SS保存場所(けいおん!) TOP  >  歴史 >  紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#前編 【歴史】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301393995/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:19:55.38 ID:aksLP8+W0

代理





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:23:15.85 ID:K+m0G4pP0

>>1 ありがとうございました

┏━━━┓
┃諸注意┃
┗━━━┛

・ この話はスレタイのとおり
  『あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史』(山本茂実 著 1968年初版)の内容を元にしている

・ なお、上記原著を知らなくとも読みうるよう、最低限配慮したつもりである

・ つまり、舞台の時代が時代なので、
  全体的に(特に後半は)重く暗い話であるから、苦手な人は読まないこと





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:26:17.12 ID:K+m0G4pP0

【まえがき】

───明治から大正にかけて、
これは飛騨と信州を結ぶ、野ムギ峠にまつわる哀話である。


もうだいぶ古い話になるが、私は死んだバア様からよくこの野ムギ峠の話を聞いた。

もっとも、バア様はこれを“ノムギ”と発音せず、
いつも“ノウミ”と言っていたから、
後で日本アルプスの地図を広げていくら探しても、
どこにもそんな名の峠は見つからず閉口したことを覚えている。


何でも、バア様の話によると、そのクマザサにおおわれた峠を、
幾千幾万とも知れないおびただしい数の製糸工女たちが下って、
そこから信州(現在の長野県)桜が丘方面の工場へ向かった。


若い娘たちのこととて、その賑やかさは、
騒がしくも華やかにも見える行列が、幾日も幾日も峠から桜が丘へ続いた。


五月、春びき(春の糸引き作業)が終わると田植えに帰り、
またすぐに夏びき(夏~冬の糸引き作業)に出かけ、
暮れ迫る十二月末には吹雪の峠道を
飛騨(ひだ。現在の岐阜県北部)へと帰っていったという。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:29:13.50 ID:K+m0G4pP0


しかし、避妊具も普及していなかった当時のことで、
数多い女たちの中には、身籠もって帰る女も少なくなかったらしい。


彼女らは誰にもそれを打ち明けられず、
小さな胸を痛めながら、みんなの後に続いていくが、
険しいアルプスの峠道はあくまで非情にこれを阻み、
脂汗をにじませ、よろよろと列を抜けてササ藪にうずくまり、そこに肉塊を産み落とした。


さいわい丈余のクマザサはこの女の苦悶をやさしく抱擁してくれたが……

やがて肉塊は赤い腰巻きに包まれたままササの根元に葬られた。


来る年も、来る年も……


そして誰がいつごろ建てたものか知るすべもないが、そこに小さな地蔵様が建ち、
誰とはなく“野産み峠”と言うようになった、と、これはバア様の話である───


(まえがき 終) [註:原著10~11頁を一部改めた]



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:34:48.62 ID:K+m0G4pP0


――工女の朝は早い。


時は明治、信州は諏訪湖の近く、
天竜川沿いの桜が丘村、午前四時半。まだ外は暗い。

起床の汽笛が鳴り響く。そして検番たちの怒声。

六百釜を擁する琴吹製糸場第一工場のボイラーに火が入る。

熱湯の煮えたぎる釜からは、蚕繭がむせ返るような臭いを立て始める。

前日の延長夜業の疲れも取れぬ工女の一人がワラ布団に顔をうずめたまま呟く。


  「ああ、また一日が始まる…」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:37:49.59 ID:K+m0G4pP0


少女の名は、中野アヅサ。

彼女はこの年初めて飛騨から桜が丘に来た、いわゆる新工である。

親元を離れ、野ムギ峠を越えて、この信州の製糸場に出稼ぎに来ている。

そして、この製糸場、いや、桜が丘には、同じような工女が何百、何千といた。


  「アヅサ!早く起きないと検番さんにどやされるぞ!」

  「は、はい!すみません!」


素早くワラ布団から飛び起きた先輩工女が、
つややかな長い黒髪を後頭部で束ねながら叫ぶ。

彼女は、秋山ミヲという。同じく飛騨の出身。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:40:31.85 ID:K+m0G4pP0


すでに周囲は蜂の巣をつついたように、工女たちが走り回っている。

無理もない。始業に遅れれば、
たちまち検番(=工場の作業場の監督)の罵声が容赦なく飛んでくるのだ。


  「こら!起きろ!ユヰ!」

  「リッちゃ~ん、眠いよぉ~」


すぐそばで、先輩工女同士の似たような問答が繰り広げられているが、
これも毎朝のこと。

一人は田井中リツという。
額の前髪をかき上げて櫛歯の髪留めで留めた小柄な工女が、ユヰを揺さぶる。

もう一人は、平沢ユヰという。寝床の中で髪挿しを前髪に差して留めている。

いづれもやはり飛騨からの出稼ぎ工女である。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:43:13.86 ID:K+m0G4pP0


起床の汽笛からわずか十分後。製糸場のとある作業場。


  「お前らが来るのを待っていたぁ~!!さっさと持ち場に着けぇ~!!」


“死の悪魔”と恐れられた山中検番である。

検番の怒鳴る大声が響きわたる。
というよりもむしろ製糸工場の朝はこの検番の怒号に始まるといったほうがいい。

ここのところ毎晩十時まで作業が続いたため工女の疲れはとれず、
生産能率はガタ落ちしていた。


  「リッちゃん、さわちゃんがまた朝から荒れてるよ?」

  「あの日なんじゃん?いや、いつものことか」

  「おいおい、口よりも手を動かせ。また怒られたらたまらないぞ!」

  「はい、やってやるです!」


また今日も死闘する工場内の一日が始まったのである。

八ヶ岳が暗紫色から橙色に変わり、諏訪湖の湖面は白みかけても、
そんな窓外の景色に気付く工女はもちろん一人もいなかった。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:46:29.49 ID:K+m0G4pP0


――やがて誰からともなく、糸ひき唄が始まる。

この糸ひき唄が彼女たちなりの、ささやかな反抗であり、楽しみでもあった。



  「♪君を見てゐるとォ~ いつも心臓 動悸 動悸ィ~」

  (筆者註:“君”は作業場を巡回する検番を指し、
        その一挙一動に心臓が動悸をするほど工女は戦々恐々としたという。
          厳しい叱責は日常茶飯事で、
          罰金も検番のさじ加減一つだったから、それは切実な気持ちであった)


  「♪揺れる想いは 淡雪みたいに 浮惑 浮惑ァ~」

  (筆者註:前述の検番に対するおののきと、故郷への郷愁に心揺れる様を表す。
          桜が丘には、飛騨の他、甲斐、越後、
          もちろん信州内の各地からの出稼ぎ者も多かった)


  「♪いつも頑張るゥ~ 君の横顔ォ~」

  (筆者註:検番や検糸係が、工女の仕事ぶりや紡いだ糸のあら探しに精を出す様子を、
       “頑張る”と皮肉を込め慇懃に揶揄している。
         しかし、検番や検糸係も、手落ちがあれば社長に叱責されるし、
         自分たちの首がかかっているから必死であった)


  「♪ずっと見てゐてもォ~ 気付かないでねェ~」

  (筆者註:ずっと続く厳しい見張りや検査に対して、
        どうか私の手落ちに気付かないでくれ、という工女たちの思い。
          細い糸ほど高級とされたが、切れやすくて紡ぐのが難しく、
          工場からの相反する要求に工女たちは四苦八苦した)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:51:40.32 ID:K+m0G4pP0


  「♪夢の中ならァ~ 二人の距離ィ~ 縮められるのになァ~」

  (筆者註:“二人”とは、それぞれ、歌い手の工女と、
        各作業場に一人はいた、男顔負けに稼ぐ「百円工女」とを表す。
          工女同士の賃金格差つまり”二人の距離”も極めて大きくて縮めようもなく、
          まさに嫉妬と羨望の混じる夢物語であった)


  「♪あぁ 神様お願いィ~ 二人だけのォ~ 夢見心地下さいィ~」

  (筆者註:「百円工女」に比肩するような稼ぎ、
        つまり二人目の「百円工女」になりたいという夢のような願望である。
          工女の娘が持ち帰る出稼ぎ代で何とか暮らす貧農も多かったから、
          神様にもすがる願いを抱いても無理はない)


  「♪お気に入りのうさちゃん抱いてェ~ 今夜もお休みィ~」

  (筆者註:だが、ほとんどの工女たちにとっては、
        その願いが叶うことはあり得ず、糸検査の厳しさに泣いて、
          寸暇を惜しんでボロの端切れで作ったウサギのぬいぐるみを涙に濡らしながら、
          寝床に就くのが常だったのである)


  「♪浮惑浮惑待務 浮惑浮惑待務 浮惑浮惑待務…………」

  (筆者註:翌日の務めに備えて、ワラ布団の中で、
        帰郷する日を夢見ながらまどろむことだけが、彼女らの唯一の慰めであった)



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:54:28.25 ID:K+m0G4pP0


これは、俗に『浮惑浮惑待務(ふわふわたいむ)』と称される糸引き唄である。

元工女の方々に吹き込んでもらったカセットテープから、その一部を抜粋した。

他にも多くの糸引き唄があるが、紙幅の都合で全てを紹介出来ないことが悔やまれる。

もっとも、ボイラーの燃えたぎる音、繰糸鍋の湯が煮え立つ音、
糸繰り機や糸巻きの、小枠、滑車、シャフトの機械音。
これらに妨げられて、隣の工女同士でもやっと聞こえるかどうかの歌声だったそうだが……



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:57:33.71 ID:K+m0G4pP0


――また別の日の朝。

外は未明の寒さが肌を刺すというのに、釜の中は熱湯が煮えたぎり、
室内温度は華氏八十度を越して、ムッとするサナギの悪臭が鼻を突く。

水蒸気が天井の外気に冷え、大粒の水滴となって雨のように落ちてくる作業場では、
工女たちの着ている着物はみんな濡れていた。

そして一歩外に出ればたちまち寒風吹きすさぶという、極端な寒暖乾湿の差がある工場生活。

健康な者でも体調を崩しやすく、夜業残業の過労もあって、結核の温床であった。


  「ミヲちゃんミヲちゃん。眠いよぉ~、疲れたよぉ~」

  「グズグズしてると三日連続最下位だぞ。飯抜きだけは勘弁だからな!」


最下位とは、社長命令で日夜続けられている各作業場間の競争のことである。

琴吹製糸場第一工場には第一から第十作業場まであって各作業場に検番が一人いる。

成績最優秀の作業場の検番には、一日一円の賞金が出るが、

その賞金は最下位作業場の検番の給料から取った罰金や、
工女たちから取った罰金によってまかなうという、

まことに巧妙な仕組みで、会社側はいくら続けても痛くも痒くもないようになっていた。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:00:32.55 ID:K+m0G4pP0


――会議室


  「だいたいアナタたちはやる気が有るのか無いのかハッキリしなさい!」


社長の怒号が響く。成績の悪い検番たちは一時間も油をしぼられていた。

ただし、怒号は男の野太い声ではなく、女の金切り声である。

その社長の名を、琴吹紬という。

金髪碧眼というおよそ日本人離れした容貌の持ち主であるが、
その詳しい来歴を知る者は少ない。

ただ、若くして短期間に中小製糸工場を飲み込み、
桜が丘随一の琴吹製糸場を創りあげた女傑であることは確かであった。


  「社長、午後から製糸同盟の会合もありますし、
   このあたりで……工女の体調不良も一因ですから」


白髪の男性が口を挟む。社長の懐刀である工場管理人の斎藤である。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:02:55.31 ID:K+m0G4pP0


  「……ねえ斎藤、今おかしなことを言ったわね、
   工女がかわいそうですって?そんなことを言ってるから業績が上がらないのよ!」

  「いえそれは……、この頃警察もうるさくて、
   これ以上時間延長は危険ですし、工女に病人が続出して、
    かえって能率が上がらないのでは、と申し上げただけで、決して……」

  「バカ者っ!警察や工女の病気を恐れていて製糸ができると思っているの!?
   検番長も呼びなさい!」


検番頭以下全ての検番も紬社長に呼ばれて、
罵声を浴びせて引き下がらせるときには、


  「明日の朝から三十分早く仕事を始めなさい。
   ただし始業の汽笛は定時に鳴らせるのよ。いいわね?このことをみんなに伝えて」


絶対者の命令がその夜、
工場のすみずみまで伝達されるのにそんなに時間はかからなかった。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:05:21.29 ID:K+m0G4pP0


  「それでも、飛騨の者は逃げた人は少なかったですよ」

と、元工女の鈴木ヂュンは語る。

  「野ムギ峠を一人では越せないということもあるけど、
   それよりも、村へ帰ったとしても、
   “どこそこの娘は辛抱足らずだ”と村中に噂が広がり、
   嫁にも行けないことをよく知っているから、みんな我慢しました。

    大体、そのころの飛騨の小作農には食べるものも無かったですし。

    白米なんて、死ぬ間際に米のとぎ汁みたいな粥を、
    死に水みたいに口にするのが精一杯でした。

    それが桜が丘では毎日白米を食べさせてもらえたんですから」


そういえば、かつて、野ムギ峠にはお助け茶屋という茶屋があり、
冬には峠越えの避難所にもなっていた。

とみ婆さんという老婆が一人で切り盛りしていたという。

峠の茶屋で甘酒を飲みながら、逃げてきた工女に対して、

  「なんて言ったって、女は辛抱が肝心じゃで、
   またいいこともあるワ。娘コ、さあ早く行かっしぇ……」

老婆のそんな言葉が聞こえてくるようである。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:07:32.23 ID:K+m0G4pP0


――八ヶ岳に白く初雪が来る。秋が深まり、冬の気配がする。

すると、夜ごとに布団を濡らして泣いた工女も、
逃げだそうと思い詰めた工女も、急に生き返ったように元気になる。


  「さあ!あとひと月だ!」

  「うるさいぞ、馬鹿リツ!」

  「でもミヲちゃんも嬉しいよね?」

  「……うん。アヅサもこの一年間、よく頑張ったな。寂しかったろ?」

  「……はい。でも、やっと帰れると思うと、楽しみです!」


一年間死にもの狂いで稼いだ金を故郷に持って帰る。

ただそれだけを楽しみに、彼女たちはどんな苦しさにも辛抱したのである。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:11:53.68 ID:K+m0G4pP0


終業の汽笛一声。

「桜が丘千本」の煙突の火は消え、
天竜川にかかった水車から工場内の機械までぴたりと止まった瞬間、
どの工場にも一斉に「ワァー」と歓声が上がった。

寄宿舎へ引き上げれば、やがて甘酒と大きな切り餅が配られる。

誰からともなく、糸引き唄の大合唱が始まる。


  「♪ごはんはすごいよ 白米だよ ホカホカァ~」

  (筆者註:飛騨をはじめ、工女の出身地の貧農にとって、
        白米は極めて貴重であった。“すごい”の一言にその思いが凝縮されている)


  「♪キビ アワ ヒエ ソバ 雑穀だよ これこれェ~」

  (筆者註:玄米やムギすら食べられず、
        貴重な白米を売って、自らは雑穀を食べる例もままあった)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:15:22.94 ID:K+m0G4pP0


  「♪白いご飯は 真っ白いお宝ァ~」

  (筆者註:現金収入のない農村では、比喩ではなく、
        白米はまさにお宝であった。その気持ちを直截に表現している)


  「♪夢の おとぎ話ィ~」

  (筆者註:その銀シャリを腹一杯食べる。まさしく夢のようなおとぎ話。
          ただ、製糸場で白米ばかりを食べて脚気になる工女もいたのは、皮肉な話である)


  「♪ごはんはすごいよ ないと困るよォ~」

  (筆者註:戦前は、小作農の小作料は物納が中心であったから、
        不作で米が穫れないと、たちまち困窮を極めた。
          かといって小作料を金納するといっても、
          無論貧農には現金収入などなく、工女の稼ぎが頼みの綱であった)


  「♪むしろごはんがおかずだよォ~」

  (筆者註:白米など年に一度食べられれば良い方であったし、
        もし食べられるとしても、茶碗に山盛りというわけではない。
          ごはんをおかずにして、
          雑穀でできた粥などをすする例も散見されたことを、よく表している)


  「♪日本人ならとにかく雑穀よりごはんでしょォ~」

  (筆者註:当時、飛騨では『四分六』といって、
        地主に収穫の60パーセントを渡さねばならなかったが、
          日本人なら雑穀より白米が食べたい。
          “とにかく”という表現で、その切なる願いが一層強められている)



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:18:19.23 ID:K+m0G4pP0


  「♪でも私 所詮は 小作人!」(どないやねん!)

  (筆者註:しかし、所詮は小作人。
        やはり当時の貧農にとって、米飯は高嶺の花である事実は揺るがなかった。
          自嘲気味な合いの手が、
          その明るい曲調とは裏腹に、かえって侘びしささえ感じさせる)



  「♪一・二・蚕・糸、ご・は・ん!」

  「♪一・二・蚕・糸、ご・は・ん!」

  (筆者註:そんな貧農の娘でも、
        蚕糸、すなわち生糸を紡ぐおかげで白いご飯が食べられる。
          その素直な喜びを、工女たちは拍子に乗せて軽やかに歌い上げるのである)



俗に『ごはんはおかず』と呼ばれる糸引き唄。

後述する元工女たちの証言も裏付けるように、当時の飛騨の寒村の貧しさが垣間見える。


こうして、この夜ばかりは上も下もない歌と踊りの無礼講に工場内は湧く。


しかし飛騨の工女たちはそんなにぐずぐずしてはいられなかった。

急がないと正月までに故郷へたどり着けないからである。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:22:27.22 ID:K+m0G4pP0


検番の若い衆が先頭になり、工場の旗を立てて出発した。

このときばかりは、怖い検番が頼もしかったという。

新工は先輩の<ねえさん>たちが前後を守るようにはさんで発った。

タイマツが三~五人に一本渡され、工女はそれを掲げて進んだ。


しかし、雪深い野ムギ峠の道は険しかった。



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:24:44.42 ID:K+m0G4pP0


  「くそっ!タイマツが消えちまった!誰か火を貸してくれ!」

  「リッちゃ~ん!前の人から借りてきたよ!」

吹雪がひときわ激しく、タイマツを襲っていくつかを吹き消す。


  「♪君を見てゐるとォ~ 何時も心臓 動悸 ど……にゃあッ!ミヲねえさん!」

  「アヅサっ!私の腰帯につかまれ!足許にも気を付けるんだぞ!」

鋭い刃のような風が、工女の歌声をかき消す。


腰巻きのすそは凍ってガラスの破片のようになり、太ももが切れて血が流れ、
ワラジをいくら取り替えても足袋は凍り、足は凍傷にふくれた。

故郷の家族に会いたい一心で、病身を押して峠越えをし、血を吐いて倒れる者、
中には、足を踏み外して極寒の谷底に命を落とす者も少なくなかった。

「野ムギの雪は赤く染まった」と言われる悲しい由縁である。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:27:00.30 ID:K+m0G4pP0


――美女峠(現岐阜県高山市)


当時、その麓には茶屋があった。
飛騨高山から信州へ行く人には、これが最初の休み茶屋であるが、
年の瀬になると、娘を迎えにくる人手でにぎわうのが年中行事になっていた。


吹雪の中、期せずして歓声があがった。

近付いてくる相手からも反応があったが、よく聞き取れない。
ただキャーという若い女の悲鳴にも似たどよめきだった。

あちこちで抱き合ってすすり泣く声が聞こえる。
まさに感情の奔流というべきものだった。


  「ウヰぃ~!元気だった!?会いたかったよぉ……」

  「お姉ちゃん!?一年間本当にお疲れさま!無事でよかった……」


ここから高山の町までは一里半、あとわずかである。
しかし、さらに奥飛騨の故郷を目指す者も多かった。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:30:10.61 ID:K+m0G4pP0


――平沢家

飛騨のとある寒村、雪の重みで今にも潰れそうなあばら屋の中。

重湯のように薄いヒエ粉の粥をすするユヰ、ウヰの姉妹がいる。


  「ごめんね、お姉ちゃん。
   やっぱりお父さんとお母さんの畑だけでは食べていけなくて……」

  「うぅん、来年も桜が丘で糸引きするから大丈夫だよ。
   見て見て!今年は四十円も貰ったんだよぉ~」

  「すごい!私も、桜が丘に行こうかなぁ」

  「ダメダメ!畑を見る人がいなくなっちゃうよ!」


ユヰは、手の切れるような真新しい十円札四枚をうやうやしく神棚に供え、
「フンス!」とかしわ手を叩いた。

  (ああ、これで年が越せる……お姉ちゃん、ありがとう……)

その後ろ姿を見ながら、ウヰは姉に手を合わせて感謝するのであった。


飛騨では、掛け売りの借金を暮れから正月にかけて返済することが多かったが、
平沢家の例は、このような事情をよく物語っている。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:32:18.37 ID:K+m0G4pP0


  「――あの時代は、飛騨はどの家も貧しかったんです。

    たとえ給金が貰えなくても、娘を口減らしできるので、
    信州に送り出す家がたくさんありました」


ユヰの妹であるウヰが当時を懐かしんで語る。
のち、彼女もまた工女として桜が丘に行くことになる。


  「お姉ちゃんも、糸引きはつらいとか、
   
   私に会いたいとか泣き言を言うことはありましたが、

    飛騨に帰りたい、と言ったことはたった一度きりでした。

    農作業、つまり昼の野良仕事と晩の夜なべ仕事のほうが、
   
    ずっとつらくて厳しいものでしたから。

    それに、琴吹の工女ならば白米のごはんが食べさせてもらえるので……

    おどけて“ごはんはおかず”
   
    なんていう糸引き唄を歌ってくれたこともありましたね」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:34:47.76 ID:K+m0G4pP0


――中野家


また別の寒村。ここにも、似たようなあばら屋がある。

いろり端の薄い布団からは、父の咳き込む声がする。


  「新米工女だから仕方ないとはいえ、
 
   厳しいネェ……。薬代の借金が、まだ……」

  「……ごめんなさい。来年はもっと頑張るから」


痩せた母が嘆息して言うと、アヅサは居たたまれない気持ちになる。

この年、アヅサが持ち帰ったのはたったの三円八十銭。

当時の新工としてはむしろ頑張ったほうであろうが、本人たちは知るよしもない。


新工は手付金と前借金を合わせると、
前述のウヰの話にように「年末に持ち帰れる給金はなし」
という、人身売買同然の約定書が交わされることも珍しくなかった。

ひどい場合は罰金やら違約金やらで新たに借金を負う例さえあったのだ。

これが、際限のない貧しさと悲劇の繰り返しになるのである。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:39:37.77 ID:K+m0G4pP0


――正月。


  「工女たちにとって、
 
   正月といえば呉服屋の初売りが大きな楽しみでした。
   
   当時は他に楽しみもないですし。

    二日の朝早く起きて呉服屋に行くと、もう道いっぱいの行列でした!」


元工女の鈴木ヂュンが、目を輝かせながら回想する。


  「私は好き勝手できるお金はあまりなかったけれど、
    先着順で手拭いとかくれましたから、どっと店に入ってにぎやかなもので、
    お正月の雰囲気はどきどきした良い気分でした。

    隣村にミヲさんという、それはきれいな人が居て、
    どの年の正月だったか、
    着飾った姿を町で見かけて、思わず目を見張ったものです……」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:41:52.89 ID:K+m0G4pP0


正月、故郷に帰った工女たちは、美しく着飾って、古川や高山の町に出てきた。

履き物は下駄や草履ではなくワラ靴だったが、
髪には油を光らせ、かんざしもさして、それなりの情緒があった。


  「おっ、ミヲぉ~!」

  「あっ、リツぅ~!」


先週、野ムギ峠を越えて帰ってきたばかりなのに、
何年ぶりかのように、彼女たちもはしゃいだものである。

この女たちを、工場の検番たちは大歓迎した。


  「よく来てくれたわね二人とも!是非とも、この全米が震撼する衣装を!」


訪ねてきてくれるということは、再契約が保証されているようなものだからである。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:44:24.88 ID:K+m0G4pP0


  「姉ちゃんは、手業は速いものの大雑把な性格が災いしたのか、
   給金は年に六十~七十円ほどでしたが、
    正月だけでも同じくらい稼いでいたかもしれませんね。

    持ち前の明るさは、工女の間でも評判でしたから、
    各工場からの勧誘も結構ありました」


リツの弟の田井中聡が、さも痛快といった口調で懐旧する。


  「一度、『工女より募集員のほうが向いてるんじゃねぇの?』
    と冗談半分で言ってやったら、
    『それもアリかもな~』なんて軽口を叩いていましたっけ。

    でもその後、金品が飛び交うような勧誘合戦は、だんだん廃れていきましたけどね」


勧誘合戦が廃れるのも無理はない。

ピーク時の募集費は工女への総賃金の1/3という
信じられない数字になり、工場側は耐えきれなくなった。

工場側は「桜が丘製糸同盟」を作って協定し、飛騨でも「工女供給組合」ができ、
華やかな勧誘合戦も、大正の終わり頃には姿を消した。



二月になれば、勧誘された飛騨の工女たちは、
再び雪深い野ムギ峠を越えて、信州桜が丘へ向かう。

こうして、来る年も来る年も、野ムギ峠の雪は、工女たちの血で赤く染まったのである……




19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 19:54:50.40 ID:AOwQy8Ss0

野麦峠か
こういうちょっと固めなのはSS速報でやった方がいいぞ



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:31:20.31 ID:kWovXzpmO

これは原文、丸パクリじゃないよな?





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:53:50.37 ID:K+m0G4pP0

◆前半終了です◆

閲覧と支援ありがとうございます。

風呂その他に行ってきますので小一時間ほど離れます。

┏━━━┓
┃諸注意┃ で書いたとおり、後半は原作にもある暗い展開ですので、
┗━━━┛ くれぐれも無理に閲覧なさらぬよう。

>>19 助言ありがとうございます。ひとまずはこのまま続けます。
>>34 すみません。特に前半はかなり原作から引用しています。

※訂正 >>36最終行 ×再現 → ○際限




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:01:40.90 ID:ggFHVx0G0

ひとまず乙



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:02:57.11 ID:3B3Y/pTZQ

ここからさらに悲惨な流れになるのか…



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:07:39.34 ID:v3re8ts/0

楽しみだなぁ



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:11:21.13 ID:yS5Ks13W0

続きたのしみだな



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:33:41.97 ID:D34dji9g0

今のVIPにはちょっと重いかも
けど両方の作品をよく読み込んで、上手く書けてると思う

四円





関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「あゝ野ムギ峠 ある製糸工女哀史」#前編

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6