SS保存場所(けいおん!) TOP  >  仮面ライダー >  唯「えくすとりーむ!」#2

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「えくすとりーむ!」#2 【仮面ライダー】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296503212/l50


唯「へんしん!!」#前編
唯「へんしん!!」#後編

唯「えくすとりーむ!」#1




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:46:17.81 ID:9nbuvk/G0

1ヶ月後!!

唯「ジョーカーエクストリーム!!」

唯「ふう・・・こっちはおわったよー!りっちゃんは?」

律「こっちは10分前に終わってるぞー」

唯「おお!!さすがりっちゃん!」

梓「さすがじゃないですよ、唯先輩ももっと早くなってください?」

唯「うう・・あずにゃん手厳しい・・・でも確かにファング使ったらすごい早く終わっちゃうよね?」

梓「ファング使うと私の性格荒くなりますからね。前みたいに暴走しないだけいいですけど」

唯「それは私のおかげだよあずにゃん!」

梓「もちろん、唯先輩のおかげでファングが使えますから、感謝してますよ。」

唯「じゃあありがとうのチュー!!」

梓「にゃー!!」





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:52:10.81 ID:9nbuvk/G0

律「んで?引っ叩かれたわけか」

唯「りっちゃんさすって・・・」

梓「チューなんて許すわけありません!!抱きつくならいいですけど・・・」

唯「え!じゃあ抱きついちゃう!!」

梓「う・・・」

律「最近全然抵抗しないな?前だったら全力で引き剥がしてたぞ?」

梓「まあ・・・心が広くなったんですよ」

唯「心の広いあずにゃん大好きー」

梓「むう・・・「



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 03:13:49.63 ID:9nbuvk/G0

梓「そうだ、憂は元気ですか?」

唯「うん!相変わらずよくできた妹だよ」

律「どっちが姉なんだか・・・そういえば昨日おまえらだけで怪人退治してきたろ?」

唯「へ?昨日は何もしてないよ?ね、あずにゃん」

梓「はい・・・というかそれニュースで見ました。てっきり律先輩かと思ったんですけど」

律「私が単独でそんなことする訳ないだろ?」

唯「えー?じゃあ誰なの?」

梓「ムギ先輩・・・ですかね?」

律「いや、ムギと和は今篭ってなんか作ってるから違うんじゃないか?



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:16:07.83 ID:9nbuvk/G0

ムギ「こんな感じでどうかしら?」

和「ええ、それでいいと思ってるわ」

ムギ「なかなか難しいわね・・・新型のメモリ作製は」

和「でもこれが出来たら・・・」

ムギ「唯ちゃんと梓ちゃんは無敵よ!」

和「しかしまだサイクロンとジョーカーが完全じゃないとは思わなかったわ」

ムギ「もともとサイクロンとジョーカーの相性は抜群なの。だからさらにその先の進化が見えるっていうか・・・」

和「でも今の段階では・・・」

ムギ「まだ危険よね、恐らくどちらか・・・多分サイクロン側かしら」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:26:31.17 ID:9nbuvk/G0

和「そういえばムギ?噂聞いた?」

ムギ「なに?」

和「唯達以外に仮面ライダーがいるんじゃないかって」

ムギ「そうなの?」

和「たびたび目撃されてるみたいなんだけどね」

ムギ「いいじゃない?お互い同じ目的をもつ仲間じゃないかしら?」

和「そうならいいんだけどね・・・なにか嫌な予感がするのよ」

ムギ「もう、考えすぎよ?」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:32:32.85 ID:9nbuvk/G0

憂「お姉ちゃーん」

唯「おお!憂!!」

律「妹のお出迎えか・・・聡もこれくらいすればなあ・・・」

憂「お姉ちゃんどこ行ってたの?」

唯「へ!?えっと・・・」

梓「律先輩と3人でお買い物してたんだ」

唯「そう!ショッピングだよショッピング!」

憂「そうなんだ。お姉ちゃん、今日の晩ご飯はハンバーグだからね!」

唯「本当!やったー!」

憂「もう・・恥ずかしいよ・・」

律「お熱いねえ平沢姉妹!」

梓「む・・・」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:36:28.17 ID:9nbuvk/G0

唯「・・あれ?」

憂「どうしたの?」

唯「・・・憂だよね?」

憂「うん、どうしたの?」

唯「うーん・・・」

律「どうした唯?」

唯「最近憂に抱きついてなかったからかな?なんかいつもの憂と違うような」

梓「どっから見てもいつもの憂ですよ」

唯「なんていうか・・・」

梓「・・・」

律「・・・」

唯「・・・まあ私の気のせいかな!」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:39:11.95 ID:9nbuvk/G0

律「なんだよそれ!?」

梓「黙って聞いたのがばかみたいじゃないですか!!」

唯「ごめんごめん」

憂「じゃあお姉ちゃん、私先に帰ってるね」

唯「うん、私ももうすぐ帰るからー」


梓「じゃあムギ先輩のとこに」

律「報告に行きますか!」

唯「うん!」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:47:04.99 ID:9nbuvk/G0

憂「もしもしさわちゃん?言われた通りやってきたよ?」

さわこ「さすが憂ちゃんね。それでどうだった?」

憂「紬先輩が挑んできたけど・・・全然相手にならなかったよ」

さわこ「じゃあ次は・・・」

憂「ねえさわちゃん?私いい加減お仕置きしたいな?」

さわこ「そうね・・・そろそろわからせてあげてもいいかしらね」

憂「うん・・・お姉ちゃんもきっとわかってくれるよね」







憂「あんなやつらと一緒にいちゃいけないって」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:51:02.90 ID:9nbuvk/G0

律「ん?澪から電話だ・・・どうした?」

澪「大変なんだ!!ムギが・・・ムギの家が!!」







梓「こ・・・これなんですか?」

唯「家の中めっちゃくちゃだあ・・・」

律「ムギは?」

澪「病院で治療を受けてる・・・和は」

和「私ならここよ」

唯「和ちゃん!!」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 04:54:25.88 ID:9nbuvk/G0

律「和、一体何があったんだ?」

和「私にもさっぱりよ。ちょうどムギと研究してたときよ・・・」






ムギ「あら?お客さんかしら」

和「私は構わないから、行ってきていいわよ」

ムギ「じゃあ、ちょっと行ってくるね」






和「ムギったらずいぶん遅いわね」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:02:37.94 ID:9nbuvk/G0

ガチャ

和「ずいぶん遅いじゃない?心配・・・誰!?」

「・・・」

和「そう・・・言いたくないのね。でも人の家に勝手に入って挨拶も無いって失礼じゃ・・・」

「!!」

和「それが挨拶ってこと!?」

バキッ

和「うっ!・・・」

和「・・・あなた・・一体・・・」

ガクッ



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:07:58.69 ID:9nbuvk/G0

和「目が覚めたら奴はいなくなってたわ。ボロボロになったムギを残してね」

澪「私は用があってムギの家に来たんだけど・・・門は開いたままだし、入り口にムギが倒れてるわで・・・もうびっくりしたよ」


律「で、何か取られたりしたのか?」

和「それが見た限り何も取られてないのよ」

梓「じゃあ・・・何しに来たんですかね?」

唯「ご挨拶でもしにきたのかな?」

和「それは無いわ」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:11:19.69 ID:9nbuvk/G0

梓「それで相手の特徴とかわかりますか?」

和「特徴ならとてもわかりやすかったわ」

唯「?」

和「全身白の・・・」

律「・・・」

和「仮面ライダーよ」

唯梓律「!?」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:19:28.85 ID:9nbuvk/G0

唯「ねえりっちゃん?」

律「ん?なんだ」

唯「白い仮面ライダーってひょっとして最近現れてる私達以外の・・・」

律「かもな」

梓「とりあえず1つわかったことがあります。その仮面ライダーは敵です。恐らく次は私達を狙ってくるでしょう」

唯「・・・」

律「唯も気をつけとけよ?」

唯「うん、わかってるよ」

律「じゃあな」

唯「じゃあね」

梓「さようなら」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:27:06.27 ID:9nbuvk/G0

唯「あずにゃん?」

梓「はい?」

唯「白い仮面ライダーって強いのかな?」

梓「どうなんですかね?」

唯「勝てなかったらどうしよう!?」

梓「大丈夫ですよ。いざとなったら私がファングで守りますから。」

唯「ありがとね、あずにゃん?」

梓「・・・今度」

唯「ん?」

唯「今度2人で・・・遊園地でも行きませんか?」

唯「えー遊園地?私達もう大人だよ?」

梓「それなら・・・水族館にでもどうですか?」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:34:29.64 ID:9nbuvk/G0

唯「水族館か・・・いいよ!」

梓「本当ですか!?」

唯「いいともいいとも、私とあずにゃんの約束だね!!」

梓「あ・・・はい」

唯「ん!!」

梓「・・・なんですか?」

唯「指切りだよー約束の証!」

梓「じゃあ・・・」

唯「指切りげんまん嘘ついたら・・・嘘ついたら何にしようか?」

梓「そうですね・・・私と先輩の友達解消とかどうですか?」

唯「酷い!!重すぎるよ!?」

梓「でもそれくらいあっても面白いじゃないですか」

唯「むー・・・いいよ!!でも絶対にあずにゃんと水族館行くからね!!

梓「はい、楽しみにしてます」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 06:21:01.78 ID:9nbuvk/G0

次の日!!

憂「お姉ちゃんごはん出来たよー!!」

唯「はーい・・・ほっほっほっと!」

憂「はい、お姉ちゃんの分」

唯「ありがとう憂ー」

憂「それじゃあ・・・」

唯憂「いただきまーす」

憂「やっぱり一緒に食べるごはんは美味しいよね!」

唯「全くだよ、憂が妹でよかったよー」

憂「えへへ」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 06:59:15.54 ID:9nbuvk/G0

唯「お?りっちゃんからだ!」

律「唯?「ガイアメモリ使っての強盗だってさ。来れるか?」

唯「もちろん!!今から行くよー!!」

憂「律さんから?」

唯「うん・・・今から遊ぼうって!!」

憂「そっか。今日の晩ご飯はカレーだからね」

唯「本当!?じゃあ早く帰ってくるから!」

憂「うん!待ってるね!」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 08:12:22.91 ID:9nbuvk/G0

憂「うん、いってらっしゃい!!」

唯「いってきます!!」


憂「・・・ふふふ」


唯「おお、あずにゃん!!」

梓「遅いです!」

唯「ごめんごめん・・・じゃあ!!」

梓「はい!行きますよ!!」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 10:12:42.69 ID:9nbuvk/G0

サイクロン! ジョーカー!

唯梓「変身!!」





梓「ファングストライザー!」

律「アクセルグランツァー!」

梓律「ライダーダブルマキシマム!!」




唯「いやー今日も何事も無く無事終わったね!」

梓「じゃあ帰りますか」

律「じゃあ帰りにアイス食べてこうぜ!」

唯「いいねいいねー」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 10:16:15.57 ID:9nbuvk/G0

梓「あれ・・・憂?」

憂「・・・」

唯「憂ー!どうしたのこんなところで?」

律「ひょっとしてまた迎えに来たんじゃないの?」

唯「いやー照れますなー」

憂「違うよ」

唯「そうなんだ・・・じゃあ買い物?」

憂「買い物でも無いよ」

唯「じゃあなんだろう・・・」

梓「・・憂?」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 11:18:31.40 ID:9nbuvk/G0

憂「どうして私がここにいるか知りたい?」

唯「うん!ひょっとして・・・彼氏でも出来たかなあ?」

憂「じゃあ・・・これ見ればわかるかな?」 エターナル!!

唯「へ・・・?」

律「ガイアメモリ!?」

憂「へん・・・しん」

唯「う・・・い?」


憂「お姉ちゃん達の・・・お仕置きしにきたんだよ」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 11:23:27.52 ID:9nbuvk/G0

憂「じゃあ早速だけど・・・」

梓「唯先輩危ない!!」

憂「お姉ちゃんからだね」

唯「うわあっ!!」

憂「・・・邪魔しないでよ梓ちゃん」

律「変身!」アクセル!

憂「・・・律さんも邪魔するんですか?」

律「冗談きついぜ憂ちゃん!?いつから唯に手をあげる子になっちゃったんだ!?」

憂「あなた達のせいじゃないですか」

律「なに?」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 12:17:24.96 ID:9nbuvk/G0

憂「律さんたちのせいでお姉ちゃんがおかしくなっちゃったんですよ?それにお姉ちゃんもころっと騙されちゃって」

律「ど・・どうしちゃったんだよ!?」

唯「りっちゃん!!絶対に憂に手は出さないで!!」

律「そのつもりだけど・・・くっ!!」

唯「憂!?なんでこんなことするの!?」

憂「それはこっちの台詞だよ?こんな人たちに騙されて・・・ガッカリしちゃった」

唯「意味わかんないよ!!」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 12:48:20.04 ID:Y6ZwqVTF0

律「・・・憂ちゃん、その姿・・・まさかムギをやったのは・・・」

憂「ああ、紬さんですか?そうですが何か?」

律「!!」

憂「まだお姉ちゃんにお仕置きしちゃダメだって言われてましたから。だからまず紬さんと和ちゃんからやりました」

律「憂ちゃん・・・!!」

憂「紬さんも反撃してきたんでびっくりしちゃいました。あの人も変身出来たんですね。まあ弱かったですけど」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 12:54:20.99 ID:Y6ZwqVTF0

律「唯!!私はもう我慢しないぞ!!」

唯「待って!!」

律「憂ちゃんの目を・・・覚ましてやる!!」アクセル マキシマムドライブ!

憂「!!」

律「とりゃあ!!」



憂「もう、いきなりマキシマムドライブなんて卑怯じゃないですか」

律「なに!?」

梓「効いてない!?」

憂「やっぱり・・・聞いたとおりですね」

律「?」

憂「絶対律さんは私を殺しにかかるって。律さんやっぱりおかしくなっちゃったんですね」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 12:59:20.90 ID:Y6ZwqVTF0

律「・・・」トライアル!

唯「りっちゃん!!」

律「うるせえ!!・・・憂ちゃん、君は唯の妹だ。だからさっきだって全力で攻撃しなかった」

憂「・・・」

律「でももう手加減しない!!全力で倒して、そのメモリをぶっ壊してやる!!」

憂「全力・・・ですか」

律「ああ」

憂「じゃあ私も宣言します。今から律さんの攻撃は全て、片手で防いでみせましょう」

律「!!」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:05:14.10 ID:Y6ZwqVTF0

律「上等だよ!!」トライアル マキシマムドライブ!!

梓「律先輩本気で殺す気だ!?」

律「うおぉぉぉぉ!!」







憂「すごいスピードでしたね」

律「そん・・・な」

憂「でも私が片手で捌けるレベルのスピードでしたけど」

梓「嘘・・・トライアルの全攻撃を片手だけで・・・」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:16:40.84 ID:Y6ZwqVTF0

律「・・・」

憂「ひょっとして本当に今のが全力なんですか?本当に殺す気で来たんですか?」

律「バカな・・・曽我部先輩でさえ事前に見た上での反応だった。それでも何発かは入れられたのに・・・しかも全て片手かよ!?」

憂「じゃあ・・・次は私ですね。大丈夫ですよ。律さんみたいに殺す気でやりませんから」

律「くそっ!!」

憂「トロいですよ」

律「ぐあぁぁぁぁ!!」

梓「律先輩!!」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:23:28.71 ID:Y6ZwqVTF0

律「う・・・」

憂「あ、もう終わりですか」

梓「嘘・・・今ただの蹴りだったよね?その蹴り一発で律先輩の変身が!?」

憂「じゃあ次は・・・お姉ちゃん、梓ちゃん」

梓「くっ・・・」

律「梓・・唯・・お前らは逃げろ。勝てる相手じゃない!」

梓「・・・」

唯「や・・・やだよ!私憂と戦いたくない!!」

憂「ならお姉ちゃん、この人たちと縁を切って?」

唯「え・・・?」

憂「それで二度と私の言うことに反抗しないで?」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:27:59.24 ID:Y6ZwqVTF0

唯「そ・・それは・・」

憂「言うとおりにしたら梓ちゃんに手は出さないであげる」

唯「・・・」

梓「信じちゃダメです。きっとこの憂は偽物で・・・」

唯「本当・・・?」

憂「うん、約束は守るよ。だってお姉ちゃんとの約束だもん」

梓「唯先輩!!ダメです!!」

唯「・・・じゃあ」

憂「・・・」

唯「憂が・・・約束守ってくれるなら」

梓「!?」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:31:58.47 ID:Y6ZwqVTF0

梓「すみません、唯先輩!!」ファング!

唯「え?」ジョーカー!

梓「変身!!」

唯「あず・・・」

唯「」



憂「折角お姉ちゃんが決断しようとしてたのに」

梓「・・・」

憂「どうして邪魔するの?」

梓「唯先輩を・・・今の憂の思い通りにはさせない!!」

憂「梓ちゃんも・・・邪魔するんだ」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:41:12.94 ID:Y6ZwqVTF0

梓「はあっ!!」

憂「・・・」

梓「うりゃあ!!」

憂「・・・」

梓「このぉ!!」

憂「・・・」

梓「・・何でよ」

憂「何が?」

梓「何でさっきから避けてばっかなの!?」

憂「だって・・・私あんまり梓ちゃん攻撃したくないもん」

梓「憂・・・」

憂「私が攻撃したら梓ちゃん死んじゃうかもしれないじゃない」

梓「憂・・・あんた」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:45:08.79 ID:Y6ZwqVTF0

憂「梓ちゃん死んじゃったらお姉ちゃん悲しむだろうし。それはやだなあ」

梓「!!」ファング マキシマムドライブ!

憂「私攻撃したくないからさ、変身解除してよ。お姉ちゃんと話させてよ」

梓「うるさい!!!」

憂「!?」

梓「ファングストライザー!!」

憂「仕方ないなあ」

梓「え・・避けられ・・・」

憂「えい」

梓「にゃあああ!!」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:08:47.57 ID:Y6ZwqVTF0

梓「うぅ・・・」

唯「あずにゃん大丈夫!?なんでこんなことするの!?」

憂「しょうがないじゃない、梓が言うこと聞かないんだから」

唯「もう・・・やめてよ」

憂「じゃあ私の言うこと聞いて」

唯「・・・私は」



唯「やっぱりあずにゃん達と離れるのは嫌だ!!」

憂「・・・お姉ちゃん・・・」

梓「それでいいんです・・・唯先輩」

唯「もし憂がこれ以上私達に手を出すなら・・・いくら憂でも許さないよ!!」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:11:53.34 ID:Y6ZwqVTF0

憂「そっか」

唯「あずにゃん大丈夫?」

梓「私は平気です!」

憂「残念だよ、お姉ちゃん」

唯「・・・」

憂「そんなお姉ちゃん・・・もういらないや」

律「こりゃあ逃げたほうがよくないか?」

唯「あずにゃん、次は私がいく!」

梓「わかりました」サイクロン!

唯「・・・」ジョーカー!

唯梓「変身!」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:17:27.87 ID:Y6ZwqVTF0

唯「行くよ憂!!」

憂「・・・」

唯「えい!!」

憂「遅すぎるよ?」

唯「これで!!」

憂「はあ・・・」

唯「どうだ!!」

憂「・・・」

唯「・・・なら!!」ルナ!トリガー!

憂「へえ」

唯「当たれ!!」

憂「おっと」

律「全部避けた・・・」

憂「怖いなあ。今のは手で弾けないじゃん」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:25:05.00 ID:Y6ZwqVTF0

憂「お姉ちゃん?最後通告だよ。私の言うことを聞いて。その人たちと縁を切って」

唯「うああああ!!」

律「唯のやつ完全に切れやがった!!」

憂「こんなお姉ちゃん見たことない・・・」

唯「憂ぃぃぃぃ!!!」ジョーカー マキシマムドライブ!

憂「やっぱりお姉ちゃんはもうダメなんだね・・・」エターナル マキシマムドライブ!

唯「ジョーカーエクストリーム!!」

憂「エターナル・・・レクイエム」




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:23:25.14 ID:ZE2whuWAO

ルナトリガーって追尾弾じゃなかったっけ?





193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:32:09.76 ID:Y6ZwqVTF0

>>191
すいません、完全に間違えました


律「唯!?」

唯「うわぁぁぁっ!!」

憂「痛い・・・ちょっと掠っちゃった」

唯「うぅっ」

憂「私の勝ちだね。まだ戦う?」

唯「絶対・・・負けない!!」



唯「あれ?」

梓「唯先輩?」

唯「あずにゃん・・・メモリがこわれちゃった・・・」

梓「え!?」



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:37:36.67 ID:Y6ZwqVTF0

憂「お姉ちゃん、それは壊れたんじゃないよ。私の能力で機能が止まってるだけ」

唯「なに・・・それ?」

憂「私のマキシマムドライブの1つ。攻撃を与えた時点で相手のメモリを使えなくするの」

梓「嘘でしょ・・・?」

憂「1日ぐらいすればまた使えるようになるよ。だけど今は変身出来ない」

唯「動いて・・・動いてよ!!」

憂「無駄だよ・・・お姉ちゃん」

唯「お願い・・・変身させてよ・・・」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:45:24.81 ID:Y6ZwqVTF0

憂「ついでに皆さんにお話しておきますね。このエターナルメモリは次世代のメモリなんです」

律「次世代だって?」

憂「はい、今の世代のメモリをさらに強化したメモリ。その26本全てが私の手にあります」

梓「26って・・・」

憂「本来なら本気の私を見せようと思ったんですけど・・・あまりに実力が違いすぎたんで出しませんでした」

律「くっ・・・」

憂「だからね・・・お姉ちゃん?」

唯「え・・・?」

憂「お姉ちゃんは私には勝てないんだよ?わかった」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:49:29.07 ID:Y6ZwqVTF0

唯「・・・」

憂「前にお姉ちゃん私に言ったよね?いけないことをしちゃったら・・どうするんだっけ?」

唯「それ・・・は」

憂「まさか自分で言って覚えてないわけじゃないよね?」

唯「・・・」

憂「ど う す る ん だ っ け ?」

唯「・・・さい」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:54:39.81 ID:Y6ZwqVTF0

憂「聞こえないよ?」

唯「・・・なさい」

憂「もっとハッキリ言ってほしいな」

唯「ごめん・・・なさい」

律「唯!?」梓「唯先輩!?」

憂「へえ、さっきまで私に反抗してたのにもう謝っちゃうんだ?お姉ちゃん情けないね」

唯「・・・もう・・・反抗・・・しないから」

憂「・・・」

唯「お願い・・・あずにゃん達と仲良くさせて?」

梓「何敗北宣言しちゃってるんですか!!」



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:00:25.92 ID:Y6ZwqVTF0

憂「ふふふ」

唯「あ・・・」

憂「いいよ、これからも梓ちゃん達と遊んでも。」

唯「ほん・・と?」

憂「だからね、これから私達がやろうとしてることなんて・・・興味無いよね?」

唯「・・・」

憂「黙って見逃してくれるよね?」

律「唯!!」

唯「はい・・・」

梓「そんな・・・」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:04:52.03 ID:Y6ZwqVTF0

憂「私はそんなお姉ちゃんが大好きだよ?」

唯「・・・」

憂「だからもう・・・裏切らないでね?」

唯「・・・」

憂「それじゃあ律さん、梓ちゃん、私は帰ります。」

律「くっ・・・」

梓「憂・・・!!」

憂「そうだ、律さんと梓ちゃんが私の邪魔するのは勝手なんで。ただし・・・」

憂「お姉ちゃんを悲しませることになるんで・・・そこを頭にいれておいてくださいね」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:10:08.30 ID:Y6ZwqVTF0

唯「・・・」

律「唯お前!!」

梓「律先輩落ち着いて!!」

律「妹にあんだけ言われて悔しく無いのかよ!?やり返してやろうって思わないのかよ!?」

唯「だって・・・」

律「だって何だ!?」

唯「無理だよ・・・あんなの・・・勝てるわけ無いよ・・・」

律「そりゃあそうかもしれないけど・・・!!」

唯「それに戦ったってまたメモリ止められてお終いだよ・・・無駄だよ・・・」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:13:34.36 ID:Y6ZwqVTF0

梓「とりあえず唯先輩をムギ先輩の家に連れていきましょう。」

律「ああ・・・」

唯「・・・」







和「なんですって?」

律「という訳だ」

梓「・・・」

和「それで今唯は?」

梓「ムギ先輩の部屋で寝ています」

和「そう・・・」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:04:03.03 ID:Y6ZwqVTF0

憂「さわちゃん?お姉ちゃんにお仕置き終わったよ」

さわこ「おつかれさま、どうだった?」

憂「全然、相手にならなかったよ。それにもう私達の邪魔はしないって」

さわこ「そう・・・完璧じゃない」

憂「よかった・・・これでお姉ちゃんも元に戻るよね?」

さわこ「ええ、間違い無くね」

憂「でもいつまたお姉ちゃんに悪い虫が付くかわかんないから・・・」

さわこ「そんなの簡単よ?あなたのその力があれば」

憂「そうだよね。お姉ちゃんにつく悪い虫はこの力で・・・エターナルで全て排除してやる」

さわこ「その意気よ、憂ちゃん。じゃあ早く帰ってきてね」

憂「うん」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:08:40.21 ID:Y6ZwqVTF0

憂「ふふっ、お姉ちゃんにもお仕置きしたし・・・ごめんなさい言ってくれたし・・・これでお姉ちゃんはまた私の物」







憂「あれ・・・涙出てきちゃった・・・変なの」


憂「おかしいな・・・折角お姉ちゃん元に戻ったのに・・・なんでこんなに悲しいんだろ。ひょっとして・・・私までおかしくなっちゃったかな?」



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:17:44.29 ID:Y6ZwqVTF0

2日後!!

律「おい梓、これ見ろよ」

梓「昨日だけでガイアメモリ関連の犯罪が激増。未だに解決事件無し・・・そういうことですか」

律「私達が手を出せなくなって、ガイアメモリを一気にばら撒いてるやつがいるみたいだな。」

梓「そしてそれが」

律「憂ちゃんをあんなにしちまった黒幕だろうな」

梓「・・・」

律「唯は?もうメモリは使えるんだろ?」

梓「はい、私のはちゃんと動きましたから」

律「唯のやつ・・・本当に諦めちまったのか?」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:20:44.12 ID:Y6ZwqVTF0

唯「・・・」

和「唯?起きてる?」

唯「・・・」

和「入るわよ」


和「なんだ、起きてるじゃない」

唯「なに?」

和「ちょっと様子を見にね」

唯「元気だよ・・・私は」

和「そう?そんな風には見えないけど」

唯「・・・」



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:24:00.07 ID:Y6ZwqVTF0

和「ムギ明日には退院ですって」

唯「そう」

和「・・・」

唯「なに?」

和「喜ばないの?」

唯「・・・」

和「どうでもいいって表情ね」

唯「そんな事ないよ・・・ただ」

和「ただ?」

唯「ムギちゃんに会いたくない」

和「・・・でしょうね」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:30:25.91 ID:Y6ZwqVTF0

和「妹にズタボロにされたうえに、謝って帰ってきちゃったんだもんね」

唯「!!」

和「そんな情けない姿、ドライバーとメモリをくれたムギに見せられないでしょ?」

唯「和ちゃんにはわかんないよ!!妹が突然攻撃してきて・・・しかも圧倒的に強いんだよ!?」

和「ええ、わかんないわ」

唯「・・・」

和「あんたが許してしまったせいで街ではガイアメモリの犯罪が激増し始めたわ」

唯「・・・」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:36:46.36 ID:Y6ZwqVTF0

和「まあ私自身かつては向こうにいた人間だから、そうなってしまったことに関しては言える立場じゃない」

唯「・・・」

和「でもこれからどうするのか・・・それはあなたに聞ける」

唯「私は・・・」

和「私は裏方でも戦うわよ。それが私が向こうでしてきた罪滅ぼしでもあるから」

唯「・・・」

和「唯、あなたはどうするの?このまま憂に従うつもりなの?」

唯「じゃあ・・・どうすればいいの?どうすれば憂に勝てるの?」

和「あんた・・・それでもお姉ちゃんなの!!?



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:44:32.05 ID:Y6ZwqVTF0

唯「・・・」

和「わかったわ・・・唯、メモリを全て返して頂戴?」

唯「え・・・?」

和「お疲れ様、もうあなたは戦わなくていいわ。律や梓にも影響するから」

唯「でもあずにゃんは・・・」

和「ムギがいるから平気よ。あなた程相性はよくないでしょうけど、今の唯よりマシだから」

唯「・・・」

和「早く出しなさい」

唯「・・・わかった」



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:55:52.06 ID:/V5dbCPW0

唯「ごめんね・・和ちゃん」

和「全くだわ・・・」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:00:34.07 ID:/V5dbCPW0

律「どうだった?」

和「唯は戦線離脱、今からムギのいる病院にメモリを返しに行くわ」

律「そうか・・・なら明日ムギが退院してからでも」

和「いえ、このメモリを見てると不愉快だから。」

梓「・・・」

和「じゃあ・・・ちょっと行って来るわね」

律「ああ」

和「律?梓?」

律「何だ?」梓「はい?」

和「唯をお願いね」


律「和・・・?」




222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:03:50.54 ID:fqWzUjoUO

ID変わってるけど本人?





223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:31:16.64 ID:/V5dbCPW0

>>222
本人です。

梓「・・・」

律「・・・」


ムギ「みんなーただいまー!!」

梓「あれ?」

ムギ「梓ちゃんごめんね?私がいない間大変だったわよね?」

律「なあムギ」

ムギ「なに?」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:37:15.27 ID:/V5dbCPW0

律「明日退院じゃなかったのか?」

ムギ「もうそんなの待ってられないわ。傷は完治してたから無理言って帰ってきちゃった」

梓「じゃあ入れ違いだったんじゃないんですか?和先輩と」

ムギ「和ちゃんがどうしたの?」

律「ああ、実は唯と揉めちまってな。唯が戦線離脱ってことでメモリを返すことになったんだ」

ムギ「え!?そうなの?」

梓「それでさっき病院に行くって言って出て行ったんです・・・」

ムギ「いけないわ・・・ちょっと病院に確かめてみるわ」



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:41:32.89 ID:/V5dbCPW0

ムギ「え?・・・ああそうですか・・・ではもし来たらそうお伝え願いますか?」


ムギ「そんな人まだ見えてないって」

梓「そろそろ着いても良さそうですけど・・・」

律「・・・」



和「唯を・・・お願いね」


律「・・・まさかあいつ・・・」

ムギ「どうしたの?」

律「ムギのロストドライバーはどこだ!?」

ムギ「それならここの研究室に・・・まさか!?」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:56:27.82 ID:/V5dbCPW0

梓「え?どうかしたんですか!?」

ムギ「無い!!私のドライバーが無いわ!!」

律「あの・・・バカ!!」



律「唯!!」

唯「・・・なに?」

律「準備しろ・・・行くぞ」

唯「私もうメモリ渡しちゃったんだ・・・和ちゃんに」

律「ああ、でもそのメモリはムギのとこには返ってきてねえ」

唯「え?」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:01:12.35 ID:/V5dbCPW0

唯「返ってきてないって・・・どういうこと?」

律「ついでにムギのロストドライバーが無くなってる。どういう意味だかわかるか?」

唯「・・・和ちゃん!?」

律「わかったか。なら行くぞ」

唯「・・・」

律「・・・唯」

唯「・・・怖いよ」

律「なに言ってんだ、和を助けに行くぞ?」

唯「・・・」

律「・・・ちっ!!」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:09:01.78 ID:/V5dbCPW0

律「唯!!このままだとてめえのせいで大事な友達が1人いなくなるかもしれないってのがわかんねえのかよ!!」

梓「律先輩・・・」

唯「わかってるよ・・・だけど憂が・・・」

律「妹が怖くて友達1人見捨てんのか!?和はなあ!!お前が来るのを待ってんだよ!!」

唯「私を・・・?」

律「唯が勇気出して自分を助けに来るって・・・お前を信じてるんだ」

唯「・・・和ちゃん」

律「私は先に私はが行きそうな場所を当たる。唯は梓と一緒に来い」

唯「・・・」

律「信じてるからな・・・唯」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:22:51.63 ID:/V5dbCPW0

唯「・・・あずにゃんはどうするの?」

梓「当然でしょう?」

唯「・・なんで?」

唯「何でみんな諦めないの!?どう考えたって・・・」

梓「勝てません・・・か?」

唯「・・・」

梓「唯先輩は私のことどう思ってます?」

唯「どうって・・・?」

梓「私は今でも唯先輩を相棒だと思ってます。これからもずっと」

唯「私だって・・・相棒はあずにゃんしか考えられないよ」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:34:58.70 ID:/V5dbCPW0

梓「私は決めたんですよ。先輩が私のことを相棒だと思っている間は、何があっても絶対諦めないって」

梓「それに私は相棒が憂を・・・そして和先輩を助けるって信じてます。私はそんな相棒のことを全力で支えます。だから・・・」

梓「唯先輩も・・・そんな相棒を信じてください」

唯「・・・和ちゃんを助けたい」

梓「それだけですか?」

唯「憂も助けたい」

梓「なら一緒に行きましょう?そうしないと私困っちゃいます」

唯「・・・うん」

梓「だってそうでしょう唯先輩?」

唯「そうだね」

梓「私達は」

唯「2人で1つの」

梓唯「仮面ライダーだから!」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:38:10.13 ID:/V5dbCPW0

梓「じゃあ律先輩を追いかけましょう」

ムギ「待って!!2人に渡したいものがあるの・・・」






憂「急に家にくるなんてどうしたの?」

和「憂・・・そのメモリを渡して頂戴?」

憂「あー・・・その話か」

和「お願い」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:41:22.82 ID:/V5dbCPW0

憂「和ちゃんのお願いかー迷うなあ・・・」

和「・・・」

憂「いやって言ったら?」

和「こうするしか無いわね」ジョーカー!

憂「へえ・・・強行手段だ」

和「私もこんなことしたくないわ。だから・・・」

憂「ごめんね、和ちゃん」エターナル!

和「・・・あんたら姉妹揃って・・・」

憂「へんしん」

和「変身!」




236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:44:39.70 ID:95jlvbBt0

和ちゃんが仮面ライダージョーカーか





237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:45:22.49 ID:/V5dbCPW0

憂「和ちゃんの力、私に見せてよ!!」

和「・・・」





憂「うーん・・・やっぱりダメだね」

和「はあ・・はあ・・」

憂「そもそも和ちゃんは戦闘タイプじゃないんだよ?っていうかそれお姉ちゃんのメモリだよね?」

和「そうよ」

憂「どうして和ちゃんが使ってるの?」

和「代理よ」

憂「代理・・・ね」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:50:55.88 ID:/V5dbCPW0

和「・・・」

憂「どうしたの?ひょっとして降参?」

和「いえ・・・少し呆れただけよ」

憂「?」

和「・・・」ジョーカー マキシマムドライブ!

憂「もう・・・旧型のマキシマムドライブなんて無駄だって・・・」

和「後ろ見なさい」

憂「え?」

律「おりゃああああ!!」

憂「いつの間に!?」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:55:49.68 ID:/V5dbCPW0

憂「やばい・・・防ぎきれない・・・!!」

和「さっき言ったわよね?私は戦闘タイプじゃないって。そんなこと自分でわかってるわ。でもそんな人間にも戦い方ってもんがあんのよ」

憂「まさか・・・!!」

和「ライダーパンチ」

憂「きゃああああ!!」




律「完璧に成功したな?」

和「ええ、さすがに2人のマキシマムドライブを受けて無傷ってことは・・・」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:00:21.59 ID:/V5dbCPW0

憂「・・・痛い」

律「ダメージは与えたみたいだが・・・」

和「・・・」

律「和?」

和「ごめん・・・限界だわ・・・」

律「和!!」

和「全く・・・何でもかんでもやろうとするのは・・・ダメね。私にこのメモリは合わないわ」




241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:10:25.12 ID:fqWzUjoUO

憂がチート過ぎる気がするんだけど本編にもこんなチート野郎が居るの?
しかも憂の上にいるさわちゃんって・・・



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:20:45.92 ID:7KVLWjDZ0

>>241
エターナルは本編には出てこない映画オリジナルライダー
本編に出てくるWの最終フォームを余裕でフルボッコに出来るくらい強い
変身する人はゾンビ



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:30:36.01 ID:fqWzUjoUO

>>244
なるほどありがとう
どーやったら勝てるんだよwww



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:37:03.26 ID:WhgdwRRfO

>>246
つ街の祈り



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:49:30.69 ID:7KVLWjDZ0

>>246
主人公補正

知ってるかい?風都って市なんだぜ





242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:12:47.06 ID:/V5dbCPW0

憂「まさか旧型に傷をつけられるなんて・・・」

律「・・・」

憂「でも和ちゃんは変身解除しちゃったし、もう仕掛けは無いよね」

和「っ・・・!!」

憂「和ちゃん1つ教えて?ひょっとしてお姉ちゃんはメモリ放棄したの?」

和「・・・ええ」

憂「やっぱりそうなんだ。お姉ちゃんダメダメだもんね。私がいないとダメなんだから」

和「本当にそう思ってるの?」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:19:46.45 ID:/V5dbCPW0

憂「え?」

和「だとしたら憂、あなたの目は節穴ね」

憂「どういう意味かな?」

和「人はいつのまにか成長する生き物よ。いつも一緒にいるあなたが気づかないなんて私は悲しいわ」

憂「それってお姉ちゃんが今も成長してるってこと?」

和「唯だけじゃないわ。憂も・・・私達も」

憂「和ちゃんはお姉ちゃんが来るって信じてるんだね?」

和「もちろんよ」

憂「来る訳無いよ」

和「いいえ、絶対に来る。だってあの子には・・・」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:24:22.01 ID:/V5dbCPW0

梓「先輩!!」

和「梓っていう相棒がいるんだから」


唯「和ちゃん!!」

和「唯!!」

唯「わっ!・・・ジョーカーメモリ・・・」

和「後は・・・頼んだわよ?」

唯「・・・うん」

憂「・・・お姉ちゃん・・・」

唯「憂・・・」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:33:53.85 ID:/V5dbCPW0

梓「まずは私から行きましょうか?」

唯「私にやらせて?」

梓「・・・わかりました」サイクロン!

唯「・・・」ジョーカー!

梓唯「変身」

憂「お姉ちゃん、どうしても邪魔するの?」

唯「邪魔じゃない・・・憂を・・・あの頃の憂に戻したい。ただそれだけだよ」

憂「・・・いいよ。この間みたいに・・・また謝らせるんだから!!」

唯「くっ!!」

憂「はああっ!!」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:38:52.05 ID:/V5dbCPW0

律「でもどうすんだ?このままだとまたこの間みたいにボコボコにされて・・・」

和「いや、この間とは違う」

律「?」

和「わからない?今の憂とあの時の憂と比べて」

律「んー?」

憂「えい!!・・・はあっ!!」

唯「くうっ・・・」

和「ずいぶん感情的じゃない?」

律「確かに・・・」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:56:10.62 ID:/V5dbCPW0

憂「なんで・・・なんでこんな時ばっかり・・・!!」

唯「っ・・・!!」

梓「先輩・・・大丈夫ですか?」

唯「あずにゃん・・・憂は私に任せて」

梓「・・・」

憂「お願いだから・・・私の前から消えてよ!!」

唯「憂!!」

憂「!?」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:02:16.78 ID:/V5dbCPW0

和「きっかけは私と律のダブルマキシマムドライブ。まともに攻撃を受けたことが無いのよ。天才の子が陥りやすいパターンね」

律「そうなのか?じゃあ和も?」

和「私は秀才だから」



憂「うわあああ!!」

唯「ううう・・・」

憂「何がしたいの!?近づいてくるなら攻撃してきてよ!!」

唯「憂・・・」

憂「このお!!!」

唯「うわあ!!」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:07:40.59 ID:/V5dbCPW0

梓「先輩!!」

唯「大丈夫・・・大丈夫だから!!」

憂「・・・またメモリを使えなくしてやる」エターナル マキシマムドライブ!

唯「!!」

梓「気をつけてください、あれを受けたらまた変身出来なくなりますよ?」

唯「わかってる・・・」

憂「うわあああああ」

唯「憂・・・!!」

律「まさかあいつ、正面から受け止める気か!!」



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:14:29.23 ID:/V5dbCPW0

梓「唯先輩!?正気ですか!?」

唯「大丈夫・・・私を信じて」

憂「やっぱお姉ちゃんバカだ!!次世代メモリのマキシマムドライブに正面からぶつかるなんて!!」

唯「憂・・・来なさい!!」

憂「消えろぉぉぉぉ!!」

律「やべえ!ぶつかる!!」

唯「・・・」ヒート!トリガー!

憂「えっ!?」

唯「・・・」マキシマムドライブ!!



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:21:27.25 ID:/V5dbCPW0

唯「トリガーエクスプロージョン!!」

憂「避け・・・られない!?」

憂「きゃああああ!!!」




憂「うぅ・・・!!」

和「だから言ったでしょ?唯も成長してるって。もっとも前回あの手を使っても避けられてる可能性があったけどね。それにあんな博打するなんて・・・唯らしいというかなんというか」

律「でも憂はまだ立てそうだぜ?」


唯「・・・」

憂「ひっ・・・」

和「いや、憂は完全に落ちたみたい」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:26:01.76 ID:/V5dbCPW0

唯「憂」

憂「こ・・・来ないで!!」

唯「・・・」

憂「た・・助けて」

唯「・・・」

憂「助けて!」

唯「うい」

憂「・・・お姉ちゃん助けて!!!」

唯「ギュ・・・」

憂「・・・お姉ちゃん?」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:32:48.65 ID:/V5dbCPW0

唯「大丈夫だよ・・・お姉ちゃんはここにいるよ?」

憂「あ・・・」

唯「ごめんね憂、私仮面ライダー始めてからあんまり憂とお話ししてなかったよね?」

憂「・・・」

唯「だから私を嫌いになっちゃったんだよね?お姉ちゃん失格だよ」

憂「違うの・・・」

唯「これからは憂が嫌いにならないお姉ちゃんになるから」

憂「聞いて・・・お姉ちゃん」

唯「うん」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:43:25.16 ID:/V5dbCPW0

憂「私・・・お姉ちゃんが変な仕事を最近やってるって・・・詳しく聞いたらガイアメモリ使って悪いことしてるんだって」

唯「・・・」

憂「お姉ちゃんがそんなことするはず無いって思ってた・・・だけどその人が言うにはお姉ちゃん達に仲間がどんどん殺されていったって・・・写真も見せられた」

憂「お姉ちゃんを止められるのは私だけって言われて・・・もちろんお姉ちゃんを殺そうなんて考えもしなかった・・・」

唯「うん」

憂「シミュレーションも最初はゲーム感覚だったの・・・だけど、ガイアメモリを使い続けていくにつれて・・・悪い考えが出るようになって・・・」


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:54:41.63 ID:/V5dbCPW0

憂「最近お姉ちゃんが家にいることが無くなってきて・・・そんなお姉ちゃんいらないとか・・・私が倒してやるとか・・・自分でもわけがわからなくなっちゃった」

憂「そうしたら段々意識が無くなってきて・・・気がついたらこんなことに・・・」


和「典型的なガイアメモリによる精神汚染ね。強力な次世代のメモリだったからドライバーを使っても抑えることが出来なかったと思うわ」

憂「ねえ・・私みんなに酷いことしたの?」

唯「いや、憂は悪くないよ。悪いのは憂の変化に気づかなかった私なんだから」



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:01:31.47 ID:/V5dbCPW0

憂「ごめんね、お姉ちゃんごめんね・・・!?」




律「とりあえずこれで一安心かな?」

和「ええ、後は変身を解除して憂のメモリさえ破壊すれば・・・」






唯「大丈夫だから・・・ね?」

憂「・・・」

唯「うい?」

憂「お姉ちゃん・・・離れて・・・!!」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:07:58.92 ID:/V5dbCPW0

唯「憂!?」

律「和!!憂ちゃん苦しみはじめたぞ!?」

和「ガイアメモリの暴走?いや違う・・・これは・・・!!






さわこ「あーやっぱり憂ちゃんじゃあ精神的にダメだったかあ」

「少しでも追い詰められたら一気に来るもんなのね。勉強になったわ」

「でもあの憂ちゃんはもう止められないんじゃないかしら?」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:15:39.90 ID:/V5dbCPW0

律「お、おい、憂ちゃんメモリをどんどん入れはじめたぞ!?」

梓「まさかこの間言ってた本気って・・・」

和「メモリ全てをマキシマムドライブするっていうの!!?」

律「唯!憂ちゃんを止めるぞ!絶対にメモリ全て入れさせたらいけない!!」

唯「う・・・うん!」

律「憂ちゃん・・・!!」

唯「やめて・・・憂!!」

憂「うああああ!!」

律「うわっ!」唯「わっ!」




270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:24:47.60 ID:7KVLWjDZ0

メモリの全挿しはゾーンの力だぞ





271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:25:32.67 ID:/V5dbCPW0

憂「・・・」マキシマムドライブ!!

唯「どうしよう・・・!!」

憂「ブラッディ・・・ヘルブレイド!!」

梓「唯先輩前!!」

唯「あ・・・」







律「唯・・・大丈夫か・・・?」

唯「りっちゃん!!」

律「憂を・・・たの・・」

唯「りっちゃんしっかりして!?」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:35:31.07 ID:/V5dbCPW0

唯「このままじゃ・・・私達まで」

梓「唯先輩・・・あれを使いましょう」

唯「でもムギちゃんがあれはまだ・・・」

梓「ムギ先輩もこんな時のために渡してくれたんです。やりましょう?」

唯「・・・大丈夫?」

梓「任せてください!」

唯「じゃあ・・・やるよ!」エクストリーム!!

和「ムギ・・・あれはまだ完全に!!」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:43:50.25 ID:/V5dbCPW0

和「エクストリームメモリ。これで唯と梓は・・・完全に1つになれる!!」


唯「この姿・・・」

梓「どうやら私達は完全に1つになったみたいですね」

唯「これが私達の最終形態・・・」

梓「じっくり観察してるひまはありませんよ。もう一撃、マキシマムドライブが来ます!」

憂「・・・」マキシマムドライブ!!


唯「絶対に・・・止める!!」エクストリーム マキシマムドライブ!!



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:57:04.04 ID:/V5dbCPW0

憂「ネバーエンディング・・・ヘル!!」

唯梓「ダブルエクストリーム!!」

唯「届けぇぇぇ!!」

梓「はああああ!!」



憂「きゃああああ!!」

梓「やった!!」

唯「憂は!?」

憂「・・・」

梓「大丈夫です!!気絶しているだけです!」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:15:28.93 ID:qaYw2oQi0

唯「よかったあ・・・」

和「やはりエクストリームメモリの力はすごいわ・・・でもあれはまだ未完成。ひょっとしたら今回使ったことで梓に何かしらの影響が出るかも・・・」





さわこ「へえ・・・すごいじゃない、唯ちゃんに梓ちゃん。あんな隠し玉があるなんて。

さわこ「憂ちゃんもやられちゃったし、こうなったら私が出るしか無いわね・・・」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:22:51.66 ID:qaYw2oQi0

梓「律先輩と憂は病院に運びました。律先輩はすぐにでも退院出来そうですよ」

唯「よかったあ」

和「じゃあ、私達はムギの家に戻りましょうか。」

唯「だね。今日からしばらく泊めてもらわないと!」

梓「結局こうなるんですね・・・」

唯「えへへ。あっそうだ!あずにゃん水族館いつがいいかな?」

梓「へ?水族館ですか?」

唯「うん、あずにゃん水族館一緒に行こうって言ったじゃん!!」

梓「・・・ああ!!そうでしたね!」

唯「自分で言って忘れちゃダメだよー!」

梓「あはは・・・すみません」

和「・・・?」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「えくすとりーむ!」#2
[ 2011/02/05 20:32 ] 仮面ライダー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6