SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「糸が視える」#2

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「糸が視える」#2 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=news4ssnip&key=1299848022&ls=50


唯「糸が視える」#1




34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:12:34.18 ID:y+IXJuaGo


♯3
澪が帰ってこなくなって1週間が経った。
その間にも被害者は出ているのに私は全くと言って良いほどに進んでいなかった。

そもそもお腹から裂けるしか情報のない唯にとっては
途方もない調査だった。ちなみに今日は3人同時だった。

毎日化け物を探しているが、全く出てこない。
休憩に寄った公園で彼女に出会った。

律「精が出てるね」

唯「りっちゃん!!」

律「進展はどうだい?」

唯「さっぱりだよ。縫ってあげるよ」

そう言いまたぼろぼろになってる律の制服を脱がす。

律「いや、貸せ。お前は下手糞だからな」

唯「糸遣いをなめるなよぉ」





35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:13:11.68 ID:y+IXJuaGo


そう言って唯は破れている部分にワッペンを付ける。
今回は抵抗していないし、寧ろ実力を見ていたのだろう。
そして、唯もまたやりやすかったのか、あっという間に修繕が終わった。

律「おいおい。確かに上手だがほとんどワッペンで制服が見えないだろ!!」

唯「まあまあ」

律「唯は本当に糸遣いなのか?」

唯「うん。お母さんが統堂だったんだ」

律はビックリして目を大きく見開く。

律「くくく。なるほど。
  統堂がここでヒーロー気取ってるのか。おかしすぎる」

とたんに腹を抱えて笑う律に少し不快感を覚える唯。



36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:13:39.83 ID:y+IXJuaGo


唯「こっちは真剣なんだよ!!澪ちゃんだって帰ってこないし」

律「澪?ああ。人形の事か。死んだか拷問だな」

唯「澪ちゃんは死んでない。約束したんだ」

律「唯は少し変わっているな。
  統堂は闇宮を道具のように扱うんだぞ」

唯「私は統堂じゃないもん!!」

律「でも情報を探らせたんだろ。
  唯よりも人形の方が遥かに出来るからな」

唯「澪ちゃんを人形みたいに扱ってないよ」

律「要するに人形扱いする事に抵抗感を持っている中途半端なだけ」

唯「だったら勝負だよりっちゃん!糸遣いの戦い方を……私の戦い方を…」

りっちゃんの糸を視る。大糸、筋肉、極糸までも視る。数千と視える糸を捉える



37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:14:07.20 ID:y+IXJuaGo


律「……後悔するなよ!!」


唯「ぐっ……」

律「その程度か」

結局、律には勝てなかった。
善戦もなく百八の名刀の前には糸も視えず、ただ痛い警告だけを貰った。

唯「……それでも澪ちゃんを助けなきゃ…」

目の前には律の刀があった。

律「唯は普通の女の子の方が良かったかもな。
  1回死んだ方が良いかも知れない」

唯「私はまだ死ぬわけにはいかない。
  澪ちゃんと約束したから……私がやるしかないんだ!!」



38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:15:01.97 ID:y+IXJuaGo


律は唯を掴み顔を思いっきり平手打ちをする。
さっきの戦いで力を使ったのか、唯地面に転がる。
それを律は見下す。そして言う。

律「唯は自分が何をしてるのかわかってるか?」

律「澪って奴を助けるために戦う。
  じゃあ唯に何かあったら誰が澪を助けるんだ?」

唯「あ……」

そう言われて唯はやっと気づく。
助けるために死ねない。でも唯はその逆をやっている。

律「焦ってるのはわかるけどお前が冷静にならないとダメなんだぞ」

唯「…………」

唯はわかっている。
1人で何をやろうとしても限界があることを…

それでも犯人を捕まえるため、
敵に捕まっているとされている澪を助けるために
この1週間無茶をしてきた事。

結果は何も出来なかった。

でも今律に殴られて少し冷静さを取り戻した。敵を見つけ、澪を助ける方法を。

唯「りっちゃん力貸してよ」



39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:15:33.34 ID:y+IXJuaGo


律「無理だな」

即答で答える律。

律「だって私にメリットがない。
  でも唯は糸遣いだから何かしらの役に立つかもしれない。
  私に力を貸してくれ」

唯「それなら喜んで貸すよ」

律「じゃあ行こうぜ。
  ここは色々壊しちまったから他のところで作戦を練ろうぜ」

ほとんど律が壊したのだが、
元々は律の攻撃を避けまくった唯の身代わりである。

そんなのお構いなしで律は公園を後にする。
唯もちょっと罪悪感に責められながら後にした。
公園近くの道路で律は持ってる情報を唯に話す。

律「実はな見たんだよ」

唯「何を?」

律「被害者の腹部は食い破られてたんだ」



40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:16:00.71 ID:y+IXJuaGo


唯「そう……なんだ」

唯は考える。律の言ってる事は本当だろう。
じゃあなぜ犯人は食い破る必要があったのだろうか?
唯は思い出したくないが、トイレの死体を思い出す。

女性は生きたまま腹を割かれて死んだ。
つまり、個室で腹を食い破られているのに
抵抗すらしなかった事になる。

律「……普通じゃ無理だな…いや、あいつ等なら可能か」

1人納得した律は頷きながら考える。

唯「あいつ等?」

律「蟲遣いだ」

唯「蟲遣い?」

律「私等みたいな異能だよ。
  しかも唯みたいな操り専門だがあっちは蟲だ」

唯「でもどうして……」

頭が付いていけない唯は必死になって話しに食いついていく。



41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:16:28.20 ID:y+IXJuaGo


律「いいか唯。私達は犯人を追っていたがそれは無理なんだ」

唯「何で?」

律「被害者はみんな抵抗してないんだ。
  で、今日だったか3人同時に襲われたのを知ってるか?」

唯「うん…あっそうか!!」

唯はやっと気づく。犯人を見つけるなんて不可能である。
何故なら犯人は被害者のお腹に潜んでいるからである。

唯「なら行こう!」

そう言って唯は人通りの多い道に向かって走り出す。
それを律が追った。

駅前に着いたところで律が唯に尋ねた。



42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:16:56.26 ID:y+IXJuaGo

律「どうやって見つけるんだ?」

唯「…………」

律の声も無視して目を集中させ唯は糸を視た。
そして見つけた。謎の糸を持つ女性を。

唯「来て」

人が全く通らない道の中を女性は歩いている。
が、突然倒れた。
正確に言えば律が当身をしたのだ。

その女性を公園に連れて行き、唯は謎の糸を手繰った。
ずるぅ。出てきたのは巨大な蟲だった。
それに思わず唯は糸を放してしまう。

蟲は鳴き、唯目掛け襲い掛かる。
が、その蟲は真っ二つに切断された。

律「大丈夫か?」

切断したのは律だった。腕から刀を出している。

唯「うん。ありがと」

律「やっぱり蟲か厄介だな。
  しかも闇宮が捕まるほどだからおそらく聡だな」



43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:17:25.00 ID:y+IXJuaGo

唯「聡?」

律「蟲遣いでもトップクラスの実力者さ」

そこから律は簡単にその聡について、
そして虫使いについて教えてくれた。

元々は一般人だったが研究の度が凄すぎて
特殊な蟲を作り出した事により異能を獲得した。

そしていくら蟲を倒してもキリがなく、
術者を倒さないとこの事件は終わりが見えない事。

律「ただ、問題はどこから蟲は侵入したのかだ」

唯「う~ん」

律は何かと思い女性のバックを漁る。そして何かを見つけた。

律「これなんだ?」

唯「姫子ちゃんが持ってた薬」

律「これか」



44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:17:57.40 ID:y+IXJuaGo


薬を取り出して中を見てみると白っぽいグミのような薬。
それを律が刀で切る。
真っ二つに割れ、中から卵が出てきた。

律「これの出所はわからないがこれで蟲が生まれるのは確定だな」

唯「出所は聞いてみるよ」

律「そうか頼んだぞ。じゃ今日は解散な」

唯「えっまだ……」

と、唯は訴えるが律は軽く唯を押す。
その力に逆らえずふらつく唯。

律「限界超えてるのに無理はダメだ。
  そうそう今日で片付いたら闇宮は捕まらなかったはずだ」

唯「……そっか」



45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:18:24.38 ID:y+IXJuaGo


律「それじゃあな。またこの時間で」

唯「わかった」

律と別れふらふらな足取りで家に戻る。
鍵を差し込むが回らない。
また、何かあったのかと思って扉を開け中に入る。

澪「おかえり」

連絡の取れなかったゴスロリ少女がそこにいた。
待っていたかのような笑顔は唯の疲れを多少和らげてくれた。
そのまま唯は倒れてしまうかと思ったが、先に澪の方が倒れた。

唯「澪ちゃん!!」

慌てて彼女を抱きしめると彼女は虫の息と言う事がわかった。
連絡がない間酷い拷問を受けていた事が丸分かりである。

急いで救急車を呼んだ。
が、彼女は到着するまでに死んでしまうのかと言うくらい瀬戸際であった。

澪「唯…ごめん……私………」



46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:18:55.76 ID:y+IXJuaGo


唯「喋らないで!!」

私は応急処置に彼女の心臓の糸を視る。
かなり弱々しく動いている。

その糸を掴み、澪の代わりに心臓を動かす。
次に横隔膜を操り楽にさせる。

澪「わたしに…そこまで……」

唯「黙ってて!話は後で聞くから!!」

しばらくして救急車が到着してそのまま病院に運ばれた。
私は待合室で澪から預かった匕首を握り締めただひたすら待っている。

澪はかなり衰弱状態であり、さらに外部損傷も見られた。
もしそのまま澪が死んでしまったら……

唯「そんなのいやだ」

大切な人がいなくなるのを唯は味わっている。
既にお母さんが行方不明である。さらに澪までも続いたら……



47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:19:44.83 ID:y+IXJuaGo


唯「…………」

1人で空気を重くした待合室から出て中庭に出る。
するとどこからか羽音が聞こえてくる。
どうやら腹の蟲が成長したらこうなるであろう蟲が飛んでいる。

どうやら狙いは唯ではなく澪のようで
どうやってかわからないが追跡してきたみたいである。

その一匹の糸を操りもう一匹にぶつけ狙いを唯に定めさせる。
もちろん。ぶつけ、ぶつけられた蟲は落ちて動かなくなる。
蟲は全部で十匹くらい。
初見であるが唯は負ける気がしなかった。

唯「よくも澪ちゃんを……」

ただそれだけを思って唯は蟲に勝負を挑みに行った。

朝、澪の病室に行くと白い服を着た澪が迎えてくれた。
その回復力は看護婦さんでも凄いとか。

唯「澪ちゃん!!」

澪「ごめん。迷惑掛けた」



48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:20:20.43 ID:y+IXJuaGo


ペコリと頭を下げるが、
まだ完治し切れてないので多少傷に障ったらしく顔が歪む。
その姿を見ると心が痛い私がいる。

唯「ううん。澪ちゃんが無事で良かったよ」

近くまで寄って手を握る。

澪ちゃんが無事で良かった。
誰に感謝すればいいのかわからない。
けど今こうして澪ちゃんが生きている。
それだけでも私は救われた気がした。

澪「警察の情報は簡単だったけど、犯人の調査に潜入したら捕まった。
  不覚だった。ごめん」

唯「やっぱりそうだったんだ」

澪「ごめん」

唯「気にしないで」

そう唯は言ったが、澪はそこではないと言った。
本当は捕まった時、澪はすぐ死のうとした。
しかし、唯との約束を思い出して隙を見つけて逃げてきたと言う。



49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:20:48.99 ID:y+IXJuaGo


澪「唯の命令だから…
  ただ、敵に唯の情報漏れたかもしれない。ごめん」

唯「そんなことどうでもいいよ。
  生きて帰ってきてくれて本当に良かった。それだけで満足だよ」

澪「ありがと……本当に生きてて良かった…
  それだけで、私は救われたよ……本当に…」

声に嗚咽が混じり、目からは大粒の涙が零れてはシーツを濡らす。
  そのまま唯は澪が寝息を立てるまで付き添い、
  
  眠った頃唯は病室を後にした。

家に帰り澪の服の修繕を行う。

どうやらこの服は糸遣いが縫ったハンドメイド。
誰かはわからないが技術が凄い。
それに負けないように私も縫う。
服の修繕が完了した頃には日が暮れていた。

律「今日は元気だな」

唯「わかる?澪ちゃんが帰ってきたんだ!!」



50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:21:17.36 ID:y+IXJuaGo


律「へぇ~。良かったじゃん。
  で、どうするんだ?まだ続けるのか?」

唯「もちろん!
  澪ちゃんの受けた痛みや辛さを蟲遣いにぶつけるんだ!!」

律「ふうん。じゃあ行くか」

唯「あっ!最初にちょっと良いかな」

最初に唯は姫子を呼び蟲の卵入り薬の詳細を聞いた。
どうやら駅前で配っていたらしいと姫子は思い出しながら言った。
そのお礼に姫子の腹に潜んでいた蟲を退治してあげた。

その日は5匹くらい駆除した。
澪が退院するまで唯と律は蟲を駆除しまっくった。
そのおかげで蟲を孕んでいる女性も減ったがまだ少なからずいる。
早く安全にしたい。

そのためには蟲遣いを倒したほうが早いのだが、中々現れない。

早く出てきてよ。



51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:21:46.66 ID:y+IXJuaGo

♯4
澪が結構早く退院した。普通ではありえないらしい。

澪「迷惑掛けた。でも安心しろ。
  性的拷問はされてないから膜は健在だぞ。
  これは唯に破って
  「いいよ。帰ってきてくれた方が嬉しいから!それより本題に!」


自宅に戻って来た澪は軽く謝る。
そこまでは良かったが余計な事を頬を赤く染めながら話し始めたので
無理やり話しを終わらせて本題に移らせた。

………いや、余計しゃないけどいっか。

澪「今回の犯人は……」

唯「蟲遣い…でしょ?」

澪「そう。唯もそこまで調べてたのなら話は早い」

澪はノートパソコンを開きある画面を唯に見せる。

澪「こいつだ」

唯「田井中聡」



52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:22:16.88 ID:y+IXJuaGo


澪「聡は蟲遣いのトップクラスだ。
  今回の蟲もこいつのだ。で、どうやら今夜取引があるらしいんだ」

唯「取引?」

澪「それがこれ」

澪は別のファイルを開くと画面に取引日時と地図が映る。

澪曰く多分蟲の取引と言う事。

唯「じゃあここでまとめて蟲遣いを倒しちゃお!!」

澪「私も行くよ」

唯「大丈夫なの?」

澪「心配ない。あ、この服は唯が直してくれたのか?ありがとな」

唯「このくらいしか出来ないけどね」



53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:22:44.09 ID:y+IXJuaGo


澪「充分だよ」

唯「あっこれ返すよ」

唯は澪から預かってた匕首を澪に差し出すが澪は黙って押し返す。

澪「それは唯が大事に持っててくれ」

「でも」と唯が言ったが澪は何も言わず押し返したままである。

唯「……わかった」

「………これでいいんだよな」と、なにか澪が呟いた気がした。

澪「ところで唯」

話をまるっきり変える予定の澪。

唯「何?」

澪「私、敵に捕まったけど頑張ったよな?」

唯「もちろんだよ!!」

澪「じゃあご褒美をくれないか///」



54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:23:12.98 ID:y+IXJuaGo


唯「え?」


「ありがとうございましたー」

ほくほくな顔で澪は店を出て
闇宮がいるのに影が薄い唯が続いて店を出た。

澪「ありがとう」

満開の笑顔でお礼を言う澪。

唯「うん」

もの凄く軽くなった財布を力なく握り締めて頷く唯。
そのまま2人は近くのファミレスに寄る。

澪「本当にありがとう」



55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:23:44.09 ID:y+IXJuaGo


唯に買って貰ったベースを大事に抱きしめる。
相変わらず満開笑顔は萎れたりはしていない。

唯「ご褒美だもん」

やっと影の濃くなってきた唯は言葉を出す。

澪「じゃあこの喜びはちょっと置いといて
  私の与太話に付き合ってもらえないか?」

唯「いいけど。何の話?」

澪「闇宮についてだ。唯はまだ疑問を持っているだろ?」

唯「まあ」

澪「それをなくしてあげる。おそらく唯の人形ってとこだろ。
  闇宮は統堂の糸遣いが誕生したときに、
  その世話係りとして誕生するんだ。
  
  いや、作られるの方が正しいな」



56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:25:58.67 ID:y+IXJuaGo


唯「作られるって……」

澪「そうだな。私なら唯が産まれただろ。
  その吉報を聞いて
  じゃあ唯専用の世話係りを作らなきゃなって事で
  私は産まれたんだ。
  親は産む専用の種馬でな」

唯「じゃあ本当に澪ちゃんは……」

澪「ああ。唯のために産まれた人形だ。
  唯がいるから私はここにいる。
  ついでだが、基本闇宮は専属主人が死ぬと人形も死ぬんだ。
  いわば一心同体だ」

軽々しく自分の事を人形と言う澪。少し狂っている。

澪「わかってくれた?」

唯「でも私は自分の事を人形って言わないでって言ったよね?」

久々に澪の口から人形の言葉を聞きいらいらさせた。
その言葉を使わないように長いながら少し怒ったように言った。



57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:26:27.84 ID:y+IXJuaGo


澪「甘い。唯は当主になるんだから…自覚あるだろ」

唯「ないよ」

澪「参ったな。……じゃあこう言えば良いのか。
  私は元々唯を連れて帰ってくるよう言われたんだ。
  ついでにな、一ヶ月以内に連れて帰って来れなければお前を処分だと」

唯「えっ?」

澪「場合によっては例外が適用するけど、その場合、唯は殺されるぞ」

要するに跡を継がなければ殺すって事だった。
少しばかり思っていたけど、統堂も異能だった事を忘れていた。
常識が通じないと……。

澪「もちろん。唯が帰るが帰らないが私は唯の決定に従うよ。
  ただ、私の命で心が動かされる時点で唯はまだまだ甘いよ」

唯「そうだったね。元々澪ちゃんはそのために来たんだったよね」



58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:26:54.84 ID:y+IXJuaGo


澪「これから敵倒すのに詰まんない事話してごめんな」

再び頭を下げる澪。唯にはわからない事がある。
それは澪の心である。

どこまでが闇宮の澪でどこまでが澪の本心なのかわからない。
ひょっとした澪はまだ唯に全てを見せてないのかもしれない。

澪「さて、どうする?」

唯「まずは蟲遣いを倒そうよ。その前に何か食べよっか」

澪「何でも頼んでも良いのか?」

唯「ご褒美の延長で良いよ。さっきのベースは警察の資料。
  この蟲遣いのご褒美がここの料理食べて良いご褒美」

澪「本当か!?」



59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 22:27:31.94 ID:y+IXJuaGo


ベースに好きなものを食べて良い許しが出て再び笑みが現れる。
それは闇宮の澪ではなくて秋山澪の笑顔なのかもしれない。
正直こっちが恥ずかしくなるくらい可愛かった。

澪「たっ食べて良いのか!?」

唯「良いよ」

澪の目の前にはイチゴパフェがある。唯の前にはアイスがある。
ご褒美って事でパフェを頼んだらしい。
そのイチゴパフェをスプーンで掬いゆっくり口に運ぶ。

澪「いっいただきます///」

唯「召し上がれ」

言葉と動作が逆だったのだが余程食べたかったのか
いただきますを言った直後に最初のクリームが口の中に入った。

澪「美味しい」



60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:10:00.30 ID:xil6j9fPo




唯「甘いもの好きなの?」

澪「うん///」

恥ずかしそうに答える澪。

澪「甘いものは好きなんだけど、
  食生活管理されてたからあまり食べさせて貰えなかった」

唯「なら言ってくれたら良いのに……」

澪「唯のご褒美で食べたかったんだ。
  じゃないと全部半減してしまう。美味しさも喜びも」

ぱくぱくパフェを平らげていく澪。
  これが彼女の本心なのかもしれない。そう唯は感じ取った。

唯「……可愛いなぁ」

澪「えっ?何か言った?」



61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:10:35.14 ID:xil6j9fPo


唯「いや別に」

さっさと自分のアイスを食べる唯。先に澪がパフェを平らげると再び口を開いた。

澪「さっきの話しの続きだが……いや愚痴だけど」

そう独り言のように呟く澪。
私はスプーンを口に加えたまま澪を見る。
澪はメニューを見て次に注文するパフェを見ていながら……

澪「普通、統堂専属の闇宮は幼少の頃からずっと一緒にいるんだ。
  といってもべったりじゃないんだけどな。
  
  こっちも鍛錬したり、統堂だって勉強とかがある。
  学校に行くようになってから普通の専属は本領発揮なんだ。
  理由は影で主人を守るため。
  いつどこで襲われるかわからないしな。
  
  でも私は唯の専属だけどそんな活躍は今までなかった。
  主なしの人形だから一族でも浮いた存在だったんだ。
  最悪だったし、呪った事もあった」

澪が今までどのような扱いを受け、教育を受け、成長してきたか唯は知らない。
でもその言葉と澪の視線が唯の胸に突き刺さる。

澪「どうして私は唯のためなんかに作られて、生まれたのか…
  毎日唯を呪って大きくなった。
  
  でも闇宮は統堂に畏怖、畏敬を持っているから唯の興味を捨てきれなかった。
  他の統堂の専属闇宮が羨ましかった。
  
  時には部下、時には友として…厳しかったり優しかったり……
  そういう関係を憧れていたんだ。
  
  唯はどういう人なんだろう。好きなものはなんだろう。毎晩思いを馳せてたんだ。
  
  でな、そんな事考えてるうちに私は唯を恨んでる以上に慕ってたんだよ。
  だから私は厳しい修行も積んで来た。
  唯に会ってみたい。その事だけを考えてな。
  
  そしてやっと許可が出たとき、とても嬉しかったんだ。
  やっと唯に会えるって。
  
  そして唯に始めてあって声を聞いたときは凄い嬉しかったんだ。
  まあこっちが赤面しちゃったけど……
  
  おかしいだろ?最初は怨んでたが今は幸せ。
  唯の傍にいられるから……
  敵に捕まった時だって唯に会えない方が辛かったんだ。
  また会えたとき本当に嬉しかった。私は唯に慕いしてると自覚した。
  
  だからさっきちょっとキツい発言したけど唯は優しいから……
  だめだな私…闇宮失格だよ」


私は何も知らなかった。
異能の家系で次期当主になることや
澪という少女が待っていてくれた事を……。

澪の本心は恨んでるのか慕っているのかわからなかった。



62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:11:02.18 ID:xil6j9fPo


澪「どうかしたか?」

唯「いや」

澪「まあさっきのは私の愚痴だから…あんまり気にする事じゃないからな」

そう澪は言うが、このままではいけない。
澪は自分の事をたくさん話した。
しかしそれは闇宮の人形の事で、秋山澪の事は話していない。
答えは出ている。

澪「じゃあ行こうか」

唯は澪にこんな教育した奴を許さないと誓いファミレスを出た。



63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:11:32.44 ID:xil6j9fPo

♯5
唯「あっちょっと聞きたいけどさ。楽器好きなの?」

歩きながら最初に買ったベースの話を聞く。

澪「詩を書くのが好きでな。
  唯に会いたいと思ってた時に歌詞が出来てな、
  その時統堂の方が専属闇宮に四本弦のギターを教えてて羨ましかったんだ。
  それでちょっと唯と弾いてる想像してたりして……」

唯「へ~。どんな詩?読んでみたい!!」

澪「え?」

唯「だから澪ちゃんの詩を読んでみたいの!!」

澪「はっ恥ずかしいな///」

唯「そこをなんとか!」

澪「まっまあ唯なら良いよ///私の主人だし///」



64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:11:59.92 ID:xil6j9fPo


律「唯!」

唯「りっちゃん!」

声の主の方を向き返事をする唯。
ただ、澪は警戒態勢を取っていたが唯がそれを制した。
澪には説明していなかったので律について軽く自己紹介する。

唯「りっちゃんだよ。蟲遣いを倒すのを手伝ってくれる大事な仲間だよ」

澪「……そうなのか」

律「で、2人は今日はどうするんだ?」

唯「アジトに乗り込むんだ!!」

律「なるほど」

澪「なあ唯。律って奴についてもうちょっと説明してくれないか?」



65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:12:27.00 ID:xil6j9fPo


澪が唯の服の裾を引っ張り詳細を求める澪。
それにちゃんと唯らしい説明する唯。

唯「りっちゃんはね。身体から刀が出るんだよ!」

澪「刀?」

律「ほれ」

律の手から刀が出る。それにすぐ反応した澪が……

             ゴッドハンド
澪「お前はまさか……『神の手』の作品の……」

                          アンソロジー
律「流石闇宮。物分りが唯より良いな。そう。作品集の『刀姫』だ」

唯「え?神の手って?」



66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:13:47.16 ID:xil6j9fPo


澪「簡単に言うと化け物を作る人物だ。
  コイツも神の手によって改造されたんだよ」

唯「りっちゃんは化け物じゃないよ!!」

唯は否定するが本人の律は……

律「良いんだよ唯。化け物呼ばわりは慣れてるさ」

特に表情には変化がない。本当に慣れているようだった。

澪「律とか言ったな。唯を助けてくれてありがとう」

律「別に」

と、ここで唯はある怖さを感じた。それは謎の緊張感だった。



67 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:14:44.79 ID:xil6j9fPo


澪「で、お前は唯とどういう関係だ?」

律「唯の力を借りてるだけ。操糸術は役に立つからな」

澪「なあ唯。コイツも連れてくのか?」

唯「仲間はたくさんいた方が………」

律「そゆこと」

澪「だめだ!!」

澪はぴしゃりと言う。

澪「唯は私が守るから化け物は退場だ」

不良に絡まれたときの鬱陶しい顔になる。対して律は澪を直視している。

澪「とっとと帰れ!仲間料金払ってないならすぐ死んで詫びろ!」



68 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:15:26.68 ID:xil6j9fPo


律「敵に捕まっといて何言ってやがる」

澪「っ!…あれは潜入なんだよ!!」

何か良くわからない言い争いになる。
どちらも戦闘力は唯より遥かに上である。
ここは穏便に解決しようと唯は決めた。

唯「みっ澪ちゃん。りっちゃんくらい……」

澪「唯は黙ってろ!」

唯「ごめん」

澪から穏便に解決出来なかったので律から解決しようと試みる。

唯「りっちゃんや……」

律「ちょっと待ってろ唯。
  こりゃああいつより私のほうが専属闇宮向いてるかもな」



69 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:16:24.11 ID:xil6j9fPo

澪「化け物のお前に唯の世話なんか任せられるか!」

唯「…………」

解決出来なかった。
結局唯は隙を見つけて2人の糸を掴み無理やり仲直りさせた。
そこで澪のゴスロリ服の謎もわかった。…………関係ないけどね。

後、どっちが可愛いか争ってた。


目的地の場所は町外れの廃アパートで、外から見ると糸が視えた。
人間が2人でもっと凝らして視ると蟲の糸まで視れた。

相手は1階の奥の部屋にいるので作戦としては律は上の部屋から、
澪は外から回り込み、唯は正面突破の形を取る事にした。

一応廃アパートに入る前に他に人がいないか確認するがいない。

アパートの中は意外にも綺麗だった。
ゆっくり進み奥の部屋に向かう。
話し声の聞こえた部屋の扉を少しだけ開けて中の様子を伺う。

中にはスーツ姿の初老の男と白衣の男がいて、取引の真っ最中だった。
会話していたので盗み聞きをすると今回の事件の蟲の話しをしていた。

「ほらこれで全部だ」

そう言って白衣の男は錠剤の入った無数の瓶を初老の男に渡した。

「ただ、期待の完成度より劣ってしまった。改良の余地があるんだ」

「その資金をよこせと」

「そう。話が早い」

蟲遣いの笑い声が聞こえた。



70 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:18:32.38 ID:xil6j9fPo


「分かった。それと今ある卵は貰う」

「そうだな。孵化率は三割。
 腹を食い破るまで十日前後でそれから最低一週間は潜伏可能だ。
 後は俺の合図でコンニチワだ。すぐ死ぬがな」

「お前達の蟲は死んだら消えるだろ。なら脅迫にはうってつけの蟲だ」

取引の話が聞こえる。

「しかし、最初の話では一ヶ月は潜伏可能ではなかったかな?」

「そのはずなんだが、急に死に出したんだ。
 ある蟲は一ヶ月の蟲だったりある虫は孵化した奴だったり………」

「誰かが摘出したみたいだな」

蟲についての話は唯にはよく分からなかったが
急に死に出したところからは自分たちで駆除しているとなんとなく自覚した。

ただ、気になっていたのは初老の男が少しこちらを見たことである。
偶然かもしれないが、気づかれているのを黙認しているかもしれない。



71 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:19:22.67 ID:xil6j9fPo

「無理だろ。どうやって腹ん中の蟲を取り出すんだ」

「……あまり派手にやるなよ。勘付かれる」

「はぁ?誰にだよ?」

「例えば正義の味方とか」

……偶然ではなかった。
二度目は必然で、唯の目と初老の男と目が合った。

「澪ちゃん!りっちゃん!」

2人の名前を叫んで部屋に入る。
窓から侵入した澪はすばやく動いて蟲遣いを床に突き倒す。
律は天井を崩して初老の男の腕を掴む。

「なんだお前ぐえっ」

澪「黙ってろ」



72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:22:14.51 ID:xil6j9fPo


蟲遣いは床に叩きつけられる。

「ここまでか」

初老の男性が若い女性の……感情のない声で呟いた。

そして律の掴んでいた腕が取れた。
その腕から勢いよく白い煙が出る。
律はすぐ刀を出して男の身体を刺したがそれはきぐるみだった。

唯「待てー!」

謎の人物を追うが既に窓から外に飛び出ていた。
窓枠まで来た時にエンジン音が聞こえた。

そして無人で動くサイドカー付き大型バイクが
女性と唯の間に滑り込む。
無人と言うのは糸が視えないからである。

「忠告する。この場から離れろ」

彼女は感情のない声で唯に言い、
バイクにまたがりあっという間に見えなくなってしまった。



73 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:24:04.53 ID:xil6j9fPo


唯「何者なんだろ?」

澪「唯!」

蟲使いは死んでいた。

律曰く蟲遣いは臓器も改造できるらしく、
他の蟲同様彼の身体も崩れて消えた。

澪「とりあえず物色しないか?」

澪はそういうが私はさっきの女性の言葉が気になっていた。
「この場から離れろ」と。

唯「澪ちゃん!りっちゃん!逃げるよ!!」

そういって唯は窓から逃げる。
訳の分からない2人は唯に続いてアパートから出る。
その途端アパートに火の手が上がった。

澪「やっぱり罠だったか」



74 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/03/11(金) 23:24:32.76 ID:xil6j9fPo


唯「すぐに人が来るからここから離れよ」

遠くに蟲が飛んでいるのがわかる。
さっきの蟲遣いが死んだからおそらくあれは聡の蟲。
聡にとってこの事は想定外だったかもしれない。



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「糸が視える」#2

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6