SS保存場所(けいおん!) TOP  >  アクション >  紬「エレキハンドザップグローブ!」#唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」 第四話

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「エレキハンドザップグローブ!」#唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」 第四話 【アクション】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296998357/l50


唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」#index




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:19:17.07 ID:jvamj3iS0

こんにちは、中野梓です

2077年 世界は核の炎につつまれました

海は枯れ地は裂け・・・・・ あらゆる生命体が絶滅したかにみえました

・・・・でも・・・ 人類は死滅していませんでした

それから200年が経ち

地上では放射能の影響で巨大化した虫や動物

人殺しと強奪で生きる無法者が蔓延る中

私は安全な核シェルターVaultで生まれ育ちました

閉鎖された生活に嫌気がさして

飛び出すようにVaultを後にした私は

そこで唯先輩と律先輩に出会いました

頼れる律先輩に守られながら旅をする私と唯先輩でしたが

頼りの律先輩が戦闘で倒れてしまい

律先輩をお医者さんに診せるため

私と唯先輩は近くの町グッドスプリングスへ向かうのでした……





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:34:01.04 ID:jvamj3iS0

グッドスプリングス病院前

ドンドン

唯「空けてくださいっ」

唯「助けてくださいっ、りっちゃんがっ」

唯「りっちゃんがぁっ!」

ドンドンドン

ガチャ

医者「どうした、急患かね?」

梓「こんな夜更けにすいませんっ」

梓「私達の仲間が怪物に殴られて」

梓「目を覚まさないんです」

医者「そうか、さっ、患者を診察台へ」

梓「はいっ」

唯「ううっ……ありがとうございます」グスッ



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 22:51:25.40 ID:jvamj3iS0

数時間後

ガチャ

梓「先生、律先輩は?」

医者「出来る限りの治療はしたよ」

医者「だいじょうぶ、命に別状は無い」

医者「後は彼女が目を覚ますだけだ」

唯「よかったぁ」ヘタリ

医者「君達も疲れただろう、ベッドは空いている」

医者「休んでいきなさい」

梓「先生、本当にありがとうございます!」

唯「……」

唯「zzz」スピー

梓「あれ?唯先輩、寝ちゃった」

医者「一晩休まず患者を背負って歩いたんだ、無理も無いよ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:02:17.52 ID:jvamj3iS0

唯「うーん……」ムクリ

唯「あれ?ここはどこ?」

梓「唯先輩、目を覚ましたんですね!?」

唯「あっ、あずにゃんおはよー」

梓「心配しましたよ」

梓「唯先輩、二日間も起きないんですから」

唯「へっ?わたしそんなに寝てたの……!?」

唯「あっ、そうか……りっちゃんを連れて病院へ」

唯「りっちゃんは大丈夫なの!?」

梓「律先輩は唯先輩より先に目を覚ましましたよ」

梓「でも、しばらくはここで安静にしてないといけないみたいです」

唯「あっ、あずにゃん!」

梓「なんです?」

唯「おしっこ行きたいっ、それとお水飲みたい、お腹すいたぁー」

梓「ああ、はいはい」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:17:18.08 ID:jvamj3iS0

パクパク モグモグ

唯「おいしーっ!」

梓「慌てて食べたら喉につかえますよ?」

唯「ばびぼぼうー」ハムハム

梓「飲み込んでからしゃべってくださいよー」

梓「何言ってるのかわかりません!」

医者「よほどお腹がすいてたんだろう」

医者「たくさん食べて行きなさい」

梓「こんなに良くして貰って、すいません」

医者「いいんだよ、今この町はよそから来た者にやさしくなっているんだ」

梓「え?なんでですか?」

医者「君達が来る前に頭を撃たれた患者が運ばれて来てね」

梓「頭を?それで無事だったんですか!?」

医者「無事などころか、その患者は」

医者「この町をパウダーギャングから救ってくれたんだ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:36:35.63 ID:jvamj3iS0

梓「パウダーギャング?」

医者「ダイナマイトを使うNCRCF(刑務所)からの脱獄囚の集まりだ」

医者「脱獄って言っても、刑務所自体を乗っ取って拠点にしているんだがね」

梓(ダイナマイト?)

梓(ここへ来る途中、私達を襲った人たちだ)

医者「頭を撃たれたよそ者は先頭に立ち、町のみんなに協力を呼びかけた」

医者「そのおかげで私達は一団となり、パウダーギャングを退ける事ができたんだ」

医者「だから、今町のみんなはよそ者に悪い顔をしないはずだよ」

医者「律君の回復にはまだ少しかかる」

医者「それまでこの町に滞在していってくれ」

唯「うん、ありがとう先生!」

梓「そんなっ、甘えすぎちゃいけませんよ」

梓「この町でお世話になる間は、何か役に立つことをしないと」

梓(ここの町は何も無いけど、平和で住みやすそう)

梓(私達も、ここでのんびり暮らせたらいいな……)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:54:42.63 ID:jvamj3iS0

数日後

梓(水汲み、畑仕事のお手伝い、バラモン(牛)のお世話)

梓(ガードのお姉さんに、銃の使い方も教えてもらいながらの狩)

梓(大変なことも多いけど、地下のVaultで暮らすより、充実してるかも)

唯「あずにゃーん、水汲み疲れたよぉー」

梓「頑張ってください、もうちょっとですからー」

唯「ねえあずにゃん」

梓「なんですか?」

唯「そろそろりっちゃんに会いに行けないの?」

梓「お医者の先生に、しばらく安静にって言われてるんですよ」

唯「でも、お話するくらいならいいじゃん」

唯「早くりっちゃんに会いたいよぉー」

梓「んー、それもそうですね」

梓「夕方にでも、診療所へ行ってみましょうか?」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 23:55:26.29 ID:sfuSqRm1O

何回やってもパウダーギャングとの戦いでダイナマイトのじいちゃん殺されるわ
3周しかしてないけど





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:04:55.26 ID:Yh1Fp/ye0

診療所

医者「まだちょっとふらつくかも知れないが」

医者「ゆっくり歩いてごらん」

律「んっ……」ヨタッヨタッ

医者「よし、ゆっくりでいい、ココに腰をかけて」

律「ははっ、すっかり体がなまっちゃったよ」

医者「君は、元NCRレンジャーだったんだってね」

医者「若いのにスゴイじゃないか?」

律「へへっ、まあね」

医者「軍隊での暮らしはどうだった?」

律「……」

律「まあ、最高だったとは言えなかったかな?」

医者「というと?」

医者「私は医者だ、他言はしないよ、安心して話してくれ」

律「ん?なんだよあんた、カウンセリングのつもりか?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:16:11.38 ID:Yh1Fp/ye0

医者「ああ、でも緊張せずにリラックスして、楽に話してくれ」

律「おいおいっ、止めてくれよ」

律「体を治してくれりゃカウンセリングなん必要ないよ」

医者「律君」

医者「君は薬物を常習的に使用してたね」

律「!?」

律「あーん、やっぱりわかっちゃうのかぁー」

律「でもだからってなんだよ?文句でもあるのかっ!?」

医者「君はもうNCRじゃない、薬物の使用を咎める立場の人間はいないよ」

医者「私だってそうだ」

医者「だがね、苦しんでいる者を救うのが医者だ」

医者「なぜ君に薬物が必要だったか教えてくれないか?」

医者「力になれるかも知れない」

律「余計なお世話だよっ……」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:35:21.36 ID:Yh1Fp/ye0

医者「出身は?家族はいるのかい?」

律「私はモハビウェストランドの出身じゃないんだ」

律「他所でNCR兵に志願してモハビに配属されたんだ」

医者「それからずっと一人?」

律「NCRに入ったら、NCRが家族みたいなもんさ」

律「でも、家族同然の幼馴染がいた」

律「澪って言うんだけど」

律「澪は幼い頃に両親を亡くして」

律「小さな農場をやってた私の親が澪を引き取ったんだ」

律「しばらくは良かったけど、凶作が二年続くと」

律「私の親も、澪をかわいがりにくくなった」

律「他にも、弟達もいたし……」

律「口減らしとわずかな金の為に私はNCRに入隊したんだ」

律「澪の為だったんだけど、澪も私と一緒に志願した」

律「そしてシーザー・リージョンに対抗するために人手が必要なモハビに配属されたんだ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 00:54:35.70 ID:Yh1Fp/ye0

医者「一緒の部隊かい?」

律「それは初めの訓練中だけ」

律「澪はなんていうか」

律「戦闘には向いてないんだ」

律「でも頭はよかったから基地にこもって事務なんかをして」

律「逆の私は戦闘の多い地域に出された」

律「離れ離れになっても、連絡は取り続けたよ」

律「二人とも故郷に帰れない身だからね」

律「お互いに励ましあって頑張った」

医者「いい友達がいるんだね」

律「ああ、澪は最高だよ」

律「美人で優しくて……私とは大違い」

医者「それで君達はどうなったの?」

律「それから私は……」

律「キャンプ・フォーロン・ホープに配属された」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:09:51.16 ID:Yh1Fp/ye0

医者「フォーロン・ホープ?」

医者「シーザー・リージョンとの抗争の最前線だね」

医者「NCRの兵士は苦しい戦いを続けていると聞くけど」

律「苦しいどころじゃない……地獄だった」

律「仲間が目の前で次々と死んでいった」

律「負傷者が溢れ、治療が行き届かず」

律「運よく命を取りとめた兵士は」

律「前線に戻り、また撃たれ、死ぬ」

律「でも、それはまだ運が良いのかも知れない」

律「肢体を切断され生き延びちゃ」

律「こんな世の中だ、どっちにしろ生きていけない」

律「自分で自分の頭を撃ちぬいた仲間もいた」

律「私の上官だったけど……」

医者「……」

医者「辛い体験をしたね」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:23:39.78 ID:Yh1Fp/ye0

律「怖いもの知らずの私でも」

律「一度撃たれてからは怖くてたまらなくなった」

律「だから、処方された痛み止めで気分を紛らわせたんだ」

医者「そこから依存を?」

律「まあ、キャンプでは薬もあまり手に入らなかったからね」

律「その時はそこまででもなかった」

律「でも、ただ恐かった」

律「その恐怖を振り払うように必死で銃を撃ったよ」

律「考える時間が出来ると、怖くてたまらなくなる」

律「だから、進んで敵と戦った」

律「今考えたら、頭を打ち抜いて欲しかったのかも」

律「そしたらもう怖くなくなるだろ?」

医者「正常な精神だったとは言えないね」

律「あたりまえだよ……」

律「まともな頭で殺し合いなんて、出来るわけがない」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 01:37:35.71 ID:Yh1Fp/ye0

律「澪はそんな私を心配して」

律「一緒に除隊しようって言ってきたんだ」

律「澪は、もともと軍隊なんて似合わないんだ」

律「歌とか、音楽とか、キレイなもの」

律「お花とかさ、かわいい洋服とか」

律「そんなのが好きな子だったんだ」

律「澪は一緒にNCRを抜けて」

律「どこかで二人で平和に暮らそうって」

律「そう手紙をくれたんだ」

医者「君はどう思った?」

律「もちろん、賛成したよ」

律「でも、ここの仲間を簡単に見捨てれないし」

律「少し待ってくれって返事を書いた」

律「でも、その後意外な事が起こった」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:18:04.64 ID:Yh1Fp/ye0

律「怖さを紛らわせるためにがむしゃらに銃を撃ち続けてたら」

律「最前線で一番の戦果を挙げた兵士として表彰されたんだ」

医者「それでレンジャーにスカウトされたんだね」

律「そう、私はフォーロン・ホープからレンジャー基地に移り」

律「重要な作戦をいくつか任された」

律「私はNCRレンジャーという名誉と」

律「最前線から離れることが出来た嬉しさで舞い上がってたんだ」

律「澪はその時、既に除隊してて、ウエストサイドに住んでたんだけど」

律「あそこの連中はNCRをあまり良く思ってない」

律「約束を破った引け目もあって」

律「なかなか澪に会いに行けなかった」

律「その後、私は少しの休暇をもらい」

律「沢山のお土産と、ポケットに入りきれない給金を持って」

律「意気揚々と澪に会いにいったんだ……」

律「……」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:40:04.39 ID:wIM389r70

医者「……続けて」

律「でもそこに澪はいなかった」

律「私が行く前の日にレイダー(無法者)の襲撃にあい」

律「澪はさらわれてしまったんだ」

医者「……」

律「あそこには時々フィーンドっていうレイダーの集団が襲ってくるんだ」

律「あいつらがさらった人間をどう扱うか知ってるか……?」

律「まだ小さな女の子を集団で犯しているところや」

律「生きたまま吊るした人間を、ナイフで少しずつ解体している所を見たことがある」

律「勿論その時は、奴らの頭に弾を撃ち込んでやったけどな」

律「澪もおそらくは相当ひどい事をされて殺されただろう……」

医者「……」

律「私はすぐにNCRを辞めて、ウエストサイドに移り住んだ」

律「そして澪の仇のフィーンドどもに復讐をしようと」

律「毎日フィーンドを探し歩き、見つけ次第狩っていった」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 02:58:41.45 ID:wIM389r70

律「奴らは必ずと言ってもいいほど」

律「ターボやジェットなんかの薬物を持っていた」

律「私は奴らからそれを奪い、キメるとまた次の獲物を探した」

医者「なるほど、そこからだね」

律「ああ……」

律「結局やってることはフォーロン・ホープと変わりなかった」

律「死の恐怖から逃げるために戦い続けた私は」

律「澪を守れず、一人のまま死なせてしまった事実から逃げるために」

律「薬をキメ、敵を撃ち殺し続けた」

律「ウエストサイドの奴らは、そんな私をフィーンドと同類に見てたんだろう」

律「ちょっとしたイザコザで私は街を追い出され」

律「それからはレイダーを撃ちながら当てもなく放浪して」

医者「唯君や梓君と会い、今に至る……か」

律「あいつ等は私が正義のヒーローか何かだと勘違いしてるけど」

律「全然そんなんじゃない……」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 03:24:44.64 ID:wIM389r70

医者「話してくれてありがとう」

律「いや、言えると少し楽になったよ……」

医者「ところで」

医者「君達はこの町に残ってみたらどうだい?」

律「私は遠慮しとくよ」

律「でも、唯と梓はココに置いてもらうと助かる」

医者「安住の地が必要なのは、あの二人よりも、むしろ君の方だと思うんだがね」

律「それは出来ないよ」

律「私にとって、自分だけ平和に暮らすことが一番の苦痛なんだ」

ドンドン

唯「せんせー、りっちゃんに会わせてよー」

梓「すいません、面会できますか?」

医者「ああ、ちょっと待ってくれーっ」

医者「律君、続きはまた今度だ」

律「……」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 03:42:23.05 ID:wIM389r70

ガチャ

医者「ちょうどいい所に来たね、律君も起きてるよ」

唯「あっ、りっちゃーん!」

梓「律先輩、もう起き上がっていいんですね」

律「もう大丈夫、元気ピンピンだよ」

律「二人とも、心配かけて悪かったな」

唯「わーん、りっちゃーん」ガバッ

梓「あっ、ちょっと唯先輩!?」

律「イデデデデっ」ビキーン

医者「唯君、律君はまだ安静なんだよっ」

律「もうっ、今ので退院が一週間は延びたぞーっ!」

唯「あわっ、りっちゃんごめーん」

梓「もうっ、唯先輩ったらー」

律「ふふっ」

律「あはははっ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 03:59:08.62 ID:wIM389r70

唯「あははっ、りっちゃんが笑ってるー」

梓(律先輩も、唯先輩もとっても嬉しそう)

梓(律先輩は一人で旅を続けるなんて言ってたけど)


梓(私達このまま、ここで暮らせるかも?)

律「おい梓、なにニヤニヤてるんだよ?」

梓「えっ?わたしそんな顔してました!?」

梓(私も、嬉しいっ)

梓(Vaultの外に出て、二人に会えて本当によかった)



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 04:23:00.71 ID:wIM389r70

その日の夜

律「」コソコソ

ガチャ パタッ

律(ごめんな二人とも)

律(やっぱり私は一人で行くよ)

律(どうか幸せに暮らしてくれ……)


梓「待って下さい」

律「!?」

唯「りっちゃんが行くなら、私達も行くよ」

律「お前たち、なんで……?」

梓「律先輩の事です、私達に内緒で出て行こうとすると思ってましたっ」

唯「わたしはあずにゃんについて来ただけっ」

律「まさか、ばれちゃうとはな……」

梓「律先輩、一人で行ったりしないで下さいっ」

律「だめだ、お前たちとはここでお別れだ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 04:42:42.71 ID:wIM389r70

唯「イヤだよりっちゃん、一緒にいようよ!」

律「……」

律「私はな、お前たちの思っている様な人間じゃないんだ」

律「親友を裏切り、守ってあげられなかった」

律「お前たちにだって、同じだ」

律「私はお前たちを守れない」

梓「だったら、私達が強くなって、律先輩を守ります!」

律「そんなこと、簡単に言うなよっ!」

律「守るなんて、軽々しく言うんじゃねえよ」

唯「りっちゃん……」

律「それに、私は人に守ってもらう資格のある存在じゃない」

律「私は薬と殺人の中毒なんだ」

梓「それは、気付いてました」

律「!?」

梓「でも、きっと治せますよ、この町で落ち着いた生活をおくっていれば!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 05:08:10.19 ID:wIM389r70

律「澪を悲惨な目にあわせといて」

律「私はぬくぬくと幸せに暮らすのか?」

律「そんなの出来る訳ないだろっ」

律「私は復讐の為に戦って、その中で死ぬんだ」

律「それが私にできるせめてもの償いなんだよっ!」

唯「ばかりっちゃんっ!!!」

パチーン!

律「ゆ、唯……」

梓「唯先輩っ!?」

唯「憂が死んじゃって、悲しんでる私に」

唯「りっちゃんは何て言ったか覚えてる?」

唯「生き残った人間には、生きぬく義務があるんじゃないの!?」

唯「澪ちゃんは、りっちゃんが戦って死ぬことを喜ぶような人だったの?」

律「それ、は……」

律(そうだ、澪は、最前線の私をいつも心配してくれていた……)



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 05:22:21.62 ID:wIM389r70

唯「わたしだって、あずにゃんだって」

唯「りっちゃんがそんなふうに一人で死んじゃったら嫌だよっ」ジワッ

唯「それが分らないりっちゃんは、ばかりっちゃんだよーっ!」ボロボロ

律「唯、お前……」ウルウル

唯「ばかばかばかーっ!」

ポコポコポコ

律「イデデデデっ」ビキーン

梓「わぁーっ、何やってるんですか唯先輩っ!!?」


次の日の朝

医者「診て見たところ、本当に退院が一週間延びた」

唯「ごめんなさい」

律「……」

梓「大丈夫ですか律先輩?」

律「まったく、この分じゃ、しばらくこの町から出られそうにないな」

律「お前たち、ちゃんと責任とってくれよ?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:03:15.86 ID:wIM389r70

唯「うん!」

梓「はいっ、任せてください!」

医者(ふふっ)

医者(体の怪我は長引いてしまったが)

医者(もう一つの方は、早く治りそうだ……)


しばしの安息を得た三人だったが

他の場所では新たな冒険が始まっていた

グッドスプリングスより南の町、プリムではレザーアーマーに身を包み

ショットガンをかついだ美女が、占拠していた脱獄囚達を一掃した

また、とある荒野では大規模なキャラバン(商人の一団)が襲撃に遭い

その中でただ一人だけが生き残った

さらにシーザー・リージョンによって二人の少女が奴隷として

コットンウッド・コーヴへ連れて行かれようとしていた

物語はいよいよ動き出す

唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」 第四話 完



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:13:25.79 ID:wIM389r70

読んで下さってありがとうございました
次回からもっと面白くなります 多分




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:06:20.83 ID:9YvfeGPLO

乙。面白かった



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:20:46.51 ID:9YvfeGPLO

次は投下する時間もう少し早くしたらよくね?

さすがに明け方は人が少ない



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:24:47.60 ID:v13s2DWP0

バンテージまで続くのか?



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 06:26:53.38 ID:9YvfeGPLO

次はマンティスガントレットで



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 09:24:18.91 ID:DVNy+UlMO

おけおけ
期待してるよ



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/07(月) 11:38:31.62 ID:pbpOrgC4O

面白かったぜ 元ネタのゲームがやりたくなる程に





関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「エレキハンドザップグローブ!」#唯「フォールアウト!」律「ニューベガス!」 第四話
[ 2011/02/07 16:59 ] アクション | Fallout | CM(4)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:852 [ 2011/02/07 23:37 ] [ 編集 ]

おもしろいな
次回が楽しみだ

タイトル:
NO:1279 [ 2011/03/07 04:22 ] [ 編集 ]

もう3月入って続きがないか・・・
これも未完で終わりそうだな。

タイトル:
NO:2117 [ 2011/05/22 06:48 ] [ 編集 ]

続いてると思って読んじゃったよ

タイトル:
NO:3868 [ 2011/09/18 18:15 ] [ 編集 ]

ああ、そういうことか
こういう3.11以降途切れたものって、何とも言えない気分になるなぁ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6