SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「なんかあずにゃんがぬるぬるする」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「なんかあずにゃんがぬるぬるする」 【非日常系】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299628097/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 08:48:17.30 ID:gkozsoAN0

梓「え? 何か言いました?」

唯「あずにゃんの体がなんかぬるぬるする」

梓「……ちょっと意味がわかりません、なんですかぬるぬるって」

唯「手とか足とか、顔とか、ぬるぬるして気持ちわるいよ」

梓「なっ 人を馬鹿にしないでください!ぬるぬるなんかしませんよ!」

梓「大体どうして人がぬるぬるするんですか、寒いのに汗だってかいてません」

唯「わかんないよそんなの、ぬるぬるするものはぬるぬるするんだもん」

梓「……」

紬「梓ちゃん、ちょっと見せてくれるかしら」

梓「はい……」

紬「ペロッ」

梓「ひうっ」

紬「これは……茶渋!」

唯「茶渋!?」

唯「ってなあに?」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 08:55:01.57 ID:gkozsoAN0

紬「茶渋っていうのは、
  お茶に含まれるカテキンやポリフェノールなどが付着したものを言うの」

紬「お茶の苦み成分の素だから茶渋っていう名前なのね」

紬「それが梓ちゃんの体にもこびりついているの」

唯「あずにゃんの体にお茶が……ゴクリ」

梓「そんなのおかしいです!
  茶渋はふつうコップや急須にできるものです!」

梓「わたしの体に茶渋がつくなんて、
  お茶のお風呂に入らない限りありえません!」

紬「でも実際に梓ちゃんの体には茶渋がついていて、ぬるぬるしてるの」

紬「そうよね、唯ちゃん」

唯「うん、ぬるぬるするよ」

梓「そんなこと……」

唯「それにあずにゃん、なんだか体が茶色いよ」

梓「!!」

唯「これは茶渋じゃないのかな」

紬「いくら梓ちゃんでも3月に日焼けするなんて考えられないわ」

唯「じゃあやっぱり……」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:01:06.56 ID:gkozsoAN0

梓「そんな、そんなことって……」

紬「本当に不思議だけど信じるしかないわ」

紬「それにしてもどうして……」

唯「あずにゃんがたくさんお茶を飲んだから
  茶渋がついちゃったのかな?」

紬「ふつうに考えればありえない話だけど、
  ほかに考えられる理由もなさそうね」

梓「でもそれなら、唯先輩や紬先輩にも茶渋がついたっておかしくないです」

梓「なのにわたしだけ……」

紬「……」

唯「……それはきっとあずにゃんだからだよ」

唯「あずにゃんって、外で遊んでたらすぐ日に焼けちゃうよね」

梓「はい、合宿のときも遊んでた時間は先輩方と同じくらいなのに」

梓「わたしだけ真っ黒に焼けちゃいました……」

唯「だからきっとあずにゃんは茶渋もくっつきやすいんだよ」

梓「そうなんですかね」

梓「わたし、茶渋を呼び込みやすい体質なんですかね」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:06:30.86 ID:gkozsoAN0

唯「きっとそうだよ、わたしもムギちゃんも全然ぬるぬるしてないもん」

唯「ありえないよ?
  お茶飲んだからって体がぬるぬるなんてふつうありえないよ?」

唯「それはきっとあずにゃんが特別だから」

梓「特別……」

紬「そうよ、特別なのよ」

梓「いや、全然うれしくないです」

梓「でもどうすればいいんですか……?」

梓「毎日お風呂で体は洗ってます、
  それなのに茶渋がついちゃったなんて……」

紬「洗い方が足りないのかしら」

唯「言っててもしかたないよ、とにかく洗ってあげよう」

唯「あずにゃん、こっちおいで」

梓「どこで洗うんです?」

唯「水道だよ、冷たいけど我慢してね」

梓「うっ……わかりました」

唯「えーっと、まずは髪の毛の茶渋を落とそうか」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:13:16.81 ID:gkozsoAN0

唯「この亀の子たわしは使えそうだね」

梓「……」

紬「わたしが梓ちゃんの髪をお水で流すから、
  唯ちゃんはたわしでこすってもらえるかしら」

唯「ガッテンガッテン!」

水道「キュッキュ、ジャーー」

唯「じゃあゴムを外させてもらいますねー」

唯「お客さんの髪きれいですねー」

唯「こんなに長いとお手入れ大変でしょー」

梓「……ちょっと黙ってもらえますか」

唯「」ゴシゴシゴシゴシ

紬「」モミモミモミモミ

梓「……」

唯「」ゴシゴシゴシゴシ

紬「」ナデナデナデナデ

梓「はぁん」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:18:31.18 ID:gkozsoAN0

唯「」ゴシゴシゴシゴシ

紬「」ナデナデナデナデ

梓「ひぅん」

唯「」ゴシゴシゴシゴシ

紬「」モミモミモミモミ

梓「……」

唯「こんなものかなあ」

紬「こんなものかしらね」

梓「……取れましたか?」

唯「きゅっきゅって言ってるよ!」

髪「きゅっきゅ!」

梓「……ありがとうございます」

唯「さて、あとは体だね」

紬「本番はここからね……」

梓「……あの、体は自分でやりますので」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:25:23.03 ID:gkozsoAN0

紬「梓ちゃん1人じゃ無理だよ」

紬「毎日ちゃんと体洗ってたんでしょ?」

紬「それなのに茶渋まみれになってるんだから」

紬「誰かに手伝ってもらわないと!」

紬「ね!ね!」

梓「嫌です!できますよ自分で!」

唯「そんなこと言わずに、ねえ」

梓「髪の毛のことは感謝してます」

梓「だからあとは自分で洗い流しますので……」

唯「茶渋を?」

梓「はい」

唯「茶渋だよ?」

梓「そうです」

唯「……」

唯「なんで茶渋なんだろうねえ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 09:32:53.23 ID:gkozsoAN0

梓「なんでなんでしょうねえ」

紬「わたしもよくわからなくなってきたわ」

梓「なんだか眠たくなって……」

紬「春眠暁を覚えず……」

梓「おっと、そんなのはどうだっていいんです」

梓「とにかくあとは自分でやりますので」

唯「できる?一人で大丈夫?」

梓「……できなかったらまたお頼みします」

紬「楽しみにしてるわ」

梓「次に会うときはつるつるたまご肌ですので」

唯「それじゃあおやすみあずにゃん」

梓「春はあけぼの、ようよう眠くなりゆく朝方……」

梓「おやすみなさい」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 11:54:46.18 ID:gkozsoAN0

翌日!

梓「こんにちは~」

唯「誰?!」

梓「ひどい……でも言うと思ってました」

唯「真っ黒だよあずにゃん!」

梓「……ボディソープじゃ落ちませんでした」
 
梓「それに一層ひどくなったみたいです」

唯「……しぶにゃん」

梓「」キッ

唯「ごめんごめん」

唯「なんだかお茶の苦いにおいがするよ」

梓「茶渋ですから……」

唯「じゃあ約束どおり」

梓「はい…… お願いします」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:00:13.89 ID:gkozsoAN0

唯「それでね、ちょっと調べてみたんだけど」

唯「茶渋は塩をつけるとよく落ちるんだって」

梓「塩、ですか」

唯「あずにゃんのおうちに行く前に塩を買っていこう」

梓「あんまり外に出たくないです……」

通行人「あの子冬なのに日焼けしてる」

通行人「わっ なんだかお茶臭い!」

通行人「ママー あの人足跡がついてるよ~」

通行人「しっ 見ちゃいけません」

梓「うぅ……」

唯「みんなの視線を独り占めだね」

梓「やめてください」

唯「ふふふ これからはわたしがあずにゃんを独り占めだよ」

梓「……」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:06:35.14 ID:gkozsoAN0

唯「それじゃあシャワーで流そうか」

梓「……」

唯「じゃああずにゃん 服を脱いで」

梓「あの、やっぱり」

唯「どうしたの?」

梓「やっぱり服を脱ぐのは は、恥ずかしいです」

唯「でもあずにゃん一人じゃ洗えないでしょ」

唯「これ以上お茶臭くなってもいいの?」

梓「し、塩があれば洗えます!」

唯「これ私が買ったんだけどなあ」

梓「ぐっ」

唯「重たかったなあ、1kgのお塩」

梓「わっ わかりました! 好きにしてください!」

唯「えへへぇ それではさっそく」

梓「……」ヌギヌギ



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:14:28.21 ID:gkozsoAN0

唯「それにしても真っ黒だねえ」

唯「今からこのからだを真っ白に洗ってあげるよ」

梓「は、早く塩をかけてください!」

唯「まあまあ、まずはシャワーから」

唯「いきなり塩をふったらしみるでしょ」

梓「日焼けじゃないです!」

唯「あせらないあせらない」

梓「……」

唯「」ピトッ

梓「ひぃっ!」

唯「あずにゃんぬるぬる~」

唯「」ヌルッ

梓「やっ やめてください! ひあっ……」

唯「ほれほれ」ヌルヌル

梓「あふぅ ぅんっ……ふにゃぁ」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:21:21.67 ID:gkozsoAN0

唯「」ギュッ

梓「ひにゃっ も、もうっ 余計なことしないではやく……ふぁぁ」

唯「からだじゅうぬるぬるで気持ちいいよぅ」

梓「ふにゃっ……んんっ、やめっ……唯先輩!」

唯「」ヌルヌル

梓「にゃぁあ、もうっ、いい加減……ふひんっ」

唯「これはもしかすると」

唯「ちゅっ」

梓「にゃああっ!」

唯「あずにゃんからお茶の味がする……」

梓「ふざけてないで、とっとと」

唯「ちゅっ、ちゅぅぅ」

梓「にゃふんっ……ぁんっ、もうぅ……んにゃぁっ」

唯「お茶を楽しみながらあずにゃんをかわいがれるなんて……」

唯「」ヌルヌル



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:26:56.67 ID:gkozsoAN0

梓「にゃはぁっ! そっ、そこはっ あふっ……」

唯「わたしも茶渋がついてたらなぁ……」ヌルッ

梓「そんなっ んんっ、にゃあぁ……ぃにゃぁっ」

唯「もっとあずにゃんと楽しめたのに……」ヌルヌル

梓「ひぃっ……あぁん、ぁにゃっ……」

唯「あずにゃん、本当にからだ洗ってたの?」ヌルヌル

梓「洗ってっ…にゃはぁっ、洗ってます!……んんっ」

唯「でもこんなにぬるぬるしちゃって……」ニュルッ

梓「あにゃあぁぁあっ……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:34:10.80 ID:gkozsoAN0

唯「ふぅ……」

梓「…ひぅっ……にゃぁ……」

唯「……じゃあ、じゅうぶん楽しんだところでそろそろ」

梓「にゃっ…もっ、もう終わりですか?」

唯「何言ってるの 塩をかけないと洗えないよ」

梓「そっ わかってます!そんなこと!」

梓「唯先輩がいろんなとこをさわるから……」

唯「そーれ、お塩少々茶渋少々」パッパッ

梓「……」

唯「……」

唯「」ペロッ

梓「にゃはあっ!……」

唯「汗みたいでおいしい……」チュッ

梓「んにゃぁっ…もぅっ、いい加減に……ひぅんっ」

梓「もっ…もうっ!…あにゃぁっ」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/09(水) 12:38:47.90 ID:gkozsoAN0

唯「ちゅっちゅっ」

梓「にゃふっ…んっ、それはっ……んにゃっ」

唯「あずにゃんしょっぱくておいしい……」ペロッ

梓「ぁにゃっ! もっ、もぅっ…だめっ…んんっ」

唯「」ペロペロ

梓「にゃはぁあっ……だめですっ、もっ…もうっ…んにゃぁぁぁああああ!!」

唯「ふぅ…」

梓「にゃぁっ、にゃぁっ……」

唯「……そろそろ流そうか」

梓「……はぃ…」

唯「……ちゅっ」

梓「にゃはぁっ!」


おしまい




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「なんかあずにゃんがぬるぬるする」
[ 2011/03/09 20:13 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1309 [ 2011/03/09 20:34 ] [ 編集 ]

生殺しですか。
茶渋がとれてキュキュな梓まではいかないのですね。

タイトル:
NO:3895 [ 2011/09/21 00:39 ] [ 編集 ]

どこからこんな突飛な発想するんだろw
乙です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6