SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  憂「きみをおそろしい運命からすくいにきた?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「きみをおそろしい運命からすくいにきた?」 【ホラー】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298194584/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 18:36:24.12 ID:Gs2HQLPmO

スレ立て代理。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 18:37:01.79 ID:qLHRDDMr0

ドラスレとは





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 18:43:36.13 ID:vGuf51+s0

とある日曜日!
憂は自室で勉強をしていた。

憂「ふー、一段落付いたし休憩にしようかな。」

?「ちょっと良いかい?」

憂「ひっ!?」

突然の声に憂が後ろを振り向くと、そこには青くて丸い物体が座っていた。

憂「え……ウソ……ドラえもん?」

ドラえもん「うん、ぼくドラえもん。」

憂「…アハッ。本物? すごいすごい! 夢みたい! そうだ、ドラえもん、どら焼き食べたいよね?
  すぐ買って来るから待ってて! 帰っちゃダメだよ!」

ドラえもん「まあ落ち着きなよ、憂ちゃん。ぼくが何しにここに来たのかまず説明しなきゃ。」

憂「あっ…そういえばそうだね。ドラえもんは何で私の所へ来てくれたの?」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:01:26.18 ID:vGuf51+s0

ドラえもん「ぼくはきみをおそろしい運命からすくいにきたんだ。」

憂「…恐ろしい運命…?」

ドラえもんの不穏な言葉にゾクリと身を震わせる憂。

ドラえもん「えーと…、ぼくの秘密道具、絵本入り込み靴を知ってるかい?」

憂「あ、知ってる。本のお話の中に入り込んで物語を変える事が出来るんだよね…。」

ドラえもん「うん、そう。でね、実は憂ちゃんのいるこの世界…、お話の中の世界なんだ。
      それで絵本入り込み靴を使ってやって来たってわけ。」

憂「えっ…そうなの? それは…何というか、うーん…実感がないというか。
  でもドラえもんがそう言うならそうなんだろうね。」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:08:22.68 ID:vGuf51+s0

ドラえもん「憂ちゃん、パラレルワールドって知ってるよね。」

憂「うん、少しずつ違う同じ世界がたくさんあるって事だよね。」

ドラえもん「うん、それで、この憂ちゃんの居る世界も色んなパラレルワールドがある訳なんだけど…。
      この世界の憂ちゃん、つまりきみには地獄も顔負けの恐ろしい運命が待ち受けているんだ。」

ドラえもんの宣告に青ざめる憂。

憂「…恐ろしい運命って一体どんなものなんですか?」

ドラえもん「うん、平たく言えば拷問だね。生半可なもんじゃないよ、
      想像を絶する、壮絶としか言いようのない拷問だよ。」

憂「そんな…。怖いよ、助けてドラえもん…。」グスッ

泣きべそをかく憂。

ドラえもん「任せなさい。このドラえもんに出来ない事はないんだ。きみは大船に乗った気でいればいい。」

憂「ありがとう…。でもどうして私がそんな目に…。一体誰がそんな酷い事をするの?」

ドラえもん「琴吹紬だよ。」

憂「えっ!」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:11:40.21 ID:SimjkQT90

例の拷問SSをdisるような内容だったらやめたほうがいい





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:13:33.66 ID:vGuf51+s0

ドラえもん「これがそのテキストだよ。【紬「私、みんなを苦しめるのが夢だったの~」】読んでみるかい。」

憂「……」

ドラえもんからテキストを受け取り、読み始める憂。

憂「……」ポロポロ

憂「酷い…。こんなの人間のする事じゃない…。」ポロポロ

憂は目から涙があふれるのを止める事ができなかった。

ドラえもん「ショッキングな内容でしょ…。辛かったら読んだ記憶消す事も出来るよ…?」

憂「いえ…。お姉ちゃんに梓ちゃん、律さんに澪さん、それに私、
  皆の仇を打つためにも忘れる訳にはいきません。忘れるのは仇を打った後です。

ドラえもん「そうか…。悲劇は今から一週間後の夏合宿から始まる。
      とりあえずぼくは琴吹紬を確保しよう。それとこの事、他の軽音部の人達にはどうする?
      伝えるか否か…。」

憂「正直悩みますね。紬さんを大切に思っている軽音部の皆さんは復讐に反対するかもしれません。
  足並みが乱れるかも。でも拷問を狙われている仲間として知っておくべきではないでしょうか。」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:18:37.52 ID:vGuf51+s0

ドラえもん「分かった。皆を呼ぼう。取り寄せバッグ!」

ドラえもんは秘密道具の取り寄せバッグを使い、次から次へと軽音部員を呼び寄せた。
こうして憂の部屋に憂とドラえもん、紬を除く軽音部員が集まった。
皆、目を白黒させて驚いていたが、憂とドラえもんの説明に何とか落ち着いた様子だった。

澪「それにしてもムギが私達を拷問とは…。にわかには信じがたいな…。」

梓「そうですね。私もちょっと…。」

律「でもドラえもんの言う事だからなぁ…。」

唯「私はムギちゃんも信じたいし、ドラえもんも信じたいよ…。」

ドラえもん「まぁ、これを見てごらんよ…。」

【紬「私、みんなを苦しめるのが夢だったの~」】のテキストを全員に配るドラえもん。

梓「…うわっ、うわわっ、…これはむごいっ…。」

唯「何これ…信じられない…。」

律「おえええ! 何じゃこりゃ…。」

澪「ひっ、ひぃぃぃっ…。」ガタガタ

ドラえもん「それで、琴吹紬に復讐しようという話なんだけど、皆はどう思うか、意見を聞かせてくれ。」




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:21:16.60 ID:H7f6mqlC0

まだ何もしてないのに復讐っておかしくね?
まあドラえもんが間違えてなければムギは拷問の準備はしてるんだろうけど





28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:25:14.59 ID:vGuf51+s0

梓「私は、優しくて温厚なムギ先輩の事を尊敬していました。
  でもそれが偽りの仮面で皆を欺いていたのなら許せません。
  このテキストによるとムギ先輩は私達以外にも日常的に拷問を繰り返してたみたいじゃないですか。
  断固制裁を加えるべきです!」

唯「私は…、辛いよ。例え偽りでもムギちゃんと仲良くしてきたのは事実だもん…。
  私は決められないから皆の意見に従うよ…。」

澪「怖い…怖い…」ブルブル

律「私は梓と同意見だ…。このムギは許されるべきじゃない。」

憂「決まりましたね。私とドラえもん、梓ちゃんと律さん、6人中4人が制裁に賛成しました。」

ドラえもん「決まりだね。
      じゃあぼくは琴吹紬をシベリアの地下1千メートルに造った巨大地下室に監禁してくる。
      しばらく待っててくれ。」

ドラえもんはどこでもドアをだし、いずこかへ消えていった。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:29:56.64 ID:vGuf51+s0

律「しかしとんでもない事実が判明したな…。まさかムギがあんなとんでもない奴だったとは…。」

憂「他のパラレルワールドでは良い紬さんもいるみたいですけどね…。」

梓「憂と先輩方をあんな目に合わせるムギ先輩は許せない! やってやるです!」

唯「澪ちゃんしっかりして…。」

澪「怖い、怖いよ、ゆ、唯、抱きしめてくれ…!」ブルブル

唯「澪ちゃん…」ギュ

その時再びどこでもドアが現れ、ドラえもんが出て来た。

ドラえもん「準備は完了した。皆ついて来てくれ。」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:33:09.75 ID:vGuf51+s0

どこでもドアをくぐるとそこは巨大な地下室で、紬は壁に四肢を拘束されていた。
側には大柄な人間型ロボットが4体立っていた。

紬「皆! 助けて! 何だか良く分からないうちにこんなふうにされちゃったの!」

唯「ムギちゃん…」

律「フン…」

澪「……」ブルブル

梓「ざまあないです…」

憂「紬さん。ネタは挙がってるんですよ。分かりますよね、拷問狂の紬さん?」

紬の顔がみるみる青ざめる。



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:37:24.75 ID:vGuf51+s0

紬「う、憂ちゃん、何を言ってるの…? 私、そんな、拷問なんて…」

憂「この期に及んで見苦しいですよ、紬さん。ドラえもん、証拠を紬さんに見せてあげて。」

ドラえもんは紬の別荘、そこにある拷問器具の数々を立体映像で映しだす。

ドラえもん「琴吹紬、お前がこの子達を一週間後に迫った夏合宿で
      非道な拷問にかけるつもりである事は分かっているんだ。言い逃れはムダだぞ。」

紬「………………フン。どうやらごまかしは効かないみたいね。そうよ。私は拷問狂よ。
  あなた達を拷問で苦しめるのがずっと夢だったの。」

開き直った紬に、おびえていた澪がキレた。

澪「ムギ! お前…! ふざけるな!」

バシッ! 力任せに紬の頬をぶつ澪。

紬「…!」

唯「澪ちゃん! 落ち着いて!」

澪「……」フゥフゥ



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:43:01.28 ID:vGuf51+s0

律「ムギ、まぁ、私達はお前に直接手を下す気はないよ…。
  …やってくれるんだろ、ドラえもん?」

ドラえもん「ああ、きみ達に手をかけさせるのも良くないだろうしね。ここに居る4体の拷問ロボットが、
      きみ達が受けるはずだった拷問を全て琴吹紬にやってくれるよ。
      死んでも発狂しても未来の道具で何度でも治せるから全て完全に執行できるよ。」

憂「お姉ちゃんはあの後どれくらいの期間拷問を受けたか分からないけど…。」

ドラえもん「取り敢えず、琴吹紬には今から30年間地獄の拷問を受けてもらって、
      それが終わったら死んでもらうよ。
      まぁ実際唯ちゃんはあんな拷問生活5年と持たなかったと思うけど、
      何の罪もない皆をあんな目に合わせた罰も含めてね。」

憂「ですって、紬さん。お姉ちゃんを苦しめた罰、たくさん苦しんで反省してくださいね。」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:47:12.25 ID:vGuf51+s0

紬「待ちなさい…っ! 私は今の段階ではあなた達に何もやってないわっ!
   やってない事の罰を受けろっていうの!?」

梓「ムギ先輩、あなたはやったんですよ、この世界の元々の未来で。
  ドラえもんが世界を作り直してくれただけで、あなたは間違いなくやったんです。
  その記憶がないだけって考えれば良いんじゃないですかね。」

紬「そんなっ…! 納得出来ないわっ!」

ドラえもん「まぁ、納得してもらおうとは思わない。これ以上の会話はムダだ。
      じゃあ拷問ロボット君達、あとは任せたよ。」

拷問ロボット達「ハイ、オ任セ下サイ。琴吹紬ヲゴ命令ノプログラム通リ拷問シマス。」

ドラえもん「さあ、皆、この部屋から出よう。きみらは見ないほうが良い。」

ドラえもん達は部屋をあとにした。部屋からは紬の悲鳴が絶叫となって響いていた。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:51:54.37 ID:vGuf51+s0

憂の部屋に戻って来たドラえもん、憂、唯、梓、律、澪の6人。

律「これで一件落着か…。取り敢えず私達が拷問される未来はなくなったな。」

梓「でもムギ先輩に復讐しても、
  この世界には唯先輩が入れられた拷問見世物ショーの施設が存在します。
  あれを何とかしないとダメです。」

憂「やってくれるよね、ドラえもん。」

ドラえもん「もちろんそのつもりさ。もしもボックス!」

もしもボックスを取り出すドラえもん。

ドラえもん「もしもこの世界が悪徳の罪がきちんと裁かれむくいを受け、
      善良な人々が救われて幸せに暮らせる世界だったら!」

ジリリリリリリリリリリリリリリリリ!

こうして世界は変わった。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:57:39.20 ID:vGuf51+s0

ドラえもん「さあ、これで世界の改変は済んだ。
      きみ達も今のように善良で温かい気持ちを持ち続けていればきっと幸せになれるよ。」

憂「ドラえもん、何から何までありがとう。」

ドラえもん「気にしないで。それではぼくはそろそろ行くよ。」

憂「…行っちゃうの? ずっと居て欲しいよ…。」

ドラえもん「ぼくはまた別の不幸な物語の世界を改変しに行かなきゃならないんだ。
      ぼくは不幸な物語改変同盟に所属しててね、
      ぼくみたいな未来のロボット仲間が色々な世界の不幸なキャラを救いに行ってるんだよ。」

憂「そっか…。」

ドラえもん「また別の世界の不幸なきみを救いに行くよ。じゃあね。」

ドラえもんは絵本入り込み靴を使い、姿を消した。

憂「……」

梓「憂…」

憂「梓ちゃん、これで良かったんだよ。ドラえもんはやっぱり本当の正義のヒーローだったね。」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 20:03:07.76 ID:vGuf51+s0

その後、琴吹紬の失踪がしばらく騒がれたが、全く手がかりの欠片も見付からず、
次第に捜査は下火になっていった。
例の拷問施設もきっと摘発されて潰された事だろう。

そして私、平沢憂は紬さんの代わりに軽音部に入部し、キーボードを担当する事となった。
昔オルガンを少しやっていた事があるので、飲み込みは早かった。

紬さんは今もシベリアのどこかの地下1千メートルの地下室で拷問を受け続けているのだろう。

ドラえもん、私はこの世界で一生懸命生きていくよ。
またいつか会えるよね、きっと。


~おわり~



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 20:07:16.46 ID:vGuf51+s0

最後まで書ききる事が出来ました。
例の有名拷問SSを読んでからというもの、
憂ちゃん、あずにゃん、唯ちゃん、澪ちゃん、りっちゃんが可哀相で可哀相で辛くてたまりませんでした。
頭の中で何度も彼女たちを救う妄想をしました。
しかし妄想だけじゃダメだ、実際に彼女達が救われる世界を書かなきゃ彼女達は救われない、
そう思い、このSSを書きました。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 19:56:27.39 ID:wqbPzRQ10

これってドラ達も報いを受けるだろw





58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 21:12:27.90 ID:Gs2HQLPmO

>>1で作者です。
携帯から失礼します。
>>42
ドラ達は紬に対して行った事の報いは受けません。
何故なら復讐は正義だからです。
悪を見逃す事も悪だからです。
紬を野放しにして放免すればこれまで紬に虐殺された大勢の人達が浮かばれません。
ドラ達は正義を行ったのです。
それは神様もちゃんと分かっています。

そして新たな世界は欲に満ちた汚れた犯罪などは起こり得ない世界です。
憂ちゃん達は安心して暮らせます。
もちろん憂ちゃん達もこれから悪い事をしようとすれば当然それ相応の報いを受けます。
もしもボックスを使う時、憂ちゃん達は免罪しようかとも思いましたが、憂ちゃん達が悪い世界もあります。
その場合それ相応の報いを受けるべきと考え、もしもボックスの使用はあのようにしました。




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 21:19:28.90 ID:2VIE7+8+0

ドラえもんと憂ちゃんのサスペンスに満ちて、かつ心あたたまるストーリーかと思いきや・・・



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 00:07:57.61 ID:o3WTFCWm0

文字だけで気持ち悪くなるって人間の想像力の賜物だね





関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「きみをおそろしい運命からすくいにきた?」
[ 2011/02/21 14:13 ] ホラー | | CM(15)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1044 [ 2011/02/21 14:25 ] [ 編集 ]

ま、お前ら根っからの拷問厨な
普通好きキャラに拷問するのも
させるのも躊躇うだろ
だからこの作者はまともって事

タイトル:
NO:1046 [ 2011/02/21 15:46 ] [ 編集 ]

正義もなにもないただのエゴだな。可哀相だと思うなら何故あの話を読んだのか、タイトルでどんな内容かはわかるだろうに読もうとしたお前も同類だろ

タイトル:
NO:1047 [ 2011/02/21 16:06 ] [ 編集 ]

作者きもすぎワロタ
まだされてないのに復讐なぞ望まない。このSSでは紬が不憫すぎる。防げたのならそれで良かったしわざわざ拷問しなくてもいいだろ。キャラも全く違うし文章力もないガキが書いたクズSS

タイトル:
NO:1048 [ 2011/02/21 16:09 ] [ 編集 ]

なんだかSSというか、なんというか。
未だ行われていない罪に対する罰は存在するか否かとか、
ニーチェの「怪物と闘う者は、
その過程で自分自身も怪物になることがないよう気をつけねばならない。
深淵をのぞきこむとき、その深淵もこちらを見つめているのだ。」
の通り逆に皆がムギを苛めてしまうという展開も出来た気がするが、
他にやり様は無かったのですか?と思う。

タイトル:
NO:1050 [ 2011/02/21 17:40 ] [ 編集 ]

百合ノートの※欄で言ってたやつか、まさか本当に書いていたとは……

タイトル:
NO:1055 [ 2011/02/21 23:19 ] [ 編集 ]

いや……まだされてない拷問をどうこうとかそういう理屈以前に、ただ単純に気持ち悪いだろこの作者は……
なんつうか、こういう奴が犯罪犯すんだろうなぁって思った。煽りじゃなく真面目に

タイトル:
NO:1461 [ 2011/03/27 18:07 ] [ 編集 ]

ドラえもんは鬱クラッシャーズ所属だったのか

タイトル:
NO:2072 [ 2011/05/19 04:03 ] [ 編集 ]

てかよ、お前らも十分キモいぜ?
だって拷問ssは嫌なら見なきゃ良いんだろ?
なら救済ssも嫌なら読まなきゃ良いんじゃね?
最初の数文で展開は読めるし、それでも読み進めて叩いてるとか、嫌いなもんをdisってる作者と変わんねーじゃん?

拷問の作者や評価してるお前らは唯律梓澪憂がいたぶられて楽しんだんだろ?
だったら善悪関係なく紬が拷問されてんの楽しめばいんじゃね?
それともお前ら紬厨なわけ?

タイトル:
NO:3618 [ 2011/08/20 05:03 ] [ 編集 ]

拷問SSは確かにトラウマになるが、あちらの方が文章力表現力ともに遥かに上だから困る。

タイトル:
NO:4090 [ 2011/10/17 07:32 ] [ 編集 ]

文章力は高いとは言えないけど、筆者の優しさは伝わった

タイトル:
NO:4363 [ 2011/11/17 09:39 ] [ 編集 ]

文章力ってのがよくわからないけどこのssはシナリオ形式で書かれてて、拷問のほうはss特有の小説とシナリオが混ざった変な形式で書かれてるから巧拙の比べようがないよね普通に考えて 内容含めて好みの問題でしょ あるssに対して思ったこと感じたことを同じ土俵でもって表現するってのは面白い試みだと思うよ少なくとも文章力とか意味わからない言葉で批判してる人たちよりは 乙

タイトル:承認待ちコメント
NO:6649 [ 2012/07/09 22:17 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトル:承認待ちコメント
NO:6666 [ 2012/07/24 03:29 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトル:承認待ちコメント
NO:6784 [ 2013/10/13 01:26 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトル:承認待ちコメント
NO:6787 [ 2013/11/02 20:47 ] [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6