SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  純「ジャズけん!!」##6

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






純「ジャズけん!!」##6 【日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=news4ssnip&key=1288880446&ls=50

純「ジャズけん!!」##index




294 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:15:52.11 ID:3ytXMo5Ro

##6

――2年1組

憂「今日も雨だね…」

純「イヤになっちゃうよね。朝大変だし」

憂「洗濯物も乾きにくくなるし」

純「そこら辺を心配するとは……さすが憂」

梓「おはよ」

憂「あっ、おはよう梓ちゃん」

純「おはよー。どうしたの? 濡れちゃってるじゃん」

梓「うん…来る途中に車にひっかけられちゃって」

憂「風引いちゃうといけないし、タオル貸してあげる」

梓「ありがとう、憂」

純「梓も朝からご苦労なことで」

梓「ほんと、早くやんでほしい…」





295 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:16:39.36 ID:3ytXMo5Ro

純「あーあ、こういう日はなにもやる気が起きないなぁ」

梓「ふぅ…」ゴシゴシ

純「一時間目なんだっけ?」

憂「体育だよ」

純「うわ…めんどくさい」

憂「雨だから体育館だね」

純「体育館行くのもめんどくさいなぁ…」

梓「憂、タオルありがとう」

憂「どういたしまして」

純「はぁ~…動きたくない」

梓「こうもどんよりしてると…なんかイヤだよね」

純「今日休みだったらよかったのに…」



296 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:17:21.59 ID:3ytXMo5Ro

――体育館

カッ コーン
     パコーン パカッ


梓「卓球かぁ…」

純「……」ボケー

梓「どうしたの?」

純「なんか疲れた……」

梓「早っ…まだ授業始まったばかりなのに」

憂「二人とも、あっちの台空いてるからやろうよ」

梓「うん。いこっ、純」

純「は~い……私、審判でいいよ」

梓「いい加減、元気出しなよ」

純「なんかどうもね……今日は調子悪い」

憂「保健委員の人呼んでこよっか?」

純「あっ、ううん。そこまでじゃないから。大丈夫大丈夫、ごめん」



297 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:18:15.39 ID:3ytXMo5Ro

 カッ 
    パコッ

純「……」

憂「えいっ!」

パコーン!

梓「にゃっ!?」

憂「やったー!」

梓「はぁ…憂強いなぁ」

純「……」

梓「純、何対何?」

純「……」ボケー

梓「純ってば!」

純「え? あぁ…ごめん、なに?」

梓「私たちの点数聞いてるのっ」

純「あっ、えっと……何点だっけ?」

憂「10対2だよ」

純「あっ、そうそう」

梓「もう…純が覚えてなくてどうするの」

純「あはは……ごめんごめん」



298 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:18:42.80 ID:3ytXMo5Ro

放課後

純「じゃあ私、ジャズ研行ってくるね」

憂「うん、ばいばい純ちゃん」

梓「…今日の純、めずらしく元気ないね」

憂「そうだね…」

梓「風邪とかじゃないとは思うけど……あっ、私も軽音部行かなきゃ」

憂「うん、行ってらっしゃい梓ちゃん」

梓「じゃあまた明日ね」

憂「ばいばーい」

憂「……はぁ、帰ったらどうしようかな」

憂「……」

憂「雨かぁ」



299 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:19:20.39 ID:3ytXMo5Ro

――ジャズ研 部室

先輩B「っくしゅん」

先輩C「風邪か?」

先輩B「う゛ん……そうかも」ズズッ

先輩C「まったく、だらしない生活してるからそうなるんだぞ」

先輩B「だらしなくないよ~。…体弱いんだし仕方ないじゃん」

純「……」ボケー

先輩B「純も元気ないね」

純「へっ? あっ……はい」

先輩B「めずらしいね~、純が元気ないなんて。そりゃ雨も降るはずだ」

純「元気ないわけじゃないんですけど…」

先輩B「あ~……寝たいね~」

純「ですねー……」

先輩A「風邪なら今日は帰って休んだほうがいいんじゃない?」

先輩B「う~ん……そうしよっかな。誰かに移すといけないし」

純「はぁ……」ボケー

先輩C「なんだこの空気は…なんで今日はこんなどんよりしてるんだ……」



300 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:20:06.41 ID:3ytXMo5Ro

先輩B「んじゃぁ~~…あとは副部長よろしく」ズズッ

先輩C「明日には治しておくんだぞ」

先輩B「あ~い」

先輩C「はぁ…まったく」

純「……」

先輩A「純ちゃんも風邪?」

純「あっ…私は大丈夫です」

先輩C「だったらシャキっとしろ」

純「す、すいません…」

先輩C「全員集まったか?」

「まだです」

先輩C「もうすぐ練習時間だっていうのに…」イライラ

先輩A「みんな色々あるんだし、いいじゃない。まったりやりましょうよ」

先輩C「そんな余裕はないだろ……コンテストまであっという間なんだぞ?」

先輩C「とにかく私が仕切る以上、今日はいつもより厳しくやるかな」

先輩A「こわーい」

先輩B「ジャズ研絶対王政時代の到来だよ~」

先輩C「お前は早く帰れ!!」



301 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:20:40.57 ID:3ytXMo5Ro

後輩C「おはようございます」

純「あ、うん。おはよ」

後輩C「今日もじめじめしてますね…」

純「そうだねー…イヤになっちゃう」

純「早く夏にならないかなぁ」

後輩C「あのっ……純先輩」

純「ん~?」

後輩C「昨日練習したフレーズがまだできなくて……その、教えてもらえませんか…?」

純「うん……あとでね」

後輩C「あ…はい……」

純「……」ボケー

後輩C「……」

後輩C(センパイ大丈夫かな…調子悪そうだけど……)



302 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:21:53.81 ID:3ytXMo5Ro

・・・・・

ザアアアアア――――

先輩C「…こうも湿度が高いと、楽器の状態も心配になるな」

先輩A「雨、いつになったらやむんだろう…」

先輩C「今週末までずっとらしい……ん?」

純「……」ボケー

先輩C「……」

純「……」ボケー

先輩C「鈴木、なにをしてるんだ」

純「え? あ、はい……休憩です」

先輩C「そうじゃなくて…何でさっきから床をじっと見つめてるんだ」

純「マスを数えてて……」

先輩C「…お前、本当に風邪とかじゃないんだろうな?」

純「だ、大丈夫ですよ」

先輩A「でも見るからに元気ないし…」

先輩C「ほら、ちょっとおでこかしてみろ」

純「……」

先輩C「…熱はないみたいだな」

純「だから風邪じゃないですって」



303 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:22:36.67 ID:3ytXMo5Ro

先輩C「なら一体何が原因だ…?」

先輩A「…………お腹痛いの?」

純「いや、大丈夫ですけど…」

純「ていうか……今日の私ってそんなに変ですか?」

先輩A「うん」

先輩C「変だな」

純「そうですかぁー? ……確かにちょっとダルかもしれないけど」

後輩C「純先輩……よかったらこれどうぞ」

純「え?」

後輩C「純先輩が好きだって言ってたお菓子です…」

先輩C「今は部活中だぞ。そんなものは後にしろ」

後輩C「あっ…ご、ごめんなさい!」

先輩A「いいじゃない、一つぐらい。休憩時間なんだし」

先輩C「むぅ……」

純「じゃあ……一つもらうね」パクッ

先輩A「私もいい?」

後輩C「は、はい。どうぞ」



304 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:23:15.05 ID:3ytXMo5Ro

純「うん…おいしい」

先輩C「……」ジーッ

先輩A「食べないの?」

先輩C「わ、私は別に…」

先輩A「食べたかったらそう言えばいいのに」

先輩C「うっ……」

後輩C「…あ、あの、どうぞ」

先輩C「……じゃあ一つ」

純「……」ポリポリ

先輩A「……」ポリポリ

先輩C「……」ポリポリ

後輩C「……」

先輩C「…これどこに売ってたんだ?」

後輩C「えっ……駅前のコンビニですけど」

先輩C「そうか、なるほど」

先輩A(はまったんだ)



305 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:23:49.72 ID:3ytXMo5Ro

純「はぁ~……」ボケー

先輩A「疲れてるの?」

純「いえ…」

先輩C「やる気がないなら帰れ。そのままいても迷惑だ」

純「うっ……」

先輩A「そこまで言わなくても……あっ、分かった!」

先輩C「何が」

先輩A「ふふーん…純ちゃん、ズバリあなたは今……恋をしてるのね!」

純「…………え?」

先輩C「恋?」

先輩A「そう! これはきっと恋煩いの症状よ!」

先輩A「そうでしょ純ちゃん? 恋してるんでしょ?」ズイッ

先輩C「してるのか?」

純「いやいやいや、してませんって! 何でそうなるんですか!?」

先輩A「だってずっとボケーッとしてるし、それしかないじゃない」

先輩C「そうなのか?」

先輩A「そういうものなの、恋っていうのは」

先輩C「よく分からないな…」

純「あの……私の話聞いてます?」



306 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:24:22.70 ID:3ytXMo5Ro

先輩A「恋したことないの?」

先輩C「そういうものは……ずっと女学校だったし…」

先輩A「へー以外」

先輩C「…って、私のことはどうでもいいだろ! 問題は鈴木だ」

先輩A「あっ、そうだった。相手はどういう人?」

純「もー! だから違いますってー!!」

先輩A「えー、でもこの様子は間違いなく…」

純「なんか…今日のセンパイはノリノリですね…」

先輩A「そう? でもこういう話は盛り上がるよねー」

先輩C「どうでもいいから…とりあえず鈴木はもう少し部活に集中しろ。そんな状態で練習しても身にならないぞ」

純「ご、ごめんなさい…。気をつけます」

先輩C「ん…それでいい。いつまでもそんな調子だったら外周させてるところだ」

純「あはは…勘弁してください。雨なのに」

先輩C「ならしっかりやるんだぞ。もう二年生なんだからな」

純「はい…」

後輩C「……」



307 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:24:57.73 ID:3ytXMo5Ro

部活終了

先輩C「よし、今日はここまで。帰ったらちゃんと楽器の手入れをしておくんだぞ」

先輩A「お疲れ様」

純「ふぅ……」

同級生「純、帰ろっ」

「待って、あなたは私と残って居残り特訓よ」

同級生「えぇ!?」

「いいでしょ?」

先輩C「あまり遅くならないようにな。先生には私から言っておく」

「ありがとう。じゃあ早速はじめようね」

同級生「そんな~!!」

純「ご愁傷様……私たちは行こっか」

後輩C「はいっ」




308 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:25:31.04 ID:3ytXMo5Ro

――帰り道

ザアアアアアアアアア

純「うわー…さっきよりもすごい降ってる」

後輩C「あっ…純先輩、肩濡れちゃってます」

純「え? …ほんとだ」

後輩C「タオル使いますか?」

純「ありがとう…ごめんね」

後輩C「いえ、そんな……あ、あのっ」

純「なに?」

後輩C「私がふいてもいいですか?」

純「え…? そこまでしなくても」

後輩C「でも…手がふさがってますし」

純「大丈夫だって、一人でなんとかできるから」

後輩C「あ…はい」



309 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:26:05.79 ID:3ytXMo5Ro

純「……」ゴシゴシ

後輩C「……」

純「そういえば今日はできたね、あのフレーズ」

後輩C「はい。純先輩のおかげで…」

純「私じゃないって。練習した自分のおかげだよ」

後輩C「あ、ありがとうございます」

純「これ、タオルありがとうね」

後輩C「あ、はい」

純「もっとこっち来なよ。車に水溜り引っかけられちゃうかもしれないし」

後輩C「いいんですか…?」

純「うん。そうだ、相合傘でもする?」

後輩C「いいんですか!?」

純「なんて、それじゃあ二人とも濡れちゃうよね」

後輩C「あ…そ、そうですね……」

純「早くやまないかなー、雨。もううんざりー!」

純「……はぁ」

後輩C「……」

後輩C「雨……」

純「あーぁ、最悪……」

後輩C「……」

後輩C「……純先輩」

純「んー?」

後輩C「私、今日てるてる坊主を作ってみます!」

純「……どうしたの急に」



310 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:26:48.83 ID:3ytXMo5Ro

後輩C「あ…いえ。それで晴れたら純先輩も元気になるかなって…」

純「……」

後輩C「す、すいません……変なこと言って」

後輩C「でも、てるてる坊主を作れば雨もやむって言われてるし……そうすれば…」

純「……ぷっ」

後輩C「じゅ、純先輩…?」

純「ごめん……あまりにも唐突だったから面白くて」クスクス

後輩C「そ、そうですか…?」

純「あははっ、そっかー…てるてる坊主って手があったんだ。100個ぐらい作ればやむかもね」

後輩C「はいっ、がんばります!」

純「え? 本当に作るの?」

後輩C「え?」

純「だって…100個だよ?」

後輩C「純先輩のためなら!」

純「いや、そこまでしなくても…」

後輩C「で、でも……」

純「……じゃあ、50個ずつで分けよっか。私も今日50個作るから、そっちでもう50個お願いね」

純「100個も作らせるのは悪いし」

後輩C「は、はいっ! 分かりました!」

純「てるてる坊主かー…作るのなんて小さいころ以来かも」

純(それにしても、50個も作れるかなー…)



311 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:27:20.21 ID:3ytXMo5Ro

後輩C「私は小さい頃によくおばあちゃんと一緒に作ってて…得意なんです、てるてる坊主作り」

純「へー」

後輩C「人に誇れることの一つです」

純(そりゃまた微妙な……)

後輩C「だから…絶対に作りますね、50個」

純「うん、私もがんばってみる」

後輩C「えへへ…」

純「あっ、じゃあ私こっちだから」

後輩C「あ…はい。お疲れ様でした」

純「うん、ばいばい。作るのはいいけど、あんまり無茶しないでね。風邪引いちゃうといけないし」

後輩C「はいっ、分かりました」

純「じゃあねー」

後輩C「お疲れ様です」

後輩C「……」

後輩C(やった…純先輩に面白いって言われちゃった)

後輩C「今日は頑張らなきゃ…てるてる坊主」



312 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:27:47.36 ID:3ytXMo5Ro

――純の部屋

prrr, prrr

憂『はい、もしもし』

純「あっ、憂」

憂『純ちゃん? どうしたの?』

純「うん? なんとなく…今大丈夫?」

憂『うん、大丈夫だよ』

純「ごめんね、急に電話なんてしちゃって。なんか憂の声が聞きたくて」

憂『ふふっ、なにそれ』

純「まぁいいじゃん。憂は今なにしてるの?」

憂『お風呂から上がったところ。純ちゃんは?』

純「てるてる坊主作り」

憂『え?』

純「明日晴れるために、てるてる坊主作ってるの」

憂『へー…私も作ってみようかなぁ』

純「ちなみに50個」

憂『えぇっ!? ……なんでそんなに?』

純「約束したからね、後輩と」

憂『?』



313 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:28:52.61 ID:3ytXMo5Ro

純「それよりもさ、今日の私ってやっぱ元気なかった?」

憂『え? ……うん』

純「そっか……まぁそうだよね」

憂『体調は大丈夫?』

純「平気平気、風邪とかじゃないから。でもみんなには迷惑かけちゃったみたい」

憂『迷惑?』

純「部活のとき集中できなくて…センパイには怒られちゃったし、後輩には心配されちゃうしで…」

純「なんか今日はみんなに申し訳ないなーって思っちゃった」

憂『そっかぁ…』

純「私も、もう二年生だからしっかりしないといけないのは分かってるんだけどね……でもまだ実感がないって言うか」

憂『うん…』

純「去年と何も変わってない気がするんだよね。成長…っていうのかな、なんかそんな感じのことしてないなぁって」

憂『成長かぁ…』

純「このままでいいのかなぁ、私」

純「……このままダラーっとして、あっという間に卒業して、大学入って、就職して結婚して…普通に生きていくのかなぁ」

純「私としてはね、もっと活躍したいっていうか…こう、スター? そう、スターみたいになりたいんだよね!」

憂『スター?』

純「そうそう! 澪先輩みたいな感じでみんなにキャーキャー言われちゃって、スーパーベーシストとして芸能界に鮮烈デビュー!」

純「それでオリコン1位取ったり紅白出ちゃったりしてさ、大金持ちになって豪邸に住むの!」



314 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:29:37.92 ID:3ytXMo5Ro

憂『楽しそうだねぇ~』

純「あっ、でもバンドとしてデビューした方が注目されるかも…」

純「よしっ、憂と私と梓でバンド組んじゃおう!」

憂『えぇっ!?』

純「ほら、前も雨の日にセッションしたじゃん。あんな感じでさ」

純「私たち三人で練習すれば絶対いいところまでいけると思うんだよね」

憂『そうかなぁ』

純「そうだって! そして将来は海外でライブしたりして!」

憂『ふふっ』

純「さらにミュージシャンだけじゃなくてハリウッドデビューとか!」

憂『じゃあ演技の勉強しないとねっ』

純「あはははっ。……本当にそうなったらいいんだけどね」

憂『頑張ればなれるかもしれないよ?』

純「どうだろう……英語だって話せないし。それに私なんかじゃ無理だなってことも分かってるし」

純「まぁ……だから先輩たちに憧れたりしてるのかな」

憂『……』

純「私も先輩たちみたいになりたいなー…」

憂『純ちゃんならなれるよ!』

純「……本当にそう思ってる?」

憂『うんっ!』

純「本当に?」

憂『本当にっ!』

純「……あははっ、憂が言うならそうかもね。よしっ、がんばるぞー!」

憂『ふふっ』



315 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:30:23.83 ID:3ytXMo5Ro

・・・・・

純「今日はなんかごめんね、変な話につき合わせちゃって」

憂『ううん、そんなこと全然…楽しかったよ。それに純ちゃんが愚痴とか言うの珍しかったし』

純「あー…今日だけで珍しいとか変とか何回言われたんだろう」

憂『でも、そういう日もあるよ……あってもいいんじゃないかな』

憂『なかったら疲れちゃうし』

純「…………そうかも」

憂『うんっ』

純「…今日はありがとうね、憂と話してたら気が楽になった」

憂『私も、純ちゃんと話せて良かった』

純「うん…また明日」

憂『おやすみ、純ちゃん』

ピッ

純「ふぅ……」

純「……」

純「……とりあえず、てるてる坊主がんばろうかな」



316 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:30:51.28 ID:3ytXMo5Ro

――憂の部屋

こんこんっ

憂「はーい」

ガチャッ

唯「憂ー、借りてた漫画返しに来たよ」

憂「ありがとう、お姉ちゃん」

唯「あれ? なにしてるの?」

憂「てるてる坊主作ってるの、明日晴れればなぁって」

唯「なるほど! 私もやります!」

憂「ふふっ、じゃあ一緒にやろっか」

唯「よーし、いっぱい作っちゃおう!」フンス

憂「雨なんかには負けないぞー! おー!」

唯「おぉ!? なんか今日の憂はノリノリだね~」

憂「えへへ」

唯「よーし、私も…負けないぞー! おー!」



317 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:31:36.61 ID:3ytXMo5Ro

翌日
――2年1組

純「晴れた! 晴れたよ梓!」

梓「そんなこと言わなくても分かってるって」

純「やっぱりてるてる坊主って効果あるんだね」

梓「てるてる坊主?」

純「実は、昨日密かに作ってたの」

憂「私も、お姉ちゃんといっぱい作ったんだよ」

梓「へぇ……」

純「こうしてお日様を拝めるのも、てるてる坊主のおかげだね」

梓「……普通に梅雨晴れしただけなんじゃ」

純「もう! 梓にはロマンってものがないの!?」

憂「そうだよ梓ちゃん!」

梓「えぇっ、憂まで!?」

憂「えへへー」

純「私たちが頑張ったおかげだもんね」

憂「うんっ!」

梓「……?」



318 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:32:30.14 ID:3ytXMo5Ro

放課後
――ジャズ研

後輩C「純先輩! 私、昨日なんとか作れました」

純「私も。作ったやつ携帯で撮ったんだよ、ほら」

後輩C「わぁ…!」

純「今日晴れたのは、私たちのおかげだね」

後輩C「は、はいっ!」

純「だけど、一つ問題が……」

後輩C「なんですか?」

純「作ったてるてる坊主、どうしよう……」

純「置く場所ないし、捨てるとなんか呪われそうだし…」

後輩C「あっ、そうですね…」

先輩C「ん? どうしたんだ?」



319 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:34:44.70 ID:3ytXMo5Ro

純「あっ、センパイ。実は昨日作ったてるてる坊主の処分に困ってて…」

先輩C「てるてる坊主か。私も昨日妹と作ったけど……普通に燃えるゴミに捨てたぞ」

先輩B「捨てたら呪われるよ~」

先輩C「そうなのかっ!?」

純「あっ、おはようございます。風邪はもう大丈夫なんですか?」

先輩B「うん、バッチリ~」

先輩C「ど、どういうことだ!? てるてる坊主って捨てたら呪われるのか!?」

先輩B「だって元をたどれば雛人形と同じだし……ちゃんと供養しないと、てるてる坊主に恨まれちゃうよ~?」

純「そんな大げさな……」

先輩C「大変だ…なんてことだ。そうとも知らず私は……はっ!」

先輩C「妹が! 妹が危ない!!」

純「え?」

先輩C「帰って供養しないと!!」

純「あの…部活は?」

先輩C「すぐ戻る!!」ダダダッ

純「……」

先輩B「かわいそうに……ほんとに信じちゃってる」

純「電話して引き戻したほうがいいですよ」

先輩B「そうだね~」


##6 おわり



320 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:35:55.56 ID:3ytXMo5Ro

ここまで
後輩のアルファベット表記って読みづらいですか?
読みづらかったら次からは小文字にしてみようかと思ってます。




321 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:37:16.55 ID:iAZ8DF/Uo

乙!
別に気にならないけど
先輩は大文字、後輩は小文字でも良いかもしれないね






292 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/01/26(水) 02:38:19.87 ID:H0zo1/cAO

>>1
ツイッターやってる?



293 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/01/28(金) 00:12:42.40 ID:17dAf7fAO

てのひらサイズとかもだよね?





322 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 05:43:28.64 ID:3ytXMo5Ro

>>292
やってないです。なぜにツイッター?
>>293
懐かしい、書きました。




323 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 08:19:52.14 ID:5JgZA52AO

>>1はカルアや雑談スレで晒したり、雑談する事はないのかな?



324 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 19:08:44.86 ID:TFryH6VAO

けいおんSS書いてる人はツイッターやってる人多いから>>1もやっているかと





325 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/02(水) 21:36:44.32 ID:3ytXMo5Ro

>>323
雑談スレは正月に少し行きましたけど普段は見てないです。



関連記事

ランダム記事(試用版)




純「ジャズけん!!」##6
[ 2011/02/05 21:18 ] 日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6