SS保存場所(けいおん!) TOP  >  シリアス >  律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#1

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#1 【シリアス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301712465/




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:47:45.79 ID:5DBrwr8x0

いいところで切り上げたら台本風
それ以上いったらちょっと地の文はいっちゃう
おそらく読みにくいだろうssです






梓「ねえ」




律「へい」



2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:48:59.87 ID:5DBrwr8x0

梓「とって」

律「やだ」

梓「とって」

律「やだ」

梓「とれ」

律「ご遠慮いたします」

梓「・・・・」

律「・・・・」





3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:50:00.56 ID:5DBrwr8x0

梓「なんで?」

律「逆になんで?」

梓「いや、こっちが聞いてるから」

律「いや、こっちからも聞いてるから」

梓「・・・・」ムムム

律「・・・・」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:51:44.81 ID:5DBrwr8x0

律「ほれ」ヒョイ

梓「!」

律「とったぞ」

梓「とったね」ジー

律「・・・・///」

律「お前もとれ」

梓「やだ」

律「とれ」

梓「い や だ」

律「とってってば」

梓「やだしね」シャー

律「しねっていわれた」ガーン

律「シクシク」

律「シクシク」

梓「・・・・」

律「シクシク」チラッ

梓「いや、口でシクシクいわれても」

律「ですよね」ケロッ

律「でも、しねはだめだ」

梓「ごめんなさい」ペケ

律「(お!素直)・・・・いやいや、ペケってなんだよ」

梓「細かいことは気にスンナ」

律「・・・・」



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:52:55.54 ID:5DBrwr8x0

梓「アイスたべる?」

律「うん」

梓「とってくる」スタタタタ

律「・・・・ヒマ」

律「ギター・・・・」ガチャガチャ

律「たしか・・・・これがCで」ジャーン

律「これが・・・エf」ミョーン

律「指つった」イタタタ

梓「なにしてんの?」パシャ

律「ギターを少々」

律「てか、いきなり写真とるな///」

梓「いや、めずらしい光景だなぁと」

律「たしかに」



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:53:55.30 ID:5DBrwr8x0

梓「でしょ。はい、アイス」スッ

律「ありゃーっす」

律「お!パピコ」

梓「好き?」

律「うん。好き」

律「よく、澪と食べたよ」カジカジ

梓「ふーん」カジカジ

律「カジカジ」

梓「カジカジ」



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:55:10.29 ID:5DBrwr8x0

律「そういえばさ」

梓「・・・・」カジカジ

律「学園都市ってとこに唯とすごく声が似てる人がいるらしくて」

梓「・・・・」カジカジ

律「でも、その人はパソコン使えるし、超能力使えるんだって」

梓「・・・・」カジカジ

律「・・・・・頭に花、生えてんだって」

梓「ふ~ん」カジカジ

律「・・・・」

梓「・・・・」

律「なんか怒ってらっしゃる?」

梓「べつに」

律「・・・・」



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:57:07.63 ID:5DBrwr8x0

梓「カニとアイスは黙って食べる派だから」

律「そうなん?」

梓「そうなん」

律「じゃあ今度からアイス食べるときは黙って食べる」

梓「なんで?」

律「梓がそうするなら、私もそうする」

梓「・・・そっか」ニコッ

律「そうだよ~」ヘヘヘ

梓「でも、律はしゃべってればいいよ」

律「そう?」

梓「うん。うるさいほうが律っぽい」

律「・・・・喜んでいいのかわからないけどありがとう」

梓「どういたしまして」



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 11:59:01.46 ID:5DBrwr8x0

律「梓は部活のときと2人のときとじゃ雰囲気違うよな」

梓「そうですか?」

律「そうですよ」

梓「どんな風に」

律「まず、口が悪い」

梓「それは律のせいだよ」

律「私の?」

梓「うん」

律「なんで?」

梓「なんででも」

梓「これくらい許容範囲じゃないとフェアじゃない」

律「・・・・そんなもん?」

梓「そんなもん」

律「そっか」ナデナデ

梓「いきなりなでるな!!」ゲシ

律「ひゃい」

律「いたいいたい。すね蹴りはなしでお願いします」ズキズキ

梓「・・・・アイスのゴミかして」

律「あ、ありがとう」スッ

梓「いえいえ。下に捨ててくる。ついでになんか飲み物とってくる」

律「コーラがいい」

梓「ない」

律「麦茶で」

梓「よし!」スタスタ


律「・・・・ヒマ」



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:00:48.69 ID:5DBrwr8x0

律「・・・・・」ボスン

律「フカフカや」フカフカ

律「・・・・」

律「・・・・澪は禁止ワードってことですね」

律「・・・・唯はべつにいいみたいだな」フアァ

律「・・・・ムギは・・・・まぁ、いいだろ」ウトウト

律「・・・・」スゥスゥ



11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:02:47.59 ID:5DBrwr8x0

梓「おまたせっす」ガチャ

律「」スヤスヤ

梓「おーい」カタン

トコトコ

律「」スヤスヤ

梓「かってに人のベッドの上に・・・・!!」

律「」スヤスヤ

梓「」ジー

律「」

梓「・・・・」



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:03:20.87 ID:5DBrwr8x0

梓「おでこニーン」

律「ぶはっ」ゲラゲラ



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:04:09.99 ID:5DBrwr8x0

梓「なに寝たふりしてんだよ」ペシッ

律「いたいいたい」スリスリ

律「あんな短時間に寝るほど私は単純ではないわ!」デン

梓「たぶん唯先輩は寝るでしょうけどね」

律「ふむ。一理ある。あと敬語になってるぞ」フカフカ

梓「・・・・お茶は?」

律「あとで飲む」ポムポム

梓「・・・・」ボスン

律「梓にしてはでかいベッドだな」

梓「うん」

律「うでまくらいる?」

梓「いらん」

律「そう」

梓「うそ」

律「素直じゃないなぁ~」スッ

梓「そうですね(棒読み)」スッ



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:05:45.62 ID:5DBrwr8x0

律「・・・・」

梓「・・・・」

律「さっきの」

梓「ん?」

律「さっきのは梓のがえらいよね」

梓「さっきのって?」

律「こっちの話」ナデナデ

梓「?///」

律「私はまだまだだなぁ~」ナデナデ

梓「そう?」

律「そう」ナデナデ

梓「なにが?」

律「いつか教えちゃる」ナデナデ

梓「さりげなくお尻なでないで」

律「テヘ☆」

梓「テヘ☆でごまかさない」

律「ヘケッ」

梓「・・・・殴るよ?」

律「ごめんなさい」



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:06:47.02 ID:5DBrwr8x0

梓「のどかわいた」

律「飲ませてあげようか」スッ

梓「そりゃどうも」スッ

律「ゴクゴク」

梓「え?そういう意味?」

梓「・・・・・・マジ?」



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:08:26.86 ID:5DBrwr8x0

律「ふふふふんふうふ」

梓「///」ニューー

梓「なまぬるっ!!!量少ないし!!!」ゴクン

律「たしかに。失敗した」ゴクン

梓「普通に飲みたい」

律「はい」スッ

梓「ゴクゴク」

梓「ぷはーー」

律「いいのみっぷりだな」ボスン

梓「そりゃどうも」ボスン



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:10:11.25 ID:5DBrwr8x0

律「・・・・」

梓「・・・・」

律「とって」

梓「やだ」

律「いいじゃん」

梓「めんどい」

律「私はとったのに」ウルウル

梓「・・・・」

梓「・・・・」

梓「・・・・」ホドキホドキ

律「おぉぉ~~~」ジー



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:11:53.59 ID:5DBrwr8x0

梓「あ、あんま見ないで!!///」

律「いいね!なんかグッとくるよ」mmq

梓「なら、いいけど・・・」

律「だいじょぶだいじょぶ」ナデナデ

梓「・・・・・似てない?」

律「・・・・ん?」

梓「似てない?」

律「!」ピーン

律「似てないよ」

律「梓は梓だよ~」ナデナデ

梓「そか」

律「うん、そうだよ」ナデナデ



19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:13:24.81 ID:5DBrwr8x0

律「そろそろ帰るよ」

梓「うん」

律「さみしい?」ニヤニヤ

梓「さみしくないけど、さみしい」

律「なんだそれ」

梓「明日また会えるからいい」

律「そうだな。明日はムギなんのお菓子もってきてくれるかな?」

梓「練習するって」ゲシッ

律「とぅあい!」

律「だからすねはなしだってば」サスサス

律「あ、カチューシャどこ?」

梓「えっと・・・・」

梓「あ、あった」ポイ

律「なげんな!でもありがとう」カポッ

律「うん。普段の見え方」



20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:14:14.11 ID:5DBrwr8x0

梓「気をつけて」

律「はいはい」チョイナチョイナ

律「じゃ~な~」バイバイ

梓「はいはい」バイバイ




律「お~夕焼けがきれいだ」

律「梓に写メってやろう」カシャ

律「うんうん」マンゾク

律「うでしびれた・・・・」



21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:16:53.40 ID:5DBrwr8x0

数日後ぐらい





梓「さて」

律「・・・・」

梓「さて」

律「・・・・」

梓「なんか言え」

律「誤解です」

梓「却下」

律「・・・・」

律「五階です」

梓「しね」

律「しねはだめだ」

梓「じゃあ、地獄に落ちろ」

梓「むしろ墜ちろ」

律「(ひどい)・・・・」



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:18:13.70 ID:5DBrwr8x0

律「あのさ」

梓「ん」

律「いつぞやの話にもどるけど」

梓「ん?(え?)」

律「澪に嫉妬はやめろ」

律「あと少々唯にもな」

梓「なっ!?」

律「わかるけどさ」

律「色々めんどいって」

律「それに」

律「これ以上手に入れたら」

律「罰があたるって」

律「一緒にいれるだけで幸せだろ?私たち」

律「それでいいじゃないか」

梓「・・・・」



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:20:22.19 ID:5DBrwr8x0

律「でも、お前にだけ言ってるんじゃないんだ」

梓「?」

律「これは私にも言えることなんだ」

律「私もときたま唯に嫉妬するぞ」

梓「(へぇ~)・・・・どんなときですか?」

律「ご存知、私はドラムの田井中律だ」

梓「そうですね」

律「ドラムの場所ってのはな、どこだと思う?」

梓「どこって・・・・」

梓「バンドの一番後ろ」

律「ザッツライト」カタコト

梓「(ザッツライトすらカタコトな高校生・・・)」



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:22:14.61 ID:5DBrwr8x0

律「後ろってのは、すべて見えてるんだ」

梓「すべて・・・」

律「そう。すべてだ」

律「演奏の時はみんなの背中しか見えないけどな」

律「でも、私はバンドのメンバーの中でただ一人だけ」

律「演奏している全員を見ることができるんだ」

梓「はぁ・・・」

律「いい話になんとかもっていこうとしてんだから飽きるんじゃない」

梓「で、なにがいいたいんですか?」

律「(・・・こういう時の敬語ってイラっとくるものがあるな)」

律「とにかくだ」

律「唯はいつも梓の隣にいるからうらやましいなって」

律「バンドしてるやつとしてはダメなことを私はたまに思うんだ」ドーン



25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:23:21.80 ID:5DBrwr8x0

梓「・・・・」

律「なんか言えい」

梓「・・・・」

律「なんか言え」

梓「・・・・」

律「なに考えてんだ?」

梓「いや、好きあってるのにこうもうまくいかないとは」

梓「付き合うって難しいなぁと」

律「・・・・・」ダキッ

梓「うわ!?///」



26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:24:19.73 ID:5DBrwr8x0

律「なぁ・・・」

梓「はい?」

律「けんかゴッコもうこれくらいでいい?」

律「なんかりっちゃんかなしくなってくたよ」

梓「そうだね。なんか雰囲気も悪くなってきたし」

梓律「・・・・」ハハハ

梓「ムギ先輩に
  『けんかゴッコしてみたらいつもと違っていいわよ』っていわれてしてみたけど」

律「微妙だったな・・・」

梓「微妙だったね・・・」

梓「本音がチョロっと出てきてたし」ギロッ

律「まぁ、こういう時にサラっというのがお互いにいいのかな?っと」アセタラ

梓「まあね」

律「時間帯がいけないんだ。
  1時なんていう、ちょっと精神的にハイになってる時間帯が・・・」

梓「たしかに・・・・」

律「な」

梓「そういいながらさりげなく胸さわんな」ゴツン

律「ぎゃん」

律「・・・・相変わらず貞操が固いですね」ズキズキ



27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:27:23.13 ID:5DBrwr8x0

梓「まぁ・・・い、いつか・・・///」

律「そうかそうか、五日か!!」

梓「ち、ちがう!!」ゲシッ

律「ぎゃん!!」

律「ちょっとしたジョークだっての!!!!」ズキズキ

梓「律がわるい!!!」

律「ったく・・・まぁ、今はとりあえず」ドッコイショ

梓「おいおい///」

律「私の湯たんぽにでもなってくれ」

梓「それは猫の得意分野だからまかしといて」ヒッシ

律「よしよし」ナデナデ

梓「明日、はれるといいな~」ウトウト

律「だな」ウトウト

梓律「スゥスゥ」



28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:29:20.91 ID:5DBrwr8x0

さかのぼって、4月ぐらい





律「思春期はT字路のど真ん中にある蓋のないマンホールだと私は思う」

梓「・・・・はい?」

梓「いきなりなんですか?下ネタですか?」

律「下ネタじゃないっての。私の持論だ。今思い付いたけど」

梓「そうですか」

律「(こいつ、ボケ殺しか!!)」



29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:31:26.11 ID:5DBrwr8x0

律「ところで、あ、梓・・・?」

梓「なんですか?律先輩」

律「(お!よかった、名前あってた)
  この人気のない屋上の片隅は私の密かなる隠れ家的スペースなんだが」

梓「奇遇ですね。ここは私の縄張りという名の授業サボり場スペースです」

律「・・・なんと!?ここはお前の縄張りだという証拠はどこにある?」

梓「証拠はないですが、
  とりあえず今日は私がここに来たときは誰もいなかったので、今は私の縄張りです」

律「ムムム・・・」

律「どく気は?」

梓「ないです」

律「先輩に譲る気は?」

梓「申し訳ないですが、ないです。
  弱肉強食です。世の中早い者勝ちの席取りレースですよ、律先輩」

律「じゃあ、一緒に居るのは?いい?」

梓「え?」



30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:35:36.47 ID:5DBrwr8x0

律「いや、露骨に嫌な顔されると何気に傷つくよ?」

梓「まぁ、居るだけなら・・・」

律「・・・しっくりこない返答だな、おい」







梓「・・・・」ボケー

律「・・・・」ボケー


律「なぁ」

梓「なんですか?」

律「お前なんか部活入ってんの?」

梓「入ってるように見えますか?」

律「えと・・・帰宅部、とか?」

梓「はぁ」

律「・・・・」

梓「・・・・」

律「なぁ」

梓「なんですか?」

律「私はけいおん部をやってるんだ」

梓「そうなんですか・・・(一応ライブは見に行ったから、知ってる)」

律「こうみえても部長なんだぜぇ~」フンス

梓「見えませんね(ベースの人が部長だと思ってた)」

律「くっ!!部長に見えなくても私が部長なんだ」

律「そんな部長の私が、
  入学そうそう授業をサボるお前の度胸と勇気を見込んでいうが」

梓「?」



31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:38:09.99 ID:5DBrwr8x0

律「けいおん部入らないか?」

梓「」

梓「え?」

律「左手みて思ったけど、お前さ、ギターかベースか弾けるんだろ?」

梓「まぁ、ちょっと趣味で弾いてる程度です」

律「おぉ!(はったりかましてみるもんだな)」

律「ギター?ベース?」

梓「ギター・・・・ですけど・・・」

律「アコギ?」

梓「エレキ、です」

律「・・・(逸材発見!!)」

律「よし、決めた・・・!!」

梓「?」

律「お前、けいおん部、入部決定な!」ニカッ

梓「んなっ!?」

律「お前と顔合わすの、これが3回目だけど3回ともつまんなそうだもん」

律「楽器、弾けるなら独りじゃなくて私たちと弾こう」

梓「いやいやいや、何勝手に決めてんですか」

律「部員足りないんだ。力、貸してくれ」

梓「・・・・」



32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:39:33.13 ID:5DBrwr8x0

キンコ~ンカンコ~ン



律「あ、終わった。次は体育だから戻らないと」タイイクスキー

律「梓」

梓「え!?」ビクッ

律「放課後、音楽室な」

律「そこは私らの縄張りだけど」

律「お前なら大歓迎だからさ。一度見にこい。
  私らの演奏聴かせてやるから。上手いお菓子もあるし」ニコッ

梓「・・・・」

律「じゃあ、またな!」スタタタタ

梓「・・・・」ポツン

梓「けいおん部・・・・か(お菓子って、なんだ?)」



33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:41:02.51 ID:5DBrwr8x0

・・・・・





律「とまあ、梓に会った頃の夢をみたよ」

梓「それはそれは。はずかしくてなんだか殴りたくなってくる夢だね」

律「いや、夢だから。殴らんといて。
  その拳は人を殴るためにあるのではないのだよ。だから速やかに下におろそうな」

梓「はいはい」

律「でもまぁ、」

梓「?」

律「梓が部活に入ってくれて良かったよ」ニッコリ

梓「///」

ゲシッ

律「ッセイ!?」

律「だからすねはやめれ!てか、何故に蹴る」サスサス

梓「ふん」フンス



34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:47:45.35 ID:5DBrwr8x0



======================


澪「り、りつ!遅かったじゃないか!!!」

律「おぉ~!どったの?澪、そんなにあわてて」

澪「新入部員がきたぞ!」

律「へぇ。どんなやつ?」

澪「それが1年生なんだよ。ツインテールで猫みたいな子なんだ」

澪「しかも、ギターができるんだって!」キラキラ

律「ふむふむ。うれしいのはよ~~くわかったんだが・・・・」

律「本人いる前でそんなにはしゃいで恥ずかしくないのか?」

梓「///」

澪「え?あっ・・・///」

律「1年生」スタスタ

梓「は、はい」

律「・・・と、その前に」

律「唯。苦しそうだからとりあえず、抱きしめてる手を離してやれよ」

唯「え~~!!ひどいよ!!!りっちゃん!!!
  あずにゃん抱き心地いいから私離すなんてできない!!」ギュ

梓「キュ」

律「いや、抱きつくってか、技きまってっけど、それ」

律「ん?あずにゃん?」

梓「あっ///」

唯「この子のあだ名だよ~~!!!猫みたいなんだもん!!!」

律「なるほどな。たしかに、猫に似てるかもな
  (縄張りとか言うとことか、一人でいるとことか)」



35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:49:00.29 ID:5DBrwr8x0

律「えと、梓」

梓「は、はい」

律「私がけいおん部の部長の田井中律だ。来てくれてありがとな」ニコッ

唯「え!?りっちゃん、あずにゃんのこと知ってるの?」

律「ん?なんで?」

唯「だって、あずにゃんの名前知ってるじゃん」

律「(あ・・・やべ)まぁ・・・ちょっとな」

律「(授業サボってたことバレたら澪に怒鳴られるから黙ってないと)」

律「まぁ、とりあえず、今日は梓に私たちの演奏聞かせようぜ!」

唯澪「おぉ~~~~~!!」

唯「ってあれ?」

澪「ムギいなくないか?」

律「あ・・・・マジだ」

律「じゃあ、ムギくるまで自己紹介とかしてようぜ」

澪「そうだな」

梓「・・・・(ムギって人、なんかかわいそう)」



36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:54:50.97 ID:5DBrwr8x0





律「よっす、梓」

梓「・・・・・」

律「今日はわたしのが先だったな」ニカッ

梓「・・・・」スタスタスタ

律「ちょ!?」パシッ

梓「!?」

律「いきなり立ち去ろうとするとは何事だ!?りっちゃん泣いちゃうぞ!?」

梓「あ、いや、先に場所とられてしまったんで、違うとこいこうかと・・・」

律「なんだ。別に一緒に居ればいいだけだろ」

梓「いいんですか?」

律「?」

律「当たり前だろ?私と梓の仲じゃないか」

梓「・・・・///」

梓「じゃあ、失礼します」

律「おう!」ニカ~



37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:56:10.88 ID:5DBrwr8x0

梓「先輩」

律「なに~」ボヘ~

梓「いつまで私の手、つかんでるつもりですか?」

律「ん~~・・・それにしても梓の手はちっちゃいな~」

梓「律先輩も劣らずにちっさいと思いますけど」

律「・・・・気にしてたことを」ボソッ

梓「なんか言いました?」

律「言ってまへ~ん」

梓「なんで手がちっちゃいこと気にしてたんですか?」

律「聞こえてんじゃん///」

梓「まぁ、耳いいんで」

律「(ほんっとに猫みたいなやつだな)」

梓「てか、『気にしてた』ってなんで過去形なんですか?」

律「・・・・」

梓「?」

律「今はもう気にする必要がなくなったからだよ」ギュ

梓「痛い痛い!!!!」ドスッ

律「げふっ!!!」



38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:57:29.21 ID:5DBrwr8x0

律「不意うちでわき腹にエルボーはなしだろ・・・」ゴホゴホ

梓「手をいきなり強く握った方が悪いんです。正当防衛です」

律「くそっ!私は痴漢かなにかかっ!」ゴホゴホ

梓「・・・・そんなに痛かったですか?」

律「予想外の動きだったもんでね。キレイに入っただけですよ」ゴホゴホ

梓「対唯先輩用に練習してたんですが。
  ちょっと威力強いみたいなんで、唯先輩にはやめとくことにします」

律「いや、唯先輩『には』ってなんだよ、
  『には』って。私だってダメだっての!!!!!!」ウガー

梓「律先輩にはOKな気がなぜかするんです」

律「いや、だからダメだってーの!!」



39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 12:59:27.14 ID:5DBrwr8x0

梓「先輩」

律「んあ!?」

梓「いや、そんなに驚かなくても」

律「あぁ、すまんすまん」

律「で、なに?」

梓「いつまで手、繋ぐんですか?」

律「・・・梓いやか?私と手繋ぐの」

梓「まぁ、生理的には嫌ではないです」

律「なにその返答。今日のお前はちょっと予想外の動きをするな、おい」

梓「今日は調子いいんで」

律「そ、そうか。
  嫌じゃないならちょっと繋がしといてくれ。人恋しい時代なんだ」

梓「なんですか、それ」

律「とある個人的な思春期だよ」

梓「そですか」

律「そです」



律「あずさぁ」

梓「なんでしょう」

律「手、あったかいな」

梓「私体温高いんで」

律「(こいつ、猫に生まれるべきだったんじゃね?)」



40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:00:55.39 ID:5DBrwr8x0




梓「なに考えてんですか?そんなに遠くばっかみて」

律「ん・・・・梓」

梓「はい」

律「部活、楽しいだろ?みんないいやつだし」ニコッ

梓「・・・・はい。唯先輩のスキンシップが過剰なのを除けば、
  あの場所は私にはもったいないくらいの場所です」

律「ふふ。梓、雰囲気かわったな」

梓「そうですか?」

律「ん。表情が明るくなったよ。
  部活だけじゃなくて、憂ちゃんとかの影響もあるんだろうけどさ」

梓「そうですかね」

律「そうですよ」

梓「先輩は、ここに居るときと、部活のとき雰囲気違いますよ」

律「そうですかね」

梓「そうですよ。なんだかションボリしてます」

律「そうですか」



41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:01:31.49 ID:5DBrwr8x0

梓「・・・・先輩」

律「ん?」

梓「・・・先輩は、自分の嫌な話になると話をはずらかす傾向がありますね」

律「そうか?」

梓「そうですよ。最近わかってきました」

律「そっか」



42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:03:07.87 ID:5DBrwr8x0

律「・・・なぁ、あずさ」

梓「はい」

律「私さ」

梓「はい」

律「部活、好きなんだ。
  みんなのこと、好きなんだ。そんな部活の部長で嬉しいんだ。だから」

律「あの場所、私はどうしても壊せないんだ。大切なんだ」

梓「・・・・?」

律「壊すってのはちょっと大げさかもしれないけど、
  その可能性をもつ言葉、持ってたんだ」

律「そんなに頭よくないから。いっぺんにいろんなことできなくて」ジタバタ

律「でも、一緒に居たくて。
  でも、部長だからとかそういうこと考えて・・・・」パタパタ



43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:03:45.88 ID:5DBrwr8x0

律「捨てたんだ。そういう気持ちごと全部」

律「そしたらきっとまたみんなで楽しめるって思って」

梓「・・・・」

律「勝手にほれて。勝手に失恋」ハハハ

梓「・・・・」

律「でも、そんなうまくいかないよな」ニガムシ



44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:04:57.94 ID:5DBrwr8x0

律「澪が好きだったんだ」

梓「そうなんですか」

律「そうだったんですよ」

律「でもそれはもう自分の中でも整理できはじめてて」

梓「はい」

律「でも、ちょっと疲れたから。私は」

律「たまにここに居るんだ」

律「だから貴重な私を梓はみてるんだぞ~」ギュ

梓「・・・・そうですね」ギュ



45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:06:45.65 ID:5DBrwr8x0

梓「先輩は嘘をつくのがうまいですね」

律「え、なに?ほめられてる?」テレテレ

梓「いや、別にほめてません」サラッ

律「ひどいな」

梓「澪先輩がすきなんてそんなのぜんぜんわかりませんでした」

律「終わったことだけどお前、これ誰にもいうなよ?」

梓「わかってますよ。誰にもいいませんよ」

律「嘘ついてるってわけじゃないけどな」

律「・・・・いつもどおりに接するだけだよ。友達として」



46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:08:15.85 ID:5DBrwr8x0

キンコ~ンカンコ~ン


律「・・・さすがにサボりが2教科目になると学校どうでもよくなるな」

梓「ですね。今もう午後の最後の授業ですし」



47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:09:13.91 ID:5DBrwr8x0

律「梓、横にならない?」

梓「いいですけど」

律「ここで横になるの気持ちいいんだ」ゴロン

梓「そうなんですか。やってみます」ゴロン




律「そら、きれいだなぁ」

梓「はい」



48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:10:56.69 ID:5DBrwr8x0

律「私のクラスは今頃、日本史なんだけど梓は?」

梓「私はたしか現国ですね」

律「現国かぁ。私にとったらラクガキの時間だな」

梓「見てみたいですね。律先輩の現国のノート」

律「私の見るなら澪の見たほうがおもしろいぞ?
  きっと痒くなるような詩がチラホラ書いてあるはずだから」

梓「なんとなく想像できますね」

律「だろ?」クスッ

律「ちなみに唯のはよだれにまみれてる」

梓「うわ・・・・それも想像できますね」ハハッ

律「ムギのノートはきれいだぞ~。
  たまに変なメモっぽいのがすみにかかれてるけど」

梓「メモ?」

律「唯のスキンシップをレベル分けしてあったりとか」

梓「そうなんですか・・・・(深くはきかないでおこう)」



49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:13:42.30 ID:5DBrwr8x0

梓「・・・・まだ澪先輩のこと好きなんですか?」

律「・・・・いや、もうそういう気持ちはないよ」

梓「それでいいんですか」

律「うん。イーんだよ」

梓「・・・・」

梓「・・・・私は」

律「ん?」



50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:15:53.46 ID:5DBrwr8x0

梓「律先輩、好きなんですよ」

律「・・・ん?」アビョーン

梓「でも、この気持ちがこれからどうなるのかわかりません」

律「ヴェ!?今の告白じゃないの!?」

梓「告白じゃないですよ。告白っぽいですけど」ハァ

梓「私、今ぜんぜん緊張もしてないし、
  この気持ちで部活がどうなるとか想像してませんでした」

梓「というか、今言うつもりもぜんぜんありませんでした」

律「え?え?好きってさ・・・恋愛感情?」ワタワタ

梓「恋愛感情ですよ」サラッ

律「そ、そうなの・・///」

梓「でも、澪先輩の話聞いて、ちょっとカチンときたので」

梓「きっとちゃんと恋愛感情です。さっき気づきました」フンス

梓「あ!」

律「え?」

梓「ってことはさっきのはやっぱ告白になるんですかね?」

律「えぇ~~~!?なにそのいったりきたり。
  なんか恥ずかしくなってきた。手はなしていい///?」

梓「ダメです」キッパリ

律「いやいや離す離す」ヨイショ

梓「ダメですってば!!」ギュ

律「痛い!!!」



51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:17:26.48 ID:5DBrwr8x0

律「なぁ」

梓「はい」

律「私のなにがいいんだ?」

梓「・・・・デコ?」

律「むーなしいのは気のせいかな?」

梓「う~~~ん・・・こういうのはきっと言葉じゃあらわせませんね」

律「そうか(じゃあデコってなんだったんだよ)」

梓「私、先輩がよくここでないてたの、知ってました」

律「」

律「見てたの・・・・?」

梓「見てたっていうか、なぜかここくるとかならず律先輩居るから。
  必然的にというか偶然的というか」

律「あらやだ。・・・なんか恥ずかしいをとおりこしてきた///」

梓「理由は知らなかったですけど、さっきわかりました」

律「(逃げて叫び倒れ悶えたい)」



52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:19:44.15 ID:5DBrwr8x0

梓「なんかさっきの悔しくなってきました。やり直します」

律「え!?///なんでお前はそんなに冷静なの?」

梓「先輩、おきてください」セイザ

律「は、はい・・・・え!?」セ、セイザ

梓「コホン」フゥ

律「(いやな汗だなぁ、おい・・・てか、なんなの?この展開は・・・)」ドギマギ

梓「正直、この気持ちのせいで
  部活の雰囲気がどうにかなるとか、知ったこっちゃないです」

律「おいおい・・・・」

梓「というか、人を好きになってて、そんなこと気にしてられないです、私は」

梓「でも、それは断られても
  それまでどおりに接することが私と律先輩ならできるって思うからです」

梓「ほかのひとならきっと無理だったと思うし。
  こんなに冷静に告白なんてしてませんから」

梓「部活に入ったことは本当に感謝してるし」

梓「あそこはもう私の縄張りの一部なので
  これから言うことできまづくなったとしても
  私は部活やめるなんてことありませんから」

律「・・・・・・」



53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:21:31.02 ID:5DBrwr8x0

梓「大好きなんです」

梓「人を好きになるって初めてですけど」

梓「すごく、心があったかくなりました」

梓「もっと一緒に居て、いろんなものを一緒に感じて。
  触れたりしたいなって思ったり、もっと声を聞いていたいなって思ったり」

梓「会ってさよならした瞬間にすぐに会って声を聞きたくなったり」

梓「うまく言葉にできない感情が溢れたり。
  不安定でなきそうになったり。でも、やたらとなんだか心強くなったり」

梓「一秒でも会いたいと思える相手が居る、
  それが恋なら、私、恋を知れてよかったです」

律「・・・・・」

梓「でも、だからって、
  律先輩が澪先輩に告白しなかったからって私はそれを責めることはしないし」

梓「私が告白をしたからって『強い』わけでも、
  先輩が告白をしなかったからって『弱い』わけでもなんでもないんです」

梓「だから、ね、律先輩」

梓「そんな風に泣かないでください」

律「・・・・ヴ・・・・ん」ポロポロ



54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:23:30.46 ID:5DBrwr8x0




梓「泣き止みましたか?」

律「はい。お手数おかけしました
  (まさか後輩の胸をかりて泣く日がくるとは)」スンスン

梓「いえいえ」トントン

律「(心地いいがはずい///)」スンスン

梓「あの、私返事きいてないんですけど」

律「え?返事、今?はやくね?(顔ちかっ///)」

梓「チッ」

律「え?今舌打ちした?」

梓「先輩」

律「は、はい」

梓「好きなんで、一緒にいてください」

律「ちょ・・・、直球ですね///」

梓「直球です」

律「ん~~~~・・・・」



55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:25:12.88 ID:5DBrwr8x0

律「つか、え?考える時間ってないわけ?」

梓「恋愛感情なんて考えてるだけ無駄ですよ?」

律「なにその自論。なんかこわい」

梓「先輩のマンホール思春期論より全然支持者はいると思います」

律「くっ・・・・(なぜか言い返せない自分がいる)」

梓「」ジー

律「・・・・」

梓「」ジー

律「・・・・///」

梓「」ジー

律「(無言の圧力だが・・・・・)」

律「(かわいいと思ってしまう自分が居る・・・///)」

律「(よくみると梓かわいいかもな)」

律「あ、っあの、さっ」

梓「なんでしょう?」

律「ちょっと話それるけどさ、
  私たち、フツーに女の子どうしの恋愛OKな上で話すすめてるよな」

梓「そうですね」



56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:27:11.59 ID:5DBrwr8x0

律「梓は・・・偏見とかないのか?」

梓「・・・先輩は偏見あるんですか?」

律「ありますぇん」

梓「ならいいじゃないですか」

梓「てか、先輩、澪先輩好きだったなら
  偏見どうたらこうたらを確認とるまでもなく
  こっちの世界の側の人間じゃないですか?」

律「世界って・・・」

律「別に私はそういう風に世界を白黒つけようとしてるんじゃなくて・・・・ただ」

律「私の場合は好きになったのが澪だったからだけだ」

律「澪とはずっと一緒にいたからな。
  なんか、澪だと女どうこうの次元を超えてるっていうか」

律「澪が女だったから好きになったわけじゃないというか、だな。うん・・・・」ウーン

梓「・・・・」

律「うん。そうだな。私は澪の人間味に惚れてたんだ
  小学生のころなんてお互いつるつるだったわけだし」

律「女としての魅力なんてあったもんじゃなかったぞ」

梓「(つるつるて)・・・・小学生の頃から好きだったんですか?」

律「え!?んぁ・・・・ま、まぁ・・・・///」

梓「はぁ・・・・」

律「なんのため息だよ」



57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:32:13.94 ID:5DBrwr8x0

梓「ヘタレが」ボソッ

律「へ、ヘタレじゃねぇよ!!!てかボソッといえてねえよ!!!!」

梓「そんなに好きならさっさといっちゃえばいいんじゃないんですか?」

律「え?いやだからそれは」

梓「小学校の頃から好きなら部活がどうとかの次元だって超えてると思いますよ」

梓「てか、部活をもっともな理由にして逃げてるとしか思えません」

律「いや、だって断られたらきまづいでしょ・・・・」

梓「きまずいとかきまずくないとかそんなこといってるうちに
  いつか本当に誰かにとられちゃいますよ?それでいいんですか?」

律「・・・・」

梓「どうせまだひきづってるんですよね」

律「いや、・・・・別に・・・・」

梓「うぜぇ!!!!」ゲシッ

律「!!いたい!!!」ドタッ

律「お、おまえ先輩にすねげりって・・・・」

梓「は?」

律「え!?いや、その」ビク

梓「ったく・・・・グダグダグダグダして・・・走るのはドラムだけですか?あ?」

律「」

律「(なにこれ)」ビクビク

梓「人がせっかく勇気だして告白したのに・・・」

律「え?緊張してないとか言ってたじゃ」

梓「緊張しないわけないじゃないですかっ!!!!!」カッ

律「ですよね」ビクビクビク

梓「しかも・・・なんで途中から」

梓「先輩の恋愛相談になってんですか・・・」

律「ははは・・・・ほんとだね・・・」

律「・・・・なんか、わるい・・・」

梓「・・・・・」ジー

律「(すんげぇ見られてる、こ、怖い)」オドオドビクビク



58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:33:14.23 ID:5DBrwr8x0

梓「先輩」

律「は、はい!!」ビシッ

梓「澪先輩に今日告白してください」

律「」

律「え・・・・?」

梓「なんかもう、そこからはじめなきゃ何もはじまんない気がしてきました」

律「え?いやいやいや、何いってんの?」

梓「告白して拒絶なりなんなりされるならそれまでの関係だってことですよ」

律「いや、無理だよ、無理無理無理。告白なんてしないっての」

梓「いつもみたいに
  あんなおちゃらけた態度をずっとつづけてても何も変わりませんよ?」

律「・・・・いや」

律「無理だってば・・・」



59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:34:18.16 ID:5DBrwr8x0

梓「人生で2、3度ぶっちゃけた日があったっていいと思いません?」

律「思いません」

梓「はぁ・・・・・」パシィ

律「え!(顔を両手ではさまれた!?)」ビク

梓「」クグッ

律「か、顔ちかづけんな!!!!!!ちちち、ちかいって!!!!///」



60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:35:13.51 ID:5DBrwr8x0

梓「逃げるな」

律「」

梓「ここで逃げたら、澪先輩との思い出、いつか全部忘れたくなる」

律「・・・・・」

梓「そんな自分自身を先輩は憎むと思う。今、今日の自分を絶対に悔やむと思う」

梓「だから、逃げないで」

梓「澪先輩なんだから」

梓「先輩がすきになったんだから」

梓「だから」

律「・・・・」

梓「大丈夫ですよ」ポンッ



61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:37:50.74 ID:5DBrwr8x0

律「・・・・・」

律「・・・・あずさは?」

梓「・・・・」

梓「私のことなんか気にスンナですよ」

律「いや、気にするって・・・・告白、してくれたのに・・・・・」

梓「ん~~~・・・・まぁ確かに、
  告白したのにその相手の恋路を手伝うってのもなんか尺にさわりますね・・・・」

律「・・・・・だろ?」

梓「じゃあ」

律「うん」

梓「断られたら付き合ってください」

律「」

律「え?」

梓「あ、先輩に拒否権はありませんから」ニコッ

律「え・・・・・?」



62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:47:02.67 ID:5DBrwr8x0

キンコ~ンカンコ~ン


梓「あ、授業終わったんで教室戻りますね」

律「いや、ちょっと待ってさっきのはちょっと」

梓「澪先輩には『律先輩が話しがあるからここに来いっていってました』
  っていっとくんで先輩はここで待っててください」

律「え?いやいや、ちょっとまってちょっとまって私も教室戻らなきゃ。
  バッグとかあるしホームルームもあるし」

梓「ムギ先輩にメールしとくんで大丈夫です。では」スタタタタ

律「え・・・・?」

律「マジ・・・?澪に告白?え?・・・・・・・」ポツン



律「はっ!!気を遠くしてる場合じゃなかった。
  澪とムギにメールしてやめてもらえばいいんだ」

律「あったまいいなぁ~私」テヘ

律「えっと、ケータイケータイ・・・・」ガサゴソガサゴソ

律「けーたいけーた・・・い・・・・」ガサゴソガサゴソ

梓「先輩なにさがしてるんですか?」ヒョコ

律「ひゃい!」ビク

律「び、びっくりしたぁ」ドキドキドキ

律「忘れもんか?」

梓「先輩のケータイは私が預かってるんで無駄です」ヒョイ

律「」

律「え?」

梓「ちなみに先輩が私の胸で泣いているときにすりました」

律「」

律「なぁ」

梓「はい?」

律「お前に惚れた弱みってあるの?」

梓「ないです」サラッ

律「ですよね~」

梓「では、告白がんばってください」スタタタタタ

律「・・・・・・」

律「オワタ」ガックシ



63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:48:28.55 ID:5DBrwr8x0

律「ん?まてよ?別に従順に澪を待つことはないんだよな」

律「・・・逃げるか?逃げてしまおうか?逃げるのか…?」グズグズ

律「いや、逃げるとかじゃなくて…だって、なあ」

律「(私はもう・・・・)」


「なにボケッとつったってんだよ」



64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:52:25.49 ID:5DBrwr8x0

律「!?」クルッ

律「み、みお」

澪「人を呼び出しといてびっくりすんな」ビックリ!

律「え!?い、いや。ちょっと気分転換に・・・な」

澪「いや、返事になってないんですけど」

律「・・・ははは(なんかテンパっててわけがわからねぇ・・・。
  てか、みお来るの早すぎるだろっっ!!!)」

澪「こんなところよく知ってたな。
  梓に言われなきゃ多分在学3年間で私は知らないままだったぞ?」

律「あ・・・!」

澪「ん?」

律「いや、なんでもない(澪にこの場所バレたじゃないか!!梓のやろう!!)」

澪「?で。なんだよ、こんなところで話って」

律「・・・・(ど、どうしよう・・・)」ドキドキ

澪「?」

澪「…それって帰り道とかじゃダメなのか?」

律「か、帰り道・・・?」ドキドキ

澪「うん。部活行きたいしさ、
  2人だけで話すなら別にみんなとわかれてからでもいいだろ?」

律「(たしかに。だが、帰り道ってどうなんだろう…?)」

律「(梓は今日中に告白しろって…
  いやいや、だから梓に従う必要はないんだってば!!)」

律「(でも…)」



65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/02(土) 13:53:12.69 ID:5DBrwr8x0

澪「りつ」

律「ん?」

澪「なにか、話たいことでもあるならさ、帰り道にちゃんときくからさ」

澪「そ、それでいいだろ?」ソワソワ

律「・・・・」

律「(こいつなんでソワソワしてんだ?)」

澪「み、みんな待ってるし、ほら、部活いくぞ」ギュ

律「!?」

律「・・・・お、おう・・・わかった・・・・・(手にぎられた)」

スタタタタタ




梓「・・・・・ばか」




関連記事

ランダム記事(試用版)




律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#1
[ 2011/04/10 15:29 ] シリアス | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1592 [ 2011/04/11 00:55 ] [ 編集 ]

梓律最高!りっちゃん受け最高!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6