SS保存場所(けいおん!) TOP  >  シリアス >  律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#4

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#4 【シリアス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301712465/


律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#1
律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#2
律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#3




170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:37:28.26 ID:ADABpJiE0







律「呼び出してないし、待ち合わせてないし、昨日の今日だし・・・・」

律「いや、でも・・来るよな・・・うん、そう、来るはずだ」

律「絶対来る・・・・」

律「・・・・」

律「そらはきれいだなぁ・・・・」



スタスタスタ  ピタ

律「」クルッ

律「やっほーーあずさぁ」

梓「・・・・いや、やっほーーじゃないでしょ」

律「・・・・ですかね?」フム

梓「そうですよ、まったく」

律「ははは、手厳しいな、梓は」ポリポリ

梓「・・・」

梓「隣いいですか?」

律「梓ならいいよ」

梓「・・・一言おおいです・・・」ストン





171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:38:49.79 ID:ADABpJiE0

律「・・・・」

律「余計な一言多いのに、肝心の言葉が少ないよな、私は」

梓「・・・・よくわかってるじゃないですか・・・」

律「今日はえらくご機嫌がわるいですな」

梓「・・・どうして昨日来なかったんですか?」

律「・・・・」

律「・・・・う~~ん・・・」

律「あのさ」

梓「はい」

律「その言葉そのまま返していい?」

梓「ダメです」

律「ダメですか」

梓「はい、ダメです」

律「・・・チッ」

梓「・・・・今、舌打ちしました?」

律「・・・してませんよ」

梓「しましたよね?」

律「・・・・してないよ」

梓「・・・したじゃん」



172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:39:55.60 ID:ADABpJiE0

律「・・・」

律「・・・昨日はさ」

梓「・・・・はい」

律「色々あったんだ。昨日ってか一昨日から」

梓「・・・・はい」

律「詳しくはいえないけど、ちょっとそれで疲れちゃってさ」

律「昨日はこれなかったんだけどさ・・・・」

律「その・・・・あのさ・・・」

律「色々ごめん」

梓「・・・・・」

律「・・・・・」

梓「・・・・・」ハア

梓「・・・それは何に対しての謝罪の言葉ですか?」

梓「私の何に対して謝ってるのかを述べてくれなくちゃ、
  その言葉は意味をなしませんよ?」

律「・・・・う~~ん」ポリポリ

律「そのですな・・・」

律「田井中さんは、
  こんなややこしくてめんどくさい状態になるまでなかなか気づけなかったんですが」


梓「はい」

律「色々とまちがいを犯していまして」

梓「・・・間違いですか」

律「・・・はい。まちがってましたな、色々」ウンウン

梓「・・・?」

律「あずさ」

梓「・・・なんですか?」

律「色々知ってたのに、私に猶予をくれてありがとう」

梓「・・・・いえ、別に」

律「こんな私のために心を殺してくれてありがとう」

梓「・・・」

律「んで、本当にごめんなさい」

梓「・・・・」

律「・・・・」



173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:43:07.40 ID:ADABpJiE0

梓「・・・・あれは」

律「ん」

梓「あれは私が勝手にやったことなので、そんな風に謝られても困りますし・・・・」

梓「先輩が謝ることではないからいいです」

律「・・・そうなのか?」

梓「でも、今回のことはあからさまに一方的に一人がちで完全勝利的に律先輩が悪いです」

律「・・・あれ?そこは『いえ、律先輩は悪くないです』じゃね?」

梓「調子のらないでください」

律「はい」

梓「先輩のこと、澪先輩のことも含めて許す気はありません」

律「・・・・そっ 

梓「だから」

律「!?」

梓「だから」

梓「私が先輩を許すまで、確実にそばに居てください」

律「・・・・!!」

梓「不安定な言葉はいらないです。行動でしめしてください」

梓「ずっと・・・・・傍に居てくだ・・さい・・・グスッ」

律「・・・梓?」

梓「私はもう・・・・グスッ・・・誰かの幸せを奪ってまで・・・グスッ」

梓「自分の幸せを・・・ねがいだ・・・ぐ・・・ない・・・グスッ で・・・す」

梓「だがら・・・願わなくていいように・・・グスッ・・・そばにいでぐだざぁぁい」

律「・・・・・」ギュ

梓「うぅうぅうううう・・」ポロポロ



174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:45:14.12 ID:ADABpJiE0






律「…おさまったかな?」

梓「な、ヒック、な、んと、か…グス」

律「…」ナデナデ

律「梓に泣かれると困っちゃうね」ナデナデ

梓「すいま、せん」グスッ

律「、大丈夫」ナデナデ

梓「…先輩も、泣いてましたね」

律「…う~ん、それは気のせいじゃないかな」ナデナデ

梓「……またそうやって」グスッ

律「……ホントにな」

梓「?」

律「・・・・」

律「梓はさ、四葉のクローバー、探したことあるか?」

梓「へ?」

律「いや、だから四葉のクローバーだよ」

梓「小さい時に・・・ありますけど・・・・」

律「じゃあ、この言葉知ってるか?

『四葉のクローバーを探すとき、三つ葉のクローバーを踏んではならない
 幸せはそのようにして探すものではない』」

梓「あ、はい、知ってますけど」

律「え」

梓「え」



175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:46:57.32 ID:ADABpJiE0

律「いや、ここは知ってても知らないっていうとこだろ!」

梓「えぇ!?いや、そんなこと言われても・・・」

律「・・・・・」

梓「し、しりません・・・」

律「だよな、知らないよな」

梓「は、はぁ・・・」

梓「・・・・」

律「・・・・」

梓「え?終わりですか?」

律「え、あ、いや・・・そんなわけじゃないんだけど・・・・」

梓「だけど・・・?」

律「えっとさ・・・」

梓「・・・・?」

律「たとえばさ、四葉のクローバー探すだろ?」

梓「はい」

律「そのときにさ」

律「三つ葉のクローバー踏んづけないように
  ビクビク足元見ながら探して見つけた四葉のクローバーってなんかこう・・・」

律「・・・・しょぼくない?」

梓「・・・しょぼいですか・・・」



176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:51:09.95 ID:ADABpJiE0

律「しょぼいってか・・・
  どうせなら、ガツンと見つけたいジャン、四葉」

律「仮に踏んづけちゃた三つ葉だって、
  そんなやわなやつじゃないって。毎年、必ず生えてるんだし」

梓「・・・・そうですかね」

律「そんなもんだよ、きっと。
  人間がいろいろ勝手に外側からみて色々窮屈に決め付けちゃってるだけだ」

梓「・・・・」

律「時間が経てば、たちあがってくんだ。クローバーも、」

律「澪も・・・きっとそうだ」

律「澪はあれでいて強いんだ」

律「私が言うんだから、絶対そうだ」

梓「・・・・」

律「今はまだ、無理かもしれないだことって時間が経てばきっとなんとかなる」

律「私がいうのもなんだけど、澪は絶対幸せになる、なってもらわないと困る」

律「三つ葉を踏んづけてでも四葉が欲しいときだってあるんだ」

律「大体、人によっちゃ四葉じゃなくて三つ葉こそ、幸せの象徴かもしれない」

律「そんな特別な幸せじゃなくていい。ありきたりな幸せでいいよ」

律「・・・・いや、幸せじゃなくてもいいよ」

律「一緒に三つ葉でも四葉でも踏んづけて誰かに怒鳴られて不幸にもなろうぜ、梓」ニコッ

梓「・・・・いうようになりましたね、律先輩」

律「だろ?」ハハハ

梓「とても澪先輩にフラれるのを怖がってた人とは思えません」

律「・・・だろ?」ハハハ



177 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 01:56:23.43 ID:ADABpJiE0

梓「なんだか、話聞いてたら悩むのがバカらしくなってきました」

律「お前はキャラが変わりすぎだもんな」

梓「?」

律「いえ。こっちの話です」

梓「そういえば・・・昨日ムギ先輩がうちに来ました」

律「そうなのか、なんだって?」

梓「えっと・・・今ここに私が居る確率は2の23乗×2の23乗分の1だそうです」

律「・・・・なにそれ・・・・」

梓「で、律先輩がここに居る確率も2の23乗×2の23乗分の1だそうです」

律「・・・・・どういうこと?」

梓「つまり、私と律先輩が今ここに居る確率は」

律「うん」

梓「奇跡ってことです」

律「・・・・」


梓をもっと強く抱きしめてみた

梓「ちょ・・・くるしぃ・・・///」



178 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:01:30.74 ID:ADABpJiE0

梓「こんなこといきなりいうのもなんですけど」

律「あぁ・・・」

梓「先輩は思春期はT字路のど真ん中にある
  蓋のないマンホールだなんて言う人なのでさっさと言っておきます」

律「うん、なんだ?」

梓「エッチは高校私が卒業するまで待っててください」

律「・・・」

梓「・・・・え、なんで黙るんですか?」

律「・・・いや、ちょっと驚いた」

梓「そうですか?」

律「・・・・うん、驚いた・・・・そっかぁ・・・」

そっか、四葉もそんな簡単に摘まれてるわけじゃないんだな

律「いいよ、わかった」

梓「・・・理由、聞かないでそんなすぐ返事していいんですか?」

律「うん、多分」

梓「多分って・・・」

律「・・・なんか疲れたな。ねっころがろうか、梓。今日は、空きれいだし」

梓「・・・・またそうやって話題を」

律「まぁまぁまぁ」ゴロン

梓「・・・・」ゴロン

律「おぉ~~、めずらしく素直だなぁ~~・・・よいしょ」

梓「・・・って]

梓「覆いかぶさられたら空じゃなくて律先輩しか見えないんですけど」

律「・・・・なぁ」

梓「・・・・はい」



179 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:14:17.77 ID:ADABpJiE0

律「私は・・・ゆがんでるかな?」

梓「それこの状況で聞くことですか?」

律「・・・・」

梓「・・・・?」

律「あー、じゃあさ、左手みて思ったけど」

律「お前さ、ギターかベースか弾けるんだろ?」

梓「・・・まぁ、けいおん部で弾いてるものですから」クスッ

律「梓とは顔合わすの、これがもう何回目かだけど、さ」クスッ

梓「はい」

律「こうしっかりと見るのははじめてかもね」

梓「そういうこといきなり言われると恥ずかしいんでやめてください」



四葉を見つけたら、どうするだろうか。
せっかく見つけた四葉をまさかそのまま見過ごす人はそうそう居るまい。

見つけるやいなや、
それを誰かにも見せたくて摘む人がほとんどだろうけど、

忘れてやいないだろうか。
摘みとってしまった瞬間から、四葉は枯れていくことを。

私は三つ葉を踏みつけて、四葉を摘んでしまった。

色々と、間違えた。ほんとに。
梓にキスをした瞬間、心からそれを思った。

でも、まぁ、いいや。


目の前には見たこともないくらい顔が真っ赤な梓がいる。

澪とではなんともなかったのに、
驚くほどに心臓が高鳴っている自分がいる。

これからきっと梓とのことで私は大変な思いとか、
窮屈な思いをするのかもしれない。

まだまだ目をそらしただけで、私の中に問題は山積みのままで
私のせいなのに、それを自分のせいだと
梓はまた自分のせいだと責めて泣くのかもしれない。


だれも答えてくれないけど、私はやっぱりゆがんでいて、
平気で人を傷つけるんだろう。

だけど、今はただ、
それでもどうしようもないくらい湧き上がってくる喜びに浸っていよう、そう思った。



180 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:21:55.08 ID:ADABpJiE0





その後の2人 律と澪の場合


律「(右肩がなんか重てぇぇ…)」

律「むっ…」パチッ

律「………(新幹線の中)」

律「(はしゃぎすぎていつの間にか寝てたみたいだ…)」ファア

律「(みんなは…)」チラ

律「(なんだ。みんなも寝てるのか)」

律「(音がしないってことはこりゃ多分たいがいのやつ、寝てるんだろ~な)」

唯「」スヤスヤダラーン

律「(よだれたらして…。唯は本当に楽しそうだったなぁ~)」

律「(なかば意識的に見なかったことにしちゃったけど、
   たまに和が唯を盗撮してたの、こいつ気づいてるのかな…?)」

律「(まぁ、深くは考えないでおこう!!)」ウンウン



182 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:22:54.25 ID:ADABpJiE0

チラッ

ムギ「シャレコウベ…」ムギムギ

律「(まさか、ムギが枕なげてくるとは)」フフッ

律「(1年の頃からは考えられないくらいムギとも仲良くなれたよな~)」ポリポリ

律「(はしゃぐムギも新鮮でなんか良かったわ)」ウヌウヌ

律「(………そんでもって)」チラッ

澪「………スゥスゥ」

律「(こいつはどうして人の肩に頭乗っけて寝てるもんかね)」

律「(優等生気取ってるみたいで楽しくないみたいに見えてたけど)」

律「(最後らへんは楽しそうに笑ってたなぁ)」

律「(澪のあんな笑顔は久しぶりに見たかもな…)」

律「……」

律「つーかさ…」

律「いつまで寝たフリしてんだ?澪」

澪「」

澪「」

澪「」

律「いや、固まらなくていいからはよ起きれや」

澪「すまん///」スクッ



183 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:25:00.78 ID:ADABpJiE0

律「あたしの肩はよく眠れましたか澪ちゅわ~ん」テヘペロ

澪「くっ///」

澪「(事実が事実だけに
   私がキレてはいけない状況だからこそ律の態度がものすごくイラつく…!!!!)」

澪「いっ、言っとくけど!!」

律「うん?」

澪「私のほうが律より先に目が覚めたんだからなっ!」クハッ

律「うんうん、それで?」

澪「」イラッ

澪「(堪えろ私!)」

澪「わ、私が起きた時にはすでに律の肩の上に私の頭はのってて」

澪「離れようとしたら、律が起きちゃったから…///」

律「寝たフリをしたと(なんとまぁ、ビミョーなタイミングで起きてしまったんだ私は)」

澪「」コクン

律「」

律「そっか…」

律「じゃあ…まぁ、いいよ…(今の頷き、かわいかった///)」

澪「す、すまん(意外とあっけなく許してくれた)」

澪「(もっと色々言われるかと思ってたけど…)」

律「………」

澪「………」




律澪「(会話続かねぇ~~)」

澪「(ハッ!)」

澪「(せっかく久しぶりに律と2人で話せてるんだからなにか話を…!!!!)」

澪「え、えっと」アセアセ

律「ん?」

澪「あ、梓は元気か!?」

律「」



184 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:28:07.34 ID:ADABpJiE0

律「え、あ、うん。多分元気だと思うけど…」

律「つか、澪もほぼ毎日部活で会ってるじゃん
  (なんでよりにもよってその話題を選ぶ!?)」

澪「いや、そうだけど。
  修学旅行中こっそり電話したりメールしたりしてた相手って」

澪「・・・・梓・・・だろ?
  (しまった…!!自分できまずくしてしまってる。そして後にひけない…)」ハハハッ

律「(バレとるがなー!!)」

律「あぁ、ええと、うん!!元気だったぞ?
  (こういうことって普通聞きたくないんじゃないのか?)」

澪「そ、そうか
  (聞きたくないけど、聞いてしまった…てか、本当に梓だったか…)」ハハハッ

律「お、おう(はずいな、おい!)」ハハハッ

澪「それはよかった(こういうことを言いたかったんじゃなくて…え~っと)」ムムム

澪「ふふ、ふふふふ。ふふ、ふだんは、梓とどんなこと話してるんだ?」ニコッ

律「(…何をパニクってんだ、こいつは)」



185 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:29:49.38 ID:ADABpJiE0

律「なにって言われてもな…普通に部活のこととか」

澪「部活のこと?」

律「うん。まぁ、主に私が梓に怒られるんだけどな。
  『明日はもっと真面目に部活してください』とか」ハハハッ

澪「(楽しそうに話すなぁ~)」ショボン

澪「てか、『してください』って、もしかして梓は律に対してまだ敬語か?」

律「え?そうだけど?」

澪「2人のときもか?」

律「う、うん。えっ?おかしいかな?」

澪「お、おかしいってか、普通付き合ったらタメ口でいいんじゃないか?」

律「」

律「マジか!?」ガーーン

澪「いや、そんな驚かれても困るんだけどな・・・・」

澪「まぁ、梓が敬語がいいなら敬語でいいと思うけど…
  そういうのは2人のもんだいだし…な…って聞いてるかー?おーい」

律「(梓が…)」

律「(タメ口…!!)」

律「(ちょっといいかも)」ドキドキ

律「(よし、帰ったら梓にいってみよう!)」テテーン

律「澪!!」

澪「うぉ!?」ビクッ

律「サンキューな!!」ニコッ

澪「」

澪「あぁ…うん(よくわからんがなんか感謝された///)

澪「(律の笑顔はやっぱりいいなぁ・・・)」



187 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:32:42.13 ID:ADABpJiE0

澪「(梓はいいなぁ…)」シュン


ムギ「…スゥスゥ」

ムギ「(澪ちゃん…なんて健気な子)」ウルッ

唯「和ちゃん…メガネがバーローみたいだよ」ムニャムニャ

和「唯……寝顔もなんてキュートぅなの…!!」パシャシャシャ

和「…っち!もうメモリー残量がないなんて!!!」

唯「……スゥスゥ(の、のどかちゃん…さすがに私でも盗撮は気づいてるよぅ)」

唯「(恥ずかしから寝返りしちゃえ)」ゴロン

和「(あっ!寝返りしたら寝顔が見れない…!!)」

和「(神は死んだ)」



188 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:34:26.84 ID:ADABpJiE0

律「(なんか後ろ側から視線を感じる…)あ~もう修学旅行も終わるんだな」

澪「うん。…楽しかったな
  (さっきまでデジカメのシャッター音がしてたけどなんだったんだ?)」

律「おぉ~楽しかったな~猿も金閣寺も見れたし」ニシシ

澪「…」

澪「…あ、あのさ…!!」ズズイ

律「ん?」

澪「お願いがあるんだけど…きいてくれるか?」ドキドキ

律「なんだよ、お願いって。神様じゃあるめーし。出来る範囲なら別にいいけど」

ムギ「(な、なにかしら…!!)」ドキドキ

澪「あ、あのな…」ドキドキ

律「うん…(え、なんだろ…)」


澪「い、いいいっしょしょしょしょしょしょに
  しゃしゃしっしんっととってくだしゃっっしゃいっっ!!!!」

律「」ポカーン

澪「」ポカーン

ムギ「(wwwwww)」プゲラ



189 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:37:04.53 ID:ADABpJiE0

律「えっ…と…」

澪「…」

律「なんて?」

澪「(めっちゃ噛んだ///今なら死ねる!!!!!)」

ムギ「(緊張しすぎて何言ったかわかんなかったわwww)」

ムギ「(ダメ!!ダメよ紬!!笑ったらダメよ!がまん、我慢よwwwwww)」


澪「」マッシロ

律「いや、噛んだの恥ずかしかったのはわかったからちょっと戻ってこーい」

澪「ハッ!」

澪「私は一体…」

律「やれやれ…で、なんだよ、頼み事は?」フゥ

澪「あ、そうだった!り、律!!」

律「はいよ。ちゃんと聞くから今度は落ち着け、な」

澪「う、うん。ありがとう。そ、そのな…」ゴクッ

律「おう」

澪「わ、私と一緒に写真撮って…ください///」



190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:38:31.72 ID:ADABpJiE0

律「……」

律「それだけ?」

澪「」コクン

律「(ちょっとよからぬお願い事を想像していた私は相当汚れてるな~)」

律「いいよ!撮ろうぜ~」

澪「い、いいのか!?」パアァ

律「いや、写真ぐらい別にいいだろ」

澪「よ、よかった」ホロッ

律「いやいやいや、泣くことじゃないだろ!?」

律「てか、新幹線の中でいいのか?なんで京都とかで言わなかったんだよ!?」アセアセ

澪「だっ、だって…」グシグシ

律「うん」

澪「あ、梓に悪いから…」

律「」

澪「でも、律とやっぱり2人で写真撮りたいって思っちゃったら…
  なんかダメで…」グスングスン

律「(たしかに、言われてみたらこの3日間のうちで
  唯とムギとは2人で写真写っても澪とは写ってないや…)」

律「(気を使わせてたのか…)」



191 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:39:44.73 ID:ADABpJiE0

唯「(う~ん、なんだかうるさいよ~起きちゃったよ)」

ムギ「(澪ちゃん………
    あ、ダメだwwwさっきの思いだしちゃたwww耐えろ耐えろwww)」プクッゥ

唯「(あれ?澪ちゃん泣いてる?てか、今ムギちゃん寝ながらオナラした?)」

唯「(えっ?なんか気まずいふいんき?どうしよう)」

唯「………」

唯「(寝よう!)」シャキーン



192 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:45:43.69 ID:ADABpJiE0

澪「律、ごめん」グスングスン

律「いや、澪は悪くないだろ…私もなんというか「

律「澪が気を使ってくれてるのわかってなかったからその」

律「ごめん」ナデナデ

澪「うん…。写真、撮ってくれる?」ナデナデ

律「うん、いいよ。撮ろうぜ!!」ナデナデ

澪「ありがとう…ていうか」ナデナデ

律「うん?」ナデナデ

澪「頭撫でられるの恥ずかしいんだけど…///」ナデナデ

律「」ハッ

律「す、すまん///ちょっと、その…くっ癖で///」

澪「うん(気持ちよかったからいいんだけどな…癖か…梓)」


律「ムギと唯が起きたらめんどいからさっさと撮っちゃおーぜ」

ムギ「スゥスゥ(残念!私起きてる!!)」

唯「クゥクゥ(私も寝れなくて起きてる!!)」

律「あ、入りきれてねぇよ、澪、もうちょっとこっちだ」

澪「え・・・あ、う、うん////」

律「じゃあ、いいか?」

澪「う、うん」

律「ハイ、チーズ」

澪「・・・・ず」

パシャッ



193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:50:19.14 ID:ADABpJiE0





最後に2人 律と梓の場合





律「うっひょ~~~!!!!見てみろよ、梓!!海がキラキラしてるぞ~~~!!!!!!」

梓「……そうですね…」

律「ん?なんだよ、お前が乗りたいって言ったんだぞ」

梓「え?いや、はい。海、きれいですね…!!
  ほんと、遠くにある船までみえるなぁーっと」

律「なんだ、その棒読みは」

梓「スルーでお願いします」

律「ん?まぁ、いいか。
  しっかし、ほんと、きれいだなぁ~!あと、敬語戻ってるぞ!!」

梓「……そんなにきれい?」

律「うん」

律「きれいだよ。梓もそう思うだろ?」

梓「……」

梓「うん、そうだね。こんなきれいな海は」

梓「…久しぶりかもしれない」



194 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:51:44.11 ID:ADABpJiE0

律「きれいだ…ほんと、きれい。言葉じゃ表せないよ」

律「あえて言葉にするなら…」

律「人がゴミのようだ」

梓「言うと思った」

律「人はちっぽけだなー」

梓「なー」

律「梓」

梓「はい」

律「この景色、忘れないよ」

梓「どうかなぁ…」

律「いや、忘れないって!!」

梓「そうですか」

律「うん。写真は撮らないけど、こんだけきれいなんだ」

律「きっと、いつだって思い出せるよ」

梓「そんなに?」

律「うん。そんなにだよ」

梓「…なら」

律「ん?」

梓「乗って、よかった」

律「うん」

梓「もうてっぺんだね」

律「だな」



195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:52:35.06 ID:ADABpJiE0

律「登るのが一定の速度なら降りるのも一定の速度のはずなのに、
  てっぺんこえるとなんか違うよな」

梓「もう、さっきの高度からの景色を見ることができないね」

律「ほんの1秒前がもうすごく遠いな…」

律「さっき、同じ高さからの景色、見たはずなのにな…」

梓「…」

梓「でも、まだ全然きれいだよ、景色」

律「…うん、きれいだな。夕陽がちょうど射し込んで、少し眩しいけど」

梓「…」

律「…」

梓「また乗れば、同じ景色が見れるから大丈夫」

律「うん、そうだね」

律「でも」

梓「うん?」

律「今と同じものを同じように梓と見れるわけじゃないからさ…」

律「今は、この景色だけ覚えておくよ」

梓「そっかぁ」

律「うん」



196 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:53:43.12 ID:ADABpJiE0

梓「もう陽が沈むね」

律「はやいね」

梓「空も船も遠くなって…」

律「まるでゴミのようだ」

梓「それはちょっと違うと思うな」

律「そっかぁ」

梓「もうすぐ終わるね」

律「意外と早かったな、1周」

梓「律」

律「ん?」

梓「私も忘れないから」

律「うん」

梓「律はどんどん忘れていいよ」

律「・・・・」

律「…私の記憶力はニワトリか!?」



197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:57:09.63 ID:ADABpJiE0

梓「写真に撮らないと人の記憶なんて曖昧だから、さ」

律「…写真に残すことが正しいわけじゃないさ」

梓「そう思う?」

律「思うよ。写真はどんどん色褪せるけど」

律「記憶はどんどん美化されてきれいなままだからな」

律「・・・・むしろ今見てる景色以上にきれいになるかもしれない」

梓「それ、ダメじゃん」

律「ダメじゃありません!」

梓「…ニワトリ」

律「…やかまし」

梓「あ、…もう下ついちゃった。本当に早かったな、1周」

律「降りるぞ。気をつけてな」

梓「はーい」

律「あずさ」

梓「?」

律「好きだぞ?」

梓「私もです」







おわり



198 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 02:58:36.36 ID:ADABpJiE0

やっぱ読みづらいssでしたな
こんな時間まで読んでくれた人、ありがとうございました




199 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州):2011/04/03(日) 03:08:52.80 ID:odWbTARAO

激乙!
地の文も読みやすかったし良かったよ。
猫梓、ヘタレ律、意地悪唯、澪ムギもみんな可愛かった。
同じ世界観で続き期待



200 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(宮崎県):2011/04/03(日) 03:28:47.19 ID:f8SImmz10


かんどーした



201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/04/03(日) 11:47:55.93 ID:wCwplqXxo

おつおつ
澪ちゃん切ない…



202 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/04/03(日) 12:38:35.03 ID:2fUWTGoDO

これからも澪は律を想い続けるんだろうな。

おつ!



203 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/04/03(日) 12:46:43.79 ID:jrpcpbO+o

読みづらくはなかったが色んな意味で感情移入できなかった
次も頑張って



204 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/03(日) 15:30:25.70 ID:P0+7DXYeo

やっと読み終えた……
自分の幸せが他人を不幸にし得るという考えさせられる内容だった
むしろモブの澪ちゃん良い子過ぎ唯ちゃん可愛すぎ乙!



205 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2011/04/03(日) 17:15:08.79 ID:gvpHghwao

最高だった
切ねえなぁ・・・



206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(和歌山県):2011/04/04(月) 22:29:42.38 ID:G9pnPoMD0

この切なさがたまんねえよ



207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州):2011/04/05(火) 00:10:28.03 ID:cNHhXb0AO


澪ちゃん…





208 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:13:01.00 ID:as1ldf/r0

駄文、読んでくれたみなさん、ありがとうございました。
ちょっと、おまけを口直しにでもどうぞ。
あっさり目に作りました。 



209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:14:18.74 ID:as1ldf/r0

おまけ 

律「澪!そっちじゃないって!!」


律『もしもし』

梓「はいはい。なにかあった?こんな時間に電話とか」

律『なぁ、おまえグローブもってる?』

梓「・・・なんて?」



210 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:14:50.31 ID:as1ldf/r0

律『いや、野球のグローブもってるかってきいてる』

梓「もってないよ」

律『なんで!?』

梓「いや・・・・、そんな驚かれても・・・野球興味ないし・・・」

律『じゃあ・・・聡のやつも持ってくか!!』

梓「・・・なんなの・・・・一体・・・・」

律『キャッチボールするからいつもの公園集合な!』

梓「え、キャッチボールとかしないよ?つき指するもん」

律『そこはつき指しないようにがんばんな!!』

梓「焼けるからやだ」

律『夕方なら昼間よりましだろ!!
  お前が焼けるからこちとらこんな夕暮れまで待ってたんだぞ?』

梓「えぇ~・・・・」

律『つべこべゆーなよ!絶対するからな!!じゃあ、またあとで!!』ブツッ

梓「わがまま・・・」ツーツー

梓「絶対、昼に高校野球みててしたくなったんだ・・・・」ハァ



211 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:15:18.89 ID:as1ldf/r0




律「よーあずさーーけっこうはやかったなぁ~~!!」

梓「・・・・」チャリン

律「自転車はそっちにとめとけ!ケガしたらこまるからな!!」

梓「・・・・なにか言うことは?」

律「ん?」

梓「夏の夕方に自転車こいで公園に呼び出された彼女になにか言うことは?」

律「あぁ・・・、きてくれて、ありがとうな!!」ニコッ

梓「・・・よし、許す」



212 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:15:54.38 ID:as1ldf/r0

律「ほれ!」ポンッ

梓「うわっ」

律「聡が小学生のときに使ってたやつなんだけど、それでサイズ合うだろ?」

梓「(小学生・・・・でも、)うん、ぴったり・・・」

律「さすが私!梓の手のサイズわかってる!!」イエーイ

梓「律はキャッチボールしたことあるの?」

律「おう、小学生のときとか、よくしたよ」

律「み・・・聡と!」ハハハ

梓「ふ~ん」

律「梓は?」

梓「私は・・・体育でソフトボールぐらいしか経験ないよ」

律「そうなんだ、まあ、いいさ、同じようなもんだろ」

梓「さあ・・・わかんない」

律「まぁ、はじめよーぜ!梓、そっち行って」

梓「はいはい」スタタタタ



213 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:16:29.00 ID:as1ldf/r0

律「んじゃ、いっくよ~~」ポーンッ

梓「ちょっと!?どこなげてるの!?」タタタタタタ

律「ははは・・・・ごめんごめん」

梓「ったく・・・・あ、あった・・・・いくよーー」

律「バチコーイ」

梓「ほっ!!」シュン

律「おう!?」バシッ

律「・・・おまえすげぇな・・・私ほとんどグローブ動かさなかった・・・」

梓「え、・・・キャッチボールってそんなもんじゃないの?
  相手のとこに投げ返すんだから」

律「そ、そうか、そういうもんか、なるほど!!」

律「じゃ、いくぞ~~」ポーン

梓「・・・・・あっ」タタタタタ

律「すまーん、あずさー」

梓「いいよー・・・あ、あった・・・いくよー」ブンっ

律「おうぅ!!!」バシュッ

律「へへ、なげるぞー」ポーン



214 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:16:58.52 ID:as1ldf/r0

梓「・・・・」

律「あ、すまーん。変な方向いった」ハハハハ

梓「・・・・」スタスタスタ シュッ

律「おっ!!いい音!!」ボスンッ ポーン

律「あ、また変な方向いったーーー」ハハハハ

梓「・・・・」

梓「ねぇ、さっきから私の位置わかってる?
  全部私の右側にいってるんだけど・・・」

律「ん?なんだってー?もっとおっきな声でないときこえねーよぅ」

梓「こ の ノ - コ ン ヤ ロ ー !!!!!!!」

律「なんだとーーーー!?」

梓「なんだと、じゃないよ!!私最初から一回もボール捕れてないんだけど!!!」

律「でも、ボール投げあってるんだからキャッチボールできてるだろ?」

梓「こんなのキャッチボールじゃない、
  律がボール投げて私がそれ拾って渡してるだけから!!!」

律「まじかー、なんかお前犬みたいだな」アッハッハッハッハ

梓「うがーーーー」ブンッ



215 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:17:37.33 ID:as1ldf/r0

梓「あ!しまった変な方向に!?」

律「おっとっと!」タッタッタッ

パシッ

律「ほいっ!」ブイッ

梓「・・・・捕るのは、うまいじゃん」

律「へへへ・・・・だろ?
  投げるのへたくそなやつとしてたから捕るのはうまいんだ」

律「そのぶん、投げるのがちょっと苦手かも・・・・
  捕るのも苦手なやつだったから、ホイッ!」ポーン

梓「あ・・・・」

パシッ

梓「・・・捕れた」

律「うん、梓のとこに投げるコツさえつかめれば、こんなもんよっ!!」

梓「そか」

律「おう!」

ポーン パシッ シュッ ドンッ!! ポーン パシッ

梓「りつ、キャッチボール楽しい?」

律「うん!楽しい!!!」

梓「んじゃ、よかった」」ボソッ

律「なんか言ったかー?」

梓「なんでもなーい、いくよー」

ポーン



216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県):2011/04/06(水) 16:18:09.58 ID:as1ldf/r0



ほんとにおわり

駄文しつれいしました。




217 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/04/06(水) 17:18:21.74 ID:2p5AyDTvo

律の中で生き続けてるんだねぇ(´;ω;`)



218 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州):2011/04/07(木) 21:26:56.35 ID:94gFjyBAO

待ってた!

しかしますます切なくしてどうする





関連記事

ランダム記事(試用版)




律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」#4
[ 2011/04/10 17:09 ] シリアス | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:1629 [ 2011/04/15 10:15 ] [ 編集 ]

未成年のころにした恋を思い出して胸が痛くなった。
律梓の長編ってひさしぶりな気がする
唯の台詞とか広く解釈する余地があるけど、色々考えるとまた切なくなる

とても良かった。また一つ 取って置きのお気に入りが増えたよ

タイトル:
NO:1662 [ 2011/04/20 16:31 ] [ 編集 ]

律梓タグつかないのかしらん

タイトル:
NO:1664 [ 2011/04/21 10:40 ] [ 編集 ]

律澪も多かったのでつけてないです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6