SS保存場所(けいおん!) TOP  >  SFホラー >  唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#前編 【SFホラー】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1274620660/l50


唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#前編
唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#中編
唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 22:17:40.78 ID:g0vtWPvy0

唯「……………」

澪「えっ!唯、何を言ってるんだ?あ、あとその服装と、手に持ってるのは…銃?」

唯「……………」



ダ ダ ダ ダ ダ ダ!!

澪「ひっ!」ガクッ

唯「質問してるは私なんだよ?澪ちゃん死にたいの?」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 22:26:31.53 ID:g0vtWPvy0

澪「ひ…あ……」ガクガク

唯「貴方の名前は?」

澪「え…………」

唯「……………」


  ダ ダ ダ ダ!!

澪「キャーー!秋山!!秋山澪です!!」

唯「生年月日は?」

澪「あ……あ…」ガクガク

唯「……………」チャキ

澪「や、やめて!撃たないで!」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 22:35:02.48 ID:g0vtWPvy0

唯「………早く」

澪「い、1月15日です…」

唯「血液型は?」

澪「A型…」

唯「出身校は?」

澪「さ、桜が丘高校」

唯「何の部活に入ってた?」

澪「…え……なにを…」

唯「…………」


ダ ダ ダ ダ ダ ダ!!



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 22:43:32.74 ID:g0vtWPvy0

澪「いやー!!」

唯「答えられないの?」チャキ

澪「けいおん!軽音楽部です!!」ビクビク

唯「部活の構成員の名前は?貴方含めて全部答えて…」

澪「平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬、中野梓」

唯「飼ってた亀の名前は?」

澪「と、とんちゃん……」

唯「………」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 22:51:31.87 ID:g0vtWPvy0

唯「ごめんね澪ちゃん、驚かしちゃって」サッ

澪「えっ?」

唯「立って」グイ

澪「あっ」スッ

唯「澪ちゃんは今だ…昔じゃない…」

澪「む、昔とか今とか、どういう事なんだ!?それに唯、その銃!?」

唯「それは後で説明するよ…とりあえずこれだけは言わせて…」

澪「?」

唯「ようこそ、今へ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:00:37.48 ID:g0vtWPvy0

数時間後


唯「あずにゃん、ただいま」

梓「あ、唯先輩、おかえりなさい」

澪「えっと…梓?」

梓「!?」チャキ

澪「あ、梓!?」

唯「あずにゃんやめて……澪ちゃんは昔じゃないよ」

梓「で……でも」

澪「あ…なに……また…銃」ガクガク



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:08:52.83 ID:g0vtWPvy0

梓「……………」

梓「ちゃんと確認したんですか?」

唯「うん……ちゃんと全部言えたよ…」

梓「……………」

唯「あずにゃん少し神経質になってない?
  あんまり固執すると過去がやってきちゃうよ?」

梓「あんな出来事……もう嫌ですから…」

澪「…………」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:20:55.27 ID:g0vtWPvy0

澪「な、なんなんだよ!さっきから!昔とか、過去とか!わ、訳がわからない!」

澪「あ、あと、建物とか凄く壊れて!!ま、まるで戦争でもあったみたいに!」

澪「何なんだよ!何なんだよー!!」

唯「……………」

梓「……………」

唯「色々説明しなきゃならない事があるね…」

澪「…………」

唯「ただ今はこれだけは覚えてて」

澪「…………」

唯「私達は今を生きてる。未来に向かって進んでる。
  だから昔を思い出さず、過去は振り返らないの」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:33:17.97 ID:g0vtWPvy0

唯「昔は過去を呼ぶ、過去は破滅を招き寄せる」

澪「……………」

唯「そして破滅は何も残さない」

澪「…………」

唯「もちろんこれは私の言葉じゃないよ、これは誰かの言葉」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:41:10.73 ID:g0vtWPvy0

澪「…………」

唯「でも今は皆の言葉」

梓「…………」

澪「……よく…わからないよ」

唯「今はわからなくて良いよ。
  でも今を生きてる澪ちゃんはいずれわかるはずだよ」
  
澪「…………」

唯「もう一度言うよ、ようこそ、今へ………
  いや、今の澪ちゃんにはこっちのほうが良いかな?」

唯「ようこそ二年後へ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:51:18.48 ID:g0vtWPvy0

ザッザッザッ

唯「……………」

梓「……………」

澪「…………なぁ…」

唯「なに?」

梓「…………」チャキ

澪「どこに行くんだ?」

唯「拠点に戻るの……」

澪「拠点?」

唯「うん、皆が居る所だよ」

澪「皆!軽音楽部の皆か!?」

唯「それも含めての皆だよ…」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/23(日) 23:57:55.75 ID:g0vtWPvy0

澪「ムギと律は元気か!?」

唯「……ムギちゃんは元気だよ」

澪「えっ…律は?」

唯「…………」

澪「な、なあ律はどうしたんだよ?」

梓「………少し黙っててくれませんか?」

澪「えっ」

梓「気が散りますから」

澪「……………」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:06:21.89 ID:UyOg1hxZ0

ザッザッザッ


ピタ

唯「さぁ、着いたよ」

澪「ここが拠点?」

梓「そうです。ここが私達の拠点ですよ」

澪「でも、テントしか無いじゃないか…」

唯「定住は執着を呼ぶの…そして執着は過去を呼び寄せる」

梓「今の澪先輩にはきついかもしれないけど耐えてください」

澪「そんな……」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:16:09.35 ID:UyOg1hxZ0

梓「言っておきますけど、お風呂に何か入れませんからね?
  体を洗いたいなら濡れタオルで体を拭いてください」

澪「そ!そんなそれじゃ汚くなるじゃないか!?」

梓「知りませんよ。そんな事」

唯「…あずにゃん澪ちゃんをあまり虐めないで…
  週に一度シャワーが使えるじゃない」

澪「しゅ、週に一度……」

梓「一度墜とされたほうがましに感じるでしょう?」

澪「…………」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:25:27.30 ID:UyOg1hxZ0

中年女性「おかえりなさい、唯さん、梓さん」

唯「……どうも」

梓「……………」

中年女性「………彼女は?」

唯「帰還者です」

梓「本当かどうかわからないですけど…」チャキ

澪「……………」

中年女性「ちゃんと確認はした?」

唯「はい」

梓「…………」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:30:09.84 ID:UyOg1hxZ0

中年女性「もし違ってたら…ちゃんと殺すのよ」

澪「!?」

唯「…………」

梓「はい」チャキ

澪「…………」

唯「行こう、澪ちゃん」

澪「う…うん」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:39:04.95 ID:UyOg1hxZ0

澪「……………」

唯「……………」

梓「そこを左です」

澪「………なぁ、梓…」

梓「…何ですか?」

澪「何で私が先頭なんだ?」

梓「そのほうが楽じゃないですか」

澪「えっ」

梓「色々と」

唯「…………」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:46:01.38 ID:UyOg1hxZ0

梓「着きました。ここが私達の家です」

澪「…………」

梓「今、小さいって思ったでしょう?」

澪「い、いや……」

梓「これでも五人用なんですから、贅沢言わないでくださいね」

澪「………うぅ」

梓「……ムギせんぱーい!」

ムギ「ハーイ!!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:53:07.37 ID:UyOg1hxZ0

紬「唯ちゃん、梓ちゃんお帰りなさい!!無事でよかっ……」

澪「あっ…ムギ!」

紬「………もしかして澪ちゃん!?」

澪「うっ、うん」

唯「どうやら帰還できたみたいなんだ」

梓「…………」




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 00:57:19.11 ID:rOBttmLQQ

梓の澪への邪険な扱いがこの先の話にどう関わっていくか



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 01:10:04.56 ID:Rc5JlNSj0

ターミネーターのようなマトリックスのような。





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 01:32:53.67 ID:UyOg1hxZ0

紬「まぁ!まぁ!良かったわ!
  唯ちゃんと梓ちゃんが澪ちゃんだけは
  見かけないって言ってたからもしかしたらって思ってたの!」

澪「見かけない?」

紬「澪ちゃん、お帰りなさい!」

澪「あ、あぁ!ただい…」

紬「どうかしたの?」

澪「ムギ!腕が……」

紬「これ?運が良いでしょう?片腕だけですんだの」

澪「えっ…」

紬「そんな事より良かったわね!ねぇ!唯ちゃん、梓ちゃん!」

唯「うん、そうだね」

梓「……そう…ですね」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 01:40:22.62 ID:UyOg1hxZ0

紬「今日はお祝いにおいしい物を作るわ!」

澪「あ、あぁ」

梓「野菜とかしかないですけどね…」

紬「それは工夫すれば良いのよ」

唯「うん、紬ちゃんの料理はおいしいからね」

紬「ありがとう!」

澪「き、期待してるよ」

紬「うん♪」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 01:49:03.28 ID:UyOg1hxZ0

紬「こうしているとあの頃に戻ったみたいだわ!本当に懐かしい!」

唯「!!」
梓「!!」

紬「あの頃は…」

バキッ!

澪「ゆ、唯!」

唯「…………その言葉は、禁句だよ?」

梓「何考えているんですか?」

紬「ご、ごめんなさい…つい」

唯「私も……殴ってごめんね…」

紬「私も悪かったの…ごめんなさい」

澪「……………」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 01:56:04.58 ID:UyOg1hxZ0

カチャカチャ

澪「…………」

唯「…………」

梓「…………」

紬「澪ちゃん、おいしい?」

澪「う、うん」

紬「そう、よかったわ」

梓「……どうだか」

紬「梓ちゃんそんな事言っちゃ駄目よ」

梓「すいません」

澪「…………」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:05:04.45 ID:UyOg1hxZ0

澪「…………」

唯「…………」

梓「…………」

紬「…………」

澪「な、なぁムギ」

紬「ん?澪ちゃん何かしら?」

澪「この拠点って男の人が見かけないけど、何かあったのか?」

紬「男の子ならいるわよ?」

澪「いや、大人の……」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:12:59.51 ID:UyOg1hxZ0

唯「男の人は過去に捕らわれやすいから、たぶんもういないんじゃないかな」

梓「ある意味気楽ですけど」

紬「確かにそうかもしれないわね♪」

澪「…………そう、なんだ」

唯「…………」

梓「…………」

紬「…………」

澪「……なぁ、皆」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:23:57.37 ID:UyOg1hxZ0

澪「昔とか過去とかって何なんだ?」

唯「………いずれわかるよ…」

梓「恐がりの澪先輩のくせに聞きたいんですか?」

紬「昔は怖い、過去はもっと怖い、そんなところかしら」

澪「そう…なのか」

唯「今は考えなくて良いよ。そのほうが良い」

梓「澪先輩ひきずりそうですからね」

紬「今は体を洗って寝ましょう?」

澪「…………」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:33:54.67 ID:UyOg1hxZ0

梓「といっても濡れタオルしかないですけどね」

唯「恥ずかしいからって断ったりしないでよ?」

紬「やるとやらないとじゃ段違いなのよ」

澪「ちょっ、ちょっと待って」

梓「早く洗ってください。言っておきますけど隠す物なんて無いですからね?」

唯「早く慣れてね?」

紬「開けっぴろげも良いものよ?」

澪「そ、そんなー」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:36:13.34 ID:GyWdTX4V0

お、ちょっとだけいつものノリに…



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:37:14.77 ID:LyPawB46O

開放的……





81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:42:44.10 ID:UyOg1hxZ0

深夜



澪「せまいな…」

澪「みんな寝たのか?」

唯「…………」

梓「…………」

紬「…………」

澪「………寝たのか」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:51:37.05 ID:UyOg1hxZ0

澪「……………」

澪「………これは夢なんじゃないかな?」

澪「起きたら全部元通りで……」

澪「朝に学校に行って…」

澪「皆でバカ騒ぎして…さわ子先生に起こられて……」

澪「…………そして皆でバンドして」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 02:57:53.42 ID:UyOg1hxZ0

澪「寝て起きたら、きっと元通りになってるんだ」

澪「ベットから起きて夢だったのかって思うんだ」

澪「そしてシャワーを浴びてすっきりして…」

澪「そして……」ウトウト

澪「……そ…して…」ウトウト



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:00:57.77 ID:UyOg1hxZ0







    澪さーん  澪さーん  







92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:06:36.96 ID:UyOg1hxZ0

澪「何だ?」

    澪さーん  澪さーん 

澪「声が聞こえる…」

    澪さーん  澪さーん

澪「外からだ…」

    澪さーん  澪さーん

澪「……怖いけど………行ってみよう」ガバッ



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:10:02.90 ID:UyOg1hxZ0



   澪さーん   澪さーん


   澪さーん   澪さーん


澪「私を呼んでる」テクテク


   澪さーん   澪さーん



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:18:00.60 ID:UyOg1hxZ0

??「………………」


澪「………さ、さわ子先生!?」

さわ子「…………そう、私はさわ子先生」

澪「…何でこんな所に?」

さわ子「………何でかしらね?」

澪「生きて…いたんですか?」

さわ子「そう……生きていたの」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:25:52.73 ID:UyOg1hxZ0

澪「良かった!?唯達の話に出てこなかったからてっきり」

さわ子「てっきり?」

澪「てっきり亡くなったのかと……」

さわ子「亡くなってないわよ?」

澪「……それで、どうして所に?」

さわ子「ねぇ、澪さん?」

澪「な、なんですか?」

さわ子「近くに寄って良いかしら?」

澪「は、はい構いませんけど…」

さわ子「ありがとう」テクテク



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 03:37:17.74 ID:UyOg1hxZ0

さわ子「…………」

澪「あの、近いんですけど……」

さわ子「ねぇ、澪さん、こっちにこない?」

澪「はい?」

さわ子「こっちは良いわよ?今なんかよりずっと良いわよ?」グイ

澪「えっ先生?」

さわ子「こっちは良い所よ」ググ

澪「い、痛いです!先生!」

さわ子「こっちは良いところなんだから!」

澪「いや!離して!」

さわ子「頭がわれるぐ ら い に ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ! ! 」カパッ



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 10:46:58.60 ID:UyOg1hxZ0

澪「!?いやー!!」バッ!

さわ子「!?」ドサッ

澪「な…うあ……」

さわ子「いたーい…澪さーん」ムク

澪「……先…生…」ガクガク

さわ子「し か え し し て あ げ る」ウジュル ウジュル

澪「ひぃ!あ…あ」ガク

さわ子「ねぇ澪さーん、一緒に行きましょうよ?
    一緒にい ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ」ウジュル ウジュル 

澪「い、いやだー!!!」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 10:58:29.80 ID:UyOg1hxZ0

ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ!!


澪「……え?」

唯「…………」
梓「…………」

さわ子「ぐぎいぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ」バシュ!バシュ!

唯「大丈夫、澪ちゃん?」

梓「無事で良かったです」

澪「………唯と梓?」


ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ!!


さわ子「いだい! い だ い わ よ ぉ ぉ ぉ ぉ!」

唯「これで何人目かな?この人」

梓「結構出てきますもんね」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:09:31.09 ID:UyOg1hxZ0

澪「え………あ…」

さわ子「ひどい!ひどいわ二人どもお ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ」

唯「こいつで助かったね?そんなに強い奴じゃないし」チャキ

梓「弾の無駄だし、近接で片づけちゃいましょう」タッタッ

さわ子「ぐ う ぅ ぅ ぅ ぅ ぅ ぅ」

梓「…………」

梓「覚えてください澪先輩」

澪「?なに……」

梓「スコップもうまく使えば、良い武器になるんです…よ!」グシャ!

澪「ひっ」




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:12:07.96 ID:M2EQY8lT0

スコップっていうと園芸用の小さいやつ思い浮かべる
ぶん回すのはシャベルじゃね



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:18:53.19 ID:wTG3h72hP

道路整備の穴掘りが丸スコ角スコって言ってたけどな





152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:18:54.16 ID:UyOg1hxZ0

梓「……………」グシャ!  グシャ!


さわ子「いだい ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ」グチャ グチャ

梓「唯先輩、早く手伝ってくださいよ」

唯「わかってるよ、あずにゃん」シュッ

澪「お、おい…」

唯「…澪ちゃん、ちょっと待っててね?」グシャ!

さわ子「ぎゃあ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ!!」グチャァ

澪「…………」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:31:01.75 ID:UyOg1hxZ0

さわ子「た ず け で 澪 ざ ん ご い づ ら ひ ど ご ろ し ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ」グジュジュ

梓「……………」グシャ グシャ
唯「……………」グシャ グシャ

澪「……………」

さわ子「た ず げ て よ ご の は く じょ う も の ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ」グチャ

澪「………お、おい」

唯「騙されないで、これは澪ちゃんが知ってた人じゃない」グシャ グシャ

梓「これは昔、これが昔ですよ」グシャ グシャ

澪「…………昔」

さわ子「ぐ う う う う う う う う う」

唯「さようなら……また会うだろうけど!!」グシャ!



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:46:16.40 ID:UyOg1hxZ0




梓「じゃあ手早く埋めましょうか?」ザクッザク

唯「そうだね、ほっとくと昔が寄ってくるしね」ザクッザク

澪「……………」

梓「……………」ザクッザク
唯「……………」ザクッザク

澪「……………」

唯「ねぇ?澪ちゃん?」

澪「………何だ?」

唯「この人はわりと出やすいから見かけたら構わず撃って良いよ」

梓「といっても最初は拳銃ですけどね」

澪「…………」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 11:57:18.32 ID:UyOg1hxZ0

澪「…………なぁ」

唯「なに?」ザクッザクッ

澪「朝になったら色々と聞かせてくれよ……」

唯「わかった」ガチャ

梓「澪先輩がちゃんと今だってわかりましたし、私も良いです」ポンポン

澪「うん…」

唯「帰ろうか?」

梓「ムギ先輩心配してるだろうし」

澪「…うん」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:10:20.35 ID:UyOg1hxZ0

翌朝


澪「それじゃあ説明してくれよ。
  あのさわ子先生みたいな怪物の事とか、昔とか過去とかの事…」

唯「………どこから説明すれば良いかな…」

梓「唯先輩が帰還した辺りからで良いんじゃないです?」

唯「そうだね、わかった」

紬「……お水しかないけど」ガチャ

澪「あ、ありがとう」

唯「ありがとう」

梓「ありがとうございます」

唯「…………」

唯「それじゃあ話すよ?」

澪「うん」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:26:27.51 ID:UyOg1hxZ0

唯「私がこの今に帰還した時、私も昨日の澪ちゃんみたいな状態からだった」

紬「大体皆そうよね」

梓「私もあの人に同じように銃を突きつけられましたしね」

澪「あの人?」

唯「………りっちゃんだよ」

澪「律が?」

梓「細かい話は後で話しますから、
  今はあの人で統一してください。ちなみに異論は認めません」

澪「…………」

唯「その後紬ちゃんやあずにゃんみたいに帰還する人が出てきて、
  あと澪ちゃんが帰還すれば部活メンバーが全員そろうねっていってた矢先にあの人が…」

梓「過去にやられていなくなっちゃんたんですよね…」

紬「…………」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:39:39.64 ID:UyOg1hxZ0

澪「あいつが………」

唯「あの人が言うには昔は私達の過去の思い出の中の人物を模した物で、
  この今に普通にいる怪物だよ」

梓「昔に執着する人には呼ぶ寄せて自分の中に取り込もうとしますけど」

唯「あんまり強くないのが多いし、普通に対処できるけどね」

紬「武器を持ってないとい ち こ ろだけど♪」

澪「…………」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:54:10.96 ID:UyOg1hxZ0

唯「問題なのは過去だよ。
  過去は深い絆で結ばれた人がいなくなった時に、
  残された人がその人の事を思い続けると出てくるの」

梓「能力はピンキリですけど、ほぼ重火器が必要な上にすごく堅いんです」

澪「……………」

澪「もしかして……あいつも過去になったんじゃ…」

唯「……………」

梓「…はい、そうです。それにとびきりでかくて堅いんですよ」

澪「!!」

唯「桜が丘のほとんどの人があいつにやられて……」

紬「でも、ちゃんと生きてる人がいるのよ!和ちゃんとか純ちゃんとか!」

梓「…………」 




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:55:56.21 ID:LyPawB46O

和さんや純さんは生きているのか。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 13:58:32.44 ID:lh6tcE7N0

憂の名前がまだ出ないのが怖いな





179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:05:12.84 ID:UyOg1hxZ0

澪「じゃ、じゃあ何で皆いないんだ?」

唯「…………」

紬「…………」

梓「私達が発生させたようなものですし」

唯「居づらくなったから出ていったんだよ、私達」

紬「私が腕を無くしたりしたから…」

梓「それは関係ありません!」

澪「そう……なのか」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:16:22.12 ID:UyOg1hxZ0

唯「その後放浪してる私達をここの拠点の人が拾ってくれたんだよ」

梓「まさに食料切れな状態でしたから本当に助かりました」

紬「屋根のある所で眠れるって素敵なことね♪」

澪「皆苦労したんだな…」

唯「もう慣れたけどね…」

梓「意外に順応するものですよ」

紬「そうねー♪」

梓「…ムギ先輩は順応しすぎ感がありますけど」

唯「本当だね」

紬「 ♪ ♪ 」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:28:21.25 ID:UyOg1hxZ0

唯「おかげで助かってるけどね」

梓「本当にそうです」

澪「………そうだな」

紬「ありがとう♪」

澪「…………」

澪「ところでこの拠点って、定住しないって言ってたけど、どういう事なんだ?」

唯「……あんまり同じ場所に留まると昔が大量にやってくるようになるの」

梓「場所への執着に寄ってくるんです」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:41:25.99 ID:UyOg1hxZ0

唯「相手しても無駄なだけだし、用事がすんだら早々と余所に移るんだよ」

澪「用事?」

梓「あらかじめ菜園に栽培しておいた野菜とか収穫したり、家畜に餌をやったりします」

紬「ちょっとした遊牧民ね♪」

梓「作物がちゃんと実ってるかは賭けですけどね」

唯「色々植えて無事な作物だけ収穫するんだ」

紬「大体お芋よねー」

澪「そうなんだ」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:48:07.42 ID:UyOg1hxZ0

澪「それじゃあ次は………」



   いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!



澪「な、なんだ!!」

唯「……………」チャキ

梓「……………」チャキ



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 14:58:39.60 ID:UyOg1hxZ0

澪「な、何があったんだ!!」

唯「たぶん確認しないで連れてきた人がいたんだよ……」

梓「たまにいるんですよね」

唯「ムギちゃん、ここで待ってて…」

紬「気をつけてね……」

澪「待ってくれ!私も行くよ!」

梓「それならこれを持ってください」

澪「これは……拳銃」

梓「使い方は安全装置を外して…こう…こうです」チャキ

澪「…………」

梓「……行きましょう」

澪「わかった」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 15:11:08.71 ID:UyOg1hxZ0

少女「嘘だろ…やめろよ……驚かすの…」

昔「ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ
  ハお姉ちゃんどうしたのお お お お お お お ?」ウジュル ウジュル

少女「やめろよ………冗談は…」

少女「早くそいつを殺して!!それはあの子を殺したんだよ!!」

昔「殺してないよぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ
  あっちにつれていってあげただけだよぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ?」ウジュル ウジュル

少女「う……あ……」

中年女性「……貴方がやりなさい、貴方の手で…」

少女「………」

昔「お ね え ぢ ゃ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ん !!」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 15:24:37.60 ID:UyOg1hxZ0

少女「うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ


昔「び い ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ!!
  いだいよ!!おねえちゃぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ん!!」ブジャ ブジャ

少女「イヤだ!いやだあぁぁぁぁぁぁ!!」

ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ

昔「ひどいよおぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ!!
  やめてよお ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ!!」グジュ グジュ

少女「聞きたくない!!聞きたくない!!」

ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダ 



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 15:36:55.72 ID:UyOg1hxZ0

少女「う………う……」カチッ カチッ

昔「……………」

中年女性「良くがんばったわね」ギュ

少女「うぅ……どうして」

中年女性「忘れなきゃ駄目、忘れなきゃ駄目よ…」

少女「あんな事……する子じゃないのに……」

中年女性「……いないの…もういないのよ……」ギュ



唯「…どうやらちゃんと片づけられたみたいだね」

梓「そうですね。出来ないと後が辛いですから」

澪「…………」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 15:58:06.86 ID:UyOg1hxZ0

澪「な、なぁ…さっきのはどういう事なんだ?」

唯「……………」

梓「さっき唯先輩が言ったように
  あまり確認しないで昔を連れてきちゃったみたいですね」

澪「…昔を…連れてくる…」

唯「昔は自分を知ってくれていた人と、その名前以外大抵言えないの」

梓「中には多少記憶を継承した賢い奴もいるみたいですけど、
  さすがに細かく質問されると答えられないみたいです」

澪「そう…なのか」

唯「質問を怠って連れてきた場合の結果があれだよ」

梓「澪先輩も色々聞かれたでしょう?唯先輩に」

澪「うん」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 17:18:21.33 ID:UyOg1hxZ0

梓「確認が取れても、それが本当に本人かどうかはわかりませんからね。
  私の態度は相当悪かったですよね。すいません」

澪「いや、良いんだよ…」

澪「…………」

澪「でも梓?」

梓「はい」

澪「何で梓は今は私を信用してくれてるんだ?」

梓「簡単な事ですよ」

澪「?」

梓「過去に執着していたからです」

澪「えっ?」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 17:34:21.10 ID:UyOg1hxZ0

唯「昔だよ、昔、過去なんてやめてよ」

梓「あぁ、そうでした。すいません」

澪「………それで?」

梓「はい、帰還した大抵の人は昔を忘れろって言われて
  最初は無理ですし、だから昔に呼ばれるんですよ」

唯「昔も過去も同士討ちはしないからね」

梓「昔に襲われたら、それは今って事です」

澪「そうなのか。もの凄く怖かったけど」

唯「私達がついていたから大丈夫だったよ」

梓「確かに」

澪「えっ?」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 17:45:46.99 ID:UyOg1hxZ0

澪「二人ともつけてたのか!?」

梓「当たり前です」

唯「丸腰の女手で昔は倒せないよ」

澪「………全然気づかなかった……」

唯「今に生きてると自然に身に付くようになるよ」

梓「狩りも結構やりますしね」

澪「狩り……」

梓「嫌なんて言わせませんよ?」

唯「捕まえたらちゃんと捌いてね?」

澪「うぅ……」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 18:13:50.37 ID:UyOg1hxZ0

唯「まだ何か質問はある?」

澪「あ……それじゃあ」

梓「はい」

澪「さわ子先生が襲ってきた時に何人目とか言ってたけど、
  あれってなんだったんだ?」

梓「…昔はよく同じのが出るんですよ」

澪「同じの?」

梓「基本昔も過去も消えないし、倒してもまた現れるんです」

唯「記憶の中にさえいれば、別にその人の事を考えてなくても、
  割とほいほい出てくるんだよ、昔は…」

梓「あの人は割と常連です」

澪「そうなのか…」

梓「とりあえず昔は縁が薄い人、過去は縁が深い人と考えるのが良いです」



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 18:26:52.92 ID:UyOg1hxZ0

澪「さわ子先生は縁が薄いのか……」

梓「そんなに絆が深かった訳じゃありませんでしたしね?」

唯「悲しい現実だね」

澪「…………」

唯「他に何かある?」

澪「………いや、今のところ無いよ」

梓「そうですか」

唯「じゃあ帰ろう?ムギちゃんが待ってるよ」

澪「うん」




219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 18:29:18.79 ID:oOwHuQwi0

浅い人・・・



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 18:30:17.03 ID:VDuqbpyS0

肉親でも無ければ、何年も長い時間を過ごした人でも無いもんな





233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 19:56:52.99 ID:UyOg1hxZ0

数日後


澪「ゼェ、ゼェ」ザクッザク

梓「澪先輩、頑張ってくださいね」ザクッザクッ

紬「がんばってー」ザクッザクッ

唯「よいしょ、よいしょ」ガラガラ

梓「あ、唯先輩」

唯「猫車もってきたよー」

梓「お疲れさまです、収穫した作物は私達が入れますから」

唯「うん、わかった」

澪「うぅ……疲れたよ」

澪「駄目ですよ、澪先輩怠けると体鍛えられませんよ?」

澪「あ、あぁごめんな」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 20:10:06.48 ID:UyOg1hxZ0

澪「畑仕事って本当にきついな…」

梓「ようは慣れですよ、慣れ」

紬「お芋掘り楽しいわよー♪」

澪「しかしジャガイモやさつまいもとかばっかりだな……」

梓「たくさん採れますからね、他のはよく全滅してるし」

紬「お手入れあまり出来ないから」

澪「たまには他の物が食べたいな…」

梓「あんまり考えないでください」

ダ ダ ダ ダ ダ!!

澪「………私のせいかな?」

梓「そうかもしれませんね」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 20:23:50.68 ID:UyOg1hxZ0





紬「今日はコーンスープもあるのよー♪」

澪、唯、梓「おーーー」

澪「芋以外の料理は初めて見るな」モグモグ

梓「豆とかも良く食べてるじゃないです」モグモグ

澪「なんか芋の印象が深いんだよな」モグモグ

唯「食べられる幸せだよ」モグモグ

紬「一杯食べてねー♪」

唯「ムギちゃんも食べなよ」モグモグ

紬「はいはーい♪」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 20:34:32.19 ID:UyOg1hxZ0




澪「ふぅ、結構食べたな」

梓「収穫した後は結構色々食べられますよ」

唯「後に芋だけになるけどね」

澪「…………」

梓「黙らないでください!」

唯「時々お肉が食べれるよ?」

紬「肉を撃ち殺したらだけどね♪」

梓「……唯先輩射撃あまりうまくないから」

唯「あずにゃんもね」

澪「ハハハ」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 20:47:34.28 ID:UyOg1hxZ0

唯「……どうしたの?」

澪「いや、考えてたより皆変わってないなと思って」

梓「そうですか?」

澪「いや、皆この世界ですっかり熟練したサバイバーになってるのかと思ってたから」

唯「投票して最後の一人を決める?」

梓「いや、ネタが古いですよ」

紬「昔テレビでやってたみたいねー♪」

澪「ハハハ」

唯「…………」

梓「…………」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 21:35:27.28 ID:UyOg1hxZ0

澪「?」

澪「…………!」

澪「…………」

唯「…………」

梓「…………」

紬「…………」

澪「…………」

澪「な、なぁ」

唯「な、なに?」

梓「な、何か聞きたいことあるんですか!?」

澪「あ、あぁ」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 21:50:24.50 ID:UyOg1hxZ0

澪「畑で作業してる時にも感じたんだけど、
  なんで警備する人達って外側ばかりに集中してるんだ?」

澪「高い壁でも作って入り口だけ守れば、ずっと定住出来るじゃないか」

唯「あぁ、あれね」

梓「簡単な事ですよ」

澪「?」

唯「壁を透けるんだよ、昔達」

澪「!?」

梓「壁なんか作っても透けて入ってこられたら意味ないですからね?」

澪「…………」



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 22:01:59.32 ID:UyOg1hxZ0

唯「それやって定住しようとした人達皆いなくなっちゃったんだよね」

梓「今の体制の方が確実ですよ」

澪「な、なんで!?」

唯「端を人で囲うとなぜか昔は中に入ってこれないんだよ」

梓「皆は結界って呼んでますよ」

紬「不思議よねー?」

澪「…………」

梓「どうしてなんて聞かないでくださいよ?私達にも良くわからないんですから」

澪「あ、あぁ………」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 22:16:04.93 ID:UyOg1hxZ0

唯「とにかく明日は朝早く町を探索だよ?」

梓「せっかく収穫も終えたんだし、調味料の補充も欲しいところですからね」

紬「色々…切れかかってるから…」

唯「……ムギちゃん美味しい物作って待っててね」

紬「う、うん」

梓「澪先輩もそろそろ拳銃を卒業する頃ですからね」

澪「えっ?」

梓「何時までもムギ先輩の手伝いばかりじゃ駄目ですし」

紬「…………」

澪「町に……」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 22:26:14.14 ID:UyOg1hxZ0

梓「嫌なんて言わせませんよ?」

澪「わ、わかってるよ」

唯「知っている人が出てきてもちゃんと確認して殺すんだよ?」

澪「殺す……」

梓「大体昔ですけどね。まぁ細かい事は私が教えますよ」

澪「う、うん」

唯「今はとにかく眠ろうよ」

梓「そうですね」

紬「お、おやすみなさい」

唯「うん、おやすみ」

梓「蝋燭消しますね?」フッ

澪「………………おやすみ」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 22:41:34.99 ID:UyOg1hxZ0

翌日



唯「ついたよ、澪ちゃん」

梓「大丈夫ですか?」

澪「あ、ああ………」

梓「小銃と装備、そんなに重かったですか?」

澪「ちょ、ちょっと……」ゼェ ゼェ

唯「……慣れると楽に持てるよ?」

梓「大体の事は慣れれば解決です」

澪「皆いつの間に体育系に……」ゼエ ゼエ

唯「慣れだよ」

梓「慣れですね」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/24(月) 22:50:48.37 ID:UyOg1hxZ0

唯「じゃあ、私はこっちに行くからあずにゃんと澪ちゃんはあっちね?」

梓「わかりました」

澪「えっ?皆で一緒に行かないのか?」

唯「うん、そうだよ」

梓「大勢で固まって探索なんて効率が悪いじゃないですか」

澪「そ、そうか」

唯「大丈夫だよ、あずにゃんに任せておけば」

梓「任せてください!」

澪「た、頼りにしてます…」

梓「はい!」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「澪ちゃん質問に答えて、でないと殺すよ?」#前編
[ 2011/05/17 22:10 ] SFホラー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6