SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「歌詞忘れた」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「歌詞忘れた」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301494383/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:13:03.75 ID:VAH7qw8t0

卒業式後。

澪「梓、聞いてほしい曲があるんだ」

唯「あずにゃんのために作ったんだよー」

紬「あっ唯ちゃん、それ私のセリフー」

梓「あははっ」

唯「こっちへおいで、あずにゃん」



唯「タイトルは『天使にふれたよ!』」

律(やべっ歌詞忘れた)





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:17:59.26 ID:VAH7qw8t0

律(どうしよう、さっきまで覚えてたはずなのにド忘れしちまった)

唯「ねえ、思い出の欠片に♪」

律(たしか澪が歌った後が私の番だったよな)

唯「名前を付けて保存するなら♪」

律(クソッ、私が歌うとこ以外は全部覚えてるのに)

唯「宝物がピッタリだね♪」

律(あれっ、なんだっけ……マズイほんとに思い出せない)

澪「ねえ、心の容量が♪」

律(やべーやべーもう澪のパートじゃねえか……次私じゃん)

澪「いっぱいになるくらいに♪」

律(あぁぁ歌詞忘れたまま歌ったりしたらぶち壊しだよなぁ
  なんか梓めっちゃ感動してるっぽいし)

澪「すごしたね♪」

律(どうする!? どうする!? どうすればいいんだ!!)

澪「ときめき色の毎日♪」

律(ああああああ!!)



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:26:07.73 ID:VAH7qw8t0

律「……ふわり放課後の廊下にーこぼれた音符の羽ー」

澪(えっ!? それ2番のほうの歌詞じゃ……)

紬(もしかして歌詞忘れ?)

律(よっし! 我ながら上手く切り抜けられたぞ!)

梓「うるうる」

律(梓もまだ感動モードだ! 私の所業には気づいてない!)

澪(まあ歌詞忘れてそこだけ抜けるよりマシか)

紬「明日の入り口にー置いてかなくちゃいけないのかなー♪」

唯「でもね、会えたよ! すてきな天使に♪」

唯「卒業は終わりじゃない♪」

唯「これからも仲間だから♪」

紬(あれっ? ちょっと待って……
  さっきりっちゃんが歌った所って2番で私が歌うところじゃない?)



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:31:19.05 ID:VAH7qw8t0

紬(えっ、私はどうすればいいの?)

紬(順当に考えるならりっちゃんが歌わなかった
  1番のほうの歌詞を歌うべきなんだろうけど)

紬(私、自分が歌うとこ以外は覚えてないわよ!)

紬(えっえっ、私はどうしたら……)

澪「ねえ、桜の木もちょっと背丈が伸びたみたいー♪」

紬(あっ、もう2番に入っちゃったっ)

澪「見えないゆっくりなスピードでも♪」

紬(どうしよどうしよ……次の唯ちゃんが歌ったその後が私よね)

唯「きっとあの空は見てたねー♪」

紬(1番の歌詞は思い出せない!
   じゃありっちゃんが歌ったのと同じのを歌えばいい!?
   でもそれは梓ちゃんに怪しまれちゃうしー!)

唯「何度もつまずいたことー♪」

紬(ああ、どうすればいいの!? わかんない!!)

唯「それでも最後まで歩けたことー♪」

紬(ああああああ!!)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:35:41.36 ID:VAH7qw8t0

紬「ふんふんふんふ~ん……ふんふ~ん……♪」

澪(ええええええええぇぇぇぇぇえええ!?)

唯(む、ムギちゃん!?)

梓「……」

紬「ふんふーん……ふんふふふ~ん♪」

澪(は、鼻歌だと!?)

律「……ふかふか積もるまでー♪」

紬(ああああやっちゃったああぁぁぁぁあぁぁぁ!!)

律「このままでいれたらいいのになー♪」

紬(梓ちゃんの涙が止まっちゃった! 代わりに私が泣きたい!)

澪「でもね、ふれたよ! 愛すべき天使にー♪」

紬(どうしようこの空気! 完全に私が戦犯じゃない!)

澪「ただいまって言いたくなるー♪」

紬(死にたいって言いたくなる!)

澪「この場所は変わらないよー♪」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:41:04.12 ID:VAH7qw8t0

演奏後。

唯「……ずっと永遠に一緒だよー♪」
じゃら~ん

梓「……」パチパチパチパチ

澪「……」

律「……」

紬「……」

梓「あんまりうまくないですねっ!」

一同「ええっ!?」

梓「ムギ先輩なんか歌詞忘れちゃいますし」

紬「……」

唯「え、あー……」

澪「あれはだな、梓……」

律「だよなー! 歌詞忘れちゃだめだよムギー!」

紬「えっ!?」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:42:26.08 ID:Ez8udvP80

鬼畜りっちゃんw



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:43:43.31 ID:jYRiilpD0

ひでえwwwwwwwww



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:43:48.15 ID:u6RcmuNi0

りつwwwwwwww





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:44:06.95 ID:VAH7qw8t0

律「せっかく後輩に最後にイイトコ見せるんだぜー?」

唯「……」

澪「……」

紬「……」

律「カッコ悪いミスしちゃ駄目だろ~ムギ~」

唯「……」

澪「……」

紬「……」

律「歌詞忘れるなんて問題外だぜ問題外~!」

梓「まあまあ、私はムギ先輩のそういうとこも可愛いと思いますよ」

紬「あ……ありがとう」

梓「私、もっともっと聴きたいです。アンコール!」

唯「じゃあ次は、あずにゃんも一緒に!」

梓「はいっ!」

紬「ごめん……ちょっといい?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:47:57.31 ID:VAH7qw8t0

梓「なんですか?」

紬「ちょっとこれから4人だけで話し合いたいの……
  悪いんだけど、梓ちゃんは先に帰っててくれないかなぁ……?」

唯(うお、ムギちゃんがマジギレしてるー!)

澪(静かに切れる人って何でこんなに怖いんだろう……)

梓「えっ、はい……じゃあ帰ります」

紬「ごめんね梓ちゃん……
  演奏はまた今度、暇なときにいっぱい付き合ってあげるからね」

梓「はいっ、楽しみに待ってます! それじゃ!」

紬「ええ、またね」

梓「失礼しまーす」
ガチャバタン

唯「……」

澪「……」

律「……」

紬「……」ゴゴゴゴゴゴ

澪(怒りのオーラが……)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:52:24.98 ID:VAH7qw8t0

律「話ってなんなんだ? あ、卒業打ち上げパーティのこと?」

澪「お前黙ってろ」

紬「ねえ、りっちゃん……」

律「なんだよ」

紬「なんで私が歌詞忘れたーみたいになってるのかな……」

律「えっ、そりゃムギが鼻歌で歌ったからじゃん」

紬「なんでよ! 先に歌詞忘れたのはりっちゃんじゃない!
  りっちゃんが私が歌うはずだった歌詞を盗んだんじゃない!」

律「盗んだって言われても」

紬「りっちゃんの歌詞ドロボー!
  返してよ私の歌詞を! 私の歌詞を返してよーっ!!」

澪「落ち着けムギ!
  気持ちはわかるがもう怒り方がおかしい!」

紬「はあ、はあ……」

律「え、何……私が悪いの?」

澪「自分が悪く無いという発想が出てくる時点ですごいな」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 23:57:56.70 ID:VAH7qw8t0

律「いや、確かに私は歌詞を忘れたよ?
  それは認めますよ」

澪「うん」

唯「みんな分かってるよ」

律「でも私は上手くごまかしました。OK?」

澪「確かに」

唯「あずにゃんも気づいてなかったしね」

律「歌詞を忘れたのはたしかに罪かも知れないよ。
  でも梓はそれに気づかなかった、演奏はつつがなく進行した。
  この場合は罪になりうるだろうか?」

澪「うーん……ならないかな」

唯「だね」

律「でだ! 私たちの演奏を壊したのは誰だ?
  そう、他ならぬムギなのだ!
  私がうまぁくごまかしたにもかかわらず
  あいつは鼻歌で歌ってしまい演奏を台無しにした!
  悪いのはムギだ!」

唯「なるほどー」

紬「ちょっと!?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:03:01.40 ID:UxzcOzkr0

紬「なんで? なんで私が悪いみたいな流れになってんの!?」

澪「てゆーかなんでムギは鼻歌やっちゃったわけ?
  あそこの歌詞覚えてなかったの?」

紬「私、自分が歌うとこしか覚えてないのよ」

律「あーあーあーあー」

唯「はいはいはいはい」

紬「な、なによぅ」

律「一番ダメなパターンだわそれ。
  普通は自分のパート以外も全部覚えとくもんだろ」

紬「自分のパートを覚えてなかったりっちゃんに言われたくない!」

律「いや私は自分の含めて全部覚えてたよ、ちょっと抜け落ちちゃっただけで」

紬「それは覚えてるって言わないのよぉ」

律「でも少なくとも全部覚える努力はしたんだ。
  そこがムギとは違う。私は褒められるべきだ」

澪「うむ、努力することは大切だな」

唯「たとえ結果が伴わなかったとしてもね」

紬「時代遅れの精神論に流されないで!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:09:46.28 ID:UxzcOzkr0

紬「ねえ、悪いのはどう考えてもりっちゃんでしょ!?
  りっちゃんさえ歌詞を忘れなければこんなこと起こらなかったのよ!
  感動のライブに泥を塗ることもなかったのよ!
  梓ちゃんに『大事な場面で歌詞忘れちゃうアホな先輩』
  っていうニュアンスで『カワイイ』とか言われなくて済んだのよ!
  卒業の日に後輩にあんな目で見られちゃ一生のトラウマよ!」

唯「すごく喋るね」

澪「3年間うちに溜め込んでいたものを爆発させているかのようだ」

律「ハハッ、ムギがなんと言おうと
  梓の目にはムギが歌詞を忘れたようにしか映らないんだよ」

紬「ムキー!」

澪「ちょっと落ち着けムギ」

唯「ムギちゃんのこんな顔初めてみたよ」

紬「うるさい! 一発殴らせなさい、あのデコを!」

澪「やめろ相手より先に暴力に訴えたら負けだ」

唯「そうだよ、抑えて抑えて」

紬「はあ、はあ、はあ、はあ……」

唯「てゆーかさぁ」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:14:01.89 ID:UxzcOzkr0

紬「何?」

唯「ムギちゃんだっていくらでもごまかしようはあったと思うんだよ」

紬「どういうこと?」

唯「たとえばさあ、りっちゃんが歌ったのと同じ歌詞を歌うとか」

澪「つまり本来ムギが歌うはずだった歌詞か」

紬「いやっでも、それは私も考えたけど……
  それはそれで空気が微妙なことになっちゃわない?
  梓ちゃん絶対怪しむわよ、
  『なんで2回同じ歌詞歌ってんだ』って」

澪「別に同じ歌詞が2回出てくる歌なんていくらでもあるよな」

唯「うん」

紬「えっ」

澪「そのまま歌っても怪しまれなかったと思うけど」

唯「鼻歌でブチ壊しにするよりは絶対マシだよね」

紬「……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:18:33.72 ID:UxzcOzkr0

律「はあ、やれやれ……
  『同じ歌詞が2度出てくるとおかしい』という固定観念のもとに
  臨機応変の対応を出来ず結果鼻歌でごまかして
  後輩のためのライブをぶち壊した哀れなるたくあん仮面よ」

紬「誰がたくあん仮面よ」

唯「りっちゃんが窮地を切り抜けたんだから
  ムギちゃんもそれに倣うべきだったね」

澪「それくらいの機転は効かせないとな」

紬「え、何? もう完全に私が悪いみたいになっちゃってるの!?」

律「ついに味方がいなくなったな!
  もはやお前に私を攻める資格はない!」

紬「な、なんでよ! 勝手に決めないでよ!」

律「いやもうどう見ても勝敗は決まってるんだよ。
  じゃあ多数決で決めちゃおうか?
  どっちが悪いのかを」

紬「ちょっと待ってよ、この状況下で多数決なんて
  私が圧倒的に不利じゃない!」

律「私じゃなくてムギが悪いと思う人ーっ!」

紬「ちょっと!!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:25:22.59 ID:UxzcOzkr0

唯「……」

澪「……」

律「あれっ?」

紬「えっ?」

律「おい、なんで手挙げないんだよ」

唯「いや、だって……ねえ」

澪「ムギもごまかすことはできたよね、って言っただけで
  律が悪くないとはひとことも言った覚え無いぞ」

律「えっ、なんだよそれ!」

澪「てゆーかお前さあ、あれは酷いぞ。
  梓に向かって『ムギは歌詞忘れてダメだなー!』とか言ったの」

唯「あそこでりっちゃんの悪が決定したよね」

澪「なんであそこで自分が歌詞を忘れたことを白状して
  ムギをフォローしてやらなかったの?」

唯「そうしたらみんな丸く収まったのにね」

律「えっ何? 私が悪い流れ?」

紬「どうみてもそうでしょう」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:32:00.99 ID:UxzcOzkr0

律「いやおかしいだろ?
  私は歌詞を忘れたのを上手くごまかしたんですよ?
  演奏をダメにしたのはムギだぜ?」

澪「だからぁ、その演奏が駄目になったのを
  取り繕う方法があった、って言ってんの」

唯「それをりっちゃんは後輩の前でメンツを保つために
  ここぞとばかりにムギちゃんを身代わりに……」

澪「お前があそこで『実は歌詞忘れたの私なんだー』とか言っとけば
  笑い話としてまるぅく収まったものを」

唯「あずにゃんにも嘘つかずに済んだのに」

律「いやでもムギの罪は?
  実行犯じゃないですかムギさんは」

澪「ムギは被害者だよ……」

律「えっなんだよ、じゃあ私だけが悪いっての?」

澪「いい加減気づけよ」

唯「りっちゃんが悪い」

紬「ふふん、味方がいなくなったようね、おでこ仮面さん」

律「くっ……」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:43:28.94 ID:UxzcOzkr0

紬「これでわかったでしょ、どっちが悪いのか。
  歌詞を忘れて私の歌詞を使ったこと、
  そのことを白状しなかったこと。これがりっちゃんの罪なのよ」

律「白状だァ? ありゃ私なりのフォローだよフォロー!
  歌詞を忘れたムギをいじってやることで
  梓にとっちゃこれはもういい思い出として記憶されたろうよ!」

紬「なぁにがフォローよ!
  結果として私が泥被ることになったじゃない!
  私はなぁんにも悪くないのに!」

律「わーるーいーだーろー!
  実際に鼻歌で演奏台なしにしたのはお前なんだって
  何度言えば分かるんだよ!!」

紬「それはりっちゃんが私の歌詞を盗んだからでしょ!」

律「じゃあ全部の歌詞覚えときゃよかっただろ!
  そうだよ、ムギが全部歌詞を覚えてたら
  こんなことにならなかったんだよ!!」

紬「りっちゃんが忘れなきゃよかったんでしょ!」

律「うるさい、どう考えてもお前が――」

澪「いーかげんにしろおおぉぉっ!!!」

律「ひっ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:49:18.95 ID:UxzcOzkr0

澪「律は歌詞を忘れたのが悪い!
  ムギが鼻歌でごまかしたのも悪い!
  でも一番悪いのは
  律がすべての罪をムギにかぶせたことだっ!
  もうそれでいいだろ!」

律「はい」

紬「はい……」

澪「はあ……じゃあもういいな、帰るぞ」

唯「はーい」

紬「はぁ……
  梓ちゃんに悪いことしちゃったわね、りっちゃんのせいだけど」

律「そうだなあ、梓にとって一生の思い出になるはずの演奏が、
  ムギのせいでなぁ」

澪「まだやるか貴様ら……」

唯「お腹すいちゃったよー」
ガチャ

梓「……」

唯「あえっ!?」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:58:29.17 ID:UxzcOzkr0

唯「……い、いたの」

梓「せっかくだし、待ってようかと思って」

唯「…………聞いてた?」

梓「はい」

唯「……」

梓「あっ、別に気にしてないですよ。
  ホントのことを知れてよかったです」

唯「あはは……幻滅したりしてない? 私たちに」

梓「んふ、こういうのも私たちらしくていいんじゃないですか」

唯「意味深な微笑だね……」

梓「今さら嫌いになったり幻滅したりするわけないじゃないですか、先輩たちのこと」

唯「そっか。良かった」

澪「おい、唯、何やってんだ?」

唯「あ、澪ちゃんだ。あずにゃん、早く帰って。
  あずにゃんが今までのこと聞いてたって知ったら
  多分みんな気にしちゃうからさ」

梓「あ、はい」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:03:03.11 ID:UxzcOzkr0

梓「あっそうだ唯先輩」

唯「何?」

梓「律先輩に言っといてください、
  今度演奏するときはちゃんと歌詞覚えといてって。
  それじゃ!」たたっ

唯「ばいばーい」

澪「誰と話してんだ、唯?」

唯「あ、いやちょっと……人語をしゃべれるチュパカブラが」

律「もっと分かりやすい嘘つけよ」

紬「誰がいたの? 和ちゃん?」

唯「べ、別に誰がいたってわけでもないよぉ~。
  あっそうだ、さっきあずにゃんからメールが来てね」

紬「へえ、なんて?」

唯「りっちゃんに言伝を頼まれて。
  『今度演奏するときはちゃんと歌詞覚えといてください』ってさ」

律「ええっ? なんだよ、バレてたのか!?」

澪「はは、梓にはぜーんぶお見通しだったみたいだな」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:14:04.07 ID:UxzcOzkr0

律「なんだよー、結局私がカッコ悪いとこ
  後輩に晒しただけだったんじゃないか……」

澪「最初っから素直に自分のミスを認めときゃよかったのに」

紬「良かった、私が悪いことになってなくて。
  あと梓ちゃんも気にしてないみたいでよかったわ」

律「あーあ、なんか馬鹿らしくなってきちった……すまんなぁムギ」

紬「いいわよ。そもそも私は梓ちゃんが
  本当のことを知らないってのが嫌だっただけだから」

澪「やっと丸く収まったな。じゃあ帰るか」

唯「帰るんなら急ごうよ。
  多分あずにゃんが昇降口のあたりで待っててくれてるよ」

律「待ってるかぁ? 結構時間経ってるぞ」

唯「絶対待ってるよー。そんであずにゃんと一緒に帰って
  ご飯食べて、どっかのスタジオ行って演奏しよ! ね!」

澪「はは、なんだかせわしないな。卒業式の日だってのに」

紬「今度は歌詞忘れないようにね~」

律「お前も鼻歌やめろよな~」

澪「やれやれ、懲りない二人だな……」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:14:30.67 ID:UxzcOzkr0

おわり☆




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:16:29.78 ID:2ganRCTo0

乙!あっさりしててよい。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:17:02.83 ID:bafdYPVA0

唯の働きが素晴らし過ぎるな





59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:17:38.01 ID:i/X37Mki0

乙。よかったよ。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:18:03.78 ID:2LtYio6H0


一時はどうなるかと



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:26:02.96 ID:XX70qZu/0


ムギが別人だったが、よかったぞ



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:26:43.94 ID:RcD0IR2F0

律と紬だけじゃなく、どうせなら全員を混乱させて欲しかったな
とりあえず>>1乙



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:35:41.56 ID:lZ99REAfO

乙でした





関連記事

ランダム記事(試用版)




律「歌詞忘れた」
[ 2011/03/31 11:14 ] 非日常系 | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1598 [ 2011/04/12 11:28 ] [ 編集 ]

りっちゃんDQNすぎwww

タイトル:
NO:1599 [ 2011/04/12 11:28 ] [ 編集 ]

りっちゃんマジDQN

タイトル:
NO:5522 [ 2012/02/05 15:30 ] [ 編集 ]

でも結局りっちゃんが悪いよなw

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6