SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「ういーにーどきっす!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ういーにーどきっす!」#前編 【非日常系】







管理人:エロっぽいです。閲覧にご注意下さい。







http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298960463/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:21:03.15 ID:GsX94ckT0


 風は夜の空気に触れてもまだ暖かく、すっかり春になったことを教えてくれた。

 春から入部した後輩と二人で、漂ってきた花の匂いを感じつつ夜道を歩く。

 うすぐらい空は、むず痒い感覚を与えてくる。

 私は急いで、携帯を開いた。

梓「誰にメールしてるんですか?」

唯「憂だよ。もうすぐ帰るねーって」

梓「あぁ……ほんとに仲良いですね」

 呆れたような目をされる。

 私たちの関係はまだあずにゃんには伝えていないし、誰にも伝える気もないけれど、

 様子を見るに憂がすでに話してしまっているようだ。

 私たちの関係はあまりいいものではないのだけれど、どうも憂には自慢らしい。

唯「うらやましい?」

梓「そっ、そんなことは! 私だって憂とは仲良いですしっ」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:25:04.69 ID:GsX94ckT0


唯「……ふぅん?」

 ちょっと梓ちゃんのことが可哀想になったけれど、私が同情しても仕方ない。

梓「そんなことより、明後日、日曜日! 部活あるんですから、忘れずに来て下さいよ!」

唯「えっ、そうだったっけ!?」

梓「ゆいせんぱい……しっかりしてくださいよ。9時からですからね!」

唯「おっけ、ありがとうあずにゃん」

 一応頭に入れておき、あずにゃんの肩にふれた。

 既に何度か日曜の練習をすっぽかしたり遅刻しているので、

 そろそろ先輩として見切りをつけられないよう真面目にならなければいけない。

梓「ほんとに大丈夫ですか……?」

唯「心配するな。これでも君より1年先輩なのだぞ?」

梓「そう、ですよね」

 顔をむずむずさせながら、あずにゃんは言った。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:29:15.44 ID:GsX94ckT0


梓「それでは、日曜日に」

唯「うん、またねあずにゃん」

 あずにゃんと別れると、歩くスピードを速めた。

 小走りになりつつ、携帯を開く。

 『もうお家が見えてるよ』

 送信して、あとは脇目もふらずに家へと駆け込む。

 玄関の明かりが点いた。

 ちゃんと待っているようだ。

 私は安心して、ドアの把手に手をかけた。

唯「ただいまぁ、ういっ」

憂「おかえり、お姉ちゃん」

 くつぬぎまで下りてきて立っていた憂は、にこりと笑うと目を閉じた。

 そして、控えめにくちびるを突き出す。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:33:09.49 ID:GsX94ckT0


憂「んぅっ……」

唯「えへへ。かわいいよぉ憂」

 がっしり憂にしがみついて、小さく震えたくちびるにかぶりつく。

憂「んあっ、むぅ」

 ふんわり柔らかい憂の唇が口の中へ入る。

 唇で挟んで吸いつくと、ちゅるちゅると唾液の音が唇の端っこから聞こえてきた。

唯「んーい~……」

 わたしの口に引っぱって来られた下唇に、そっと歯を立てる。

 優しく、とうもろこしの粒を取るようにくちびるを噛んでいく。

憂「ふっ、んんっ……」

 ぶるぶるっ、と憂が肩を震わせた。

 憂は切ないのか、私の頭をぎゅっと抱いてきた。

 背中はギー太がいるから、
 ただいまのキスをする時は憂はあまり体を抱いてくれないのだ。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:37:03.32 ID:GsX94ckT0


憂「ぁ、んむ、ふゅっ……」

 さて、こうなるとなかなかキスは終わらない。

 憂はゆっくりと座りこむように、廊下の床に私を引っぱってくる。

 私は憂のくちびるをもぐもぐしたまま、それにくっついて憂を床に押し倒した。

唯「は、ちゅっ……ういっ」

 唇の噛んだところを今度は舐めてなぞっていく。

 夕食の味見をしていたのか、薄くかつおだしとお醤油の風味がする。

憂「ふへ……」

 ようやく唇を解放してあげて、また唇が触れ合うほどに顔を近づける。

唯「ねー、憂……ん、火ぃ消した?」

憂「ふぁ」

 とろけた瞳のまま、憂は首を横にふる。

 くちびるの先がしゅっしゅっと擦れて、愛しさが噴き上げてきたけれどこらえる。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:41:06.46 ID:GsX94ckT0


唯「弱めてきただけ?」

憂「……」

 名残惜しそうに、憂は私の頭を抱いていた手を床に降ろした。

 背中を浮かし、わたしの手を解放してくれる。

 それで私がやっと立ち上がると、憂は恥ずかしそうに笑って、台所へと上がっていった。

唯「ういっ、ご飯のあとでね!」

憂「うん!」

 階段に向けて声をかけると、うれしそうな声が返ってきた。

 私は夕食と、その後のデザートを楽しみに、靴を脱いで部屋へ行くことにした。

 ギー太をスタンドに置いて、制服から部屋着に着替える。

 体が一気に軽くなって、前宙返りしてベッドに飛び込めそうな気すらしたけれど、

 失敗すると痛いのでやめておく。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:45:02.45 ID:GsX94ckT0


 2階のリビングに降りてだらけていると、

 ご飯の準備ができたらしく憂が醤油とだしの香りをただよわせてキッチンから現れた。

 煮物のどんぶりが置かれ、またキッチンに戻り、]
 白いごはんとおぼろ豆腐を持ってやってくる。

唯「……ん、これは」

 どんぶりを覗きこむと、具材はインゲンに人参に、竹の子が入っていた。

唯「……はぁ」

 春になると煮物と言えば、憂は必ず竹の子を入れてくる。

 旬だから、という理由だけでなく、私が苦手なのを知ってのことだ。

 固い歯触りは、細切りにすれば大丈夫なのだが大きな塊で出されると食欲が失せる。

 同様の理由でレンコンも苦手だ。

唯「憂……また竹の子」

憂「だってお姉ちゃん、竹の子好きでしょ?」

唯「好きは好きだけどさぁ……」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:49:00.94 ID:GsX94ckT0


 憂はお料理をテーブルに置くと、私の隣に座った。

憂「だいじょぶだよ、私がちゃんと食べさせてあげるから」

 私のほっぺたを撫でて、憂はそんな風に言う。

 私も私で、おせちのときなどに数の子が出るとみんな憂に食べさせるから、

 その仕返しかもしれない。憂はあの塩味が嫌いなのだそうだ。

 だから、憂は歯触りがいやじゃないようによく噛み砕いてから私に食べさせて、

 私は塩味が抜けるようによく唾液と混ぜてから憂に食べさせてあげるのだ。

 さすがに親の前で食べさせてあげると憂は慌てるのだけれど、

 私はむしろ親の前でくらい堂々としていたいと思うのである。

 かつての悪法が消えた現在でも、

 私はなんとなく、憂との関係を公言できないでいる。

 それは私たちの関係に、どこか後ろめたいものがあるからではないだろうか。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:53:07.59 ID:GsX94ckT0


憂「お姉ちゃん?」

 心配そうに憂が覗きこんでくる。

唯「あ、ううん。食べよ食べよ」

 余計なことを考えていた。

 かぶりを振って払い、箸を手に取る。

唯「いただきまーす!」

憂「いただきますっ」

――――

唯「ふぁん……んん、ぐっ」

憂「ん、ぷはぁ。……おいしい? お姉ちゃん」

唯「はふ。おいしいっていうかさぁ……」

 憂のご飯は確かにおいしいし、竹の子だって憂が噛んでくれれば食べられるのだけど、

 それだったら普通においしいものを憂に口移しで食べさせてほしいと思うのだ。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 15:57:06.16 ID:GsX94ckT0


唯「もっと、ハンバーグとかこう、私の好物でやってもらえない?」

憂「そしたら時間かかっちゃうじゃん」

 それまでしていた深いキスなんてなかったようなあけすけな態度で、

 なんとも現実的な問題点を挙げると憂はごくりとお茶を飲んだ。

唯「そりゃね……まぁそっか」

 キスがしたいだけなら、食べ物なんて挟まなくても素直にキスをすればいい。

 口移しなんて理由がなくてもキスができるくらいには、私たちは気安い関係になっているのだし。

 食事の時間は食事の時間として切り分けた方がいいのかもしれない。

 実際わたしも、自分でものを噛むことは喜びだというくらい分かっているつもりだ。

 どちらかと言えば、憂が竹の子やレンコンを食べさせたいというから付き合っているだけで、

 竹の子やレンコンなど献立に出ないほうが私には幸運だと言える。

 憂の口移しが嫌なのではない。

 そのために好きでもない竹の子を食べさせられるくらいなら、口移しなんか無くていいだけだ。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:01:00.23 ID:GsX94ckT0


唯「はふー。ごちそうさま……」

 晩ご飯をたいらげて、お皿を重ねる。

 それを憂が台所に運んで、水に浸ける。

 少し食べ過ぎたか、お腹が苦しい感じだ。

 ちゅーしながら憂にさすってほしい。

 椅子から立ち上がって、ソファに向かう。

唯「ういー、アイスはいいよ」

 台所にいる憂に声をかけた。

 冷凍庫を漁っていた憂は不思議そうに顔を上げる。

憂「いらないの?」

唯「うん、今日は憂だけ食べる。おいで」

 ソファの角に腰かけると、両腕を広げて憂を迎える体制になった。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:05:00.51 ID:GsX94ckT0


 スリッパを鳴らして憂が駆けてくる。

憂「……お姉ちゃん」

 私の前に立った憂は胸の前で手を握ると、どんどん顔を真っ赤にしていく。

唯「おいで。べぇ~」

 口をあんぐり開けて舌を出す。

 憂はソファの背もたれに手を置き、私に覆いかぶさるようにおでこをくっつけてくる。

憂「はあぁ、はぁ……っ、おねえちゃん」

 憂の熱い息が口の中に吹きこまれて、喉の奥を撫でた。

唯「はぁく、きへ……」

憂「ん、んっ……」

 あったかい舌が出て、ぷるぷる震える。

 可愛くてつまみあげたくなるけれど、

 やると怒られて、ひどい時にはちゅーがお預けになってしまう。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:09:01.09 ID:GsX94ckT0


憂「ぁん……む」

 O型に開いた口の形を、憂が舌でなぞっていく。

唯「っう、はぁ……」

 とん、と憂の舌が私の舌に乗せられる。

 ご飯の味がたくさん残っていて甘いけれど、そろそろ憂の味だけを楽しみたくもある。

唯「……んー♪」

 舌をひっこめて、口の中に憂の舌を連れていく。

 くちびるがくっつくまで憂を引っぱりこみ、舌が逃げられないように歯で挟む。

 唇は憂にぶつけて遊びながら、そっと舌の動きを開始する。

 ぺろぺろと、こするように。

 憂もぴくぴく舌を動かして、不自由な動きながら私の口の中をなんとか舐めようとする。

 がっしりと憂の腕が私の身体をとらえて抱きしめる。

 キスはもちろんだけど、憂は抱っこも好きなのだ。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:13:04.89 ID:GsX94ckT0


憂「ぁんむ……ちゅ、ちゅっ」

 ちゅぅをしながら憂が漏らす声はとっても可愛い。

 私からも憂をぎゅっと抱きしめてあげる。

唯「んい、んいぃ……」

憂「は、おぁ、んんっ……」

 キスをしながら、「憂」と呼ぶ。

 すると憂も一生懸命私を呼ぼうとするのだけれど、

 唇をふさがれて舌を伸ばしたままでは「お姉ちゃん」なんて発音はできない。

憂「ぁ、歯ぁ、はぁひて……」

 だから憂は、名前を呼んであげると呼び返すかわりに、

 もっとキスをがんばろうとするのだ。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:17:01.93 ID:GsX94ckT0


唯「……ん、ぁー」

 歯を開け、舌を解放する。

唯「ちゅぶぁ、んっぐ、っ!」

憂「は、ひゅむ、んんぅっ」

 その瞬間、自由になった憂の舌が、ホンキを見せる。

 わたしたちはもう6年、ほぼ毎日こんなキスを何時間もやっているのだ。

 憂だって普段はされる側といえ、キスだけで私を気持ちよくする方法は熟知している。

唯「んっ、んぁぁっ、んんぅっ!」

 喉の横、歯茎の奥。

 ふかーくふかーくキスをすれば、憂の舌の先っちょがそこにちろちろ触れてくる。

唯「ぁっむ、んふ、んんっく!!」

 床がドンドン鳴っている。

 じっとしていられない私の足が暴れて、あとずさろうとして踏み鳴らしているらしい。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:22:09.00 ID:GsX94ckT0


 でも、どんなに暴れたって憂のキスからは逃げられない。

 背後はないと知った私の身体は

 ソファに崩れるように倒れていくが、憂は執心深く密着したキスをしたまま上に乗っかってくる。

憂「ふぅん、んちゅ……はぁ、ちゅぅ、ちゅ、ちゅく」

 憂の脚が絡みついてきて、暴れることもできなくなる。

 こうなるともう、私は憂をひたすら抱きしめる以外に快感をごまかす方法がなくなるのだけど、

 それもそれで胸の内に幸せがぶわぶわっと溢れてきて、気持ちよさを増やしてしまって、

 憂にはそれだって分かりきっていて、つまり、

 憂はもう私を「いかせてあげよう」という気まんまんなわけらしい。

唯「ぁっ、は、んいぃ、うぅい~っ!!」

 その名前を呼んだら、憂のキスがもっと激しくなるなんて知っているはずなのに、

 おろかにも私は必死にうい、ういと叫ぶ。

 私がいって、キスが終わってしまうのは嫌なのに、

 やっぱりどこかであのすごい快感を求めてしまっているのかもしれない。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:25:17.19 ID:GsX94ckT0


憂「んぁ、むふ。る……れちゃっ、ちゅちゅ……ぁー」

 憂の舌が、喉と一緒に舌をこすり、ぐるぐると口の中を走り回る。

 もう、我慢できない。

唯「んむっ、いい! ぅいっむ、ふ、いふううぅぅ!」

 視界の端に、白く細い電撃がチリチリと光る、

 どんどんその数が増えて、太くなっていき、光の残る時間も長くなる。

 頭の中が真っ白に埋め尽くされていき――

唯「んんんんうぁああっ!! んく、ぶ、んんんぅぅーっ!!」

 体の中で熱さと冷たさの波がぶつかり、その波の勢いに突き上げられるように背中がのけぞった。

 憂の身体ごと持ちあがった全身が、凍ったように静止し、

 再びソファに沈み込む。

唯「ぶぁっ……」

 やっと憂のくちびるが離れ、冷えた空気が一気に肺に入ってくる。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:29:01.09 ID:GsX94ckT0


憂「お姉ちゃん、んー」

唯「ぁっ……」

 憂が口をすぼめて、唾をたらしてくる。

 私からすすったものか、憂の唾液かは分からないけれど、

 力の入らない体で首を起こし、くちびるに吸いついて受け取る。

唯「んぅ……くっ、こく」

 憂のつばはおいしい。

 憂のお料理にはかなわないけれど、

 こうしてキスをして唾液を受け取る時、とてつもなく幸せなのだ。

唯「ん……ちゅ、ちゅきゅ、ちぅぅ」

憂「はぅ、……んもう、無いよ」

 あまり唾液が出なくなったから夢中で吸っていたら、肩を押されて引っぺがされてしまった。

 もうおしまいらしい。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:33:03.44 ID:GsX94ckT0


 憂はソファを降りて、私の顔の横に座ると、頬をぷにぷに突っつきだした。

憂「明日どーする?」

唯「あひた?」

 まだ興奮さめやらぬ中、ぼんやり応答する。

唯「あぁ……あひた土曜日かぁ」

憂「うん、部活ないでしょ?」

唯「ん、無いよぉ」

 憂が親指でくちびるを撫でてくる。

 またキスがしたくなってしまった。

 動けるようになったら襲おう。

憂「じゃあ……デートいく?」

唯「おー、良いねぇ。映画とか見ようよ」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:37:14.00 ID:GsX94ckT0


憂「映画なんて行ったって、いつもちゅーしてばっかりじゃん」

唯「いやなの?」

憂「いやなわけないよ! ただ、1000円もったいない……」

唯「じゃあ今回は、最後まで見れるように頑張ろうよ」

 ちょっとずつ身体からだるさが抜けてくる。

 ソファにつかまって上半身を起こした。

憂「うーん……できるかなぁ?」

唯「なんかこう、仔犬の映画とか、ナチュラルジオなんとかっぽい大自然の映画とか見てさ」

唯「ちゅーしたくならないような映画なら、いけるんじゃない?」

憂「そうかなぁ……」

 憂はあまり気乗りしないようだった。

 今までも何度か映画は見に行ったけれど、最長で上映開始前から2時間弱キスし続けたことがある。

 その映画のタイトルさえも思い出せない。




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:38:22.90 ID:wcqMQFYF0

ちゅう毒だな



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがおおくりします:2011/03/01(火) 16:40:03.63 ID:vriAVVS70

>>31

うまいな





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:41:04.22 ID:GsX94ckT0


唯「ま、いーじゃん。デート用のお小遣いを友達との付き合いに使うわけじゃないでしょ?」

憂「当たり前だよ! けど、だったらお姉ちゃんと可愛いもの買ったりおいしいもの食べたり……」

唯「おいしいものなら食べれるじゃん。これこれ」

 くちびるに指を当てて、ばかな事を言ってみる。

憂「もうっ、そういうのじゃなくてさ……」

唯「でもさ。その理屈だったら、私は憂と映画も見てみたいな」

憂「ん……うん、それは確かに」

唯「じゃあ決定ね。明日はまず映画館に行こう!」

 憂の言葉を遮って、強引に決める。

 憂はちょっと頬を膨らませていたけれど、結局文句は口から飛び出しはしなかった。

 いい加減、「そういうキス」は卒業したい。

 その想いは憂も同じなのだ。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:45:03.35 ID:GsX94ckT0


憂「映画のあとは?」

唯「そだねー、お買い物に……あっ、あと、あそこの凄いおいしかったアイス屋!」

憂「コトブキ?」

唯「そんな名前だったような……まぁ行ったら分かるよね。そこも行こう!」

憂「そしたら後は、ちょっとお洋服も買いに行こうよ」

唯「いいね。可愛いのあるかな?」

憂「お姉ちゃんが着たらなんでも可愛いよ!」

唯「はいはい」

 いきりたつ憂の頭に手を置き、立ち上がる。

唯「じゃプランはそんな感じで、暗くなる前に帰ろうね」

憂「うん。……お姉ちゃんお風呂?」

唯「そだよ。一緒に入るでしょ?」

憂「うん、いっしょいっしょ!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:49:03.00 ID:GsX94ckT0


 リレーのバトンを受け取るように左手を差し出すと、

 憂が両手で握って立ち上がった。

 手を繋いだまま階段を上がり、着替えを取って引き返してお風呂場に行く。

 シャツを放り、ズボンを脱ぐと、憂が小さく笑った。

憂「お姉ちゃん、パンツびしょびしょだよ?」

唯「う、憂のせいでしょ! いきなり激しくして……」

憂「えへへっ、ごめんね」

 いたずらっぽく笑ったかと思うと、耳の後ろから手が伸びて、目の前に白い景色が広がった。

 ぬるく、甘ったるいような匂いがする。

憂「……私もこうだから、お互いさまってことにしよ?」

 憂は脱いだ服を洗濯かごへ放ると、リボンをほどいた髪をゆらしながら浴室のドアを開けた。

憂「先にシャワーあっためとくね?」

唯「ぁ、うん」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:52:59.97 ID:GsX94ckT0


 お風呂場に入ると、憂は椅子に座ってシャワーを浴びていた。

唯「……うーいっ」

 ひざまずいて、後ろから抱きつく。

憂「お姉ちゃん、手ぇ冷え冷え」

 そう言って、私の体にお湯を当ててくれる。

 ひっついた私の胸と憂の背中にお湯が一旦溜まり、こぼれ落ちていく。

唯「……憂、体洗ってあげるね」

憂「後ろから?」

唯「後ろからがいい?」

憂「ううん、前……私もお姉ちゃん洗いたいし」

唯「ん、おっけ」

 肩に手を置いて立つと、憂の前に回ってしゃがむ。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 16:57:12.03 ID:GsX94ckT0


唯「椅子降りないとつらいよ?」

憂「ん、そうだね」

 腰を浮かして椅子を後ろにずらすと、お風呂マットの上にお尻を落ちつける。

 私もあぐらをかくようにマットに座り込んだ。

唯「はい憂、私の上のって」

憂「……うん」

 私のお腹のあたりをちらっと見てから、

 憂はなるべく脚を閉じたまま器用に私の横へ膝をつく。

 そしてしがみつくように、足を腰に巻きつけてきた。

唯「髪濡らして?」

憂「了解でーす♪」

 憂がシャワーをとり、頭を撫でながらお湯を通してくれる。

 憂の指の間を髪が抜けていくのが、とても心地いい。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:01:08.92 ID:GsX94ckT0


 きゅ、とシャワーが止められる。

憂「いよっと……」

 私の体につかまりながら前のめりになって、憂がシャンプーのボトルを手に取る。

 首筋があらわになっていたので、くちびるを寄せてみる。

憂「あん、もうっ……ダメでしょ」

唯「えへへ、ついね」

憂「ちゅーならここにしていいから……」

 憂はちょっとお尻を引いて、顔を私の高さに合わせる。

唯「ん。……ちゅっ」

 軽いキスだけをして、すぐ離れる。

 お風呂場であまりキスに夢中になってしまうと、

 倒れて怪我したり体を冷やしたり、とにかく危険が伴うのだ。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:05:13.01 ID:GsX94ckT0


 それに髪を洗っている間は、シャンプーが口に入って憂とのキスが台無しになることもあり得る。

 キスをするにしても、髪を洗ったあとがいい。

唯「うい、シャンプ」

憂「……むー」

 こうやって簡単なキスだけで済ませると、憂は不満そうな顔をするようになってしまった。

 昔は軽いキスだけであんなに顔を真っ赤にして嬉しそうにしてくれたというのに。

 くちびるを曲げて、憂はシャンプーのポンプを2回押して手に取った。

唯「ちょうだい」

 右手で受け皿を作り、憂の手から垂らしてもらう。

 手を憂の後ろに持っていき、両手を合わせてシャンプーを少し暖める。

 またポンプが鳴り、憂が私の髪を洗うぶんのシャンプーを出した。

 そして、まるで私と抱き合うみたいに私の後ろに両手を持ってくる。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:09:03.08 ID:GsX94ckT0


憂「お姉ちゃん目つぶって?」

唯「ほいほい、憂もだよ」

 視界を真っ暗にし、何も見えない中で憂の髪に触れる。

 くしゅくしゅ撫でると、泡が立った。

 同じように憂も私の髪でシャンプーを泡立てる。

 キーボードを弾く時みたいに指を広げて、指先で髪の付け根からこすってあげる。

憂「んーきもちい……」

 憂の甘い声が耳にささやきかけて、くちびるにむしゃぶりつきそうになる。

 実際そういうことも何度かあった。

 憂のくちびるの位置なんて分かっているから、目を閉じていてもキスするぐらいは簡単だが、

 大変なのはキスをやめることのほうなのだ。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:13:08.27 ID:GsX94ckT0


 別にキスに夢中になって風邪をひいたって私は全然構わないけれど、

 どちらかが病気になると、治るまで憂はぜったいキスをしてくれないのだ。

 昔、風邪で倒れた憂にむりやりキスをしたら、しっかり元気なビンタを受けたことを思い出す。

 そして私もしっかり風邪をもらった挙句、完治してもしばらく、

 「まだ病み上がりでしょ」とキスを2週間ほど断られ続けた。

 それ以来、風邪には気を遣っているのだ。

 なんとかキスしたい欲求をこらえて、憂の頭を洗い続ける。

唯「……」

 髪を洗われるのはものすごく気持ちいいし、洗ってあげていると愛しさがこみ上げてくるけれど、

 毎日やっていることだから、キスを我慢するぐらいは無理でもない。

 早く流したいな、とは思うけれど、しっかり洗ってあげたい気持ちも強い。

唯「うい……」

憂「ん、お姉ちゃん……」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:17:05.17 ID:GsX94ckT0


唯「もう綺麗になった?」

 目をつぶったまま問う。

 流石に汚れ落ちまでは分からない、というか憂の汚れなんて目をこらしても見つけたことがない。

憂「ちょっと待ってね、後ろの方もう少し丁寧にやるから……」

 言って、憂の顔が少し近付く。

 憂のくちびるは、いま私のくちびるがある所よりちょっと上にいるみたいだ。

 ひょっとこみたいに口を曲げて、息を吹きかける。

憂「ん、待ってってば」

 憂がくすぐったそうにする。

 あ、これかわいい。

 続けて息を吹きかける。



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:21:13.81 ID:GsX94ckT0


唯「ふー、ふーっ」

憂「む。すぅ……」

 すると、息をかけるのと同時に憂が見計らったように深く息を吸った。

 胸がどきりと締められる。

憂「はぁ……」

 肺まで入った憂の息が返される。

 心臓が変に跳ね回る。息が出せない。

憂「……おいしいね、お姉ちゃん」

 たっぷりもって、真っ暗闇にそんな憂の声がする。

憂「っん、んぅ♪」

 次の瞬間、私は泡だらけの手で憂を抱きしめて、くちびるにしゃぶりついていた。

 くちびるを舌でぺろりとなぞってはキスをし、舐めてはキス、舐めてはキス。

唯「ん、ふうっ。ういっ、ういっ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:25:05.31 ID:GsX94ckT0


 夢中で憂のくちびるをしゃぶっていると、

 ほっぺたが引っぱられて、むりやりキスを中断させられる。

憂「髪洗ってる間はめっ、でしょ?」

 頭を撫でながら叱られる。

 今がチャンスと飛びつこうとするが、その行動も読まれていたのか顎が右手にぶつかる。

 こんどは寂しさに胸が締めつけられる。

唯「やっ、やだぁ! キスしたい、キスしたいよぉ!」

憂「髪流したらいっぱいしてあげるから」

 後ろからきゅ、と音がして、体に温かいお湯がかかる。

唯「う……」

 憂にしがみつきながら、頭を流される。

憂「お姉ちゃん、洗われてるワンコみたいだよ」

 優しく頭を撫でられて、犬でもいいやと思う。



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:29:05.88 ID:GsX94ckT0


憂「はい、ヨシ」

唯「ぷふぇ」

 目の周りに残ったお湯を手の甲で拭う。

 次は憂が泡を流し始めた。

 その間はキスするわけにもいかず、ただ閉じている憂の目を見つめているしかなかった。

憂「ふーっ……」

 やがて憂がシャワーを止めるが、まだキスは早い。

 ノズルを置いて、今度はボディソープのボトルを取る。

 再び手を出し、ボディソープを出してもらって憂に抱き着く。

 背中を抱き、すりすりと撫でさする。

憂「ぁん、まだ……」

 冷たかったのか、憂がちょっとえっちな声を出した。

 憂はまだボディソープを出そうとしている途中だったけれど、構わず口に吸いつく。



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:33:38.04 ID:GsX94ckT0


憂「んぅー、まっふぇ……」

 舌で憂の口の中をかき回しながら、手をまんべんなく動かして背中を洗ってあげる。

唯「れろぉ、ちゅ」

憂「ぁむ、ぅっふ……は、ちゅ」

 どうにか憂もボディソープを出して、私の背中に手を回す。

 ぎゅっと抱き合いたいけれど、そうすると憂が上に行きすぎてしまってキスが届かなくなる。

 抱き合うよりはキスしてるほうが裸でも気持ちいいので、

 強く抱きしめたいのは我慢する。

 どうしても駄目な時は、体に泡を付けたあと、

 お風呂マットの上に押し倒して体をこすりつけて洗ってあげながら、抱き合ってキスをする。

唯「んっち、ぁむ、ちゅちゅぅ」

 背中から肩を通り、憂の胸に触れる。



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:37:06.57 ID:GsX94ckT0


憂「んぁ……おれえひゃん……だめ、らぁの?」

 舌を絡めつつ、憂は器用に喋る。

唯「ん、うんっ」

 頷くと、憂は手を私の太ももに下ろしてきて、泡をなでつけた。

 憂の柔らかい乳房に泡をつけていく。

憂「おれぇひゃ、かけるよ」

唯「ふぁっ、んむ、れぅちゅ……」

 突如憂が言うと、胸にピュッとボディソープが飛んできた。

 一瞬おどろいたけれど、慌てずキスを続ける。

 続けてお腹、脚にボディソープが垂れ、背中にも引っかけられる。

 もういいでしょ。

 そう訴えるように、くちびるで憂をぐいぐい押していく。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:41:12.21 ID:GsX94ckT0


憂「んっ、ちゅぅちうぅ」

 憂が強く唇に吸いつき、キスが離れないようにしながら後ろへ倒れていく。

 滑らないようにしっかりと憂を抱きしめて、しがみつく憂をゆっくり床に下ろす。

 手の甲がマットのふかふかした感触に包まれる。

唯「んい、いいぉ」

 そして、抱えた腕に憂の体の重みがかかる。

 滑り落ちそうになる体は憂に支えられ、憂のもぞもぞという動きでこすられ、また落ちていく。

 私はただ、ぞくぞくして腰が勝手に動くのに任せて、くちびるに吸いつき、

 口の中を舌で探検していればいいだけのことだった。

憂「んぁっ、あむ、ぁ……」

 服を着ているときの憂はふかふかと暖かいけれど、

 はだかんぼで泡まみれになった憂はすべすべでとにかく熱い。



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:45:45.19 ID:GsX94ckT0


憂「ま、あぁぅ、んうあぁあんんっっ!」

 太ももが、憂の脚の間にずりずり滑り落ちていった。

 憂の腰がびくびくと跳ね、あやうくキスが途切れそうになる。

憂「ん、んむ。ちゅぷ、くちゅちゃっ……」

 薄く目を開けてみると、憂が涙を浮かべながら一生懸命キスをしているのが分かった。

唯「んい、んいー……」

憂「んむっ!? っ、ふ、ぁめっ、おねえひゃあ、ぁ!」

 前歯の後ろ、上顎の前方をリズミカルに舌先で擦る。

 ここが憂の口の中で一番弱いところ、一番好きな攻められかただ。

憂「んんーん、んんーんっ!!」

 しゅっ、しゅっ、と右へ左へ舐めさする。

 憂の肩が浮いて抵抗のそぶりを見せるが、くちびるを更に深くくっつけて押し戻す。

 完全にくちびるを塞がれてながらも、憂が「お姉ちゃん、お姉ちゃん」とうめいている。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:49:05.16 ID:GsX94ckT0


唯「んい、んっ……」

 この可愛い妹に、早くあの一番すごい気持ちよさをあげたい。

 その一心で、私も一生懸命に憂の口を食べていく。

憂「んんーぁん、んんー!!」

 憂が全身でぎゅっと、お猿さんの子供みたいにしがみつく。

 頭の中には「憂、可愛い」しかなくて、

 それさえも言葉にできずに体をこすりつけて、キスをするだけ。

 この胸を圧すような熱い熱い愛は、きっと10分の1も憂には届いていない。

 せめてあと少しでも届けたいと、胸同士をくっつける。

唯「んいっ……」

憂「んんーん、っ!」

 鼻息が苦しそうだ。舌でちろちろ舐めながら、息を吹き込んであげる。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:53:04.74 ID:GsX94ckT0


憂「んっ……!」

唯「ぁ、ん……」

 憂から息が送り返される。

 憂の身体を巡り巡って帰ってきた空気を肺の奥へと吸いこむ。

 そして再び、私の息を憂にあげる。

憂「うぁ、んんー……」

 憂が身をよじり、体をびくびく痙攣させる。

 逃げるようにタイルに手をついて、けれどボディソープで滑って動けないようだ。

 諦めたように、憂も一緒になって歯茎をぺろぺろ舐めはじめた。

 少し頭が重たくなってきたのを感じる。

 鼻呼吸に戻して、舐めることに集中する。

憂「ん、んんっ……!!」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 17:57:06.44 ID:GsX94ckT0


 傷口につばをつけるように、丁寧に舐めていく。

 憂の腕が痛いほどに抱きしめてくる。

唯「ういっ……」

憂「んむっ、あ、おねえああぁあぁ!!」

 最後まで口を塞いでいたかったけど、一瞬の隙にくちびるが離れ、憂が叫んだ。

 私にしがみついて、何かに怯えるみたいにびくっ、びくっと震えると、

 やがて床に両手両足を落として、力なくへたれた。

唯「うい。ん」

 くちびるを突き出す。

 憂は弱々しい瞳で私の顔を見ると、

 すぼめたくちびるを小鳥みたいにちゅっ、ちゅっとくっつけてくれた。

唯「かぁわいい、憂」

 頭を撫でると、憂が目を閉じる。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 18:01:02.47 ID:GsX94ckT0


唯「まだちゅーしたいの?」

憂「……うん」

 恥ずかしげに憂は頷いた。

唯「じゃ、お風呂の中でちゅーしよ。風邪引かないように」

憂「そだね」

 シャワーを出して、体についた泡を落とす。

 落としながら、大事なところに手をやって、軽くだけこすっておく。

 それからお尻だったり腋だったり足だったり、あまりこすり合えなかった所にもお湯を当て、

 しっかりお互いに手で洗ってから湯船につかった。

 お風呂では私が後ろから憂を抱きしめる形で憂に乗ってもらった。

 それで私は憂にのしかかるようにしてちょっと体を伸ばし、

 憂に振り向いてもらってくちびるを合わせた。

 浮力があるお湯の中だからできる体勢だ。



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 18:05:07.83 ID:GsX94ckT0


唯「はむ……ちゅ、ちゅ」

憂「んれっ。す、ちゅぷ」

 憂はまだ懲りていないようで、私の口に平気で舌をつきこんでくる。

 私もそれに応えて感じさせてしまおうとするのだけれど、

 結局憂と一緒に気持ちよくなって、二人で湯船の中で夢中になってキスをしていた。

 お風呂からあがるころには既に日付が変わっていて、

 私たちはいそいそとベッドにもぐり、くちびるを重ねると眠りについた。

 翌日は休日といえど、憂とのデートの予定だったのだから、なるべく早く目が覚めたかったのだ。

 憂も寝ている私にちょっと激しいキスを仕掛けてきたりもせず、おとなしく眠っていた。

 その寝顔があまりに可愛いので舌を差し込んでみたけれど、

 憂は舌をぺろりと舐めただけで起きてくれる気配はなく、

 私は少しいじけながら、抗議として舌を入れっぱなしにして眠ることにした。



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ういーにーどきっす!」#前編
[ 2011/03/02 00:05 ] 非日常系 | 唯憂 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6