SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ヒーロー >  唯「放課後戦隊!ケイオンジャー!!」#第五話

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「放課後戦隊!ケイオンジャー!!」#第五話 【ヒーロー】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280577951/




198 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:33:22.43 ID:qXkonMk0

keionja_title_aa.png




199 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:34:10.72 ID:qXkonMk0

第五話『凶悪!地獄のメタルモンスターの巻き!!』

ぶしつ!

澪「新しい詞を書いてみたんだ」 スッ

律「どれどれ」 サッ

律「…」

律「…」


律「却下」

澪「えっ…な、なんでだよっ!」

律「『鶴と亀が滑って恋に落ちました』は無いだろ」

律「おかしーし」

澪「お、おかしくねーし…」

律「おかしいっつの!食い下がるなっ!」






200 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:34:53.69 ID:qXkonMk0

澪「うぅ…」 ズーン


律「澪、ちょいスランプ気味みたいだな」

唯「そうなの?」 モグモグ

紬「澪ちゃん、あんなに意気込んでたのに…」

梓「皆の心に残る詩を書くんだって言ってましたもんね」

唯「『私は忘れられないぞっ!!』って気合十分だったよ!」

律「あ~…それは逆に気合入れすぎだな…」

律「こうなると、しばらく時間を置いてやらないと」


澪「…私のハートは鳩ぽっぽ …恋なんてカラスの勝手でしょ…」 ブツブツ

律「って、まだ何か言ってるし…っ!」



201 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:36:23.29 ID:qXkonMk0

澪「うーん…」

紬「澪ちゃん」

澪「ムギ…」

紬「詩作りはちょっと休憩してクッキー食べない?」

澪「ありがとう、ムギ……でももう少し考えてみるよ」

紬「そう…?」

澪「スランプ気味かもしれないけど…やる気があるうちにやっておきたいし…」

澪「それに…お菓子は……最近またウェストが……」 ズーン

紬「あ、ごめんなさい!」


律「そうだ唯、話がある」

唯「おお、なんでしょう りっちゃん!」

律「…頼む!イチゴショートケーキを私にゆずってくれ!」

唯「えぇっ!も、もしかして今日クッキーの他にケーキもあるの!?!

  だ、ダメだよ!!イチゴショートケーキは私大好きだもん!!あげらんないよ!!」

律「いや、そっちじゃない」

唯「ほぇ?」



└──────────────────────┐
                                  ↓



202 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:38:20.34 ID:qXkonMk0

                                  澪(…雑談が気になる)

                                  澪「私、向こうでちょっと集中して考えてるよ」

                                  紬「うん、わかった

                                    でもあまり根を詰めすぎないでね」

                澪「ああ、わかってる ありがとな、ムギ」 スタスタ…

      澪「…」 スタスタ…                     律「口上だ、口上。 口上の方のイチゴショートケーキ」

澪(さて…どうするかな…)                    唯「なんだ…本物のイチゴショートケーキじゃ
                                    ないのか……」 シュン

                                  梓(本気で残念そうだ…!)
澪(いま考えてる詩は…)
                                  唯「でもなんで?」

澪(『フラフラ フラミンゴ』)                  律「赤い食べ物が思いつかなくってさー
                                    それで気付いたんだけどイチゴショートって
                                    ピンクよりレッドだろ?」



203 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:39:03.05 ID:qXkonMk0

                                  唯「えぇ、赤い食べ物なんてたくさんあるよ… リンゴとか」
澪(これは恋にゆれる気持ちを
                                  律「うーん…でもリンゴそのままだとでもリンゴそのままだと
  フラミンゴのバランス感覚に例えた             お菓子じゃないし…ティータイムっぽくなくないか?」

  素晴らしい詩なんだ!)                   紬 「アップルティーとかアップルパイとか」

                                  律「それだと赤じゃないしさ」
澪(…これも却下されたけど)
                                  梓「トマトとか」

                                  律「かっこ悪い!てか絶対ティータイムに関係ないだろ」
澪(…) チラッ
                                  唯「スイカとか!」

                                  律「どちらかと言うとグリーンのイメージなんだよ、それは」
澪(向こうの会話が気になって仕方ない…)
                                  唯「わがままだなぁ…」




204 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:40:07.12 ID:qXkonMk0

澪(! ダメだダメ!!!                      梓「いっその事グリーンやります?」

   集中! 集中しないと!                 律「え?」

   こんなんじゃあ心に残るような             梓「色の枠が空いてますから
                                    レッドからグリーンに転向しても問題ないかと」
   いい詩は書けない…っ!集中だ!)
                                  律「グリーンがリーダー? ないないない」

                                  梓「実際ジムリーダーやってるじゃないですか、グリーン」
澪(…)
                                  律「ポケモンかよっ!
                                    それを言ったらレッドはチャンピオンだろ!」

                                  梓「なに言ってるんですか、チャンピオンはワタルです
                                    レッドは働かずに山篭りしてるニートですよ」
澪(ポケモンか…)
                                  律「なっ、確かにそうだが
                                    仮にも最強のトレーナーをニート扱いだと…」


澪(こう言うのはどうだろう…                  律「とにかくグリーンは却下!
                                    私は緑より赤が好きなんだ!
                                    ポケモンだって赤の方を買ったしな!」
  『初恋の気持ちはマダツボミ』…
                                  唯「あ、私も赤だよ! ヒットンかわいいんだーヒットン!」
  これは初恋の純粋な気持ちを
                                  梓「あ、唯先輩もポケモンやってたんですね」
  ポケモンのマダツボミに例えた
                                  唯「うん!」
  ちょっと切ないラブソングで…) カキカキ
                                  唯「ポケモンかぁいいよ~」
                         (→ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279979820/)



205 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:41:08.89 ID:qXkonMk0

                                  律「やっぱり赤だよなぁ!
澪(って初恋の気持ちって…                    リザードンの方がカッコイイし!
                                    タイプ相性的にもリザードンは
                                    フシギバナに圧勝だしな!!」
  どんな気持ちなんだろう…
                                  梓「でも、ヒトカゲはタケシで即効詰みますよね」
  私、恋なんて全然…)
                                  律「そこは、ほら気合で…」

                                  唯「あずにゃんはどっち買ったの?」

                                  梓「あ、私ポケモンは銀から入ったので」
澪(…)
                                  律「なんと!これがジェネレーションギャップか…!」

澪(向こうは楽しそうな話してるな…) チラッ
                                  紬(話についていけない…) シュン

                                  唯「ムギちゃんは、赤と緑どっちだった?」
澪(ちなみに私は緑からだった
                                  紬「えっ! えっと私… 
                                    実はポケモンはアニメでしか知らなくて…」
  律より先に進めてたけど
                                  律「なんとっ!」
  対戦になると律には
                                  唯「そうなの? じゃあムギちゃんもやろうよ~」
  全然かてなかったんだよな…)
                                  紬「うん!私も混ぜて~」

                                  梓「丁度今度新作も出ますし、
                                    そしたら軽音部の皆でやりませんか?」
澪(…おいおい、それは流石に…)
                                  律「面白そうだな!!」

                                  唯「いいねぇ!それ!」
澪(って、いいのかお前ら受験生だろ!?!)
                                  紬「やろうやろう!」
澪(ケイオンジャーとしてもどうなんだ!?!)
                                  律「澪もやろうな!」

澪「!」

澪「う、うん!やる…!」



206 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:41:58.95 ID:qXkonMk0

澪(はっ、しまったつい…                        律「って脱線してるし!!」

  誘惑に弱いのが私の悪い所だな…)          梓「律先輩がポケモンの話始めるから…」

                                  律「いーや、お前が元凶だっ!」

                                  律「とにかくグリーンがリーダーはない!
澪(……集中しよ) ブンブン
                                    赤と緑なら赤の方がすごいんだよ!」

                                  紬「そうなの?」
澪(…)
                                  律「そうなんだよ、ルイージより
                                    マリオの方が凄いってことだ!」

                                  梓「それはそうかもしれないですけど」
澪(やっぱり気になる…) チラッ
                                  律「兄より優れた弟なんて存在しない!!」

澪(姉より優れた妹なら身近に…)
                                  唯「ほぇ?どしたの澪ちゃん?こっちみて…

澪「何でもないよ」                          梓(何となく澪先輩の言いたい事がわかる…)



207 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:42:49.98 ID:qXkonMk0

                                  律「マリオカートでも緑コウラより赤コウラの方が
.                                   追跡機能がついてて凄いだろ?」
澪(マリオカートか…
                                  梓「はぁ、わかってませんね 
                                    律先輩は通は赤コウラよりも、
  小さい頃はよく律や聡と遊んだっけ             直線的な軌道を描く緑コウラの方が好みなんですよ?」
                                    
  これも私はいつも勝てなかったんだよな
                                  律「いや、知らないし」
  キノピオの方が律のクッパより
                                  梓「だいたい、必ずしも赤が緑に優れてるなんて事は
                                     ないんです
  可愛くて速いはずなのに…)
                                    ガチャピンとムックとか見てたらわかるじゃないですか」

                                  梓「先輩は地味な赤なのでどちらかと言うとムックですね」
澪(詩が浮かんだ!)
                                  律「ムック馬鹿にするんじゃないですぞ!」
澪(『直進マリオカート ラバーズ』!
                                  梓「他にも緑>赤の構図はありますよ」
  これは恋人達の真剣で真っ直ぐな
                                  梓「ローゼンメイデンとか」
  気持ちを白熱するマリオカートに
                                  律「私が不人気だって言いたいのか、
.                                   真紅を馬鹿にするんじゃないのだわ!」
  例えて…) カキカキ
                                  梓「はいはい、敬語キャラには勝てんのですぅ」




208 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:43:51.63 ID:qXkonMk0

                                  梓「だから 緑だっていいじゃないですか」

                                  梓「ドラゴンレンジャー ブライ カッコイイですし」

                                  律「5話にしてやっとっつーか…
                                    今更スーパー戦隊ネタだと…!」
澪(そう言えば私達の色の構成って
                                  梓「ほら、律先輩 せっかく意味も無く
丁度ジュウレンジャーと一緒だな…)             ハーモニカ持ち歩いてるんですから
  
                                    獣奏剣代わりに使ったらいいじゃないですか」

澪(なるほど、律はハーモニカを                  律「意味も無くとか言うな!
                                     ハーモニカ持ち歩いてたら悪いのかよ…」

  獣奏剣代わりにドラ"ム"ンシーザーを.          律「それにドラゴンレンジャーは敵側につくし…死ぬし…」

  呼び出す訳だな…)                         律「だいたい私がドラゴンレンジャーだと
                                     レッドは私の弟だから聡だぞ?」   

                                  梓「あ、それは気まずいですね、この案はなかった事に」



209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:44:49.04 ID:qXkonMk0

                                  唯「あ…りっちゃん!
                                    信号は赤は止まれで、緑は進めだよね!」

                                  律「それは関係ない!」
澪(ここまでほとんど関係ない話だったけどな)
                                  紬「『赤はあかん!白にしろ!』
                                     って言うのもよく聞くわよね」

                                  律「駄洒落?! もはや何の話だ!」
澪(いや、さっきまでのお前達の話が何の話だ)
                                  梓「あ、でも白枠もあいてますよ?」

                                  律「…白を選んだらなおさらショートケーキだろ」
澪(あ、やっと会話が戻ってきた)

                                  律「と言うわけで唯、前置きが長くなったが
                                     ショートケーキを私にくれ!」

                                  唯「えー ピンクだって他に食べ物ないよ」
澪(…ピンクの食べ物かぁ…
                                  律「いや、前にも言ったがイチゴーショートは
                                     ピンクじゃないからな?」
  ハムとか…お赤飯とか…
                                  梓「でも確かにピンクの食べ物も少ないですね」
  あまりティータイムっぽくないか)
                                  律「あるだろ、イチゴ牛乳とか」

                                  梓「そう言えば知ってますか?
                                     イチゴ牛乳の着色料って

                                  律「梓! 昆虫系女子じゃないんだ!
                                     その話はするな!!」
                     (→ttp://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/blog-entry-921.html)
澪(? 着色料?何か使ってるのか?
                                  梓「あ、すみません」
  今度調べてみよう)



210 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:45:43.38 ID:qXkonMk0

澪(って!気付いたら私まったく               紬「ピンクなら…そのまま桃とかはどうかしら」

  集中できてない…っ!)                    唯「桃はピンクじゃないよ…

                                    ピーチジュースも白だし…
澪(集中だ… 集中……)
                                    ピーチティーも白だし…

                                    桃自体も白だよ」
澪(…)
                                  梓「確かに皮を剥けば白ですけど」

                                  唯「えっ? 桃って皮あるの?」
澪(よしだんだん周囲の声が
                                  梓「えっ」
  気にならなくなってきた…)
                                  唯「えっ」

                                  律「おい唯… 桃の実って見たことあるか…?」
澪(…)
                                  唯「…そう言えば、いつも憂が切った状態のを

                                    出してくれるから見たことないや…」
澪(…やっぱどうしても気になってしょうがない)
                                  梓「ゆ、ゆとり教育の弊害がここにっ!?」

                                  律「魚の切り身が泳いでるとでも言うのかっ!?!」
澪(憂ちゃんも大変だな…)
                                  唯「ピンク色の事をなんで桃色って言うのか
                                     不思議だったんだよねぇ」

                                  律「その時点で気づけよ」



211 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:46:53.15 ID:qXkonMk0

                                  律「仕方ない… 唯はイチゴショートのまま放っておくとして

                                    赤い食べ物を探す方向で話を進めよう」
澪(赤い食べ物か…)
                                  梓「脱線に脱線を重ねて
                                     ようやく元のレールに戻ってこれましたね」

                                  律「赤い食べ物でもイチゴ系は唯と被るから無しな」
澪(人参とかどうだろう…)
                                  唯「はい! カキ氷のイチゴ味とかはどうでしょうか!!」

                                  律「話聞いてたか?」
澪(『キャロット アンド ラビット』
                                  梓「やっぱり、リンゴじゃダメですか?」
  人参が大好きなウサギさんが
                                  律「うーん…リンゴでカッコイイ口上ってのも
                                     思いつかないんだよなー」
  主人公の物語形式の詩で…
                                  唯「体重はリンゴ3個分!!放課後レッド!!!」
  人参さんとウサギさんの関係が
                                  律「私はキティーちゃんか…」
  丁度お互いを求め合う恋人達の
                                  梓「サクランボはどうですか?」
  関係に重なり合う意味の深い詩なんだ)
                                  紬「あなたと私でサクランボ!!放課後レッド!!!」
  カキカキ
                                  律「私ともう1人って誰だーっ!!」



212 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:47:33.70 ID:qXkonMk0

                                  唯「考えてみればイチゴもリンゴもサクランボも
澪(…)                               りっちゃんのイメージじゃないよね」

                                  律「待て、それはどう言う意味だ」
                             
澪(律のイメージか…)                      梓「確かに律先輩は
                                    そんな可愛らしいイメージでもないですね」

                                  律「バッサリ言うなぁーっ!」
澪(律は元気で、かっこよくて…)
                                  紬「そうかしら、りっちゃんは可愛いと思うけど」

澪(確かに可愛い所もあるよな…)                律「そ、それはそれで… 恥かしい…っ」


                                  律「て言うか、私っぽい赤い食べ物ってなんだよ!
澪(律を食べ物で例えるなら…)                ティータイム関係無しに」

                                  唯「えっとね…」
澪(難しいな…)
                                  唯「あ、柿ピーとか?」
澪(動物で例えるなら間違いなく犬だ)
                                  梓「あー!似合います似合います!」 ウン ウン
澪(…)
                                  律「私の扱いは親父か!」
澪(犬… 食べ物… 赤…)
                                  紬「柿ピー?」
澪(ビーフジャーキー…)
                                  唯「ムギちゃん、柿ピー知らないの?」

澪(…ビーフジャーキーも親父か…)               律「ちょっと辛いパリパリした食感のお菓子でさ、
                                    これがまた旨くて
                                    安くて少ないお小遣いにも優しいし、
                                    お酒のつまみにも丁度いいんだ」

                                  梓「感想が親父じゃないですか」



213 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:48:46.51 ID:qXkonMk0

                                  唯「いいんじゃない?柿ピーで」
澪(律は… いつも元気で…)
                                  唯「週末は柿ピーボリボリ昼間っからお酒だぜ!
                                      放課後レッド!!」

                                  律「だから私は親父かっ!!!」
澪(いつも私の隣にいてくれて…)
                                  梓「あ、ハバネロとかいいんじゃないですか?」

                                  律「どう言う意味だ」
澪(いつも私に笑顔をくれる…)
                                  梓「そりゃあ暴力的って言うか」

                                  律「な~か~の~」 ギューッ
澪(…) チラッ
                                  梓「あいたた、やめてください~」 キャー

澪(私にとって律は…)                     律「だいたい暴力的って言うなら澪の方が


                       ガツンッ


                    律「いちゃい…」 ウルウル

                    澪「余計な事言うからだ」


           澪(まったく…部室だと全然集中できないじゃないか…)



214 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:49:50.36 ID:qXkonMk0

かえりみち

駅前!


澪「はぁ…」

澪「律たちの雑談が気になって…あまり詩が書けなかったな」 (←何でも人のせいにするのはやめましょう)

澪「…」

澪「前口上か…考えてみれば今まで1度も上手くいってないな…」

澪「そもそも前口上って必要なのか…」 ブツブツ


♪ ♪

澪「…?」


ジャカ ジャカ ジャン

男『―― ~♪  ―― ~~♪』



215 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:50:26.15 ID:qXkonMk0

ジャカ ジャカ

男『― ~♪  ♪♪』



澪「弾き語りか…!」

澪「…」

澪「凄い…歌もギター上手い…!」


男『― ~♪』


澪「♪」



216 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:51:04.62 ID:qXkonMk0

次の日!

澪「ごめん!今日は用事があって部活休みたいんだ…」

律「そうなのか? わかった」


―――


ぶしつ!

律「と、言うわけで 今回はこの4人での部活だ!」

梓「はぁ、そうですか…」

唯「うーん…澪ちゃんがいないのって珍しいよね」

「澪ちゃんのいない部活…」

紬「澪ちゃん、用事って何かしら?」

「…」 グスグス

律「さぁな…聞いてないけど…何かあるんだろ」



217 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:51:56.41 ID:qXkonMk0

律「今日は、昨日に引き続き、放課後レッドの口上について話し合いたいと思う!」

律「意見のある人!」

梓「はい」

律「どうした中野!」

梓「最近…全く練習せず会議ばっかりやってますけどいいんでしょうか…」

律「…」

律「他に意見のあるひとー」

梓(流されたっ!!)

唯「はいっ!」

律「よし、平沢!」

唯「今日のお菓子はなんでしょうか!」

律「……おい…」

紬「今日はイチゴのショートケーキにしたの、昨日話してたから」 ポワポワ

唯「!! わーい!やったー!!!」

「良かったわね、平沢さん」 クスッ

唯「うん!!」



218 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:52:52.12 ID:qXkonMk0

紬「これなんだけど、丁度5人分」

律「おお、美味そう!」

唯「さすがムギちゃんだよ!」

紬「ふふ、今 皆に分けるわね」



唯「うーん、 おいふぃねー♪」 モグモグ

紬「良かった~♪」

「あら、平沢さん 頬にクリームがついてるわよ」

唯「えっ、本当に」

「えっとハンカチは…」 ゴソゴソ

「あったあった 拭いてあげる、こっち向いて」

唯「んー」

梓「もう、唯先輩は…世話が焼けますね…」



219 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:53:21.88 ID:qXkonMk0

唯「美味しかった~♪」

「ええ、とっても美味しかったわ」

唯「そうだ!」

唯「澪ちゃんがいないから今日はケーキが1つ余ってるはず…」

唯「あずにゃん、半分こしよ~」

梓「え、貰ってもいいんですか?」

律「余ってるならいいんじゃないか? な、ムギ?」

紬「ええ、でも…」


唯「…あれ?余ってないね」

梓「本当ですね」

律「今日は4つしか持ってきてなかったのか?」

紬「ううん、さっきも言ったとおり丁度5つ持ってきたんだけど」



220 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:53:52.07 ID:qXkonMk0

梓「じゃあなんで…」


梓「!」

梓「あの……」

唯「?」

「?」

梓「気のせいかもしれないんですけど」

律「なんだ?」

紬「どうしたの?」

梓「この4人って言ってましたけど…

  さっきから ちゃんと5人いる ような…」

律「…何言ってんだよ、そんなホラーSSじゃあるまいし…」
  (→ttp://www40.atwiki.jp/83452/pages/3265.html)



221 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:54:23.89 ID:qXkonMk0

律「1、2、3、4………5……」

律「!!」

律「5人いる!?!」

梓「ほ、ほら、言ったじゃないですか!」


律「…どういうことだ…?」

律「…1、私」

律「2…」

梓「はい」

律「3…」

唯「ほぇ」

律「4…」

紬「まぁ」


律「5」

曽我部「こんにちわ、みんな」 ニコッ

律「…なんでいるんですか」



222 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:55:05.13 ID:qXkonMk0

唯「会長!!」

曽我部「元…だけどね」 クスッ

梓「何時の間に…!」

曽我部「最初からいたんだけど…」

律「あ、なんかすみません…全然気付かなくて…」

曽我部「あ、べ、別にいいのよ!気にしないで…」

曽我部「琴吹さん、ケーキ美味しかったわ ごちそうさま」 ニコリ

紬「いえいえ~」 ニコリ


梓「それより今日はどうされたんですか?」

唯「そうだ、今日は澪ちゃんのストーカーしなくていいの?」


曽我部「…」

曽我部「…」 ポロ ポロ

唯律梓紬「!!!」

梓(泣き始めたっ?!)

曽我部「聞いてみんな… みおたんが… 澪たんがぁあ!!」 グスグス

律「お、落ち着いてください!」 アセアセ



223 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:55:47.88 ID:qXkonMk0

……

唯「…澪ちゃんが」

梓「昨日、駅前で」

紬「男の人と」

律「楽しげに話してた?」

曽我部「そうなの………ぐずっ」


唯「そ…  それってまさか!!!!」

紬「彼氏!?!!?」

唯紬「わぁあ!!」


律「そんな訳…

曽我部「 そ ん な 訳 な い  !!!!!」

律唯紬梓「!!」

曽我部「あ……ごめんなさい……」



224 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:56:19.82 ID:qXkonMk0

律「彼氏かどうかはともかく…

  澪が男と話すなんて珍しいな…」

曽我部「そうなの……みおた…

     秋山さんは人見知りで…男の人が苦手で…

     あんなにロミオ役が似合っててかっこよかったのに!!」

梓「最後…関係ないですね…」

曽我部「私もみおたんのロミオについていきたい!!!」 キラキラーッ

梓(今日も絶好調だなこの人…)


律「えっと、見間違いとかじゃあ…」

曽我部「私が秋山さんを見間違えると思う?」

律「……まあ思いませんけど…」


唯「つまり本当に澪ちゃんに彼氏が…!」

律「まだ彼氏と決まったわけじゃないだろ…」



225 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:57:06.23 ID:qXkonMk0

梓「でも…男の人と話してたってだけでもちょっと信じがたいですね」

紬「どんな感じだったんですか?」

曽我部「えっと…


~回想~

澪「今の曲良かったです!」

澪「私、軽音部でベースやってて…」

澪「ギター凄く上手かったので!」

澪「…あ、あの…良かったら詩の相談に…」

~回想修了~


曽我部「こんな感じだったかしら…」

唯「澪ちゃんの事だけ…」

律「つーか、曽我部さんが一部始終見てたことには もはや誰も突っ込まないんだな」



226 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:57:46.55 ID:qXkonMk0

律「でも…なるほどな、音楽関係者か」

梓「澪先輩の方から話しかけたみたいですね」

律「普段は人見知りで、知らない人に話しかけられても口ごもるのに

  時々よくわからない行動力を発揮するからなぁ、澪は…」

梓「でも、ギターが上手いって言うのは私も気になりますね」

梓「唯先輩も気になり…


唯「ムギちゃ~ん お茶おかわり~」

紬「今入れるわね」 ニコニコ

曽我部「私もいただけるかしら、琴吹さん」


梓「まったく気にしてない!?」



227 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:58:54.03 ID:qXkonMk0

紬「音楽をやっている人だったから澪ちゃんも話しかける事ができたのね」

唯「うん、きっと話が合うよ!」

紬「次も会う約束をしてたりして」

唯「そして何度も出会いを重ねるうちに2人の間に芽生える愛…!」

唯紬「きゃー!」

律「そんな訳無いって…」

梓「律先輩…」

律「ん?なんだよ?」

梓「さっきから彼氏を連想させる話題に異様に反応してませんか?」

律「…! ううん、全然!」

唯「…もしかしてりっちゃん…焼きもち?」

紬「あらあらあらあら」

律「むっ! ち、ちっがーう!そんなんじゃ無い!」 アセアセ



228 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 19:59:35.23 ID:qXkonMk0

紬「男の人の方はどんな感じだったんですか?」

曽我部「それが……」

紬「…」

梓「…」

唯「…」 ゴクリ

律「…」 ドキドキ


曽我部「あまり覚えてないのよね」

唯「ええっ!」

曽我部「ほとんど みおたんしか目に入ってなかったし…

     みおたんの声しか耳に届いてなかったから…」 テレテレ

律「おいおい」



229 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:00:17.30 ID:qXkonMk0

紬「じゃあ顔も…」

曽我部「ええ、全然……」

曽我部「と言うよりも私…秋山さんに出会ってから…

     みおたん以外の人間を見ても、野菜とか果物にしか見えなくて」

曽我部「その時も…みおたんの横に立ってる男の人が ゴボウ にしか見えなかった…」

律「なんと…!」

唯「…って事は! 私達も野菜とか果物に見えてるのかも!私、蜜柑がいいな!」

梓「蜜柑ならいいんですか?!」

曽我部「あ、軽音部のみんなは大丈夫よ!平沢さん、琴吹さん、中野さん」

律「あ、あれ!?私は!?」

曽我部「あら、こんな所に大きなパイナップルが… たわわに実ったのね…」 ウットリ

律「ダメだぁっ!!パイナップルに見えてらっしゃる!!」


曽我部「ふふ 冗談よ、パイナカさん」

律「ほっ なんだ、冗談か… って!まだ半分パイナップルのままだしっ!」



230 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:01:35.68 ID:qXkonMk0

梓「澪先輩…今日用事って言ってたのももしかしたら、
  その人に会いにいったのかもしれませんね」

律「! そんな…」

紬「まあまあまあまあ…」 ポワポワ

曽我部「グスッ」


律「まさか…そんなわけ…」

コンコン

ガチャ

和「ちょっと、いいかしら……って曽我部先輩!?」

唯「和ちゃん!」

曽我部「久しぶりね、ジャガ……真鍋さん」 ニコッ

和「じゃが…?」

梓(今ジャガって言った…)

唯(ジャガイモって言いかけた…)



231 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:02:24.46 ID:qXkonMk0

唯「どうしたの、和ちゃん?」

律「何か用事か?」

和「え…ええ、最近この地域でまた変質者による迷惑行為があってね

  それが怪人の仕業じゃないかって疑いがあったから…

  一応ケイオンジャーの耳にも入れておこうと思ってね」

律「また変質者か…っ!」

梓「まともな怪人はいないんですかね…」

和「まだ疑いがあるってだけの段階だけどね」

曽我部「真鍋さん、生徒会頑張ってるみたいね」

和「はい!おかげさまで…

  …それで先輩はどうしてこちらに?」



232 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:03:12.21 ID:qXkonMk0

………

和「つまり先輩は昨日、澪が男の人と話している現場を目撃して

  1人で尾行するのが怖くなったから、軽音部の皆に一緒に来て欲しくてここにきたと…」

曽我部「みんな澪ちゃんとは親しいから… きっと同じように心配だと思って…」

梓「心配と言えば心配ですけど… 一緒に尾行して欲しいってどうなんですか…」

和「私としてはそう言う行為をあまり黙認したくないのだけど…」

曽我部「真鍋さんは心配じゃないの!?! 澪ちゃんファンクラブ2代目会長じゃない!!」

和「まあ少しは心配ですけど… 友達として」


律「曽我部さん…」

曽我部「? りっちゃん?」

律「その尾行、手伝わせていただきます!」

梓「!!」

曽我部「! ありがとう!りっちゃんならわかってくれると思ってたわ!」 ウルウル



233 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:04:01.86 ID:qXkonMk0

梓「えっ…あの…いいんですか、そんな事して…」

律「だって、心配だろ澪の事!友達として!!」

梓「ストーカーなんて卑劣な行為で、即鉄拳制裁じゃなかったんですか…?」

律「今回は事情事情だ!」

梓「あまりプライベートに首を突っ込むのも…」

律「これも澪のためだ!」

梓(律先輩はダメだ… 澪先輩の事で頭が一杯になってて

  冷静な判断ができてない…)


梓「唯先輩、ムギ先輩…」


唯「尾行だって!! なんだか楽しそうだね!!」

紬「澪ちゃんが話してた男の人ってどんな人かしら~」


梓(ノリノリだっ!!)



234 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:04:48.39 ID:qXkonMk0

和「まったく仕方ないわね…」

梓「和先輩…」

和「ちゃんと節度は守るのよ」

律唯紬曽我部「はーい」

梓(節度を守ったストーカーってどんなですかっ!!?)


梓「あの、いいんですか…?止めなくて…」

和「こうなったら私には止められないし…

  それにあなた達ならやり過ぎる事はないでしょ…」

梓「はぁ…」

和「でも何かあったらお願いね、梓ちゃん」

梓「私に止められるでしょうか…自信ないです…」



235 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:05:31.36 ID:qXkonMk0

唯「でも澪ちゃん今何処にいるかわかるの?」

律「え」
曽我部「あ」

梓「計画性ゼロですね…」

和「ファンクラブの子に聞いてみましょうか

  昨日の一件があっても尾行してる子はいるでしょうし…」 ピッ ポッ パッ

律「さすが和!!」
曽我部「さすが真鍋さん!!」

梓「ファンクラブってストーカー集団なんですか…」

プルルルルル

和「……」

ガチャ

和「あ、もしもし佐々木さん?」



236 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:06:17.86 ID:qXkonMk0

和「実は澪の事なんだけど…えっ、そっちにいるの?」

梓「早速ヒットしたみたいですね」

和「うん…そう…」

和「! な、泣かないで 佐々木さん!」

唯「被害者がここにも1人…!」

律「澪も罪な奴だな…」

和「場所は……わかった駅前ね」

紬「! 駅前!」

律「昨日、男と会っていた場所だな…」

和「うん、わかった。それじゃあ切るわね」 プチッ


和「聞いたとおりよ」

律「よぉし!!早速駅前に向かうぞー!!」

唯紬曽我部「おぉーっ!!」

梓(大丈夫なんでしょうか…)



237 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:07:03.74 ID:qXkonMk0

駅前!

男『――、―』

澪「―!―」

男『――』


木陰 唯「ほ、本当に男の人と一緒にいるよ…!」

木陰 梓「確かに澪先輩ですよね…」

木陰 律「…」

木陰 紬「…りっちゃん?」

木陰 律「…澪に彼氏…そんな馬鹿な……」 ブツブツ…

木陰 梓「! 律先輩、気を確かに!」

木陰 曽我部「……みおたんが男とあんな楽しそうに…死のう…」 ブルブツ…

木陰 梓「!! し、死んじゃダメです!!」



238 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:07:37.27 ID:qXkonMk0

澪「…―、…――」

男『―――』

澪「――」 カキカキ


木陰 唯「男の人は、ギター持ってるね」

木陰 梓「演奏は上手いらしいですよ」

木陰 唯「へー、そうなんだー」

木陰 紬「でも見た感じは…」

木陰 梓「ゴボウですね」

木陰 唯「ゴボウだね」

木陰 紬「ゴボウよね」


木陰 曽我部「わかった!あのゴボウの首をへし折ればいいのね!」

木陰 律「手伝います!」

木陰 梓「いいから2人は落ち着いてください」



239 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:08:27.60 ID:qXkonMk0

澪「…――」 カキカキ

男『―』

澪「! ――!」 テレテレ


木陰 梓「ここからじゃあ何を話してるか全然聞こえませんね…」

木陰 唯「でも、これ以上は近づけないよ…隠れる場所もないからバレちゃうよ」

木陰 紬「澪ちゃんなんだか照れてるみたい…」

木陰 梓「ノート取ってるから…詩を作ってるんですかね」

木陰 唯「きっと、甘い恋の詩だよぉ~」

木陰 唯紬「キャー!」

木陰 律「…」


男『――』

澪「…―」 ニコッ


木陰 梓「! 笑いましたよ!」

木陰 唯「なんと!」

木陰 紬「澪ちゃん楽しそう…」

木陰 曽我部「みおたん…」



240 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:10:01.09 ID:qXkonMk0

木陰 律「あああっ!!!もう我慢できん!!!」

木陰 紬「?」

木陰 律「突撃!」 ガサガサ

木陰 梓「! 律先輩?!」

木陰 曽我部「待って、りっちゃん! 私も行くわ!」 ガサガサ

木陰 梓「曽我部先輩も?!」

木陰 紬「梓ちゃん、このままだと2人に置いていかれちゃうわ」 ガサガサ

木陰 唯「私達も行こう!」 ガサガサ

木陰 梓「えぇ…どうしてこうややこしくなりそうな事を…」 ガサガサ


澪「…あいつは――ですから…」

男『そうなんだ』

澪「はい、それで私も力になれたらって…」


律「お二人さん、仲いいっすね!!」

澪「!!」

律「どーん!!」

男『わひぃん!』

澪「律!?! どうしてここに!?!」



241 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:10:41.48 ID:qXkonMk0

曽我部「待って、りっちゃん!」

澪「!? 曽我部先輩!?」

唯「おーい」

紬「澪ちゃん!」

澪「唯!ムギ!」

梓「す、すみません澪先輩…」

澪「梓!」


澪「どうして皆が…?」

男『うぅ…』

澪「あっ!●岸さん、大丈夫ですか?」

律「!」



242 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:11:27.99 ID:qXkonMk0

●岸『う、うん…』

唯「澪ちゃん、その人は?」

澪「あ、紹介するよ この人は根●さん」

根●『ど、どうも』

律「…」 ギロリ

根●『!!』

根●(なんだこの子、僕を睨んでる…)

根●(僕は気の強い子が苦手なんだ…)

澪「●岸さん」

●岸『はいっ?!』

澪「?」



243 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:12:12.41 ID:qXkonMk0

澪「えっと、こっちは昨日話した私の軽音部の仲間で…

  左から律、唯、紬、梓…」

律「どうも~…」 ギロリ

唯「こんにちは、唯だよ~」

紬「紬です」 ニコニコ

梓「あ、ギターの中野 梓って言います…」

●岸『う、うん よろしくね…』

●岸(なんだ…皆いい子達じゃないか)

澪「それと…この人が私達の学校の元生徒会長の曽我部先輩」

●岸(元生徒会長か、きっと真面目そうな…)

曽我部「…」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

●岸『!!?』

曽我部「よろしくね」 ニッコリ

●岸(な、なんなんだこの人!!睨むどころか殺気を放ってる?!)



244 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:13:09.22 ID:qXkonMk0

律「…」 ジロジロ

曽我部「…」 ゴゴゴゴゴ…

●岸『は、ハハ…』

梓(な、なんだか律先輩も曽我部先輩も殺気立ってる…)


唯「澪ちゃん、その人もしかして彼氏?」

澪「えっ」

律曽我部「!!!」

梓(ゆ、唯先輩、空気読んでくださいっ!!!)

●岸『あ、いや…ちが…』

澪「そんな、違うよ」 キッパリ

●岸『…』

●岸(それはそれでなんか傷つくな…)



245 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:13:53.49 ID:qXkonMk0

澪「●岸さんはここで弾き語りライブしてるんだよ

  ギターもすっごく上手かったし、歌もいい感じなんだ

  だから、作詞とかの相談にのってもらってて」

●岸『そうそう』

唯「へー、そうだったんだー」

梓(なんだ、本当にそれだけなんだ

  これなら律先輩も安心して……) チラッ


律「 と か ?」


梓(えっ…)

澪「え?」

律「いま作詞 ”とか” の相談って言ったよな」

梓(それは神経質すぎじゃありませんかーっ!?!)



246 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:14:37.73 ID:qXkonMk0

澪「う、うん」 アセアセ

梓(!? 澪先輩も何を焦って…)

律「他に何の相談に乗ってもらってたんだ…?」

澪「いや、あの…」

律「…」

澪「…こ」

律「…」

澪「これだけは律には教えられないっ!!」 ダッ

律「!?」

●岸『秋山さん!?』

梓(えぇえええ…!!)

唯「澪ちゃん、行っちゃった…」



247 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:15:10.31 ID:qXkonMk0

律「そ、そんな…私に言えないなんて…」 プルプル

紬「り、りっちゃん?」

律「うわ~ん!」 ダッ

唯「り、りっちゃん待って!」 ダッ

紬「私達も追いましょう!」 ダッ

梓「は、はい!」 ダッ

根●『……僕はどうすれば』

曽我部「…」 キッ

ゲシッ

根●『ヒャアン!』

曽我部「このけだもの!」

曽我部「みおたん、待って!!」 ダッ


根●『…どうして僕がこんな目に…』

根●『チクショー』

根●ザー『チクショー!!』

ク●ウザー『チクショー!!!』



248 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:16:24.57 ID:qXkonMk0

次の日!

律「………」 チーン


唯「りっちゃん、意気消沈だね」

梓「はい、昨日の事を引きずってるみたいです」

紬「澪ちゃん、りっちゃんに話せないことって何なのかしら…」

唯「…まさか恋愛相談…!」

紬「あらあら…うふふ」

律「…!!!」 ガバッ


律「澪ー!!だめだーっ!!!!!!!

  男は野獣だぞーっ!!!!!」 ウルウル


唯「面白いね、りっちゃん」

梓「澪先輩と律先輩って結構似たもの同士ですよね」


律(…澪のやつ… 何考えてるんだよ…

  なんで私には相談してくれないんだ…? 私達友達だろ…?)



249 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:17:11.61 ID:qXkonMk0

梓「澪先輩は今日も部活休みみたいですし…」

紬「昨日いきなり帰っちゃったから、●岸さんに謝りたいって言ってたわ」

唯「じゃあ、今日も駅前に行ったんだね」

ガチャ

さわ子「皆いるかしら?!」

唯「あ、さわちゃん」

さわ子「あら?澪ちゃんはいないのね…

    それと…」

律「…」 チーン

さわ子「りっちゃんはどうしたの?」

梓「それがいろいろありまして…」

紬「…りっちゃん大丈夫?」

律「…」 チーン

唯「ダメっぽいです!」


さわ子「そう、まあ仕方ないわね…できれば全員の耳に入れておきたかったんだけど…」

梓「?」

唯「何かあったの?」

さわ子「昨日、駅前に怪人が現れたそうよ」

唯梓紬「!!」



250 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:18:28.82 ID:qXkonMk0

唯「駅前って私達が昨日行った…」

梓「それって何時頃のことですか!?」

さわ子「夜の20時頃ね、騒音騒ぎがあったみたいなのよ」

紬「私達が行ったのは放課後だから…

  私達が公園を出て、ちょっとしてからって事かしら…」

梓「●岸さん、大丈夫だったんですかね…」

さわ子「……今回の怪人はちょっと危ない奴かもしれないわね」

梓「? どういうことですか?」

さわ子「騒ぎを止めに駆けつけた警察に S A T S U G A I して、逃走したらしいのよ」

唯紬梓「!!!」

さわ子「おまけに一緒に駆けつけた婦警を公開レ○プしたらしいわ」

唯紬梓「!!!」



251 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:19:16.21 ID:qXkonMk0

梓「そ、そんな極悪な怪人がいるなんて…」

紬「わ、私達で何とかなるんでしょうか…?」

さわ子「辛いでしょうけど…ケイオンジャーが何とかしないといけないのよ」

梓紬「…」

唯「…私やるよ」

紬「唯ちゃん…」

梓「唯先輩…」

唯「だって私達が頑張らないと…町の皆が困るんだもん…」

梓紬「…」

唯「だから私やるよ!!」


唯「この町の皆のために!!」


紬「うん、そうよね! 私達が何とかしましょう!」

梓「はい!! 私達が町の平和を守るんです!」

さわ子「その意気や よし!」 ビシッ



252 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:20:15.13 ID:qXkonMk0

律(みんな…)


律「……こんな時に落ち込んでられないよな」

唯「! りっちゃん!」

律「ゆーい、何勝手に仕切ってんだ~ リーダーは私だぞっ!」

唯「えへへ、ごめんね」

梓「地味なリーダーですけどね」

律「うるさい、ほっとけ!」

紬「りっちゃん…大丈夫?」

律「ああ、大丈夫だよ

  それに何時までも落ち込んでる頼りないリーダーじゃあ、

  澪も気軽に相談できないだろうしな」

梓「律先輩…」

律「…澪が黙ってるのには何かきっと理由があるんだ」

律「だから私はそれを信じる!」

唯「その通りだよりっちゃん!!!」

律「ああ、皆…心配かけてごめんな」

紬「りっちゃんが元気になってよかった!」

梓「しっかりしてくださいね、リーダー」

律「おう!任せとけ!!」



253 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:20:56.56 ID:qXkonMk0

prrrrr…

唯「ん?携帯?」

さわ子「私ね」

ピッ

さわ子「はいもしもし…さわ子だけど」

さわ子「…」

さわ子「なんですって…」

さわ子「…わかった」

ピッ

唯「…どしたの?さわちゃん…」

さわ子「怪人がまた駅前に現れたそうよ」

唯律紬梓「!!!」

唯「駅前って…!

律「澪が危ない!!」


さわ子「ケイオンジャー!出動よ!!!」



254 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:21:43.59 ID:qXkonMk0

駅前!

信者1「ゴートゥ D●C!!!」
信者2「ゴートゥ D●C!!!」
信者3「ゴートゥ D●C!!!」


澪(な、なんでこんな怖い人たちが一杯…?) ガクガク

澪(昨日までごく普通の駅前通りだったのに…) ブルブル

澪(●岸さん大丈夫かな…)


木陰 ●岸(どうしよう… 僕が昨日散々暴れたから…)

~回想~

●ラウザー『あんの雌豚どもがあぁあっ!!! ”K I L L” !!!!!!!!!!!』

通行人1「ひっ、なんだアイツ」

●ラウザー『メ●豚交響曲!!!!!!』 ギャアアアアアアアアッ

通行人2「!?!」

●ラウザー『俺の前にひれ伏せ女ども!!!!!!!!』 ギュイイイン

通行人3「な、なんだこの曲」



255 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:22:29.46 ID:qXkonMk0

●ラウザー『指輪も服も顔もいらねぇえ!!!! 言葉も心も愛もいらねぇえ!!!!!!』

●ラウザー『下半身を突き出しなっ!!!!!!!』

通行人3「なんて最低な曲調なんだ」

通行人1「…でも良く聞くと…結構いいんじゃね?」

通行人2「最高にイカしてるんじゃね?」

……

●ラウザー『下半身さえあればいい!!!!!』

信者1「下半身さえあればいい!!!」

信者2「下半身さえあればいい!!!」

信者3「下半身さえあればいい!!!」


警察「コラ お前達何してるんだ!! やめなさい!!」

信者1「やべぇっ!!ポリだっ」

●ラウザー(!! 謝らなきゃ)

●ラウザー『すみま… うぉっと』 グラッ

ブンッ

警察「ぐぇっ!!」



256 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:23:11.46 ID:qXkonMk0

信者2「出たぁ ●ラウザーさんのポリ殺し!!!」

婦警「やめなさい!」

●ラウザー『ち、ちがう 誤解なんd うわっ』 グラッ

婦警「キャー!」

信者3「すげぇ!!! 公開レ○プだ!!!!」

●ラウザー『ご、ごめんなさい』 バッ

信者1「●ラウザーさん 早く逃げるんだ!!」


~回想終了~

木陰 ●岸『なんて事があったから…』

木陰 ●岸『でも僕はもう●ラウザーになって人に迷惑かけたりしな…

「キャーッ!」

木陰 ●岸『!!』



257 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:24:03.40 ID:qXkonMk0

澪「や、やめてください…」

信者2「こんな所に座り込みやがって、邪魔なんだよメス豚」

信者3「ここは●ラウザーさんの指定席なんだよっ!」

澪「ひいぃっ……」 ガクガク


木陰 ●岸『あ、秋山さん!?』

木陰 ●岸(そ、そう言えば昨日ちゃんとお別れの時挨拶しなかったから…それでここに?)


信者2「よく見るといいメス豚じゃねーか」

信者1「やっちまおうぜ」

澪「や、やめて……」 ブルブル


木陰 ●岸(ま、不味い…! 騒ぎを止めないと!!)



258 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:24:39.74 ID:qXkonMk0

……タッタッタッタ


唯「ぜぇ…ぜぇ…」

律「澪は何処だ!?」

紬「!! りっちゃん、あそこ!!」


信者3「てめぇ、何持ってんだコラ」

澪「い、いやだ!離せ!!」


律「澪!!」

梓「襲われてます!!」

紬「で、でも襲ってるのは一般の人みたい!」

律「…どう言う事だ?」



259 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:25:17.43 ID:qXkonMk0

信者2「いいから見せやがれ!」

澪「うわっ!」

信者1「なんだ、それノートか?」


唯「澪ちゃん詩を考えてるって言ってたから…」

梓「そのためのノートですよね…」

律「…」


パラパラパラパラ

信者3「…なんだこれ?」

信者1「何て書いてるんだ?」


信者2「【 皆に笑顔を届ける 甘いキャンディアップル 放課後レッド 】 … ?」


律「えっ…!」



260 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:26:16.25 ID:qXkonMk0

梓「!! じゃ、じゃあ… 詩以外の事で澪先輩が相談してたことって…」

唯「りっちゃんの前口上…?」

紬「…だから…りっちゃんに言うのを恥かしがってたのね…」

唯「キャンディアップルって?」

紬「リンゴ飴のことね、甘くて子供に人気のお菓子!」

梓「お祭りとかでもお馴染みですよね」

唯「お祭りかぁ! なんだか賑やかそうでいい感じだね!」

律(…澪!)

律(…) ダッ

唯「り、りっちゃん!」


律「待て!!!」

信者達「誰だっ?!」

澪「! りつ…?」


律「チッチッチ… 今の私は美少女 田井中律じゃなくてっよん☆」

律「今の私は!」

律「笑顔を届けるキャンディアップル! 放課後レッドだ!!!!」



261 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:26:56.22 ID:qXkonMk0

澪「律…」

信者3「なに、訳のわからないことを」


唯紬梓「…」

唯紬梓「うん!」

ダッ

唯「ストロベリーショートケーキ! 放課後ピンク!!!」

梓「ちょっぴりビターなチョコレート! 放課後ブラック!!!」

紬「甘いハチミツレモネード!放課後イエロー!!!」

律唯梓紬「放課後戦隊!ケイオンジャー!!!」 ちゅどーん


信者1「! こいつらケイオンジャーだ!!」

信者2「おいおい やっべぇんじゃあねぇの?」

信者3「大丈夫だ!俺達にはあの方が居られる!」


律「あの方?」


●ラウザー『俺を呼び覚ましたのは誰だ……』

信者達「!!! ●ラウザーさん!!!」



262 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:27:48.19 ID:qXkonMk0

梓「!! あいつが例の凶悪な怪人!!」

唯「な、なんて悪魔的なメイク!!」


信者1「うぉおおおクラウザーさぁん!!!」

●ラウザー『…』

信者1「?」

●ラウザー『貴様、そのメス豚をレ○プしようとしていたな…』

澪「ひっ…」

信者1「はい!俺もクラウz… 

●ラウザー『ふんっ!』 ブンッ

信者1「げふっ」


律唯紬梓「!?」


信者2、3「!!」

信者2「どういうことだ!!?●ラウザーさんが信者1をお殴りになられたぞーっ!」

信者3「きっと獲物を横取りしようとした事にお怒りになられたんだーっ!!!」



263 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:28:35.68 ID:qXkonMk0

●ラウザー(ふぅ…後は場を収めれば秋山さんを助ける事が…)


梓「ああやって駆けつけた警察に S A T S U G A I したんですね…!」

●ラウザー『!?』

●ラウザー『わ、我はそのような事は…』

信者2「そうだーっ!!!クラウザーさんの48のポリ殺しでなっ!!!」

●ラウザー『!?』

律「そして婦警にやったときみたいに澪を公開レ○プしようとしたのかっ!!」

●ラウザー『!?』

●ラウザー『そ、そのような気は全く…』

信者3「ったりめーだ!!! ●ラウザーさんの手にかかれば

     ケイオンジャーも全員公衆便所だぜ!!ヒャッハー!!!」

●ラウザー『!?』

律「許せないっ!!!!」


●ラウザー『えっ』

●ラウザー(…どうしてこうなるんだ?!僕は秋山さんを助けたかっただけなのに!)



264 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:29:58.03 ID:qXkonMk0

信者1「●ラウザーさん、すみませんでした」

信者2「! 信者1生きてたのか!」

信者1「俺ごときが●ラウザーさんの獲物をレ○プしようだなんて身の程知らずでした…」     

●ラウザー『あ、あぁ…わかれば良いのだ…』

信者1「●ラウザーさん!遠慮はいりません!

     ケイオンジャーも1人残らずやってしまってください!!」

信者1「レ○プ!!レ○プ!!!!レ○プ!!!!!!!」

信者2「レ○プ!!レ○プ!!!!レ○プ!!!!!!!」

信者3「レ○プ!!レ○プ!!!!レ○プ!!!!!!!」

●ラウザー(僕はこんな事がやりたいんじゃあ…)

●ラウザー(…僕は…僕は……)

●ラウザー(……)

●ラウザー『いいだろう!!!貴様等!!!!

       ケイオンジャーなんぞSATSUGAIしてくれるわぁあああっ!!!!!!』

唯律紬梓「!!!」



265 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:30:40.55 ID:qXkonMk0

●ラウザー『俺は地獄のテロリスト!!!』 ギュイイイイイイイイイン!!!!

●ラウザー『昨日は母さん犯したぜっ!!!!!!明日は父さんほってやるっ!!!!!!』

信者123「うおおおおお!!」

唯「う、うまい!!」

梓「でも汚い!!」

●ラウザー『俺には父さん母さんいねえ!! それは俺が殺したから!!!!』
●ラウザー『俺にゃ友達恋人いねえ!! それは俺がころしたから!!!!』


梓「でも…実際どうしましょうか…相手は凶悪な怪人みたいですし私達が敵うかどうか…」

紬「それにここで戦えば一般の人たちも巻き込むことになるわ…」

律「くそっ…どうする…」

●ラウザー『殺せ!!殺せ!!!!!すべてを殺せ!!!!!!!』


澪(…)

澪(このままじゃ律も…皆も危ない…)

澪(私が…私が頑張らないと!!)



266 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:31:21.82 ID:qXkonMk0

澪「変身!!」

キラキラキラー 裸 シュピーン!!

澪「爽やかなブルーハワイ!! 放課後ブルー!!!」


●ラウザー『サツガイせよっ!!!!!!!!!サツガイせよっ!!!!!!』



信者1「サツガイせよ!!サツガイせよ!!」

信者2「サツガイせよ!!サツガイせよ!!」

信者3「サツガイせよ!!サツガイせよ!!」


澪(私は…皆を守るために… この騒ぎを止めたい!)

澪(だから歌うんだ…)

澪(私の思いを込めて… 私の私らしさを!!!) ギュイイイイイイイン

澪「みんな聞いてくれ!!!」


唯律紬梓「!!」

信者123「!?」

●ラウザー『!?』


澪「 と き め き シ ュ ガ ー 」



267 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:31:57.39 ID:qXkonMk0

keionja_mio_si_aa.png



268 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:32:35.35 ID:qXkonMk0

唯律紬梓「…」

通行人123「…」

●ラウザー『…』

……

澪「?」

律「く、空気が凍った…!?」

澪「えっ?」


通行人1「俺……何やってんだろ」
通行人2「こんな事やってる場合じゃなかったな……」
通行人3「家帰ろうぜ……」


梓「ね、熱意が冷めた…!?」

澪「えっ?」


紬「これが澪ちゃんの必殺技…!『クールダウン』!!!」

澪「わ、私の詩はそう言う必殺技扱いなのかっ!?!!」


●ラウザー『僕は何をやってるんだ…』

唯「怪人さんも冷静になったみたい」

澪「なぁあああっ!!!!なんだよこの扱い!!!!!!」



269 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:33:28.31 ID:qXkonMk0

●ラウザー『本当に僕がやりたかったのはこんな音楽じゃあ無かったのに…』

梓「なんかすごく思いつめてますね」

律「見かけによらずナイーブな奴だな…」


澪「…●岸さん」

●ラウザー『!!!!!』

唯律紬梓「!?!」

唯「ね、●岸さん!?」

律「こ、この悪魔みたいな奴があのゴボウ男だって言うのか!?!」


●ラウザー『ししししし知らんなあ… 我は●ラウザーⅡ世である…』

澪「ううん、わかりますよ…

  ●岸さん、あの人たちから私を助けようとしてくれたんですよね」

律「そうだったのか…」

●ラウザー『…』



270 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:34:12.33 ID:qXkonMk0

●ラウザー『…』

澪「どうして、そんな怖い格好で…怖い音楽をしているかはわかりません」

●ラウザー『…』

澪「でも…●岸さんが私の詩を一緒に作ってくれたこと…律の口上を考えるのを手伝ってくれたこと…

  そして…今私を助けようとしてくれたこと…感謝してます…」

●ラウザー『…』

澪「だから、事情があるなら話してらえませんか?」

●ラウザー『…』

澪「●岸さんは私の力になってくれました… 今度は私が●岸さんの力になりたいから」


梓「な、なんかいい雰囲気ですよ…」 

唯「いいのりっちゃん?」

律「…」

律「当たり前だろ…澪の信じた奴なんだ、私も信じるさ」 ニッ

紬「…りっちゃん」



271 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:35:03.38 ID:qXkonMk0

●ラウザー『僕も本当はこんな音楽をしたかった訳じゃない…』

澪「!」

●ラウザー『ただ認められてるのはクラウザーなんだ…だから』


澪「聞かせてください」

●ラウザー『えっ!』

澪「聞かせてください、●岸さんの本当の音楽を…

  昨日、駅前で聞かせてもらったあの時の曲を…」

●ラウザー『…』

律「聞かせてくれよ」

●ラウザー『!!』

梓「ええ!私達も聞きたいです!」

唯「ギターも上手いしね!!」

紬「楽しみだわぁ!」



272 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:35:57.59 ID:qXkonMk0

●ラウザー(本当の音楽… 僕のやりたかった本当の音楽…)

●ラぎし(それは…皆を幸せにするようなポップでオシャレな音楽!!)

●岸(それが僕のやりたかった本当の音楽なんだ!!)

●岸『聞いてください…』


●岸『甘い恋人』


澪「…」 ドキドキ

律「…」 ドキドキ

唯「…」 ワクワク

梓「…」 マジマジ

紬「…」 ポワポワ


●岸『スゥー』

●岸『ワン・トゥ ワン・トゥ・スリー』



273 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:36:25.07 ID:qXkonMk0

♪ ♪ ♪

●岸『朝 目が覚めると  キミがいてぇ~ん

   チーズタルト焼いてたさぁ~ん

   スウィーツベイビー キミはそうさぁーん

   甘い 甘い 僕の恋人ー」

澪「…」 ドキドキ

律「…」

梓「…」

紬「…」

唯「…?」


……



274 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:36:54.16 ID:qXkonMk0

●岸『甘い 甘い 甘い 甘い コ ・ イ ・ ビ ・ ト ♪』

●岸『みんな一緒に!』

律紬梓「…」

唯「え?」

●岸『甘い 甘い…

梓「あの、すみません…」

梓「すごく言葉にしにくいんですけど…」

●岸『?』


梓「 お 遊 戯 的 なことなら何処か別の場所でやってください」


●岸『!?!?』



275 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:37:44.54 ID:qXkonMk0

律「おい、梓… あんまり言ってやるなよ…」

梓「で、でもこれは…ちょっと…ね、ねぇムギ先輩」

紬「え、わ、私は……  ゆ、唯ちゃんはどう思った?」

唯「うーん… よくわかんなかった」

●岸『!!!!!!』


澪「お、おい!みんな!!」

●岸『…』 プルプルプルプル…

澪「? ●岸さん?」

●ラウザー『うるせええええええっ!!!アバズレがぁあああっ!!!!!!!』

澪「!!!!!」

●ラウザー『貴様のようなアバズレなんぞ こうしてくれるわああああああっ!!!!』 バッ

ズルッ

澪「えっ」

●ラウザー『これが豚の下半身だぁあああああああああっ!!!!!』
keionja_gohan_aa.png

 l三三三三三三三三三三三三三三三三三|


澪「い、いやあああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」  



276 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:38:52.45 ID:qXkonMk0

唯「しましま…っ!」

木陰 ブゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

梓「!! こ、木陰から血が!?!」

紬「き、きっと曽我部先輩ね…」 ポタポタ

梓「!? ムギ先輩も鼻血大丈夫ですか!?」


澪「…ふ、ふえ~ん」

●ラウザー『あっ…』(しまった、つい頭に血が昇って…)

律「…」 ゴゴゴゴゴゴ

●ラウザー『!?』

律「…澪を泣かすなっ!!!!!!」 

●ラウザー『ぐぼぁっ』  ガスッ

●ラウザー(じょ、女子高生なのになんてパワー…)

●ラウザー『う…うぐぅ… イカン…もう地獄の門限の刻だ…

        今日の所はこのくらいにしておいてやる……さらばっ』 ダダダダダ

唯「逃げた!」

律「待ちやがれ…ってもういないしっ」

梓「逃げ足速いですね」

律「くそっ、次に会ったら見てろよ~…」


しかし、この後 騒音被害はパッタリ無くなったそうです!



277 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:39:59.57 ID:qXkonMk0

翌日!

澪「新しい詞を書いてみたんだ」 スッ

律「どれどれ」 サッ

律「…甘い甘い私の親友…」

律「却下」

澪「えっなんで!?」

律「恥かしいわっ!」


唯「澪ちゃんとりっちゃん、すっかり元通りだね!」

梓「ええ、あの2人はやっぱりこうでないと」

紬「うん、仲直りできてよかったわ~」


澪ちゃんとりっちゃんは今もずっと仲良し!

こうして今日も街の平和は守られたのです!





でも…



278 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:44:00.66 ID:qXkonMk0

……

薄暗い通り道!


●岸『はぁ… 勢いに任せて僕はなんて事を…』


???「…」 コツコツ…


●岸『!?』


???「…」 ピタッ


●岸『あの…何ですか…?』


???「…」 スッ

ギュウウウウウウウウン

●岸『!! な、なんだこれ?! 何かが抜き取られて…?」



279 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:44:45.53 ID:qXkonMk0

●岸「うぅ… 一体何を…」

???「あなたの力を抜かせて貰ったわ」

●岸「…?」

???「だからもう用済み、去りなさい」

●岸「…?は、はぁ…」

●岸(意味が解らない… 関わるのはよそう…) スタスタ…


???「…」

???「あともう少し…」

???「後もう少しで計画は始動する…」

???「あなた達の活躍…期待してるわよ…」


???「ケイオンジャー…」

???「ふっふ…  ふふははは!」


迫り来る不穏な闇の気配を…この時の私達は気付いていませんでした…

                               第五話『凶悪!地獄のメタルモンスターの巻き!!』 完



280 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:48:03.74 ID:qXkonMk0
keionja_sauza_aa.png


怪人ファイル その5

名称:ヨハネ・ク●ウザーⅡ世(根● 崇一)

種族:メタルモンスター(ゴボウ男)

パワー:6666

必殺技:サタニックエンペラー(激しい音楽で人を魅了し、信者を作り出す)

データ:けいおん!の原作・アニメの第一話で唯の想像に登場した怖い人。軽音部員。
    額の「殺」の文字や音楽をやっている事、「KILL!」「殺害するぞ!」などの台詞から
    あのデトロイト・メタル・シティのクラウザーさんとの関連性が疑われるが真偽は不明。
    なお今回の話で怪人の目線や名前が一部伏字になっているのはけいおん!の原作に準拠するためである。
    DMCのクラウザーさんと言えばデスメタルでは知らぬ者がいないほど有名、殺人的なギターテク、
    悪魔的な歌唱力、汚い歌詞、最低なパフォーマンスで見るもの全てを魅了する。
    メンバーのジャギ様、カミュさんも含め本物の悪魔であるらしい。日常的にレ○プをしており、
    1秒間に10回のレイプ発言や東京タワーをレ○プし、六本木ヒルズが生まれた等の伝説を残す。
    カツラとメイクをとれば、ただの根岸崇一(23)と言うゴボウ男になると言うディスもあるが、デタラメである。
    今回、メタルモンスターとしていただいた登場した●ラウザーさんも、そんな伝説を残すクラウザーさんとの
    関連性を疑われるがやはり、真偽は不明である。
    なお、これはリスペクトであり、断じてパクリのパクリ等ではない。

ストーリー:駅前を拠点に弾き語りを行っていたゴボウ男の怪人、ある時似たようなセンスを持つ澪に
      話しかけられ、作詞や口上などの相談に乗っていた。
      しかし翌日、女子高生に睨まれたり女子大生に蹴られたりしたために、怒りを爆発させ、
      メタルモンスターとなり音楽を使って周囲の人間を操り、暴挙を働かせていた。
      駆けつけた警察を暴行し、レ○プするほどの凶悪な怪人であったが、
      澪の必殺技「クールダウン」により、冷静さを取り戻し、和解。
      しかしその後、ゴボウ男の披露した曲がキモかったために梓などから批判され、
      その怒りでまたメタルモンスターと化す。澪のスーツをズリ下げたために、律に殴られる。
      地獄の門限であったために逃亡。その後、消息不明。



281 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:49:18.87 ID:qXkonMk0

参考文献:DMCオフィシャルウェブサイト
ttp://www.younganimal.com/dmc/

唯「対バンの相手は……でとろいとめたるしてぃ?」
ttp://www40.atwiki.jp/83452/pages/3961.htm



282 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:49:47.25 ID:qXkonMk0

keionja_title_aa.png



283 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 20:53:28.63 ID:qXkonMk0

5話終了でやっと半分だよ

そしてどんどん携帯から見辛くなってるような気がする
頭の趣味全開の会話はいらなかったかな、それだけ
クロスは初めてだったけど、どうだろうか

6話以降はまた次の機会だよ、ハハ




284 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 21:20:20.49 ID:zgBK7hso


IDがけいおんとな?



285 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/17(火) 21:35:43.54 ID:DQAETcAO

乙、楽しかった
べっかんこがあるから大丈夫



286 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/18(水) 08:09:50.63 ID:6a6pdwAO


うん、頭の話はグダかった
長くて読むの止めちゃってるけどまた今度読むよ
なんだかんだで好きだから見に来てるし





287 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/18(水) 22:15:02.60 ID:fGkMC/s0

乙サンクス、
べっかんこはよくわからんが、もう少し見やすくしたい

>グダかった
ですよねーwwwwwwテンポ良くなるよう心がけるよ

何かと意見は参考になるからあり難い、それじゃあまた




288 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/20(金) 22:01:46.21 ID:..Bs5MAO

べっかんこは携帯から見れるサイト……でいいのかな
レス毎にAASってリンクがあって、レスをパソコンサイズに縮小して表示されるから、でかいAAも見れるんだよ
その分文字も小さくなるけど、文章抽出もあって便利



289 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/24(火) 02:02:39.50 ID:fFDphTco

メタルモンスターのタイトルに期待したらDMCだった



291 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/08/27(金) 02:43:57.67 ID:zclXYFgo

全話外れなし、しかも実験的にいろいろやってて面白い





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「放課後戦隊!ケイオンジャー!!」#第五話
[ 2010/10/07 22:47 ] ヒーロー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6