SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  紬「超特急ヴェガ?」#11日目 前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「超特急ヴェガ?」#11日目 前編 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301931951/


紬「超特急ヴェガ?」#index




790 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:35:45.65 ID:VOamOZUzo


8月11日



***「あなた---を----」

「・・・むずかしいです」




紬「・・・」

梓「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

紬「・・・結局唯ちゃんの部屋で寝たのね・・・」

梓「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

紬「・・・ふぁ」





791 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:36:26.21 ID:VOamOZUzo



『それを、自分を信じろよ』

澪「・・・うん」

スチャ

澪「・・・」

ギュ

プチッ

澪「え・・・」



792 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:36:56.72 ID:VOamOZUzo


ガチャ

澪「・・・」

バタン

澪「・・・はぁ」

紬「おはよう、澪ちゃん」

澪「あ、むぎ・・・おはよう・・・」

紬「・・・どうしたの?」

澪「なんでもない・・・」

紬「あら、ペンダントは?」

澪「これ・・・取れちゃった」

紬「あら・・・」

澪「・・・」

紬「貸して?」

澪「・・・どうするの?」

紬「直します!」

澪「でも・・・」

バシッ

紬「だいじょーぶ!」

テッテッテ

澪「奪い取った・・・」

紬「先に食堂車行ってて~!」

律「・・・どうした・・・ふぁ~」

澪「ペンダント壊れたんだけど・・・」

律「え・・・」

澪「むぎが直すと言って走って行った」

律「そっか・・・。朝から元気だな・・・」

澪「・・・接続部分が取れたから、どうにもならないと思うんだけどな」

律「どうにかなるかもしれないから、むぎが走ったんだろ・・・ふぁ」

澪「・・・」



793 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:37:23.87 ID:VOamOZUzo


律「あ、ごめん。揚げ足取りみたいな事言って・・・」

澪「ううん」

タッタッタ

律「あれ?もう直ったのか・・・」

紬「澪ちゃん、ブレスレットになるかもしれないけど、いい!?」

澪「え、あ、うん」

紬「分かった!」

タッタッタ

澪「・・・」

律「車掌さんに相談してんのかな?」

澪「・・・そうかも」

タッタッタ

律「元気だなぁ」



794 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:38:16.40 ID:VOamOZUzo



車掌「10時に開きますから・・・12時の出発まで間に合うかどうか・・・」

紬「京都から大阪に送る事は・・・」

車掌「できますよ」ニコ

紬「よ、よし!」

車掌「あ・・・」

紬「澪ちゃんに確認してきます!」

ゴンッ

紬「~っ!」

澪「~っ!!」

車掌「だ、大丈夫ですか?」

律「なにやってんだよ・・・」

紬「澪ちゃん・・・?」ヒリヒリ

澪「むぎ・・・」ヒリヒリ

紬「ごめんね、澪ちゃん・・・大丈夫?」

澪「あ、あぁ・・・」

車掌「・・・」ホッ

律「よかったな」

澪「うん・・・。車掌さん、お店を教えてください」

車掌「少々お待ちください」

紬「唯ちゃんとあずさちゃん起こしてくるわね~」シャランラ

律「・・・私も行くよ」

紬「?」

律「食堂車で待ってるからな~」

澪「うん・・・」



795 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:40:19.97 ID:VOamOZUzo


紬「どうしたのりっちゃん」

律「ん~、もうちょっとで澪が進化しそうだからな~」

紬「そうなの?」

律「なんつって~」

紬「うふふ」

スタスタ

律「むぎ、梓の部屋ここだぞ?」

紬「唯ちゃんの部屋にいるのよ~」

律「?」

コンコン

「・・・」

紬「まだ寝ているのね~」

律「なるほどぉ~」

ガサゴソ

紬「カメラを出してどうするの?」

律「まぁ、いいからいいから」ウシシ

コンコン

「・・・はっ!」

「ん~・・・」

「ちょっ、離してください!」

「ん~、あずにゃん・・・どうしてここに!?」

「いいから、離してくださいー」

律「なにやってんだ」

紬「うふふ」

コンコン

「むぎ先輩ですか?」

紬「そうよ~」

「・・・」

「どうして開けないの、あずにゃん」

「律先輩いますか?」

紬「えぇと・・・」

律「いない、いない」ヒソヒソ



796 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:41:19.68 ID:VOamOZUzo


「りっちゃんがいたらダメなの?」

「ダメじゃないですけど、激写ー!とか言って撮られそうです」

「しそうだよね~」

紬「なるほど」

律「ぐっ、開けろー!」

ガチャガチャ

「暴挙にでましたね」

「いたんだ、りっちゃん」

律「いたら悪いかコンニャロー!」

小麦「朝からうるさいよー」ボケー

エレナ「元気な証拠ですワ」

律「こ、小麦の頭が・・・!」

「ど、どうしたの!?」

「喰い付かないでください」

小麦「ん~?」ボケー

紬「アフロになってるわ~」

エレナ「そうですネ」

ガチャ

唯「ど、どこ!?」

パシャ

律「なんで顔にタオル巻いてんだよー」

梓「バレバレですよ」

唯「アフロじゃないじゃん!」

紬「うふふ」

小麦「アフロしないよ~」ボケー

エレナ「小麦は、低血圧ですネ」

パシャ

律「それはそれで面白い格好なんだよ、梓」ウシシ

梓「しまった!」

バタン

唯「ちょっとあずにゃんー!私の部屋だよー?」

ドンドン

「あ、すいません」



797 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:42:27.05 ID:VOamOZUzo


澪「なにしてんの・・・」

紬「あ、澪ちゃんどうだった?」

澪「うん、後で行って来るよ」

紬「そう、よかったわ」

エレナ「カメラ持って来るの忘れマシタ」

紬「うふふ」

修治「騒がしいですね」

律「おはよ」

小麦「おはよ~」ボケー

修治「みんなおはよー。エレナ、今日は無し?」

エレナ「小麦と寝坊してしまいマシテ」

修治「そっか・・・」

澪「この前言ってた空手?」

修治「そう・・・ふぁ」

エレナ「今日に限って寝坊ですカラ~」

澪「じゃあ、今からでも!」

律「外、結構人いるぞ?」

エレナ「そうですネ」

澪「あ・・・そっか」

小麦「みんなのこれからの予定は~?」ボケー

紬「ごはん食べた後に・・・」

澪「ペンダントの修理に・・・」

小麦「え?」

エレナ「目が覚めましたネ。ペンダント壊れましたカ?」

澪「うん、ブレスレットにしてもらおうと思っていたところ。・・・ほら」

小麦「ほんとだ~。エレナ・・・」

エレナ「任せるでゴザルヨ」

小麦「澪ちゃん、借りるね~」

エレナ「早速修理ですワ」

修治「すげえな」

紬「ほんとね~」



798 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:43:18.72 ID:VOamOZUzo


澪「あ、ありがと・・・」

小麦「ご飯食べ終わった頃にもっていくよ~」

エレナ「先に行くとイイネ」

テッテッテ

修治「散歩でもしてくるか・・・。じゃね」

律「あぁ・・・。なんかバタバタしてんな」

紬「進化できた?」

律「もうちょっと・・・だな」

澪「なに?」

律「なんでもなーい」

紬「あら、唯ちゃんたちは?」

澪「梓はこそこそと出て行ったけど」

律「・・・」

紬「唯ちゃんは中ね」

コンコン

「先に行ってて~」

紬「は~い」

澪「梓も後でくるかな。先に行ってようか」

律「そうだな」



799 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:44:41.49 ID:VOamOZUzo


けさみ「いつものでいいですか~?」

律「よろしくー」

紬「えぇ」

澪「はい」

けさみ「唯さんと梓さんはどうします?」

律「後で来るから、今のうちに注文とっておいてください。いつものでオッケー」

けさみ「かしこまりました~」

紬「今日は、比叡山よ!」

律「そうなのか?」

紬「いぇ~す」

澪「むぎ、さっきは」

梓「おまたせしました」

律「普通かよ」

梓「変化を求めないでください」

紬「昨日が特別だったのよね~」

梓「そうです」

澪(後でいいか・・・)

梓「律先輩、カメラ汚れてますよ。貸してください」

律「はいはい。カメラのデータを消そうという作戦ですね」

梓「・・・」

紬「守りは堅いわ、あずさちゃん」

澪「律は賢いからな・・・。山で一番」

律「猿か!」

梓「律先輩、今日もかっこいいです」

律「ふふっ・・・梓も見る目があるじゃないか」サラサラ

梓「カメラ貸してください」

律「私はアホか!」

紬「りっちゃん」

律「お、なんだ?むぎ」

紬「・・・」

律「作戦無かった!」

澪「・・・」

律「澪も乗れよ!」



800 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:46:03.99 ID:VOamOZUzo


梓「うーん。律先輩が私にカメラを渡す方法・・・」

律「それを口にしたら渡す確率低くなるだろ」

唯「りっちゃんは色気より食い気だよ、あずにゃん」

律「もう渡さねえ」

唯「へへ、旦那。これがお冷です」

律「一杯で充分だぞ」

紬「これが割り箸です」

律「食べ物よこせ!」

澪「これがカメラです」

律「いつの間に!」

梓「っ!」サッ

唯「っ!!」サッ

紬「うふふ」

律「むぎ・・・、それ私のだぞー」

梓「むぎ先輩・・・なんでも一つだけ願い事を叶えます」

唯「よく分からないけど。参加してます」

澪「どうしてむぎが取ったんだ・・・」

紬「一枚だけ消すのは?」

律「うむ、いいだろう」

梓「むぎ先輩、指が滑ったりして二枚削除していいんですよ」

澪「梓・・・」

紬「りっちゃん、他の写真みてもいい?」

律「いいぞ~」

唯「私もみせて~」

梓「どれどれ」

ピッ

ピッ

紬梓「「 あ・・・ 」」

律「ん?」

澪「どうした?」

唯「名古屋城のライブ写真だよ~」

律「あ、さわちゃん私のカード持って行ったのか・・・」

澪「私にも見せて」

紬「はい、どうぞ」



801 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 21:47:36.85 ID:VOamOZUzo


梓「ちょっと照れますね」

澪「こんな表情で演奏してたのか・・・」

律「本気で楽しんでたからな~」

紬「そうね~」

梓「はい」

唯「楽しかったね~」

澪「うん、楽しかった」

律「・・・」

唯「・・・」

紬「・・・」

梓「次は私が見る番です」

律「そうはいくかっ」

澪「あ・・・」

梓「・・・」

唯「あずにゃん、後でバナナ買って来ようよ」

律「絶対、消さないからなー」

梓「唯先輩っ!」

唯「えぇ~」

けさみ「お、おまたせしました」

その子「なかなか割り込めなかったので・・・」

律「すいません、うちの子たちが」

唯「すいやせんね~えへへ」

梓「後でカメラ獲ります」

律「物騒だぞ、梓」

澪「・・・」

紬「澪ちゃん・・・」



802 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:10:46.99 ID:VOamOZUzo


修治「・・・」モグモグ

唯「修治くん?」

梓「どうしたんですか?」

修治「うん」モグモグ

律「そうかー!」

澪「通じたんだ・・・」

修治「・・・ごくごく」

紬「どうして外で食べてるの?」

修治「・・・っ」ゴクリ

律「そうだな・・・」

修治「なにを理解した!?」

唯「どうしたの?」

修治「エレナが探してたよ。秋山さんに渡すからと」

澪「ほ、本当?」

修治「うん。出来たって、はしゃいでた」

紬「もうできたのね~」

律「仕事はやいな」

修治「外で食べると爽やかな気分になるから」

梓「陰鬱だったんですか?」

修治「・・・うん」

律「どうせ怖い夢みたとかだろ」

修治「・・・違うよ」

紬「どうしたんですか?」

唯「どうしたの?」

修治「・・・」

澪「なにかあった?」

修治「・・・」アセアセ

律「・・・」ジー

修治「・・・」タラタラ

梓「冷や汗かいてますよね」



803 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:11:53.93 ID:VOamOZUzo


修治「ご、ごめんなさい」

唯「どうして謝るの~?」

律「・・・」ジー

修治「・・・そんなに心配されるとは思ってなくて」

律「おらぁ!」バシッ

修治「いったぁ!」

紬「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・あ」

エレナ「オー!ミオさん、グッドタイミングですワ」

小麦「あ、いたいた~!」

エレナ「これでどうデスカ?」

キラキラ

澪「わぁ・・・」

小麦「商売品で一つ売れないのがあってさぁ~、それを改造したの!」

唯「おぉ、かっこいいよ小麦ちゃん!」

小麦「えっへへ~、エレナと培った技術だよ~」

エレナ「そうですワ」

澪「・・・」

小麦「あれ?ブレスレットは嫌だった?」

エレナ「イヤリングがヨカッタですカ?」

澪「ううん。嬉しいよ・・・。ありがとう」

ギュッ

小麦「そ、そんなに喜んでくれると・・・」

エレナ「嬉しい反面トマドイますワ」

律「特別な物だったからさ」

紬「えぇ・・・」

小麦「えっへへ~」

エレナ「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

修治「・・・」モグモグ

小麦「修治くんまだ食べてるの~?」

エレナ「行きますワ!」



804 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:12:58.23 ID:VOamOZUzo


修治「うん」モグモグ

律「どこ行くんだ?」

小麦「比叡山!」

澪「一緒に行こう!」

律「・・・!」

紬「りっちゃんさん嬉しそう~」コノコノ

律「むぎさんこそ~」コノコノ

梓「どうしたんでしょうか」

唯「分からないけど、みんなで行こう~!」

エレナ「旅は道連れ世は情けネエですネ」

澪「世は情けだよエレナさん」

エレナ「ソーなんですカ?」

修治「・・・」モグモグ

律「さ、行こうぜー!」

唯「ゴーゴー!」

紬「ごぉー!」

梓「行きましょうー!」

小麦「賑やかだね~」

エレナ「旅はこうでなくちゃいけませんネ」

澪「よしっ!」グッ

修治「ちょ、ちょっとまって置いてかないで!」



805 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:14:47.69 ID:VOamOZUzo


―――――比叡山

シャワシャワシャワシャワ

梓「セミの声すごいですね・・・」

唯「う、うるさいくらいだよ~」

律「おぉー!立派な建物だぜー!」

紬「ほんと~!」

修治「これこれ、落ち着きなさい」

小麦「わ~!お参りしていこうよー!」

律「よっしゃー!」

紬「行きましょー!」

唯「いいよね!」

修治「一番に鈴鳴らす!」

タッタッタ

律「きったねえ!」

小麦「ずるいよー!」

唯「ずるい~!」

紬「うふふ」

タッタッタ

エレナ「しょうがないですネ~小麦は」

梓「先輩方元気ですね」

エレナ「ミナサン楽しくていい人たちですワ」

梓「むぎ先輩はそういう人です」キリ

澪「り、律も唯もいいヤツですよ」

エレナ「アッハッハ、それは分かりますヨ~」

澪「・・・」

エレナ「本当に困ったとき、助けてくれる。そんな人は中々いませんヨ」



806 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:15:17.37 ID:VOamOZUzo


梓「そうなんですか?」

エレナ「世界中を旅してきましたけど、そんな人にめぐりあう機会は無かったネ」

澪「・・・」

エレナ「しかし、仙台で小麦が声をかけてきてくれてワタクシの世界が変わったヨ」

澪「・・・!」

エレナ「金沢でも、ワタクシのバイトのフォローをしてくれた
    ツムギさんにはとても助けられたネ」

梓「・・・そんな事が」

エレナ「日本に来て、とてもヨカッタですワ」

澪「うん、私もエレナさんに会えてよかった」

梓「私もです」

エレナ「ワタクシもミナサンに出会えて嬉しいヨ!」

唯「あずにゃーん!」

梓「どうしたんですかー!」

紬「風音さんがいるわ~!」

梓「行くです!」

タッタッタ

澪「しょうがないな・・・」

エレナ「日本は居心地が良くて、夢を諦めてしまいそうになりますワ」

澪「エレナさん・・・?」

エレナ「サァ、ワタクシたちも行きますネ!」

澪「う、うん」



807 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:16:47.79 ID:VOamOZUzo


ピノ「ピピッ」

風音「遊んできていいのよ?」

ピノ「ピッ」

風音「どうしたのかしら、いつもならすぐ遊びにいくのに・・・」

唯「どうしたんだろ?」

紬「甘えているように見えるわ~」

律「怖がってんじゃないか?」

風音「怖いの?」

ピノ「ピピッ」

風音「神様がいる所だから、遊べない・・・そうです」

唯「な、なんと!」

紬「そうね~、お寺だからよね」

梓「ピノの言葉分かるんですか?」

風音「なんとなく・・・ですけど」

唯「す、すごい!意志の疎通だよ!」

律「すっげえ!」

梓「おぉ」

風音「でも、よく分かりましたね。甘えているのと怖がっているのと」

律「私もなんとなく、なんだけどな」

紬「私も~」

風音「そうですか。優しいんですね。ピノが懐くはずです」

律「いやいや」エヘヘ

紬「そんな~」エヘヘ

唯梓「「 ・・・ 」」

風音「ここ、ちょっと寒くありませんか?」

紬「そうかしら?」

律「暑いよ」

風音「なんだか背中がゾクゾクしてて」

梓「あ、歴史がありますからね」

澪「みんな、ここでなにを」

風音「そうですね、織田信長が行った事がありますからね」

律「幽霊とかいるかもな」

澪「ヒァッ」



808 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:17:40.11 ID:VOamOZUzo


律「あ、タイミング悪いヤツだなー」

風音「どうしたんですか?」

唯「澪ちゃん、昔の事だからもういないよ」

紬「そうよ、澪ちゃん」

澪「ほ、ほんと?」

律「そうだぞー、もう思い遺すことはなくなって成仏したんだ」

澪「そ、そっか。なんだ・・・」

律「多分な」

澪「ヒァッ」

唯「もぉー、りっちゃん~」

律「あー、ごめんごめん」

ピョン

梓「あ・・・」

ピノ「ピピッ」

唯「おぉ、澪ちゃんの肩に・・・」

澪「あ・・・ピノ」

ピノ「ピッ」

風音「ふふっ」

紬「元気付けているようね~」

修治「おぉ、本当だ」

唯「どこ行ってたの~?」

修治「中涼しいよ。行ってみたらいいよ、中に小麦とエレナもいるから」

紬「行きましょう~」

梓「そうですね、涼んでいきましょう」

唯「アイスは無いの?」

修治「残念だけど・・・」

澪「あっはっは」キラキラ

律「一転して嬉しそうだな」



809 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:18:41.32 ID:VOamOZUzo


修治「秋山さーんっ」

澪「?」

修治「しーっ」

澪「??」

修治「こっちきて」ヒソヒソ

澪「・・・?」

テッテッテ

修治「みんなは?」

澪「自由時間としてバラバラで行動してるよ」

修治「チャンス」

澪「なにが・・・?」

修治「付いてきて」

タッタッタ

澪「?」

タッタッタ



810 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:19:20.93 ID:VOamOZUzo


澪「ここは?」

修治「人があまり近づかない場所だよ」

澪「・・・?」

修治「・・・」

澪「どうしたの鳥羽さん?」

修治「勝負!」ビシ

澪「え!?」

小麦「やあっ!」

ドカッ

修治「あいたぁ!」

エレナ「しょうがないですネ」ヤレヤレ

澪「小麦とエレナさん・・・?」

小麦「今日できなかった組み手やるんだよ~」

エレナ「そうですワ」

澪「ど、どうして私を呼んだの?」

修治「あれ?興味あると思ったんだけど・・・」

小麦「なーんだ、修治くんの思い違いか」

エレナ「修治サン読みはアテになりませんネ」

澪「・・・」

修治「ま、いいじゃん。さ・・・今日の分やろう」

エレナ「そうですネ」

小麦「頑張って~。澪ちゃんも見ていきなよ。面白いよ」

澪「う、うん・・・」

「・・・」




修治「よろしくお願します・・・」

エレナ「・・・ありがとネ」

修治「なっ! まだ終わってない!」

エレナ「そうですネ。行きますワ」

修治「っ・・・」

シュッ

エレナ「・・・ッ」

バッ



811 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:20:33.63 ID:VOamOZUzo



澪「す、すごい」

小麦「修治くん学校で運動系の部活やってるみたいでさ、飲み込みはやいんだ~」

澪「そ、そうなんだ・・・」

小麦「エレナは全部寸止め。修治くんは当てるつもりで挑んでいるんだよ」

澪「あ、危ないよ!」

小麦「当たればね~。エレナの強さ知ってるから本気なわけだし」

澪「で、でも」

小麦「エレナは遊びでやってないよ。真剣に修治くんと向き合ってる」

澪「・・・!」

小麦「だから、二人を信用して見ていられるんだ~」

澪「・・・」

「・・・」





修治「・・・っ」

ザッ

エレナ「・・・ッ!」

シュッ

修治「!」

バシュッ

エレナ「・・・」

修治「あぶね・・・」

エレナ「避けましたワ」

修治「・・・ッ!」

シュッ

エレナ「・・・!」



812 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:21:10.50 ID:VOamOZUzo



小麦「でもね・・・」

澪「・・・?」

小麦「二人とも私になにか隠しているようでさぁ」

澪「隠している?」

小麦「うん・・・。気のせいかな」

澪「・・・」

「・・・」




エレナ「そろそろ、終わりですワ」

修治「っ・・・」

エレナ「そんな顔しないネ」

修治「行くよっ」

バシュッ

エレナ「・・・!」

修治「・・・ッ!!」

バッ

シュッ

エレナ「ッ!」

バシィン

エレナ「お見事ですワ」

修治「気を抜いた・・・!」

エレナ「イイエ」



813 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:21:56.01 ID:VOamOZUzo


澪「あっ!」

小麦「すごいエレナにガードさせた!」

澪「・・・」

小麦「すごいすごい!」

エレナ「小麦ー!ワタクシたちの飲み物買ってきてくれませんカー?」

小麦「おっけー!」

タッタッタ

修治「・・・」ムス

エレナ「ワタクシは本気でしたヨ?」

修治「小麦をみただろ・・・」

エレナ「アッハッハー、バレましたワ」

修治「ちぇー」

澪「カッコよかった・・・」

エレナ「恐れいるヨ」

「・・・で、なんで澪だけ呼んだんだよ?」

修治「げっ!」

澪「り、律・・・」

エレナ「オー」

修治「律に見られたくなかったからだよ」

律「なんでだよ」

修治「・・・茶かされる」

澪「律は」

律「バーカ!」

修治「ぐっ」

エレナ「修治サン」

修治「ん?」

ダキッ

澪「!」

律「!」

修治「エ、エレナ!?」



814 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:22:52.44 ID:VOamOZUzo


エレナ「・・・ありがとう」ボソッ

修治「・・・」

エレナ「照れてますネ!」

修治「な!?」

澪「真っ赤」

律「真っ赤っ赤」

修治「や、やめろー!」

タッタッタ

エレナ「恥ずかしがり屋ですワ」

律「・・・仙台からずっとやってんの?」

エレナ「ワタクシハ毎日、修治サンは東京からですネ」

律「東京ね・・・」

澪「・・・」

小麦「あれ、修治くんは?」

律「もがいて走っていった」

小麦「なんだそれ」

澪「ププッ」

エレナ「アッハッハ」

小麦「はい、エレナ」

シュー

エレナ「サンキューデース」

パシッ

澪「みんなの所に戻ろうか」

律「そうすっか!」

小麦「いい時間だもんね~」

エレナ「そうですネ」



815 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:23:51.78 ID:VOamOZUzo



律「よーし!お参りすんぞー!」

梓「さっきお参りしたのでは?」

修治「無しになった」

紬「鳥羽さんだけお参りしたのよ~」

澪「そうだったのか」

小麦「よぉーし。奮発して10円だっ!」

エレナ「オォー!小麦の本気が伺えますネ」

唯「わ、私も本気出すよー!」

風音「5円でいいんじゃないでしょうか・・・」

律「その通りだな」

澪「じゃ、投げるぞ」

チャリーンチャリン

パンパン

小麦「・・・」

エレナ「・・・」

風音「・・・」

紬(みんなの旅が無事終えますように)

梓(みなさんが無事に旅をおえますように)

唯(むぎちゃんとあずにゃんとりっちゃんの旅が無事に終えますように)

澪(むぎと梓と律の旅が無事に終えますように・・・)

律(みんなの旅が無事に終えますように!)



816 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:24:47.86 ID:VOamOZUzo


―――――ヴェガ

「ハァッ・・・ハァッ・・・少し詰めすぎましたわね・・・」

梓(・・・重そうだなぁ・・・どうしようかな。手伝いたいけど)

「よいっしょ・・・よいっしょ・・・ふぅ」

梓「あ、あの・・・」

「なにかしら?」

梓「手伝いましょうか?」

「まぁ、ご親切に・・・。それではこの小さいほうをお願いできます?」

梓「はい。ヴェガに乗るんですか?」

「そうですわ。あなたも乗りますの?」

梓「はい。乗客・・・!」

「乗客でしたのね。助かりましたわ」

梓(重い!何が入って・・・!?)

ポン

梓「?」

紬「私に任せて」キラン

梓「むぎ先輩」

「?」

紬「よいしょ」

ヒョイ

梓「・・・すごい」

紬「しゃらんらしゃらんら~」

スタスタ

「・・・」



817 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:25:56.41 ID:VOamOZUzo


「手伝ってくれてありがとう」

紬「いえいえ~」

梓「私は何もしてませんけど」

紬「そんな事ないわ~」

梓「いえ・・・持てませんでしたから・・・」

「・・・」

修治「どうしたの二人とも・・・律が探してたよ」

梓「大阪の観光場所を決めたいとか、そんな理由です。後回しでいいです」

紬「観光場所を決めるのは大事よ。あずさちゃん」

梓「ですよね!」キラキラ

律「・・・ほぅ」

梓「・・・あ、唯先輩探さないと」

唯「あずにゃん!?」

梓「・・・」

唯「私を探していたんだよね!?」

梓「・・・」

律「梓は私らに観光先任せていいんだよな?」

紬「あらあら」

梓「・・・澪先輩に聞いてきます」

律「なにをだよ」

梓「大阪でどこに行きたいのか」

澪「ん?どうした?」

唯「あ~ず~にゃん」ダキッ

梓「・・・」

澪「こんな所で集まってたら邪魔だろ?移動するぞ」

律「どこにいこうっかな~」

スタスタ

唯「どこ行こう~」スリスリ

梓「暑いですからっ、離してください!私にも選ぶ権利を持ちたいです!」

紬「うふふ」

「・・・ふむ」

修治「あの・・・こちらの方は」

梓「あ、すいません」

唯「ん~?」

紬「すいません」



818 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:27:11.86 ID:VOamOZUzo


「・・・ま、まぁいいですわ」

修治「?」

「さ、ボーイさん。この荷物を部屋まで運んでくださる?」

修治「へ?ボーイって俺の事?」

「他に誰がいまして?」

修治「・・・知り合い?」

梓「先ほど初めてお会いしました。こちらから乗車するそうですよ」

修治「そうなんだ・・・、馴染んでいるからそうなのかと」

紬「うふふ」

唯「あ~ず~にゃ~ん」スリスリ

梓「会話に参加してくださいっ!離れてくださいっ!」

修治「誰ですかあなたは、いきなり人をボーイ扱いして」

「まぁ、人に名前を聞くときは自分から名乗るのが礼儀じゃありませんこと?」

修治「た、確かに。鳥羽修治と申します」

「・・・ふむ」

唯「平沢唯ですっ!」

梓「中野あず」

「ごめんよごめんよちょっとごめんよぉー!」

修治「あ、ああ危ない」

ドンッ

「ぎゃっ!」

ドサドサドサッ

「あー・・・ぁ、派手にやっちまったなぁ。荷物積め過ぎちゃったか・・・大丈夫だった?」

紬「拾うの手伝います」

梓「は、はい」

「ありがとー、恩に着るよ~」

唯「あぁー!」

「ん?」

唯「姉御ぉー!」

姉御「げっ・・・あんたは・・・」

律「ん!?」キラン

澪「なんだその表情は」

姉御「げげっ、あんたまで・・・」

律「姉御ォーー!」キラキラ



819 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:28:33.11 ID:VOamOZUzo


紬「あねご?」

梓「今は無視してさっさと拾いましょう」

紬「そ、そうね」

姉御「あ、あのね。私には津山菜々子っていう名前があるんだよ」

「な、なんですってー!!」

菜々子「ん?そういやぶつけてしまった人がいたっけ。ごめんごめん大丈夫だった?」

「早くどかしなさい!この乱暴、暴力、超々ガサツ女!」

修治「え?」

律「な、なんだ・・・?」

澪「こ、怖い」ブルブル

菜々子「なんだって!?この口の悪さ・・・あんたもしかして!?」

「久しぶりですわね、菜々子さん」

菜々子「あぁ・・・出来れば一生会いたくなかったけどな・・・」

「再びあなたとこうして出会ってしまうなんて・・・あー縁起悪い」

菜々子「フン!相変わらす口と性格の悪さは銀河一だね!」

「そっちこそ!乱暴ぶりにますます磨きをおかけになって・・・
 アフリカでゴリラと同棲でもしてらしたのかしら?」

菜々子「なんだって!?」

「なんですの!?」

修治「そ、その辺にしておいたほうが・・・」

菜々子「引っ込んでろ!」ガォオ

「引っ込んでなさい!」ガァア

修治「」ピキーン

澪「」ピキーン

紬「これで最後ね」

梓「そうです」

律「動じないのか、視野に入ってないのか・・・」

唯「二人ともすごいよね」

「あら・・・」

菜々子「ありがとね、ふたりとも」

紬「いえいえ~」

梓「どういたしまして」

「自己紹介がまだでしたわね。私の名前は鹿島静花。静花とお呼びください」キリ

菜々子「本性晒した後で気取っても手遅れなんだよ」



820 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:30:37.33 ID:VOamOZUzo


静花「うるさいですわよ。餌の時間にはまだ早いですわ」

菜々子「あんたにねだるぐらいなら逃げ出すに決まってるだろ」

静花「自分がゴリラだとお認めになられて・・・。オホホホ、精進なさったのね~」

菜々子「あぁ!?」

静花「なんですの!?」

律「またか・・・」

紬「・・・」オロオロ

梓「避難しましょうか」

唯「澪ちゃん、澪ちゃん」ユッサユッサ

澪「」

静花「・・・ふむ」

菜々子「私はこれで失礼するよ。
    こんなヤツの相手してたらこっちまで性格が悪くなってしまう」

静花「それはこっちの台詞ですわ。よろしくない再会でしたわ」

菜々子「こっちのセリフだっつの・・・せっかくヴェガで働く事になったっていうのに・・・」

静花「・・・ふんっ」

スタスタ

律「姉御の名前菜々子っていうのかー」

唯「やったね、りっちゃん!」

梓「二人ともどうしたんですか?」

澪「」

紬「・・・?」

pipipipipipi

修治「あ、電話だ」

ピッ

修治「はいはい~。よっと」

梓「もうすぐ出発ですよ?」

修治「分かった。・・・うん。そう」

タッタッタ

紬「・・・」

律「さて・・・」

唯「4号車へ行こう!」

澪「・・・そうだな」

梓「ですね」

紬「・・・京都はどうだった?あずさちゃん」

梓「とっても思い出深い場所になりました」

紬「うふふ、そうね~」



821 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:32:11.88 ID:VOamOZUzo


prrrrrrrrrrrrrrrr

律「落ち着いて発車するのって、中々ないよな」

澪「そうだな、いっつもバタバタしてた」

梓「これが普通なんですよね」

唯「そうだね~」

紬「・・・」

律「梓、狭くないか?」

梓「大丈夫ですよ?」

澪「ふむ」

唯「私とむぎちゃんの間においでよ」

梓「大丈夫ですって」

唯「固いこと言わないの」

梓「言ってないです」

プシュー

ガタン ゴトン

唯「ついに走り出したね~」

律「・・・そうだな~」

澪「うん・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

唯「澪ちゃん、私たちは夕方に帰るんだよね」

紬「!」

澪「そうだぞ、忘れるなよ」

梓「・・・そうですよね」

律「なんだ、寂しいのか~?」

梓「はい」

律「え!?」

唯「あずにゃんが素直で私も嬉しい」

澪「なんだそれは」

紬「・・・私、観光ガイド買ってくるね」ガタ

梓「それなら私が・・・」

律「まぁまぁ、私らと待ってようぜ~」

唯「そうだよ~」

梓「え、はい・・・」

澪「ここで待ってるな」

紬「うん」

スタスタ



822 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:33:18.64 ID:VOamOZUzo


緑「・・・」キョロキョロ

紬「なにか探しているの?」

緑「別に・・・」

紬「よかったら探しましょうか?」

緑「・・・」

紬「なにを落としました?」

緑「キーホルダーよ・・・」

紬「・・・キーホルダー」

緑「さっき、売店で買って落としたの・・・。見つからないからもういいわ」

キラン

紬「あ、あった」

ヒョイ

緑「・・・」

紬「はいどうぞ」

緑「・・・」

紬「そのキャラクター好きなんですか?」

緑「別に・・・」

紬「・・・」

緑「・・・」

紬「・・・」

緑「お金を崩したかっただけ。それだけだから」

紬「そうですか・・・」

緑「ありがと・・・」

紬「え・・・」

緑「・・・それじゃ」

スタスタ

紬「それでは~」ニコニコ



823 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:34:08.69 ID:VOamOZUzo



風音「あ、ちょうどいいところに・・・」

ピノ「ピッ」

紬「どうしたの?」

風音「ピノを預かっててもらえませんか?」

紬「えぇ、いいわよ~」

風音「ありがとうございます。さ、ピノ」

ピョン

ピノ「ピピッ」

紬「でも、どうして?」

風音「お昼をとりに食堂車へ。走り回っちゃうので・・・」

紬「なるほどぉ~」

風音「いい子にしていてね?」

ピノ「ピッ」

風音「助かります。それでは後で迎えにいきますので」

紬「ごゆっくり~」

スタスタ



824 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:35:18.13 ID:VOamOZUzo


秋子「きゃ~、可愛い~!」

紬「あ・・・」

秋子「こんにちはピノちゃん」

ピノ「ピピッ」

秋子「きゃー!」

紬「うふふ」

秋子「どちらへ行かれるんですか~」

紬「売店へ行ってきます」

秋子「それなら私もついていっていいですか?買いたいものがあるので」

紬「えぇ、もちろん」ニコニコ

秋子「それではいきましょ」

紬「大阪での観光先は決まりましたか?」

秋子「え~と、アメリカ村と海遊館に行ってみようとかと!あと通天閣!!」

紬「まぁ、いいわ~」

秋子「楽しみです~。あー!」

菜々子「えー、ジュースとお菓子お弁当いかがですか~」

秋子「姉御さまー!」

紬「あねご?」

菜々子「げげげっ!あんたまで・・・」

秋子「きゃー!」

菜々子「今仕事中だから勘弁してくれ」

秋子「私博多まで行くんです~!」キラキラ

菜々子「聞いちゃいないねこの子」

ピノ「ピピッ」

紬「えぇと」

菜々子「私の名前は津山菜々子。
    食堂車と車内販売のアルバイトをする事になったんだ。よろしく」

紬「よろしくお願します」

ピノ「ピッ」

菜々子「可愛い同伴者だね~」

秋子「それからそれから、料理が得意で~、裁縫も少しできるんですよ~!」

紬「秋子さん・・・売店車は・・・」

菜々子「あー、放っておいていいんじゃないかな。私が適当に言っておくからさ」

紬「で、でも・・・」

菜々子「へへっ、優しいんだな。気に入ったよ」

紬「?」

菜々子「気にしないで、さぁ、行った行った」

秋子「それから~、好きな映画はやっぱりラブロマンスが好きで~!」

紬「そ、それでは・・・」ペコリ

ピノ「ピピッ」



825 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:36:18.36 ID:VOamOZUzo


ちひろ「いらっしゃいませ~」

紬「大阪の観光ガイドください」

ちひろ「どうぞ~」

ピノ「ピピッ」

ちひろ「まぁ~」

紬「ありがとうございます」

ちひろ「あ、そういえばお客さん?」

紬「はい・・・?」

ちひろ「・・・」

紬「・・・」

ちひろ「いえ、なんでもないです~」

紬「?」

ちひろ「またいらしてくださいね~」

ピノ「ピピッ」



826 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:37:13.27 ID:VOamOZUzo



紬「あれ・・・」

ピノ「ピピ?」

紬「みんなどこへ・・・」

修治「あ、いたいた」

紬「鳥羽さん・・・」

修治「展望車に来て」

紬「え?」

ピノ「ピピッ」

修治「困った事になってしまってさ・・・」アハハ

紬「?」



827 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:43:18.24 ID:VOamOZUzo


静花「オーッホッホッホ!」

菜々子「・・・ちっ」

静花「やはりそちらの世界へ足を踏み入れたのですね、菜々子さん!」

菜々子「違うっての、姉として敬ってくれてそう呼んでるんだよ!」

唯「そうだそうだー!」

律「そうだぞー!」

静花「まぁ~、すっかり懐柔されてしまって・・・。酷い事なさいますのね」ヨヨヨ

菜々子「相変わらず口の減らない・・・」

律「姉御!応援してるッス!」

静花「従順ですのね・・・。開放してあげなさいな」

菜々子「あのなぁ!」

静花「まぁ、堅気に手を出しますの?警察呼びますわよ」

菜々子「おまえってやつはぁ!」

梓「どうしてこんな事に・・・」

澪「分からない・・・」

静花「さ、お二人は大和撫子同士ですから。私が面倒を見て差し上げますわ」

梓澪「「 はぁ・・・ 」」

唯「あずにゃんは大和撫子じゃないよ!」

律「そうだぞー!」

梓「なっ!?」

澪「・・・」

修治「こうなってしまってさ・・・」

ピノ「ピピッ」

紬「うん・・・?」

静花「来ましたわね。紬さん」

紬「?」

梓「・・・?」

菜々子「どういう事だよ?」

静花「勝負ですわ、菜々子さん」

律澪梓唯紬「「「「「 勝負? 」」」」」

静花「そうです。人としてどちらが敬われるか・・・ですわ」

菜々子「へー、面白いじゃないか」

律「じゃーこっちの勝ちだぜー!」

唯「そうだー!」

静花「と、言いますと?」



828 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:43:47.87 ID:VOamOZUzo


律「私は菜々子さんを姉御として見ているからだぜー!」

唯「うんうん、私たちを助けてくれたんだよ!」

紬「なるほど~」

澪「そういう事か」

菜々子「出来レースだったわけだ」ニヤリ

静花「まぁ~!」

菜々子「そっちはあまり乗り気じゃないみたいだしな~」

律「よっしゃー!」

唯「あずにゃーん!こっちおいでー!」

梓「いえ、こっちでいいです」

律「な、なにぃ!」

梓「静花さんのスタイルに憧れます」キラキラ

静花「見る目ありますわ、梓さん」フフフ

菜々子「ぐっ・・・」

唯「そ、そんな~」

律「澪は!?」

澪「こっちでいいかな」

律「大阪で降りるからどうでもいいって顔だなー!」

静花「そうなんですの?」

澪唯「「 はい 」」

菜々子「唯も降りるのか。なるほど・・・。ちょうどいいじゃないか」

静花「紬さんをどちらに傾けるのか・・・が勝負です」

菜々子「いいだろう」

紬「え!?」

静花「では・・・負けたほうは、
   勝ったほうのいう事を何でも聞く・・・というのはいかがかしら?」

菜々子「面白い。受けてたとうじゃない!」

静花「逃げ出さないように」

菜々子「誰が!」

静花「オーッホッホッホ」

スタスタ

菜々子「相変わらず・・・」イライラ



829 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:44:25.60 ID:VOamOZUzo


律「頑張りましょうぜ、姉御!」

菜々子「いや、慕ってくれるのは嬉しいんだけどさ律。
    その呼び名は変えて欲しいなぁ」

唯「じゃあ姉貴!」

菜々子「名前で」

律「菜々子さん」ブー

唯「菜々子ねえや」

菜々子「唯、もう少し変えてみようか」

唯「菜々子姫」

修治「ブフッ」

菜々子「・・・」

ギリギリ

修治「すいやふぇん」

菜々子「唯はなんでもいいや。じゃあねあんたたち」

スタスタ

澪「・・・大変な事に巻き込まれたな、梓」

梓「そうですね」

唯「あずにゃん!」

梓「不可抗力です」

ピノ「ピピッ」

紬「そうね、大阪の観光先でも決めましょうか~」

唯「そう言ったの!?」



830 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:45:46.26 ID:VOamOZUzo


唯「うへへ」キラキラ

ピノ「ピピッ」

梓「ピノっ!」

律「がっつくと近寄ってこなくなるぞ」

梓「うっ」

紬「ゆっくり待ちましょ」

唯「さぁ、どこへ行こ~?」ルンルン

澪「その気持ち・・・分かる」

律「確かに、嬉しいよな。小動物が肩に乗ってくれると」

ピノ「ピッ」

澪「夕方の6時まで観光できるよ」

律「到着時刻が2時だから・・・」

梓「唯先輩と澪先輩が行きたい所を優先してはどうでしょう」

紬「そうね~」

唯「さすがあずにゃんだよ」ルンルン

紬「澪ちゃん行きたいところある?」

澪「そうだな、梅田空中庭園かな」

唯「私も目をつけていました」キラン

律「到着してから行くか」

梓「その後はどうします?」

澪「海遊館に行ってみたいけど・・・」

唯「時間足りるかな」

ピノ「ピピッ」

唯「そうだよね、よし行こう!」

梓「信頼関係が生まれてる・・・」

律「適当に合わせてそうだけど、なんだろうな」

澪「納得しそうな雰囲気だな」

唯「みててよ。ピノちゃん、りっちゃんのところへ!」

ピノ「ピピッ」

ピョン

紬「まぁ」

澪「私のところに来たんだけど」キラキラ

唯「あら」



831 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:46:32.97 ID:VOamOZUzo


律「じゃ、今度は澪が指示してみよう」

梓「・・・澪先輩」キラキラ

澪「ピノ、梓のところへ行ってくれないか?」

ピノ「ピッ」

ピョン

律「今度は私か」キラキラ

梓「・・・」ムス

紬「名前を覚えていないのかしら」

唯「そうかもしんないね。りっちゃんの番だよ」

律「ピノで遊ぶのはもういいだろ」キラキラ

梓「えー!」

唯「梅田空中庭園と海遊館で決定だね」

紬「分かったわ」

澪「そのまま駅に戻って・・・」

唯「うん・・・そだね」

澪「・・・楽しかったな」

ギュ

紬「・・・」

唯「とーっても!」

律「そうだな~」

梓「こんな旅になるなんて思ってなかったです」

ピノ「ピピッ」

律「そうか、嬉しいこというじゃん」

澪「なんだって?」

律「私らに会えて楽しかったって」

唯「うんうん」

梓「ほんとですか?」ジト



832 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県):2011/04/08(金) 22:47:14.11 ID:VOamOZUzo


風音「そうみたいですよ」

梓「」ガーン

紬「あら、もういいの?」

風音「はい、ピノがお世話になりました。ピノ、おいで」

ピノ「ピッ」

ピョン

風音「紬さん、ありがとうございました。それでは失礼します」

紬「いえいえ~」

ピノ「ピピッ」

スタスタ

唯「あずにゃんは時間があるから大丈夫だよ~」

紬「そうよ~、ピノちゃんも分かってくれるわ」

梓「そうだといいです」ションボリ

紬「唯ちゃん、片付け終わった?」

唯「いっけね~」テヘ

澪「おいおい・・・」

唯「整理してくるよ!」ガタ

梓「手伝います」

紬「私も手伝うわ」

唯「ありがと~」

律「まだだったのか・・・」

澪「・・・」




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「超特急ヴェガ?」#11日目 前編
[ 2011/04/24 17:44 ] クロス | お嬢様特急 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6