SS保存場所(けいおん!) TOP  >  アクション >  唯「12人の怒れる女」#5

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「12人の怒れる女」#5 【アクション】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1295947055/l50


唯「12人の怒れる女」#index




355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:26:00.72 ID:8YPsjaGoP

春菜「!! エリ!!」

澪「ム、ムギ! 大丈夫か!?エリに何かされなかったか!?」

紬「私は大丈夫……いちごちゃんも、次第に回復するわ」

いちご「う……………」

律「エリ……いちごに何をした!」

エリ「ちぇっ……また面倒な事になっちゃったな………」

春菜「……さっきの会話……エリは、そんなことを望んでいたのね…」

澪「………?」

エリ「……そうさ。私の望みはけいおん部の消失……」

律「消失だと!?」

エリ「けいおん部だけが主役になることが私には我慢できなかった……」

エリ「どんなに魅力的で有望な生徒がいたって、結局誰もがけいおん部の影に隠れなくてはいけなかった…」

エリ「…私たちはこの物語の脇役に収まるような存在じゃない……それを体現したかっただけよ!!」





356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:28:38.25 ID:8YPsjaGoP

春菜「エリ…それは間違っているわ」

春菜「確かにけいおん部なくして私たちは存在し得ない。だけど逆もまた然り……」

春菜「私たちモブなくしてけいおん部は成り立たないのよ」

エリ「その言葉を使うなっ!」

春菜「それに、エリ……私たちが注目を浴びるようになってどうするの?」

春菜「あなたが言っているのは究極の理想論よ……例えエリの望みが叶ったとしても…」

春菜「きっとすぐにボロが出る……私たちが主役になんてなれっこないもの」

エリ「うるさいっ!私たちには私たちの未来がある!私は、私の物語があるのっ」

いちご「………………エリ…………っ」ズキ

紬「!いちごちゃん、まだ起きちゃだめ…」

エリ「…………いちごには分からないんだ…私の気持ちが…」

いちご「……………いえ、エリの気持ち、少し理解できる…誰だって一度はそう思う」

いちご「だけど、このやり方は間違っている」



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:31:03.96 ID:8YPsjaGoP

エリ「……………もういい。私はみんなのことを思ってやっているのに……」

澪「………………」

和「…それはただのエゴよ」

エリ「……もういい!誰かのためだけの人生に何の意味があるの!?私は……」

エリ「私は目的を達成する!!この世界をもう一度、私の手に!!」

シュッ

和「いちごっ危ない!」

いちご「………!」サッ

スカッ

エリ「……フン…よくいちごを狙ったって分かったね」

和「…………………」スーッ

エリ「……『真眼』か……だけどその能力…どこまで通用するかな?」



360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:33:13.01 ID:8YPsjaGoP

いちご「…………エリを止めなきゃ」

澪「止めるって言ったって……どうやって……」

いちご「……エリにダメージを与えるためには、私の『絶対恐怖領域』しか手段はない」

いちご「でも私だけじゃエリに触れることさえ出来ない……だから」

いちご「みんなで力を合わせる………それしかない」

律「……力を…」

しずか「そう…わたしたち一人一人では立ち向かえないけど………」スッ

和「協力しあえばその力はどこまでも引き上げられる……こうやってね」スッ

ズキュゥゥン・・・

律「……!?これは………」

いちご「……………真鍋さんの『真眼』が私の目に……」

しずか「…それが、わたしと真鍋さんの特訓の成果……」

和「私が見えている情報をダイレクトで誰かの脳に送り込む……今は、律といちごにね」



362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:39:46.85 ID:8YPsjaGoP

エリ「お~い、私を無視しないでよ~」

澪「!」

紬「エ…エリちゃん………離して…っ」グググ…

エリ「うおっ…すごい力だね…でも私だって力はあるんだからね…」ギュッ

春菜「しまった!琴吹さんがっ!」

紬「う~ん……えいっ!」ブオン

エリ「うわっ!?」

スタッ

エリ「わ、私を投げるなんて……」

紬「護身術、そして合気道には精通しておりますからっ」フンス

律「よくやったムギ!どっせえええええい!!」ダダダッ

ばいーん

律「どわあっ!?」

エリ「………やっぱり律って阿呆だね…。私には物理攻撃も能力も効かないんだってば」



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:41:52.89 ID:8YPsjaGoP

澪「律の馬鹿!真正面から行くやつがあるか!」

律「いったたた……じゃーどうしろっていうんだよ!」

いちご「…………………」ぶわっ

和「……!律と澪はいちごの側に寄って!」

澪「わ、分かった!」ぐいっ

律「ぐえっ!だから引っ張るなって…」

エリ「…………邪魔が多くてやりづらいなぁ……やっぱりみんな倒してからの方がいいか」シュッ

和「岡田さん、避けてっ」

春菜「くっ……きゃっ!?」ガシッ

エリ「つかまえた♪」

ズキュゥン

春菜「 」バタッ

澪「ふ、触れただけで戦闘不能にできるのか…!」



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 21:46:55.95 ID:8YPsjaGoP

いちご「エリは今、常に『絶対恐怖領域』を体に纏っている状態」

いちご「触れただけでその対象を思いのままにできる」

律「それじゃ避けるしかねぇじゃねーか!」

エリ「そうだよ。だからいくら足掻いても時間の無駄だってこと……」シュッ

和「!」

律「和、あぶねぇっ!」シュンッ

ゴッ

エリ「ぐっ……律!?私の攻撃を止めた!?」

澪「………私の『上方修正(ポイントアップ)』で律の身体能力を大幅に強化した。律は運動、得意だもんな?」

律「お、おおう……(駄目元で特攻したけど結果オーライだぜ)」

エリ「…なるほど、そう来たか」ス・・・

律「!」バッ

エリ「ちっ……」

律「…確かに触れただけでってのは脅威だけど、一瞬なら問題ない……勝負はこれからだぜ」



365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:05:30.28 ID:8YPsjaGoP

澪「律!お前はそのままエリを止めててくれ!」

律「っていわれましても……うおっ」ガッ

エリ「ほらほら、私を止めるんでしょ?」ババッ

律「くっ…一瞬しか触れられないってのはかなりキツイぜ……」

ヒュッ ドゴォッ!

律「みお!早くなんとかしてくれっ!」

澪「…『上方修正(ポイントアップ)』で律の身体能力を限界まで上げてもエリがまだ律の方が不利……強すぎるっ」
   
和「……しかも律は私の『真眼(マッド・アイ)』も使っているはず…それでも勝てないなんて」

しずか「きゃっ!?」ドン

律「しずかっ!」

エリ「よそ見してていいの?ほらっ!」

ドゴッ

律「うぐっ……」

紬「りっちゃん!!」



367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:07:29.88 ID:8YPsjaGoP

エリ「このまま……戦闘不能にしてあげるっ」

澪「りつ!」

いちご「………………」ぶわっ

律「ぐえっ」ぐいっ

ドサッ

澪「うおっ、律がこっちに飛んできた……?」

エリ「……いちごの『デレ』をギリギリ律に引っかけたのか……やるね」

律「けほっけほっ……だ、駄目だ…みんなを守りながら戦うのは……」

いちご「……………律、聞いて」

律「な なんだ?」

いちご「私の『ツン』を律に少し分ける……一点集中ならエリの『ツン』も『デレ』も突破できる」

いちご「………かもしれない」

律「分けるって……そんなことが出来るのか?」



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:10:11.57 ID:8YPsjaGoP

いちご「少しくらいなら大丈夫。だけどエリの『ツン』にはすぐに敗れてしまう」

いちご「だから決めるのは一瞬だけ……その一瞬に、一点突破の『ツン』をエリに」

律「そ、そんな上手くいくかぁ…?」

いちご「他のみんなは私の残りの『ツン』で守る。律はとにかく、攻めて」

エリ「…………何をのんびり話してるのか知らないけど、そんなとこにまとまってちゃ狙われるよっ」バッ

ガッ

律「……だあーーッ!細けぇこたぁいいんだよッ!」バッ

エリ「……何それ、ドラムスティック?」

律「完璧に思いつきだ!名付けて……ドラマー戦法だッ!」

クルクルクル

澪「そ、そうか!道具を使えば触れてもエリの『ツン』は効かない!考えたな律!」

律「お?…お、おう!部長をナメるなよッ」

ダッ



369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:12:40.26 ID:8YPsjaGoP

エリ「……なかなかやるじゃん、部長」ガガガッ

バッ ガシッ

律「……お前こそ私のスティック捌きについてこれるとはな」カンカンッ

ピシガシ グッグッ

澪「……ダメだ、互角の勝負……隙がない…」

ガン! ガン!

律「…………ぐっ」

エリ「どうしたの?動きが鈍いよっ」

和「…律が押されてきている…エリは『ツン』で身を守っているから全くダメージはない…」

しずか「……律さんっ……がんばって…!」

バキッ

律「!!」

エリ「油断したね律……私の『ツン』にかかればスティックを折ることなんて簡単だよ」



370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:17:08.74 ID:8YPsjaGoP

しずか「あっ!」

エリ「ほら、もう一本も……」ガシッ

律「やめ……!」

バキッ

律「!!この……ッ」

澪「まずい……律っ!」

律「!!や、やられる…」

いちご「………………………」ぶわっ

エリ「今だッ!」シュッ

いちご「!?」

澪「うわぁっ!!こ、こっちに来た!」

エリ「クックックッ…この時を待ってたんだよ…いちごが律を助けるために『デレ』を広げる、この時をね」



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:21:20.15 ID:8YPsjaGoP

いちご「…!みんな、逃げて!」

律「くそ!最初からそれが目的か!いちごから離れろ!」

エリ「いちごさえ潰せばこっちのもの……」バッ

ガシッ

澪「ああっ!」

和「いちごが…掴まれた……っ」

エリ「倒れ伏せッ!!」

ズキュゥゥン・・・

いちご「……………ひっかっかったな」

エリ「…な…っ!なんで効かないの!?」

シュッ

律「いえいっ、私だよん!」キラッ

エリ「っ!?いちごが律に……どういうこと!?」

いちご「……『デレ』内では全てが私の思い通り。私と律の居場所を交換した」



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:24:21.09 ID:8YPsjaGoP

エリ「じゃ、じゃあ私が今握っているものは……」

律「てめぇがさっき折ってくれた私のスティックだッ!!」

ドゴッ!

エリ「ぐっ……」フラッ

いちご「…………………もう逃がさない」ガシッ
      
エリ「!?いちごから私に触れてくれるとはね……『絶対恐怖領域(ツンデレ)』でまた無力化してあげるよッ」

ズキュゥウウン

いちご「『絶対恐怖領域』………出力…200%………!!」

ドドドドドドドドドドドドドド
  
エリ「……………わ、私の『ツン』と『下方修正(デスペル)』を両方とも中和して押し返すなんて…」

いちご「…………………律………!………お願い………!」



373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:27:15.45 ID:8YPsjaGoP

澪「りつ!お前の『ツン』に『上方修正』をかけておいた!!」

和「………………エリの弱点、狙うべき点は………"おでこ"」スーッ

エリ「は、離せ!!」

律「いちご、お前の覚悟……しかと受け取ったぜ!!」キュイィィィイイイン・・・

しずか「律さんっ!決めて!!」

律「唯からもらった能力……だっさい名前だが使わせてもらおうじゃねぇか!」

バッ

エリ「そ、その手の形は…………」

ググググ・・・・・・

律「これで……終わりだあッッ!!!」ギュゥッ!!

律「くらえッッ! でこぴん☆フラッシュッッ!!!」



ペチッ



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:29:44.49 ID:8YPsjaGoP

エリ「痛っ!」ビクッ

エリ「…………………………えっ?」

ピカッ!!

エリ「ッ!!?」

バリバリバリバリ・・・・・・・・・

エリ「ああああああああああぁぁぁぁっっっ!!!」


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨・・・


澪「エリっ!!」

和「………エリの『ツン』が…『絶対恐怖領域(ツンデレ)』の能力と共に消えていく……」

いちご「………………………」

紬「……エリちゃん…」



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 22:31:47.09 ID:8YPsjaGoP

エリ「うああぁ………っ」ビクッ

シュン…

エリ「 」バタッ・・・



シーン…………

しずか「……………終わった……の?」

和「…気を失っている……それに…………能力も消えた」

律「………とうとう…倒したのか?」

和「どうやらそのようね…」

澪「…エリっ!!」ダッ



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:00:04.01 ID:8YPsjaGoP

律「!…澪、まだ近づかない方が……」

いちご「………………………」スッ

律「……いちご……………」

澪「…大丈夫だよ、律……もうエリは能力を使えないんだ。私たちに危害を加えることはない」

いちご「………………うっ」ズキッ

紬「いちごちゃん!?」

和「…きっと能力の限界を超えた反動ね………いちごもしばらく能力を使えそうにないわ……」

いちご「……………ごめんなさい、琴吹さん……私一人じゃ…守ってあげられなかった……」フラ

紬「ううん、いいの……ありがとう…いちごちゃん…」ギュッ

紬「…みんなもありがとう……私と、いちごちゃんを守ってくれて………」

律「ムギ………」



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:02:22.21 ID:8YPsjaGoP

いちご「………まだ終わってない」

澪「え?」

いちご「…………琴吹さんが『世界創造』を取り戻したとはいえ……」

いちご「…完全に元に戻っているわけじゃない。平沢さんが寝ている今の内に……琴吹さん…」

紬「…………?」


唯「zzZZZ」ぐおーっ すぴーっ

梓「むにゃむにゃ………zzZZZ」

律「おいおいマジかよ…こんだけ部屋で暴れまわったのに起きないなんて…」

澪「しかも梓まで……」

いちご「二人は私が『絶対恐怖領域』で眠らせていたから当分起きない」

律「ああ、そういうことか…」

澪「……のんきなもんだな……」



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:05:18.08 ID:8YPsjaGoP

紬「…えっと、いちごちゃん…?私は何をすればいいの…?」

いちご「……………争いの起きない……平和な世界を願って……」

澪「…もう二度とこんな事が起こらない世界を……ムギが望んでくれればいいんだ」

紬「え……でもわたし……」

律「…どうしたんだ、ムギ?いつも通りのけいおん部に戻すんだよ」

紬「………違うの…エリちゃんの事よ………」

澪「……………エリがどうかしたのか?」

紬「さっき彼女が言ってたこと…けいおんの消失を願っていたなんて…」

紬「…自分たちが脇役でいることに納得できなかったって………」

紬「もし…またいつも通りの日常に戻ったとしても……このままじゃまた同じことが起こる気がする…」

律「…………ムギ……」



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:10:02.19 ID:8YPsjaGoP

しずか「……確かに、今回はエリさんが自分の意志で起こした事件だけど……」

しずか「次はまた別の誰かが、同じ理由で似たような事をするかもしれない………」

しずか「現に姫子さんは、エリさんと同じように思っていたから………」

澪「………ムギに頼りっぱなしだと、根本的な解決にはならないってことか…」

律「で、でもこの世界はムギが作ってるんだろ!?ムギ以外に頼れるやつなんて…」

紬「…私が世界を作ってる?りっちゃん、何を言ってるの?」

律「へっ?」

いちご「………………りつ、少し黙ってて」

律「は、はい……(なんだかいちごが怖い…)」

いちご「…………今回の事件、元をたどれば3年2組のクラス構成が原因」

いちご「確かに今のまま放っておいたらまた同じことが起こるのは明白」

澪「……………じゃあ、どうすればいいんだ?」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:12:56.41 ID:8YPsjaGoP

いちご「………………私たちは今までけいおん部のためだけに働いてきた」

紬「……………?」

いちご「…私たちは、誰の目にさらされることも無くその存在と目的を隠し続けていた…」

いちご「だけどそれも限界が来てしまった。四天王と七賢者を表に出さないのはもはや困難」

和「…………………」

いちご「………これは考え得る最良の手段。モブの代表としてあなたたちけいおん部に進言する」

いちご「…クラスのみんなを受け入れて欲しい。けいおんの世界を広げてほしい」

律「受け入れる……?」

和「……ムギ。私からも一言いい?」

紬「………和ちゃん…」

和「…ムギの世界はけいおん部だけじゃないわ…。もっと周りと打ち解けてもいいんじゃないかしら…?」

紬「わ…わたしは………そんな」

いちご「……琴吹さんにはけいおん部以外にも、私や、春菜、木下さんや真鍋さんだっている……」

いちご「みんな、3年2組の仲間だから………」



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:14:47.55 ID:8YPsjaGoP

紬「……確かに、わたしはけいおん部のみんな以外と話したこと、ほとんどなかった…」

和「ムギ。あなたが悪く思うことはないの。これは仕方のなかったことだから…」

いちご「……大丈夫。琴吹さんなら出来る。だから今一度、望んでほしい」

いちご「全てが上手くいくように……」

紬「………分かったわ……わたし、いちごちゃんを信じて……やってみる」

澪「ムギ……」

紬「そして上手くいったら、そのときは……いちごちゃん…」

いちご「……………なに?」

紬「またさっきみたいに"ムギ"って呼んでね?」

いちご「…………!」

ピカシャッ!

しずか「っ!」

澪「!?ま、まぶし……」

律「ムギ!」



388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:19:19.99 ID:8YPsjaGoP

シュン・・・・・・

律「……ってあれ?すぐに収まった…」

春菜「………………う……ん」ムク

澪「春菜!気がついたのか!」

梓「……………はっ」ガバ

唯「zzZ………ふごっ!?」パチン

律「唯!梓!」

唯「……あれ~…りっちゃんオハヨ~……」

律「こいつ寝ぼけてやがる……」

梓(な、なんか人がいっぱいいる!なんで!?)


しずか「……そういえば部屋も元に戻ってる……」
  
和「これが『世界創造(ピースメーカー)』の力……一瞬で復元するなんて…」



389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:24:52.39 ID:8YPsjaGoP

紬「エリちゃん………起きて」

エリ「う…………ん………………あれ?琴吹さん?」

紬「大丈夫?」

エリ「あれ…私、なんで寝て……?っていうかここどこ!?」ガバッ

和「……音楽準備室よ。覚えてないの?」

エリ「おろ?あれれ?いちごに春菜……ってかけいおん部の人たちまで!?」

バンッ

アカネ「エリっ!エリは居る!?」

エリ「あっ、アカネ~!どうしたの?そんな血相変えて…」

アカネ「……あれ?いつものエリだ…」

タッタッタッ

姫子「ちょっと待ってよアカネ………って人多っ」

和「みんな集まってきちゃったわね」



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:27:13.21 ID:8YPsjaGoP

春菜「……どうやら終わったみたいね……」

澪「ああ……一時はどうなるかと思ったよ」

律「つーか人多すぎるんだよ!お前ら部室から出ろ!」

アカネ「ちょ、ちょっと待ってよ…何があったのか説明してよ」

春菜「……アカネはエリと一緒に帰っていいわ。御苦労さま」

アカネ「いや、だから……」

エリ「そ~だね。さすがにこの部屋に12人はきついもんね~」

エリ「さっ、アカネ。帰ろ」スタスタ

アカネ「あっ、待って!」

タッタッ…

和「……いいの?こんな簡単にエリを帰らせて…」

春菜「今ここで説明するはめになるより良いわ。それにエリだって馬鹿じゃないもの…」

春菜「きっと気付いてるわよ。自分が何をしたのか……」



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:30:14.30 ID:8YPsjaGoP

姫子「…はぁ………なんか疲れちゃった」

律「…姫子はアカネと何してたんだ?」

姫子「ん?三花をぶっ飛ばしてた」

律「ぶっ!?」

春菜「ああ、そういえばそんな事もあったわね。三花はその後どうしたの?」

姫子「体育館にほっといたよ。まぁ今ので起きたと思うけどね」

春菜「……もう少し考えて行動してほしいものね…」

姫子「悪かったね。しかしエリが本当にやらかしたとはねぇ…」

姫子「出会い頭にいきなり意識飛ばされるんだもん。気付いたらベットの上だし…」

春菜「……それで保健室で気持ちよさそうに寝てたのね…」

律「そういう春菜もさっきまで床に突っ伏してたくせに……」

春菜「黙りなさい」

律「へいへい……………」



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/27(木) 23:33:22.33 ID:8YPsjaGoP

姫子「……で、結局いつものけいおん部に戻れたってオチ?」

澪「…………………それは………」

いちご「いいえ。いつものけいおんに、これからは少し変化がある」

姫子「……なんでそんなことが分かんのさ」

いちご「………まだ私たちには証明できない。だけど、きっと変われるはず」

紬「……姫子ちゃん?」

姫子「……………なに」

紬「これから1年間、よろしくね?」ニコッ

姫子「なっ…………///」

しずか「……わたしたち、もうけいおん部のための存在なんかじゃない」

しずか「だから姫子さん……みんなともっと、仲良くしていいんだよ?」

姫子「べ、別に私はそんな……っ」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:06:01.44 ID:ESX4cqLyP

紬「……今まで私、けいおん部しか居場所がないと思ってた……」

紬「でも、これからはもっとクラスのみんなと仲良くなれるように頑張る!」

紬「………だから姫子ちゃん、私たちのこと…嫌いにならないで欲しいの」

姫子「…ふ、ふん。私にとってけいおん部なんてどーだっていいことだし……」

しずか「………ウソ」

姫子「………あ~っもう帰るっ!そもそも私には関係ない事だし!」スタスタ

しずか「…ひ 姫子さん!」

姫子「……なによ」

しずか「一緒に……帰ろう?」

姫子「………………………いいよ別に。ただし…」

姫子「"さん"付けはやめてよね」

しずか「………うんっ」



396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:09:23.86 ID:ESX4cqLyP

バタン・・・

春菜「……さてと、私たちも帰りましょうか。いちごも琴吹さんも上手くやってくれたみたいだし」

和「そうね、もう結構暗くなってきたわ」

唯「和ちゃん帰っちゃうの?それじゃ一緒に帰ろっ!」

律「唯、お前全然出番なかったな……」

春菜「スレタイ詐欺ね」

澪「…………?」

律「…ま、もう時間も遅いし、今日は部活なしだな」

澪「今日も、だろ…。明日こそちゃんと練習するからな」

律「分かってるよ。ほら梓、帰るぞ」

梓(……一番出番なかったの、私です……)

いちご「……………………」スタスタ

紬「あっ…いちごちゃん、待って!」

いちご「………………………………」ピタ



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:12:07.17 ID:ESX4cqLyP

紬「あの…………もしよかったら、だけど…」

いちご「……………」

紬「私と一緒じゃ…駄目かしら……」

いちご「………そんなこと…………ない」

紬「ほんと?じゃあ…手、繋いでもいい?」

いちご「……………っ///」カァァァ

紬「あっ、ご…ごめんなさい、変なこと言って……///」アタフタ

いちご「て、手を繋ぐくらいなら…べ、別に……///」

紬「ほんと!? やったぁ!」

紬「わたし、いちごちゃんと手を繋いで帰るのが夢だったの~」

むぎゅっ

いちご「…///」むぎゅぅぅ

律「いちごのやつ、耳たぶまで真っ赤だぞ」



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:15:03.49 ID:ESX4cqLyP

春菜「律。茶化すのはやめなさい」

澪「……春菜ってなんかお母さんみたいだよな」

春菜「…………………どういう意味よ」

律「おばさんくさいってことだよ」

春菜「なんですって!?」

律「ははは、冗談だって…」

春菜「………冬の日のこと、バラすわよ?」

澪「冬の日……?」

春菜「…前髪を下ろしたキミの姿も見てみたい……律が勘違いするのも無理ないわね」

律「!? ちょ、ちょっとタンマ!!」

澪「ど、どうしたんだよ急に…」

律「岡田様、すいませんでしたっ!もう二度と生意気なこと言いませんからそれだけはっ」

春菜「……分かればよろしい」



399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:19:03.10 ID:ESX4cqLyP

・・・・・・・・・・・・・・・

春菜「……ということで今回の事件はこれにて一件落着、というわけね。
   あれからしばらく経った今は、前にも増して平和そのもの……と言っていいかしら」

春菜「そして、今回の件を境に、3年2組にも少しずつ変化が見えてきたわ。
   まず、琴吹さんはもうクラスに完全に馴染んできたということね。
   かつての彼女はまさにけいおん部が自分の全てだと思いこんでいたけど、今はもう
   クラスのみんなとの交流を思う存分楽しんでいるみたい。
   ただ、琴吹さんが自己を主張し始めたとたん、クラスメイトのみんなは
   彼女の魅力に気付いてしまったみたいで……私たち四天王の威厳は以前ほど影響力を
   持たなくなってしまったわ」

春菜「…それでもいちごは相変わらず高嶺の花よろしく他の生徒から支持されているけれど、
   いちごに関しても大きな変化があったようね。
   結局いちごが琴吹さんと付き合うことになったと聞いたときは流石に私も反対したわ。
   でも二人は隠れながらも上手くやっているみたいだし、もう私がどうにかする必要もなさそうね」

春菜「そしてエリだけど、あの子も誰から聞いたのか分からないけど真実を知ったみたいね。
   私もエリがまさかあんなことをするなんて思ってなかったけど、今は至って普通のエリ。
   反省してると言っていたし、結局は彼女が望んだように世界は変わった…少しずつだけど……」



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:22:37.41 ID:ESX4cqLyP

春菜「あと、私たちが使っていた能力に関しても変化があった。
   実はあの事件の後、エリの能力は消滅してしまったの。そして、それに合わせて私たちの能力も
   以前よりかなり弱体化してしまった。
   これはエリの能力が、他の人の能力を固定し、使えるようにするためのものだったから
   と真鍋さんは言っていた…。要するにエリは元々この世界の能力を管理するための存在だったわけね」

春菜「それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけれど、少なくとも前みたいに大きな事件を
   起こすこともないでしょう」

春菜「……けいおん部のみんながクラスメイトたちと仲良くなり始めたことで、これからはきっと
   私たちの存在があなたたちに伝わることになると思うわ。
   そのかわり私たち四天王は仕事が増えて大変だけど……。
   最終的に3年2組がどうなるのか、これは今の私が知ることはできないけど、おそらく
   何の問題も起こすことなく無事に卒業できると思っている…出来ればそうであって欲しい所ね」

春菜「ということで私の独白は以上。とりあえずこれで終了です。ご苦労様でした」


                            おわり




401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:26:01.11 ID:IZelW4AR0


なかなかおもしろかったよ



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:32:59.41 ID:ZyAvEKB60

よくわかんないけどむぎゅが天使だということは分かった





403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:37:42.07 ID:ESX4cqLyP

やっと……やっと終わった……
こんなに時間かかるとは思わんかった

とりあえず2期になってからモブが目立ってきた経緯を自分なりに、かつ厨二的に考えてみたらこの有様だよ!
あと、四天王やらは能力で決まっているわけじゃないのであしからず…

今回はモブ全体が主役ということで、唯ちゃんたちの出番のなさは勘弁してあげてください
それから怒れる12人目はムギということで……映画のやつを期待して最初のほう読んでた人はごめんなさい
というか色々不快に思われてしまった方々、申し訳ないです
今の内に弁護のかぎりをつくしたいと思います

それと、唯ちゃんは例の能力のせいで固体値が常に変動している状態なので、いちごの能力では測れないという設定でした
唯ちゃんだけハブにするつもりはないです




404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:37:48.49 ID:DjUQohB50

12人以上いるよね

元ネタしらねーからなんともいえんが・・・





405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:47:29.40 ID:ESX4cqLyP

四天王+七賢者+ムギの12人です
唯もまあ怒ってたっちゃー怒ってましたが…




406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:48:15.65 ID:0pDpM8QgP

乙、今まで我慢してたけど言わせてくれ

"固体"じゃなくて"個体"だろっ!!!!



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:48:20.79 ID:xbYxMZw30

俺の能力は圧倒的乙(>>1乙)だ



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 00:55:06.38 ID:dT7hVgmL0


ムギが黒幕なんじゃないかと思って読んでたら良い意味で黒幕だったw


ムギ可愛すぎワロタ



409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:00:29.54 ID:ItGq+3LM0

世界の中心であるけいおん部の一員なのに全くの蚊帳の外だった後輩がいるらしい





410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:07:37.65 ID:OSr9nigS0

終わったことでスッキリした



411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:14:27.29 ID:Plch3xir0

おつ……、これから読む
長ぇ。しかもほとんど>>1じゃねえか



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:18:26.24 ID:IZelW4AR0

厨二だと説明入れなきゃなんないからどうしても行数増える



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:48:36.87 ID:6VU8jZNU0

俺女子高通ってたたけど大体こんなんだったよ



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 01:55:42.09 ID:Bc/rsFKC0

信代が出ないなんてかわいそう
平等の世界がテーマなら出すべきだった
あと憂・・・

おもしろかったよ、乙



416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 02:03:29.12 ID:gSA0yzRA0

長々と読んでしまった・・・乙でした



417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 02:06:34.26 ID:sJlGqVqPP

結局唯はいつも通り食べて寝てただけだったな



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 02:09:39.35 ID:kZ2IKLOD0

面白かったのかよくわからない
とりあえず頑張ったな、乙



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 03:53:08.45 ID:e3ci8iZjO

書き終わった事に乙してやるです
読むの疲れた~



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 10:50:32.68 ID:wTI5aVRnO

読んだ面白いと思いました





422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/28(金) 12:11:46.91 ID:ESX4cqLyP

まあなんだ、信代その他のモブを代表する形で四天王や七賢者がいるということで…

別に信代が嫌いなわけじゃないです



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「12人の怒れる女」#5
[ 2011/01/28 20:10 ] アクション | | CM(6)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:688 [ 2011/01/28 21:42 ] [ 編集 ]

けいおんの厨二能力モノはいくつか読んだけど、全部けいおん関係ない駄作揃いだった
これは素晴らしい、最高
これを超えるけいおん厨二バトルSSはこの先現れないんじゃないか

タイトル:
NO:692 [ 2011/01/28 22:04 ] [ 編集 ]

長いけどおもしろかった、乙

タイトル:
NO:694 [ 2011/01/28 23:04 ] [ 編集 ]

ただの面白いバトルものSSというだけでなく
本編と同じく3年生から軽音部員の世界が部内から外へと広がってゆく
という第2期のテーマの1つを取り込むなどけいおんの必要性を含みつつ
モブの立ち位置などSSでしか出来ない話を展開してる所も素晴らしい。
けいおんのSSに限らず2次創作の中でも非常に質の高い大作だと思う。

タイトル:
NO:721 [ 2011/01/30 19:27 ] [ 編集 ]

素晴らしい?お前ら馬鹿ばかりだな
唯が空気なのはしょうがないとしても
そんな扱いで梓律澪辺りの暴言は必要あったのか?
作者の考えでそうしたくせにメタか?
てかここまで糞扱いなら悪役か憂同様に出番なしで良いだろ
本当に律澪やモブ好きって唯憂雑に使うよな
それ支持してる奴らもなんなの?
もう唯は出さなくていいわ

タイトル:
NO:5458 [ 2012/01/28 23:44 ] [ 編集 ]

素晴らしいワロタ
↓の言う通り唯が雑に扱われてるのに、けいおん関係ない駄作じゃないってwww

タイトル:
NO:5584 [ 2012/02/13 02:42 ] [ 編集 ]

いえとる、アンチは害悪
池沼スレの奴らやこういう作者は、唯無しで話書くかけいおん自体に手を出すなよ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6