SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ミステリィ >  律「探したよ婆さん!」#純編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「探したよ婆さん!」#純編 【ミステリィ】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1297444828/l50


律「探したよ婆さん!」#律編
律「探したよ婆さん!」#唯編
律「探したよ婆さん!」#梓編
律「探したよ婆さん!」#澪編
律「探したよ婆さん!」#紬編




814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 21:49:26.26 ID:ff2a6lj10

選べなかったので…残りで憂純和やろうと思います。

それでもHTTの五人に比べれば相当短めになっているのであしからず。



818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:39:01.57 ID:ff2a6lj10

すいませんずいぶん遅くなりました。

純編からです。



819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:40:44.76 ID:ff2a6lj10

純「あーあ、今月ピンチだなぁ」

私は中身の軽い財布を見つめながら言う。

憂「そんなにお金使っちゃったの?」

純「スーパーで季節限定のお菓子が発売されたからさ、ちょっと買いすぎちゃった」

梓「純って限定って言う言葉に弱いよね」

今日は休日と言う事で、喫茶店で梓と憂とお茶をしていた。

梓「もうちょっと節約すればいいのに」

純「それができれば苦労しないって」





820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:44:29.56 ID:ff2a6lj10

憂「じゃあ、今日のお茶代は私が出すよ」

憂が突然奢ってくれると言いだした。
今月ピンチの私としては嬉しいことだけども…

純「いや、いいっていいって!」

流石に自分で誘っておいて友達に自分の分を奢らせることになるの嫌だ。

憂「そうかな?遠慮しなくてもいいよ?」

純「遠慮がどうこうじゃなくて…別の問題というか」

しかし自分の財布のことを考えると甘美な誘惑にも思えてくる。



822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:49:23.26 ID:ff2a6lj10


梓「無理しないで貸してもらったら?」

純「うーん…」


純「ごちそうさまでした」

憂「いえいえ」

目の前の女神に深々と頭を下げる。

梓「はぁ…。純っていつか破産しそう」

純「そんな哀愁こもった目でみないでよ」



825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:54:14.05 ID:ff2a6lj10

憂「あはは」

笑ってはいるものの憂も若干、苦笑いになっている。

純「借りた分は来週絶対に返すね」

憂「お金なら返さなくても大丈夫だよ。勝手に出すって言ったのは私の方なんだしね」

純「大丈夫だって、アテはあるんだから」


純「とか見栄張って言っちゃったけど、アテなんてないんだよね…」

憂と梓とバイバイして帰路に着く途中でお金のことを考える。

三日前お母さんから貰ったおこずかいは使い果たしちゃったし、貰ってすぐに借りるわけにもいかない。



827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/16(水) 23:58:14.76 ID:ff2a6lj10

純「あーあ、どっかにお金落ちて無いかな」

財布か何かが落ちて無いかと地面を見ながら歩く。
梓に見つかれば「恥ずかしい」とか「みじめ」とか言われそうだ。

その時、家と家の間にお婆さんが座っているのを見つけた。

老婆「」

純「(…何なんだろう、あのお婆さんは)」

老婆「……」

純「?」

よく見ると老婆の前には木箱が置いてあり、その上に立て札と黒く輝くホルダーに入った口紅が一つ置かれていた。



828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:01:44.66 ID:+8aRqX9d0

『おせじな口紅 売ります』

純「(おせじ?)」

老婆「……」

少し興味を持った私は老婆に近づいてみる。

老婆「いらっしゃいませ」

純「あ、ごめんなさい。私お客じゃないんです」

手持ちはせいぜい百円と数十円。
とてもじゃないが口紅なんて買えない。

純「これってお高いんですか?」

老婆「五十円でございます」



829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:06:42.47 ID:+8aRqX9d0


純「はぁ!?」

つい大声を張り上げてしまった。
いや、だってこれが五十円って…安物にしてももうちょっと高いよ普通は。

でも…綺麗だし傷も無い。

私もちょっとはおしゃれしてみようかな。

純「五十円ならいっか。買いますお婆さん」

老婆「お買い上げありがとうございます」

財布はさらに軽くなった。



831 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:12:53.03 ID:+8aRqX9d0

休み明け、学校に行く前に早速その口紅をつけてみる。

純「…ちょっとは大人っぽくなったかな?」

お母さんに見せに行ってみよう

純「お母さん」

母「あら、純。どうしたのその口?」

純「お母さんって本当に美人だよねー」

突然思ってもいないことが勝手に口に出た。

母「え?そ、そう?」



833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:16:52.93 ID:+8aRqX9d0

純「私はこんな美人さんの娘で幸せだよ」

母「もう。冗談がすぎるわよ」

そう言いながら母の顔はデレデレしている。

しかし私はこんなことを言おうと思ったつもりは更々無い。

純「(どういうこと!?勝手に言わされてる…)」

純「もう私は世界一の幸せ者で…(以下略)だよお母さん!」


母「あはは…何だか気分がいいからお小遣いあげちゃおっかなー」

純「(え?マジ?ラッキー!)」



835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:20:58.92 ID:+8aRqX9d0

気を良くした母から今月分のお小遣いをもう一度貰う事ができた。

これで借りたお金を憂に返せるよ……よかった。

純「だけど…一体何でなんだろう?」

自分が意識しなくても口が勝手に話してしまった。

こんなことは今までに一度も無かった筈なんだけどね。

純「この口紅つけた時から…!」

まさか「おせじな口紅」って、おせじを言って人を喜ばせることのできる口紅ってこと?



836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:24:55.77 ID:+8aRqX9d0

純「(そんなものが存在するって言うのはすごいけど…でも何か微妙な力…)」

梓「どうしたの?ボケっと歩いてたら危ないよ」

そんな中、学校の登校途中で梓に出会った。

純「(梓か…)」

梓「純?」

純「梓ってさ、何かこう…守りたくなるよね」

梓「は?」

最初の反応は、まぁ当然かな。



838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:28:50.74 ID:+8aRqX9d0


純「だって凄く可愛いしさ。手だってこんなにちっちゃくても必死にギター頑張ってるんだもんね」

梓「え…可愛いって、そんな褒めても何もでないよ」

純「その梓を何で世間は認めてくれないんだろうか?私は理解に苦しむよ」

梓「そんな、そこまでのことじゃ…」ニヘラヘラ

随分と表情が緩くなってきた。

純「背の小さいのもいい味だしてるし(以下略)」ペラペラ


梓「えへへ…へへっへ」

純「(うわ、凄いニヤケ顔!)」

梓「もう、純ってばお世辞が上手いね」ニヘヘ

本当にお世辞なんだけどさ。



840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:36:39.63 ID:+8aRqX9d0

梓と話しているうちに教室へと到着。

純「おはすー」ガラッ

梓「おはよう」

憂「おはよう。梓ちゃん、純ちゃん」

出迎えてくれたのは憂。

あ、これは来るね。

純「うん、今日も綺麗だね憂は」

憂「ext!?」




841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:38:30.98 ID:1olTJ5BSO

憂wwww



842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:40:21.80 ID:0pkw0XkC0

チューハイ吹いたwwwwwwwwwww





843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 00:42:59.64 ID:+8aRqX9d0

いきなりの出来ごとに素っ頓狂な声を出す憂。

純「その髪その目その肌その口その鼻その耳…全てが美しいよ」

憂「…あ、ありがとう?」

純「憂に比べればモナリザなんて(以下略)」ペラペラ

純「宇宙すら(以下略)だね!」


憂「そ、その…あの…あううう」オロオロ

べた褒め攻撃に憂は耳まで真っ赤にしていた。

純「そう言えば忘れに無いうちにお金返しとくね」

財布を取り出そうとしたら憂に手を押さえられた。




845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:04:16.85 ID:bJaoFdwZO

>>1君、いい仕事す~るじゃないか。

頑張りた~まえ



846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:18:46.89 ID:vn3ogHcH0

>>845
誰だよ



848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:48:53.00 ID:+cbdr9i5O

>>845
若本ボイスで再生された



849 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 01:54:08.44 ID:kdJ7EFSQ0

>>848 やっぱり?



853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 03:10:32.95 ID:+8EunuXf0

>>848
何も思わなかったのにお前のせいで…



854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 03:12:16.56 ID:1k2RqAVS0

>>848
くそっお前のせいで若本ボイスで再生されたじゃないか



855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 03:12:43.09 ID:OGvXsjpkO

>>845
若本www





878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:01:15.11 ID:+8aRqX9d0

すません。
さるさん喰らってそんまま寝てました



879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:03:31.41 ID:+8aRqX9d0

憂「いいから!」

純「いや、でも」

憂「本当にいいから!」

純「…そう?なら、ありがと」

梓「……」ソワソワ

純「?」

梓「…!」

梓は目を合わせると目をそらす。
それにスカートの前で手を重ねてそわそわしている。



880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:07:22.80 ID:+8aRqX9d0

純「(なんか私も褒めてって顔してるね)」

純「どうしたの?」

梓「な、何でもないよ」

純「…」ニヤ

純「ペラペーラ」

――

梓「ふにゃあ…」ガクッ

純「ちょっ!?大丈夫?」

少しほめすぎたのか、足腰を崩し膝をつく梓。



881 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:12:20.65 ID:+8aRqX9d0

純「大丈夫?」

梓「ほへ…」

駄目だこりゃ。完全に骨抜き状態になってる。

女子A「梓ちゃん大丈夫?顔真っ赤だよ?」

女子B「あ、本当だ」

クラスメイトの女の子が梓の様子がおかしいことに気付いた。


純「そう言えばさ、二人とも可愛いね」


それからというもの、私は人を褒めて褒めて褒めまくった。
するとびっくり、私は「学校で一番良い人」と言われるようになっていた。

それどころか顔を見ただけで挨拶もされたりもする。



882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:19:17.09 ID:+8aRqX9d0


純「(授業つまんないなー)」ポチポチポチ

教師「コラ、鈴木。授業中に携帯とは何事か」

純「あ、先生また男上げましたね。お嫁さんも幸せでしょうに(以下略)」

教師「ま、全く……ほどほどにな」

純「(ちょろいモンだよ)」

憂「純ちゃんって本当に人を喜ばすの上手いね」

純「まぁね」



884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:24:15.18 ID:+8aRqX9d0


律「なー梓、お前の友達の鈴木さんって人を褒めるのがすごい上手いんだろ?」

梓「純のことですか?」

律「そーそー、純ちゃん。クラスの奴から聞いたんだよ」

澪「ああ、あれって鈴木さんのことだったのか」

唯「純ちゃんがどうかしたのー?」

梓「あれは…正直堪りませんね」

律「そんなにか?!」

梓「こう、心の底から温まるって言うか…一度褒められるとヤミツキになってしまいますよ」



885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:29:23.91 ID:+8aRqX9d0

唯「へー。それじゃ、ちょっと行ってこようかな」

律「あたしも行く!」

梓「この時間じゃもう帰ってるんじゃないですか?」

律「ちぇ、なら明日で行こうぜ」

唯「うん」

澪「(ここ最近で急に有名になった鈴木さん。今まではこれと言った特徴は無かったはず)」

澪「(嫌な予感がする……この感じ前にも)」



886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:36:52.51 ID:+8aRqX9d0


澪「ちょっと出てくる、すぐ戻るから!」

律「え?鈴木さんもう帰ったんだろ?」

澪「別の要件だ!」タッタッタッ


唯「いっちゃったね」

律「何だあいつは」

紬「お茶入ったよー!」



888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:41:02.10 ID:+8aRqX9d0

その日の帰り道、私は重大な事に気付いた。

純「口紅がもう無くなりかけてる…」

今は既に口からふき取っているが、肝心の本体の方が無くなりかけていた。

無くなったらどうしよう…あのお婆さんの所に行けばまた買えるかな?

「おーい!」

誰かに後ろから声をかけられる。

振り向くとその人は息咳きった澪先輩だった。

澪「はぁ…やっと追いついた」

純「どうしたんですか?そんなに息を切らして」




889 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:41:18.18 ID:wLb7lQQd0

澪が人間的に成長してるな





890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 16:47:11.49 ID:+8aRqX9d0

澪「いや、あのさ。近頃鈴木さんの名前よく聞くからね」

純「それはどうも」

澪「一体何があったのかなって」

心配されているのだろうか?
ベースの憧れの先輩に気にされることは嬉しいけど…。

澪「ここ最近で変わったこととか無かった?」

純「変わったこと?」

澪「何て言うのか…誰かに不思議な物を買わされたりさ」

「不思議な物」「買う」
このキーワードに一瞬ピクッとしてしまう。



897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:25:00.92 ID:+8aRqX9d0

純「無いですよ?でも、何でそんなこと?」

澪「あー、その…えーと…そう!」

何かを思いついたように言う澪先輩。

澪「ここ最近変な物を売りつけるお婆さんがこの町に出没するらしいんだ」

純「(お婆さん…!?)」

澪「(お。今、瞳孔が一瞬大きくなったな)」

純「そ、その人が何か?」

澪「何だか詐欺な商品ばかり売ってくるらしいんだよ。だから買っちゃだめだよって」



898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:27:02.99 ID:+8aRqX9d0

純「お気づかいどうも。でも学校抜け出してまで、わざわざ言いに来なくても…」

そんなことなら普通に明日言えばいいのに。

そもそも何で私にだけ?

澪「…もし仮に買って使ってしまっても、一度はまだいいかもしれない。けど次は絶対に買っちゃ駄目だよ」

純「(この人…口紅のこと知ってるの?)」

澪「(あの例のお婆さんが鈴木さんが有名になった道具を売ったとしたら…)」

純「(何か言ってごまかさなきゃ)」

澪「(鈴木さんの性格的にまた何かを買って…それで最終的に不幸にな目に)」



900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:30:44.20 ID:+8aRqX9d0

純「あ、私急いでるんで…」ザッ

私は話を切り上げてそそくさと立ち去ることにした。

澪「忠告はしたから…後は君しだいだよ」ボソッ

純「……」

最後に澪先輩が何か呟いた気がするけど…いいや。
気にせずに足を進めた。


そんなことよりあのお婆さんまだいるかな?


純「いた!」

この前の場所にあのお婆さんはいた。



901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:35:03.92 ID:+8aRqX9d0

純「あのさお婆さん、この前の口紅切れちゃったんだ。もう一個無いですか?」

老婆「あの商品はあれだけでございます」

純「そんなー…」

がっくりと頭を垂れたけど、木箱の上に今度は白いホルダーに入った口紅が目に付いた

純「あれ?あるじゃん」

老婆「それは『悪い口紅』でございます」

純「何でもいいよ、また不思議な力があるんでしょ?」

純「で、いくら?」

老婆「百円でございます」



903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:36:54.86 ID:+8aRqX9d0


純「買い…」

澪先輩に言われたことを思い出した。

「次は無いよ」的なことを言っていた気がするけど…関係ないよね。

純「…買います!」

どんな効果が期待できるんだろうなー?



翌日、学校の教室に行くと前に唯先輩と律先輩が立っていた。

唯「あ、純ちゃん来たよりっちゃん!」

律「おー、来た来た」

どうやら私を待っていたようだった。



904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 18:38:26.04 ID:+8aRqX9d0

何の用事だろう。

純「どうしたんですか?」

唯「純ちゃんに褒めてもらおーと思いまして!」ビシッ

律「さぁ、頼む!」

手をシュビッとあげる二人。
どうやら、私の噂を聞きつけてきたと言った様子だった。

純「(困ったな…今日はまだ口紅つけて無いんだよね)」

純「ちょっと待っててください」

トイレで口紅を塗ろうと思ってトイレへと走る。

澪「……」

階段の上から澪先輩が見ていたとは知らずに。




909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 19:26:20.46 ID:8GYUPwE+0

こりゃ次スレがいるかもしれんな



914 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 21:56:03.97 ID:5ZBT53H90

次スレは要らんだろ
この>>1ならきっと綺麗にまとめてくれるさ





915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 21:59:24.53 ID:+8aRqX9d0

>>914
やるだけやってみます



916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:00:31.45 ID:+8aRqX9d0

純「これでよし、と」キュッキュッ

トイレの鏡で口紅を塗りなおす。

と、丁度終わった時に梓が入ってきた。

梓「あ、純!」

純「ん?」

梓「純に言われた通りにサイドテールにしてみたんだ」

確かに目印のツインテールからサイドテールになっている。

梓「これ、似合ってるかな?」

純「ゴキブリからカブトムシに進化しただけだろ」

…え?今、私何て言ったっけ?

梓「…え?」

純「ゴキブリは人類の大敵だけどカブトムシは人気者じゃん。よかったね」

面白いぐらいに悪口が頭の中に思い浮かんでくる。



917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:04:29.26 ID:+8aRqX9d0

梓「そんなこと…純の言うとおりにしたらみんな褒めてくれたよ?」

純「そうだね、ゴキブリが羽化しただけだね」

梓「ゴキブリゴキブリって、さっきから聞いてれば酷いよ、純!」

純「酷いのはお前のツラだよ」

梓「っ!!純の馬鹿!」

怒った梓はサイドテールを振りほどき走って行った。

純「口ほどにも無い…」

言い終えてあの「悪い口紅」の意味が分かった。
これは「おだてる口紅」と相対的な関係にあるんだ。

しかし不思議と悪口を言った後の罪悪感が無い。


教室に戻るとまだ唯先輩と律先輩が待っていた。

唯「純ちゃーん!褒めてー!」

純「うわっ!近寄んな、ミルクくせぇ!」

唯「」

律「」



919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:09:35.95 ID:+8aRqX9d0

律「え?」

純「うおっ!目がっ目が!」

目を押さえうずくまるフリをする。

律「ど、どうした!?」

純「こっちにその眩しいデコを向けるなっ!」

律「そんなに眩しいワケあるかっ!」

純「ところでダメ部長さんってハゲ進行してきてますよね?」

律「誰がだ!」

唯「私ってそんなにミルクくさいかな?」クンクン

純「そりゃミルク超えてゲロの領域だわな」

唯「ゲロって…いくらなんでも酷いよ」

律「全くだよ!行こうぜ、唯」

唯先輩と律先輩は怒りながら帰って行った。
まぁ、当然だ。褒められようと思ってきたのに逆に悪口を言われたんだから。



921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:14:44.21 ID:+8aRqX9d0

その日を境に、私の評判は「良い人」から「悪い人」へと変わっていった。
でもこれはこれで楽しいかもしれない。

ある時は同級生に

純「死ねシスコン。お前は姉の奴隷か?」

憂「何で…そんなこと言うの?」

ある時は先輩に

純「お嬢様?笑わせんなよ、その沢庵な眉毛より大根足の方を先に優先しろよ」

紬「ひどい…」

ある時は先生に

純「やーい!やーい!彼氏できねーババーア!」

さわ子「……」ワナワナ

ある時は生徒会に

純「これが眼鏡猿。あなたにそっくりね、この図鑑に載ってるサル」

和「あら、そう。じゃあ私生徒会に行くね」

純「(くっ…和先輩スルースキルが半端じゃない)」




922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:16:37.58 ID:wLb7lQQd0

わちゃんすげえwww





924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:21:28.76 ID:+8aRqX9d0

女子C「2年の鈴木さんってさー、悪口の帝王だよね」

女子D「あー、あの髪形ボンバーな子でしょ?」

女子C「もう信じらんないよ!一度口を開かせたら逃げない限り泣くまでやめないの!」

女子D「あっちのが悪いのに、どうやっても論破されちゃうんだよね」

澪「……」

――

純「くたばっちまえア~~~~メン♪」

澪「随分と自由にやってるようだけど…」

最近のお気に入りの歌を聞きながら歩いていると澪先輩に声をかけられた。

純「何ですかハゲの腰巾着さん?」

澪「何とでも言ってくれ」

純「え?アンタドM?マジひくわー…」

澪「…あんまり無茶やってると最後には痛い目見るよ?」ニッコリ

笑ってはいるものの、なぜか脳の奥から脊髄にかけて凍えるような笑みだった。



928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:26:42.74 ID:+8aRqX9d0

澪先輩ってもっと怖がりなキャラじゃなかったっけ?

純「そ、そんなんでビビると思ってんのかデブ!」

澪「言いたいことはそれだけだよ。じゃあね」

最後までクールに澪先輩は去って行った。

何だろう、何て言うかあの人は…地獄でも見てきたのだろうか?

純「最後には痛い目を見る、か」

純「…でももう今更だよ」

今日のところは口紅を落として帰ろう。

しかしそうもいかなかった。

女子A「おーす純ちゃーん」

女子B「ちょっと顔貸してくれないかなー?」

純「…くせぇ手でさわんなよ」



930 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:29:11.96 ID:+8aRqX9d0

ちょっとだけ抜けます

あと、察し良い人は気付いたかもしれないですが、時渡りで達観した澪です。




933 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 22:39:52.97 ID:sGpbQ3MOO

澪編の澪か
GEDATSUしてそうだなww






937 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:09:08.37 ID:C+QoG2TF0

この遅さなら制作移った方がいい



938 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:14:54.05 ID:Bs3k/ksF0

まあ本来>>331辺りで終わってたスレだし





941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:46:43.00 ID:+8aRqX9d0

分かりました。
もうちょっとスピード上げます。



942 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:48:42.50 ID:+8aRqX9d0

女子A「きゃはは、ほらほらどうしたのぉ~?」

女子B「大きな口叩いてた割にはこんなもん~?」

女子A「みんないつかあなたにギャフンと言わせようって言ってたんだよ?」

純「喋んなよ…息くせぇ」ゲホッ

好き放題やっていた報復はやはり来た。

あー、口ん中ドロドロだよもう。

女子A「口紅なんかつけちゃってさぁー」ゲシッ

純「そんなカスみたいな蹴り痛くねーし」

女子B「ふーん。じゃあもう、みんなに大きい口叩けないようにしてあげるよ」

女子Bが手を振り上げる。

私はゆっくりと目をつむった。
まぁ、澪先輩の忠告を無視した私が悪いんだけどね。



944 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:52:04.34 ID:+8aRqX9d0

……。
……?。

いつまでたっても手が振り下りてこない。

純「(?)」パチッ

純「はっ!?」

夢じゃないかと目をこする。
目をあけると、そこには私に忠告をした黒く長い髪の女の人が居た。

女子B「み、澪先輩…?」

澪「何やってるのかな、君達?」

女子B「何って、仕返し…痛っ!」

澪先輩が女子Bの右手をギリリと音がしそうなほど掴んでいた。

女子A「な、何で澪先輩が純に肩入れするんですか!?」

女子B「先輩の友達だってこの子に…!」

澪「だからってこういうやり方が許されるわけじゃないぞ?」

女子A「そうですけど…」

澪「こんなことが見つかったら、進学だって危ないんじゃないか?」



947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/17(木) 23:57:06.91 ID:+8aRqX9d0

女子A「そうですけど…」

澪「こんなことが見つかったら、進学だって危ないんじゃないか?」

女子A「でも!」

澪「まだやるって言うなら」ギリッ

女子B「あだだだっ!!」

女子B「わ、分かりました!澪先輩がそう言うならやめます!」

澪「そうか。…で、君は?」

女子「はひ、すいませんでしたっ!」

女子二人は逃げるように帰って行った。


澪「大丈夫?」

私の前に立つ元・憧れの先輩は手を差し出してくる。

純「何で来たんですか…?」

口紅は取れて、私の口調は元に戻っていた。



948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:05:20.55 ID:mBn52xUQ0

純「何で助けたんですか?最後には痛い目見るって言ってたのは澪先輩じゃないですか…」

純「そして私はそれを無視しました」

澪「見えないところでやられる分は、そりゃ自業自得さ」

澪「でも目の前でやられてちゃ助けないわけにもいかないよね?」

純「ほっといてればいいものの…」

大体澪先輩はこういう状況なら一目散に逃げ出す人のはずだし。

澪「そう言わないでよ。鈴木さんを助けることだけなんて、アレに比べたらどれだけ軽いことか…」

純「アレ?」

澪「ん?あ、ああ。気にしないでくれ」

この人は確実に私が出会った時の澪先輩じゃない。

梓が前に何か言っていたような気がしたが、確かにまるで別人のようだ。




950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:06:16.42 ID:UrZ8zHlx0

澪△





953 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:12:01.57 ID:mBn52xUQ0

純「きっつ…」

重い体を壁にもたり掛ける。

純「澪先輩」

澪「ん?」

純「どうして私が不思議なお婆さんからコレ買ったって分かったんですか?」

ポケットから例の口紅を取り出して澪先輩に見せる。

澪先輩は「やっぱりか」と言う顔で笑いながら眉尻を下げる。

澪「昔さ、君みたいな女の子が居たんだよ…」

純「私みたいな女の子?」

澪「うん。真面目な口調から急に横暴な口調に変わってしまった女の子だよ」

急に…変わった?

純「それって、まさかあのお婆さんの道具で?」

澪「よく分かったな」

純「だって…今の私そっくりじゃないですか、その女の子」



955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:23:00.64 ID:mBn52xUQ0

澪「そう。そしてその女の子は君と同じくまた不思議な商品を買った」

澪「ただ一つ、可哀そうなのは『不運』だったってことだな」

純「何がですか?」

澪「その子は君と違って買った商品を悪用したりしなかった…けど、運命ってのは残酷ものだよ」

しだいに澪先輩の顔がうつむいて言った。

澪「その女の子が最終的にどうなったか知りたい?」

純「…はい」

澪「周りの人間を全て巻き込んで、最後は自分が壊れた」

純「…」ゾクッ

私もひょっとしたらそうなってたかもしれないってこと?

純「でも何でそんなことどこで?」

澪「はは、聞いた話だよ」

それにしては妙にリアルな話だった…。



956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:30:51.25 ID:mBn52xUQ0

澪「じゃあ、私はそろそろ部室に行くよ」

純「…ありがとうございました」

澪「顔に傷は無いみたいだからいいけど、腕とか足は保健室で処置してもらった方がいいよ」

純「分かりました」

澪「それじゃ、またね」

帰っていく澪先輩の背中を見ながら思った。

私もこんな女性になりたいなぁ、と。


翌日、私は学校の人達に謝罪をした。
酷いことを言ってしまったことは勿論、自分の半生のためだ。



957 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:38:42.87 ID:mBn52xUQ0

純「酷いこと言ってごめんなさい」ペコリ

憂「私は気にしてないから顔をあげて?ねっ?」

純「憂…ありがと。あと、梓にも」

梓の方を見ると、せっせと髪形をサイドテールにしていた。

梓「これ、似合う?」

純「……うん!」

道具に頼らず、今ならはっきりと自分の言葉が言える。

梓「いいよ、純の事許してあげる」

純「えへへ。ありがと梓」

こうして私は今までの「普通の日常」を取り戻すことができた。

大事なことを教えてくれた澪先輩に感謝してもしきれない。


――

澪「そうそう、昨日見た落語でいい歌詞が浮かんできそうになったんだ」

律「お前、最近ますます高校生離れしてきたよな?」



958 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:40:13.45 ID:mBn52xUQ0

純編終わり。
あとは憂と和…。

入りきるかな?



962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:43:39.67 ID:mBn52xUQ0

多分、無理そうなので今度こそ完結します。

また機会があれば続きを投下します。

このスレを読んでくれた人たちに老婆の加護があらんことを。




965 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:49:59.61 ID:AMuDPnYh0

>>1乙
いつか続き期待してる



967 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 00:53:03.07 ID:EwjBeyxy0

乙、超面白かったわ
また書いてくれ



968 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 01:01:01.70 ID:UrZ8zHlx0

乙!憂とわちゃん編楽しみにしてるよ



969 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 01:10:28.28 ID:Mir+A2N+0

乙ー!
ずっと追っててよかった。面白かった!



970 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 01:15:40.42 ID:nu78JFM40

久々にストーリーランド見たくなってきた
でもこっからは澪が全員の救済者になりそうだなww
とりあえず乙



972 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 01:20:30.37 ID:y9S8KlVBO

>>1 乙!
また書いてくいやい



974 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 03:09:46.89 ID:bKxLD3MJO

乙!
あ~懐かし面白かった



975 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 04:36:56.02 ID:Iq/BQGDQO

面!
乙白かった!



977 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 07:13:28.92 ID:n6U8khfP0

ふむ




978 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 07:16:32.59 ID:gmq4gPiIO



長く楽しめた



979 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 07:42:30.94 ID:wyKCa9X9O

乙です



980 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 08:01:12.90 ID:G/KqJgzS0

面白かったー!
乙!



981 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 08:02:39.86 ID:Ou5z1kWU0

よかった、残ってた
乙です






982 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:33:27.76 ID:YAIAbAMB0

もうそろそろ埋めちゃっていいんじゃないか?



983 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:39:29.54 ID:YAIAbAMB0

うめ



984 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:40:20.14 ID:YAIAbAMB0

埋め



985 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:43:04.43 ID:YAIAbAMB0





986 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:44:55.18 ID:YAIAbAMB0

生め



987 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 09:47:04.25 ID:YAIAbAMB0

産め






996 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 10:03:46.50 ID:YAIAbAMB0

とりあえず>>1000期待



997 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 10:05:04.26 ID:YAIAbAMB0

期待



998 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 10:05:50.61 ID:YAIAbAMB0

期待



999 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 10:06:23.06 ID:Ou5z1kWU0

期待



1000 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/18(金) 10:06:45.72 ID:U+LuWBpT0

終了






1001 名前:1001[]:Over 1000 Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://raicho.2ch.net/news4vip/




関連記事

ランダム記事(試用版)




律「探したよ婆さん!」#純編
[ 2011/02/18 15:03 ] ミステリィ | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1012 [ 2011/02/18 21:13 ] [ 編集 ]

面白かった!早く憂和編が見たいぜ、ついでにさわちゃん編もあるとありがたい。さらに欲を出すと姫子やいちごなどのモブキャラ編も見たい

タイトル:
NO:1022 [ 2011/02/19 10:14 ] [ 編集 ]

面白かった!管理人もまとめお疲れさま!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6