SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「憂、誕生日おめでとう!」俺「おめでとう!」憂「誰?」#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「憂、誕生日おめでとう!」俺「おめでとう!」憂「誰?」#3 【非日常系】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298386545/l50

唯「憂、誕生日おめでとう!」俺「おめでとう!」憂「誰?」#1
唯「憂、誕生日おめでとう!」俺「おめでとう!」憂「誰?」#2




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:28:46.02 ID:mxcH8dgDO

憂「そうなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと」


あさ

憂「おはよう、お姉ちゃん!」

唯「おはよ、ういー」

憂「ご飯出来てるよ。一緒に食べよ?」

唯「うん!」





129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:29:25.51 ID:mxcH8dgDO

憂(今日の朝ご飯は、目玉焼きにトースト、サラダにウインナー)

唯「美味しそうだね!頂きまーす!」

憂(喜んで貰えて良かったぁ)

憂「召し上がれ♪」

唯「もぐもぐ」

憂「あ、お姉ちゃん醤油取る?」

唯「私、目玉焼きは醤油よりソース派なんだ」

憂「そうなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:31:07.17 ID:mxcH8dgDO

唯「う~い~、ジャム取って!」

憂「ブルーベリーとマーマレードがあるけど、どっち?」

唯「う~ん」

憂「どうしたの?」

唯「私ね、実は苺ジャムが一番好きなんだぁ」

憂「そうなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:32:23.83 ID:mxcH8dgDO

憂「お姉ちゃーん!どこ~?早く学校行かないと遅刻しちゃうよ~!」

唯『憂、ごめん、今といれー』

憂「あっ、そうなんだ。こっちこそごめんね!」

唯『私が悪いんだよ~。すぐ出るから待っててくれる?』

憂「うん、分かったよお姉ちゃん」

唯『ありがとー』

じょぼぼぼぼぼぼ…

憂「これは・・・。もっと聞きたいな、お姉ちゃんの……」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:32:59.36 ID:mxcH8dgDO

唯「行ってきま~す」

憂「行ってきます」

唯「ふひ~、段々暑くなってきたねぇ」

憂「そうだねー」

唯「夏が近付いて来た、って感じだね」

憂「うん。制服もそろそろ夏服バージョンだね」

唯「えへへ~、私実は去年から少し胸成長したんだよ!?」

憂「そうなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:34:35.58 ID:mxcH8dgDO

唯「暑いけど、今日は風も強いね」

憂「うん。気をつけてないと…!?」

唯「あ!」

憂「…あ、えと」

唯「…見た?」

憂「う、ううん。見てないよ」

憂(今日はピンクなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと)



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:36:17.19 ID:mxcH8dgDO

がっこう

梓「おはよう、憂」

憂「おはよう梓ちゃん」

梓「なんだか嬉しそうだね?」

憂「さっき良い事があったんだよ」

梓「へぇ~…。そういえばさ、今日風強いせいでさっきね」

憂「そうなんだ・・・。どうでもいいな、梓ちゃんのこと」

梓(まだ何も言ってないのに…)



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:37:33.51 ID:mxcH8dgDO

おひる

純「憂の卵焼き美味しそー」

憂「食べる?」

純「良いの!?」

憂「うん。別に良いよ」

純「ありがと~」

梓「そういえば、唯先輩がお弁当だと卵焼きが一番好きだって言ってたよ」

憂「そうなんだ・・・。もっと知りたいな、お姉ちゃんのこと」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:37:57.78 ID:mxcH8dgDO

梓「あ、それでね、私はお弁当のおかずの中だと」

憂「そうなんだ・・・。どうでもいいな、梓ちゃんのこと」

梓(酷い…)



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:38:26.97 ID:mxcH8dgDO

純「ちなみに私はね」

梓(憂は唯先輩以外のコトは興味無いから聞いてくれないよ)

純「ウインナーが好きかな、やっぱ」

憂「そうなんだ。お弁当の定番だもんね」

梓「えっ!?」

純「まぁ卵焼きも好きだけど。うん、憂の卵焼き美味しい!」

憂「あはは、ありがと」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:38:47.91 ID:mxcH8dgDO

梓「あ、あのね憂!私が好きなおかずはね!」

憂「そうなんだ・・・。どうでもいいな、梓ちゃんのこと」

梓(泣きそう)



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:39:37.59 ID:mxcH8dgDO

いえ

憂(今日はお姉ちゃんの知らないコト、いっぱい知ったな…)

憂(明日からももっと色々知れると良いな)

唯「う~い~」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「私、憂のコトもっと知りたいな~」

憂「えっ、突然そんなこと言われてもどうすれ…きゃっ!?」

唯「えへへ」

憂「あ…お、お姉ちゃん」

唯「知られてばっかりじゃ嫌だからね、知りたいな、憂のコト」

憂「…うん♪」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:40:46.31 ID:mxcH8dgDO

俺「終わりです」

憂「えっ?これで終わり?」

俺「はい」

憂「突然随分短いですね」

俺「息抜き的な感じです」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:45:58.03 ID:mxcH8dgDO

憂「これじゃあ私が変態みたいじゃないですか」

俺「あくまで創作ですよ。そんなマジにならないでください」

憂「創作でもこういった扱かわれ方は心外です」

俺「でも憂ちゃんなら唯ちゃんのあれの音を聞くぐらい普通にやぶへぇっ」

憂「あ、すいません」

俺「いったー。え~、もう普通に痛い。普通というより相当痛い」

憂「気付いたら手が出てました」

俺「気付いたらってレベルの叩き方じゃなかったよ今の。いったぁ、えぇえ」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:47:39.10 ID:mxcH8dgDO

俺「もう……良いですよ、じゃあ次のヤツ読んでください」

憂「まだあるんですか」

俺「もうちょっとありますね。後少しなんで付き合ってくださいよ」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:53:59.44 ID:mxcH8dgDO

唯「う~、明日は憂の誕生日だよ~……」

唯「何をプレゼントしようか迷ってたら、結局誕生日前日になっちゃった……」

唯「あ~どうしよどうしよ!何も思いつかないよ!」

唯「はぁ……」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:54:26.08 ID:mxcH8dgDO

「おねえちゃーん!!」

唯「ん?憂?」

唯「うーいー!何処に居るの~?」


「外だよ!お姉ちゃんも来てー!」


唯「外?憂、何で外に居るんだろう」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:55:03.46 ID:mxcH8dgDO

タンタンタンタン

唯「あ、うい~。何してるの?こんなに寒いのに外に出てたら風邪ひくよ?」

憂「えへへ。ねぇ、お姉ちゃん。空、見てみて?」

唯「空?……わぁ。綺麗……」

憂「でしょ?今日のお昼にちょっと雪が降ったから」

憂「それですっごく空が澄んでるんだよ」

唯「ほぇ~…凄いねぇ」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:55:25.80 ID:mxcH8dgDO

唯「あっ!流れ星!」

憂「ホントだ!キレー…」

唯「あっ!」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「願い事するの忘れたぁ」

憂「あはは。うっかりだね~」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:55:47.96 ID:mxcH8dgDO

唯「う~……」

唯(願い事……。)

唯「そうだ!」

憂「わ、わっ、と、突然どうしたのお姉ちゃん?」

唯「う~ん。何でもないよ~♪」

憂「?」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:56:05.40 ID:mxcH8dgDO

誕生日当日……放課後

憂「うららかお散歩日和~♪」

憂「今日のご飯は何にしようかなぁ」

「そこの可愛いお嬢さん」

憂「ハミング日和~♪」
「おーい。聞いてる~?」

憂「分かんないやっぱしうふふ♪」

「憂ちゃん!」

憂「はひゃっ!?」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:56:22.73 ID:mxcH8dgDO

「あ…、え、えっと、そこのお嬢さん」

憂(あれ?今名前呼ばれたような)

憂(それより、漫画とかアニメとかに出てきそうな格好の人だ……)

憂(黒いフードで顔まですっぽり)

「あなた、今日誕生日ですね?」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 13:56:44.33 ID:mxcH8dgDO

憂「え、あ、はい、そうですけど」

「誕生日プレゼントをあげましょう」

憂「は、はぁ…」

憂(声が澪さんだ……)

憂(突っ込んじゃ、ダメ、だよね、多分)

「これをあげましょう!」

憂「ポスト○ット?」

「いいえ。魔法の付箋です!」

憂「えー…」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:01:20.81 ID:mxcH8dgDO

「まずは誰か一人決めてください」

「そして、付箋にその人にしてほしい事を書くのです」

「後は付箋をその人の手の甲に張るだけです」

憂「は、はぁ…」

「付箋は3枚しかないので大切に使ってくださいね!」

「あ、後、今日を過ぎたらその付箋は効力が無くなりますのでご注意を!」

「それでは良いおたんじょび…お誕生日を!」

憂(噛んだ……)



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:02:57.30 ID:mxcH8dgDO

唯「お疲れ様、澪ちゃん!」

律「おたんじょび…、くっ、ぷぷぷ」

澪「う~、笑うなバカ律!そもそも何で私なんだよぉ!!」

梓「ま、まぁ澪先輩。上手でしたよ」

紬「う、うん。上手だった!」

律(多分バレバレだろうけどな)



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:03:19.60 ID:mxcH8dgDO

梓「そもそも唯先輩、どうしてこんなまどろっこしいやり方なんですか?」

梓「普通に

『いつもありがとう。今日は憂の誕生日だから憂のお願い事何でも聞くよ』

じゃダメだったんですか?」

唯「ちっちっちっ!甘いよあずにゃん。いちごパフェよりも甘いよ~」

梓「は、はぁ」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:03:40.74 ID:mxcH8dgDO

唯「憂は良い子だからね。私がそんなコト言っても」

『ありがとう。でも私はお姉ちゃんのその気持ちだけで十分だよ♪』

唯「なんて言われちゃうに決まってるよぉ」

澪「あー…」

律「ありえるなぁ」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:04:24.79 ID:mxcH8dgDO

紬「そっか!それで唯ちゃんはこういう形にすれば」

紬「憂ちゃんが気兼ねなく唯ちゃんにお願い事が出来ると思ったのね!」

唯「ザッツライト!だよムギちゃん!」

梓(唯先輩も色々考えてるんだなぁ、とか言ったら怒られそうだから言わないでおこう)

唯「じゃあ私は憂に色々されてくるね!それじゃまた明日!」

紬「い、いろいろ……」
律「おーい、なに想像してんだムギー?」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:04:55.09 ID:mxcH8dgDO

ひらさわけ!

唯「ふぃ~、今日も最高の夕食だったよ憂!」

憂「えへへ~、ありがと」

憂(今日、私の誕生日なんだけど、お姉ちゃん覚えてくれてないのかなぁ……)

憂(あ、そういいえば付箋)

唯「お腹いっぱいだ~」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:05:22.85 ID:mxcH8dgDO

唯(憂がカバンの中をガサガサしてる)

唯(魔法の付箋を使う気だね!)

唯(どんなお願いでもバッチコイだよ!さぁ憂!)

憂(う~ん。これ、どうしよう)

憂(澪さん何を考えてこれを渡したんだろう)

憂(使ってみようかな……)

憂(ゴクリ)



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:07:03.55 ID:mxcH8dgDO

憂「お、お姉ちゃん」

唯(キターーーーー!)

唯「ど、どうしたの憂?」

憂「ちょ、ちょっと、手の甲出して貰っても、良い?」

唯「い、いいよ?でも、何で?」

憂「ちょっと、ね」

唯(どんなお願いが来るかな…)



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:07:34.18 ID:mxcH8dgDO

ぺたっ



平沢唯が、平沢憂に濃厚なキスをする



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:07:57.70 ID:mxcH8dgDO

唯「…………」

唯(いきなりレベルTAKEEEEEEEEEEEE!!)

唯(いいの?これはいいの?)

唯(もっと皿洗いとか風呂掃除だとかだと思ってたよ!)

唯(これむしろ私へのご褒美になってますけどぉぉ!!)



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:08:13.39 ID:mxcH8dgDO

憂「お、お姉ちゃん?ど、どうしたの?」

唯「ううん、何でもないよぉ。それより、う、憂、ちゅーしよ!ちゅー!」

憂「ええっ、お、おねちゃんむっ…!?」

唯「はむ、ん、んんっ…」

憂「ん!ぴちゃ…、あ、んぁ…!」

憂(す、凄い、お姉ちゃんの舌が……!)



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:08:39.70 ID:mxcH8dgDO

唯「む…ぷはぁ、ってあれ?わわわ私、今、何してた?」

憂「ふぁ…、ん、な、何もしてないよお姉ちゃん……」

唯「そ、そっかー。あはははははは」

憂(凄い…。キスってこんなに気持ちいいんだ。まだドキドキしてるよ……)

唯(憂とキスしちゃった憂とキスしちゃった憂とキスしちゃった憂とキスしちゃった憂とk)



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:09:06.13 ID:mxcH8dgDO

なんでやねんっ


唯「あ、あははー。こ、これ面白いねー」

憂「そ、そうだねー」

憂(この付箋、本物だったんだ……!)

憂(後2枚、大切に使わなきゃ!)



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:09:45.25 ID:mxcH8dgDO

憂(あ…、でも確か…)

『あ、後、今日を過ぎたらその付箋は効力が無くなりますのでご注意を!』

憂(今日中に使わなきゃいけないのかぁ)

憂(どうしよ~。何に使おう!?)



唯(つ、次は何を要求されちゃうんだろ……)

唯(一発目であのキスってコトは)

唯(やば、鼻血でそう)



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:14:02.82 ID:mxcH8dgDO

憂(よし!)

憂「お、お姉ちゃん!」

唯「!!」

憂「手の甲出して!」

唯「は、はい!」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:14:16.15 ID:mxcH8dgDO

ぺたっ



平沢憂の姿が、平沢唯にしばらく見えなくなり
声も聞こえなくなる



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:14:55.01 ID:mxcH8dgDO

唯(……?)

憂「お、お姉ちゃん?」

唯(え…、えっと、とりあえず憂が見えてないフリすれば良いのかな?)

唯「あ、あれー!?憂が消えちゃった!」

憂「!」

唯「さっきまでそこに居たのに!ういー!どこー!?」

憂(お姉ちゃんに私の姿は見えてない!)

憂「うふふ……」

唯(う、憂が何だか怪しい笑い声してるよぉ)



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:15:23.14 ID:mxcH8dgDO

ふにょん

唯「うひゃあ!?」

唯(えええええ!?今、憂に、胸、揉まれてる!?)

憂「お姉ちゃんのおっぱい、柔らかいなぁ……」
唯「あっ、え、な、んっ、なに、これぇ……」

憂「ずっと揉んでたいなぁ……」

唯「や、なんで、誰かに、胸、あんっ…!」

唯(う、うい~!)



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:15:42.11 ID:mxcH8dgDO

憂「えへへ~、耳もはむはむしちゃおう♪はむっ」

唯「ひゃあ!?いや、みみ、だ、んんっ、ダメぇ…」

唯(ホントは見えてるのに見えてないフリなんて……)

唯(酷い羞恥プレイだよぉ……)



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:16:04.12 ID:mxcH8dgDO

唯「はっ、ん、だ、やぁ、なに、これぇ…!」

憂「お姉ちゃんってこんなやらしい声も出すんだね」

唯(ひぃぃ!恥ずかしくて死にそうぉぉぉ!)

憂「ホントに見えてないんだ…。スゴいなぁ」

唯(見えてるし聞こえてるよ憂ぃ!)



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:16:46.87 ID:mxcH8dgDO

憂「胸はもうそろそろ…、お姉ちゃん、下にいくよ?」

唯「っ!!」

唯(待って待って待って待って心の準備がががががg)

憂「お姉ちゃん……」

唯「う、憂っ!」

憂「え、お、お姉ちゃん!?」

唯「わ、わぁ!ビックリしたぁ!突然現れた!?」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:17:09.11 ID:mxcH8dgDO

憂(あ…、そっか。しばらくって書いて時間を指定しなかったから)

唯「も、もう~。何処言ってたの?突然居なくなるから心配したんだよ!」

憂「ご、ごめんね。ちょっと……」

唯(あ、危なかったぁ)
憂(う~ん。時間指定しなかったのは失敗だったなぁ)

憂(もう少しでお姉ちゃんの…!)



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:17:40.15 ID:mxcH8dgDO

憂(最後の付箋、どうしよう)

唯(次が最後のお願いだよ~)

唯(きっと凄いのが来るんだ……!!)

唯(色々な所をちゃんと洗っておけば良かったよぉ)

唯(私臭くないかな?)

唯(あぁ、お父様お母様。今日、私と憂は禁断の扉を開けます)

唯(さぁ、憂、最後のお願いを!!)



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:18:17.97 ID:mxcH8dgDO

憂「……お姉ちゃん、私、もう今日は寝るね」

唯「分かったよ憂!さぁ!って…えっ?」

憂「おやすみ……」

タンタンタンタンタンッ

唯「えっ?えっ?憂?なんで?」

唯「付箋は…、ゴミ箱」

唯「破れてる、いや、憂が破ったんだ……」

唯「えっ、と」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:18:47.56 ID:mxcH8dgDO








平沢唯が、平沢憂の恋人になる



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:21:30.16 ID:mxcH8dgDO

コンコン

唯「うーい、居るよね。入るよー」

ガチャ

憂「……お姉ちゃん?」

唯「お誕生日おめでとう!」

憂「えっ、あ、お、お姉ちゃん、私の誕生日」

唯「大好きな憂の誕生日だよ。忘れる訳ないじゃん」

憂「あ、そ、そうなんだ。えへへ」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:22:17.27 ID:mxcH8dgDO

唯「ねぇ、憂、どうして最後の付箋、破っちゃったの?」

憂「えっ!?」

唯「憂は私と恋人になりたいんじゃないの?」

憂「ちょ、ちょっと待って!何でお姉ちゃんが付箋のコトを知ってるの!?」

唯「ふっふっふっ、それはね、あれが私からの誕生日プレゼントだからです!ふんすっ」

憂「……え、ぇえええぇえっ!?」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:23:01.21 ID:mxcH8dgDO

憂(そ、そっか!だからあれは澪さんが、お姉ちゃんに頼まれて)

憂(えっえっ、じゃああれは全部お姉ちゃんが計画した事で)

憂(キスもお姉ちゃんの胸を揉んだ事も全部バレバレ……)

憂「きゅー」

唯「あぁ!?憂が顔を真っ赤にして頭から煙を出して倒れた!?」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:23:39.21 ID:mxcH8dgDO

憂「あれ…」

唯「憂、起きた?」

憂「おっおねおねお姉ちゃん!」

唯「あー、落ち着いて憂」

憂「私、ものすごいコトを!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいっ!」

唯「だいじょぶだようーい。私、そんなに嫌じゃない…ていうか逆に嬉しかったよー」

憂「で、でも…」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:24:03.93 ID:mxcH8dgDO

唯「憂、それより聞かせて?どうして最後の付箋を破っちゃったの?」

憂「あ……、お姉ちゃん、あれ見ちゃったの?」

唯「うん。見ちゃった。魔法の付箋で、憂は私と恋人同士になれたんだよ?」

唯「でも憂は、付箋を破って捨てちゃった」

憂「……あのね、ズルイかな、って」

唯「ズルイ?」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:24:31.78 ID:mxcH8dgDO

憂「確かに、あれを使えばお姉ちゃんと付き合えたかもしれない」

憂「でもそれは、私の気持ちだけで、お姉ちゃんの気持ちはまるっきり無視しちゃってるし」

憂「お姉ちゃんにも好きな人が居ると思ったから」

憂「それを、…私の、我が儘で……」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:26:22.35 ID:mxcH8dgDO

唯「うい~。憂はいつも私のために色々自分を犠牲してくれてるよね」

唯「それくらいの我が儘、許されちゃうよ?」

憂「でも、これはちょっと、違うよ。色々と、姉妹だし、女の子同士だし」

唯(あれだけ色々凄い事しておきながら、この子は~)

唯「憂、手の甲出して?」

憂「?」

唯「早くっ!」

憂「あ、はい…付箋?」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:26:55.44 ID:mxcH8dgDO







平沢憂が、今日から平沢唯の恋人になる



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:27:29.20 ID:mxcH8dgDO

憂「……お姉ちゃんっ!?」

唯「憂、これからもずーっと宜しくねっ!」

憂「お、おねぇちゃぁぁぁん!!」

唯「わわっ、憂、あっ、そこは…っ!」

おわり



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:27:45.81 ID:mxcH8dgDO

やだなにこのすれこわい




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:30:25.16 ID:V1xkRtQc0

いいから続けなさい



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 14:50:23.70 ID:TrJwifGa0

素晴らしすぎる



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 15:23:27.30 ID:TrJwifGa0

あれ?もう終わり?



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 15:26:08.76 ID:xEufGfKH0

もっと





193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 16:22:40.15 ID:mxcH8dgDO

イライラする。
胸の奥の言いようのない不快感。
これはどうしてなんでしょう。

俺「どうでしょう」

この不審者に対して、どうしようもなく苛立ってきました。

憂「面白かった、と思います」

俺「そうですか!初めて好評価ですね」

憂「…まぁ」



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 16:26:01.79 ID:mxcH8dgDO

俺「それじゃあ、今日は憂ちゃんのご飯を食べに行っても良いですか」

憂「お姉ちゃんに人肉なんて食べさせられません」

俺「あっあっ、俺を調理する気の目だ。気持ちいい」

憂「……」

こんなやり取りにも、少し、イライラ。

俺「…怒ってます?どうしました?」

憂「あなたの前では昨日から割と不快感をあらわにしてますけど」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 16:30:02.64 ID:mxcH8dgDO

俺「えっ、そうだったんですか。全然気付かなかった。ショック」

憂「むしろ今までの会話の中で自分が好かれてると思い込む要素が何処にあったのか聞きたい」

俺「いや、だって、僕が作ったプレゼントを受け取ってくれてるじゃないですか」

確かに、言われてみれば。
なんで私は、この人のお話を読んでいるんでしょうか。
自分自身の事なのに、本当に不思議です。


俺「私は神なんですよ」

憂「もう、そのネタしつこいです」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 16:32:57.99 ID:mxcH8dgDO

俺「いや、本当に」

憂「……薬でも買ってきましょうか」

俺「ちょっと神っぽく一人称を私にしてみてもダメでしたか」

憂「…はぁ」

俺「ああっ、本気で溜息つくのはやめてください」

憂「私、そろそろ帰りますよ」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/23(水) 16:35:38.63 ID:mxcH8dgDO

もう日も暮れかけてきていました。
私がお姉ちゃんより遅く帰るなんて事は、基本的にはあっちゃいけないことです。
早く帰って夕御飯を作らなきゃ。


俺「ちょっと待ってください。今日最後のお話が」

憂「……後もう少しじゃなかったんですか」

俺「いやもう本当もうかなりラストです」

憂「仕方ないですね」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「憂、誕生日おめでとう!」俺「おめでとう!」憂「誰?」#3
[ 2011/02/24 03:49 ] 非日常系 | 唯憂 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6