SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「もう1人の私」#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「もう1人の私」#3 【非日常系】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298167972/l50

唯「もう1人の私」#1
唯「もう1人の私」#2




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 11:12:52.86 ID:Sgrd2Muh0

代行





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/20(日) 11:14:30.19 ID:h6i3kVSn0

>>1
代行さんくす

数日前に同じスレタイでスレ立てしたのですが
朝方にとある人に荒らされ落ちてしまいました
ちらほら最後まで読みたいって方いましたし
代理で立ててくれた人に申し訳ないので再度スレ立てします

以前書いた分を投下したあと
また携帯から書きます

にしても荒らした人いくらなんでも陰湿過ぎだろ・・・

あとSSのまとめブログ作ってみたいんだけど
誰か良いブログサイトあったら教えて下さい





223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 01:53:05.70 ID:hLS+00aXO


梓「ゆ、唯先輩!私以外の人に抱き着かないで下さい////」

唯「あずにゃん、やきもち?」ニヤニヤ



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 02:00:55.33 ID:hLS+00aXO

梓「うぐっ・・・。そ、そうですよ!」プイッ

唯「私はあずにゃんだけのものだから大丈夫だよ!」ダキッ

梓「ふにゃあ//」

澪「おい、話がループするぞこれ」

律「唯じゃ話が進まん。祐くん出てきてくれ。」

紬「うふふ」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 06:19:20.15 ID:hLS+00aXO

梓「それで何の話でしたっけ?」

祐「梓が唯と俺でって二股になるんじゃねえかって話」

梓「え、ああ・・・(ギャップを楽しんでるなんて言えない//)」

梓「いや、あのですね・・・。唯先輩と祐くんはもともと1つだったわけですし。
それに祐くんは人間じゃなくて精神体だし、二股にはならないかと・・・」

祐「確かに前までそうだったけど、今は俺という人格が1人歩きしてるんだぜ?」

律「じゃあそれってやっぱり・・・」

澪「二股だな」

紬「うふふ」

梓「何でそうなるんですか!」

律「梓の浮気者~」ニヤニヤ

梓「にゃあああああ!?」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 06:24:44.08 ID:hLS+00aXO

そして、とある日

憂「お姉ーちゃん!そろそろ起きないと・・・」

唯「ううん・・・」

憂「最近は祐くんすら起きないね。どうしたんだろう」

学校!

唯「おはよぅ~」フラフラ

紬「唯ちゃん最近元気ないね?」

唯「うん、何だかここ最近ずっと体が重くて・・・
ちゃんとご飯は食べてるし、睡眠もとってるのに何でだろ」

律「無茶すんなよ?」

唯「うん、ありがとう」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 06:31:32.04 ID:hLS+00aXO

二年生教室

憂「最近、お姉ちゃん変わったことない?」

梓「唯先輩も祐くんも最近体重いって言ってるよね」

憂「そうなの。朝とかも祐くんすら起きなくて・・・
大丈夫かな」

梓「ちょっと不安だよね・・・」

憂「うん・・・」

昼休み!

唯「あ~ずにゃっん!」ダキッ

梓「にゃっ!?もう//
屋上行ってからにして下さい//」

唯「というか肩貸して下さい」

梓「・・・・・・へ?」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 06:40:10.43 ID:hLS+00aXO

唯「実は立ってるのも辛くて・・・」

梓「な!屋上行ってる場合じゃないですよ!
ほら、保健室行きますよ」

唯「悪いよ~」

梓「良いから行きますよ」

唯「ごめんね~」

保健室!

梓「ほら、ここで寝ていて下さい」

唯「うん、ありがとう・・・Zzz」

梓「寝かせた瞬間に寝ちゃった・・・」

梓(ここ最近唯先輩どうしたんだろう。
何かあったのかな。
いつも助けられてばっかりで私は何もしてあげられてないや)

梓(唯先輩の寝顔・・・可愛いな//)

梓「・・・Zzz」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 08:46:15.11 ID:hLS+00aXO

お・・・ず・・・
・・・・・・ずさ・・・
おーい、梓

梓「ムニュムニュ?」

律「あ、起きたか?」

梓「あ、私・・・」

澪「唯と一緒になって寝てたぞ」

紬「幸せそうに添い寝してたわ」ウフフ

梓「// それより今何時ですか?」

澪「もう下校時刻だぞ」

梓「え・・・。本当だ、もうこんな時間・・・」

律「さわちゃんから保健室にいるって聞いてな。
澪が保健室で二人きりのシュチュを邪魔しちゃいけないと・・・」

澪「ば、バカ律!それは言わない約束だったろ」ゴチン



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 10:07:36.57 ID:hLS+00aXO

律「澪しゃん、痛い!
ムギなんかそれ聞いた瞬間部室から飛び出そうとしたんだぞ」

紬「うふふ」

梓「まあ、先輩方が期待するような展開には残念ながら至らなかったわけですが」

紬「それにしても唯ちゃん良く寝てるね」

澪「疲れてたみたいだからな」

律「無理に起こすのも可哀想だから起きるまで待つか」

梓「そうですね」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 10:13:31.02 ID:hLS+00aXO

そして

祐「うーん、良く寝たな・・・ん?」

祐「・・・何でこいつらみんな俺の布団で寝てんの?」

律澪紬梓「スースー」

祐「というか今何時だ?」

23:57 チッチッチ

祐「・・・・・・・・・どうしろと」

祐(唯・・・はまだ寝てるか・・・。
紬とかもう終電ねえだろうし、泊まるしかないんだろうけど
布団2つしかねえし)

・・・

祐(しゃあねえ。二人ずつ寝かせて俺は他に寝れそうな場所を探すか)



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 10:20:50.83 ID:hLS+00aXO

祐「よいしょっと」

祐(紬と梓を一緒に寝かせとくのはちょっと妬けるがこの際しょうがない)

祐(にしても本当に力入らねえな
梓との出会いで力が衰えたのもあるけど、最近は異常に体が重い)

祐(もしかして・・・)

祐(とりあえず保健室から出るか)ガチャッ

屋上!

祐(なかなか寝れそうな場所がなくてつい無意識にここに来ちまった)

祐(ちょっと寒いな)

唯(うーん・・・、おはようゆーくん)

祐(お、起きたか)

唯(うん)



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 12:26:02.03 ID:hLS+00aXO

祐(・・・あのさ)

唯(うん、分かってる。全部分かってるよ・・・)

祐(そうか・・・)

唯(ゴメンね。私最低だよね・・・)

祐(いや・・・唯の判断が1番正しい。誰も悪くない)

唯(・・・・・・)

梓「・・・唯先輩?」

祐「梓・・・」

梓「あ、祐くんか」

祐「ああ」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 12:35:46.06 ID:hLS+00aXO

梓「もー、起きたらいないからびっくりしたよ?」

祐「悪い悪い」

梓「・・・もう大丈夫なの?」

祐「何とかな・・・」

梓「そっか。なら良かった」

祐「・・・心配かけてすまなかったな」

梓「そんなこと言うなんて祐くんらしくないよ」クスクス

祐「・・・そうかもな」フフッ

梓「ところで何してたの?」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 12:53:20.53 ID:hLS+00aXO

祐「いや・・・な。みんな寝ちまったから他の寝床を探してたんだけど見つからなくてついここに」

梓「保健室って予備の布団あるの知らなかった?」

祐「そうなのか?」

梓「うん。以前にインフルエンザが流行した時に注文したんだって」

祐「知らなかった」

梓「だって唯先輩はインフルエンザかかってないからね」

祐「滅多に体調崩さないからなこいつ」

梓「だから保健室戻ろう?」

祐「そうだな」



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:00:46.15 ID:hLS+00aXO

梓「えへへ」ダキッ

祐「おい、抱き着くなよ。歩きにくいだろ」

梓「良いじゃん♪誰もいないし、何したって問題ないよ」

祐「・・・この発情猫が」

梓「誰もそういうことするなんて言ってないけどなあ?」ニヤニヤ

祐「うぐっ・・・」

梓「果たして発情期なのはどっちでしょう♪」

祐「・・・敵わないな、全く」ナデナデ

梓「えへへ//」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:10:38.95 ID:hLS+00aXO

保健室!

澪と律はベッドに、紬は床に布団を敷いて寝ている。

梓「ムギ先輩、ベッドより布団の方が良いんだって。面白いよね」クスクス

祐「そうだな」

梓「さ、私たちも布団敷いて寝よ」

祐「待った。布団は1つで良い。一緒に寝よう」

梓「えっ?// 今日の祐くん何だか積極的//
もしかしてあんなことやこんなことを?キャーっ!//今夜とうとう私も処女卒業?////」

祐「とりあえず黙れ、変態猫」

唯(あずにゃん、夜になると壊れるからしょうがない)

祐「何もしねえよ。ただ寝るだけだ。ほらさっさと布団入るぞ」

梓「はーい♪おやすみなさい」ギュッ

祐「おやすみ」ギュッ



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:22:10.54 ID:hLS+00aXO

澪「・・・うーん?」ムニャムニャ

澪(ここは保健室?)

澪「そうか、結局みんな寝ちゃったから学校に泊まったんだっけ・・・」

澪(今何時だろう・・・)

07:03 チッチッチ

澪「バレたらまずいから早目にここ出た方が良いよな・・・」

澪「おーい、みんな起きろ」

律「う・・・ううん」

紬「・・・おはよう澪ちゃん」

梓「おはようございます」

唯「おはよ~」



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:31:08.82 ID:hLS+00aXO

唯「あれ?何であずにゃん私の布団に?」

梓「何言ってるんですか。祐くんから昨日一緒に寝ようって」

唯「そういえばそうだったね~」

律「何かやらしいことしてないだろうな~梓」ニヤニヤ

梓「唯先輩じゃないんですから」

唯「ふーん?・・・えっ?// 今日の祐くん何だか積極的//もしかしてあんなことやこんなことを?キャーっ!//今夜とうとう私も処」ニヤリ

梓「にゃああああああああ!?////ちょ、ちょっとリピートしないで下さい!私が悪かったです」

澪「・・・梓」

その後、しばらく唯と祐は元気を取り戻したが、また日付が経つに連れて弱っていった



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:38:30.58 ID:hLS+00aXO

そして

唯「あ~ずにゃっん!一緒にお昼食べよ~」ダキッ

梓「あ、はい・・・って重っ!」ズシッ

唯「ゴメンねぇ~。また力が入らなくて・・・」

梓「え?じゃあ保健室行って休んだ方が良いんじゃ・・・」

唯「ううん、ダメだよ。今日はあずにゃんに話があるんだ」

梓「・・・え?」

唯「だから屋上行こう?」

梓「・・・はい」



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:50:00.64 ID:hLS+00aXO

屋上!

唯「んー!やっぱり屋上は気持ち良いね~」

梓「・・・はい」

梓「あの・・・それで、話って・・・」

唯「・・・私今からあずにゃんに酷いこと聞くね」

梓「・・・」

唯「私と祐くんどっちの方が好き?」

梓「・・・・・・・・・っつ」

バシンッ!

唯「・・・そっか。あずにゃんは祐くんをとるんだね」

梓「違います・・・。違いますよ!」ポロポロ

唯「あずにゃん?」

梓「どうしてそんなこと聞くんですか!
私は祐という人格を含んだ平沢唯という1人の人間が好きなんです!」ポロポロ

唯「・・・」



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 13:58:54.38 ID:hLS+00aXO

梓「唯先輩の両親に唯先輩と憂、どっちをとるかって聞いてるのと同じです!
選べるわけ・・・ないじゃないですか・・・」

唯「・・・やっぱりあずにゃんは優しいね。
でもね、選ばなきゃいけないんだよ」

梓「どういう・・・ことですか・・・」

唯「もうね、体がもたないんだ」

梓「・・・!」

唯「私だって普通の女の子なんだよ?
1つの体に2つの人格なんてそもそも無理があるんだよ」

梓「・・・」

唯「もう・・・ダメなんだ・・・。どっちかが・・・いなくなるしか・・・ないんだよ・・・」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:07:13.74 ID:hLS+00aXO

梓「・・・どうしようもないことなんですか?」

唯「うん。どうしようもないんだ」

梓「そんな・・・」

唯「それでね。私は分かってたんだ。祐くんの方が消えてくれるって」

梓「・・・」

唯「だってね?元々私から生まれたんだよ。
それに祐くんはいつだって私のこと優先的に考えるからね」

唯「それにきっとあずにゃんだって私が残ってくれた方が喜ぶって思っちゃったんだよ」

唯「私・・・最低・・・だよね・・・」

梓「・・・」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:12:55.85 ID:hLS+00aXO

唯「だからね・・・」

唯「別れよう」

梓「・・・」

唯「・・・それじゃ」

梓「祐・・・祐くんに会わせて下さい」

唯「祐くんはもう話したくないって。悲しくなるから」

梓「・・・どうやって祐くんを消す気ですか?」

唯「それは・・・祐くんと相談するよ」

唯「じゃあね」

バタン



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:18:16.74 ID:hLS+00aXO

梓「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うぅっ」グスッ

梓「うわあああああああああああああん」

唯(あずにゃんの泣き声が聞こえる・・・)

祐(おい、ちょっと待て。何でお前らが別れる必要がある)

唯(・・・だって)

祐(まあ、お前らのことをとやかく言うつもりはねえけどよ)

唯(・・・うん)



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:28:29.63 ID:hLS+00aXO

梓(・・・・・・すっかり暗くなっちゃったな)

梓(結局あれからずっと屋上にいたし・・・)

梓(・・・帰ろう)

~~

梓「・・・」トボトボ

?(あいつか。よし後ろから・・・)

梓「ムグッ!?ムームー!・・・・・・カクン」スースー

?「よし」

平沢家
唯(・・・・・・・・・)

ピロリーン

唯(・・・あ、あずにゃんからだ・・・)

唯(!)ドタタッ

憂「お姉ちゃん?こんな時間に何処行くの?」

バタン

憂「・・・お姉ちゃん?」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:35:57.35 ID:hLS+00aXO

バァン!

?「お!来たか」

祐「おい、てめえら。このメールはどういうことだ?」

-------------
From あずにゃん
Title 無題

お前のツレを預かってる
返してほしくければ○○区にある××倉庫に来い
-------------

不良「てめえには散々やられたからな。
お前潰さないとこの町を配下におけそうにないんでね。
ほら、お姫様ならここにいるぜ」

梓「・・・う、うん」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:44:47.76 ID:hLS+00aXO

祐(・・・ざっと30人ってとこか?)

唯(・・・大丈夫?)

祐(はらわた煮えくりかえってるから平気。力も相当入る)

祐「その人数で俺に喧嘩売るなんて良い度胸してんじゃねえかよ、おい」

不「済ましたこと言ってられんのも今のうちだぜ」

不良の部下たち「おらあ!」

祐「うらあ!」

~~

祐(ぐっ・・・、さすがに多すぎる)フラフラ

不「噂通りの強さだな。
だがここまでだな」

祐(く・・・くそ、あと4人なんだがな・・・)

祐(ここまでか)



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:51:34.68 ID:hLS+00aXO

バァン!

不「?」

律「やっと見つけたぞ!唯」

憂「お姉ちゃん!」

紬「唯ちゃん!」

澪「ガクブル」

祐「今は祐だっつーの。つーかお前ら何でここに・・・」

律「憂ちゃんから連絡受けて探したんだよ!」

紬「これはどういうこと?」

祐「見ての通りだぜ」

憂「梓ちゃん!」

律「あとは任せろ!行くぞみんな」

紬「がってん!」

憂「よくもお姉ちゃんを!」

澪「ガクブル」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 14:59:29.84 ID:hLS+00aXO

祐「へへっ、アホかあいつら。
あとはお前だけだぜ?」

不「ふん、その体でよく言う。こっちが有利なのには変わらん」

祐(確かにこのままじゃ勝てないな)

祐(唯・・・)

唯(何?)

祐(このままじゃ、勝ち目がないのは分かってるよな)

唯(うん)

祐(俺は唯の中に戻るよ。きっと俺が戻ればまた力が唯に全ていくから・・・だから後は頼んだぜ)

唯(・・・分かった。ありがとう)

祐(最後に1つだけ約束してくれ)



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:09:05.90 ID:hLS+00aXO

唯(うん、何?)

祐(梓を幸せにしてやってくれ)

唯(・・・分かった)

祐(それじゃ行くぞ)

唯(うん!)

不「何つったんでんだ!おらあ!」

唯祐「なめてんじゃねえぞ!うらあ!」

短い間だったけど楽しかったぜ
律、澪、紬、憂今までありがとう
そして唯、生んでくれてありがとう
梓、温もりをありがとう
それじゃあ・・・な

どおぉおおん!

不「ば、バカな。たったの一撃でこの俺が・・・」ドサッ

唯「愛の力だよ、バカ野郎」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:17:47.03 ID:hLS+00aXO

律「おーい、こっちも片付いたぞ」

唯「あずにゃん!」

梓「うぅ・・・ん?ここは?」

唯「あずにゃんゴメンね。私のせいで・・・」ギュッ

梓「・・・・・・」
梓「助けて下さってありがとうございます」ギュッ

二人で帰り道!

梓「そうですか、祐くんは唯先輩の中に・・・」

唯「・・・うん」

梓「・・・」

唯「あずにゃん、明日は何の日だか知ってる?」

梓「2月14日。バレンタインデーですね」

唯「うん。・・・明日の放課後、屋上に来てくれないかな」

梓「・・・」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:25:52.16 ID:hLS+00aXO

バレンタインデー
放課後

梓「・・・」ガチャッ

唯「あ、あずにゃん・・・来てくれたんだ」

梓「・・・はい」

唯「はい、チョコレート」

梓「・・・ありがとうございます」

・・・・・・

梓「もう・・・いないんですよね」

唯「・・・うん」

唯「でも・・・死んじゃったわけじゃないから。今もこれからも私の中にいるよ・・・」

梓「・・・はい」

唯「私ね、祐くんとね最後に約束しちゃったんだ・・・」

梓「・・・何を・・・ですか?」

唯「あずにゃんを幸せにするって」

梓「・・・」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:32:16.45 ID:hLS+00aXO

唯「だからね。今のあずにゃんにとっての幸せって何?」

梓「・・・良いんですか?私とってもわがままですよ?」

唯「・・・うん」

梓「・・・私と・・・付き合って下さい」

唯「・・・うん、いいよ」

梓「これ・・・チョコレートです」

唯「あ、あずにゃんも持って来てくれたんだ」

梓「はい」

唯「ありがとう。あれ?2つあるね」

梓「みなまで言わせる気ですか?」

唯「ううん。1つはここに置いて行くね」

梓「・・・はい」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:38:57.39 ID:hLS+00aXO

唯「祐くんは私の中にいるけどもう隔離はしないよ。
悲劇を繰り返すだけだから・・・」

梓「分かってますよ」

唯「うん」

梓「言ったじゃないですか。
私は祐を含んだ平沢唯という人間が好きだって」

唯「うん、ありがとう・・・」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:41:03.25 ID:hLS+00aXO

唯「・・・」
梓「・・・」

唯「・・・あ、雪」

梓「本当ですね、寒いわけです」

・・・・・・

唯梓「ハッピーバレンタイン、祐くん」








おしまい



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:50:00.22 ID:hLS+00aXO

読んでくれた人ありがとー!!

たて直したり、書き溜め消えたりと色々あったけど完結出来て良かった!

みなさんのおかげです本当にありがとう!

ちなみにBルートがもともと考えてた話なので予想通りの終わりかたです

あとから他のルートが思い浮かんだので安価を出してしまいましたが

AとCは書きません(疲れたので)
気が向いたら番外編ってことでまた新たにスレたてます

二重人格の話が書きたかったけどオリキャラになってしまったのが今回の反省点




294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:55:26.44 ID:qHOGzZiJO

>>291


投げずにちゃんと書ききった点は十分評価出来るぞ


次はちゃんと全文書き溜めてから投下しようかww



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 15:57:56.99 ID:P6ehQj9p0

まあ乙
番外編とかいらねーから今度はオリ男無しキャラ崩壊無しで頼む



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 16:26:05.28 ID:LH1zUyZS0





298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 16:27:13.95 ID:QQbY+k5x0

けいおんを見てない俺にはなかなかいい作品に思えたぞ。
乙!



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/21(月) 16:30:22.45 ID:mqhDkMJx0

>>1乙

すごい叩かれっぷりだが俺は好きだった
もし番外編立てるなら分りやすいようスレタイも同じがいいな





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「もう1人の私」#3
[ 2011/02/22 13:07 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4193 [ 2011/10/27 17:08 ] [ 編集 ]

祐って男じゃないだろ。女でもないけど。

設定自体はいいのに全体的に残念。
次に期待。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6