SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  純「ジャズけん!!」##4

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






純「ジャズけん!!」##4 【日常系】


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=news4gep&key=1288880446&ls=50


純「ジャズけん!!」##index




195 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:30:05.93 ID:yN3EXboo

##4

休み時間
――2年1組

純「あっ、また漏らしちゃった」

梓「えっ!?」

純「ん? どしたの梓」

憂「じゅ、純ちゃん…」

梓「いや…ちょっと、……大丈夫?」

純「なにがよ」

梓「今…も、漏らしたって…」

純「あぁ、…私なわけないでしょ! これよ、これ」

純「携帯で飼ってるペット」

梓「ペット?」

純「うん、そういうアプリがあるの」

憂「わぁ…かわいいね!」

梓「びっくりした…私はてっきり純が」

純「だからそんなわけないっての」





196 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:30:38.51 ID:yN3EXboo

梓「でも純ってさ、猫飼ってるよね」

純「うん」

梓「なんでわざわざ携帯でも…」

純「それはそれ、これはこれ」

憂「ねぇねぇ純ちゃん、そのアプリどこにあるの?」

純「えっとね――…」

梓「ペットか…」

梓「本物飼うより携帯の方が楽かもね」

純「本物は本物で楽しいけどね。梓もなんか飼ってみれば?」

梓「私は…いいや。前に純から猫預かったときも大変だったし」

純「でも可愛かったでしょ?」

梓「それはまぁ、…可愛かった」



197 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:31:45.91 ID:yN3EXboo

梓「可愛かったけど、やっぱり毎日面倒みるのは大変そう…」

憂「私は何か飼いたいなぁ」

憂「犬とか猫とか」

梓「憂ならちゃんと世話できそうだね」

純「ていうか、憂にとったらお姉ちゃんがペットみたいなもんじゃない?」

梓「言えてるかも」

憂「お、お姉ちゃんはペットじゃないよ!」

憂「あ…でも」

憂(もしお姉ちゃんがペットだったら…)

――――――――――――――――
―――――――――
―――――



198 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:32:24.54 ID:yN3EXboo

憂『お姉ちゃん、お手!』

唯『わん!』

憂『お座り!』

唯『わん!』

憂『よーし、いい子いい子』ナデナデ

唯『くぅ~ん』ペロペロ

憂『きゃっ! お姉ちゃんくすぐったいよぉ』

唯『わん!』

―――――
―――――――――
――――――――――――――――


憂「えへ…えへへ///」

純「憂の考えることって、時々分からなくなるよね…」

梓「うん…」



199 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:33:33.97 ID:yN3EXboo

梓「あっ、そういえば」

梓「軽音部で亀飼うことになったんだ」

純「亀?」

梓「うん、スッポンモドキのトンちゃん。結構かわいいんだよ」

純「へぇ~……」

純「…なんで部活で亀なんて飼ってるの?」

梓「いや…唯先輩たちが勝手に買ってきて…」

梓「……」

純「部室で飼うなんて、相変わらず奇想天外なことしてるね」

梓「ち、違うの! これは…」

梓「新入部員! そう、新入部員なの!」

純「えっ、新入部員? 亀が??」

梓「……なんでもない、忘れて」



200 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:34:30.02 ID:yN3EXboo

憂「なんか話してたら、ペット欲しくなったなぁ」

純「じゃあ本格的に飼う?」

憂「う~ん…お母さんに聞かないと分からないけど…」

憂「どうだろう、難しいかな。でも飼ってみたいなぁ~」

純「あっ、なら帰りにペットショップ行く?」

梓「ペットショップ?」

純「うん。見てるだけでも楽しいと思うし、飼うとしたら参考にもなるかもしれないから」

憂「わぁ、いいかも!」

純「でしょっ」

梓「あっ、じゃあ私も行く。今日練習ないし」

純「よし、けってー!」



201 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:35:24.69 ID:yN3EXboo

憂「どれぐらいの種類がいるんだろう」

純「私が猫買ったペットショップには、いろんな動物がいたよ」

純「犬や猫以外にも…ウサギとか鳥とか魚とか」

憂「ウサギ! いいな~」

純「おぉ…憂が珍しくはしゃいでる」

梓「よっぽど楽しみなんだね」

純「あっ、あと……ワニもいた気がする」

憂「ワニ!?」

純「ガブッと噛み付かれたりしてね」

憂「も~、変なこと言わないでよ純ちゃん」

純「あはは、ごめんごめん」



202 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:35:59.95 ID:yN3EXboo

放課後
――2年1組

純「憂は?」

梓「まだ掃除」

純「そっか…美術室の掃除だっけ? それじゃあしばらくかかりそうだね」

梓「うん」

純「そういえばさ、結局部員来なかったの? 軽音部」

梓「…うん」

純「残念…だね」

梓「ううん、平気。しばらく五人のままでいいって決めたから」

梓「今は…まだこのままで」

純「そっか。でも来年は大変じゃない?」

梓「それは…その時になんとかする」

純「ふーん…まぁ軽音部なら大丈夫だろうね」

梓「うん…」



203 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:36:29.96 ID:yN3EXboo

梓「…純」

純「うん?」

梓「ジャズ研は何人入ったの?」

純「うちは……何人だっけ、忘れちゃった」

純「でも結構入ったよ。入りやすいと思われてるのかな」

梓「結構入ったんだ…」

純「まぁね」

梓「ジャズ研か…私も去年見学に行ったなぁ」

純「どうして入部しなかったの?」

梓「え……なんていうか…」

梓「うーん…『これじゃない』って気がしたというか」

梓「あっ、別にジャズ研が悪いってわけじゃないよ!」

純「分かってる分かってる」



204 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:37:05.34 ID:yN3EXboo

純「でもさ、私たまに考えるんだよね」

梓「なにを?」

純「もし梓がジャズ研に入ってたらなー…って」

梓「えっ…」

純「一緒に練習してたりするのかな」

梓「そう…なるのかな」

純「それとは逆にね、私が軽音部に入部してたらってことも考えた」

純「軽音部のハチャメチャにはついていける自信ないけど」

梓「…純なら対応できるよ」

純「そうかな」



205 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:37:59.97 ID:yN3EXboo

純「でもどっちにしろ、梓と練習できたらなぁって思うよ」

梓「私と?」

純「うん」

梓「……」

純「あれ? …迷惑?」

梓「…ううん、嬉しいよ」

梓「今度一緒に練習しようね」

純「あっじゃあさ、ジャズ研と軽音部で合同練習ってのはどう?」

純「部長に掛け合ってみようかな…」

梓「そ、それはいいよ……たぶんうちが迷惑かけちゃうから」

憂「お待たせー!」

純「おっ、憂が来た」

憂「ごめんね、ちょっと時間かかちゃって」

梓「大丈夫だよ」

純「よし、三人そろったし行こっか」

憂「うんっ!」



206 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:38:38.89 ID:yN3EXboo

――繁華街

純「結構大きなペットショップでさ、中も広くて色々あるんだよね」

憂「色々?」

純「ペット用品とか…あとグッズとかも」

憂「なんだか楽しそうだね」

純「ついでに猫のエサ買っておこうかなー」

梓「私もトンちゃんのエサ…はムギ先輩が持ってくるんだった」

純「…梓、前から聞きたかったんだけどさ」

梓「なに?」

純「紬先輩って、どれぐらいお金持ちなの?」

梓「え…ムギ先輩?」

純「そう、そのムギ先輩」



207 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:39:07.68 ID:yN3EXboo

梓「どれぐらいって言われてもなぁ…」

梓「うーん……」

梓「とにかく…すごいお金持ちだよ」

純「もっと具体的に!」

純「通学の時は大きな車で来たりとか、純金のシャーペン使ってたりとか」

純「夜道を札束燃やして明るくしたりとか!」

梓「ムギ先輩はそんなことしないから!!」

憂「むしろ庶民的なことに憧れてるってイメージがあるよね」

梓「うん、些細なことでも興味持ったりとかして」

純「へー…そうなんだ。なんか意外」

純「もっとこう…豪勢な人だと思ってた」



208 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:40:52.02 ID:yN3EXboo

純「ケーキいっぱい持ってきてるんでしょ?」

梓「そうだけど、全部もらい物って言ってた」

純「そんなにケーキもらえるなんて…どんな生活してるんだろう」

純「私だったら部活に持っていかないで一人で食べちゃうかなー」

憂「純ちゃんったら食いしん坊なんだから」

純「いやー、あはは」

純「でもいいよねー、紬先輩」

純「美人でお金持ちだし」

梓「なに考えてるか分からない時があるけど、基本的に優しいし…」

純「なんか…私みたいな庶民と比べるとすごい……なんていうか…」

梓「気持ちは分かるよ…」

憂「?」



209 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:41:49.48 ID:yN3EXboo

――ペットショップ

純「さて、着いた着いた」

憂「わー! 犬がいっぱいいるー!」

純「とりあえず適当に見て回ろっか」

憂「かわいい~!」

梓「やっぱり小型犬がかわいいよね」

犬「わん!」

憂「あっ、今挨拶してくれた」

憂「こんにちわ」

犬「わん!」

憂「君のお名前は?」

犬「わん!」

憂「そうなんだ~」

純「本当に会話できてるのかな、アレ」

梓「さぁ…?」



210 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:42:38.36 ID:yN3EXboo

憂「この子、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルっていう名前なんだって」

純「それ種類だし。上に書いてあるし」

憂「えへへ」

梓「聞いたことない種類…色んなのがいるんだね」

純「パグ、チワワ、トイプードル…」

梓「シー・ズー、チン…」

純「え? もう一回言って」

梓「だからシー・ズーとチン」

純「最後のほうだけもう一回」

梓「チン」

純「繰り返して」ニヤニヤ

梓「?」

梓「チンt」

梓「!?」

梓「こら純ーーー!!」

純「あはは!」

憂(チンを二回だから、チンチ……はっ!)

憂「うぅ…///」



211 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:43:06.57 ID:yN3EXboo

純「あっ、見てみて。日本スピッツだって」

純「なんだかカッコいい名前だね」

梓「ごまかさないの! もう…」

純「ごめんごめん」

純「でもさっきの言葉だけどさ、犬のしつけでもあるじゃん」

憂「なにが?」

純「え? だからチンt…」

純「あぶなっ!?」

梓「おしい!」

憂「あとちょっとだったのにねー」

純「憂までひどい!?」

梓「ほら純、もう一度ちゃんと言って」

純「そんな手には乗らないもーんだ!」

梓「むっ、私をはめようとしたくせに」



212 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:44:10.98 ID:yN3EXboo

純「それより、もっと見て回ろうよ」

純「この犬とかかわいいよ。なんだろコレ…」

映女「その犬はマルチーズね!」

純「へー……うん?」

映女「こんにちはー」

純「あれっ、なんで!?」

梓「だ、だれ…?」

純「映研の友達」

映女「まさかこんな所で純に会えるとは思わなかった」

純「それはこっちの台詞だって。なんでペットショップなんかに?」

映女「実は今度の映画に――」

憂「あのー…」

純「どうしたの? 憂」

憂「その犬…マルチーズじゃなくてポメラニアンって書いてありますよ」

映女「えっ」

映女「………あっ、本当だ」

純「……」

映女「……」

映女「まぁどれも似たようなもんじゃない。足4本だし」



213 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:44:49.24 ID:yN3EXboo

映女「それより! 私がここに来た理由、知りたい?」

純「ううん、別に」

映女「実は今年の文化祭は、犬の映画を撮ろうと思ってるのよ!」

純「あれ? 去年も犬の映画じゃなかったけ?」

映女「違う違う! 去年はタヌキ!!」

純「あぁ…思い出した。確か着ぐるみの…」

映女「そう、『人類滅亡 エピソード・パラダイスロスト』」

純「そんなタイトルだったんだ…」

映女「でも今年の映画は一味違うの。着ぐるみじゃなくて本物の犬を使おうと思ってね」

映女「それでペットショップでモデルの犬をどれにしようか探してるってわけ」

純「へぇー、本物使うんだ。なんか本格的だね」

映女「そ、だから今年の文化祭は楽しみにしててね」

純「うん、期待はしないでおく」

映女「じゃあ私、もう行かなきゃいけないから。ばいばーい」

純「はいはい、さいならー」



214 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:45:39.27 ID:yN3EXboo

憂「映研…なんだかすごそうだね」

純「そうでもないよ? 去年の作品とか…あんま覚えてないけど正直面白くはなかったし」

梓「映研ってもう文化祭の準備始めてるんだ…早いなぁ」

純「映研が大々的に発表できるのって文化祭ぐらいしかないからね」

梓「そっか…なるほど」

純「さてと、他も回ろっか」

純「猫とか、かわいいよ?」

梓「!」

憂「猫もいっぱい種類があるねー」

梓「かわいい…」

梓「ね、純が飼ってるやつってどれ?」

純「うちの? 確かねー…」

純「これ! …じゃない」

純「こっち! …でもない」

純「あれ…どれだっけ?」

梓「なんで覚えてないの…」



215 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:46:26.17 ID:yN3EXboo

純「それよりあの猫、可愛くない?」

憂「しっぽ振っててかわいいね」

純「あれはイライラしてるのよ」

憂「そうなの?」

純「うん。しっぽを早く左右に振ってるときはそうなの」

憂「へー、さすが純ちゃん。猫に詳しいね」

純「まぁそれほどでもー」

純「猫ってしっぽを見ると気持ちが分かるんだよ」

梓「ねぇ純、あの猫は? ゆっくりしっぽ振ってるよ」

純「あれは…確かリラックスしてる証拠」

憂「じゃあ、あれは? しっぽが立ってる」

純「え? うーん…怒ってる…のかな」

梓「あのしっぽを曲げてる猫は?」

純「なんか…悲しい気分なんだと思う」

憂「あっちの猫は足の間にしっぽを入れてるね」

純「しっぽが痛いんじゃないかな」

梓「…だんだん適当になってない?」

純「そんなことないよ」



216 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:47:11.05 ID:yN3EXboo

・・・・・

純「憂、なに飼うか決まった?」

憂「まだ飼うってわけじゃ……それに見ただけだ満足しちゃったかも」

純「そっか、満足しちゃったか」

憂「でもまだ見て回りたいな」

純「じゃあ別のフロア行こうよ。犬と猫以外もいるし」

梓「……」ジーッ

純「ほら梓、行くよ」

梓「……」ジーッ

純「梓?」

憂「どうしたの? 梓ちゃん」

梓「なんか…この猫がさっきから私のことジッと見つめてくる」

猫「……」ジーッ



217 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:48:26.71 ID:yN3EXboo

純「梓のことが気になるんじゃない?」

梓「えっ」

憂「真っ白なかわいい猫さんだねっ」

猫「……」ジーッ

梓「……」ジーッ

純「ほんとだ…梓をひたすら見つめてる」

憂「好きなのかな?」

純「付き合っちゃえば?」

梓「猫だし!」

猫「……」ジーッ

梓「むむ…」ジーッ

純「ほら、それより早く行こ」

梓「ちょっと待って。ずっと見られてるとこっちも視線を外しづらくて…」

猫「……」ジーッ



218 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:48:56.48 ID:yN3EXboo

梓「……」ジーッ

猫「……」ジーッ

梓「……」ジーッ

猫「……」ジーッ

梓「……」ジーッ

猫「……」ジーッ


純「いつまでやってんの…」

憂「本当に梓ちゃんのことが好きなんだね、あの猫さん」



219 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:49:28.00 ID:yN3EXboo

梓「……」ジーッ

猫「……」ジーッ

純「はい、もう終了。行くよ梓」グイッ

梓「にゃっ!?」

純「そんな気に入ったんなら、飼えば?」

梓「気に入ったとかじゃなくて、なんというか目が離せないというか…」

猫「……」ジーッ

純「まだ梓のこと見てるね…」

猫「……」ジーッ

梓「……行こっか」

憂「いいの?」

梓「うん…ずっと見ててもしょうがないし」

梓「じゃあね」

猫「……」ジーッ



220 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:50:22.25 ID:yN3EXboo

梓「あの猫、なんだったんだろう」

純「梓に惚れたか、もしくは梓に恨みがあるか」

梓「恨まれるようなことなんてしてないけど…」

憂「じゃあやっぱり梓ちゃんのことが好きだったんだね」

九官鳥「アズサ! スキ! スキ!!」

梓「うわっ、びっくりした」

憂「九官鳥だ!」

九官鳥「スキ! スキ!」

九官鳥「アズサスキ!」

純「モテモテだね、梓」

梓「うれしくなーい!」



221 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:51:09.91 ID:yN3EXboo

九官鳥「アズサ! アズサ!」

純「九官鳥って本当に人の言葉真似するんだ」

憂「テレビで見たことある。舌の動きが人間に似てるんだって」

憂「意味は分かってないみたいだけど」

純「へぇー」

九官鳥「アズサ、スキ! アズサ、スキ!」

梓「どうでもいいけどやめさせてよこれ…すごい恥ずかしいんだけど…」

純「面白いじゃん」

梓「面白くない!」

九官鳥「アズサ、スキ!」

梓「はぁ…」



222 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:51:35.88 ID:yN3EXboo

純「なんか適当に言ってみれば? そうしたら言葉変えるかも」

梓「うーん…」

憂「お姉ちゃん!」

九官鳥「オネエチャン! オネエチャン!」

梓「本当だ…」

純「ドーナツ!」

九官鳥「オネエチャン! ドーナツ!」

九官鳥「オネエチャンドーナツ!」

純「お姉ちゃんドーナツ? なにそれ」

憂「あは、おもしろい」

九官鳥「オネエチャンドーナツ!」

純「ほら、梓もなんか言ってみなよ」



223 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:52:20.01 ID:yN3EXboo

梓「…じゃあ」

梓「唯先輩、ちゃんと練習してください」

純「長いって」

梓「えっと、それなら……唯先輩、練習して!」

九官鳥「ユイセンパイ! レンシュウシテ!」

梓「言った!」

純「それにしても、なんで唯先輩指定?」

梓「なんとなく思いついたから」

梓「それに、まじめに練習してないのは本当だし」

憂(お姉ちゃん…)

九官鳥「ユイセンパイ! レンシュウシテ!」

九官鳥「ユイセンパイ! レンシュウシテ!」

梓「…部室に置いておきたいかも」

純「もう動物園にしちゃいなよ、軽音部の部室」



224 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:52:52.19 ID:yN3EXboo

・・・・・

純「結局、憂はどうするの? 飼う?」

憂「とりあえず今はいいかな。でもいつかは飼ってみたい」

純「私ももう一匹ネコ欲しくなっちゃった」

梓「猫か…」

梓(あの猫なんだったんだろう…)

憂「あっ、これ欲しいかも!」

純「どれ?」

憂「犬のストラップ!」

純「あぁ…グッズか」

憂「かわいいね~」

純「ストラップぐらいなら私も買おうかな。ちょうど携帯につけるやつ欲しかったし」

梓「あっ…私も買う」



225 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:53:26.24 ID:yN3EXboo

純「憂はどれにする?」

憂「うーんとね…この犬のやつにしようかな」

純「ほうほう、じゃあ私は……どれにしよう」

梓「私は…猫のやつの」

純「え? 憂は犬で梓は猫…」

純「じゃあ私は……うーん」

純「…犬と猫二つとも買っちゃお!」

梓「二つも?」

純「だって二つとも可愛いんだもん」

純「二人のともお揃いだし」

憂「…じゃあ私も猫のやつ買おうかな」

純「え?」

梓「……私も。二つ買う」

純「なに、どうしたの二人とも?」

憂「猫もかわいいなーって思って」



226 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:54:04.24 ID:yN3EXboo

――帰り道

純「結局、三人とも同じもの二つ買っちゃったね」

純「なんか変なの」

憂「でもかわいいよ~、これ」

純「まぁそうだけどさ」

梓「……」

純「梓、なに考えてるの?」

梓「さっきの猫のこと。ずっと頭から離れなくて」

梓「なんだったんだろうなー…」

純「まじめな話、梓に飼ってもらいたかったんじゃないの?」

梓「私に?」

純「きっとそうだって」

梓「そう言われてもなぁ…」

憂「あっ、私この辺で。買い物しなきゃいけないから」

純「うん、じゃあね憂。また明日」

梓「ばいばい」

憂「また明日ね!」



227 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:54:41.75 ID:yN3EXboo

純「さてと、私もここら辺で」

梓「うん、またね」

純「そうだ…今度またうちの猫預かってみる?」

梓「え……いいの?」

純「梓が迷惑じゃなかったらいいよ」

梓「……」

梓「じゃあ…今度お願い」

純「おっけー、任せて」

純「それじゃ、ばいばい梓」

梓「ばいばい…また明日ね」



228 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:55:29.18 ID:yN3EXboo

・・・・・

純「二つも買っちゃたけど、どうしよう」

純「二つとも携帯につけよっかな…」

純「あっ、バッグにつけてもいいかも」

純「どれどれ……うん、いい感じ!」

純「ふぅ…」

純「お腹すいたな…早く帰ろっと」

純「……」

純「……?」

純「あれ…なんか忘れてるような…」

純「なんだっけ…」

純「……」

純「あっ、猫のエサ買うの忘れてた」



229 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 19:56:42.52 ID:yN3EXboo

翌日
――ペットショップ

唯「見てみて~! 犬や猫がいっぱいだよー!」

律「またなんで急にペットショップに行きたいとか言い出したんだ?」

唯「昨日憂が行って、楽しかったって聞いたから」

唯「みんなかわいいね~!」

澪「すごい数だな…」

律「…ワニとかいたりして」

澪「そ、そんなのいるわけないだろ!」

律「分かんないぞー」

律「こう…飼育箱から抜け出して澪を…」

律「ガブガブガブー!! っと」

澪「ひいぃぃ!?」

唯「あっ、ムギちゃーん。鳥さんがいるよ」

紬「それは九官鳥ね」

唯「へぇ~、これが九官鳥かぁ」

九官鳥「ユイセンパイ! レンシュウシテ!」

唯「!?」


##4 おわり



230 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 20:00:52.78 ID:yN3EXboo

ここまで
二年で終わらせるということなので三年に持ち越そうと予定してたネタもやろうと思ってます。
なので一年の時と比べると若干長くなるかも。

あとPCが復活したので今日からこれで。




231 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 20:27:59.29 ID:Chovfiso

おつ!
映研とかどんどんアニメ本編からネタをひっぱってきて良い感じだな



232 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 21:01:12.88 ID:3ZfXlyAo

おつ!
見つめ合うあずにゃんと猫にゃんにきゅんきゅい!

憂ちゃんの気持ちはよくわかるよ



233 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 21:21:07.17 ID:0lDiwcDO


いつ研究部になったんだっけ?





234 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 23:34:06.48 ID:yN3EXboo

>>233
二年生から



235 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/07(火) 23:39:56.79 ID:yN3EXboo

途中送信だった

>>233
コンテストで賞とか取ったので二年生から正式に部になったという設定です。
本編でも会から部になってたので何かしらジャズ研でアクションがあったのだと思います。
もしくは設定が曖昧だったのかと思います。
俺は後者だと思います。




236 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/08(水) 02:16:34.97 ID:Mluj66AO

乙!



237 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします:2010/12/08(水) 07:55:44.13 ID:BkvZFcAO

おつ





関連記事

ランダム記事(試用版)




純「ジャズけん!!」##4
[ 2011/01/19 18:22 ] 日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:531 [ 2011/01/19 19:30 ] [ 編集 ]

純ってムギの事紬先輩って呼んでたっけ?
23話でムギの名前呼んでたシーンあったけど忘れた

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6