SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ほのぼの >  唯「捨てあずにゃん」#2

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「捨てあずにゃん」#2 【ほのぼの】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1305720255/l50




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:28:58.51 ID:q9HXIAyj0



唯「あ……」


梓「……みゃーん」

唯「猫……?」

梓「にゃー」

唯「……? えへっ、こっちおいで!」

梓「にゃー」

唯「おいでおいでー……」

梓「にゃ」

唯「えいっ、つかまえた!」ダキッ

梓「にゃああー」

唯「わぁ、可愛い子」

唯「首輪してないねー、捨て猫かな? んーもうすぐ雨ふりそうだしうちくる?」

梓「にゃあお」

唯「可愛いなぁ……」ナデナデ





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:34:09.50 ID:q9HXIAyj0





憂「め! 捨ててきて!」

唯「えー……可哀想だよぉ」

梓「……」

憂「でもうちで猫?を飼うなんて……」

梓「にゃあお」

唯「子猫さんだよ? こんな寒空に下放っておいたら死んじゃうよ」

憂「うーん……じゃあ明日晴れたらもとのとこ戻してきてね?」

唯「えー」

憂「わがままいわないでお姉ちゃん」

唯「かわいいのにねぇ? ねー♪」ギュウ

梓「……?」

憂「あれ、ていうかそれ、猫じゃなくてアズニャンじゃない?」

唯「え? んー、そういえば猫じゃないね」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:39:39.39 ID:q9HXIAyj0


唯「あずにゃんか、そっかそっか」

梓「?」

唯「あずにゃ~ん♪」ナデナデ

梓「?」

憂「そもそもアズニャンって飼ってよかったんだっけ?」

唯「だめなの?」

憂「うーん……なんかニュースでやってたような」

唯「でもでも、今日捨てるのはだめ。雨降ってきたし」

憂「うん……でも約束だよ? 絶対明日には捨ててきてね?」

唯「……うん」



唯「とりあえず私の部屋いこうね!」

梓「にゃあ」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:42:52.42 ID:q9HXIAyj0


部屋


唯「わーいあずにゃん高いたかーい」

梓「にゃあお」

唯「うふふ、喜んでる喜んでる」

梓「ふしゃあ」

唯「あ、そうだミルクあげよっかな」

唯「その前にお風呂?」

梓「……」プルプル

唯「ん? どうしたのあずにゃん、ぷるぷる……」

梓「…………」ホッ

チョロチョロチョロチョロ

唯「うわー! うわあああ! な、ななな!」

唯「ギャー」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:45:34.01 ID:q9HXIAyj0



……


唯「こらっ」

梓「?」

唯「えっとえっと……めっ!」

梓「?」

憂「お姉ちゃん、わかってないよ、まだ子猫でしょ?」

唯「……むぅ」

憂「とりあえずお風呂はいって」

唯「うん。ほらあずにゃんいくよー。こっちだよー」

梓「?」トコトコ

唯「あはは、着いて来る着いて来る。かわいー」

憂「ミルクあっためて待ってるね」

唯「うん!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:49:42.99 ID:q9HXIAyj0


風呂場


唯「よいしょ」

梓「?」

唯「お風呂だよー」

梓「にゃぁ」

唯「暖かいよ……はい、シャワーかけるからねー」

シャー……

梓「!? ふぎゃあああ!!!」ジタバタ

唯「えっ!? ちょ、暴れないで!!」

梓「にゃぎゃあああああ!!」ジタバタ ガリガリ

唯「ぎゃあああっ、ごめんなさいごめんなさいあずにゃんやめてー」

梓「ふしゃああああああ!!」ガリガリ ガリガリ

唯「とめる! とめるからひっかかないでっ!!」キュッ



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:52:48.94 ID:q9HXIAyj0


梓「……にゃお」

唯「……ごめんね。お水嫌いだった?」

梓「……」ブルブル

唯「どうしよう……これじゃ体洗えないよ」

梓「……にゃあ」

唯「とりあえず私洗うから外でまってる?」

梓「にゃあ?」

ヒョコ

唯「えっ、膝の上がいいの?」

梓「にゃあ」

唯「でもそこにいるとまたお湯かかっちゃうよ?」

梓「?」

唯「はぁ……タオルかなんかで拭くしかないか」

梓「♪」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 00:56:59.28 ID:q9HXIAyj0


……


唯「ごしごし」

唯「ごしごし」

梓「……ふぁ」

唯「大丈夫だね。暴れちゃやだよ?」

梓「にゃあ」グー

唯「お腹すいたんだね。あがったらミルクあげるからねー」

梓「にゃあおお」

唯「ん? どしたの?」

梓「あむ♪」チュウウ

唯「ふぇ!? あ、あずにゃん……それは……う」

梓「ちうちう」

唯「だ、だめだよぉ! やめてやめて! んっ……わ、私ママさん猫じゃないから……」

梓「♪」チュゥゥゥ



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:02:25.99 ID:q9HXIAyj0


唯「でませんでません!」

梓「?」

唯「でーなーい!」

梓「? にゃあ!!」ペシペシ

唯「こらっ! 人の胸に文句付けるんじゃありません!」

梓「にゃああ!!」ペシペシ

唯「もーーー!!」

梓「にゃううう!!」チューチューチュー

唯「やだぁもう!! あずにゃん!!!!」

ガラガラ

憂「お姉ちゃんなんかあっ……あ」

唯「うぅ……みないでぇ。てか入ってこないでよぉ」

憂「ご、ごめん……なんかおっきい声がしたから」

唯「えーん、あずにゃんひきはがすの手伝って」

憂「うん……手伝う」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:07:51.78 ID:q9HXIAyj0


リビング


唯「ふー、さっぱりしたー。いいお湯でした。憂、あずにゃんは?」

憂「ミルク飲んだあとソファーで寝てるよ」

唯「お、どれどれ」

梓「スゥ、スゥ」

唯「うひー、可愛いねぇ。天使だね」

憂「うん、まぁ……可愛いけど」

唯「どうしたの?」

憂「やっぱりアズニャンを飼うのは無理だよ。世話が難しいし……」

唯「えー、なんとかするよ」

憂「あんまりなつかないかもしれないし」

唯「そうかなー? いい子だよ?」

憂「どこが。ひっかくし、おしっこそこら中でするし」

唯「あ、私がお風呂入りなおしてる間にまた漏らしたんだ」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:15:04.91 ID:q9HXIAyj0


唯「もー、おトイレもしつけないとね」

憂「本気!?」

唯「だって雨しばらくつづくみたいだし」

憂「……そうだけど」

唯「憂だってそこらかしこでおしっこされたら困るでしょ?」

憂「でも……あんまりここの生活に慣れるといざ捨てる時が」

唯「…………」

憂「お姉ちゃん。今晩じっくり考えてみて?」

唯「憂は反対なんだ」

憂「うん。お姉ちゃん、きっと後悔するとおもう……だから」

唯「……憂がそういうなら」


梓「スゥ、スゥ」

唯(……こんなに可愛いのに)



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:22:47.67 ID:q9HXIAyj0


部屋


唯「よし、あずにゃんもクッションの上に移したし」

唯「日記かこう! あずにゃん日記」

唯「えーっと」


 今日私は、あずにゃんという天使に出会いました。

 とってもかわいいかわいい子猫さんです。

 天気が回復するまでしばらくウチで飼ってみることにしました。

 あずにゃんはミルクを飲んですぐに寝ました。


唯「あ、あれ……もっといろいろ書きたいのに」

唯「……まぁいっか!」

唯「今日はとっても楽しかったね」

唯「明日はもーっと楽しくなるよね」

唯「ね、あずにゃん♪」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:26:57.82 ID:q9HXIAyj0


翌朝


唯「雨かー……えへ」

梓「にゃあ?」

唯「雨だったらね! あずにゃんとお別れせずにすむんだよ」

梓「?」

唯「わかんないか」

梓「にゃあ」

唯「よしよし今日も可愛いね。今日はボール遊びしようね」

梓「にゃあ!」

唯「はぁああん、もう私メロメロ~」ギュウウ

梓「ふにゃ!?」

唯「えへ~あずにゃん♪」スリスリ

梓「みゃおう」

唯「ん……あれ、昨日よりなんかおっきくなってない? 重たいような……」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:31:47.92 ID:q9HXIAyj0


唯「ねー憂ー、あずにゃんがなんかさー」

憂「……うん」

唯「……んー、まぁいっか」

梓「にゃあ♪」

唯「にゃあ~」ナデナデ


 

あずにゃん日記その2


 あずにゃんがたった一日で重くなってる。

 すこし成長したのかな。昨日はティッシュ箱くらいの大きさしかなかったのに・・・

 でも相変わらず可愛い♪♪♪

 ボール遊びが気に入ったみたい。ずっとボールをぺしぺししていた。

 雨はやみそうにない。



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:34:53.56 ID:q9HXIAyj0



唯「はーいあずにゃん高い高……うぐ、重……」

梓「みゃあ♪」

唯「もっとしてほしい?」

梓「もっと!」

唯「!?」

梓「もっと!」

唯「えっ、ちょ、憂ー!!」

憂「なにお姉ちゃん」

唯「あずにゃんがしゃべった……」

憂「えっ」

唯「しゃべったよ今」

憂「何言ってるのお姉ちゃん。その子はアズニャンなんだから
  そりゃ成長するにしたがって喋るようになるでしょ」

唯「……そ、そうだっけ」

梓「……もっと」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:39:25.46 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その3

 あずにゃんは喋るらしい!

 すごいよ! 私全然なにもしらなかった!

 今日だけで『もっと』『ごはん』『いや』って言った。

 これからあずにゃんとおしゃべりできるのかなぁ。

 でもなんだか言いようもない不安があったりなかったりする。

 ちなみにあずにゃんは晩ご飯をたべたあとずっと寝てる。

 雨はまだやみそうにない・・・



唯「ふー、日記三日目終了!」

唯「……あずにゃん、不思議な子」

唯「えへへ、でも可愛いからどうでもいいや」

唯「今日はとっても楽しかったね」

唯「明日はもーっと楽しくなるよね」

唯「ね、あずにゃん♪」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:43:30.68 ID:q9HXIAyj0


……


唯「あー……今日も雨かー」

唯「さすがにこうお天気悪い日がつづくと……」

梓「にゃあ、あめ」

唯「あめだねー……あっ、雨って言った」

梓「にゃあ」

唯「むむ、またおっきくなってる」

梓「?」

唯「あずにゃんはどこまで大きくなるの? いくらなんでも成長期すぎるよ」

梓「???」

唯「んー、ボール遊びする?」

梓「ボール、する」

唯「ほいっと、それー」コロコロ

梓「にゃんにゃん!」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:48:47.37 ID:q9HXIAyj0


憂「お姉ちゃん。私買い物いくけど」

唯「雨なのにごめんねー」

憂「うん。何かかってくる?」

唯「ミルクかな。あと……」

梓「おねいちゃん!」

唯「?」

梓「おねいちゃん!」

唯「んーん。私は唯だよ。唯」

梓「?」

唯「ゆ い。ほら言ってごらん」

梓「?」

唯「口の形真似して。 ゆ い 。」

梓「ゆ い。ゆい。ゆいゆい」

唯「うん! そうそう。あ、ごめん憂。あとアイスかってきて~~」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 01:54:18.78 ID:q9HXIAyj0


憂「うん」

唯「雨しつこいよねー。じめじめしてくるよ」

憂「でもやんだら約束どおり」

唯「うっ……雨雨ふれふれもっとふれー」

梓「?」

唯「はーいあずにゃんは遊ぼうねー」

梓「はい!」

唯「えへ。お膝の上おいで」

梓「にゃひ」

唯「あったかー」

梓「にゃう」

唯(あずにゃんよく懐いてる……うれしいな)

唯(憂! 心配しなくても私にもできるよ! ちゃんとあずにゃんのお世話できるもん!)

唯(雨がやむまでにもっとなついてもらえるよう頑張ろっと!)



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:00:21.04 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その4

 あずにゃんが私の名前を覚えたよ。

 それと、音楽にも興味をもつようになった。
 
 嬉しそうにずっとコンポをみつめてた。

 相変わらず成長もしてる。

 そろそろ抱っこするのが重たい。

 雨は週末には止んじゃうみたい。

 私、憂を説得できるかなぁ。



唯「よし、これでオッケー」

梓「なに?」

唯「あずにゃん日記だよ」

梓「?」

唯「きにしなくていーの! さぁ寝よ?」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:04:33.99 ID:q9HXIAyj0


……


梓「んしょ、んしょ」

憂「わぁ」

唯「えっ……」

梓「んしょ、んしょ。んにゃ」

憂「すごい! 上手にあんよできたね」

唯「あずにゃんが足だけで歩いてる……」

憂「何いってるの? そりゃ成長したら二本足で歩くよ」

唯「そうだっけ……」

憂「それにしてもおっきくなったね」

唯「もう幼稚園児くらいある?」

憂「まだそんなにおっきくないけど、よいしょ」ダキッ

梓「にゃ」

憂「おもーい。はいお姉ちゃんパス」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:11:49.41 ID:q9HXIAyj0


唯「んしょ。おお、おっきいねぇあずにゃん」

梓「にゃう~」

憂「お姉ちゃんにだっこされたら嬉しそう」

唯「えへへ」

梓「♪」

憂「…………」



あずにゃん日記その5

 
 日々あずにゃんは成長している。

 ついに二本足で立って歩いた!!

 てちてち歩くすがたはとっても可愛いです!

 これからどうなるんだろー

 言葉もじゅんちょうにおぼえています!



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:15:43.80 ID:q9HXIAyj0


……


唯「ほらあずにゃんこっちだよ~♪」

梓「まって……あう」

唯「ゆっくりでいいからおいでー」

梓「ゆい……ゆいい……」ヒョコヒョコ

唯「えへへへへへ、可愛い可愛い」

唯「もうっ、なんて愛らしい子なんでしょ」ナデナデナデナデ

梓「にゃうー」

唯「頑張ったからおやつをあげよう」

梓「おやつ! もぐもぐ」

唯「食べたらちゃんと歯は磨かないとだめだよー」

梓「もぐもぐもぐもぐ」

唯「あずにゃんは食べるのが好きだねぇ。そりゃ大きくなるよ」

梓「もぐもぐもぐもぐんむ」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:20:41.59 ID:q9HXIAyj0


憂「お姉ちゃん……」

唯「ほえ?」

憂「あんまり甘やかすと」

唯「あ……う、うん……」

憂「週末、晴れるんだってね」

唯「……あ、あのね憂。私さ、しっかりあずにゃんのお世話するから……その」

憂「だめだよ。だめ。最初に約束したでしょ?」

唯「ひどいよ! あずにゃんが可哀想!」

梓「?」

唯「おっきくなったとはいえ、まだこんなに小さい子なんだよ?」

憂「ひどいのお姉ちゃんのほうだよ。野生にかえさなきゃならないのにそんなに甘やかして」

唯「だめだもん! あずにゃんは私といるのが楽しいんだから!」

憂「それはわがままだよお姉ちゃん。別れるなら、なるべく早いほうがいいと思う」

唯「でも……」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:24:37.01 ID:q9HXIAyj0


憂「どんな子にも帰る場所があるよ」

唯「じゃあここがあずにゃんの帰る場所になればいいじゃん!」

唯「だいたい捨てあずにゃんだったんだから……さ……」

憂「……いまは、可愛い盛りかもしれないけど」

唯「えっ」

憂「その子はまだまだおっきくなると思うよ?」

唯「それでも大丈夫。私ちゃんと責任とってそだてる!」

憂「……」

唯「ご飯もお風呂もトイレもしつけも! 私がちゃんとするから!」

憂「……ほんとに、ほんとに後悔しない?」

唯「うん! 絶対!」

憂「わかった……そこまでお姉ちゃんが言うなら」

唯「わあ! ありがと憂!」

憂「…………ううん」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:29:57.49 ID:q9HXIAyj0



あずにゃん日記その6


 やりました! 憂の説得に成功!

 これからあずにゃんと一緒だよ!

 よーし晴れたらあずにゃんと外に行こう。

 まだまだいろいろ教えてあげるんだ!

 たのしみでしにそう~~



唯「えへへ、えへへっ♪」

梓「スゥ、スゥ」

唯「嬉しいねあずにゃん。一緒だよ!」

唯「今日もとっても楽しかったね」

唯「明日はもーっと楽しくなるよね」

唯「ね、あずにゃん♪」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:39:56.41 ID:q9HXIAyj0


……


唯「晴れだー!!」

梓「はれ!」

唯「おお、お天道様。お久しぶりでございます」

梓「ます!」

唯「よしあずにゃんお散歩いこ!」

梓「?」

唯「外だよ!」

梓「にゃ!」

唯「手つなごうね」ギュ

梓「にゃう!」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:44:18.99 ID:q9HXIAyj0


憂「あ、外いくの?」

唯「うん!」

梓「!」コクコク

憂「じゃあついでに卵かってきて?」

唯「おっけーおっけー」

梓「おっけー」

憂「えへ、なんだか親子みたいだね」

唯「えー? そうかなー。私まだ20なんだけどこんなおっきい子」

憂「冗談じょうだん」

唯「もー、憂ったら」

憂「気をつけてね」

唯「うん、いってきます!」

梓「いてきます!」

憂「いってらっしゃい」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:48:39.93 ID:q9HXIAyj0



スーパー


唯「あずにゃんそれ売り物だから勝手に食べちゃだめぇ!」 

梓「がつがつむしゃむしゃバリバリ」

唯「だめだってばぁ!」グイッ

梓「むぐ?」

唯「め! だめ! ここはおうちじゃないから勝手にたべちゃだめなの!」

梓「にゃあ」

店員「あのー……」

唯「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい! 代金は支払います!」

唯「ほら、あずにゃんも謝って」

梓「ごめなさい!」


唯(も~~~、教えることまだまだいっぱいだよ)



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:51:44.03 ID:q9HXIAyj0



ヒソヒソ ヒソヒソ ヒソヒソ


梓「にゃう……」

唯(うわー、すごい見られてる……恥ずかし)

梓「にゃぉ……ごめん…なさい……」

唯「悪いことだってわかった?」

梓「……にゃあ」

唯「はい。でしょ」

梓「はいです」

唯「勝手にうろうろするのもだめだよ! あずにゃんは何も知らないんだから」

梓「はいです……」シュン…

唯「そ、そこまで怒ってないからさ、そんなに落ち込まなくていいよ」

梓「……ごめんなさい」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 02:54:56.53 ID:q9HXIAyj0


帰り道


唯「お手~手~、つーないで~」

梓「にゃーにゃーにゃー」

唯「ほら、まっすぐ前みて歩く」

梓「はいです」

唯「返事だけはいいんだから……ふふ」

梓「?」

唯「んーん、なんでもないよ」

梓「にゃあ」

唯「ほんとあずにゃんはかわいいね。こりゃ甘やかしたくなっちゃうよ」

梓「?」

唯「帰ったらーオムレツたべてーお風呂はいってー♪」

梓「♪」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 03:11:50.88 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その7


 悪いことはちゃんと悪いと教えないといけない。

 それは飼い主の私の責任。

 あずにゃんはおしえた分だけ賢くなっていくから

 明日のあずにゃんは今日のあずにゃんよりもっともっとお利口なはず。

 

あずにゃん日記その12


 あずにゃんはだいぶまともにしゃべれるようになった。

 身長はもう小学生の低学年ほどはある。

 でもどれだけ大きくなってもボール遊びは好きなまま。

 最近は私のギターに興味をもっている。



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 03:18:40.23 ID:q9HXIAyj0


唯「あずにゃんタイヤキたべる?」

梓「たべますたべます!」 ピョンピョン

唯「はい」

梓「もぐもぐ♪」

唯「おいしい?」

梓「おいしいです」

唯「好きだねぇ……ここ毎日たべてるよ」

梓「半分いります?」

唯「いいよ。たべてたべてー」

梓「どもです。あむあむ♪」

唯「あずにゃんがたべてる姿はとっともプリティだね」

梓「えへへ……照れますよ」

唯「にしても綺麗にしゃべれるようになったね」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 05:59:59.37 ID:q9HXIAyj0


梓「いろいろ教えてくれるおかげです」

唯「えへっ、あずにゃん♪」

梓「ゆいー♪」

唯「御主人様って呼んでみて!」

梓「ごしゅじんさま? ごしゅじんさま!」

唯「えへ、えへへ。かわいいにゃあ」ナデナデ

梓「んう……なでなでしてもらうの好きです」

唯「うんうん」

梓「もっとしてほしいです」

唯「そうだねー」ナデナデ

梓「えへへ」

唯「すくすく育ちなさいー」

梓「にゃあ!」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:03:21.16 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その15

 
 すくすく育つのはいいけどいくらなんでもそだちすぎ!

 もう身長は140cmくらいあるのかな。

 こんなに大きくなるとお風呂にいれてあげるのも一苦労!

 

唯「もー! おとなしくしてー!」

梓「やですやです!!」ジタバタ

唯「脱ぎ脱ぎしなきゃはいれないでしょ!」 

梓「にゃー!! お風呂入りません!!」

唯「だめ! 臭くなっちゃうよ」

梓「べつにいいですし」

唯「め!」

梓「えー……やです……えーん」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:10:00.04 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その18


 今日はあずにゃんをおつかいに行かせてみた。

 500円もたせていつも飲んでる牛乳と食パンと

 お釣りで好きなもの買ってきていいよっていったら

 私の大好きなバニラソフトを買ってきてくれた。

 少し溶けてたけど二人でわけて食べた。

 あずにゃんはとってもやさしい子



あずにゃん日記その20

 
 あずにゃんの成長がとまらない。

 髪の毛もどんどんのびてきたから二つにくくることにした。

 ちょっと髪の毛がべたべたした。


    
  



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:14:22.28 ID:q9HXIAyj0


あずにゃん日記その21


 あずにゃんの成長がとまらない

 体重を測ったら50kgちかくあった

 ご飯あげすぎなのかなー

 でも背もぐんぐんのびてるし・・・

 今日も夜食に冷凍タイヤキを二つ食べた



あずにゃん日記その22


 変なニュースやってた。アズニャンがどうのこうのって


あずにゃん日記その23

 
 またニュースやってた。


  



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:17:10.23 ID:q9HXIAyj0



……


梓「ゆいー! 電話です電話!」

唯「むにゃ……なぁにこんな朝っぱらから」


唯「はいもしもしお電話かわりました」

唯「…………はい」

唯「…………」

唯「……はい」

唯「え」

唯「……………………はい」

唯「はい、わかります」

唯「……………」

唯「はい」
  


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:20:47.13 ID:q9HXIAyj0


唯「……失礼します」

カチャ

唯「……」

梓「にゃ?」

唯「……」ギュ

梓「? えへへ、あったかいです」

唯「……うん……あったかいね」ギュウ

梓「……ゆい……?」



あずにゃん日記その25


 明日管理局の人がくる。

 あずにゃんを連れて行く。

 どうしたらいいかわからない。



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:24:37.26 ID:q9HXIAyj0




唯「……」

憂「……」

梓「どうしたんですか?」

唯「あずにゃん」ギュ

梓「? なんで今日はいっぱいギュウしてれるんですか?」

憂「お姉ちゃん……」

唯「いい子だよ。いい子だよあずにゃん」

梓「にゃ?」

唯「……ぐす」

梓「どうして泣いてるんです?」

憂「後悔しないって、言ったよね。でも、お姉ちゃんの気持ちは痛いほどわかるから」

唯「……うん」

梓「?」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:30:34.33 ID:q9HXIAyj0


憂「明日おむかえがくるよ」ナデナデ

梓「?」

唯「……ぐす、ひぐ」

梓「なんでゆい泣いてるんです」

憂「悲しいから。人は悲しいときは泣いちゃうんだよ」

梓「そうですか」

唯「あずにゃん……あずにゃん」

梓「お別れするんですか?」

唯「やだ……やだよ」

梓「……なんだか寂しいです」

憂「そうだね……」

梓「でもどうして」

憂「アズニャンは……飼っちゃだめなんだって。危ないからって」

唯「いい子だもん!! あずにゃん悪いことしないもん!」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:35:16.58 ID:q9HXIAyj0


梓「はい。しないです」

憂「うん、いい子だよ」

梓「なんでういも泣いてるんです?」

憂「だって、だって……一緒だったもん、いきなりなんて寂しいよ」

唯「……ぐす、あずにゃん……」

憂「ごめんね……ごめんねお姉ちゃん、私がもっと反対してたら」

唯「ううん。でも後悔はしてないよ……」ギュウウ

梓「にゃう!?」

唯「いっぱい思い出をありがとう……」

梓「……」

唯「ありがとう……あずにゃん」

梓「…………にゃあ」



……



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:39:04.78 ID:q9HXIAyj0


翌朝


ピンポーン

 「いるかしら」

憂「どなたですか」

 「管理局の者よ。昨日の電話の件で来たの」

憂「……」

 「あけてくれる?」

憂「……はい」

憂「どうぞ」

 「おじゃまするわね」


ガチャリ


和「……まったく、あなたたち姉妹ときたら」

憂「和ちゃん……」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:42:41.20 ID:q9HXIAyj0


梓「にゃあ、誰です」

憂「管理局の人。おむかえだよ」

梓「……」

和「呆れた。ずいぶんと育っちゃって」

唯「和ちゃん……」

和「唯、怪我はない?」

唯「えっ……」

和「大きくなったアズニャンは危険なのよ」

唯「そんなこと……ないもん」

和「じゃないと国で規制されたりなんてしないわ」

憂「……」

和「管理局の権限で施設へ連れて行くわね」

唯「ま、まって……施設って」

和「……一般人に言うべきことじゃないわ」

憂「…………」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:46:29.81 ID:q9HXIAyj0


唯「それって……」

和「人に飼われたアズニャンはむしろ野生のものより危険なの」

唯「なんで……」

和「ほら、無駄に賢いでしょこの子」

唯「うん」

和「だから……いろいろ仕込まれてる可能性があるの」

唯「そ、そんなことしないのに……」

和「ごめんなさい。誰であれ、決まりだから」

唯「そんな……じゃああずにゃんは」

和「狭い檻に閉じ込められるわ」

唯「だめ! そんなのだめ!」

和「落ち着いて。忘れるように努力しなさい」

唯「無理だもん! やっぱりあずにゃんをつれていくのはだめ!!」

和「大人になりなさい。もういい年でしょ」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 06:50:17.91 ID:q9HXIAyj0


梓「にゃあ」

和「!」

梓「ゆいをいじめるなです!!」

和「うっ……」タジタジ

唯「……あずにゃん」

梓「ふしゅー。ふしゃああ!!」

和「ち、近寄らないで」

梓「ふしゃあああ!!!」

唯「あずにゃんだめ!!!」ギュウ

梓「にゃあ! なぜです、悪いヤツですゆいを泣かせました」

唯「ちがうの! ちがうの!!」

和「はぁ……びっくりしたわ。あやうく麻酔銃をつかうところだった」

梓「にゃあ、離してほしいです! ゆいの敵です!!」

唯「あずにゃん、いい子だから、いい子だから……」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:00:49.66 ID:q9HXIAyj0


梓「……」

唯「……いい子いい子」

梓「ほふぅ……」テレ

和「……ずいぶん、懐いてるのね」

唯「……」

和「アズニャンが主人を想って牙を向くなんて初めてよ」

唯「ごめんね。ごめん和ちゃん。でもあずにゃんはほんとにいい子だよ」

唯「優しいんだよ。私のために……アイス買ってきてくれたり」

唯「家事だって手伝ってくれるし、もうおもらしもしないし」

和「……」

梓「にゃあ」

唯「ひどいことなんてしないよ……絶対絶対」

和「……」

憂「お姉ちゃん……」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:10:43.75 ID:q9HXIAyj0


和「……そうね」

唯「!」

和「……じゃあ少しだけ猶予をあげる」

唯「えっ」

和「私、一度上にかけあってみるわ」

唯「ほんと!?」

和「でも約束。絶対になにも事件を起こさないこと。絶対よ?」

唯「うん! 当然だよ!」

和「そうね、次結果をもってこれるとしたら数ヶ月先になるわ」

和「それまでにしっかりとしつけてみなさい」

和「調教以外でアズニャンをしつけることに成功したら、きっと管理局の見方も変わってくる」

唯「……わぁ!」

憂「和ちゃん怒られない?」

和「今回の件は私に任されてるから。心配しないで」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:14:17.77 ID:q9HXIAyj0


梓「?」

唯「あずにゃん!」ギュウ

梓「うぎゃ、苦しいです」

唯「一緒にいられるよ!」

和「決まったわけではないわ。観察期間ってだけ」

唯「でも和ちゃんならなんとかしてくれる! そうでしょ?」

和「尽力するけど。私たちのアズニャンに対する認識が全て正しいとは思ってないから」

和「……この子は、いろんな可能性をもった子よ」

唯「うん!」

和「すこし、なでてみていいかしら」

唯「いいよー。はいあずにゃんおとなしくしてー」

和「……」オソルオソル

梓「にゃあ」

和「!」ビクッ



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:18:22.05 ID:q9HXIAyj0


憂「怖がらなくてもいい子だよ」

梓「にゃあにゃあ」

和「……」サスリサスリ

梓「♪」

唯「ね?」

和「……そうね、貴重な映像がとれたわ」

唯「えへ」

和「不思議ね。こうして見ると危険生物ってことを忘れるわ」

唯「全然危険じゃないよー」

和「……それじゃあ、結果を楽しみにね」

唯「うん!」

憂「ありがとう和ちゃん!」

唯「ありがとう!」

梓「ありがとうです」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:23:35.41 ID:q9HXIAyj0


数年後…


梓「ゆい博士ー」

唯「んー? なぁに?」

梓「お茶にしませんか?」

唯「およ、もうそんな時間。じゃあちょっと休憩ー」

梓「どうぞ」

唯「ん」

梓「ゆい博士。論文すすんでますか?」

唯「んもうあずにゃん! ふたりきりのときは唯って呼んでよ」

梓「すいません……」

唯「今度の論文はまぁまぁかなー」

梓「ゆいが壇上にあがる姿はカッコイイです」

唯「そ? ありがと」ナデナデ

梓「えへへ」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:29:35.29 ID:q9HXIAyj0


ガチャリ

和「ちょっと唯! なにのんきにお茶してるの!」

唯「わわっ、和ちゃん!」

和「日記じゃないのよ? 早く書き終えないと次の学会間にあわないわよ?」

唯「そ、そうだね、頑張ります!」

和「あなたの論文にアズニャンの未来がかかってるってことをしっかり自覚なさい」

唯「わかってるよぉ」

和「学会にはお偉い先生や局の人もたっくさんくるんだから!」

和「前みたいなふざけた内容ではだめよ」

唯「ふざけてないよ~、あれがあずにゃんの育成論なんだから」

和「はぁ……あのね、だっこしてぎゅーしてチュッなんて書き方でいいわけないでしょ」

和「育成法を確立した第一人者がこれじゃ先が思いやられるわ」

唯「大丈夫大丈夫。今度はあずにゃんについてきてもらってパフォーマンスもするから」

和「あのね……あぁ、頭が痛いわ」

唯「えへ」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:35:57.07 ID:q9HXIAyj0


和「とりあえず来週までに形にするのよ!?」

唯「はーい」

和「気の抜けた返事ね」

唯「論文きらーい。私あずにゃんと遊んでるほうがいいなー」

梓「にゃあ」


和「……はぁ、どうしてこんなんで博士号をとれたのかさっぱりわからないわ」

唯「まだまだ未開拓分野だからねー」

和「それだけ期待されてるんだから頑張りなさい」

唯「よし! さっそく作業にもどります!」

梓「頑張ってください!」

唯「の前にあずにゃん日記書こっと」

和「それ、毎日かいてるの?」

唯「うん、出会った日からずっとずっと。一日何回も書いたりもしてるよ」

和「その情熱をもっと他のところに……っていまさら何言っても無駄ね。
  へんにこだわっちゃうところがあなたのいいところだもの」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:45:01.05 ID:q9HXIAyj0



あずにゃん日記その1644


 今日もあずにゃんは可愛い。
 
 お手伝いをさせてる間は趣味でメイド服を着せている。

 ふりふりした愛くるしい生き物がせかせか動きまわる姿を、
 
 目で追いかけているだけで幸せだ。
 
 この論文の発表を終え、管理局局長が声明をだしたら
 
 運動はますます加速するだろう。

 でもきっとうまくいく。

 隣から不思議そうな顔でのぞきこんでくる
 
 あずにゃんの顔をみてると、そんな気がしてくる。

 そうだ、一般人によるあずにゃんの安全な飼育が可能になったら、
 
 次は結婚できるように働きかけてみよう。

 そうしよう。さすがに無理かな? 
 
 でもやるとしたら、きっともっと忙しくなっちゃうな。

 
 
192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:49:24.59 ID:q9HXIAyj0

唯「ふー」パタン

梓「日記終わりました?」

唯「うん!」

梓「結婚って書いてました? 結婚???」

唯「読めるんだね」

梓「はいです」

唯「頭いいね。いい子いい子」ナデナデ

梓「えへへ、もっとなでていいですよ」

唯「よし、もう遅いからあずにゃんは寝なさい。明日またナデナデしてあげるから」

梓「はい。約束ですよ!」

唯「今日もとっても楽しかったね」

唯「明日はもーっと楽しくなるよね」

唯「ね、あずにゃん♪」

梓「にゃあ♪」


おわり




196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:59:47.58 ID:Hr1rmV3y0


あずにゃんは本編の高校時代の姿以上は成長しないのか



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 07:59:55.28 ID:prvXQFJS0

なんで最後ハム太郎wwwww乙wwwwww



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 08:22:20.67 ID:5usxycqfO

乙です。


これで今日1日頑張れるわ。



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/19(木) 08:53:53.85 ID:e0e4Ews4O

良かった 乙





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「捨てあずにゃん」#2
[ 2011/05/19 15:05 ] ほのぼの | 唯梓 | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2077 [ 2011/05/19 15:34 ] [ 編集 ]

寿命的なBADENDになると思ってた

タイトル:
NO:2083 [ 2011/05/19 21:58 ] [ 編集 ]

梓アンチだったのに、この梓はありだな

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6