SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」#3 【クロス】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300713311/l50

澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」#1
澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」#2




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 06:04:24.05 ID:pY43SL6FP

宿舎!

プシュー(ドア)

澪「はあ、はあ…」

唯「澪ちゃん!」

澪「みんな…」ハアハア

澪「律を…、律を迎えに行くぞ!」

さっきまで泣いていたムギは目に涙をいっぱいためながら笑顔をこちらへ向ける。

紬「うん!」

ふさぎこんでいた梓も身体を起こす。

梓「はい!」

不思議なものだ。4人が同時に同じ“予感”を感じていたのかもしれない。

唯「じゃあみんな、行くよぉ!」





186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 06:05:34.32 ID:pY43SL6FP

バトルセブン会議室!

マクシミリアン「では、次回の襲撃の際にはダイヤモンドフォース、
         エメラルドフォース、サウンドフォースが中心となってしのいでくれ。」

「了解!」

プシュー(ドア)

唯「ちょっと待った~!」

マクシミリアン「放課後…、ティータイム!?」

ガムリン「君たち、大丈夫なのか!?」

梓「はい!私たちも行きますから!」

バサラ「かたき討ちにでも行くのか?」ニヤ

バサラさんがおちょくるように言う。

澪「バカ言え。律に私たちの歌を届けに行くのさ!」

唯、ムギ、梓が無言でうなずく。

バサラ「へへっ、ノッてきたじゃねえか!」

なんだか機嫌がよさそうだ。



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 06:07:04.41 ID:pY43SL6FP

紬「実はみなさんにお知らせしなくておかなくてはならないことがあります。」

マクシミリアン「なんだ?」

紬「信じてもらえないかもしれませんが、私たち、過去の時代から来たんです。」

会議場が一瞬静まり返る。

梓「意外と、驚かないんですね。」

マクシミリアン「やはりそうか…。」

唯澪紬梓「!?」

エクセドル「君たちの格好や持ち物、発話のアクセントは数十年前の地球のもの。」

マクシミリアン「実は君たちの歌エネルギーを検出する直前に、
         特殊なフォールド断層とデフォールド反応を検出していたんだ。」

エクセドル「信じる根拠は十分にある、ということになりますな。」

唯「『特殊なフォールド断層』…?」

エクセドル「おそらく敵が作り出したもの…」

澪「だったら神だろうがなんだろうが敵の首根っこ捕まえて、
  律と一緒に私たちの時代に帰るまでだ!」

マクシミリアン「無論、私たちも全力で協力させてもらう。」

澪「ありがとうございます!」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 06:24:19.95 ID:pY43SL6FP

梓「5人でいっしょに帰りましょう!」

唯紬「うん!」

マクシミリアン「問題はいかにして敵と対峙するかということだな。」

千葉「せめて“彼のもの”とはなにものかが分かれば手の施しようがあるのですが…。」

エクセドル「遺跡が消滅してしまった今、文言の続きを知る手だてがありませんからな。」

プシュー(ドア)

和「『“彼のもの”は無限であり、そして“我”もまた無限である。
   無限は無限から生みだされる。
   無限から無限を取り出しても、それはまた無限なのである。』」

一同「!?」

澪「和!」

唯「和ちゃん!どうしてここに?」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 06:25:18.39 ID:pY43SL6FP

和「唯…。私も舞台にいたから、巻き込まれちゃったみたいね。
  ようやくここにたどり着いたわ。」

ドアの向こうから現れたのは疲れた表情の和だった。

ガムリン「どうやってバトルセブン艦内に!?」

和「彼女のおかげよ。」

背後からプロトデビルンの少女が姿を現す。

シビル「バサラ…、コォーーーーーーー!」

うるさい。

バサラ「シビル!」

エクセドル「“満たされたもの”とは…?」

和「ええ。宇宙の根源、そして私たちの心の、主体の根源です。」

一同「!?」

マクシミリアン「しかし、なぜ過去から来たはずの君たちが
         プロトカルチャーの遺跡の文言を知っているんだ!?」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:52:02.78 ID:pY43SL6FP

和「いえ、プロトカルチャーの遺跡のことはもちろん知りませんでした。」

千葉「じゃあさっきのは何なんだ?」

和「ウパニシャッド。
  今のはイーシャ・ウパニシャッドですが、
  いずれも紀元前のインドで書かれたものです。」

エクセドル「なるほど…。古代文明はプロトカルチャーの影響を
       直接受けている可能性が考えられますからな。」

唯「なんでそんなこと知っているの?」

和「倫理のレポートがあったでしょ。
  私はたまたまそこまで調べてたから覚えてたのよ。」

梓「さすが和先輩。」

澪「で、律をさらっていった影は何者なんだ?」

シビル「ヤーマ…。」

少女が答える。



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:54:44.29 ID:pY43SL6FP

澪「ヤーマ?」

シビル「死神…。」

澪「えっ…。」

死神…。

和「生と死をつかさどる神よ。」

紬「律っちゃん…。」

澪「そんなの関係ない!律を取り戻しに行くぞ!」

エクセドル「しかし私たち自身の根源、宇宙の根源などと戦えるものなのですかな。」

プシュー(ドア)

バサラさんが突如退室しようとする。

ミレーヌ「ちょっとバサラ!何処行くのよ?」

バサラ「ここで待ってたってしょうがねえだろ!」

レイ「しょうがないって言ったって…。」

バサラ「銀河に俺の歌を響かせてやるのさ!」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:55:31.83 ID:pY43SL6FP

澪「私も行きます!」ガタッ

プシュー(ドア)

ガムリン「そんな無茶苦茶な…、相手はどこにいるのかすら分からないんだぞ!」

紬「行っちゃった…。」

和「あながち無茶ではないかもしれません。」

エクセドル「と、言いますと…?」

和「“彼のもの”は時間や空間を生みだした存在。
  もし遺跡やウパニシャッドに書かれた通りならばいつ、
  どこにいても想いや歌は届くことになります。」

千葉「なるほど。敵が現れないにしても何らかの反応があるかもしれない…。」

マクシミリアン「よし、各バルキリー隊緊急配備!オペレーションコード“ぴゅあぴゅあはーと”!」

「了解!」

マクシミリアン「シビル、和君、君たちもブリッジに来てくれ。オペレーターとして協力願いたい。」

和「分かりました。」

シビル「分かった。」

和「唯、気をつけてちょうだいね。」

唯「うん、いっしょに帰ろうね!」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:56:32.77 ID:pY43SL6FP

バルキリー前!

バサラさんと私だけが先にバルキリー前へ到着した。

澪「よし。」タッタッ

これからまたこの兵器に乗って、戦場へと向かう。
しかし私の心は不思議と落ち着きはらっていた。

澪「バサラさん…。」

バサラ「どうした?」

澪「私たちの歌、敵に通用しますかね?」

大丈夫さ。―そんな分かり切った答えをバサラさんの口から聞きたかった。

バサラ「敵なんていねえぜ。」

澪「!?」

バサラ「あるのは、あいつらを“敵”だと思う俺たちの心だけだ!」

澪「は、はい!」

何か私の心の視界が大きく開けた気分だった。

バサラ「ボンバー!」

私たちはバルキリーに乗り込んだ。



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:59:03.08 ID:pY43SL6FP

宇宙!

宇宙空間に浮かぶエリザベスとファイヤーバルキリー。

http://www.youtube.com/watch?v=9rRTYj6qz7g (Angel Voice♪)




マクロスセブンを背景にバサラさんが宇宙へ語りかけるように歌いだす。

バサラ「耳をすませば~、かすかに聞こえるだろ、ほら~、あの声~♪」

澪「(律…。)」

バサラ「言葉なんかじゃ~、伝えられない何か~、いつも感じる、あれは天使の声~♪」

―何読んでるの?

―へえ!みおちゃん左利きなんだ!すごぉい!

バサラ「メロディーは消える~、闇に沁み込むように~、エコー残して~♪」

―どうしたの?

バサラ「静かに降りてく~、ディープブルーのオーロラに~、俺も歌うぜ~♪」

―パイナップル!みおちゃんが、緊張しないようにって!

澪「律…。」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 08:59:53.26 ID:pY43SL6FP

バサラ「信じ続けていたものがある~♪」

―バンド、やろうよ~!

バサラ「バカだと言われたけれど~♪」

澪「律…!」

澪バサラ「変わらなかった~、あの日の夢~♪」

澪バサラ「Angel voice~、見つけたのさ~、地平線の向こうに~♪」

唯たちや、各バルキリー隊が背後から私たちを追いかけてくる。

澪バサラ「キラリ~、光った~、おまえの姿は~、夢じゃなかった~♪」

澪「(感じる…。)」

澪バサラ「流れ流れて行こう~、いつかまた会おうぜ~♪」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:01:23.66 ID:pY43SL6FP

バトルセブンブリッジ!

エクセドル「バサラたちが歌ってますな。」

(澪バサラ「瞳~、閉じれば~、いつも心の中に響くAngel Voice♪」)

サリー「艦長、前方に巨大なデフォールド反応です!」

マクシミリアン「よし、モニターを回せ。」

ミホ「か、艦長…!」

エクセドル「いらっしゃいましたな。」

前方から眩いばかりの光を放ちながら“神々”が姿を現す。

サリー「方円の陣でこちらに向かってきます!その数…、分かりません…。」

同心円状の陣形で神々がこちらに向かってくる。

大きいものは数百メートル、
小さいものでもバルキリーほどの大きさがある
それらが向かって来る様は、恐ろしいというよりも壮大である。



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:02:31.00 ID:pY43SL6FP

(バサラ「心は変わる~、景色と同じように~、仕方ないのさ~♪」)

マクシミリアン「一体何体いるんだ…。」

神々の巨大な軍隊を目の前にして艦長がつぶやく。

和「古典の通りなら300と3柱、
  そして3000と3柱のヴィシュヴェーデーヴァと呼ばれる無数の神々。」

そこには“アスラ”達の姿もあった。

マクシミリアン「そんなにいるのか!?」

(バサラ「神様なんて~、どこかきまぐれだから~、あてにするなよ♪」)
 
和「そしてそれらは8柱のヴァス神軍、
  11柱のルドラ神軍、12柱のアディティヤー進軍、
  インドラ、プラージャパティの計33柱の神々をよりどころとしています。」

エクセドル「3000体を相手にしてもきりがないということですな。」

和「はい。そしてそれらのよりどころとしてアグニ(火)、
  大地神、ヴァーユ(風)、
  空神、太陽神、天神の6柱が内側に陣取っているはずです。」

マクシミリアン「うむ。」

和「さらに内側に3柱、2柱、1柱半と続き、
  中央に“彼のもの”が位置しているはずです。」

エクセドル「数千の敵を突破しなければ本命にはたどり着けないわけですな…。」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:03:31.54 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

(バサラ「wo~,wo~,wo~♪」)

澪「(感じる…。確かに中央に律がいる…。)」

(バサラ「wo~,wo~,wo~♪」)

澪「梓、ひとりで大丈夫か?」

一人でムスタングバルキリーを操縦する後輩に呼び掛ける。

(梓「はい、大丈夫です!」)

そのとき、数千の敵の背後が眩いほどに光りだした。



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:04:38.58 ID:pY43SL6FP

バトルセブンブリッジ!

バシューーーーーーーーーーーン!!!!!!!

マクシミリアン「なに!?」

サリー「アスラの隊群が一瞬にして全滅!!その数、1000を超えます!」

マクシミリアン「フレンドリーファイヤーか?意味が分からない…。」

爆風の中から姿を現したのは巨大な一体の神。
金色の光を纏い神々しく私たちの前に立ちはだかる。

シビル「インドラ…」ブルブル

エクセドル「インドラ?」

和「(どうしてこんな大物が最前線に…?)」

シビル「ヴァジュラの主…。」

マクシミリアン「なに!?ヴァジュラだと?」

和「ええ。ヴァジュラは工技神トゥヴァシュトリによってインドラに与えられた武器です。」

エクセドル「絶体絶命のようですな。」




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:10:40.97 ID:N25Mk+nO0

ここでまさかのヴァジュラか





206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:13:00.48 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

(バサラ「wo~,wo~,wo~♪」)

見たところ“ヴァジュラ”とやらはいない。
しかし危険な相手であることには違いないであろう。

澪「唯、ムギ、梓、気をつけてくれ!」

(紬「うん。マルチスピーカーポッド射出!」)

(梓「ピンポイントバリア展開!澪先輩、後方に回ってください!」)

サウンドバリアとピンポイントバリアで敵の攻撃に備える。
ピンポイントバリアを持たないエリザベス(VF17S改)は唯たちの後方に回る。

澪「ああ。」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:13:22.58 ID:pY43SL6FP

そのとき。

キィイイイイイイイン!!

インスタントカメラがフラッシュをたくような高い音が辺りを覆う。

バシューーーーーーーン!!!

インドラから放たれた巨大な稲妻が
数百機のバルキリーを撃墜したと同時にバルキリー内が真っ暗になる。

澪「え…。ど、どうなってるんだ。」

前方の唯たちのバルキリー、右前方のダイヤモンドフォースと
右後方のサウンドフォースも無事であるが、全く動かない。

バトルセブン、シティセブンも真っ暗だ。



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:15:20.13 ID:pY43SL6FP

バトルセブンブリッジ!

ミホ「各機体の損傷状況、艦内の損傷状況等一切不明!」

マクシミリアン「非常用電源はどうした!?」

サリー「それが、小さいバッテリーも含めて
    一切の電源が使えない状況になっています。」

マクシミリアン「どういうことだ!」

和「インドラ…」

インドラがその身体を金色に輝かせ再びエネルギーをため始める。

エクセドル「絶体絶命ですな。」

シビル「バサラ…。」



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 09:15:59.14 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

澪「誰か、応答してくれ!」

暗闇の中で再び恐怖が襲ってくる。

澪「!?」

澪「聞こえる…!?」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:00:58.19 ID:pY43SL6FP

ファイヤーバルキリー内!

バサラ「へへっ…」ジャカジャン~♪

http://www.youtube.com/watch?v=gYtn1jUvAb8&feature=related




バサラ「行くぜ!」ジャカジャン~♪

バサラ「」ジャカジャン~♪

バサラ「」ジャ、ジャ、ジャ~ン♪

バサラ「振り向くな~、いつだって、情熱の向かう先に~、そこはきっとある~♪」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:01:55.60 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

澪「聞こえる…!!」

バサラさんのギターストローク!

澪「あんた…、立派なバカだ…。」

澪「砕け散る~、星たちよ~、新しい光となれ!闇を照らせよ~!♪」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:04:12.59 ID:pY43SL6FP

ファイヤーバルキリー内!

バサラ「へへっ、燃えてきたぜ!」

バサラ「Long long time、忘れてただけさ~♪」

バサラさんのギターストローク、私たちの歌に皆の演奏が重なり始める。



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:05:19.08 ID:pY43SL6FP

バトルセブンブリッジ!

(澪バサラ「扉はもう開いているのさ、後は飛び込んじまえよ!♪」)

http://www.youtube.com/watch?v=_M5iA4CLznQ&feature=related (NEW FRONTIER♪)





宇宙空間の黒をバックに輝き始める2機のバルキリー

ミホ「2機のみが動き始めました!!」

(澪バサラ「It’s new forontier!そうさ俺たちここにいると、
      鐘を打ち鳴らせ!wo~!wo~!♪」)

エクセドル「ファイヤーバルキリーとエリザベスですな…。」

和「澪…」

シビル「バサラ…」



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:08:00.03 ID:pY43SL6FP

ギータバルキリー内!

紬「澪ちゃん。」

唯「私たちも歌うよ!」

紬「うん!」

(澪バサラ「It’s new forontier!
      だからもっと胸に火をつけろ~、かけがえのないもの~、解き放つさ~♪」)



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:09:49.47 ID:pY43SL6FP

バトルセブン艦内!

(澪「目を覚ませ~、感じるさ、魂とこの宇宙が~、クロスしてると~♪」)

サリー「各バルキリー隊、及びマクロスセブンの電源が回復していきます!」

(バサラ「口笛で答えろよ~、その胸にこのメロディー、響かせるから~♪」)

マクシミリアン「こんなことが起こるとは…。」

エクセドル「奇跡、ですな。」

(バサラ「Long Long Way、一歩踏み出せよ~♪」)

(インドラ「ぐッ…」)

サウンドビームがインドラに命中し、攻撃の手が弱まる。



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:10:10.94 ID:pY43SL6FP

千葉「サウンドビームも効いているようだな!」

(澪バサラ「心を縛るすべてのものを~、引きちぎれば始まりさ~♪」)

エクセドル「しかし数千の敵を全て撃破するのは不可能ですな。」

マクシミリアン「ステルスで突破することは不可能なのか?」

ミホ「エメラルドフォースのVF19、
   ガムリン大尉のVF22で試みていますがすぐに感知されています!」

エクセドル「エネルギーそのものを感知されている可能性がありますな。」

マクシミリアン「アクティブステルスでも通用しないのか…。」



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:14:03.32 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

澪「バサラさん!」

(バサラ「ああ!行って来い!」)

律…。

澪「私の歌を聞けーーーーーーっ!!」

私が届けたい律への想い。
そのイントロはバサラさんのギターソロで始まった。

http://www.youtube.com/watch?v=w3zAmGdVpcQ&feature=related (ふでペン~ボールペン~♪)




澪「ふでペンFuFu~、ふるえるFu Fu~、初めて君へのgreeting card♪」

皆の演奏が重なる。



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 10:16:28.83 ID:pY43SL6FP

ギータバルキリー内!

紬「澪ちゃんがいないわ!」

唯「歌は聞こえるのに、どこにいっちゃったんだろう?」

(澪「ときめいてPassinon!あふれてAction! はみ出しちゃうかもね~♪」)

梓「こっちにも見当たりません!」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:01:47.03 ID:pY43SL6FP

バトルセブンブリッジ!

(澪「キミの笑顔想像していいとこ見せたくなるよ~、
   情熱を握りしめ振り向かせなきゃ~♪」)

ミホ「艦長!HT3を見失いました!」

マクシミリアン「なに!?」

サリー「レーダーにも反応ありません!」

千葉「歌は聞こえるのに歌エネルギー反応もない!」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:02:33.32 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

澪「愛をこめてスラスラとね~、さあ書きだそう~♪」

律に…、

澪「受け取ったキミに、幸せふが~、つながるように~♪」

未来に…、

澪「夢を見せてぐるぐるとね~、字が舞い踊る~♪」

届ける!

澪「がんばれふでペン、ここまで来たから~♪」

ささげる!!

澪「かなり本気よ☆♪」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:04:22.13 ID:pY43SL6FP

バトル7ブリッジ!

ミホ「HT3発見しました!」

マクシミリアン「何処だ!?」

サリー「敵陣中央です!」

マクシミリアン「なに!?どうやってあれだけの敵を突破したんだ!?」

千葉「まさか!」

マクシミリアン「どうした?」

千葉「エリザベスのサウンドフレームに
   歌エネルギーを充満させて高次のステルス機能を発揮したのか!?」

(澪「ふでペンFu Fu 無理かもFu Fu くじけそうになるけれど~♪」)

マクシミリアン「パッシブステルスのVF17だからこそできた芸当…。天才か!?」

(澪「手書きがMISSION 熱いわTENSION 印刷じゃつまらない♪」)

エクセドル「はたまた偶然か…。」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:05:18.46 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

違うな。

澪「ハネるとこトメるとこ~、ドキドキまるで恋だね♪」

このジャズベは、エリザベスは「目立たないけれど埋もれない」、
そんな私の音づくり、放課後ティータイムのベースラインをずっと支えてきた。

澪「これからもよろしくね♪」

天才でも、ましてや偶然でもない。

澪「一言添えて~♪」

確信だ!!

澪「はしゃぐ文字はピカピカにね~、ほら磨きかけ~♪」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:06:52.97 ID:pY43SL6FP

ヤーマ「フッ…」

敵陣中央に到着した私を待っていたのは死神だった。

澪「くっ…、律を、返してもらうぞ!」

ヤーマ「フッフッフ…」

恐ろしい形相でこちらを睨む。

―「敵なんていねえぜ!あるのは、あいつらを敵だと思う俺たちの心だけだ!」

そうだ!

澪「走る軌跡、キラキラだね~、そう乾くまで~♪」

次の瞬間

バシュぅーーーーーーーーー!!

ヤーマ「ぐあ…」

澪「死神が…、死が…、死んだ?」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:09:55.13 ID:pY43SL6FP

背後から現れたのはこれまでのどの神よりも恐ろしく、そして美しい姿だった。

シヴァ「よくぞ…、たどりついた…。」

ヴァルキリーの3倍はあろう紫色の身体から発せられる言葉は、一語一語が音楽のようである。

澪「律を…、律を返せ!」

シヴァ「必要、ない…。」

澪「なぜだ?なぜこんなことを?私たちを襲おうとする?」

シヴァ「人間らしい質問だ…。」

澪「質問に答えろ!」

シヴァ「宇宙が収束し、終わりを迎えるだけのこと…。」

澪「そ、そんな勝手な!」

シヴァ「『愛のない世界なら終わればいい』のではなかったのか?」

澪「何を言っている!?」



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 11:12:05.56 ID:pY43SL6FP

シヴァ「所詮世界などマーヤー(まやかし)に過ぎん。」

澪「…。」

シヴァ「終わりだ。」

バシューーーーーーーーーーーン!!!!

そういうと額から光線をだし、
シティセブンバルキリー、神々、宇宙、世界の全てを焼き尽くした。



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:31:29.48 ID:pY43SL6FP

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:32:48.69 ID:pY43SL6FP

天地の初めにはアートマン(自我)のみがあった。”






「平和だ…。」心地よい光に包まれながらまどろむ。





“見わたす限り自我しかなかった。彼のものはこう言った。「私は…」”






「私は…」

まっ白い空間の中で一人つぶやく。



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:34:20.06 ID:pY43SL6FP


“彼のものは恐れた。”




澪「」がくがくぶるぶる





“しかし彼のものしかいないのに何を恐れる必要があろうか。
 ここに由来して人は一人でいると恐怖を感じるのである。”




“彼のものは寂しいと感じた。それゆえに人は一人でいると寂しいと感じるのである。”




澪「さみしいな…」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:35:19.87 ID:pY43SL6FP

“彼のものは自分とは別の二つ目の存在を欲し、作り上げた。”




「どうしたの?みおちゃん。」



澪「律…。」



“そうして彼のものとその妻によってすべてが生み出された。”



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:36:41.98 ID:pY43SL6FP

澪「律っ!」


イーシュヴァラ「フッ…。」


澪「イーシュヴァラ?」


イーシュヴァラ「好きなように呼ぶがいいさ。」


澪「全ての…、神?」


イーシュヴァラ「それはあなたも同じ…。」


澪「律を返してください!」


イーシュヴァラ「…。」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:37:51.12 ID:pY43SL6FP


http://www.youtube.com/watch?v=vBFRfvDQXF4&feature=related (TRY AGAIN♪)





澪「たった一曲のロクンロール、明日へ響いてく~♪」

イーシュヴァラ「…。」

澪「朝焼けの~、彼方へおまえをさえぎるものは、なにもない~♪」

澪「今日こそ響かせてやる!宇宙よ!神よ!律よ!私の歌を聞けぇーーーーーーーっ!!」

澪「戦い続ける空に~、オーロラは降りてくる~、
  打ちひしがれた夜、おまえは一人ぼっちじゃない、いつだって~♪」

イーシュヴァラ「自我を、死を超克し、神と一つになり、
         寂静の境地に至ったというのに、まやかしの世界へまた帰ろうというのか?」

まやかしだろうとなんだろうとそれが律と私たちが大切にしていた、愛していた“現実”なんです!

澪「たった一つの言葉で~、未来は決まるのさ~、俺たちのビートは輝くダイヤモンド♪」



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:42:41.17 ID:pY43SL6FP

イーシュヴァラ「人間らしいな…」

その時、私の胸に律のビートが強く響いてきた。

澪「本当の空へ~、本当の空へ~、いのち輝く空へ~♪」

ブファーーーーーーーン!

イーシュヴァラは女神へと姿を変え、世界を修復していく。

澪「FLY AWAY! FLY AWAY! 登ってゆこう!」

(バサラ「TRY AGAIN! TRY AGAIN! 昨日に手を振って~♪」)

澪「バサラさん!」

気づくと周りには唯たちのバルキリーが、そして膝には律が寝ていた。



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:43:21.53 ID:pY43SL6FP

バトル7ブリッジ!

(澪バサラ「FLY AWAY! FLY AWAY! 信じる限り~♪」)

ミホ「敵が消えていきます!」

マクシミリアン「やったのか?」

和「澪…」

エクセドル「一時はどうなるかと思いましたな。」

(澪バサラ「TRY AGAIN! TRY AGAIN! 日はまた昇るだろう~♪」)



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 12:44:18.74 ID:pY43SL6FP

エリザベスバルキリー内!

私の膝の上で眠っていた律が目を醒ます。

律「澪…。」

澪「律…。本当に無事で良かった。」

私は青い星に向かってバルキリーを走らせる。

律「なあ、澪?」

澪「ん?」

律「神は、死んだのか?」

澪「“命そのもの”を神と呼ぶのなら、
   死んだり生まれたりするようなものではないよ。」

律「そっか。」ニコ

そう言ってほほ笑むと律は再び眠った。



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:06:43.82 ID:pY43SL6FP

地上!

地球型の自然が豊かな惑星に
傷ついたマクロス7船団と私たちのバルキリーが着陸する。

レイ「最高のライブだったな。」

澪「あ、ありがとうございます。」

ガムリン「シビルの能力とフォールド断層を使えば元の世界に戻れるそうだ。」

律「よかった~。」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:07:04.58 ID:pY43SL6FP

別れの時は突然訪れる。

バサラ「どうだった?」

澪「なんていうか…。言葉には上手くできないんですが…。」

バサラ「それで良い。」

バサラさんが突如右手人差し指を天空へと向ける。

バサラ「人差し指が太陽を指しているとき、
    指ばかり見ていたら太陽を見ることができないぜ。」

澪「!?」

バサラ「情熱は、ハートで感じるんだ!!」

澪「は、はい!」

バサラ「ファイヤー!」

澪「ボンバー!」

バサラさんが指さしていたのは大いなる正午の太陽。
それは人が過去の自分から
新たな自分への一歩を踏み出そうとする中間点にある太陽だ。



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:07:50.74 ID:pY43SL6FP

和「じゃあシビルさん、お願いします。」

シビル「うん…。」

ミレーヌ「元気でね!」

ミレーヌさんが涙をぬぐいながら手を振る。

唯「うん!またね!」

バサラ「未来で待ってるぜ!」

ピユーーーーーーーン!

ミレーヌ「行っちゃった…。」

レイ「気持ちのいいやつらだったな。」

ビヒーダ「」タカタカタン♪

バサラ「朝焼けの彼方へ~、おまえをさえぎるものは、何もな~い、WOWOWO~♪」

バサラさんが地平線に向けて歌う。



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:08:42.21 ID:pY43SL6FP

学園祭!

ピューーーーーーーーーーイン!

梓「(も、戻ってこれた…。)」

律「(よっしゃー!ライブの続きだ~!)」

さわ子「(なんか今一瞬で唯ちゃん達の顔つきが変わったような…)」

唯「改めまして…、放課後ティータイムです。」

観客「きゃー!澪もなんか言って~!」

澪「おれの歌を聞けぇーーーーーーーーっ!!」

デテテーン!テテテレーーン!♪

http://www.youtube.com/watch?v=Y_yXmydk7Rw (DYNAMITE EXPLOTION♪)




澪「歌い始めたころの~、鼓動揺さぶる想い~、なぜかいつかどこかへ置き忘れていた~♪」

みんなありがとう。

澪「生ぬるい毎日に~、ここでサヨナラ言うのさ~、そうさ誰も俺の熱い思い止められない~♪」

時が…、歌ってるぜ。

To be ぴゅあぴゅあ! (おしまい)




260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:13:30.60 ID:sASuiKwn0

DYNAMITE! DYNAMITE!



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:35:02.58 ID:k7OQ0jFeO

面白かった!

しかし2046年ってことは35年後になるわけで…

あきやまみお53さい
たいなかりつ53さい
ひらさわゆい53さい
ことぶきつむぎ53さい
なかのあずさ52さい

考えなきゃよかった・・・・・

花束の少女がなぜ出なかったんだぁぁぁぁ



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 13:53:00.00 ID:szfFhRCfO

乙!

面白かった!





263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:16:20.83 ID:pY43SL6FP

読んで下さった方、保守して下さった方、本当にありがとうございました。

花束出し忘れたのはうかつだったぁぁあっ!!


最初から書き直して書きためたのですが、
量が多いと投下するのもたいへんなものなんですね。


一応F製も出てくる続編の構想もあるのですが書けるかどうかはわかりません。




264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:23:32.89 ID:LGTBroMUO

乙!気持ちの良いSSだった!

続編は覚えてたら保守りに行ってやんぜ



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:35:34.28 ID:ATEQ0WiG0

やはりバサラは全然ブレなくて最高だなww



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:35:36.93 ID:89+tf8wD0





267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:47:46.28 ID:kRhGaZBSO

俺の心がボンバーした
超乙!



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:48:55.87 ID:M5LYBya70

乙!

続編では50代のHTTが登場するのを期待してるぜ!



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 14:54:50.51 ID:iiuWZvMzO

今読み終わった

設定が細かく、話の流れもしっかりしてて読みやすかった。

>>1乙!



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 15:14:00.98 ID:RI54oRASO

昨日ダイナマイト7見たばっかだwwww



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 15:15:38.83 ID:szfFhRCfO

50代のHTTとか誰得なんだwww

ってかFの時代なら50代どころじゃないだろwww



273 名前: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/03/22(火) 15:16:44.48 ID:kVxYu0WQ0

乙!!!



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 15:39:28.52 ID:6S49lEMx0

唯たちとミリアたんって大体同じ年齢だよな
それ考えたら50代でも行けるんじゃないかと思えてきた



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 15:48:21.17 ID:7lS/blAl0

乙華麗!
完結して良かった!
explosion once again!!



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 15:56:45.66 ID:eY7bN/PXO

乙!
面白かった!



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 16:07:43.81 ID:k7OQ0jFeO

>>272
Fだと2059年だから…

あきやまみお66さい
たいなかりつ66さい
ことぶきつむぎ66さい
ひらさわゆい66さい
なかのあずさ65さい

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 16:09:40.23 ID:klf98nlf0

>>278
むしろ熟成されていい味でてるかもしれん。



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 16:31:15.59 ID:OUEod06v0

今読んだ
さりげにニーチェとかウパニシャッドもクロスさせてるのがすごいな

おもしろかった





281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 16:42:36.53 ID:GVXUF6BD0

バサラ△



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 17:08:05.99 ID:opvzk7rg0

さすがバサラ



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 17:35:58.13 ID:C0QfGHSpO

初代って2009年だっけ?



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 18:12:00.27 ID:LiTAiyiDO

朝焼け広がる空に~



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/22(火) 18:31:00.94 ID:szfFhRCfO

初代は2009だ
ということは?





関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「俺の歌をきけぇえーーーーーっ!!」#3
[ 2011/03/22 20:22 ] クロス | マクロス | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1601 [ 2011/04/12 11:39 ] [ 編集 ]

フロンティアとのクロスが見たいな~

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6