SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ファンタジー >  唯「カチカチ山のムギ豚ちゃん!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「カチカチ山のムギ豚ちゃん!」#前編 【ファンタジー】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298712511/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:28:31.00 ID:8ygsrWxU0

ここは『うんたん村』
人里離れたこの村に、
ある仲のいい姉妹が2人きりで暮らしていた。


憂「お姉ちゃん、お昼ご飯はラップして冷蔵庫にはいってるから」

憂「それと、食後のアイスは一個までよ」

唯「ほ~い、わかってるよぉ憂」

憂「それじゃあお姉ちゃん、行ってくるね」

唯「いってらっしゃ~い」

働き者の妹は今日も山へ芝刈りに
のんびり屋の姉は今日も家でゴロゴロ…
姉妹は貧しいながらも、
明るく楽しく助け合って生活していた。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:29:26.33 ID:8ygsrWxU0

ヒュ~

憂「おお寒い…そろそろ風が冷たくなって…もうすぐ冬だね」

憂「冬が来る前に目一杯食べ物をあつめておかなくちゃ」

憂「よし、一昨日仕掛けた罠の様子を見てこよう」

テクテク

憂「確かこの辺だったはずだけど…」


「むぎゅうううううううう!!!」


憂「わ!何か聞こえたぞ」

タッタッタ



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:30:20.43 ID:8ygsrWxU0

紬「むぎゅうううううううう!!!」

紬「ひゃあ…!あ、足がぁ…」

紬「んん…んんん……」グイグイ

紬「や、やだ、外れない…痛いよぉ」ポロポロ

ガサガサ

ヒョコ

憂「あらあら、丸々と太って美味しそうな豚ね、お姉ちゃんが喜ぶわ」

紬「ひ…!に、逃げなきゃ……んんん…やっぱり外れないよぉ」

憂「無駄よ、その罠はちょっとやそっとじゃ外れないわ」

紬「や…!私なんか食べても美味しくないわ!」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:33:21.36 ID:8ygsrWxU0

憂「嘘おっしゃい、こんなにムチムチしちゃって、
  脂身いっぱい詰まってそうじゃない」

紬「いやー!!」

憂は豚に猿ぐつわをかませ、
慣れた手つきで縛り上げると
軽々と担ぎ上げた。

紬「ふむむ…むぎゅぎゅぎゅ…」ジタバタ

憂「うふふ、今晩は豪勢な夕飯になりそう…豚カツにしてもいいし、
  豚しゃぶにするのも悪くないわ」

憂は、きっとお姉ちゃんよだれを垂らして大喜びするわ、と
弾むような気分になりながら、
暴れる豚を、尻を叩いて黙らせつつ
山を降りたのであった。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:34:31.70 ID:8ygsrWxU0

ちなみに、捕らえられたこの豚はムギ豚という
山奥の洞穴に住む珍種である。
今日はたまたま紅葉見物に出かけた所、
運悪く罠を踏んだのであった。




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:35:10.20 ID:W6eCLMqJ0

市原悦子で再生される





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:35:54.72 ID:8ygsrWxU0

憂「ただいま~」

唯「う~い~、おかえりー、お腹ペコペコだよぉ」

憂「えへへ、お姉ちゃん、今夜はご馳走だよ!」

唯「え!?食べ物いっぱい取れたの?」

憂「うん!……よいしょっと」

唯「うわ~い、ご馳走!ご馳走!」

憂「じゃーん」

紬「むぎゅ…むぎゅむぎゅぎゅ」ジタバタ

唯「あ!」

憂「えへへ、こんなに大きい豚が獲れたんだよぉ」

唯「ム、ムギちゃん!?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:37:23.56 ID:8ygsrWxU0

紬「むぎゅ!」ビク

憂「え…!?」

憂「お、お姉ちゃん、この豚のこと知ってるの!?」

唯「うん…ムギ豚ちゃんっていうの」

唯「前に裏山で迷子になった時友達になったの、
  野草のお茶とよもぎのお団子をご馳走してくれたんだよぉ、
  私はムギちゃんって呼んでるの」

憂「そ、そうなの…」チラ

紬「むぎゅ……」

憂(こ、この豚、世間知らずのお姉ちゃんをお茶とお菓子で誘惑して…
  イタズラでもする気だったのかしら……許せないわ)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:39:03.08 ID:8ygsrWxU0

憂「お姉ちゃん、めっ!」

唯「ひゃ…、う、憂~?」

憂「山の動物に近づいちゃ駄目ってあれほど言ったでしょう?」

唯「で、でもぉ…ムギちゃんいい子だよぉ」

紬「むぎゅう…(唯ちゃん…)」ポロポロ

憂「めっ!動物のお友達なら梓ちゃんがいるでしょう?
  山の動物なんてどんな病気を持っているかわかったもんじゃないわ」

唯「う、うん…」

憂「さ!私は夕飯の支度をするから、お姉ちゃんは居間でテレビでも見てて」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:40:53.08 ID:8ygsrWxU0

唯「う、憂~、ムギちゃん食べちゃうの~?可哀想だよぉ、放してあげようよぉ」

憂「めぇっ!!いいからっ!お姉ちゃんは居間に行ってて」

唯「ひゃ…!は、はーい」スタコラサッサ

憂「ふう……さぁて」ギロリ

憂は凄まじい形相でムギ豚を睨みつけた。

紬「ひ…!」ビクン

憂「あんた、ムギ豚っていったわね…
  お姉ちゃんを誘惑して、許せないわ、今日はたっぷり苦しめてから
  料理してあげる…」

紬「む…むぎゅうううううううう!!(や…やだああああああああ!!)」


……
………



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:42:11.96 ID:8ygsrWxU0

憂「ふふ…知ってる?」

憂はムギ豚を裸にすると逆さにして木に吊るした。

憂「豚はね、たっぷり苦しめてから殺すと身が引き締まって美味しくなるのよ」

紬「ひいいいぃ…後生ですから、命だけは助けて下さいっ」

憂「黙れっ!」

バチーン!

紬「ぎゃあああああ!!」

憂は木刀で豚の太ももを思い切り殴りつける!



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:43:17.52 ID:8ygsrWxU0

憂「あんた、お姉ちゃんにお茶とお菓子を与えて、いったい何を企んでいたのかしら?」

憂「どうせ嫌らしいことでもしてやろうとか考えていたんでしょう?」

紬「誤解です!唯ちゃんとはお茶したあと川で遊んだだけよ」

憂「嘘をつくな!」

バチーン!

紬「ひぎゃああああ!!」

憂「私は知っているのよ、
  あんた達山の動物がどれだけ恥知らずかってことを」

憂「私の友達の純ちゃんはね、
  澪っていう山狐とエッチして性病を移されたのよ、
  会う度に、おまたが痒いおまたが痒いってとっても辛そうにしてるわ…
  お前もお姉ちゃんを同じ目に合わすつもりだったんだ!」

バチーン!

紬「ぎゃああ!誤解ですっ、私と唯ちゃんはそんなふしだらな関係じゃありません」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:43:55.26 ID:w8qPYxLJ0

>>28
>憂「私の友達の純ちゃんはね、
>  澪っていう山狐とエッチして性病を移されたのよ、


なんてこったいwwwww





34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:46:54.74 ID:8ygsrWxU0

ムギ豚は少しでも苦しみから逃れようと暴れるが、
全くの無駄であった。

体中に木刀による打撃を浴び、あざだらけになる。

紬「ひゃああ!痛い!痛いぃ!助けてぇ、おかーさーん!!」

憂「あはは、助けを呼んでも無駄よ、ここにはあんたと私しか居ないんだから」

憂「おら!」

バチーン!

紬「ぎゃああああああああ!!!」


コソコソ

チラ

唯「あ…あわわわ」

唯「た、大変だ…ムギちゃんが…ムギちゃんが…」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:49:24.61 ID:8ygsrWxU0

紬「むぎゅう…」グッタリ

憂「あら、もうへたばっちゃったの?」

紬「ひぃひぃ…助けて、命だけは…体中がズキズキ痛むのぉ」

憂「ふふふ、ダーメ、あんたにはもっともっといっぱい苦しんでもらうんだから」

紬「いやぁ…」ポロポロ


「憂!もう止めて!!」


憂「!」

憂「お、お姉ちゃん!?」

タッタッタ

唯「ああ…ムギちゃん、こんなに体中腫らして…」

紬「ゆ、唯ちゃん…」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:50:34.59 ID:8ygsrWxU0

憂「お姉ちゃん、豚に近づいちゃ駄目!病気が移るわ!」

唯「ムギちゃんは病気なんか持ってないよ!だってとっても綺麗好きだもの」

唯「ねぇ憂、お願い、ムギちゃんを助けてあげて、私の友達なんだよぉ」

憂「お、お姉ちゃん、でも…」

紬「唯ちゃん……」

紬(って、あら?なんだかロープが緩んで…)

酷く暴れたためであろうか、
足首を木に縛り付けていたロープは確かに緩んでいた。

憂「で、でもねお姉ちゃん、この豚を燻製にして保存しておけば、
  当分食べ物には困らないわ」

憂「きっと冬も越せると思うの…」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:52:07.43 ID:8ygsrWxU0

唯「友達を食べるくらいなら死んだ方がましだよ……」

憂「お姉ちゃん……」


紬(ふん…ふんんんん)グイグイ

紬(しめた、これならなんとか足が抜けるわ)


唯「あのね、ムギちゃんってとっても優しくて、おっとりぽわぽわで
  一緒に居るとあったいかい気持ちになるんだ」

唯「それにね、ムギちゃんの淹れてくれたお茶はとっても美味しいし、
  よもぎのお団子も絶品だよ、だからきっと、
  憂もムギちゃんのこと気に入ると思うんだよ」

唯「ね、ムギちゃん……って!ムギちゃん!?」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:53:29.85 ID:8ygsrWxU0

憂「え!?」

紬「むむむむ…ふんす!」キュポン

紬「やった、抜けた!」

紬「よし、ダッシュよ!」

唯「ああ!憂っ、危ない!」

憂「え!?きゃあ!!」

ガイ~ン

唯に気を取られ、走り出したムギ豚に気がつかなかった憂は、
避けきれずに接触、弾き飛ばされてしまった。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:54:18.86 ID:8ygsrWxU0

紬「わわ、ごめんなさい、でも今は命の方が大事なの」

紬「に、逃げろ~」スタコラサッサ

唯「う、憂~~~!!」

憂「う~ん、ぱたんきゅー」ガク

豚の全体重が乗ったタックルをもろに食らった形である。
さすがの憂でもひとたまりもない
足腰に深刻なダメージを負った憂は、
そのまま寝込んでしまった。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:55:31.41 ID:8ygsrWxU0

一方ムギ豚は

紬「はあ、はあ…」タッタッタ

紬「ひゃあ…、酷い目にあった、酷い目にあったわぁ」フラフラ

ほうほうの体でどうにかこうにか巣に帰り着くと
藁を敷き詰めて作ったベットにばったり倒れこみ
やがて気絶してしまった。


………
……




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:56:56.91 ID:8ygsrWxU0

翌日

トコトコ

梓「はぁ…今日はどの家もロクご飯を出さないなぁ」

梓「シシャモ一匹じゃあお腹が膨れないよ」

秋晴れの空の下、なにやら不機嫌そうにブツブツ言っているのは、
梓という名の子猫である。
いまだ何も色気もないが、しかし美少女であり、
その愛らしさ故に村人達は、梓にミルクやら魚やらを与え
可愛がっていた。
ふらりと民家に立ち寄れば
いくらでも食べ物が手に入るこの状況に味をしめた梓は、
働きもせず気楽に気ままに毎日の生活を謳歌していた。


梓「憂の家にでも行ってみよっと」トコトコ



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:57:59.52 ID:8ygsrWxU0

平沢家

憂「あいたたた……」

唯「憂ぃ、大丈夫?腰、痛むの?」

憂「うん…ごめんねお姉ちゃん、こんな事になっちゃって」

唯「憂が悪いわけじゃないよ…」

憂「ああ、どうしよう…冬が近いのに、これじゃあ食べ物を取りに行けないよ」シュン

唯「大丈夫!私に任せて、色々と考えがあるんだ」

唯「憂は体を治すことだけを考えてて」

憂「お姉ちゃん…」

憂(お姉ちゃん優しいな…でもやっぱり心配だよぉ)



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 18:59:05.82 ID:8ygsrWxU0

梓「お~い、憂~」


唯「あ、あずにゃん!」

梓「鍵が開いてたから勝手に入ってきちゃった…って、うひゃ」ゾクゾク

唯「あ~ずにゃん、今日もネコミミ可愛いねぇ」ダキシメモフモフ

梓「ひゃあ、唯先輩、急に抱きつかないで下さいよぉ」

憂「梓ちゃん、いらっしゃい」

梓「あれ、憂、どうしたの?もうお昼なのにまだ寝るの?」

憂「うん…それがね」

憂「あ、そうだ、お姉ちゃん、梓ちゃんのねこまんま、
  冷凍してあるからレンジでチンしてきて」

唯「ほ~い」タッタッタ

梓「あ、いつもすみませんです」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:00:48.02 ID:8ygsrWxU0

梓「それで、なにがあったのよ?」

憂「うん、それが…」

カクカクシカジカ

梓「な、なんてこと…」プルプル

憂「おかげで食料を狩にいけなくて、冬も近いのにほとほと困ってるんだよ…」

梓「あんのクソブタ!憂にとんでもないことしでかしてっ!許せんです!」

憂「梓ちゃん、ムギ豚のこと知ってるの?」

梓「ヤツとは動物小学校で一緒だったんだ、昔からいけ好かないデブチンだったよ」

憂「そうなの…」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:01:44.64 ID:8ygsrWxU0

梓は憂の手をキュッっと握って言う。

梓「憂、私に任せて、私が憂の敵を取ってあげる」

憂「え!?梓ちゃん何をするの?」

梓「憂の苦しみを何倍にもして返してやるんだよ」ムフフ

梓「よしっ!そうと決まれば善は急げです!」

梓「ちょっくら行ってくるね~」タッタッタ

憂「梓ちゃん、行っちゃった…無茶しなければいいんだけど」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:03:05.35 ID:8ygsrWxU0

唯「ごはんはすごいよ無いと困るよ~♪」

タッタッタ

梓「あ、唯先輩、来たばかりだけど今日はもう帰ります、お邪魔しました」

唯「え?でも、ねこまんま食べていかないの?」

唯「ほら」ス

器に入っているのは解凍したてのアツアツねこまんまである。

梓「おっと、そうでした、いただきますです」

梓「はむっ!ハフハフハフ…ごくん」ペロリ

梓「それでは、またで~す」

梓は猫舌をものともせずに
あっという間にねこまんまを平らげると
一目散に駆け出していった。

唯「ありゃりゃ、あずにゃん、急いでどうしたんだろう?
  なんだか妙に楽しそうだったけど」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:04:50.13 ID:8ygsrWxU0

ムギ豚の巣


紬「くーくー……う~ん、ムニャムニャ……ゲル状よ~……」グーグースピー

紬「……ん」

紬「ふあああ……よく寝たわ」

トコトコ

紬「んんん」ノビ~



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:05:55.22 ID:8ygsrWxU0

紬「は~……いいお天気、日が随分高くなって、もうお昼ね」

ピヨピヨ、アホ~、カァ~カァ~

紬「うふふ、鳥さんおはよう、寝坊しちゃったわ」

紬「……」キョロキョロ

紬「ん…体、何とも無いみたい」

体中の打撲傷はすっかり消えて無くなっていた。
一晩ぐっすり寝たにしても、驚くほどの回復の早さである。
ムギ豚が過酷な山での生活を耐え抜くことができるのも、
ひとえにこの驚異の生命力のおかげであった。

紬「………」ボー



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:06:56.21 ID:8ygsrWxU0

「今頃お目覚めですか、まったく、いいご身分ですね」


紬「え!?…まあ、梓ちゃん」

梓「ふん」

紬「まあまあ、久しぶりね、どうしたの?
  動物小学校の同窓会で会って以来ねぇ」

梓「ふん!別に会いたくて来たわけではないです」

梓「聞きましたよ、ムギ豚、昨日はとんでもないことになったらしいじゃないですか」

紬「あ……そ、そうなのよぉ、昨日は大変だったの…」

紬「危うく人間に食べられるところだったの……
  でも、何とか逃げることができて、今はこの通り元気よ」ニコ

梓「あほ!お前がどうなろうと知ったことじゃないです!」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:08:14.09 ID:8ygsrWxU0

梓「お前が弾き飛ばした女の子は憂といって、
  私の友達なんですよ、知らなかったんですか?」

紬「そ、そうだったの、知らなかったわ……でも、あの時は私も必死だったから……」

梓「私はしょっちゅう憂の家に遊びに行っては、
  美味しいねこまんまをご馳走になっているです」

梓「それに、憂のお姉ちゃんの唯先輩とは
  よくギターでセッションするくらい仲良しなんですよ」

紬「そ、そうなの…ごめんなさい、
  梓ちゃんの友達と知っていたらあんなに暴れたりしなかったんだけど…」

梓「ふん、いまさら謝っても遅いです」

梓「かわいそうに、お前の体当たりのせいで、憂は腰を悪くして寝込んでしまいました」

梓「あれじゃあとても山へ食べ物を取りに行けないです
  冬用の薪だってまだ集めて無いだろうし、あの分じゃ平沢姉妹は冬を越せそうにないですよ」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:10:13.09 ID:8ygsrWxU0

紬「まあ大変!どうしよう…私、とんでもないことをしちゃったわ」オロオロ

紬「唯ちゃんごめんなさい…私のせいで、
  きっとお腹を空かせているのね」クスン

梓(唯ちゃん?)

梓「今から菓子折りもって謝ってきたらどうですか?」

紬「で、でも……今行ったら今度こそ食べられちゃうわ…」

梓「はあ…仕方ないですねぇ」

ここで、梓はふいに目を輝かせ、
笑いを噛み殺したような顔つきでこういった。

梓「ムギ豚、この件は私だって腹が立って仕方が無いんですけど、
  今回だけ特別に協力してやるです」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:11:59.89 ID:8ygsrWxU0

紬「え、どういうこと!?」グイ

梓「わ!こら、そんなに寄るんじゃないです!肥満が移りますっ、
  まったく馴れ馴れしくするんじゃないよ……」

梓「落ち着いて、よく聞くです。憂の代わりに私達で薪や食べ物を集めてあげるんですよ」

梓「そして、薪と食べ物を持って憂に謝りに行くんです、
  まあ私がついて行けば食べられることも無いでしょうし」

紬「まあ……」パァ

ムギ豚はパッと顔中に笑顔を咲かせた。

紬「梓ちゃん!それ名案よ、すぐに、今すぐに行きましょう!」グイ

梓「わ!だから近づくんじゃないです!まったく、
  今日はもう遅いですよ、明日早起きして行きましょう」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:13:07.38 ID:8ygsrWxU0

紬「そ、そうね…うんわかった、私、明日はお弁当を作っていくわ、もちろん梓ちゃんの分も」

紬「そして、目一杯食べ物を集めて憂ちゃんに謝りに行きましょう、
  そしたらきっと許してくれるわぁ」

梓「決まりですね、それじゃあ私は明日に備えてもう帰ります」

紬「あ…梓ちゃん、ありがとう、私梓ちゃんと友達で本当に良かったわ」

梓「ふん!明日は寝坊するんじゃないですよ」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:16:12.50 ID:8ygsrWxU0

翌日

この日は昨日に続いて快晴である。
さわやかな秋の日差しのなか、2匹の動物がせっせと薪集めをしている。

紬「ふー、随分と集まったわ、梓ちゃん、そろそろお昼にしましょう」

梓「そうですね、私もお腹が空いてきたところです」

紬「うふふ、今日はね、たくさんお弁当作ってきたから梓ちゃんも遠慮しないで食べてね」ニコニコ

梓「まったくピクニックじゃないんですから」

ムギ豚はウキウキしながら、
体が隠れるほどの大きさの薪の束を軽々と担ぐと、
トコトコ歩き出した。

梓(相変わらず、あきれた馬鹿力です)



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:17:26.77 ID:8ygsrWxU0

紬「梓ちゃーん、こっちよ~、早く早く~」

梓「ひー、ひー、ちょっと、歩くのが早いですよ!」

梓「まったく、こっちは山道に慣れてないっていうのに……」

……

しばらく坂道を上ると、見晴らしの開けた丘の上についた。

梓「はーはー、いつまで歩くんですか?いい加減ご飯にしましょうよ」

紬「うふふ、梓ちゃん見て」

梓「え……わぁ」

梓の眼に飛び込んできたのは、見事な紅葉に染まった山々であった。
胸中に抱いた恐ろしい企みすら忘れ、しばし絶景に見入る。



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:18:25.93 ID:8ygsrWxU0

紬「ねぇ、綺麗でしょう」

梓「は……ふ、ふん、紅葉を見ながらお弁当ですか、ムギ豚にしては粋な計らいです」

紬「ふふ、ここは私のお気に入りの場所なの、毎年秋になるとここへ紅葉見物に来るのよ」

紬「さ、お弁当を食べましょう」


……


食後


紬「はい、梓ちゃん、お茶よ」

梓「ん…いただくです」グビ

梓「……ほ」

紬「ふふふ」ニコニコ



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:20:12.72 ID:8ygsrWxU0

梓「………」

梓「ねぇ、ムギ豚」

紬「うん?なあに梓ちゃん」

紬「……あのこと誰にも喋ってないでしょうね?」

紬「あのこと?」

梓「もう!あれですよ、体育の時間に…」

紬「ああ…もちろん、誰にも喋ってないわ」

梓「ほ…ならいいのです、安心しました」

梓(つまり、ムギ豚を亡き者にすればあのことを知るものは居なくなる…と)



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:21:30.58 ID:8ygsrWxU0

紬「で、でもね、私は気にすることは無いと思うの」

紬「だって梓ちゃんは梓ちゃんなんだもの」

梓「はあ?」

梓「うっさいです、そんな気休め言われてもうれしくないですよ」

梓「お前には私の気持ちは分からないです」

紬「梓ちゃん…」

梓「ふん、さっさと片付けて憂の家に行きますよ」

紬「う、うん…」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:23:02.68 ID:8ygsrWxU0

トコトコ

たっぷり食料と薪を集めた2匹は下山する。
ムギ豚は、これでまた唯ちゃんと仲良くできるわ、
とほくほく顔
一方梓は梓で、これから起こるスペクタクルを想像し
笑いをこらえるのに必死だ。

紬「シャランラシャランラ~♪」

梓「おっと危ない、なかなか山歩きには慣れません」

梓「ムギ豚、鼻歌なんか歌ってないで、先を歩いて、歩き方の手本を見せてください」

紬「あ、任せて梓ちゃん!」

紬「こういう下り坂はね、背筋を伸ばして、
  少し体の重心を後ろに傾ける感じで歩くのがコツよ」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:24:58.01 ID:8ygsrWxU0

梓「こうですか?」トコトコ

紬「そうそう、梓ちゃん上手よ」

梓「ん…なかなか、ムギ豚のように上手くいきません」

梓「さっきの紅葉もそうですけど、ムギ豚は山のことを色々知ってて凄いですね」

紬「そ、それほどでもないわ…」テレテレ

紬(梓ちゃんったら、どうしたのかしら今日はとっても素直で何だか可愛いわ)

梓「それにしても、随分と沢山集まりましたね、これなら憂も許してくれますよ」

紬「う、うん…そうだといいんだけれど、でも本当に大丈夫かしら」

紬「私、あの憂ちゃんって子は少し苦手、唯ちゃんとは仲良しなんだけど」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:26:17.40 ID:8ygsrWxU0

梓「へぇ、ムギ豚も唯先輩とは友達なんですか」

紬「そ、そうなの、唯ちゃんはよく私の家に遊びに来るのよ、
  この間も唯ちゃん、お土産にお魚を持ってきてくれて……ん?
  あれれ、何だか変な音がするわ、梓ちゃん、聞こえない?
  何だか、カチカチと音がする」

梓「当たり前です、ここは、カチカチ山ですから」

紬「カチカチ山?ここが?」

梓「そうですよ、知らなかったんですか?
  この山は道を歩くとカチカチ音が鳴ることからそう呼ばれています」

紬「そうなの…私、この山に住んで随分経つけどはじめて聞いたわ」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:29:24.19 ID:8ygsrWxU0

梓「ムギ豚にも山について知らないことがあるってことです」

紬「うん、そうみたいね、私、山については何でも知ってるって
  少し調子に乗ってたかも知れないわ……って、あら、今度は何だか妙に暑くなってきたわ
  もうすぐ冬なのに…これが温暖化ってヤツかしら?
  それに今度はカチカチじゃなくてパチパチ、ボウボウって音がする…」

梓「当たり前です、だってここはパチパチのボウボウ山ですから」

紬「え?でもさっきはカチカチ山って言ってたじゃない」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:31:16.85 ID:8ygsrWxU0

梓「もう!いちいち細かいですねっ、そんなんだらいつまで経っても恋人が出来ないんですよ」

紬「こ、恋人が出来ないことは関係ないでしょっ……ってあらら
  これは、いよいよ暑くなってきたわ、何だか気味が悪い…わあ酷い!
  ひゃっ!あつっ!あちちちちちち!!きゃああ!!熱い!!熱い!!
  た、大変!薪が燃えてるわ!!助けて!!助けてぇ!!
  あちちちちちち!!」

梓「あーはっはっは!!」


あっという間にムギ豚は火達磨に、一帯を七転八倒、駆けずり回る。
梓はそれを見て、腹を抱えて大笑い

ムギ豚の悲鳴は山中に響き渡ったのであった。


………
……




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:44:39.70 ID:8ygsrWxU0

翌日、平沢家

梓「って、わけなんだよ~」

憂「へ、へ~」

早速梓は、復讐の成果を報告に
嬉々として憂の元へやってきていた。

梓「ぎゃーぎゃーわめくムギ豚の顔ったらなかったよ、
  あれこそ文字通りの焼き豚ってね」

梓「あ、そうそう、写メ撮ってきたんだ、ほら見て」

憂「わ!凄い、本当に燃えてる……」

梓「ふふん、でもね、まだまだ復讐は始まったばかりだよ」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:45:42.04 ID:8ygsrWxU0

憂「え!?梓ちゃん、まだ何かやるの?」

梓「当たり前だよ、まだまだ、こんなもんじゃ憂の苦しみに釣り合わないよ」

憂「う、うん…」

憂(私はもう十分だと思うんだけど)

梓「ふふん、次の手はもう考えてあるんだ」

梓(きしし、この調子でムギ豚を痛めつけて、最終的には亡き者に…)

梓(そうすれば、私の秘密を知る者は居なくなり、今後の人生は安泰ってわけですよ…)



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:47:03.18 ID:8ygsrWxU0

唯「あれれ?憂、誰か来てたの?」

憂「うん…梓ちゃんがね」

唯「憂、浮かない顔だねぇ、腰が痛むの?」

憂「うーん…それがね……」

カクカクシカジカ

唯「ええ!?そんな、ムギちゃんが!?」

憂「うん、私はもう十分だと思ったんだけど、梓ちゃん一度言い出したら聞かないし」

唯「た、大変だ、憂、私ちょっと出かけてくるよ!」

憂「え、お姉ちゃん!?…行っちゃった、もう、どうして私の周りの人は
  みんなこうも勝手なのよぉ」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:48:46.01 ID:8ygsrWxU0

ムギ豚の巣

紬「むぎゅう…むぎゅう」ポロポロ

紬「うう…背中がヒリヒリと痛むわぁ……くすん、
  私はどうしてこう酷い目にばかりあうのかしら」

紬「思えば、お父様とお母様が死んでから不幸ばかり、ひょっとして呪われているのかしら」

紬「この前は、人間に豚カツにされそうになるし、昨日なんか危うく焼き豚になるところだったわ」

紬「くすん…その上女の子には振られてばかりで、
  いつまで経っても恋人が出来ないし
  人気投票も毎回最下位……」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:49:48.53 ID:8ygsrWxU0

紬「はぁ、どうして私には恋人が出来ないんだろう?
  顔は結構いけてると思うんだけど…やっぱりこの眉毛がいけないのかしら?
  それとも……」

ムギ豚はぽっこりと出た腹に目をやり、ため息をつく

紬「やっぱり太っているのが原因なのかしら…そうよねぇ、こんなおでぶを彼女に
  したら、みっとも無くてつれて歩けないわよねぇ」クスン

紬「落ち込んだらいっそう、火傷が痛んできた……はぁ、
  せめて今年のクリスマスまでには可愛い彼女が欲しいわぁ……おお、痛たた」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:51:19.01 ID:8ygsrWxU0

その時、表でなにやら声が聞こえた。

「猫の薬屋さんですよぉ、火傷、打撲、切傷、肥満、
 なんにでも聞く万能塗り薬、猫金膏はいかがですかぁ」

ムギ豚は、火傷切傷よりも、肥満と聞いてはっとした。

紬「薬屋さーん、ちょっとこっちへ」

「はいはい、どちらでしょう?」

紬「こっちよ、穴の奥、肥満にも効くって本当かしら?」

「はい、それはもうてきめんに効きますよ」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:52:45.93 ID:8ygsrWxU0

紬「まあ」パァ

ムギ豚は大喜びで巣から這い出し

紬「あら!梓ちゃん!?」

梓「いえいえ、私は梓などという名ではないですよ、最近この山で商いを始めた雄猫の薬売りです」

紬「まあ…そうなの、それにしてもそっくりね、世の中には自分に似た人が
  3人は居るっていうけれど、それにしても不思議」

紬「ううん、そんなことよりも、そのお薬売ってくれないかしら?
  お代は…よもぎのお団子くらいしかないけれど」

梓「おお、これは酷い火傷ですね、もちろんお代はお団子で十分です
  それにしてもどうしましょう、背中だと手が届かないでしょうし、私が火傷に塗ってあげましょう」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:54:19.99 ID:8ygsrWxU0

紬「まあまあ、何から何まで親切な方ね、でも…あの」

ここで、なにやらムギ豚、モジモジと言葉を濁す。

梓「ん…なんですか?」

紬「そのお薬を一滴、手のひらに載せてもらえないかしら?」

梓「どうなさるんですか?」

紬「い、いえね、少し確かめてみたいのよ、どんな薬なのか」

梓(むむ…さてはムギ豚、何か感づいたか?)

梓「はあ…まあこんなものですが」ピト



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:55:21.84 ID:8ygsrWxU0

梓は軟膏を少量ムギ豚の手のひらに乗せる。
その瞬間、ムギ豚は上着を捲り、腹に薬を塗ろうとしたので
梓はこれでは薬の正体がばれてしまうと驚く

梓「だ、だめですよ、その薬は、怪我もしてないのに塗っては、刺激が強すぎます」

紬「放して!!」

紬「あなたみたいにスリムな猫には私の気持ちはわからないわ!」

紬「私は少なくとも顔は悪くないと思うのよ!
  ただ人より少しぽっちゃりしてるから、恋人も出来ず、人気投票も万年最下位で、
  とにかく痩せさえすれば、痩せさえすれば可愛い彼女が出来て……ひゃ!
  これは強い薬ね、ぴりぴりするわ、むむむ、でも良薬は口に苦いものというし
  これくらいの方がかえって効きそう…ひゃあ!!お腹が燃えるように熱いっ!!
  我慢よ、我慢よ紬、今度こそ痩せてクリスマスまでに可愛い彼女を…ひゃあ熱い」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 19:56:54.82 ID:8ygsrWxU0

紬「ええい、もうやけくそよ!!こうなったらその薬、全身に塗って頂戴」

やぶれかぶれになったムギ豚は素っ裸になってしまう

梓(なんだか知らないけれど、これはこれで計画通りです)

梓はきししと笑うと、唐辛子を練った軟膏をムギ豚の全身に塗ったくる。
その結果ムギ豚は

紬「きゃあ!!沁みるっ…うう、我慢…我慢…ぎゃぴぃ!!
  駄目っこんなの耐えられるわけないわっ、ひぃぃ、お水、お水を頂戴、
  どうして、私ばかりこんな目にあうの!?
  やっぱりデブだからなの!?
  ひぃぃ、せめて恋人が居れば、クリスマスまでにぃ、
  ひゃああああ、不幸よぉおおおおおお」

と、なにやら支離滅裂なことを口走り、やがてぐったりと失神してしまった。


………
……




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:01:27.64 ID:8ygsrWxU0

唯「うう…道に迷って、だいぶ遅くなっちゃったよぉ」

唯「たしかこのあたりだったけど…おーい、ムギちゃーん」

紬「むぎゅ…むぎゅぎゅ」グッタリ

唯「ひゃ…!ムギちゃんすっぽんぽんで何やってるの!?」

タッタッタ

紬「むぎゅう……」

唯「大変、意識が無い…ん、この赤いのは何だろう?」ペロ

唯「ひゃああ!辛いっ、これ唐辛子だ…!」

唯「もうムギちゃん、火傷してるのになんて物塗ってるんだよぉ」

唯「待ってて、今水汲んでくるから」

タッタッタ



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:04:38.96 ID:8ygsrWxU0

唯は近くの小川からバケツいっぱいに水を汲んでくる。

唯「よし、とにかくこの唐辛子を全部流して…」セッセセッセ

唯「……ふう、これでよしっと、とにかく穴の中に運ぼう、よいっしょっと」

唯「うー、ムギちゃん重いよぉ」

紬「むぎゅ…」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:06:11.45 ID:8ygsrWxU0

唯はムギ豚を藁のベットにうつ伏せにして寝かせる。

唯「うう、ムギちゃん全然目を覚まさないよぉ」クスン

唯「と、とにかく火傷の手当てをしなくちゃ」

唯「よし、この隣のおばあちゃんにもらったアオキの葉っぱをペタペタと」

アオキの葉には抗菌作用があり、古来より
凍傷、火傷、腫れ物に効く妙薬として用いられてきた。

唯はアオキの葉をシップのようにムギ豚の背中に貼る。



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:07:05.43 ID:8ygsrWxU0

紬「むぎゅ…くーくー」

しばらくして、痛みが引いてきたのかムギ豚の呼吸は穏やかになる。

唯「ほ……よかった、何とか落ち着いたみたい」

唯「うう…よかったよぉ、一時はどうなることかと…」

唯「それにしてもあずにゃんもやり過ぎだよ、今度会ったらめっ!してあげなきゃ」プンスカ

唯「うう…ムギちゃん、こんなに酷い火傷をして…
  私がもっとしっかりしてたらムギちゃんのこと守ってあげれたのに…」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:09:41.87 ID:8ygsrWxU0

唯「………ムギちゃん、私ね、ムギちゃんが元気ないと悲しくなるの、
  ムギちゃんが元気だと私も嬉しい」

唯「だって、だって私、ムギちゃんのこと……」

唯「……え、えへへ///ムギちゃん寝てるのに、今言ったって意味ないね」テレテレ

唯「……」キョロキョロ

唯「……ムギちゃん、寝てる?」

紬「くー…くー」

唯「こんなのずるいかもしれないけど、
  でも、私ムギちゃんの可愛い寝顔を見てたら我慢が出来ないの」

唯「ムギちゃん……ごめんね……今だけは目を覚まさないで……」

チュ

紬「ん……ゆい…ちゃん」

唯「えへへ///じゃあね、ムギちゃん、しっかり休んで火傷治してね」


タッタッタ



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:11:16.55 ID:8ygsrWxU0


……
………


紬「……ん」

紬「あら…?私…いったい」

紬「確か私、表で気を失ったはずだけど」

紬「変ね、薬屋さんが中に運んでくれたのかしら?」

紬「あら…?」

紬「不思議…背中の痛みが引いてるわ…」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:14:39.54 ID:8ygsrWxU0

数日後

平沢家

梓「憂!ついにこの日がやってきたよ!」

梓「今日こそあの憎きムギ豚の息の根を止めて復讐を成し遂げるよ!」

憂「そ、その事なんだけどね…梓ちゃん」

梓「え…なによ、憂?」

憂「私はもう十分だと思うの……」

梓「は、はぁ?」

梓「な、何言ってるのよ、せっかくここまで色々準備してきたのに……」

憂「聞いて、梓ちゃん、今回の件はムギ豚ばかりが悪いって訳じゃないの」

憂「私も少しやり過ぎたかなって反省しているのよ…」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:16:32.19 ID:8ygsrWxU0

梓「は、はぁ?なに言ってるの、やり過ぎなんてことはないよ
  あんな豚、いっそ叩き殺したってバチはあたらなかったと思うよ」

憂「でも、お姉ちゃんの話を聞く限り、ムギ豚ってそんなに悪い豚じゃないって
  今では思ってるんだ」

憂「昔から私、お姉ちゃんの事となると、頭に血が上って、
  何が何だかわからなくなっちゃって、つい滅茶苦茶しちゃうの、
  今思えばもう少しムギ豚の言い分も聞いてあげればよかったかなって思ってるの」

憂「だからね、梓ちゃん、復讐はもう十分、これでおしまいにしましょう?」

梓「駄目だよそんなの!!」

梓「今ここで止めたら私の計画が……」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:17:41.35 ID:8ygsrWxU0

憂「計画?」

梓「…っと何でもないです」

梓「と、とにかく今更止めたって無駄よ、私は絶対にやめないから!
  予定通り今日ムギ豚を亡き者にするよ!」

憂「やめて!梓ちゃん、ムギ豚が死んだらお姉ちゃんが悲しむわ……」

梓「ふん!そんなの知ったこっちゃないよ、私はやるからね!
  止めても無駄なんだから!」

タッタッタ ガチャバタン

憂「ま、待って……ひゃ、あいたた、腰が…」


……
………



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:18:49.10 ID:8ygsrWxU0

梓「ふんだ!憂は甘いよ!」

梓「せっかくムギ豚を殺す都合のいい理由が出来たって言うのに、全く、これだから人間は……」

ぷりぷり腹を立てながら、やって来たのはムギ豚の巣である。

梓「お~い、ムギ豚~、居ますか~?」

紬「は~い、あら、まあまあ梓ちゃん、いらっしゃい
  この間のボウボウ山はとんでもなかったわねぇ
  私、酷い火傷を負って…まあ今はこの通り元気なんだけど、
  梓ちゃんは無事だったのかしら?」

梓「まあ、無事といえば無事ですが、それにしても酷いですよ、
  あんな危ないところに私ひとりをおいて逃げてしまって、
  私怖くて怖くて、少し泣いちゃったんですよ」

無論、泣くどころか腹を抱えて大笑いしていた訳だが



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/26(土) 20:19:43.91 ID:8ygsrWxU0

紬「まあ…ごめんなさい、怖い思いをさせて……でも私も生きるか死ぬかの瀬戸際だったから……」

梓「ふん、まあいいです、それよりも、あの後憂に謝りに行ったのですか?」

紬「それが……ここ数日火傷が痛んで、ずっと寝込んでたの、
  結局まだ謝りに行けてないわ」

梓「はぁ、そんなことだろうと思いました…」

紬「梓ちゃん、どうしよう……いよいよ憂ちゃん、カンカンよね……
  でも今から山に行っても、食べ物はあらかた狩り尽されているだろうし
  家にも私の分の備蓄しかないし……」

梓「仕方ないですね……困ったムギ豚に知恵を授けてやるです」

紬「え!?梓ちゃん何か考えがあるの?」

梓「むふふ……海ですよ、海」

紬「え、海!?」


……



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「カチカチ山のムギ豚ちゃん!」#前編
[ 2011/02/27 20:18 ] ファンタジー | ムギ豚 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6