SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  梓「唯先輩…おしおきの時間ですよ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「唯先輩…おしおきの時間ですよ」 【エロ】








管理人:エロです。閲覧にご注意下さい。









http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300102304/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:31:44.83 ID:CwsiZPWK0

「あずにゃん…もうやめて…もうやだよ…」

栗色の髪を肩の辺りで揃えた愛らしい少女は、
もともと甘い声を涙声に変えて、後輩に許しを請うた。

「ダメですよ唯先輩、ほら早く脱いで下さい」

烏の濡れ羽色の長い髪を二つに結った可憐な少女は、
普段は見せぬ強気な態度で年上の少女を急かした。



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:32:34.64 ID:CwsiZPWK0

時は夕刻。部室の窓から見える空はみるみる暮れて行く。
黄色の髪留めをした少女は平沢唯と言った。

先程までの体育館ライブで、
後輩の中野梓に、ノーブラで演奏を強いられた後だった。

部員揃いのデザインのTシャツは薄地なため、
唯の胸の先端は客席からも注視すれば確認出来たであろう。

汗で透けて、形も浮き出ていた。
恥じらいから唯は普段の演奏が出来ず、澪に叱咤されてしまった。

「唯先輩、パンツ、早く脱いで下さい」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:33:32.29 ID:CwsiZPWK0

唯は梓に従うしか選択出来なかった。
灰色のプリーツスカートの下に両手を潜らせ、するすると下穿きを脱ぐ。

それはライブ前に梓が没収した
ストライプの柄のベビーピンクのブラジャーと対になっていた。
小さな布にレースの縁取りが儚げだった。

梓は唯の手から下着を引ったくり、鞄の中に入れる。
これで唯の下着は上下とも梓の鞄の中だ。

「さ、行きましょうか唯先輩」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(神奈川県):2011/03/14(月) 20:33:03.43 ID:DXsxSJ200

まともに書きあげられるんだろうな





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:34:12.09 ID:CwsiZPWK0

>>3
ぎくっ




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(埼玉県):2011/03/14(月) 20:34:45.42 ID:vFe6LiQG0

このスレ落ちなかったら100円募金するわ





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:35:27.98 ID:CwsiZPWK0

真っ赤、というよりは橙寄りの夕日が、
建物の向こうにかかり、日中の高まっていた気温を攫っていく。
雲は空を泳ぐように揺蕩い、どこか郷愁を誘うような風景だった。

だが唯はそれどころではない。
前を歩く梓に、クリーム色のニットベストさえ没収された。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:35:52.80 ID:CwsiZPWK0

今唯は、白の半袖ワイシャツとスカート、
靴下と革靴しか身に着けていないのだから。

「は…恥ずかしいよあずにゃん…」

車が近づけば身構え、その内横切れば、
起きた風にスカートを押さえる。梓はその度に可笑しげにした。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:37:03.84 ID:CwsiZPWK0

駅に到着した。
唯は無意識に胸の辺りに両手を持って行き、首を横に振った。

学生やサラリーマン、お年寄り。
大勢の帰宅者が混在するホームに、二人は立っていた。

「ま…まさかあずにゃん…」

「そうですよ、さぁ乗りましょう」

梓は唯の手を掴み、一際男が多い車両を選んだ。
下着を着けずに外出、更に満員電車に乗るなど初めてな唯は、俯いて黙り込んでいた。




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(滋賀県):2011/03/14(月) 20:37:04.72 ID:KoFN2gCO0

落ちやすいこの状況で敢えて書くのか
書き上がったら俺も募金しに行こう





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:37:56.36 ID:CwsiZPWK0


車内は冷房が効いていて、
急な気温の変化に唯の乳首は生理現象から硬くなる。

「ゃっ…」

唯が慌てて胸を隠していると、
梓は唯から少し離れた位置に、さっさと一人で席を確保し座っていた。

すし詰め状態とは言わないが、多くのサラリーマンや学生が立って揺られている。

唯は父親以外の大人の男に触れるのは久々なのに、
前から後ろから男に圧迫され、一刻も早く降りてしまいたかった。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:39:35.51 ID:CwsiZPWK0

二駅が過ぎた。乗客は増え、唯はどんどん奥の窓際に押しやられる。
汗が冷えてきて寒くなり、乳首は更に主張する。
車両が揺れ、唯の足元がふらついた。

「ん…っ!」

見ず知らずの中年の男の背中に、胸を押し付ける状態になった。
体を離そうにも、他の乗客に背中を圧迫され身動きが取れない。苦しい。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:42:20.99 ID:CwsiZPWK0

「…!」
何者かの手が唯の胸元へ伸びてきた。
振り向こうにも人が多過ぎて方向すら判らない。

(あずにゃん…助けて…!)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:43:04.80 ID:CwsiZPWK0

梓は弄っていた携帯を閉じて、顔を上げた。
人影の合間から、唯が貌を赤くしてこちらを見ている。
梓が手を振って微笑んでやると、唯は違うとばかりに首を横に振った。

「…ッ!」

シャツの上から両手でもったりと胸を揉まれる。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:46:09.49 ID:CwsiZPWK0

初めての感覚に唯は混乱した。
乳房を持ち上げるようにして揉まれ、強い握力で握られる。

(ぃたっ…!)

ブラジャーをしていないため、ダイレクトに刺激が伝わる。
痴漢もノーブラと判ったのか、乳首を指で苛め始めた。

痴漢の指の動きに連動するように、唯の体は反応した。
力任せのように擦られたかと思えば、くすぐるように撫でられた。
初めての気持ち良さに唯は徐々に脱力していく。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:48:01.52 ID:CwsiZPWK0

両脚の間に、何者かが足を割り込ませてきた。
ぐりぐりと股間を擦られ、唯はされるがままになっている。

(あず…にゃん…)

いつのまにか痴漢の手は増え、何人がかりにもなっていた。
高校二年生の唯の体は無遠慮にまさぐられ、無理矢理感じさせられた。

窓際で他の乗客に見えない様に囲まれ、
シャツの前ははだけられ、スカートの上からクリトリスを刺激されていた。

スカートの裏のざらついた布地が効果的で、
唯はぼんやりとした表情のまま、時折びくんと身体を跳ねさせた。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:49:19.59 ID:CwsiZPWK0

『桜高2年生の唯です☆
 今日、○○線の×時×分の3両目に乗ってます♪
 痴漢してください♪特徴は…』

梓は自らの書き込んだ掲示板を見返して口角を上げる。
集った有志達が今まさに唯を手で犯している。

「気持ち良さそうですね唯先輩」

誰にも聞こえない程度の小さな声で、梓はそう呟いた。

「先輩が悪いんですよ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:51:44.03 ID:CwsiZPWK0

唯は車内で、二度気を遣った。
体を隠す事も忘れ、ビクンビクンと震え、
痴漢の手によって絶頂を教えられた。

痴漢の一人が唯を連れて電車を降り、
トイレへと連れ込もうとしたため、ようやく梓が声を掛けた。
痴漢はすぐに逃げ出したため、
梓は唯の手を引いてホームを出る。そこは梓の自宅の近くだった。

「さぁ唯先輩…憂には連絡してあります。今夜はうちに泊まっていって下さい。」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:55:17.52 ID:CwsiZPWK0

既にぐったりとした唯を、ベッドに仰向けで寝かせる。
梓はベッドの枕側の柵に、唯の両手をくくりつけた。

「ふふっ、先輩、お人形みたい」

梓は唯の胸の上で指を躍らせる。
乳輪の辺りをなぞると、唯は恍惚とした表情を浮かべた。

「唯先輩のスイッチは判りやすいですねー…」

梓は唯の左胸をやや乱暴に揉みしだきながら、梓はそう呟く。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 20:59:55.00 ID:CwsiZPWK0

「先輩、これ好きですよね?」

梓の左手に握られた物を見て、
唯はご馳走を前にした犬の様な瞳をした。期待を覚えてしまっている体は疼く。

「使ってあげますよ。ただし、なんで私が怒っているか答えてからです。」

梓は至極冷静に穏やかに、そう告げる。
唯は普段から上手く回らない頭で考えを巡らせる。
確か、ここ一週間で、梓は冷たくなったのだった。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:05:03.65 ID:CwsiZPWK0

「わ…かんないぃ…」

唯は頬を紅潮させたまま、甘えるようにそう言った。

「可愛く言っても許しませんよ」

梓は唯の乳首の周りやふとももをさする。
優しく、静かに、触れるか触れないか。

唯は焦らされる事を嫌う。
もどかしげに肢体をくねらせた。ベッドのスプリングが軋む。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:08:29.95 ID:CwsiZPWK0

「じゃあヒント」

梓はシャツ越しに、唯の乳首に吸い付いた。

「あっ!」

つい反射的に声が出て、唯は唇を噛む。

「『先週の祝日』」

梓は唯の胸の突起を前歯で甘噛みする。敏感な唯は目を見開いて感じ入った。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:13:08.76 ID:CwsiZPWK0

「あずにゃぁあ…いっ、いじわる、しないでぇ…」
唯は涙を目の淵にいっぱい溜めて、梓を見つめる。
梓は溜め息を吐いてベッドから離れる。

「唯先輩はどれだけ淫乱なんですか、まったく」

梓はすぐ傍のボールペンを手に取り、
ノック部分の側を唯の左乳首に突き立てた。

「あぁあんっ!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:17:21.00 ID:CwsiZPWK0

張り詰め屹立していた乳首は陥没する。
ぐりぐりとペンを回してやると、唯は仰け反って感じた。

「あうぅ、んうっ…」

とにかく乳首への刺激が欲しいらしく、唯は背を弓なりにして悶えた。
梓は仕方なく、もう片方の乳首をつまんでやる。

「ぃぁああ、あっ、んぁぁ…あ…!」

両脚をもじもじとこすり合わせ、唯は胸の刺激だけで悶絶する。



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:21:00.52 ID:CwsiZPWK0



「ぁずにゃ、ぁ…ずにゃぁん…!」

潤んだ瞳で梓を見上げる。真っ赤に染まる頬に涙の粒が伝い、梓は喉を鳴らした。

「ぉねが、ゎかんないよぉ…!でもごめんね、だから許してぇ…!」

唯は自分が何をしたのか見当もついていない。しかし快楽に溺れたいと梓に縋っている。

梓は単純に腹が立った。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:24:34.86 ID:CwsiZPWK0

「んああぁんッ…!」

梓が唯の乳首を力の限り強くつねり上げると、唯は両脚をシーツに伸ばして上を向いた。

白くきれいな喉元が曝け出される。
牙を持っていたなら、噛み付いてやるのに。梓はそう思った。

「先輩って、ほんと、マゾですよね」

唯はとろんとした表情で、天井を見つめている。

「ぁずにゃん…次は揉んでぇ…」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:28:21.25 ID:CwsiZPWK0

「自分の立場をわかってないですね、唯先輩」

梓はベッドの下の箱から、いくつか道具を取り出す。

「じゃー答え、教えてあげます。
 ただし、今夜は何度イっても止めてあげませんよ」

唯は梓の持つお気に入りの道具たちを見て、何度も頷いた。

目先の幸福しか見えていない。
梓はそんな唯が愚かで浅慮で、どうしようもなく愛く感じた。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:34:09.60 ID:CwsiZPWK0

「…ふぁっ!ぁああぁん!やぁん!」

モーター音が響く。
ローションに塗れたローターを乳首に擦り付けられ、
唯は待ち望んでいた快感に、声を抑える事を忘れて喘いだ。

唯はM字開脚のように膝を立てて寝転んでいて、
梓は発情期の猫のように、唯の脛に股間を擦り付けていた。

梓の下着と唯の靴下の布同士が擦れ合い、梓は夢中で腰を擦り付けた。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:38:30.40 ID:CwsiZPWK0

「んっ、…せんぱ、…」

梓は呼吸を荒くして、唯の乳房を苛め続ける。

ローションでぬらぬらとして、
摩擦が起こらない唯の胸を撫でさすり、めちゃくちゃにローターを押し付ける。

唯ははしたなく声を上げ続け、下の方からとろとろと蜜を流し始めていた。

「先週の、祝日…合コンが、あったじゃないですか」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:42:37.83 ID:CwsiZPWK0

「ん…ぁ…、ぇ…?」

唯はほぼ停止している思考回路で思い返した。

(そうだ、確か他校の男の子達と遊んだんだった)

律の中学時代の男の友人の誘いで、5対5で遊びに行ったのだった。

合コンとは名ばかりで、結局誰も何かを進展させる事は無かったのだが。

「唯先輩、あの中の一人におっぱい触らせてたでしょ」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(埼玉県):2011/03/14(月) 21:45:03.04 ID:EKbfYY3E0

梓さん、あんたも痴漢に触らせてますがな…



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(dion軍):2011/03/14(月) 21:46:04.32 ID:cXvCRHtb0

>>66
確かにww





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:46:49.79 ID:CwsiZPWK0

>>66
www
カッとなってやったんだよwwwきっとww



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:45:58.72 ID:CwsiZPWK0

「え…」

「私見てたんですよ…ファミレスの死角になってる通路で」

唯がトイレに立った後、次いで席を立った男がいた。

染色した髪が見るからに軽薄そうで、最初から唯を狙っていたようだった。

「唯先輩は、わたしのなのに」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 21:50:51.31 ID:CwsiZPWK0

唯が手洗い場から出ると、
その男は待ち構えていたとばかりに唯に近付き、壁際に追い詰めた。

唯が戸惑っていると、彼氏はいるのか、付き合わないかと言われた。

唯は梓と交際しているが、梓に口止めされているため、
その問いにどう切り返せば良いか判らなくなった。

すると男は唯の胸に手を触れさせてきた。途端に唯は男に身を委ねるようにしたのだ。

「唯先輩の、悪い所です」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:03:57.50 ID:CwsiZPWK0

「先輩は誰でも良いんですか」

「っ、ちがうよ!」

「気持ちよくしてくれるなら誰だっていいんでしょ」

「っ…」

「…仕方ないって判ってるんですけどね、私も最初はそこにつけ込んだし」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:10:00.07 ID:CwsiZPWK0

「あずにゃんだいすきだよ、ほんとだよ…」

「…泣かないで下さいよ、もう…」

「あずにゃんだけがいいの…」

「…唯先輩…」

「もう他の人に体触らせないから…ごめんなさぁい…」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:15:06.13 ID:CwsiZPWK0

「…じゃあずっと一緒に居るしかないですね」

梓は唯を抱き締めて耳元でそう囁いた。

「三年になっても大学になっても、ずっと一緒にいる事にしましょう」

「ぁずにゃん…」

「ん…、…先輩の唇ほんとぷにぷに」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:19:12.87 ID:CwsiZPWK0

「じゃあこれ…使ってあげます」

「ぁ…」

梓の手には電動マッサージ機が握られていた。唯は散々この道具に逝かされてきた。

カチリとスイッチを入れると、激しい振動と大きなモーター音が響く。

「足、開いて下さい」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:24:27.10 ID:CwsiZPWK0

充血し切ったクリトリスに直接当てたら痛がるため、タオル越しに当てる事にした。

「ッ…く…!」

緩く触れるだけにしたが、唯には耐え難い快感らしく、眉根を寄せて歯を噛み締める。

電マで割れ目をなぞるように滑らせ、入り口の辺りや内腿までなぞる。

「ぅあ…、あ…ッ、ん、ん…ぁず…にゃ…!」

「せんぱい…せんぱいかわいい…っ」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:29:06.43 ID:CwsiZPWK0

梓は我慢できず、唯の足を大きく開かせ、正常位のような体勢にする。

梓のクリトリスにも電マの振動部分が当たるようになった。

「ぁっ!あ!あぁぁあ!」

「んっ…ゆぃせんぱ、ぁあ…ッ!」

唯と梓はお互いに腰を動かし、より振動を有効に感じられるよう動く。

「あンっあぅ、う…っん…!」
「やぁん、ぁん、あッ…ぃく…!」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:32:26.14 ID:CwsiZPWK0

「やば…せんぱ…うぁ…」
「ふぁ、ぁん、きもちぃ、…!」

梓は唯の乳首を舐め、もう片方の乳首を指で弄くった。

「ぁッン!ぁずにゃぁ、んゃああぁ!あぁぁ!だめぇ…!」
「ゆぃせんぱぁ、ひゃぁ、ア…んく…ッ!」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:39:04.32 ID:CwsiZPWK0

「んぁ!だめぇええぇーーーーー!」
「ぁっ、あっあっあぁあーーーーーー!」

唯は両脚を空中にびくつかせ、
白目を剥くほど勢い良く潮を吹き、そのまま糸が切れるように失神した。

梓は少し遅れて絶頂し、唯の上に倒れ込んだ。

小さく上下する唯の胸で、梓は疲労と安堵と幸福の海に自らを浸す。

「ゆいせんぱい…だいすき…」

その呟きは誰の耳に入る事も無く、夜の空気にとろけて消えた。


おわり




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋):2011/03/14(月) 22:31:03.53 ID:WR0VgNkg0

ごめんなさい
明日3つの再試受かったら募金します





114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:39:56.51 ID:CwsiZPWK0

よし終わった!!1
お前ら募金しようぜ!!!!1

>>111
長屋暮らしならしかたないお!勉学に励めお!




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(滋賀県):2011/03/14(月) 22:40:23.85 ID:KoFN2gCO0


募金してくる



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(山陽):2011/03/14(月) 22:41:55.72 ID:fTYt1aZ3O

ずっと見てた
乙!
募金は抜いてから考える



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(神奈川県):2011/03/14(月) 22:41:57.50 ID:DXsxSJ200


俺も募金するか



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(埼玉県):2011/03/14(月) 22:42:27.73 ID:EKbfYY3E0



変に予定狂わせちゃってすまんかったな





119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(広島県):2011/03/14(月) 22:46:48.67 ID:CwsiZPWK0

みんな㌧
梓唯が少なくて寂しくて、あと暇でしょうがなくて始めたクソスレだけど
募金しようって気になってくれたら嬉しい…///

>>118
何言ってんだい㌧



関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「唯先輩…おしおきの時間ですよ」
[ 2011/03/15 09:39 ] エロ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6