SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  純「ジャズけん!!」##9

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






純「ジャズけん!!」##9 【日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=news4ssnip&key=1288880446&ls=50

純「ジャズけん!!」##index




377 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:29:42.32 ID:z2qznvHio

##9

――ジャズ研 部室

純「夏は暑い、なぜだか分かる?」

後輩c「えっと……」

純「答えはズバリ、〝夏だから〟!」

後輩c「あっ、そっか。なるほど」

先輩C「なに言ってるんだお前たちは」

先輩B「今年はクーラーがあるから良いよね~」

後輩c「去年はなかったんですか?」

先輩B「そうだよ~。今年から生徒会でつけてくれるよう決まったの」

先輩C「そんなことはどうでもいい。もう夏休みなんだから、練習に集中するぞ」

純「はぁ…うちは合宿とかしないんですか?」





378 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:30:14.19 ID:z2qznvHio

先輩C「合宿?」

純「だって他の部活はやってるじゃないですか。軽音部ですらどこか行ってるって言うし…」

先輩C「他は他だ。うちには関係ない」

純「そうですか…」

先輩B「でも合宿は行きたいね~。ハワイとか」

先輩A「私はニューヨーク行きたいなー、ジャズの本場だし」

先輩C「合宿の域を超えてるだろ…」

純「行きたいなー、合宿」

後輩c「純先輩はどこに行きたいんですか?」

純「私? 私はねー…ロシアかな」

後輩c「ロシア?」

純「うん、ロシア料理が食べたい。この前テレビでやってたし」

先輩C「はぁ……くだらないこと言ってないで早く練習の準備をしろ」



379 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:30:39.39 ID:z2qznvHio

・・・・・

後輩c「うーん……難しいなぁ」

後輩a「あれ? 休憩時間なのに練習?」

後輩c「ひぇっ!? あ、は、はい」

後輩a「そんな驚かなくてもいいのに…」

後輩c「ご、ごめんなさい…」

後輩b「でも偉いねー、休憩中でも練習って」

後輩c「わ、私…少しでも純先輩みたいに弾きたくて…」

後輩a「純先輩?」

後輩c「は、はい。私、純先輩に憧れてて…」

後輩a「へー、純先輩に……珍しいね」

後輩c「え?」

後輩a「だって普通うちの学校のベーシストなら、軽音部の澪先輩に憧れるものじゃない?」



380 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:31:10.38 ID:z2qznvHio

後輩c「澪…先輩?」

後輩b「私、ベーシストじゃないけど澪先輩に憧れてる。美人でかっこいいもんねー」

後輩a「私は梓先輩かな。かわいいし、それでいてギター上手いし」

後輩c「梓先輩…」

後輩a「そうそう、軽音部ってなんか凄そうでしょ? だから憧れちゃうんだよね」

後輩c「で、でも…私はジャズ研だし……それに純先輩だって……」

後輩a「あー、確かにうちの部長もギター上手いけど…なんか掴みどころがなくてよく分かんない人なんだよね」

後輩b「純先輩は接しやすいけど…憧れの先輩ってほどでもないかなぁ」

後輩b「たまに変なギャグ言ってすべってるし…」

後輩c「……」

後輩b「あっ…別に悪口言ってるつもりじゃないよ? ただ、そういうのとは違うかなーって思って」

後輩c「でも…純先輩は……」

後輩a「あははっ。けどほんと変わってるよね、純先輩に憧れるなんて」

後輩b「だよねー。まぁそういう所に着目するってのはあなたらしいけど」

後輩c「……」

後輩c(だったら…最初から軽音部に入ればいいのに……)



381 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:31:39.11 ID:z2qznvHio

純「へっくしょん!」

同級生「どうしたの? 風邪?」

純「誰かが私の噂してるんじゃない?」

同級生「まっさかー、純の噂なんて誰がするの」

純「ひどっ!?」

同級生「それより聞いてよー。私さ、最近スランプ気味なんだよね」

純「スランプじゃない日なんてあるの?」

同級生「ひどっ!? すごい悩んでるのに……」

純「はいはい、聞いてあげる聞いてあげる」

同級生「あのね、なんかさぁー……最近モチベーション上がらないんだよね」

純「モチベーションねえ…」

同級生「練習しててもなんかつまんないし、舞台には上がれないし…」

同級生「私なんのために部活やってるのかなぁ……」



先輩C「……」



382 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:32:17.58 ID:z2qznvHio

純「ふーん……」

同級生「なんか疲れちゃった。もっと気楽にやれる部活に入ればよかったかも」

同級生「例えば…軽音部とか。どうかな?」

純「私もそういうの思ったりするけどさ……もうちょっと頑張ってみれば?」

同級生「だってさー…努力しても努力してもレギュラーにはなれないし、なんだかなぁ……」

純「でもさ…」

先輩C「さっきから話を聞いてれば…何なんだお前は」

同級生「え?」

純「あっ、センパ…」

先輩C「努力した? 口に出した努力は努力じゃない。自分が何のために練習してるのか少しは考えろ!」

先輩C「それでもやりたくないなら帰れ!! 邪魔だ!!」

同級生「ご、ごめんなさい!!」



383 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:32:57.12 ID:z2qznvHio

先輩C「まったく……部活を何だと思ってるんだ…」

先輩A「ちょ、ちょっと…いくらなんでも怒りすぎじゃない?」

先輩B「そうそう、暑いからってイライラしすぎ。クーラーも効いてるんだしクールにいこうよ~」

先輩C「そういう問題じゃない!! 部長のお前がしっかりしないから周りがだらけるんだぞ!!」

先輩B「怒られた…部長なのに」

ガチャッ

顧問「みんなー、お疲れ。これアイスの差し入れ持ってきたんだけど…」

先輩C「今は部活中です!!」

顧問「怒られた…先生なのに」

先輩A「まぁまぁ、せっかく先生が持ってきてくれたんだし」

先輩B「そうだよ~、アイスでも食べて少しはクールダウンしよなよ~」

先輩C「っ……はぁ」



384 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:33:24.75 ID:z2qznvHio

純「今日のセンパイ…熱いね。夏だからかな?」

同級生「うわぁ~ん! 怖かったぁ!!」

純「いいじゃん、どうせ怒られ慣れてるんでしょ?」

同級生「慣れてないから!!」

純「それより、アイスもらいに行こ?」



385 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:34:00.87 ID:z2qznvHio

後輩c「……」

後輩b「こわいね…センパイ」

後輩a「私、正直あの人苦手かな」

後輩c「で、でも…優しいところもあるし……」

後輩a「そう? いつも怒ってるじゃん」

後輩c「それは……たぶんみんなのために…」

後輩a「けどあんなに怒鳴られちゃったらね…」

純「はい、アイス持ってきたよ」

後輩c「あ…」

後輩a「すいません、ありがとうございます」

純「いいっていいって。はい」

後輩c「あ、ありがとうございます」

純「センパイはああ言ってたけど、ちゃんと部活のこと思って言ってるの」

純「だからそんな怖がらなくても大丈夫」



386 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:34:27.29 ID:z2qznvHio

後輩b「はあ…」

純「ほら、アイス食べてやる気出そう!」

後輩c「はいっ」

純「じゃ、がんばってねー」

後輩a「……」

後輩c「どうしたんですか?」

後輩a「なんか…純先輩の前だと明るくなるよね」

後輩c「え? 私がですか…?」

後輩b「うん、声もハキハキとしてたし」

後輩c「そうですか…?」

後輩a「私たちともそう接してくれればいいなー」

後輩c「ご、ごめんなさい…」

後輩b「あぁ、いいのいいの。これでも最初のころより結構打ち解けてるんだしね」

後輩a「ねっ」

後輩c「は、はい……」

後輩c「あの、一つ聞きたい事があるんですけどいいですか?」



387 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:34:58.30 ID:z2qznvHio

後輩a「なに?」

後輩c「二人はその…なんでジャズ研に入ったんですか?」

後輩a「え?」

後輩b「何でって言われても……うーん」

後輩b「なんとなくかな、入りやすそうだったし」

後輩a「でも実際は練習厳しいよね」

後輩b「うん、ちょっと後悔したかも」

後輩c「……」

後輩a「あっ、そろそろ練習再開しないと」

後輩b「そうだね。私も怒られない程度にがんばろっと」

後輩c「……私は」

後輩a「なに?」

後輩c「いえ……なんでもないです…」



388 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:35:26.79 ID:z2qznvHio

部活終了

純「ふぅ…終わったー」

後輩c「お疲れ様です」

純「あっ、お疲れー。一緒に帰ろっか」

後輩c「はいっ!」

同級生「……」

純「あれ、帰らないの?」

同級生「私…もう少し練習してから帰る」

純「えっ」

同級生「なんかさ…もう少し頑張ったほうがいいかなって思って。だから…」

純「そっか、分かった。頑張ってね」

同級生「うんっ…バッチリやってみる」



389 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:35:52.98 ID:z2qznvHio

純「それじゃあ、二人で帰ろっか」

後輩c「はいっ」

純「それにしてもお腹すいたね。なんか食べて帰る?」

後輩c「そうですね…」

先輩B「そこのお二人さん。暇なら私のお店に来るかい~?」

純「え? センパイのお店…?」

先輩B「そ、バイト先の喫茶店。今日は店長もいないし、お客さんも来ないだろうから暇なんだよね~」

純「じゃあ…そうます!」

純「いいよね?」

後輩c「はい、分かりました」

先輩B「んじゃ、出発~」



390 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:36:23.44 ID:z2qznvHio

――喫茶店

純「私、センパイのバイト先初めて来ました」

先輩B「そうだっけ? そういえばそうだったね~」

先輩B「とりあえず何か飲む?」

純「あ、はい。じゃあメロンソーダで」

後輩c「私は…オレンジジュースを」

先輩B「なんだよ~、誰もコーヒー頼まないのかよ~。淹れるの得意なのに~」

後輩c「あ、じゃあ…」

先輩B「冗談冗談、無理して頼まなくていいヨ」

後輩c「す、すいません」

先輩B「マジメだね~、そういうの好きだよ」

後輩c「すっ、好きって…えぇっ!?」

純「そのまんまの意味じゃないって」

後輩c「あ…す、すいません!」

先輩B「あはは~…面白い子だね~」



391 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:36:51.56 ID:z2qznvHio

先輩B「はい、おまちどう」

純「あっ、アイスクリーム」

先輩B「サービスサービス。はい、後輩ちゃんも」

後輩c「ありがとうございます」

先輩B「ついでに今料理作っちゃうから~、なんか注文しといて」

純「ロシア料理ってありますか?」

先輩B「ロシア行きな」

後輩c「私は…カレーライスで」

先輩B「あ~い、了解~」

後輩c「あの…で、できれば甘口でお願いします」

先輩B「ん? いいよ~。それで純は?」

純「ロシア料理は……」

先輩B「しょうがないな~、ボルシチなら作ってみるよ」

純「やった!」



392 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:37:32.11 ID:z2qznvHio

・・・・・

先輩B「はい、できた。私も食べよっと」

純「すご…本場のボルシチみたい。センパイって料理上手なんですね」

先輩B「得意だよ~、店長より上手いしね。どう? 辛くない?」

後輩c「は、はい。美味しいです」

純「憂とどっちが美味しいんだろう…」

先輩B「うい?」

純「あっ、友達です。その子も料理上手なんですよ」

先輩B「へぇ~…純って色んな友達いるよね。この前も映研の手伝いしてたし」

純「あれは…頼まれて仕方なく」

純「そ、それより! 今日の副部長かなり怒ってましたけど、あの後どうでしたか?」

先輩B「ん? ん~~……どうだろうな~~」

先輩B「いつも通りじゃない? 純は気にしないでいいよ」

純「そっか、そうですね」



393 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:38:04.67 ID:z2qznvHio

純「でもなんか今日の副部長の言葉はグサッときたなー」

純「あとどれくらい練習頑張ればいいんだろう……」

先輩B「そうだね~」

純「頑張りすぎてプロになってたりして」

先輩B「プロか~、いいね~。なれるんじゃないの?」

純「じゃあ私がプロになったらCD買ってくれますか?」

先輩B「中古でね」

純「えぇー、そこは新品で買ってくださいよ」

後輩c「わ、私は買います! 五枚くらい…」

純「五枚も!? 一人当たり五枚も買ってくれれば…十億ぐらい稼げますよね?」

先輩B「普通の人は五枚も買わないだろ~。純のCDならレンタルで済ませちゃうんじゃない?」

純「買ってくれますもん!」

先輩B「そうだね~、買う人もいるかもね~」

純「可能性ありますよね!?」

先輩B「可能性か~…まぁそれぐらいなら、世の中どうなるか分からないからあるかもね」



394 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:38:30.80 ID:z2qznvHio

純「つまり私のCDは世の中がどうにかならないと売れないってことですか…」

先輩B「ま、何事もやってみれば分かるんじゃない?」

先輩B「とりあえず純はプロとか言う前にレギュラー取らないとな~」

純「…はーい」

後輩c「……」

先輩B「…そういえば純は覚えてる? 去年の文化祭」

純「え?」

先輩B「文化祭が終わったあとさ、居残り練習したじゃん」

純「…あ、しましたね」

先輩B「あの時、なんで居残り練習したのか覚えてるかい~?」

純「私は…えっと……」

先輩B「……」

純「……あっ、軽音部の演奏見て」

先輩B「同じ学年の子が舞台に上がってるのが羨ましくて、自分も頑張ろうと思ったんでしょ?」



395 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:38:57.95 ID:z2qznvHio

純「そうだ…梓」

後輩c「……」

後輩c(また梓先輩……どういう人なんだろう)

先輩B「ま、初心を思い出したなら引き続き頑張りな~。困った時はさ、いつでも助けてあげるから」

純「あははっ…はい」

後輩c「……」

純「あ、お手洗い行ってきていいですか?」

先輩B「うん、いいよ~。いってらっしゃい」

後輩c「……」

先輩B「ジュースおかわりする?」

後輩c「あっ……お願いします」

先輩B「おっけ~。おかわりは特別サービスでタダにしてあげる」



396 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:39:28.66 ID:z2qznvHio

後輩c「……」

先輩B「はい、おかわり」

後輩c「あ、ありがとうございます」

先輩B「いえいえ、どういたしまして」

後輩c「……あの」

先輩B「うん?」

後輩c「部長は……軽音部のことどう思いますか?」

先輩B「え?」

後輩c「いえ…その……」

先輩B「軽音部ねぇ~……よく分かんないけど、向こうは向こうで楽しくやってるんじゃない?」

後輩c「……」

先輩B「急にどうした~?」



397 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:39:55.20 ID:z2qznvHio

後輩c「いえ…なんか変だと思って……」

先輩B「?」

後輩c「だって…ジャズ研なのに……みんな軽音部のこと話題にして…」

後輩c「純先輩まで……」

先輩B「う~~ん……そりゃまぁ、同じ音楽部で注目の的だしな~」

後輩c「で、ですけど……それじゃあジャズ研は…」

先輩B「…好きなんだ、ジャズ研のこと」

後輩c「え?」

先輩B「軽音部に嫉妬するぐらい、大切に想ってるじゃん」

後輩c「……」

先輩B「私の憧れの人もさ、ジャズ研のこと大切に想ってんだよね」

先輩B「軽音部に嫉妬というかそいうの通り越してるぐらい」

後輩c「部長の、憧れている人…?」



398 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:40:39.27 ID:z2qznvHio

先輩B「その人はね、もともと音楽の才能があるわけじゃなくて本当に普通の人だったんだけど」

先輩B「努力することに関しては…たぶん、誰よりも凄かった」

先輩B「一人でジャズ研作って、一人で部員をまとめようとして、一人で全部がんばろうとして…」

先輩B「バカなくらい無理してるから、見てるこっちも結構心配してたんだよね~」

先輩B「それでいて強がりだから余計ほっとけなくて」

先輩B「でもさ、あの人は最後まで頑張り通したんだ。高校三年間…ほんと凄いな~って思った」

後輩c「……」

先輩B「辛いことがあっても、そんなの乗り越えられるぐらい頑張れるものって…そういうのは意外と見つからないもんだよね」

先輩B「なんでも楽しめればいいんだろうけど…それだけじゃたぶんダメだろうし」

先輩B「だから、そういうことを見つけて成し遂げたあの人は、私にとって憧れなんだよね」

後輩c「……」

先輩B「とと、なんか関係ない話になっちゃったかな~…」

先輩B「まぁ、周りが軽音部とか何だろうとか言っててもどうでもいいじゃん」

先輩B「ジャズ研のことが好きな自分がいれば、それで十分だよ」



399 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:41:13.58 ID:z2qznvHio

後輩c「……」

先輩B「ん~~…久しぶりに長々と喋ったから顎が痛いナ~」

後輩c「私は…」

先輩B「お?」

後輩c「私は…純先輩に憧れてるんです」

後輩c「純先輩は明るくて、友達もいっぱいで、私にはないものをたくさん持ってて…」

後輩c「ジャズ研に入った理由も、純先輩がいたからで……でも、練習してるうちにベースも好きになって」

先輩B「……」

後輩c「ずっと一人ぼっちだったけど、純先輩がいたから…私は変われて、ジャズ研にも居場所ができたようで……」

後輩c「だから…純先輩は私にとって、特別な存在で……私も純先輩みたいになりたくて…」

先輩B「へぇ~、そうなんだ」

後輩c「これって……変なことですか?」



400 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:41:54.68 ID:z2qznvHio

先輩B「なんで?」

後輩c「同級生の子に…純先輩に憧れてるって言ったら変だって言われて……」

先輩B「別に変じゃないよ? まぁ本人が聞いたら驚くだろうけど」

後輩c「変じゃ…ないですか?」

先輩B「うん、変じゃない」

後輩c「グズッ……ヒッグ…」

先輩B「えっ、なんで泣いちゃうの」

後輩c「私゛…ぐやじくで……ヒッグ」

後輩c「純先輩だっていい先輩なのに……誰も気づいでぐれなぐで…」

後輩c「みんな゛…純先輩もジャズ研もどうでも゛よぐで……」

先輩B「…ほらほら、とりあえず鼻かみな~」

後輩c「グスッ……」



401 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:42:26.94 ID:z2qznvHio

先輩B「考えすぎだって、みんなそこまで思ってないから」

先輩B「そうじゃなきゃ今日まで部活やってこれなかったはずだよ?」

後輩c「……」

先輩B「はい、涙ふいて。かわいい顔してるんだから泣いてちゃもったいないよ~?」

後輩c「すいません……私…」

先輩B「いいって、たまには本音言ってスッキリするのも大切だし」

後輩c「……」

先輩B「落ち着いた?」

後輩c「はい…」

先輩B「純のことが好きならさ、いつも笑うようにしないと」

先輩B「暗い顔や泣いてる顔ばっかだと、嫌われちゃうぞ~?」

後輩c「は、はいっ」

先輩B「じゃあ笑顔の練習。はいどうぞ、笑って」

後輩c「え、えっと……」

純「戻りましたー…って何してるんですか?」



402 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:42:54.34 ID:z2qznvHio

先輩B「長かったね、食べ過ぎた?」

純「いや、そうじゃないですけど…」

後輩c「あ…おかえりなさい、純先輩」」

純「どうしたの? 目真っ赤じゃん」

後輩c「いえ……」

先輩B「ちょと練習のしすぎでね~」

純「練習?」

先輩B「笑顔の練習。純もやるかい~?」ギュ~ッ

純「いたたっ!? そんな無理やり顔の形変えても!!」

先輩B「あはは、変な顔~!」

純「もー…ひどいじゃないですか」

後輩c「純先輩…」

純「なに?」

後輩c「…いえ、なんでもないです」クスッ

純「?」



403 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:43:20.41 ID:z2qznvHio

・・・・・

先輩B「でさぁ~、商店街の人たちに頼まれてジャズ研で演奏して欲しいんだって~」

純「私も出れますか!?」

先輩B「う~ん…チャンスがあればね~」

純「よしっ! 華麗な商店街デビューできるようがんばります!」

先輩B「商店街デビューって…なんか間抜けなデビューだな~」

純「そうですか?」

ガチャッ

先輩B「あ、いらっしゃ――」

先輩「あら、よかった。いたのね」



404 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:43:49.66 ID:z2qznvHio

先輩B「あっ」

純「せ、先輩!?」

先輩「純も、久しぶり」

後輩c「え……えっと」

先輩B「来るなら連絡ぐらいくれればいいのに~」

先輩「ごめんごめん」

先輩B「言っておきますけど、先輩の好きなドクターペッパーは品切れですからね~」

先輩「えっ…じゃあ適当にコーヒー淹れてちょうだい」

先輩B「はいはい、先輩用に変な味のやつ作っておきます」

純「先輩…なんかすごくキレイになりましたね」

先輩「そ、そう?」

先輩B「バッグは高いの持ってるくせに靴は安いやつはいてますね」

先輩「く、靴は今度買うの!!」



405 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:44:52.57 ID:z2qznvHio

純「大学はどんな感じですか?」

先輩「うん…まぁまぁかな。新しくバンドも始めたし」

純「へぇ、すごいですね!」

後輩c「……」

先輩「えっと…」

純「あ、この子は今年から入った一年生で」

先輩「そうなんだ、なるほどね」

後輩c「は、初めまして。先輩のことは純先輩から聞いています」

後輩c「すごくカッコいい先輩だって…」

先輩「あ…あはは、そうかしら?」

先輩B「見てくれがカッコいいだけだよ~」

先輩「むっ」

先輩B「はい、特製コーヒー先輩帰省記念バージョン」

純(くさっ!?)

先輩「あら、良い匂い」

純「えっ」



406 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:46:12.87 ID:z2qznvHio

・・・・・

先輩「このお店、配置変わった?」

先輩B「春にちょこっと」

先輩「へぇ~…」

純「…それじゃあ私はそろそろ帰ります」

先輩「え? もう帰っちゃうの?」

純「はい、用事もあるんで」

先輩「そう……明日私もジャズ研の練習見に行くから、またね」

純「ほ、本当ですか!? やった!」

先輩「ふふっ」

純「じゃあ失礼します、また明日」

後輩c「あ、私も…失礼します」

ガチャッ バタン

先輩「……相変わらずね」

先輩B「そうでもないですよ~、みんな日々変わってますって」

先輩B「コーヒーのブレンドも日々研究して変わってるし…それと同じですよ」

先輩「そっか…そうね」



407 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:51:40.92 ID:z2qznvHio

先輩「それよりどう? 部長は。やれてる?」

先輩B「う~ん…周りの支えのおかげでぼちぼちと」

先輩B「先輩のほうは?」

先輩「周りのおかげでぼちぼちと」

先輩B「なんだ、変わってないですね~」

先輩「うーる-さーいー」

先輩B「うーるーさーくーなーいー」

先輩「はぁ……まったくあんたは」

先輩B「それで、今日はこの後どうするんですか?」

先輩「そうね……あんたの家に泊まってもいい?」

先輩B「え? うち?」

先輩「ダメ?」

先輩B「別にいいですけど…なんでうち?」

先輩「いいじゃない、お互い積もり積もった話とかあるでしょ?」



408 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:52:18.72 ID:z2qznvHio

先輩B「…要するに先輩の愚痴を聞けってことですか~?」

先輩「うっ……土産話とかもあるわよ?」

先輩B「どんなの? 彼氏ができたとか?」

先輩「……」

先輩B「…まぁ期待はしないでおきますけど」

先輩「そうだ、勉強みてあげる。あんた今年受験でしょ?」

先輩B「あ、大丈夫です。先輩より偏差値の高い大学行くんで」

先輩「……憎たらしいとこは変わってないわね」

先輩B「チャームポイントですからね」

先輩「はぁ……ま、いいけど」

先輩「コーヒー、おかわり」

先輩B「はいは~い」

先輩「ん…」



409 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:53:39.63 ID:z2qznvHio

・・・・・

後輩c「あの、純先輩…」

純「なに?」

後輩c「よかったんですか? せっかく先輩が来てたのに…」

純「うん、また明日会えるし。それになんか二人の邪魔しちゃいけないかなーって」

後輩c「?」

純「それと今は……あっ、あそこいいかも」

後輩c「え?」

純「ほら、あそこの河原。行こっ」

後輩c「え? あ、はいっ」



410 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:54:38.60 ID:z2qznvHio

純「よいしょっと、ここら辺に座って…」

純「ふぅ、草のにおいがするね」

後輩c「あの…ここで何をするんですか?」

純「ベースの練習」

後輩c「えっ…こ、ここでですか?」

純「うん、ちょうどいいじゃん」

純「それに河原でベース弾くなんてなんかカッコよくない?」

後輩c「そうですけど…」

純「私さ、もっともっと練習してベース上手くなって…いつか舞台の上で満足できるような演奏したいの」

純「先輩や梓、澪先輩やジャズ研のみんなが感動するような演奏…」

純「ようやくまた、はっきりとした目標見つかったかなー」

後輩c「……」

純「だから今は練習あるのみ!」

後輩c「純先輩…」

純「あははっ…なんかこんな所でこんなこと語るのって青春っぽいね」

純「あっ、用事があるんだったら先に帰っても…」

後輩c「いえ、私も純先輩と一緒に練習します」



411 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 08:55:49.72 ID:z2qznvHio

純「あ…本当に?」

後輩c「はいっ、一緒にさせてください」

純「ありがとう…よかったぁ。本当はこんな所で一人ぼっちじゃ寂しいと思ってたんだよね」

後輩c「ふふっ」

純「あはは…じゃあ早速やろっか」

後輩c「はいっ!」

純「ほら、横座って」

純「とりあえず課題の曲を…」

後輩c「純先輩」

純「なに?」

後輩c「私も頑張りますね!」


##9 おわり



412 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 09:05:28.57 ID:z2qznvHio

純が三年になって軽音部に入るときに
「ジャズ研はつまんないから軽音部に行く」という動機が個人的にあってほしくなかったので
名無しに色々とキャラ付けをしてジャズ研の描写を書いています、が
まぁ逆に軽音部に転部させづらくなったような。なんか純の志向も妙に高くなったような。
一応アニメ・原作からは脱線させないつもりなんですけどね・・・

というわけでここまで。




414 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 15:33:34.94 ID:V2hkkT5DO

遅ればせながら乙



415 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/02/10(木) 17:44:11.21 ID:UZxYMcrHo

乙なり





関連記事

ランダム記事(試用版)




純「ジャズけん!!」##9
[ 2011/02/11 19:27 ] 日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:929 [ 2011/02/12 22:27 ] [ 編集 ]

先輩は嗅覚まで変なのかww

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6