20:57:42.93 ID:TlbFzKkg0

紬「澪ちゃん、本当にいいのね?」

澪「うん……」

澪「唯も、そばにいてくれっ」

澪「不安なんだ、離れないでくれっ」

唯「私はココだよっ」

澪「私がまた変なことしたら止めてくれよ」

唯「うん」

澪「私が急に行きたくないって言いだしても、無理やり連れてってくれ!」

唯「だいじょうぶだよ、澪ちゃん」

紬「さあ、もう行きましょ」

紬「安心してね澪ちゃん、私のお家が知ってる」

紬「信用できるお医者さんを紹介してあげるから」

澪「ありがとう……」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:12:26.24 ID:TlbFzKkg0

澪は既にかなり不安定な状態であると判断され

直ぐに入院することとなった

純「最近、澪先輩見ないけど」

梓「あー、澪先輩は入院しちゃったんだ」

純「えっ、それじゃあ!?」

梓「うん、前から話してた頭の病気、ひどかったみたい」

純「そうなんだ……」

純「早く、良くなるといいね」

梓「うーん、そうだねー」

純「梓?」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:17:50.35 ID:TlbFzKkg0

梓「ああ、そうだ」

梓「純におすそ分けがあるんだ」

純「えっ、何?」

梓「ほらっ、これっ」

コロコロ

純「栗?」

梓「うん、澪先輩の思い出にもらっといてよ」

純「澪先輩の?」

梓「イガイガ取るのけっこう大変だったんだから」

純「???」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:29:38.65 ID:TlbFzKkg0

唯(実は澪ちゃんは、おかしくなってなんかいなかったんだよ)

唯(あのメールを送ったのも私っ)

唯(澪ちゃんはまんまと騙されて入院させられちゃった)

唯(もしかしたら最後には、本当におかしくなっちゃってたのかも)

唯「まったく、あの時の澪ちゃんの焦りよう」

唯「サイコーだったよねーっ!」

唯「でも、ちょっと悪いことしちゃったかなー?」




209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:31:12.38 ID:VPmsV2RI0

全員で澪をはめたのか?
だとしたら最悪だな





210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:34:47.75 ID:TlbFzKkg0

律「えっ、いつの話しだ?」

唯「何言ってるの?いつってこの前のー」

律「澪が焦ったり怖がったりってのは毎度の事だからなー」

律「この前って言ってもわかんないよ」

律「なっ、澪?」

澪「おいおい、そんな事ないだろー」

唯「!!?」

唯「!!!!????」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:44:27.69 ID:TlbFzKkg0

唯(えっ、あれっ?)

唯(澪ちゃんは軽音部皆で騙して)

唯(今は精神病院にいるはずだよね?)

紬「でも、焦ってる澪ちゃんって、とってもかわいいわー」

澪「へっ、変なこというなよー///」

律「ほら見ろ、今も焦ってるだろー」

澪「もうっ、バカ律っ!」

一同「あははははっ」

唯「??????」

唯(あれっ?わからない、何がどうしちゃったんだろ?)



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 21:53:57.20 ID:TlbFzKkg0

唯(こういう時には落ち着いて)

唯(私はだいじょうぶ)

唯(ちゃんと出来るはずなんだ)

唯(先ずは状況を確認しなきゃ)

唯「澪ちゃん、もう大丈夫なの?」

澪「へっ、大丈夫って?」

唯「前のー、アレの事だよー」

澪「あっ、この前ちょっと熱っぽいって話したやつか?」

澪「気付かないうちに治っちゃったよー」

唯「へー、そうなんだー、よかったぁー」

唯(……まただよ)

唯(また、あいつ等の仕業だ)



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:00:42.42 ID:TlbFzKkg0

唯(またあいつ等の攻撃だ)

唯(あいつ等はとんでもない奴だ)

唯(あいつ等は人の記憶を入れ替える)

唯(あいつ等は巨大な組織)

唯(この世界のありとあらゆる所にスパイを持っている)

唯(その秘密を知っているのはわたしだけ)

唯(きっと軽音部の中にもスパイがいるに違いない)



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:07:12.06 ID:TlbFzKkg0

紬「はい、唯ちゃん、お茶のお代わりは?」

唯「うん、ありがとう」

コポコポ

紬「はい、どうぞ」

唯(ムギちゃんだってあいつ等のスパイかもしれない)

唯(いや、ムギちゃんは違っても)

唯(ムギちゃんのお家はお金持ちだ)

唯(あいつ等の仲間かもしれない)

唯(だとしたら、この紅茶に薬を入れて、持たせたのかも)

紬「飲まないの?」

唯「えっ、飲むよ、ただ良い香りだなって」

紬「えへへ、そう?よかったぁー」



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:14:55.34 ID:TlbFzKkg0

唯(あいつ等はいろんな手段で私達に薬を飲ませる)

唯(その薬の力で、私達の記憶を入れ替え、操作している)

紬「唯ちゃん?」

唯(あっ、ごめん、いただきます)

ズズズッ

唯(きっとこのお茶にも薬が入っている)

唯(だけど私は大丈夫)

唯(こうやって舌を丸めて飲むことによって、薬の効果を抑えることができる)

唯(あの人から教えてもらった秘密の方法)

唯(薬の解毒剤だって私は知っている)

唯(全部あの人が教えてくれたんだ)



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:22:26.11 ID:TlbFzKkg0

唯の家!

唯「ただいまー」

憂「お帰りお姉ちゃん!」

憂「今日はお姉ちゃんの大好きなハンバーグだよ」

唯「やったぁー」

憂「だけどお姉ちゃん、今日はちゃんとお薬飲んだ?」

憂「ちゃんとお薬飲まない悪い子は、ご飯抜きだよ!」

唯「えっ、飲んだよ!?ちゃんと飲んだ!」

憂「えへへ、じゃあ、食べていいよ!」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:32:23.06 ID:TlbFzKkg0

唯(残念なことに、私の大切な妹の憂は)

唯(あいつ等の手先なんだ!)

唯(しかも一番油断ならない相手)

唯(毎日私に薬を渡して、飲めと言ってくる)

唯(誰が飲んでやるものか!?)

唯(だけど、私は奴らの電波で監視されていて、薬を捨てたりすると)

唯(たちどころに感知されてしまうんだ!)

唯(学校で唯一電波が届かないのは、あのトイレだけ……)

唯(私はそのトイレで毎日薬を捨てている)

唯(そういえば今日、澪ちゃんがトイレの前まで追ってきた)

唯(そうか!澪ちゃんだ!)

唯(澪ちゃんもあいつ等のスパイだったんだ!!!)



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:39:45.01 ID:TlbFzKkg0

憂「さっ、早く着替えてきなよ!」

唯「うん、だけどー」

唯「その前にアイスー」

憂「えーっ、ご飯の後にしなよー」

唯「いーじゃん、今食べたいーっ!」

憂「だーめっ」

唯「ちぇっ、憂のけちーっ」

唯(やはり妨害してくるか)

唯(アイスこそがあの薬の解毒剤)

唯(その事に、やつ等は感づきはじめているのかも!?)

唯(私は毎日アイスを食べることにしている)

唯(だから私だけは、まともな思考で行動できるんだ)



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:46:48.35 ID:TlbFzKkg0

唯の部屋!

唯「」キョロキョロ

唯(憂はまだご飯作ってるよね?)

唯「今は大丈夫みたい」

唯「お話しできるよ」

?「やあ唯ちゃん」

?「今日もあいつ等には感づかれなかったかい?」

唯「うん、うまく行ってるよ」

唯「全部ギー太の言う通りに出来てるよっ」

ギー太「それはよかった」



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 22:59:23.36 ID:TlbFzKkg0

ギー太「あの薬は出来るだけ飲んじゃダメだ」

ギー太「飲んでも直ぐアイスで解毒すること」

唯「わかってるよ」

ギー太「憂ちゃんと和ちゃんとお医者さんは、あいつ等の仲間だ!」

ギー太「気を付けなくちゃいけないよっ!」

唯「うん!」

唯(ギー太は一見ただのギターだけど)

唯(本当は通信機になっている)

唯(私はギー太を通して正義の宇宙人と連絡を取っているんだ)

唯(楽器屋さんでギー太を見たとき、私にしか聞こえない音で)

唯(本当のことを教えてくれた)

唯(だから私は、ギー太をなんとしてでも手に入れた)

ピンポーン

唯「!!?」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:02:57.86 ID:TlbFzKkg0

パタパタ

憂「何方ですかー?」

和「憂、私だけど、ちょっと話があるの」

憂「どうしたの和ちゃん」

和「ちょっと唯の事なんだけどね」

和「学校でちょっと気になったことがあって」

憂「気になったこと?」

和「おそらく唯、お薬ちゃんと飲んでないわ」

憂「!!?」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:11:04.62 ID:TlbFzKkg0

憂「おねーちゃーん」

憂「ちょっと下りてきてぇー」

和「ゆいー、ちょっと話があるのー」


唯「!!?」

唯「ギー太、どうしよう話って何かな?」

ギー太「これは奴らの謀略に違いないね」

ギー太「十分注意して行くんだよ」

ギー太「大丈夫、君が本当にピンチな時には」

ギー太「僕が宇宙船に乗って助けに飛んでくるからね」

唯「うん、ありがとうギー太」

唯「行ってくるよ!」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:20:59.91 ID:TlbFzKkg0

唯「和ちゃん、いらっしゃい」

和「ええ、おじゃましてるわ」

唯「えへへ、それで話って何かな?」

憂「ねえ、お姉ちゃん、今日お薬ちゃんと飲んだって言ってたよね?」

唯「うっ、うん飲んだよ…」

憂「嘘でしょ?」

唯「!!?」

和「唯、本当の事を言ってちょうだい!」

唯「の、飲んだよっ、本当だよ!」

和「じゃあ、これは何?」

サッ

唯「!!?」



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:26:06.30 ID:TlbFzKkg0

唯「えっ、私のお薬……」

唯「何で和ちゃんが……?」

和「唯、これはね、澪が見つけてくれたのよ」

唯「澪ちゃんが!?」

和「そうよ、職員用トイレでね」

唯「!!?」

唯(やっぱりだ!澪ちゃんはスパイ!)

唯(やられた!くそっ、くそっ!)

唯(もう軽音部だって信用できないんだ!)



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:32:13.82 ID:TlbFzKkg0

和「唯、あんた、職員用トイレでお薬捨ててるでしょ?」

唯「ううっ……」

憂「お姉ちゃんのバカっ!」

憂「ちゃんとお薬飲んでないと、学校にも行けなくなるし」

憂「私達も一緒にいられなくなっちゃうんだからねっ!?」ウルウル

唯(ばれた、こいつらにバレタっ!私は、もうお終いだ)



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:37:31.90 ID:TlbFzKkg0

和「ねえ、お願いよ唯、あなたのためなのよ」

憂「おねえちゃん、言うことを聞いて」

和「明日からは私がちゃんと、お薬飲むところを確認するわね」

憂「お願いします」

唯「そんなっ!?ダメっ!!!」

唯「わーっ!!!」

ダダダダ

和「部屋に逃げたわっ!」

憂「おねーちゃーん!!!」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:42:13.31 ID:TlbFzKkg0

唯の部屋!

ドンドン!

憂「おねーちゃん!開けてっ開けてよ!!!」

唯「イヤだ!あっちに行けっ!!!」

和「憂ちゃん、今はそっとしておいた方がいいんじゃない?」

和「追い詰めたら逆効果よ、話しは落ち着いてるときにしたほうがいいわ」

憂「はい……」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 23:54:16.35 ID:TlbFzKkg0

唯「あいつらにばれた!どうしよう、どうしようっ!!!」

唯「澪ちゃんめっ!よくも騙したなっ!!!」

唯「私は殺されちゃうのかな!?イヤだ、イヤだよっ!!!」

唯「でもなんで澪ちゃんが!?」

ギー太「それはムギちゃんのお茶のせいさ」

ギー太「唯ちゃん以外は毒を抑える飲み方を知らないし」

ギー太「アイスで解毒出来てない」

ギー太「完全に奴らに洗脳されてしまったんだね」

唯「そんなっ!?」

ギー太「もはや軽音部は君の友達なんかじゃない!」

ギー太「完全なる敵だ!!!」

唯「!!?」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:00:40.19 ID:y2G9L6xO0

ギー太「軽音部を殺せ」

唯「えっ、でも……」

ギー太「軽音部を殺せ」

唯「みんなは、私の……」

ギー太「軽音部を殺せ」

唯「大切な……」

ギー太「軽音部を殺せ」

唯「お友達……」

ギー太「軽音部を殺せ」

ギー太「軽音部を殺せ」

ギー太「軽音部を殺せ」

ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」
ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」ギー太「軽音部を殺せ」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:10:43.22 ID:y2G9L6xO0

梓「ん?なんだろ、メールだ」

梓「!!?」


け い お ん ぶ を   殺す


梓「なに?これ……」ブルブル



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:16:38.74 ID:y2G9L6xO0

紬「唯ちゃんっ!しっかり!!!」

唯(えっ?ムギちゃんだ)

紬「だいじょうぶよ、必ず助かるわっ」

唯(あれ?どうしたんだろ)

唯(また分んなくなっちゃったよ)

唯(あれ?どうして、体が熱い、動かない)

唯(でも意識だけはハッキリしてる)

唯(私、どうしちゃったんだろ?)



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:25:41.13 ID:y2G9L6xO0

澪「うわぁぁぁあああっ!!!!?」

澪「何だこれぇ!!!!?」

澪「なんなんだよーっ!!!!?」

紬「澪ちゃん、落ち着いてっ」

澪「私はっ、そんなつもりじゃっ!!!」

澪「私はっ、唯がっ!!!」

澪「唯が恐がるからっ、なだめようとっ!!!!!!」

澪「違うんだっ、違うんだぁーっ!!!!」

紬「澪ちゃん、刃物を捨ててっ」

唯「……」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:38:03.60 ID:y2G9L6xO0

唯(私が澪ちゃんを恐がる?)

唯(なんで私が大切なお友達の澪ちゃんを恐がらなきゃいけないの?)

唯(あっ、そうか)

唯(澪ちゃんはあいつ等の仲間か)

唯(だから恐がってたのか……)

唯(それって、変なの)

唯(なんだか、どれが現実で、どれが妄想かわかんないや)

唯(今日はお薬のんだんだっけ)

唯(わすれちゃったな……)



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:43:30.66 ID:y2G9L6xO0

澪「わあーっ!、唯ーっ!!!」

紬「唯ちゃん、寝ちゃったらダメよ!」

唯(ああそうか……)

唯(思い出したよ)

唯(私、澪ちゃんに刺されたんだった)

唯(死んじゃうのかも)

唯(でもいいよ、澪ちゃん、気にしないで)

唯(私は澪ちゃんの気持ちがわかるよ)



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 00:48:16.42 ID:y2G9L6xO0

唯(私は高校に上がる前から病気だった)

唯(自分の妄想と、現実が分からなくなっちゃう病気)

唯(和ちゃんと憂に協力してもらって)

唯(お薬飲みながら治療してきたんだ)

唯(他のみんなには内緒にしてたけどね)

唯(でも、まさか澪ちゃんまで同じような病気になっちゃうなんて)



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:01:11.79 ID:y2G9L6xO0

唯(だから、わかるよ)

唯(澪ちゃんは、病気のせいで、私達を信用出来なくなって)

唯(ココまで来たら、今度はメールのせいで、自分まで信用できなくなちゃって……)

唯(ごめんね澪ちゃん)

唯(きっと、そのメールは私が送ったんだ)

唯(出来れば最後に、みんなに謝りたいな)

唯(そして、伝えたいな)

唯(人の頭も、心も、不安定なもの、電気信号、化学物質)

唯(信用ならないものなんだ)

唯(病気になったり、そうでなくても、ちょっとしたつまらない事で)

唯(コロコロ変わっていっちゃうの)

唯(だけど)



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:17:54.36 ID:y2G9L6xO0

唯(私がみんなの事を、頭で敵だと思っていた時も)

唯(私はみんなを愛していたんだよ)

唯(絶対に証明できない本当だよ)

唯(澪ちゃんだってそうだよ)

唯(私達が信用できなくなったときも、私達を愛していたんだよ)

唯(ものを忘れる病気のお年よりも、意識がなくて眠った人も、喧嘩別れした相手だって)

唯(本当は……)

唯(だから、私が死んでも)

唯(死んじゃっても……)

唯(みんな……)



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:48:37.35 ID:WVvGrliA0

一ヵ月後

唯「澪ちゃん!」

澪「唯、久しぶりだな」

唯「えへへ、なんか照れくさいね」

澪「ふふ、そうだな」

澪「それで、怪我はどうだ?」

唯「大したことなかったよ、もう治っちゃってるよ」

澪「でも、痕が残ったりしたんじゃないか?」

唯「そんな、ちょっとだけだよ」

澪「改めてすまなかった」

澪「私はお前を殺しちゃうとこだったんだ」

唯「そんなー、大げさだよー」




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:55:59.97 ID:o0j15X7A0

あれ?別人か



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:57:07.42 ID:6nz998r9Q

もう何が何だか分からない





269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 01:57:39.25 ID:WVvGrliA0

唯「それに、あれはワザとやった訳じゃないし」

唯「私にも責任があるから……」

澪「唯……」

唯「それに、この痕のお陰で助かることもあるんだよ」

澪「助かること?」

唯「もし私が、また大切な人を疑いそうになった時は」

唯「この傷を見て思い直してるの」

澪「そっか……」



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:03:58.96 ID:WVvGrliA0

唯「ほらっ、今日はみんなも待ってるよ」

澪「学校に行くのも久しぶりだな」

唯「澪ちゃんは、もう高校に復帰できそうなの?」

澪「ああ、しばらくは薬が手放せないだろうけど」

澪「もう直ぐ通えるようになりそうだ」

唯「そっか」

澪「唯は?」

唯「えへへ、秘密」

澪「……」

澪「焦らずにな」

唯「うん、ありがとう」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:09:57.94 ID:WVvGrliA0

澪「ところで、あの事件の日に、倒れたお前が」

澪「私に何か言おうとしてた気がしたんだ」

澪「何を言おうとしてたんだ?」

唯「んー……」

唯「恥かしいから内緒!」

澪「なんだよっ、もう!」

唯「澪ちゃん」ダキッ

澪「わっ!急にくっ付くなよ///」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:18:38.01 ID:WVvGrliA0

唯「いいじゃん」

唯「澪ちゃんと私は同じ病気を共にした心の友でしょ?」

澪「共にしたものが、もっとカッコいいものだったら良かったけど……」

唯「だからね、澪ちゃんにだけは教えてあげる」

澪「ん、なんだ?」

唯「実は私が助かったのは、ギー太のお陰なんだよ」

唯「私が死にかけた時、時間を止めて宇宙船でかけつけてくれたの」

唯「止まった時間の中で宇宙の医療で私を救ったの!」

澪「!!?」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:27:20.54 ID:WVvGrliA0

澪(やれやれ、こいつはまだ時間かかりそうだな)

澪(だけど、唯は唯だしな……)

澪(まあ、いいか)

唯「ほらっ、みんな待ってるよっ」

澪「ああっ、早く行こうっ!」



お わ り




275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:29:47.83 ID:1l9JzOf60

分裂病かよ乙!



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:31:02.66 ID:6nz998r9Q

解説よろしく



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:38:59.06 ID:0ZgeExlF0

で、実際の事例というのは?



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:39:41.96 ID:1l9JzOf60

唯は完全に統合失調症
幻覚や妄想は薬で抑えられるが、その薬を捨てていたので完全に妄想の虜になっていた
病気を知っていたのは憂と和だけ

澪も同じ病気で、微妙に迫害妄想がある

こんな感じ?



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:47:56.56 ID:jH/TstFa0

やっぱり妄想エンドは釈然としないな
でもおもしろかった乙

とりあえず解説と実例を…





279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:41:33.62 ID:WVvGrliA0

うあっ しまった!
何日も頑張って書いたのに最悪の間違いしてしまった 最悪



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:53:22.21 ID:WVvGrliA0

読み直してみました

タイトル間違えてた

唯実「いがぐり!」際にあった事例をもとにした けいおん!SS
じゃなくて

唯「いがぐり!」実際にあった事例をもとにした けいおん!SS
でした

すいません単純に間違いです

>>2で既に突っ込まれてるけど
私はSS書くときに、人のレスを全て非表示にしているんです

何回も見てるはずなのに、まったく気付かなかった
他の部分は思い通りに書けたと思います

あと、だいぶ煽ったので叩かれまくってると思ったら
みんな優しくて驚きました

>>278
そんな感じです

>>277
私は唯の立場でした

読んで下さった方、レス下さった方、ありがとうございました
感謝します おやすみなさい




282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 02:54:52.91 ID:vdx1zIvG0

え?タイトル何も間違っていないぞ?
病気なおってないんじゃないか?



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:00:26.96 ID:0ZgeExlF0

うん、「○○じゃなくて」、「○○でした。」って、書いてるけど、俺には両方同じにしか見えない



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:01:23.41 ID:gn0N2L4g0

駄目だこいつ
病気治ってない



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:01:27.23 ID:5bLSdp3j0

唯実→唯



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:02:24.38 ID:Cueixken0

お、お大事に……(´;ω;`)





287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:15:14.97 ID:WVvGrliA0

みなさん、そういうのやめて下さいバカ






288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:17:40.17 ID:0ZgeExlF0

またこういうの書いて



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:31:51.68 ID:jH/TstFa0

あんまりいじめてやるなよw



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 03:55:18.49 ID:BXESkA1C0

あれ?唯実ちゃんは?



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 07:24:46.48 ID:1jrWmTnvO

うーん、面白かった!
乙!



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 08:43:06.69 ID:CbRfxftA0

読み直して意味が全部繋がった




293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/16(日) 09:29:25.18 ID:8wNaH4Y10

ん?本当にあったのかこれ??





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「いがぐり!」実際にあった事例をもとにした けいおん!SS#後編
[ 2011/01/16 15:46 ] 日常系 | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:487 [ 2011/01/16 16:17 ] [ 編集 ]

クソつまんね

タイトル:
NO:488 [ 2011/01/16 17:09 ] [ 編集 ]

実際にあった、を免罪符にしてるだけの駄作
同じ分裂病の完治した患者視点の本を熟読したことあるけど、こういうのは地文なしじゃ無理。
患者は患者なりの(間違った)思考回路があるんだから、それをもっと細かく書かないと

タイトル:
NO:500 [ 2011/01/17 03:17 ] [ 編集 ]

実際にあったかどうかはともかく嫌いじゃないんだけどなこれ
けいおんじゃなかったら読んでないレベルだけどさ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6