SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  澪「ひええええええ!!!」翠星石「ちょっと黙りやがれですぅ!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「ひええええええ!!!」翠星石「ちょっと黙りやがれですぅ!」#前編 【クロス】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276169472/


澪「ひええええええ!!!」翠星石「ちょっと黙りやがれですぅ!」#前編
澪「ひええええええ!!!」翠星石「ちょっと黙りやがれですぅ!」#後編




1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 20:31:14.71 ID:OJtzFwDO

‐‐‐みおへや!

澪「うーん…いい歌詞が浮かばないなぁ…」

カサッ

澪「……ん? なんだろうこの紙…」

『まきますか? まきませんか?』

澪「……まぁどうせ律が置いていったとかなんだろうな。
  はいはい『まきます』っと…」キュッ

澪「で、引き出しの2段目に入れる、と……おまじないか何かかな?」

澪「さて、歌詞の続き続き…」

カタンッ

澪「えっ」





2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 20:37:36.66 ID:OJtzFwDO

澪(今のカタンッてまさか…)カタカタカタ

澪「……」

澪「……」

しーん

澪「……あれ?」

澪「そ、そうだよな! ただの気のせいだ! ははははっ」

澪「よしっ、トイレ行ってこよう!」スクッ

澪「……あれ?」

鞄「……」

澪「……」

澪「……スゥ」

澪「ヒィイイイイイイイ!!!」

ガチャッ

澪母「うるさい!」

澪「ごめんママ!」



4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 20:47:25.23 ID:OJtzFwDO

澪(ど、どうしてあんな鞄が!?)

澪(でもちょっとかわいい……じゃなくて!
  なんで…さっきまで確かになかったのに!)

澪「り、律を呼んで開けて貰おう…って律は家族で出かけてるんだったぁ!」

澪「うぅ…開けるの怖い…でも気になる」

澪(だってだって…もし開けようとしたら噛み付いてきたりするかも)

澪(もしくは中に呪いの人形とか入ってたりして…!)

澪「いやぁあああああ!!!」

ガチャッ

澪母「うるさいっつってんでしょうがあああ!!」

澪「ごめんなさいママ!!」



5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 20:57:30.05 ID:OJtzFwDO

澪「そーっと開ければ大丈夫…そーっと開ければ大丈夫…」

澪「うぅ、りつぅ…」

澪「う、うりゃああっ!!!」ガバッ

澪「~~っ」サッ

しーん

澪「……ぶ、無事だった…のか?」

澪「あ、お人形…? なんだ、ただのお人形で良かったぁ」

澪「しかもかわいい…凄い、人間みたいだな」

澪「でも、どうしてお人形が私の部屋に…? かわいいから怖くないけど」

澪「……ん? 螺旋が入ってる。巻いたら動くかな」



6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:06:51.71 ID:OJtzFwDO

澪「よっと、よっと」

カチリ カチリ

澪「よしっと…」

澪「あれ、動かない。やっぱり動かないタイプとか…」

カタッ

澪「えっ」

ギシ… カクッ カカカカッ…カタンッ

タタッ… カタ…

ガクッ… カタン…

カタ… カタン…

澪「 」

カタン… ピタッ

翠星石「…お、お前が螺旋を巻いたんですか? 人間」

澪「……」

澪「はふぅ…」ドサッ

翠星石「えっ!?」



7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:12:56.52 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

澪「う、うぅん…」

翠星石「……人間」

澪「えっ」

翠星石「……」

澪「……」

澪「……スゥ」

澪「ひええええええ!!!」

ガチャッ

澪母「うるさいんだよ…ウゥルサイんだよォォ!!」

澪「本当に申し訳ないよママ!!」



9 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:21:44.79 ID:OJtzFwDO




澪「あれ…お人形がいなくなってる」

澪「は、ははっ! なんだ、夢だったんだな!」

翠星石「…現実逃避はやめるですぅ」

澪「夢じゃなかった!」

翠星石「……」ササッ

澪(あ…隠れちゃった)

翠星石「……」

澪「あのー…その、何者ですか?」

翠星石「……」ピョコッ



11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:32:01.77 ID:OJtzFwDO

澪「あの、な、名前は…?」

翠星石「普通、自分から名乗るのが礼儀ってもんです」

澪「あ、私は澪。秋山澪。澪でいいよ」

翠星石「…私は誇り高きーゼンメイデン第3ドール、翠星石ですぅ」

澪「ローゼ……? 翠星石、でいいんだよな?」

翠星石「です」

澪「その、ローゼンメイデンっていうのは一体なんなんだ?」

翠星石「ローゼンメイデンというのは…」

‐‐‐



12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:40:26.67 ID:OJtzFwDO

‐‐‐むぎへや!

ダッテホントウハークレイジー♪

紬「はい、もしもし」

???『まきますか? まきませんか?』

紬「へっ? あの、どちら様でしょうか」

???『まきますか? まきませんか?』

紬「あの…」

???『まきますか? まきませんか?』

紬「!」ピーン

紬(多分唯ちゃん達だわ。きっとこういう遊びなのね!)

紬「はい、『まきます』~♪」

プツッ ツーツー

紬「……?」



13 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 21:56:11.32 ID:OJtzFwDO

紬「あら? あんなところに鞄が…」

カチャッ

紬「わぁ…! 綺麗なお人形」

紬「あ、きっとこの螺旋で巻くのね。んしょ、んしょ…」

カチリ カチリ

紬「よしっと…」

カタッ

紬「ん?」

カタン カチチチッ

カクッ… カタン

カタンッ カタンッ

紬「!」

雛苺「うゆ…ヒナの螺旋を巻いたのは、あなた?」



14 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:07:23.45 ID:OJtzFwDO

紬「あ、あなたは…?」

雛苺「ヒナは雛苺…ローゼンメイデン第6ドールの雛苺なのよ」

紬「ローゼンメイデン…、聞いた事があるわ。
  あの伝説の人形師ローゼンが作ったという…?」

雛苺「うぃ…その人形師ローゼンはヒナ達のお父様なの」

紬「やっぱり…! 凄いわっ 私は寿吹紬って言うの。仲良くしましょう、雛苺ちゃん」

雛苺「うん! 仲良くするの、ツムギー!」



16 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:16:55.43 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

翠星石「…つーことです」

澪「へぇ…アリスゲームかぁ…」

澪「翠星石は、アリスゲームに賛成なのか?」

翠星石「アリスゲームに乗り気の奴も姉妹の中にいますが、翠星石は反対ですぅ。
    姉妹を傷つける位なら、お父様に会えなくたって構わねぇです」

澪「そっか…そうだよな」

翠星石「……それはそうとデカ人間」

澪「で、デカ!?」

翠星石「あ、これじゃあ前の金糸雀のマスターと被っちまうです……やい臆病人間!」

澪「なにも言い直さなくても、澪でいいのに…」

翠星石「この家には、もう1つ鞄はねぇですか?」

澪「鞄?」



18 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:24:59.22 ID:OJtzFwDO

翠星石「かわいいかわいい翠星石にはかわいいかわいい双子の妹がいるですけど…
    もしかしたらこの家にいないかと…」

澪「今のかわいい4回もいらなかったんじゃ?」

翠星石「お前、まきますかって2回聞かれたり、紙が2枚あったりしてねーですか?」

澪「うーん、2枚はなかったような…」

翠星石「よ、よーく探すです!」

澪「んと…うーん……あ、歌詞を書いた紙の下に何か…」

『まきますか? まきませんか?』

澪「あった!」

翠星石「はやく、はやく丸付けるですぅ!」

澪「はいはい」キュッ



19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:29:06.14 ID:OJtzFwDO

澪「それで引き出しに入れて…よし」

カタンッ

澪「あ、きた」

翠星石「!」

トテテ ガチャッ

蒼星石「……」

翠星石「そ、蒼星石ぃ!」

澪「この子がその双子の妹さん? なかなか似てるな」

翠星石「ですぅ! さぁ、さっさと巻けです」

澪「うん」

カチリ カチリ



21 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:40:09.36 ID:OJtzFwDO

蒼星石「…僕の螺旋をm」

翠星石「蒼星石ぃいい!!!」

ガバッ

蒼星石「わぁっ! す、翠星石!? 目覚めてたんだね」

翠星石「ですぅ。ああ蒼星石ぃい…」スリスリ

蒼星石「はいはい……あなたが僕の螺旋を巻いてくれたんですね?」

澪「あ、はいっ」

蒼星石「僕はローゼンメイデン第4ドール、蒼星石………
    翠星石わかったから離れてよ…恥ずかしいよ」

澪「私は秋山澪。澪でいいよ」

翠星石「いやですぅ。意地でも離れねーですよー」

蒼星石「えいっ」ベリッ

翠星石「な"ー!」

澪(どっちがお姉さんだかわかんないな…唯と憂ちゃんみたい)



23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:51:11.77 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

雛苺「ツムギ登りなのー!」

紬「うふふ♪」

雛苺「うっ…」

紬「ヒナちゃんどうしたの?」

雛苺「お腹へっちゃったの…」

紬「そう? じゃあ何が食べたい?」

雛苺「うにゅー! うにゅーが食べたいわっ」

紬「うにゅー?」

雛苺「うゆ。白くて、赤くて、甘くて、うにゅーってしてるの!」

紬「白くて…赤くて…甘くて…うにゅー?」

雛苺「うにゅー」

紬「うにゅー!」

雛苺「うにゅー!」



24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 22:56:39.57 ID:OJtzFwDO

紬(困ったわ…うにゅーって何のことかわからない…)

紬「斎藤!」

斎藤「なんですか、紬お嬢様」

紬「少し小腹が減ったから、
  白くて赤くて甘くてうにゅーってしてるもの持ってきてほしいの」

斎藤「うにゅ…?」

紬「お願いね、斎藤」

斎藤「うにゅー…?」



25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:06:52.98 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

紬「じゃあこの苺のショートケーキは?」

雛苺「うゅ…美味しそうだけどうにゅーじゃないの」

紬「じゃあ苺のスフレは?」

雛苺「うに…」フルフル

紬「じゃあこの苺とミルクのババロア?」

雛苺「うぃ…」フルフル

紬「じゃあこの苺大福?」

雛苺「! それ! うにゅーなのっ」

紬「ああ、苺大福だったのね? じゃあヒナちゃん、はいどうぞ」

雛苺「ありがとうなのよ、ツムギ!」

紬「いいの、ヒナちゃんが嬉しいなら私も嬉しいわー」

雛苺「うい!」



26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:20:25.79 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

翠星石「んー、やっぱり蒼星石の煎れたお茶は美味しいですねぇ」

澪「うん、本当に凄く美味しいぞ」

蒼星石「お口に合ったみたいで良かったです」

澪(翠星石、蒼星石がきて嬉しそうだな…最初は警戒されてたし、良かったよ)

翠星石「おかわりですぅ!」

蒼星石「はいはい…」

パリーンッ

澪「えっ!?」

翠星石「…来やがったみたいです」

蒼星石「…だね」

澪「な、なにが?」

スタッ

水銀燈「はぁい…ごきげんよう、翠星石。蒼星石」

蒼星石「水銀燈…!」



27 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:31:48.10 ID:OJtzFwDO

水銀燈「くすくす…そんな顔で睨まないで頂戴? 怖いわぁ…」

翠星石「何しに来たですか…!」

水銀燈「決まってるじゃぁない…アリスゲームよ」

水銀燈「…と言いたいところだけど、今日はやめておいてあげるわ。
    今はあの不細工な妹のところに行かなくちゃいけないからぁ…♪」

水銀燈「それじゃあ、近いうちにまた会いましょうねぇ…」スッ

蒼星石「! 水銀燈!」

くすくす…ふふふふふ…

澪「鏡の中に…消えた?」

翠星石「あれは…Nのフィールドですぅ」

澪「エヌのフィールド?」



28 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:43:57.94 ID:OJtzFwDO

翠星石「Nのフィールドってのはこうかくかくしかじかですですぅ」

澪「ふむふむ」

蒼星石「……澪さん」

澪「ん、なんだ?」

蒼星石「今みたいに、また水銀燈…
    アリスゲームに賛成派がまた僕達を襲ってくるかもしれない。
    でも今のままじゃ澪さんの事も守れない」

蒼星石「だから…僕と契約してくれませんか?」

澪「……うん、わかった。私でいいなら、出来るだけ力になるよ」

翠星石「人間…」

蒼星石「では、ここに口付けを…」

澪「ん…」

チュッ

澪「わ、わあっ!」

パアアァ

蒼星石「これで、僕のミーディアムです。これからよろしく、マスター」

澪「うん、よろしくな」

澪(マスターかぁ…えへへ//)



29 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:50:34.55 ID:OJtzFwDO

翠星石「ふあぁ…翠星石はもう寝るです」

蒼星石「僕も…」

澪「あれ、なんで鞄に入るんだ?」

翠星石「鞄で眠るのは、ローゼンメイデンにとって大切な眠りの儀式なんですぅ」

蒼星石「それじゃあおやすみ翠星石、マスター」

翠星石「ですー」

パタン

澪「おやすみ…」

澪(一緒に寝ようと思ったのに…)



30 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/10(木) 23:57:53.50 ID:OJtzFwDO

‐‐‐

スタッ

水銀燈「……」

???「すぅ…すぅ…」

水銀燈「ふん……契約したのも、全部アリスになるため…お父様に会うためよ…」

水銀燈「それと、あの子を倒す為…」

水銀燈「真紅……!」



31 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 00:00:37.57 ID:8NISD6DO

‐‐‐

紬「じゃあヒナちゃん、おやすみなさい」

雛苺「うゆ…おやすみなのよ…ツムギィ」

紬「ふふっ…」ナデナデ

パタンッ



35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 20:57:07.19 ID:8NISD6DO

‐‐‐よくじつ!

澪「う…うぅーん……ふあぁ」

蒼星石「あ、おはようございます。マスター」

澪「ふなぉっ!? …お、おはよう」

澪(やっぱり夢じゃなかったんだな…)

翠星石「んー…朝っぱらからうっせぇ野郎ですぅ…」カパッ

蒼星石「おはよう翠星石」

澪「おはよう」

翠星石「おはようです。2人共早いですねぇ」

蒼星石「君が遅いんじゃないの?」

翠星石「む、むきーっ!」

澪「あははっ。じゃあ私はご飯食べてくるな」



36 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:03:12.10 ID:8NISD6DO

翠星石「翠星石達の分はねーんですか?」

澪「え、食べるのか?」

蒼星石「基本的には…」

澪「そうか、なら後で何か持ってくるよ」

翠星石「うまいもの持ってこいよ! ですぅ」

澪「はいはい」



37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:15:29.73 ID:8NISD6DO

‐‐‐

ガチャッ

澪「持ってきたぞー」

翠星石「朝からカレーですか…。しかもハンバーグカレー」

澪「昨日の夜がカレーでな…」

蒼星石「あの、マスター。使った後のお皿はどうすれば?」

澪「ああ、皿は紙皿だから食べ終えたら
  このビニール袋の中に捨てておいてくれ。紙コップもな」

蒼星石「わかりました」

翠星石「りょーかいですぅ~」

澪「それとマm…お母さんが来たら隠れてくれるか?
  うちのお母さん小動物苦手だから…」

翠星石「翠星石達は小動物扱いですか…」



38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:25:29.47 ID:8NISD6DO

‐‐‐

澪「じゃあ行ってくるよ」

蒼星石「いってらっしゃい、マスター」

翠星石「いってらっしゃいですぅ~」

パタン

蒼星石「さて、僕らはマスターが持ってきてくれたカレーでも食べようか」

翠星石「……」

蒼星石「翠星石?」

翠星石「えっ? あ、ああ、確かにそれははんぺんですぅ!」

蒼星石「君はなんの話をしてる気でいるんだい!?」

翠星石「あうぅ…」

蒼星石「…カレー食べようか」

翠星石「です」



39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:40:18.98 ID:8NISD6DO

‐‐‐がっこう!

和「おはよう澪」

澪「おはよう」

和「あら? ねぇ、その指輪どうしたの?」

澪「えっ! あ、そのー
  …実は昨日家で見付けてさ…えっと、かわいいから着けてきたんだよ」

和「そうなの。でもいくらかわいくても学校に着けてきちゃ駄目じゃない」

澪「だよなぁ、今外すよ…………ってあれ?」

和「どうしたの」

澪「外れない…」

和「あらら」



40 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:52:37.29 ID:8NISD6DO

‐‐‐

先生「で、あるからして…」

澪「……取れない」グッ グッ

澪「えいっ」グリッ

澪「…っ、いったああああああああああああ!!」

先生「どうした秋山! 邪気眼か!?」

ザワザワ… ザク…ザワ…

澪「な、なんでもありません!」

澪(指が…指が…)

和(何やってんのかしら…)




41 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:54:33.99 ID:LuXBUsDO

先生ww



43 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 21:59:06.22 ID:eDBVhKQo

この先生・・・・経験者かッ!!





44 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:04:36.60 ID:8NISD6DO

‐‐‐ほうかご!

澪「はぁ…恥ずかしかった」

ガチャッ

律「よーっす! ってなんだ、澪だけか」

澪「な、なんだってなんだよ」

律「べっつにー?
  澪ちゅわんと2人っきりで嬉しい限りですわよーん?」

澪「もう…」

澪(……律には翠星石と蒼星石の事
  言っておこうかと思ったけど…馬鹿にされるかな)

澪(もしかしたら
  『あらあらぁ? 澪ちゅわんったら
   頭がお花畑になったのかしらん?』とか言われるかも…)

澪「うぅ"ーん…」

律(澪の顔が面白い事に…でも面白いから黙っておこっと)



45 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:13:09.80 ID:8NISD6DO

律「それより澪、その指輪どうしたんだ?」

澪「ああ、昨日家に有ったのをはめてみたら外れなくなっちゃって…」

律「ぁゃιぃ…」

澪「な、なにがだよ」

律「実は彼氏に貰いましたぁ! とかじゃないのかー?」

澪「なっ…そんな訳ないだろ!」

律「本当の本当にぃ?」

澪「違うって言ってるだろ! このばかりつ!」



46 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:20:15.70 ID:8NISD6DO

ガチャッ

紬「遅くなってごめんなさいね」

律「お、ムギ」

澪「まだ全然揃ってないから平気だぞ」

律「それで今日のお菓子は?」

紬「今日は苺大福よ~」

澪「へぇ、珍しいな」

紬「うふふ、食べたくなっちゃって」



47 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:31:02.99 ID:8NISD6DO

梓「こんにちはー」

律「おぉ」

梓「あれ、今日は大福ですか」

紬「いいえ、苺大福よ」

澪「美味しい…」モキュモキュ

律「本当。ムギのお菓子は最高だ!」モキュモキュ

紬「ふふっ♪」



48 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:40:29.73 ID:8NISD6DO

ガチャッ

唯「皆おはよー」

澪「もうおはようって時間じゃないだろ…」

唯「わぁ、今日のおやつもおいしそうだね!」

紬「いっぱい食べてね」

梓「おいしいです…」モキュモキュ

律「あっ、梓。ほっぺたにあんこ付いてるぞ」

梓「!」ゴシゴシ

律「うっそぴょーん☆」

梓「~~っ! 律先輩!」



49 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 22:55:12.44 ID:8NISD6DO

澪「……さて、そろそろ練習するか」

律「えー? もうちょっとゆっくりしよーぜー」

梓「澪先輩の言う通りです! 練習しましょうよっ」

唯「……じぃー」

紬「唯ちゃん?」

唯「澪ちゃん、その指輪どうしたの?」

澪「!?」

唯「彼氏? 彼氏?」

紬「あらあら」

梓「み、澪先輩彼氏いたんですか!」

律「ああ、澪の彼氏は実はこのあ・た・しでくふっ」

澪「変な事言うな! それに彼氏なんかいない!!」



50 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:06:22.34 ID:8NISD6DO

梓「澪先輩、その指輪よく見せてください」

澪「え? あぁ…」スッ

梓「じぃーっ」

澪「……」

唯「じぃーっ」

澪「……」

律「じぃーっ」

澪「……こんなに見られると恥ずかしいんだけど…」

梓「あ、ごめんなさい! その指輪凄くかわいいなぁって思って…」

唯「だよねだよね! いいなぁ…」

紬「いいわぁ…」ポーッ

律「ムギもああいうの(指輪)好きなのか?」

紬「えぇ…りっちゃんも好きなの?」

律「んー…まぁ一応女だしな」

紬「そうよね…仲間ね、りっちゃん」

律「仲間?」



51 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:14:22.43 ID:8NISD6DO

‐‐‐

ガチャッ

澪「ただいまぁ…」

澪「あれ、ママー?」

『澪へ
ママは戦ってきます。
無事を願っていて…。』

澪「スーパーか…」




52 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:25:54.71 ID:py6KicAO

闘いwwww





53 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:27:23.99 ID:8NISD6DO

ガチャッ

澪「ただいまー」

翠星石「なんだ、もう帰ってきやがっですか」

蒼星石「こらっ翠星石。おかえりなさい」

澪「そうだねぇ、この指輪取れないんだけど…」

蒼星石「取れないように出来てるんです。
    無理矢理取ろうとすると肉ごと剥がれますよ」

澪「ひ…ひえええええええ!!!」

翠星石「うっさいです臆病人間! お前ちょっと黙りやがれですぅ!」

澪「うぅ…痛い話は苦手なんだよぅ!」

翠星石「……」ニヤッ

翠星石「人間人間」

澪「何…?」

翠星石「ゴニョゴニョ…」

澪「ひぃ、うわああああん!!!」

翠星石「ヒーッヒッヒッヒッ! 愉快です愉快ですぅ!」

蒼星石「こらーっ! 翠星石ぃ!!」



54 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:44:22.22 ID:8NISD6DO

翠星石「まえがみえねぇ」

蒼星石「何を言ってるの」

翠星石「一度言ってみたかっただけですぅ」

蒼星石「そう」

澪「……」

蒼星石「…マスター? なんですか?」

澪「…ねぇ蒼星石、その敬語ちょっとやめてみてくれないか?」

蒼星石「へっ?」

澪「いやぁ…翠星石とかと同じようにもっと仲良くなりたいんだ。
  だから敬語をやめて、いつもの感じで話してほしいなーって…」

蒼星石「えっと……うん、わかったよ。でもこれでいいのかな?」

澪「うん、えへへ。やっぱりこっちのほうがいいな。
  敬語だとなんとなく他人行儀だし…」

蒼星石「そっか…マスターが望むなら、今度からこうするよ」

翠星石「空気ですぅ、金糸雀みたいですぅ」



55 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/11(金) 23:53:33.78 ID:8NISD6DO

‐‐‐むぎへや!

紬「それでね、澪ちゃんのその指輪が…」

雛苺「うゆ…指輪?」

紬「ええ、かわいい指輪だったわぁ」

雛苺「その指輪ってもしかして、薔薇が付いてなかった?」

紬「え? なんでヒナちゃんが知って…」

雛苺「……その指輪はローゼンメイデンと契約した人が着ける指輪なのよ」

紬「えっ…!」



56 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 00:02:55.37 ID:hwVjRMDO

‐‐‐あずへや!

梓「あーあ…まさか澪先輩が既に契約してたなんて…」

???「……」

梓「さて、あの子も寝たし私も寝なきゃ」

パチッ

梓「おやすみ…」



59 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 20:43:02.06 ID:hwVjRMDO




‐‐‐

律「よし、そろそろ帰るか」

澪「そうだな」

唯「ねぇねぇ、アイス屋さん寄って行かない?」

紬「あ、ごめんなさい…、今日はちょっと予定があって…」

梓「私もです」

澪「私も今日はちょっと…」

律「だ、そうだ」

唯「あうぅ~…」



60 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 20:59:11.90 ID:hwVjRMDO

‐‐‐

ガチャッ

澪「ただいまー」

蒼星石「マスター、おかえりなさい」

翠星石「なさいです」

澪「今日はケーキ買ってきたぞ。皆で食べよう」

蒼星石「わぁ、本当!?」
翠星石「人間もたまにはいい事するですぅ!」

澪「『たまには』は余計だ!」

翠星石「えっと…翠星石はこの苺の乗ったのがいいです!」

澪「さっそく選んでるし…」

蒼星石「僕はチョコのが…」

翠星石「じゃあ臆病人間はモンブランですね。後で一口ずつ食わせろよ、ですぅ」

蒼星石「うんっ」

澪(ま、いいか)

澪「じゃあお茶煎れてくるな」

翠星石「おー、早くするですよ」



61 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 21:10:43.65 ID:hwVjRMDO

澪「紅茶煎れてきたぞー」

翠星石「おぅおぅご苦労だったですぅ。
    じゃあさっさと座れです、じゃねぇと翠星石が食えねぇじゃねーですか」

蒼星石「全く…翠星石はもうちょっと素直になろうか」

翠星石「何の事かさっぱりですぅ。翠星石は素直を実体化したようなもんじゃねーですか」

澪「はいはい素直素直。じゃあ食べるか」

翠星石「むっ……いただきまーす、ですぅ」

蒼星石「いただきまーす」

澪「いただきm…」

ピンポーン



62 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 21:20:18.49 ID:hwVjRMDO

澪「ん…?」

ピンポーン ピンポーン

蒼星石「マスターのお客さんかな」

ピンポーン ピンポーン ピンポーン

澪「さあな、ちょっと見てくるよ」

ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン

翠星石「にしても全くうるせぇです…」

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーン

翠星石「~~~~っ! もう我慢ならんですぅ!
    翠星石がちょっととっちめてくるです!」ガチャッ ダッ

蒼星石「あ、翠星石!」ダッ

澪「ふ、2人共!?」ダッ



63 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 21:33:51.63 ID:hwVjRMDO

ピピピピピピピピピピンポンピンポーンッ

バンッ!

翠星石「うっせぇですぅ!
    なんでこんなにチャイム鳴らすのか
    お前の頭ぱっかり開いて思考回路覗いて欲しいんで…す……」

律「澪! お前もローザンメイデンのミディアムだったんだな!」

金糸雀「りっちゃん、正しくは
    ローゼンメイデンのミーディアムかしら……って翠星石!?」

翠星石「おめぇ、チビカナじゃねぇですか! なんで…」

律「あ、お前ローゼンメイデンか!? うわー金糸雀以外の奴初めて見た!」

翠星石「……!」サッ

蒼星石「翠星石! ってうわぁっ」

翠星石「……」ジーッ

律「あ、あら?」

蒼星石「すみません、この子人見知りなんです」

金糸雀「2人共相変わらずね…なんか安心したかしら」



64 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 21:42:45.73 ID:hwVjRMDO

蒼星石「あの…ところで澪さんに何か用事ですか?」

律「あ、そうそう。澪居る?」

蒼星石「はい。でもさっき紅茶ポットに足を引っ掛けて転んでいたみたいなので…
    もうちょっとかかるかもしれません」

律「ならちょっと先上がらせてもらうなー」

蒼星石「はぁ…」

翠星石「……」



65 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 21:54:09.14 ID:hwVjRMDO

澪「べ、ベースにかかっちゃった!
  急いで拭かなきゃ…でも翠星石達が…あわわわわ」

ガチャッ

律「☆」

澪「☆ってどんな発音だ☆って! …って律ぅ!?」
金糸雀「カナも一緒かしら」

澪「誰!?」

金糸雀「カナは薔薇乙女1の策士、
    ローゼンメイデン第2ドールの金糸雀かしら!」

澪「か、かな?」

翠星石「カニミソですよ」

澪「そうか…じゃあカニミソ、よろしくな」

金糸雀「カニミソじゃないかしらー!」



66 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 22:04:13.82 ID:hwVjRMDO

‐‐‐

翠星石「むぐむぐ」

蒼星石「もぐもぐ」

金糸雀「はぐはぐ」

律「にしても驚いたなぁ! 澪がミーディアムだったなんてなぁ」

澪「それはこっちの台詞だ」

律「今日、まきますかーってメールが来てさぁ…
  そんで金糸雀が来て契約したら、
  澪の付けてた指輪が私の指にも出来たんだよ。
  そこで確認しに来たらやっぱり…ってな」

澪「そうか…私のところには手紙で来たぞ」

律「へえ、人によって違うのか」

澪「みたいだな」




67 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 22:05:14.74 ID:.7EuI2DO

デコデココンビだ





68 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 22:17:11.06 ID:hwVjRMDO

律「それにしても悪いな、金糸雀の分のケーキ食わせてもらっちゃって…」

澪「別にいいよ。美味しそうに食べてるの見てるだけで十分だし」

翠星石「もくもく」

蒼星石「まくまく」

金糸雀「はくはく」

律「だな」

澪「……こんな子達を戦わせるなんて、やっぱりおかしいよな」ボソッ

律「…うん、姉妹同士で戦うなんてな…。
  もし私が聡と戦う事になったら…」ボソッ

澪「律の圧勝じゃないのか?」

律「なんだとー?」



69 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 22:54:23.79 ID:hwVjRMDO

澪「そういえば蒼星石」

蒼星石「むくっ…ごくん。どうしたんだい?」

澪「蒼星石は第4ドールだって言ってたよな。第なんドールまでいるんだ?」

蒼星石「第7ドールまでだよ。でも第7ドールにはまだ会った事がないんだ」

澪「へぇ…」

翠星石「ひんへん!
    はんでふいへいへきにきふぁふにふぁずほうへいへきにひふへふかぁもぐもぐ…」

金糸雀「翠星石行儀悪いかしら…」

翠星石「…ごくん。なーんですってぇこの凸カナー!」

金糸雀「で!?」



70 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:01:33.02 ID:hwVjRMDO

‐‐‐

律「じゃ、もう帰るよ」

澪「もうこんな時間か…」

律「また明日なー」

澪「うん、またな」

金糸雀「お邪魔したかしらー」

翠星石「本当にお邪魔だったですよー」

金糸雀「酷いかしらぁ!」

蒼星石「金糸雀も律さんもさようなら」

金糸雀「うぅ…さようなら…」

パタン



72 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:09:50.56 ID:hwVjRMDO

‐‐‐むぎへや!

紬「ただいまぁヒナちゃん」

雛苺「あっ! ツムギーおかえりなさいっ」

紬「ちゃんとお留守番出来た?」

雛苺「ういっ! ちゃんといい子にしてたのよ」

紬「じゃーん、そんないい子にお土産よ~♪」

雛苺「オミヤゲ?」

紬「苺大福~!」

雛苺「わぁーいっ、うにゅーなの! ありがとうツムギ!」

紬「うふふ、夕食の前だから食べ過ぎちゃ駄目よ」

雛苺「わかったわ! いっこにしとくのー」



73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:16:17.89 ID:hwVjRMDO

‐‐‐

紬「マンボウの真似~♪」

雛苺「ヒナも物真似出来るのよ」

紬「まあっ」

雛苺「ちょっと待ってね…えっしょ、よいしょ…」

紬(ブリッジ…?)

雛苺「じゃーん! うにゅーの真似ー!」

紬「わぁ、すごい、上手ねヒナちゃん!」

雛苺「えへへー」

紬「私も…よいしょ、うにゅーの真似~♪」

雛苺「うゆ…ヒナも負けてられないの! うにゅーの真似ーっ」



75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:26:37.31 ID:hwVjRMDO

雛苺「あ、ヒナ他にも物真似出来るの!」

紬「へぇ、どんな?」

雛苺「そのいーち、真紅の真似ー!
   『紅茶が不味いのだわ! 入れ直して頂戴なのだわだわーん!』」

紬「あらあら」

雛苺「そのにー、金糸雀の真似ー!
   『カナが焼き鳥で好きなもの? うーん…かしらが好きかしら!
    え? だからかしらかしら。だーかーらぁ、かしらかしらー!
    …うっ、もう知らないかしらぁ!』」

紬「あらあら」

雛苺「そのさーん、翠星石の真似ー!
   『です! ですですですぅ? ですです、
    ですぅですぅですぅ。ですぅ! 蒼星石ですぅ!』」

紬「あらあら」

雛苺「ふぃー…こんなもんなのよ」

紬「変わった喋り方の人もいるのねー」



76 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:35:13.79 ID:hwVjRMDO

紬「そういえば…今日は澪ちゃんに指輪の事聞くのを忘れちゃったわ」

雛苺「うゆ…そのミオと契約したドールが水銀燈じゃなきゃいいの…」

紬「水銀燈?」

雛苺「ローゼンメイデン第1ドール…ヒナ達の長女よ。
   アリスゲームには乗り気なの。…ちょっと怖いの」

紬「そうなの…」

雛苺「でも平気なのよ? 他の姉妹達もいるし、それにツムギもいるもん!」

紬「ヒナちゃん…」



77 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:44:23.22 ID:hwVjRMDO

‐‐‐よくじつ!

紬「澪ちゃん、ちょっといい?」

澪「うん、どうしたんだ?」

紬「ちょっと聞かれたらあれだから…部室に行きましょう」

澪「…? うん」


純「移動しました。…え、出番これだけ?」

‐‐‐ぶしつっ!

澪「で、どうしたんだ? 何か相談事でも…」

紬「澪ちゃん…」

澪「うん?」

紬「その指輪、どうしたの?」

澪「……っ!」



78 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/12(土) 23:52:08.70 ID:hwVjRMDO

澪「や、やだな…言っただろ? 家で見付けたって…」

紬「嘘よね?」

澪「……っ」

紬「その指輪はローゼンメイデンと契約した証よね」

澪「なっ…」

紬「あ、心配しないでいいの! 私も同じだから」

澪「同じ?」

紬「私はローゼンメイデン第6ドール、雛苺のミーディアムよ」

澪「む…ムギもだったのか!?」

紬「えぇ。でも契約はまだしないから指輪はないけどね」

澪「な、なんだ…びっくりしたぁ」



79 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/13(日) 00:10:51.27 ID:OhZTV2DO

紬「澪ちゃんのところのドールは何ちゃんって言うの?」

澪「あぁ…2人いてな、翠星石と蒼星石っていうんだ。双子なんだって」

紬「お人形なのに? 珍しいのね~」

澪「あと、律も契約してるんだ。確か…か、か…神奈川?」

紬「まぁ、りっちゃんも…。
  澪ちゃんが翠星石ちゃんと蒼星石ちゃん。
  りっちゃんが神奈川ちゃんね。覚えたわ」

澪「よし、じゃあそろそろ教室戻るか。もうチャイム鳴るだろうし」

紬「そうね。…ねぇ澪ちゃん」

澪「なんだ?」

紬「澪ちゃんとりっちゃんのドールも見てみたいなぁって…。
  だから今度家に遊びに来ない?」

澪「うん! 2人にも聞いてみるよ」

紬「お願いね♪ ふふ、嬉しいわぁ」



83 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/13(日) 21:04:30.16 ID:OhZTV2DO

‐‐‐みおへや!

翠星石「こいつら音痴過ぎるですぅ。
    どうしたらこんなへったくそに出来るですかねぇ」

蒼星石「……」

澪「あ、そうだ。今日ムギと話したんだけどな」

翠星石「ふへぇ~」バリバリ

蒼星石「……」ズズー…

澪「ムギの家にもローゼンメイデンがいるらしいぞ。
  …あ、このお煎餅美味しいな」バリバリ

翠星石「美味いですよねー」

蒼星石「本当? じゃあ僕も一枚…」

翠星石「……」

蒼星石「………」

翠星石「
    ぶふうぅぅっ!」
蒼星石「

澪「汚なっ!」

翠星石「な、何さらっと言ってるですかぁ!
    二度とおてんとさん拝めんようにしてやろうかぁ!? ですぅ!」

蒼星石「ごほっ、けほけほっ…けへっ、けへっ!」

澪「わ、悪い…」



84 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/13(日) 21:15:24.81 ID:OhZTV2DO

翠星石「で、その麦酒だか米糠だかって奴の家の奴は誰なんですか? ん?」

澪「ムギだよ。えっと確か…ひ、ひ、ひな…ひな、ひなあられ?」

翠星石「んなめでたい菓子みたいな名前の姉妹がいるかぁおんどりゃあですぅ!」

澪「だ、だって度忘れしちゃったんだもん…」

翠星石「はぁ……きっと雛苺ですね」

澪「ああ、それだ!」

蒼星石「けほっけほっ! ごほっ、えへ…っ」

澪「で、お前はまだむせてたのか…」

蒼星石「こほっ……、雛苺か、懐かしいな」

翠星石「いきなり普通に話されても…」

蒼星石「(´・ω・)」



90 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 20:35:59.04 ID:EM2Y2YDO




澪「それで、その雛苺って子はどんな子なんだ?」

翠星石「ちびちびでうにゅーうにゅー言ってるなのなの星人ですぅ」

澪「えっ、なんだって?」

翠星石「ちびちびうにゅうにゅなのなのー、ですぅ」

澪「えっ? ワンモア」

翠星石「ちびうにゅなのですぅ」

澪「蒼星石、雛苺ってどんな子なんだ?」

蒼星石「えっとね…」

翠星石「ここまでやらせて無視すんなですぅ!」



92 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 21:00:24.72 ID:EM2Y2YDO

蒼星石「雛苺は姉妹の中では見た目も中身も幼くて、
    語尾によく『なの』って付けてるよ。
    そしてうにゅーが大好物なんだ。
    あ、うにゅーって言うのは苺大福の事ね」

澪「へぇー…成る程ぉ」

翠星石「翠星石だって同じ事言ってたじゃねーですか!」

澪「あぁ、あれはこういう意味だったのか…全く伝わらなかった」

翠星石「むきぃいいいい!」

蒼星石「大丈夫だよ翠星石! 僕には伝わったよ! だから落ち着いて!」

翠星石「あぁ、翠星石の事をわかってくれるのは蒼星石だけですぅ!
    人間なんか…ベーッ!」

澪「なっ…あ、あれをわかる奴なんかそうそう居ないだろ!
  完璧にわかるほうが異端だっ」

翠星石「ふぅん…? ここにいるのは3人。理解している人が2人。
    理解してない人は…お前1人! 多数決でお前のが異端ですぅ!」

澪「な……っ、多数決なんて卑怯だぞ!」

翠星石「卑怯? なんとでも言えです異端者。2対1ですよ異端者。
    精々味方の居ないこの状況であがけですこの異端者ぁ!」

澪「くッ!」

澪(ここで…ここで屈する訳には……
  しかし論破も出来ない! ここまでなのか? 律…)



93 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 21:16:23.13 ID:EM2Y2YDO

蒼星石「待った!」

翠星石「!?」

澪「!?」

蒼星石「僕は…翠星石の味方にはなりきれない。
    何故なら澪さんは僕のマスターでもあるから」

蒼星石「僕は…澪さんの味方にもなりきれない。
    何故なら翠星石は僕の大切な姉妹でもあるから」

蒼星石「だから僕は"翠星石の味方"でも"澪さんの味方"でもない、
    もう一つの位置につく…」

澪「まさか…っ!」

蒼星石「僕は…… " 中 立 " だっっ!」

翠星石「そんな……! 嘘、嘘ですぅ!」

澪「嘘じゃないよ翠星石…これで1対1対1だ」

蒼星石「僕は…2人の戦いを見まもる。
    2人の強がりや意地の張り合いを見まもると決めたんだ…」

翠星石「……わかったです、しっかりと見届けてください!
    ……来いっ! どこからでも来るといいですぅ!!」

澪「勿論…やってやらぁぁあああぁああああアあああああ!!!」

澪母「うっせぇ! モンゴルまでぶっ飛ばすぞゴルァ!!」

澪「ごめんなさーいっ」



94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 21:27:41.78 ID:EM2Y2YDO

翠星石「ふぅ…お前、意外とコントとかいける方なんですねぇ」

澪「ははっ、律がたまに仕掛けてくるからな」

蒼星石「それにしてもこんなに盛り上がったのは
    真紅と金糸雀と僕達でやったホームズごっこ以来だね」

翠星石「ああ、真紅が急に灰色の脳細胞が~って言い始めたんですよね」

蒼星石「そうそう…クスッ」

澪「真紅?」

翠星石「あぁ…ローゼンメイデン第5ドールで、翠星石達の妹ですぅ」

澪「真紅、か…」

翠星石「…目覚めてるんですかね」

蒼星石「さぁ…」



95 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 21:46:40.24 ID:EM2Y2YDO

‐‐‐あずへや!

真紅「…温いわ」

梓「えっ?」

真紅「紅茶が…温いわ…」

梓「あれ…ちゃんと沸かしたのになぁ?」

真紅「沸かした後に何をしたの?」

梓「ちょっと熱すぎて火傷しないかなーって思ったから氷を入れてみたり…」

真紅「余計なお世話よっ!」ビシッ

梓「あぃっ」

真紅「温過ぎてもはや紅茶じゃないわ! 紅茶じゃないわ!」

梓「何故2回!?」

真紅「もう普通の水道水くらいの温さになってるわ!
   どれだけ氷を入れたらこんなに温くなるの!?」ビシッ バシッ バチッ

梓「あぅ、6個くらい!」

真紅「入れ直して頂戴! 入れ直して頂戴! 氷はいれずに!」



96 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 21:53:59.24 ID:EM2Y2YDO

梓「いたた…あぅ、わかった、入れ直してくる…」

真紅「…ギロッ」

梓「不肖梓、入れ直して来ます!」

ガチャ バタンッ

真紅「はぁ……悪い子ではないはずなのよ」

真紅(ただ、美味しい紅茶が飲みたいのだわ…)



98 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 22:06:00.16 ID:EM2Y2YDO

‐‐‐りつへや!

律「ふんふーん♪ ふんふんふーん♪」キュッキュッ

金糸雀「りっちゃん、聞いてもいいかしら?」

律「おう、なんだー?」キュッキュッ

金糸雀「なんでカナのおでこを磨いてるのかしら…?」

律「どんだけ光るかなーって」

金糸雀「自分のおでこでやってくれるとカナはストレスを貯めずにすむかしら」

律「そーかそーか」

金糸雀「…聞いてる?」

律「ちょっと待て、今やっとピカピカの泥団子くらいになってきたから…」キュッキュッ

金糸雀「泥団子と同列にして欲しくないかしら!」

律「泥団子じゃなくてピカピカの泥団子だ!」

金糸雀「カナには違いがわかんないかしら! 全くわかんないかしら!」

律「ハァ…ハァ……大丈夫だ、私が責任を持って黒漆レベルまで光らせてやる…っ!」

金糸雀「そんな責任餅に包んで食われてしまえばいいかしらぁ!」



99 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 22:21:17.21 ID:EM2Y2YDO

‐‐‐みおへや!

翠星石「お茶請けにスコーンを焼いてやったです。ありがたく戴けですぅ!」

澪「おお、美味しそう! 翠星石って料理上手なんだな」

翠星石「ふふん、淑女たるもの料理が出来て当たり前ですぅ!」

蒼星石「紅茶は僕がいれたよ。レディグレイで良かったかな?」

澪「うんっ、蒼星石もありがとうな。じゃあ皆で戴こうか」

スベテハアイノターメリック♪

澪「あ、電話だ」



100 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 22:30:32.78 ID:EM2Y2YDO

澪「もしもし」

律『もしもし澪か!?』

澪「どうしたんだ? 随分焦ってるみたいだけど…」

律『なぁ! ピカピカの泥団子とただの泥団子はまるで別物だよな!?』

澪「……は?」

律『そして黒漆はピカピカ泥団子をはるかに超えるよな!
  なぁそうだと言ってくれy…あ、ちょっとなにして、ガタンッ』

金糸雀『あー…うちのミーディアムが迷惑かけたかしら。
    ごめんなさい。では…』ガチャッ ツーツー

澪「…………?」

翠星石「にんへん、なんらっふぁんふぇふは?」モゴモゴ

蒼星石「翠星石、飲み込んでから話そうか」



101 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 22:41:19.68 ID:EM2Y2YDO

金糸雀「馬鹿かしら! りっちゃんはびっくりするほど」

律「ユートピア?」

金糸雀「馬鹿かしらー!! だれが全裸で尻を叩くのかしら!?」

律「金糸雀☆」キュピン

金糸雀「ならお手本を今すぐやってみせて欲しいかしら
    ほらりっちゃん早くお手本ほら早くほらほらほら」

律「ごめんちゃい」ガバッ

金糸雀「でこが光ってて反省してる感が足りないかしら」

律「うるへー! それにでこは関係ないっ! しかも金糸雀も光ってるだろ!」

金糸雀「これはりっちゃんが磨いたせいかしら!
    おでこが摩擦でマサチューセッツするとこだったかしら!」



102 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/19(土) 22:52:42.63 ID:EM2Y2YDO

金糸雀「全く…りっちゃんにはもっとしっかりして欲しいかしらぁ」

律「なにぃ? "自称"策士の金糸雀に言われたくないやい!」

金糸雀「なっ…!」

律「あ…もしかして図星か? うりうりっ」

金糸雀「むぅ…ほっぺをつっつかないで欲しいかしら……むうぅ…!」

律「まぁまぁそうむくれるなって!」プニプニ

金糸雀「むーっ!」

律「ぷっ…ははっ」

律(ムギのマンボウの真似の時に似てる)

金糸雀「笑わないで欲しいかしらぁ!」



105 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 21:00:41.12 ID:Uo07boDO

‐‐‐よくじつ!

憂「時間が経ってー」

‐‐‐ほうかご!

律「よーっす」

澪「よし、そろった事だし練習するか」

唯「えーっ、もうちょっとゆっくりしようよー」

梓「さっきまで十分ゆっくりしてたじゃないですか…」

唯「ぶー…あずにゃん堅い事言わなーい」

律「そうだそうだ! 大体私はまだちょびっともゆっくりしてない!」

澪「いつもは人一倍ゆっくりしてるだろうがっ」

紬「まぁまぁ、とりあえず少しゆっくりしてから練習しましょう?」



106 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 21:14:17.00 ID:Uo07boDO

唯「はふぅ、しあわせー…」

梓「むぐむぐ」

律「やっぱムギのおやつは最高だよなー!」

紬「お代わりもあるわよ」

澪「さっ、そろそろ練習するか」

律「澪、食べた直後に運動するのは良くないって言うんだぞ?」

梓「そんな事言ってたらいつまで経っても練習出来ないじゃないですかー!」

唯「うぅ…どうしても駄目?」

梓「駄目ですー!」

紬「梓ちゃん、あーん」

梓「ぱくっ……ほわぁ~…」

澪「大人しくなったー!?」



108 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 21:27:09.29 ID:Uo07boDO

‐‐‐みおへや!

澪「って感じで今日も全然練習出来なかったよ……ハァ」

翠星石「やる気のねぇ奴等ですねぇ」

蒼星石「ところで、澪さんはさっきから何してるの?」

澪「あぁ、今度のライブでの曲を書いてるんだけど…
  なかなか良い歌詞が浮かばなくて。一応途中までは書いたんだけど…」

翠星石「よし人間。この翠星石が見てやるですからちょっとその紙寄越せですぅ」

澪「や、やだよ!」

蒼星石「どうしてだい?」

澪「だって…は、恥ずかしいし…」

翠星石「蒼星石?」

蒼星石「わかってる」

澪「ふ、2人共…?」

蒼星石「ごめんね澪さん」ガシッ

翠星石「見せてもらえないなら…無理矢理にでも奪ってやるですーっ!」

澪「ひいいいいぃっ!」



109 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 21:44:25.59 ID:Uo07boDO

澪「かーえーしーてー!」

翠星石「えっと何なにぃ…? タイトル『乙女(はぁと)領域』」

蒼星石「(はぁと)…?」

翠星石「じゃあちょっと歌詞を読んでみるですぅ。

『まだ言わないで☆
 甘いあまぁいその言葉
 恋なんてときm…」

澪「声に出して読むなーーっ!!」

翠星石「この後にもお砂糖たっぷりティータイム☆とか
    天使の羽根の~だとかの歌詞があるですぅ。どうですか蒼星石氏?」

蒼星石「凄く…背中がムズムズします…」

澪「じ、自信あったのに…」



110 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 21:54:06.80 ID:Uo07boDO

翠星石「ちょっと曲聴かせろです」

澪「はい…」

翠星石「……」

蒼星石「……」

翠星石「…曲は良いのに」

蒼星石「…うん」

澪「ガーンッ! が、頑張って書いたのにぃ…」

蒼星石「でも歌詞全体が悪いって訳じゃないと思うよ」

翠星石「ですぅ。その胸焼けする位甘ったるい部分部分を変えれば
    少しは見れるようになるかもしれないですぅ」

澪「でも…私こういう感じの曲しか書いた事ないしなぁ」

蒼星石「じゃあ僕達も一緒に歌詞作り手伝うよ」

翠星石「こういうのは他人の意見を取り入れるとぐっと良くなるもんですぅ」

澪「本当にぃ? ありがとうっ!」



111 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:09:00.57 ID:Uo07boDO

翠星石「まず、さっきこんな感じの歌詞しか書いた事ないって言ってたですね?」

澪「はいっ」

翠星石「過去の偉い人は言ったですぅ…。『意外性は大事だ』と…!」

蒼星石「つまり今までのとは真逆のタイプの歌詞が良いって事だね?」

翠星石「そゆことですぅ。
    そんでその今書いてある歌詞を元の歌詞として、
    単語とかちょちょいと弄ればいいです」

澪「成る程…でも真逆のタイプってどんな感じにすればいいだろう」

翠星石「そりゃああれです。そのー……えと……あれ、あれですよね! 蒼星石ぃ!」

蒼星石「僕ぅ!? えっと……ば、薔薇とか…血とか…?」

澪「ビジュアル系!?」

翠星石「意外性はバッチグーですぅ!」

澪「でも…わかんないよ」

蒼星石「だからそこら辺を僕等も手伝うんだよ。ね?」

翠星石「ドントコイですぅ」



112 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:20:34.41 ID:Uo07boDO

‐‐‐あずへや!

梓「はい真紅、紅茶だよ」

真紅「……」カチャッ

真紅「…ぶーっ!」

梓「汚なっ!」

真紅「けほっ、ごほっ! けふっ!」

梓「だ、大丈夫?」

真紅「……梓、貴方紅茶に何入れたの?」

梓「え? 砂糖…」

真紅「砂糖だけじゃあんな壊滅的な味にはならないわっ!」ビシッ

梓「あぶっ!」

真紅「大体砂糖入れるのは聞いてからじゃないのとかはまだいいわ!
   間違ってる! 絶対に砂糖以外の何かを入れたはずよ!」ビシッ バシィッ

梓「そ、そんなぁ! でも塩じゃないはずだけど…」

真紅「ハァ…ハァ……じゃあ何を入れたのか見てきて頂戴」

梓「うん…」

‐‐‐

梓「味の素だった」

真紅「絆パンチぃいい!」

梓「ぼぐはっ」



113 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:28:58.55 ID:Uo07boDO

真紅「全く…使えない下僕ね」

梓「……」しゅん

真紅「……、明日は美味しい紅茶を期待してるわ」

梓「…! やってやるです!」

ファサ…

梓「ん? 黒い…羽根?」

真紅「!」

ピカァッ

梓「鏡が…!?」

クスクス… フフフフッ… クスクス…

ズズ…ッ

真紅「…水銀燈!」

水銀燈「はぁい真紅ぅ…久しぶりね」



114 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:38:14.34 ID:Uo07boDO

水銀燈「この前翠星石と蒼星石には会えたんだけど…
    貴方を探すのは少し手間取っちゃったぁ…」

真紅「そう…2人共目覚めてたのね」

水銀燈「2人どころか全員目覚めたそうよぉ…?」

真紅「…それではアリスゲームの」

水銀燈「開催って事…!」

ブワッ!

真紅「梓、下がりなさい!」

梓「う、うん!」

水銀燈「あらあら、ミーディアムの心配ばかりしてていいのぉ?
    よそ見してたらジャンクにしてやるんだから…クスクス♪」



115 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:48:17.87 ID:Uo07boDO

ピカァッ

水銀燈「!」

ズズ…ッ

唯「銀ちゃん、やっぱり私もついてくよ! ……ってあずにゃん!?」

梓「ゆ、唯先輩!?」

水銀燈「唯! 部屋で待ってなさいって言ったじゃない!」

唯「だ、だって…」

真紅「水銀燈…」

水銀燈「…っ、今日のところは引き上げてあげる。
    次はNのフィールドで……。唯! 帰るわよ!」

唯「ま、待ってよー!」

ピカァッ

真紅「……」

梓「……まさか…唯先輩もミーディアムだったなんて」

真紅「知り合いだったのね」

梓「うん…」

真紅「しかもよりによって水銀燈の…っ」



116 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 22:55:57.83 ID:Uo07boDO

‐‐‐ゆいへや!

水銀燈「なんで付いてきたのよ…」

唯「…えへ、好奇心?」

水銀燈「はぁ…」

唯「邪魔しちゃったよね? ごめんね銀ちゃん! ぎゅーっ」

水銀燈「は、離しなさい!」

唯「いい子いい子~」

水銀燈「……っ」

唯「銀ちゃん、えへへー」

水銀燈「……」バッ

唯「あぅっ」

水銀燈「…次抱きついたら、ジャンクにしてやるわよ」

バサッ バサッ

唯「あ…行っちゃった…」



117 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 23:04:06.65 ID:Uo07boDO

‐‐‐みおへや!

澪「で、出来たぁ!」

翠星石「やれやれですぅ…」

澪「ありがとうな、2人共」

蒼星石「役に立てて良かったよ」

翠星石「もっと褒め称えやがれですぅ」

澪「調子にのるなっ! …でもほんと、歌詞を完成出来たのも2人のおかげだな」

翠星石「ふ、ふふん! この翠星石にかかればおちゃのこさいさいに決まってるですぅ!」

蒼星石「もう…本当に素直じゃないなぁ」



118 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 23:11:12.54 ID:Uo07boDO

翠星石「でもこんだけ頑張ってやったんですからもう少し労って欲しいですぅ」

澪「はいはい、じゃあ紅茶いれてくるよ」

翠星石「ちゃんとお茶請けも用意するですよー」

蒼星石「夜に食べたら太るよ?」

翠星石「ど、ドールだから太らんですぅ!」

澪「ぎくっ、私はヤバいかも…」

翠星石「人間が肉団子みたいになったら笑ってやるですよー♪ ぷくくっ」

澪「な、なるわけないだろー!」

蒼星石「ははは…」

蒼星石(いつまでも、こんな平和な日常が続けばいいのに)

蒼星石(願うだけ、無駄なのかもしれないけど…)



119 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/06/20(日) 23:18:18.26 ID:Uo07boDO

‐‐‐

水銀燈「……」

水銀燈「…お父様、この時代で私はアリスになれるでしょうか…?」

水銀燈「アリスになり…お父様に会えるのでしょうか?」

水銀燈「お父様……!」



関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「ひええええええ!!!」翠星石「ちょっと黙りやがれですぅ!」#前編
[ 2011/05/19 01:42 ] クロス | ローゼンメイデン | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6