SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ヒーロー >  唯「レジェンド!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「レジェンド!」 【ヒーロー】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1304267731/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 01:35:31.11 ID:WG5ySZJDO

代行:QftoOVcbO





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 01:50:45.80 ID:QftoOVcbO

―律の家

唯「おお…。こんなにボロボロになった雑誌が…。
  りっちゃん、家ではちゃんと練習してるんだね!」


律「まあな。それ以外にもご飯の時に
  箸でお茶碗叩いたりとか…。練習なんてどこでもできるんだぜ!」


澪「まさに『暮らしの中に修業あり』だな」

梓「その通りです!」


梓「私も、ネットで指が大きく開くようになるグッズとか、
  寝てる間にリズム感が養われるCDとか、
  壁にくっつくギターハンガーとか、ギター用レインコートとか…」


澪「…梓、それ全部役にたったのか?」


梓「…大体は」


澪「梓は『浪費の中に修業あり』だな…」


燃え立つ激気は正義の証!


獣拳戦隊!ゲキレンジャー!





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 01:57:14.76 ID:QftoOVcbO

唯(ハートにクラブ…)サッ


唯(スペード、ダイヤ…)サッ


唯(よし!つっこめ!)


唯「フォアカード!」ジャーン


和「ロイヤルストレートフラッシュ」


唯「」


和「約束通り、ケーキのいちごは貰うわね。それじゃ、私生徒会行くから」


唯「もう一度!もう一度だけ~!」


澪「流石は桜ヶ丘ボス…」


我ら ジャッカー 電撃隊!



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:14:40.26 ID:QftoOVcbO

「急がなきゃ…!」タッタッタッ


待ってろよ 生きてろよ


「間に合わない…!」タッタッタッ


絶対そこに たどり着く


「着いた!」バアン!


唯「う…い…、ご…飯…」キュー


憂「お姉ちゃん、ごめんねー!」ジュンチャンニツキアワサレテ…


人の命は地球の未来!燃えるレスキュー魂!


救急戦隊!ゴー!ゴー!ファイブ!


出場!



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:25:02.53 ID:QftoOVcbO

和「突然だけど、新しいグループを作らない?」


律「ほんとに突然だな…。一体なんで?」


和「新シリーズも始まったし、何か新しいことをしようと思って。
  それに、私も唯の幻影で終わりたくないし」


律「最後のが本音だろ。まあ、別にいいけど…」


和「本当!?それじゃこの企画書に詳しいことが書いてあるから」


律「仕事が早いなあ」


和「メンバーは、私と山中先生と唯と澪と梓ちゃんね」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:32:08.97 ID:QftoOVcbO

律「…私とムギは?」


和「ごめんなさい、あんまり多いと、
  私とさわ子先生が目立たないし…。あと、人気もね」


律「ちょっと待て、最近は私達だって…」


和「過去の実績をとらせてもらったわ」

律「チクショウ」


和「それで、メンバーは全員メガネ着用で。
  これで本家を越える一体感が生まれるわ」


和「そして、グループ名はその名も…」


律「ゴーグルファイブとか言わないよな?」

和「…」

戦え!


大!戦隊!ゴーグルファイブ!



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:39:53.66 ID:QftoOVcbO

―新軽音部室


純「ねー梓、すごいニュースがあるんだよ」

梓「なに?新入部員見つかったの?」


純「残念、ハズレ。あずにゃん2号が子供を産んだんだ!」


梓「ほんと!?ねえ、見に行っていい!?」

憂(すごい食いつき…)


純「いいけど、それより、呼ぼうか?」


梓「呼ぶ?」


純「うん、呼べばくるよ。こんなふうに…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:48:36.61 ID:QftoOVcbO

純「あずにゃん2号ー!」


2号「ニャー!」

梓「本当に来た!」


純「どんどん行くよ!あずにゃん3号ー!」


3号「ニャー!」

純「あずにゃん4号ー!」


4号「ニャー!」


憂(何匹いるのかな…)


~~


純「あずにゃん12号ー!」


梓憂純「…………」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:55:42.93 ID:3fLlwo3vO

あずにゃんズ





15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 02:56:12.87 ID:QftoOVcbO

憂「…来ないね」


純「おかしいな…。あずにゃん12号!急げー!」


梓「あっ、来た!」(窓の外を見ています)


憂「がんばれー!」

12号「ニャッ…、ニャッ…、」ダッダッダッ


12号「ギニャッ!」ガッ ズデッ ガン


12号「」ピクピク


梓「石につまづいて気絶しちゃった…」


純「あずにゃんも急げば石につまづく、か…」


憂「人生色々だね…」


地球戦隊!ファイブマン!



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:12:00.09 ID:QftoOVcbO

―50年後・放課後ティータイム50周年同窓会


唯「おお…、皆さんお久しぶり」


澪「みんな、元気そうでよかった」


律「それが取り柄だからな~」


紬「あらあらまあまあ」


梓「先輩方がみんな無事でよかったですよ。
  もし一人でも欠けてたらどうしようかと…」


紬「あらあらまあまあ」


律「縁起でもないこというな!お前も年寄りのくせに」


梓「すいません、オールドジョークです」


唯「それにしても、さわちゃんも良いとこあるよね。
  同窓会をしようってみんなを集めてくれて、場所は部室を使っていいだって」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:21:54.04 ID:QftoOVcbO

梓「噂では特別顧問としてかなりの力を持っているとか」


律「それで、本人は当日にギックリ腰だからな…。
  まあらしいといえばらしいか」


唯「そうだね~」


「あの…、初代放課後ティータイムの皆さんですか?」


律「え?」


「あの…、私達今の軽音部…、50代目放課後ティータイムです。
 大先輩の方々がきてるって聞いて…」


紬「あらあらまあまあ」


「あの、もしよかったら、私達の演奏を聞いてもらえませんか?」


唯「いいよ!ぜひ聞かせて!」


「ありがとうございます…。それでは…、ふわふわ時間!」ジャンジャカジャンジャカ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:26:10.94 ID:QftoOVcbO

澪「まるで私達を見てるみたいだな」


律「ああ、そうだな」


梓「あんまりうまくないところもそっくり」

紬「あらあらまあまあ」


唯「きっと、こうやっていつまでも私達の音楽は続いていくんだね…」


天に輝く五つ星!


五星戦隊!ダイレンジャー!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:36:52.36 ID:QftoOVcbO

唯「…大学落ちたね」

律「…ああ、落ちたな」

唯「…あ、何か怪獣が現れた」


『ギガノイド弟1番・運命』


唯「…運命だってさ」

律「…運命か。あ、アバレンジャーだ」


爆竜電撃ドリルスピン!ドガアアン



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:38:59.28 ID:QftoOVcbO

唯「…運命が消えていく」


律「…私達の運命も消えていくのかな」


唯「そうかもね…」


律「ハッ!」

律「ゆ、夢か…」


荒ぶる!ダイノガッツ!


爆竜戦隊!アバレンジャー!



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:46:14.34 ID:QftoOVcbO

梓「今日こそは、絶対に練習しましょう!」

律「はいはい、お茶飲んでからね」


唯「今日はいちごケーキ~♪」


梓「ダメです!さあ、早く楽器を持って!」グイッ


唯「ぐあっ!」

梓「ど、どうかしたんですか、唯先輩!?」

律「うあっ!」

梓「律先輩も!?」


律「…梓、今まで黙っていたが、私と唯は宇宙育ちなんだ」

梓「ええっ!?」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 03:53:56.38 ID:QftoOVcbO

律「私と唯は生まれたばかりの頃、宇宙人にさらわれた。
  そして、違う星で育ち、つい最近帰ってこれたんだ」


律「でも、違う星で育った影響か、
  地球の環境に合わない部分があるんだ。人や物に触れなかったり…」

律「…それが『反フラッシュ現象』」

梓「そんな…」

律「それを抑えるにはお茶を飲むしかない。わかってくれ…」


梓「はい、すいません。まさか先輩方がそんな過酷な人生を歩んでいたとは…」


律「わかってくれればいいんだ。さ、お茶にしよう」

澪「そんなわけあるか!」ガツン

律「」キュー…


超新星!フラッシュマン!



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:03:19.76 ID:QftoOVcbO

ガチャ

さわ子「みんなー、やってるー?」


唯「ええー!それは大変だー!」


さわ子「唯ちゃん、どうしたの?大声あげて…」


唯「おお、さわちゃん!それがね、
  『ぼーまひゃくぞく』とかいう怪物が復活するんだって!」


さわ子「…唯ちゃん、落ち着いて。誰に聞いたの?」


唯「ここにいる、妖精さんだよっ!」バーン


さわ子(唯ちゃん…。とうとう、行くところまで行ってしまったのね…)


さわ子(でも、安心して…私は絶対に見捨てないから…)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:08:37.99 ID:QftoOVcbO

さわ子「…唯ちゃん、
    それにみんなも、落ち着いて一度話し合いましょ?ね?」


律「さわちゃん、何いってんだ!そんな暇あるか!」

梓「地球の危機です!」

澪「今回ばかりは律が正しいですね」

紬「急がなきゃ…」


さわ子(そんな…、みんなまで…。
    これが話に聞いた『腐ったミカンの法則』なのね…。さようなら、唯ちゃん…)




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:14:17.31 ID:QftoOVcbO

澪「それじゃ、その博士のところに行けばいいんだな?」

紬「ふんふん、そこに地球を守るためのものがあるのね!」

梓「行きましょう!」

唯「うん!あ、でもその前に…」

律「あ、そうか」

唯「それじゃあさわちゃん、行ってくるよ!」

さわ子「…どこへ?」

唯「運転免許を取りにだよ!」レッツゴー! ガチャ バタン


さわ子「…適性検査で落ちるんじゃないかしら」


高速戦隊!ターボレンジャー!



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:20:08.14 ID:QftoOVcbO

さわ子「あ~、癒される…」ズズズ


唯「ねえ、さわちゃんもたまには一緒に演奏しない?」


さわ子「え?う~ん、そうねぇ…」


澪「いいじゃないですか。やりましょう、先生」


さわ子「そうだねえ…。それじゃあ、久しぶりにやってみようかねえ!」


律「ミュージック!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:29:44.50 ID:QftoOVcbO

ド~ドラ ド~ラ ドドドラ ド~ラ ドドララ ドドララ バンドーラ~

ド~ドラ ド~ラ ドドララ ド~ラ ドドララ ドドララ バンドーラ~

遠くに 眺める 地球は青い神秘のサファイア~

ドーラスコープ覗けば ウジャウジャ汚い ゴミの星だよ~

地球を 汚して いるのは 馬鹿な 人類一味さ~

今に私の 子分が グシャグシャ潰して マッシュポテトさ~

トットパット!ブックパック!グリフォーザー!プリプリカン!ラミイ!行くよ!

ド~ドラ ド~ラ ドドララ ド~ラ…

澪「ちょ、ちょっと待った!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:38:58.71 ID:QftoOVcbO

バンドーラ「どうしたんだい?ラミイ」

澪「ラミイって!?私は澪です!それにさっきの歌、何!?」

バンドーラ「本当に何言ってるんだい?お前はラミイでここはバンドーラパレスじゃないか」

澪「み、みんな!」

アズプリカン「ようし、新しいドーラモンスターができたぞ!」
ユイットパット「行きましょう、バンドーラ様!」

ムッギパック「うん、うん」

澪「…」

リツフォーザー「一体どうしたのだ、ラミイ」

ラミオ「…何でもないよ、ダーリン」

バンドーラ「よ~し、景気付けにもう一丁いくとしようか!」

ド~ドラ ド~ラ ドドララ ド~ラ…

澪「ハッ!」

澪「ゆ、夢か…」

恐竜戦隊、ジュウレンジャー!



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:51:57.68 ID:QftoOVcbO

律「皆さんこんにちは!今日は、私田井中律が我ら軽音部が誇る天使、
  琴吹紬さんの休日に密着したいと思います!」

紬「どうも~」

律「それでは出発しましょう!」

律「おおっ!ここは、並の金持ちでは入った瞬間自信を喪失し、
  立ち直れなくなるほどの超高級デパート!」

律「流石は紬さん…。はたして何を買うのか!?」

紬「あれとこれとそれもね。あれとこれとそれもね」

律「何と、値段を見ることなく、
  歩きながら買い物をしています!はたして総額はいくらになるのか!?」

チーン 199987243555000
律「これは物凄い金額だー!私、気絶しそう…」

紬「お支払いは、カードで」

律「我らが天使は、カードを信じられないくらいに使いこなしてしました…」バタ


星を守るは天使の使命!

天装戦隊!ゴセイジャー!



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 04:59:28.58 ID:QftoOVcbO

唯「どうしよう、軽音部に入ったはいいけど、ギターなんてできないよ…」


唯「私、やっぱり断ってくるよ…」


和「ちょっと待って、唯。せっかく入部したんだから、少し続けてみたら?」


唯「でも…」


和「もしかしたら、新しい自分に変われるかもよ?」


唯「そうだね。私も変わらなきゃ…。よーし、退屈とはおさらばだ!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 05:13:27.22 ID:QftoOVcbO

―数日後

和「あれからしばらくたつけど、ちゃんとやってるかしら…。
  様子を見に行ってみよう」

和「ここか」ソー


唯「イイイイイイイィィィィイイヤッハァァアアァアアアーーーー!!!!!
  ウッヒョヒョーーーウゥゥイイィイイ!!!!!WRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!」


和「ゆ、唯!?」

澪「唯の知り合い?」

和「え、ええ」

律「そうか、唯はすごいよ、このハイテンション!私達の100万倍だ!」

澪「こんなすごい奴が来てくれるなんてな…」

唯「ヒャッハー!汚物は消毒だあ~!」

和「唯…、よかったわね…」グス


電磁戦隊!メガレンジャー!



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 05:27:16.74 ID:QftoOVcbO

ハア、ハア…

そういえば、入学式の時も、この道を走った

何かしなきゃって思いながら、

何をすればいいんだろうって思いながら

軽音部に入って、音楽を始めて、

友達がたくさんできた 毎日がすごく楽しくなった

軽音部に入って本当によかった 音楽って魔法みたい…

みんなの心を一つにしてくれる

みんなが待ってる…。急がなきゃ!


魔法 それは聖なる力
魔法 それは未知への冒険

魔法 それは勇気の証

あふれる勇気を魔法に変える!


魔法戦隊!マジレンジャー!



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 05:37:39.95 ID:QftoOVcbO

そういえば、入学式の時もこの道を走った

何かしなきゃって思いながら、

何をすればいいんだろうって思いながら、

このまま大人になっちゃうのかなって思いながら

ねえ、私。あの頃の私

心配しなくていいよ。すぐ見つかるから。私にもできることが

大切な、大切な、大切な場所が…

唯「赤信号…。急いでるのに…。いいよね!」

?「待てい!」

唯「!?」

シグナルマン「暴走行為はつつしみましょう!全宇宙共通!赤は止まれだ!」

唯「」

シグナルマン「私はシグナルマン・ポリス・コバーン!正義の交通ルールを守りましょう!」

唯「あの…、すごく急いでるんですけど…」
シグナルマン「いかん!何があろうと交通ルールは守らねば!」

戦う交通安全!

激走戦隊!カ~~~レンジャー!



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 05:50:02.10 ID:QftoOVcbO

今から3000年も昔、太陽系が幾十か、飛行物体が飛来した

デンジ星から送りこまれたデンジランドである

デンジランドはとある炭鉱に着陸した。

デンジランドの中には一匹の猫が眠りについていた。

そして、長い歳月が流れた…

アズニャー…、アズニャー、起きろ…。時がきた…。

ベーダー一族がやってきた…起きろ、アズニャー…

梓「ベーダー一族と戦う戦士を捜しにいくです!」

梓「あっ!いた!」

唯「~♪」ジャカジャカ

梓「平沢唯!あなたはデンジレッドとなってベーダー一族と戦うです!」

唯「~♪」ジャカジャカ



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:00:32.35 ID:QftoOVcbO

梓「あれ…、聞こえなかったかな…。もうちょっと近づいて…」
梓「よし、これくらい近づけば…、って、消えた!?」

梓「い、一体どこに…」

梓「ハッ…!何か後ろに妙な気配が…」フリムクナフリムクナフリムクナ~

唯「捕まえたー!」ガバッ

梓「にゃー!」

唯「えへへ~、君、さっきから私のこと見てたでしょ~?」

梓「にゃー!」ジタバタ

唯「暴れないの!」ムギュー

梓「ふにゃ~」

唯「よしよし、昨日の残りものだけどマグロのお刺身をあげよう~」

梓「ふにゃ~」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:05:50.52 ID:QftoOVcbO

唯「憂にこの子飼ってもいいか聞いてみよ~っと」バタン

地球を守るはずの戦士にさらわれたデンジ猫アズニャー

はたしてアズニャー、そして地球の運命は!?

次回「鰹節と猫じゃらし」にご期待下さい!

見よ!

電子戦隊!デンジマン!



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:19:26.26 ID:QftoOVcbO

憂「先生!」

さわ子「あら、おはよう憂ちゃん。どうかしたの?」

憂「大変なんです!お姉ちゃん達が変なんです!」

さわ子「いつものことじゃない」

純「今日はいつもと違うんです!」

さわ子「小林さん。どういうこと?」

純「鈴木です!とにかく来て下さい!」

―部室

一同「…」

さわ子「特に変わりないようだけど…」

純「全然違います」

さわ子「唯ちゃん?何かあったの?」

唯「山中先生…」

さわ子「!?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:31:24.21 ID:QftoOVcbO

唯「今までの私は間違っていました!
  ぐうたらで、不真面目で、意気地無しで、ゴミで、クズで…」

唯「これからは、今までの生活を反省し、
  勉強も部活も真面目にしっかり取り組みます!」

唯「さあ!朝練だー!」

さわ子「確かに変だわ…。こんなことってありえない…」

さわ子「澪ちゃん!?」

澪「チッ…。うっせーな…。何が部活だ、くだらねえ」

さわ子「ムギちゃん!?」

紬「あら…、貧乏人が生意気にこの私に口をきくの?これだからゴミは…」

さわ子「りっちゃん!?」

律「私ね~、大きくなったらお花屋さんになりたいな~」

さわ子「梓ちゃん!?」

梓「めんどくさいです~。一日お昼寝して過ごすです~」

さわ子「一体なにが…」

憂「朝、変なジュースを飲んでからこうなっちゃったんです…」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:48:12.62 ID:QftoOVcbO

さわ子「とりあえず、様子を見ましょう。
    私はできる限りみんなから目を離さないようにするから、
    あなたたちは梓ちゃんをお願いね」

憂純「はい…」

―放課後

さわ子「…何とか乗りきったわね」

憂「皆さん、大丈夫でしたか?梓ちゃんは寝てるだけでしたけど…」

さわ子「…まあね。ムギちゃんが
    校長先生を札束でひっぱたこうとした時は寿命が縮んだけど」

憂「大変でしたね…」

さわ子「いいのよ。さて…」

唯「さあ!みんな、練習しよう!」

澪「けっ何が練習だ。くだらねえ。俺はつるむのは嫌いなんだ」
律「このお菓子おいしいね~♪」

紬「アア…、庶民にモノを施すって、何て気分がいいのかしら…」

梓「練習なんてめんどくさいです~」ゴロゴロ
唯「梓ちゃん!ダメだよ、さあ練習しよう!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 06:55:38.21 ID:QftoOVcbO

律「唯ちゃん、このお茶飲んだら、練習しようか」

唯「流石はりっちゃん…。信じてたよ!」

律「澪ちゃんもやろ?ね?」

澪「だから、こんなくだらねえモンやってられねえって行ってんだろ。
  俺はフケるぜ」

律「そんなこと言わないで…」グイ

澪「うるせえ!」ドン

律「うわっ…」ドサ

澪「あっ…」

律「う、うう…。澪ちゃん…」シクシク

唯「澪ちゃん!ひどいよ!りっちゃん、大丈夫?」

律「…うん、ありがとう。唯ちゃんは優しいね。好きになっちゃうかも」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:01:41.73 ID:QftoOVcbO

澪「…!」

唯「そんな~//」

澪「ま…、待て!」

澪「私が悪かった…。だから、律…」

澪「俺に惚れろ!」

律「澪ちゃん…//」

紬「あらあら、貧乏人同士仲がいいのね」

紬「ところで、この私があなた方貧乏人のために
  曲を用意してあげたわ。心して演奏することね」

唯「紬ちゃん…」

唯「よーし!早速練習開始だー!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:11:57.56 ID:QftoOVcbO

さわ子「こうやって見ると、これでも悪くないわね」

さわ子「澪ちゃんとりっちゃんは仲良しだし、
    ムギちゃんはお茶やお菓子を用意してくれてるし、
    唯ちゃんと梓ちゃんは立場が入れ替わっただけで」

さわ子「性格がちょっと変わったくらいじゃ、みんなの絆は壊れはしないのね」

―その頃、とある採石場

「バードボンバー!」

「ギャアアアアア!!」ドカーン

一同「ハッ!」

さわ子「どうしたの?」

一同「……」

紬「あの、私、さっきまでのは何かの間違いで…」

澪「え~と、私も…」

憂「元に戻った…?」

さわ子「そうみたい」

しばらく、気まずい時間が流れましたとさ


鳥人戦隊!ジェットマン!



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:18:49.88 ID:QftoOVcbO

梓「唯先輩!そこ、また間違ってますよ!」

唯「あ、うん…」

梓「また!同じところですよ!」ガミガミ

唯「うう…」

梓「まさか…」

唯「妹よ~!」

憂「お姉ちゃ~ん!」

梓「またでやがった!」

唯「私達二人に勝てるかな?」

梓「くっ…」

律「かき氷、食いてえなあ…」

澪「それは言うなあ!」

バトルフィーバーJ!



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:24:55.80 ID:QftoOVcbO

梓「それでね、夏休みには別荘で合宿して、海で泳いだりバーベキューとか…」

純「あーもー!うらやましい!」

梓「純も軽音部に入る?」

純「軽音部なんか…、軽音部なんか…、破壊してやるー!」ピュー

梓「えっ、ちょっと…」

―翌日

律「やめろー!」

唯「助けてー!」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:30:14.94 ID:QftoOVcbO

梓「先輩!」

唯「あっ!あずにゃん!大変だよ、純ちゃんが軽音部ハンターに…」

純「軽音部反応アリ。破壊。破壊」ドカーン

唯「ギー太には手を出さないで~」

梓「ちょっと、純やめて!」

純「軽音部反応アリ。破壊。破壊」

梓「やめろー!」ムスタングアタック! ズガン

純「ぐえっ」

純「くっ…、バルジオンさえあれば…」

梓「純…。私は絶対に軽音部を守ってみせる!」

超電子!バイオマン!



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:44:44.49 ID:QftoOVcbO

唯「それでね、あずにゃんに聞いてほしい曲があるんだ。
  あずにゃんのために作ったんだよ」

梓「先輩…」

唯「私達があずにゃんにしてあげられる…」
唯「これが最後のご奉公!」ゴクゴク

律「効くぜー!」

桜ヶ丘高校の軽音部はバルバエキスを飲むことによって巨大化する…。

だが、それは自らの命を縮める、まさに最後の手段なのだ!

唯「私達!」

律澪紬「桜ヶ丘高校軽音部!」

唯「大切な仲間!」

律澪紬「梓!」

唯「私達はいつまでも!」

律澪紬「一緒だ!」

梓「先輩…」


銀河を貫く伝説の刃!

星獣戦隊!ギンガマン!



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 07:54:18.19 ID:QftoOVcbO

和「それでは、3年2組の学園祭の出し物は、
  演劇『光戦隊マスクマン』に決まりました」パチパチパチ

澪「…一つ質問があるんだけど」

和「何かしら?」

澪「…何、ソレ」

和「あら…、澪は知らないの?
  マスクマンは、ヒーローと、敵の姫という
  決して結ばれることのない愛を描いた
  特撮版ロミオとジュリエットというべき作品よ」

澪「だったら、普通にロミオとジュリエットでいいんじゃ…」

和「それとも、次点の『闘将ダイモス』にする?」

澪「いや、いいです」

和「じゃ、満場一致で決定と…」

澪「そういうこと言ったわけじゃないんだが…」

和「続いて、配役を決めましょう」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:04:08.86 ID:QftoOVcbO

―1時間後

和「配役も決定と…」


・レッドマスク/タケル:秋山澪
・ブラックマスク/ケンタ:佐藤アカネ
・ブルーマスク/アキラ:立花姫子
・イエローマスク/ハルカ:瀧エリ
・ピンクマスク/モモコ:野島ちか
・東博士:高橋風子
・ギャラクシーロボ:平沢唯
・美緒:田井中律
・地底王ゼーバ/リサールドグラーJr.:若王子いちご
・地底王子イガム:田井中律(2役)
・地底忍フーミン:中島伸代
・地底忍オヨブー:近田春子

・姿三十郎長官:谷隼人




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:08:41.67 ID:YJWDxhIMO

むしろけいおん×ダイモスが気になるな



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:09:43.69 ID:QJJeK9Zr0

美緒役の律とな





57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:16:01.16 ID:QftoOVcbO

澪「ちょっといいか?」

和「何かしら?」

澪「色々といいたいことはあるが…、なんだコリャ?
  私が主役っていうのが霞むくらいツッコミたい!」
澪「律が2役ってなってるけど、無理だろ!
  脚本見ると、律同士の会話がいっぱいあるじゃないか!」

和「大丈夫よ、CGで合成するから」

澪「すでに演劇じゃないぞ!」

紬「じゃあ、クローン技術でりっちゃんをもう一人作ろうかしら…」

和「それ、いいわね」

澪「よくない!」

澪「それから、谷隼人さんだけ本人なんだ!?」

和「まあ、ファンサービスね」

紬「谷さんもノリノリだったわ」

澪「そ、そうなのか…」

和「さ、細かいことは気にしないで早速練習始めましょう!」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:30:17.76 ID:QftoOVcbO

澪アカネ姫子エリちか「オーラマスク!」

和「駄目駄目、タイミングがずれてるわ。もう一回」

澪「何でこんな厳しいんだ…」

律(美緒)「罪を悔いるのは立派なことです!」

律(イガム)「罪を悔いるには、私はあまりにも血にぬれているのだ…」

さわ子「いいわね~、りっちゃん、どの衣装もよく似合ってるわ~」

唯「鉄拳オーラギャラクシー!」ドーン

いちご「ぎょえー」

紬「唯ちゃん、ロボは喋っちゃ駄目よ」

唯「そうなの!?」ガーン

澪「…やっぱり、普通のロミオとジュリエットにしないか?私主役でいいから…」


光戦隊!マスクマン!



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:42:18.10 ID:QftoOVcbO

唯「今日は、あずにゃんだけにあだ名があるのは不公平だから、
  私がみんなのあだ名を考えてきました!」

紬「わ~」パチパチパチ

律「私とかムギってあだ名じゃなかったの?」

唯「まずはムギちゃん!ムギちゃんのあだ名は…」

唯「『ゲルユリアン』ちゃん!」

紬「まあ…、なんて素敵な…//」

律「そこは拒否しとけ」

唯「続いてりっちゃん!りっちゃんのあだ名は…」

唯「『実は乙女ちゃん』!」

律「悪いことだかいいことか褒めているのかありがとさん」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:47:58.81 ID:QftoOVcbO

唯「最後に澪ちゃん!澪ちゃんのあだ名は…」

澪「しましまパンツとかじゃないよな?」ギロリ

唯「……」

唯「…またの機会にします」

律(図星か…)


1つ、非道な悪事を憎み!

2つ、不思議な事件を追って!

3つ、未来の科学で捜査!

4つ、良からぬ宇宙の悪を!

5つ、一気にスピード退治!

S.P.D!

特捜戦隊!デカレンジャー!



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 08:56:11.67 ID:QftoOVcbO

律「澪ー!ずっと一緒だって言ったじゃないか!」

澪「フン…。黙れ、下等音楽が」

唯「ムギちゃん!どうして…」

紬「ごめんなさいね…。でも、もう決めたの…」

梓「純!軽音部に入ってくれるって言ったじゃない!」

純「軽音部…?あんなところに、私の求めるものはない!」

澪紬純「そう、私達の求める音楽はここにある…」

澪紬純「DEATH DEVILに!」

律「澪ー!」

梓「純ー!ムギ先輩ー!」

唯「みんな…。いつか、きっと元に戻してあげるからね…」

友よ、何故、君達は悪魔に魂を売ったのか?


超獣戦隊!ライブマン!



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:06:17.96 ID:QftoOVcbO

梓「律先輩、ムギ先輩ってすごいお嬢様なんですか?」

律「そうだぞー、家には執事さんがいて、
  長期休暇には外国行ったりしてるんだぞー」

律「よーし、それじゃあ今から電話して、ムギんち遊びに行こうぜ!」

律「携帯でないな…。家にかけてみるか」

「はいもしもし」

律「あっ、つながった。もしもし、紬さんのお父さんですか?」

「いえ、私琴吹家の執事でございます」

律梓憂「本当に執事いたー!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:17:03.42 ID:QftoOVcbO

律「あ、あの、今紬さんはいらっしゃいますかしら?」パニック

『紬お嬢様はただいま…』グアアアアア! ドガアアアアン

『む…。申し訳ありません、
 少しお時間をいただけますか?仕事を片付けてまいりますので…』

律「あ、そんな…」

『3分ほどですみますので…』

律「はあ…」

『行きますよ~!』

『アチャ~!コチャ~!アチャ~!コチャ~!それ~!』

『おっきくなってね!』グオオオオオ!

『お待たせ致しました。
 紬お嬢様は、ただいまフィンランドで避暑中でございます』

律「そうですか、ありがとうございました…」ピッ

律梓憂(仕事ってなんだー!?)


超力戦隊!オーレンジャー!

オーレ!



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:25:44.32 ID:QftoOVcbO

ここ、ヒューマンワールドでは、

サウンドワールドからやってきた怪物「ロムビアコ」が大暴れしていた!

「プリンセスキャノンボール!」ドガアアアン

「やれやれ、片付いたか…」

―サウンドワールド

唯「あっ!いた!」

律「本当か?」

梓「よかった…。トンちゃん、勝手に水槽からでたら駄目でしょ?」

澪「おい、トンちゃんケガしてるぞ?」

紬「あらあら大変」

唯「まったく、何して遊んできたの?」メッ

トンちゃん「?」


正義のロードを突き進む!

炎神戦隊!ゴー!オンジャー!



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:33:46.71 ID:QftoOVcbO

律「私と澪はちょっと寄るところがあるから、ここでな」

紬「私はバイトがあるから~」

唯「うん、それじゃまた明日ね~。それじゃあ行こうか、あずにゃん」

梓「はい」



唯「ねえ、ちょっとコンビニよっていこうよ」

梓「いいですよ」

唯「アイス~♪アイス~♪ありゃ、誰かいる…」

「アイス…。美味しそう…。食べたい…」ベッタリ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:42:06.44 ID:QftoOVcbO

梓「アイスのところにべったりくっついて、まるで唯先輩ですね」

唯「私はあんなに意地汚くないよ!」プー

「食べたい…。でもこれを買うとおこづかいが…」ガチャ

「ああ…、手が勝手に…」フラフラ

梓「本当に唯先輩みたい…。よくみると、顔も似てますよ?」

唯「でも、あの子は黒髪だね。あずにゃんみたい」

梓「そ、そうですか?」

「あ、こんなところにいた!」

「もう、何やってるの?迷子になるから一人で歩いちゃ駄目っていったじゃない」

「ごめんなさ~い」

唯「おお…、今度は和ちゃんだ…」

梓「そうですね、金髪で眼鏡かけてないけど、和先輩にそっくりです」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:45:02.52 ID:QftoOVcbO

「ほら、行くわよ。アイスは戻して」

「ひえ~。お許しを~」ズルズル

唯「ねえ」

「え?」

唯「はい。私の半分あげるよ」

「本当?ありがと~!」

「こら!あ、どうもすいません…」

唯「いいのいいの!それじゃあね~!」

「ばいば~い」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 09:56:24.84 ID:QftoOVcbO



律「あったあった。このCD欲しかったんだ」
澪「あんまり無駄遣いするなよ」

律「わかってるよ。ちょっと楽器も見ていこうぜ!」

澪「はいはい」

「うおー!み、見ろ!こんな貴重なベースがこんなに…」

「待て!落ち着け!こっちには物凄いドラムセットが…」

律「なんだありゃ?」

澪「最新のコーナーで貴重…?」

「見ろ!私さわった!さわったぞ」

「こっちもだ!うおー!すげー!」

律「…なあ、お嬢ちゃん達?ここは一番最新の楽器が置いてあるんだぞ?」

律「楽器見たことないのか?」

「ッ…!」

律「な、なんだ?」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:02:49.61 ID:QftoOVcbO

澪「おい、子供を怖がらせるな」

澪「ごめんな、こいつは後で怒っとくから」

律「こら!私はなにもしてないぞー!」

「……」ジー…

澪「なんだ?何かついてる?」

「あ、すいません…」

律「まあ、あんまり店の中では騒がないほうがいいぞー」

律「それじゃあそろそろ行くか」

澪「ああ、それじゃあな」

「ま…、待って!」

律「ん?」

「あの…、それ…」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:07:28.18 ID:QftoOVcbO

律「このスティックがどうかしたのか?」

「……」

律「…もしかしてドラムに興味ある?」

「……」コク

律「本当か?…よし、これお前にやるよ!」
澪「いいのか?」

律「ああ、家に予備あるし。ほら」

「ありがとう…!」グス

律「スティックぐらいでそんなに喜んでもらえるとはな…」

「……」ジー



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:12:21.53 ID:QftoOVcbO

澪「…え~と、私はピックくらいしか…」

「あ…、ありがとうございます…」グス

澪「そ、そうか、喜んでもらえて何よりだ」
律「よし、それじゃあな!頑張れよ!」

澪「元気でな」

律澪「……」

律「なあ、さっきの子達、何か私達に似てなかった?」

澪「私も思った…」

律「ちょうど私達と髪の色が反対だったな」
澪「そうだな…。何だったんだろう…」

律「別にいいじゃん、そんなこと」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:19:04.67 ID:QftoOVcbO

律「今、新しいドラマーが私の手で生まれた!そっちのほうが重要だろ」

澪「そうか?」

律「そうなの!」



紬「いらっしゃいませー」

「……」

紬(あら、かわいいお客さん)

「……」

紬「どうしたの?何がほしいのかな?」

「あの…、一番大きいものを…」

紬「一番大きいのって…、ギガントサイズだけど…」

「それ、お願いします!」パァァ

紬(いいのかしら…)

紬「お待たせしました~」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:26:38.62 ID:QftoOVcbO

「……」パァァ

紬(すごい笑顔…。ポテトのLにドリンクもL…)

「いただきま~す」ムシャムシャパクパク

紬(す、すごい!大人でも苦労するギガントサイズを…)

「ごちそうさまでした」

紬「おいしかった?またきてね」

「はい、どうもあり…」ハッ

紬「どうかしたの?」

「何でもありません!ありがとうございました!」タタタ

紬「…そういえば、あの子眼鏡とったら私に似てるかも…?」

紬「うふふ、また会えるかしら…?」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:32:45.17 ID:QftoOVcbO



唯「アイスおいしかった~」

梓「よく飽きませんね?」

唯「アイスは別腹なんだよ~」

唯「あっ!あずにゃん、猫がいるよ!挨拶しなくていいの?」

梓「猫じゃありません!」

唯「あはは…。おや」

梓「なんですか?」

「かわいい…。連れて帰りたい…。
 でもそんなことしたら怒られる…」ニャー ゴロゴロ

梓「ねえ」

「えっ」

梓「猫、好きなの?」

「あ…、はい」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:37:12.86 ID:QftoOVcbO

梓「そうなんだ。私も好きだよ」

梓「猫はね、喉を撫でてあげると喜ぶんだよ」ゴロゴロ ニャ~

梓「ほら、やってみて」

「は、はい」ニャ~ ゴロゴロ

梓「ねっ?」

「はい!」

梓「あっ…」

「?」

唯「えい!」ムギュー

「うわっ!」

梓「ちょっと、唯先輩やめてください!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:41:27.92 ID:QftoOVcbO

唯「何かこの子見てたら抱き着きたくなっちゃって~」

梓「駄目ですよ、いきなりそんなことしたら怖がって…」

「///」ポケー

梓「ない!?」

唯「あ、もう行かなきゃ…。憂が待ってるや」

梓「そうですね。それじゃあね、また遊ぼうね」

「う、うん…」

唯「ばいばい」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:46:32.99 ID:QftoOVcbO

唯「う~ん…」

梓「どうかしたんですか?」

唯「さっきの子から、あずにゃん分が補給されたんだよ」

梓「何ですかソレ…」

唯「気のせいかなあ…。でも、さっきの子、あずにゃんにそっくりだったね」

梓「そうですか?」

唯「髪の毛は栗色だったけどね」

梓「ふふ…、また会えるでしょうか?」

唯「会えるよ、きっと。ううん、絶対。そんな気ないがする」

梓「そうだといいですね」


未来戦隊!タイムレンジャー!



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 10:57:41.57 ID:QftoOVcbO

突如、宇宙から大星団ゴズマが飛来した!

律「大変なことになったぞ…」

紬「地球はどうなってしまうのかしら…」

唯「…みんな、聞いてほしいことがあるんだけど…」

梓「なんですか、唯先輩」

唯「私は地球人ではないんだ」

澪「なに言ってるんだ!?」

唯「この姿を見てくれ」
律「その姿は…」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:06:02.85 ID:QftoOVcbO

ユイ・イブキ「私の本当の名前は、ヒース星人、ユイ・イブキ。
       ゴズマに滅ぼされた星の生き残りだ」

ユイ・イブキ「今まで騙して、すまなかった…。」

律「唯って男だったんだな…」

ユイ・イブキ「それも含めて、すまない。
       私は行かねばならない。ゴズマと戦う戦士を育てるため…」

梓「そんな…、唯先輩…」

ユイ・イブキ「さらばだ、地球の友達よ」バーッ

律「唯ー!」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:14:52.04 ID:QftoOVcbO

―数ヶ月後

「グハハハハ、皆殺しにしろー!」

「待て!」

「何!?」

律「レッツチェンジだ!」

澪紬「おう!」

梓純「OK!」

「レッツチェンジ!」

「電撃戦隊!チェンジマン!」

「おのれ…、現れたな!」

ドラゴン「行くぞ!」

ユイ・イブキ「まさか、皆が地球を守る戦士に志願してくれるとは…」

ユイ・イブキ「ありがとう…」

電撃戦隊!チェンジマン!



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 11:42:54.24 ID:QftoOVcbO

唯「こんにちは、私達、百音部です」

唯「その名の通り、百の楽器を使って演奏します!」

唯「それでは、私達の相棒ともいうべき楽器達を紹介します!」
唯「まずは、私のギター、ギブソンのギー太!」

唯「そして、澪ちゃんのベース、エリザベス!
  あずにゃんのギター、ムスタングのむったん!」

唯「りっちゃんのドラム、ドラ衛門!ムギちゃんのキーボードのキー坊!」

唯「そして…」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 12:56:00.43 ID:QftoOVcbO

唯「フルートのプルートゥ、オルガンのオルタナティヴ、チェロのザッチェローニ」
唯「タンバリンの哲郎、カスタネットのうんたん、トライアングルのライアン」

唯「ウクレレのシンジ、ユーフォニアムの茜、ビオラのビオランテ」

唯「シンバルのシンバ、ピアノのピノ、ピッコロのマジュニア」
唯「バイオリンのイオリ、ヴィオリラのバイオ、エレキギターのエレキング」

唯「琵琶の佗助、尺八のシャークラー、三味線のあずにゃん3号」

唯「エレクトーンのロト、琴のコットン、アコーディオンのディオ」

唯「ハーモニカのモニカ、クラリネットのクララ、コンガのドンキー」

唯「アゴゴのイサム、トランペットのトランザ、トロンボーンのコロンボ」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:02:28.46 ID:QftoOVcbO

唯「チューバのチャップマン、ブブゼラのブラゼル、ギロのギロロ」

唯「大太鼓の大ベンジー、小太鼓の小ベンジー、リコーダーのクミ」

唯「オーボエのタケシ、口笛のミッキー、馬頭琴のスーホ」

唯「オカリナのトトロ、チャルメラのチャメゴン、ダルシマーのダルシム」

唯「ドムラのガイア、ウードのスズキ、ツインバリムのバロム・1」

唯「ホイッスルのキバット、タムタムのチャムチャム、どらのドラミ」

唯「シンセサイザーのグランセイザー、木魚のアフロディーテ、三線のトマソン」

唯「グロッケンシュピールのシュバルツ、チューブラーベルのマイク・O、キハーダのマグロ」

唯「ハーディガーディのウインディ、マリンバのマリバロン、シェイカーのミキサー大帝」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:06:12.49 ID:QftoOVcbO

唯「サンダーマシーンのマックィィーン、12弦ギターのトゥエルブ、カバサのタバサ」

唯「ウインドチャイムのゼクス、オルファリオンのアクエリオン、ウッドブロックのドブロック」

唯「マンドリンのマンK…」

律澪紬梓「それはやめてー!」


命あるところ、正義の雄叫びあり!

百獣戦隊!ガオレンジャー!



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:13:42.20 ID:QftoOVcbO

唯「う~ん、ムギちゃんのお菓子はいつも美味しいね~」

律「ハザードレベル50ってところかな」

唯「じゃあこれは?」ピッ←伝説のライブのビデオ

澪梓「ぐはっ!」

律「ハザードレベル100!」

唯「やっぱりこれを越えるのはそうはないね!」

澪「いや…、あるぞ」

澪「それはこれだ!」サッ

律「こら!カチューシャとるな!」

唯澪紬梓「ぐはあ!」

律「え!?」

澪「…な?」

唯「ハザードレベル500…」


果てなき冒険スピリッツ!

轟轟戦隊!ボウケンジャー!



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:17:32.04 ID:QftoOVcbO

―ある日の夕暮れ

律「澪…。好きだ!私とつき合ってくれ!」
澪「///」コク…

律「本当か!?やったー!」

律「そ、それじゃあさ、その、キス…」

澪「///」コク…

律「よ、よし…」

ダッダッダッ…

律「え…?」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:21:32.38 ID:QftoOVcbO

シュバーーーッ!!

律「ええーー!?」ビュオオー!

律「澪ー!」

澪「律ー!」

律「や…、やっといい感じになれたのに…」

律「あれは…、なんなんじゃー!」


人に隠れて悪を斬る!

忍者戦隊カクレンジャー見参!



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:28:17.99 ID:QftoOVcbO

唯「いよいよもうすぐ学園祭…。みんな、がんばろう!」

「おー!」

律「……」

唯「りっちゃん、どうしたの?」

律「…みんな、聞いてくれ…。じつは、私は本当の部長じゃないんだ」

澪「どういうことなんだ!?」

律「私は、影武者なんだ。この大一番をまでの…」

律「そして、今日学園祭のために物凄い特訓をしていた本当ね部長がやってくる…」
唯「そんな…」

さわ子「その通りよ」

唯「さわちゃん!」

さわ子「りっちゃん、今日までありがとう。さ、みんなに本当の部長を紹介するわ」
さわ子「…どうぞ、おはいりください」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:36:38.34 ID:QftoOVcbO

茜「…」

紬「この人が…」

唯「待って、それじゃありっちゃんはどうなるの?」

律「私は今までみんなを騙していたんだ、みんなとやる資格なんてないさ」

律「みんな、今までありがとう。それじゃあな…」バタン

唯「りっちゃん…」

律「さて…、これからどうするかな…」

律「…むっ」

和「ククク…、どうした?随分元気がないじゃないか」

純「我らと同類だな?」

律「不和純三に薄眼鏡太夫…、外道どもが」
和「ククク…私達とともに来ないか?私のように幻影と化すのだ」

純「レギュラーのように扱われても所詮はモップ…」

律「フン…。何もないよりはましか…」

和「私達二人を相手にやる気か?」

純「舐められたものだ」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:43:35.12 ID:QftoOVcbO

律「うるせえ!かかってこい!」

ふわふわタイーム!
ドガアアアン

ギャアアアア…

律「なんだ?」

唯「りっちゃん!」

律「みんな…。どうして…」

唯「あの部長さんが行けって行ってくれたんだよ」

律「なんで…」

澪「いまさら、私の仲を引き裂くことなどできないってさ」

紬「学園祭も、りっちゃんがでていいって言ってくれたのよ!」
梓「今まで通りですよ、律先輩!」

律「みんな…。よーし、やるぞー!」

一同「おー!」


天下御免の侍戦隊!

シンケンジャー!参る!



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:48:24.90 ID:QftoOVcbO

律「どこかの学校に、
  私にそっくりな、爆弾ボディーの子がいるらしい」ウフフフフ ドカーン

澪「ふーん。で?」

律「うらやましい」

澪「律だって、爆発してるじゃないか」

律「嫌みか?いじめか?」

澪「うそじゃないぞ。ほら、これ解いてみろ」←二次関数

律「…………」ドカーン

澪「な?」


爆発!

科学戦隊!ダイナマン!



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 13:52:46.63 ID:QftoOVcbO

―小学一年生の頃

和「唯ちゃん、テストどうだった?」

唯「よかったよ~。和ちゃんは」

和「私は100点よ。唯ちゃんは?」

唯「私はね~、はい!」

和「…これ、0点だよ」
唯「えっ?大きな丸じゃないの?」

和「残念だけど…」

唯「ふ~ん、そうなんだ~」

和「ちょっと見せて?」

唯「いいよ~」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:11:30.66 ID:QftoOVcbO

和「9-1=0…。1+1=田…。ある意味天才かも…」

和「1+2+サンバルカン…?=を消して+にしてある…」

唯「テレビでやってたから間違いないよ!問題が間違いだったから直してあげたんだ!」

和「…唯ちゃん、今日一緒に勉強しよう?」

輝け!

太陽戦隊!サン!バルカン!



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:17:38.97 ID:QftoOVcbO

突如現れた、宇宙バンドジャンジャカによって、

山中さわ子はハムスターに変えられてしまった!

さわ子「ちー!ちー!」

律「唯~、ハムスター顧問が何か言ってるぞ~」

唯「はい、ひまわりの種だよ~」

さわ子「むきー!違うわよ!早く元に戻しなさい!」

唯「そんなの無理だよ、私達があんなのに勝てる訳ないじゃん」
さわ子「ひとでなし!恩知らず!」

唯「も~、ひまわりの種あげないよ?」

さわ子「あ、待って…」

唯「よしよし、てか、さわちゃん今のほうがかわいいよ」

さわ子「むきー」カリカリカリ



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:23:16.47 ID:QftoOVcbO

ーその夜

トンちゃん「ま、元気だせよ。人生色々あらあな」

さわ子「ありがとう…。まさか、あなたに励まされるとはね…」
トンちゃん「気にすんな。あんたにはこの水槽の恩があるからな」

さわ子「ふふ…。あんた中々いい男かもね」
トンちゃん「あ、アタイこんな喋りだけどメスだから」

さわ子「あ、そう…」

ー翌日

唯「やっほー、さわちゃん、元気?」

さわ子「そんな訳ないでしょ…」

唯「今日はね、すごいプレゼントがあるよ!」

さわ子「プレゼント…?」

唯「さわちゃんにお婿さんを連れてきました~!」ジャーン

さわ子「ええ~!」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:29:25.03 ID:QftoOVcbO

雄ハム「よろしくなのだ!」クシクシ

さわ子「あなた、まさかハム…」

雄ハム「残念ながら違うのだ!
    これは、僕を育ててくれたブリーダーさんの口癖なのだ!」

さわ子「あ、そう…」

雄ハム「さあ、結婚するのだ!」

さわ子「ちょ、ちょっと、私にそんな気は…」

さわ子「でも、よくみるといい男…。いやまて!相手はハムスター…」

さわ子「しかし…、いつ戻れるかもわからない…。もしかしたら一生戻れないかも…」

雄ハム「一生大事にするのだ!」

トンちゃん(人生色々あらあな)

さわ子「うお~!」

雄ハム「これでいいのだ!」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:33:30.87 ID:QftoOVcbO

―しばらくして

ちーちー

唯「おお~、さわちゃん、子沢山!」

さわ子「見せ物じゃないわよ!」

律「それにしても、さわちゃんに先を越されるとはな」

さわ子「どういう意味よ!」

唯「それじゃあ私が名前をつけてあげるね!ハー太にムー太にスー太に…」

さわ子「気持ちだけ受け取っておくわ」

唯「ぶー」

律「さわちゃんそれじゃね~」

さわ子「はいはい。早く帰りなさい」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:37:40.76 ID:QftoOVcbO

―その夜

モゾモゾ

さわ子「…なんの音…?」

雄ハム「ボケー」モグモグ

さわ子「あなたー!子供食べちゃダメー!」
さわ子「ハッ!」

さわ子「ゆ、夢か…」


人も知らず

世も知らず

影となりて悪を討つ

忍風戦隊ハリケンジャー!

あ、参~上!



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 14:52:53.20 ID:QftoOVcbO

唯「私達も新シリーズが始まったことだし、
  ここで偉大な先輩達を振り返ってみない?」

澪「いい考えだな」

唯「よ~し、いくよ、みんな!」

「モエモエチェンジ!」オ~ジャマジョ!

どれみ唯「プリティーウィッチーどれみっちー!」

律あいこ「プリティーウィッチーあいこっちー!」

はづき紬「プリティーウィッチーはづきっちー!」

おんぷ澪「プリティーウィッチーおんぷっ」ちー!

ももこ梓「プリティーウィッチーももこっちー!」

「我ら!おジャ魔女戦隊マジョレンジャー!」

どれみ唯「すごいね!もう10年もたってるとは思えないよ!」

おんぷ澪「シリーズ後半の展開は大人でも考えさせられるよな」
律あいこ「これ、今新シリーズ始めても通用するんじゃないか?」

はづき紬「ふぁみちゃん主役で?」

梓ももこ「それは賛否ありそうですね…」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:05:36.80 ID:QftoOVcbO

さわ子「あら…、懐かしいわね」

どれみ唯「でたな、先々代の女王!」

さわ子「だ~れが先々代だ!?野菜どころか水も飲めないようにしてやろうか!?」
唯「よし!次行って見よう!月は憂も入れて6人だ!」

「モエモエチェンジ!」セ~ラム~ン!

セーラー唯ムーン「月にかわっておしおきよ!」

セーラー律マーキュリー「水でも被って反省しなさい!」

セーラー澪マーズ「火星にかわって折檻よ!」

セーラー憂ジュピター「木星にかわってヤキいれてやるよ!」

セーラー紬ヴィーナス「愛の天罰落とさせて頂きます!」

セーラーちび梓ムーン「未来の月にかわっておしおきよ!」

「我ら、セーラースターズ!」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:10:27.62 ID:QftoOVcbO

唯ムーン「これも今だに人気あるよね~」

律マーキュリー「実写化したりして忘れたころに復活するよな」

澪マーズ「当時の人気は物凄かったからな」
紬ヴィーナス「玩具の売上もすごかったのよ」

ちび梓ムーン「ところで憂のセリフ結構すごいね…」

憂ジュピター「しょ、しょうがないでしょ!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:18:49.42 ID:QftoOVcbO

さわ子「あら…、これまた懐かしいわね。最後のほうはちょっとアレだけど…」

唯ムーン「でたな、クイン・ベリル」

さわ子「だ~れがクイン・ベリルだ!?お前もジェダイトと同じ目にあわせてやろうか!?」

さわ子「ちょっと貸しなさい!私が手本を見せてあげるわ!」

唯「さわちゃんが!?一体何に…」

唯「そうか!よし子さんだね!サリーちゃんの」

さわ子「違います!」

律「あしゅら男爵とか?シャワーシーンもあるし」

澪「あれは男が混じってるじゃないか」

紬「けっこう仮面かも~」

さわ子「違う!」

さわ子「全く!あんた達は…。これよ!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:24:12.47 ID:QftoOVcbO

「モエモエチェンジ!」デ~ジキャラット!

一同「おお!」

でじさわ子「どう?私はこれで、一世を風靡したのよ?」

でじさわ子「あ~、懐かしい…。って、みんな、どうしたの?」
律「さわちゃん、声、声!」

澪「あと、口調も…」

でじさわ子「あ…、長いDEATHDEVIL生活ですっかり忘れてたわ…。では改めて」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:28:53.99 ID:QftoOVcbO

でじさわ子「こんにちはだジョー!」

一同「……」

でじさわ子「違ったかしら…。こんにちはだよ~ん!
      こんにちはダス!こんにちはなのココロ!こんにちはザンス!」

一同「忘れてんじゃん…」


海賊戦隊!

ゴーカイジャー!



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:34:05.17 ID:QftoOVcbO

梓「すいません!遅れました!」

律「お~、やっときたか」

紬「今、お茶用意するわね」

澪「ほら、早く座れ」

梓「すいません」

唯「あ~ずにゃ~ん」ムギュー

紬「はい、どうぞ」

梓「ありがとうございます」

梓「……」

澪「どうかしたのか?」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:42:02.80 ID:QftoOVcbO

梓「いえ…、ただ、ちょっと寂しくなっちゃって」

澪「どういうことだ?」

梓「先輩達が卒業しちゃったら、
  こんなふうに5人集まることもなくなっちゃうのかなって…。
  最近、そんなことばっかり考えちゃうんです…」

紬「梓ちゃん…」

梓「すいません、変な話して…」

律「なーに言ってんだ、今日一番遅れてきたくせに!」

律「私達はな、お前が会いたいと思ったら、いつでも駆け付けるぞ!」

澪「そうだぞ、梓」

紬「梓ちゃん」

梓「律先輩…、澪先輩…、ムギ先輩…」

唯「そうだよ~!私達はいつでも一緒だよ~」

唯「あずにゃんが寂しくなったらいつでもこうやって慰めてあげるからね」ムギュー

梓「唯先輩…//」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:44:39.75 ID:QftoOVcbO

律「よーし!今日はかわいい後輩のために、練習するか!」

澪「珍しいな?」

律「私はいつでもやる気だぞ!」

律「よーし、まずはふわふわ行くぞ!ワン、ツー、スリー!」


五人揃って!

ゴレンジャー!



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:47:30.82 ID:QftoOVcbO





135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:50:13.88 ID:QftoOVcbO

ありがとうございました

こんなに時間がかかるとは…

それでは失礼致します




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:50:44.39 ID:YJWDxhIMO

乙!



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:53:08.89 ID:rykNtKT00


正直無理があるというかこじつけというかそういうのもあったけど心意気は伝わった



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 15:55:36.30 ID:LdjWVkjr0


2期の公式HPでの宣伝画像って妙に戦隊モノっぽいよな



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 16:00:29.53 ID:3fLlwo3vO

おつおつ




唯「和ちゃん!」魚見「英稜高校生徒会長の魚見です」#小ネタ




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「レジェンド!」
[ 2011/05/02 20:56 ] ヒーロー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6