SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ガンダム >  唯「0079!」#第八話 弟!

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「0079!」#第八話 弟! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1282909722/


唯「0079!」#index




165 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:50:38.13 ID:2pWFfvUo

第八話 弟!

聡は、食事が載ったトレーを持ってふたりがけのテーブルに腰掛けた。

聡「しかし、マズそうな飯だな。」

学徒兵の年齢制限が緩和されたのと同時に入隊したものの、
ソロモン戦には間に合わず、さっきムサイ級の艦に配属になった。
訓練で仲の良かった同期とは配属が違った。
仕方なく、ひとりで飯を食おうとしていると、向かいに誰か座ろうとしている。

「ここ、いいかな?」

聡は、面倒くさそうに答える。

聡「別にいいですよ。」

茶髪で髪の長い女だった。年は姉くらいだろうか?少し怖そうだ。

「田井中聡軍曹でしょ?」

聡は、いきなり名前を自分の名前を当てられて、多少面食らった。

聡「どうして俺の名前を?」

「胸に田井中って描いてあるじゃん。
 それにあたしは今日、田井中聡軍曹がパイロットとして着任することを知ってたしね。」





166 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:52:02.75 ID:2pWFfvUo

聡「あなたは誰です?」

「ああ、ごめん。あたしは立花姫子。階級は軍曹。MSのパイロットよ。
 そんであなたはあたしのパートナーだから、仲良くしてね。」

聡「はあ…」

姫子「でさ、なんでこんなとこ来たの?」

聡は少し困っていた。姉や母を除いて、女と二人きりで食事なんてしたことが無かったからだ。
ドキマギしながら、姫子の質問に答える。

聡「う…うちの姉が志願したから、俺もと思って…」

姫子「お姉さんが居るんだ…もしかして、律って名前?」

聡は、また驚いた。

聡「姉ちゃんの事、知ってるの?一緒に戦ったとか?」



167 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:53:03.21 ID:2pWFfvUo

姫子「やっぱり律の弟だったんだ!律とは高校が一緒だったの。
   なんか面影があると思ったんだ。でも律も軍隊に来てたの、知らなかったな。」

姫子が律の話を聞いて無邪気に笑うのを見たとき、聡は心臓をつかまれるような錯覚に陥った。
怖そうだと思ったが、こんな顔もできるらしい。
それからたわいのない話をしながら、聡は姫子と食事を取った。
食事が終わると、姫子は聡の手を取って言った。

姫子「じゃあMSデッキに行こ?お姉さんが色々教えてあげる。」

姫子に手を握られると、聡の体は電気が通ったようにピクン、と痙攣した。
聡は、女に手を引かれるのが少し気恥ずかしかった。



168 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:54:37.07 ID:2pWFfvUo

純は、医務室に忍び込んだ。
通信手というのは声の出し過ぎで常にのどが痛い。
一応医務室でトローチを処方されるのだが、
それでは足りないので薬品棚から失敬するのが、純の習慣になっていた。

純「憂、いないよね~」

純「トローチ、トローチっと…」

純「うひゃ、あるある。
  こんなにあるんならケチケチせずにドバっとくれればいいのに~」

純「つまみ食い、いただきまーす。」

憂「純ちゃん何やってるの?」

純「ひゃっ!うい!?いたんだ…」

憂「トローチがやたらと少なくなると思ったら、純ちゃんが盗んでたんだ。駄目じゃない!」

純「えっと…これはその…」

純はなんとか話をそらそうと試みる。

純「ねえ、トローチってさ、形がドーナツみたいだよね。」

憂「お菓子じゃないよ!ちゃんと決められた量があるんだから返して!」



169 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:55:34.86 ID:2pWFfvUo

純は、憂の目が赤く腫れていることに気がついた。
話をそらす絶好の機会だ。

純「憂…どうしたの、その目?泣いたの?」

憂「何でもないよ!トローチ返して!」

純「何かさっき艦長も泣いてたし、今日はいろんな人が泣いてるなあ。」

憂「え…和さん、泣いてたの?」

純は引っかかった、と思った。

純「どうしたんですか?って聞いたら、さっきの憂みたいな反応したけどね~。」

憂「和さん…やっぱり辛かったんだ…」

純「じゃあ私はこれにてドロン。」

憂「純ちゃん、トローチ返してよ!」

医務室にはすでに、大量のトローチと共に純の姿はなくなっていた。



170 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:56:58.55 ID:2pWFfvUo

唯は、ヘッドギアを装着され、椅子に固定されていた。
研究者の声がする。

研究者「平沢軍曹、モニターに映っているサラミスのCGを、
    有線ビームで破壊するイメージをしてみて。」

研究者2「動きませんね、感応波のレベルが上がりません。」

研究者「君がジオングを操縦出来れば、君の友達を助けることができるし、
    戦争だって終わらせられる。がんばれ、平沢軍曹。」

唯「うう…う…頭が…痛い…」

主任「何が原因だ?」

研究者2「見てください、これが成功例であるララア・スン少尉の脳波です。」

主任「活発に波打ってるな。」

研究者2「そしてこちらが平沢軍曹の脳波です。」

主任「動きが少ないな。これはどういう事だ?」

研究者2「根本的に脳波パターンが違うのです。
     例えるならララア少尉の脳波は流れる水のようなもので、
     平沢軍曹の脳波は淀んだ水です。」

主任「ほう…」



171 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:58:20.85 ID:2pWFfvUo

研究者2「ララア少尉のような活発な脳波パターンを川型脳波パターンといいます。
     よどみなく波が出て、感応波も活発に観測されます。」

主任「平沢軍曹の脳波は池か?」

研究者2「さすが主任、半分正解です。しかしよく見てください。」

主任「ん?」

研究者2「ほらここです、さらに脳波が淀んでいる。
     このパターンは池どころか、さらに淀んだ沼です。」

主任「ふむ…」

研究者2「このパターンは池・沼型脳波パターンと言って、
     感応波も微弱でサイコミュの使用に全く向いていません。」

主任「池沼型な…何か対応策は?」

研究者2「池・沼型です。間に点を入れないと色々誤解を招きます。」

主任「わかった、続けろ。」

研究者2「マットモニナール投薬で脳波パターンが改善されたという報告がありますが、
      池・沼型パターン自体希少なパターンなのでなんとも言えません。」



172 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 19:59:41.31 ID:2pWFfvUo

主任「よし、投薬しろ!感応波を強化する。」

研究者「主任、それは…」

研究者2「試してみるしか無いでしょ、このままじゃどうにもなりませんよ。」

研究者「…平沢軍曹。今から薬を飲んでもらう、
    それを飲んだらきっと君の友達を助けられる様になる。
    少し辛いけど、頑張ってくれ。」

唯「私…みんなの役に立ちたい…」

研究者「よし、いい子だ。」

薬をのむと、徐々に意識が敏感になってきた。
微弱な空気の振動まで、肌で感じられるようだ。

研究者2「お、感応波レベル、上がりました。
     でもまだ足りませんね。脳波も典型的な池型です。」



173 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:00:30.04 ID:2pWFfvUo

主任「もう一錠、行こうか。」

研究者「主任、これ以上は…」

主任「やれ!」

薬が、口に入れられる。
飲み込むと、すぐに頭を刺すような痛みを感じた。

唯「うう…あああああああああ!」

研究者2「感応波キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!投薬最高!!」

主任「もう一錠!!いや二錠やってみようか!!!」

研究者「命の危険があります!」

主任「飲ませろ!!」

薬を飲まされた瞬間、唯の体は硬直して動かなくなった。

唯「あ…か……か…」ビクンビクン

研究者「危険です!医務室に連れていきます!!」



174 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:01:28.27 ID:2pWFfvUo

医務室に運ばれている途中も、ベッドの中でも、
唯の頭の中には声がはっきりと聞こえていた。
主任と、研究者の会話だった。

主任「あれ、だめだな。」

研究者2「失敗作ですな。やはり池・沼型にはサイコミュは使えません。」

主任「ちょっと悪乗りしすぎたかな?投薬は結果がすぐ出て面白いからな。」

研究者2「そんな事よりジオングはどうするんですか?MS格納庫に眠らせとくんですかね?」

主任「パイロットがいないんじゃしょうがないだろ。足もついてないしな。」

研究者2「あのできそこないはどうします?」

主任「薬がある程度抜けたら原隊復帰させとけ。
   あと薬はもたせとけよ。飲ませ続ければ覚醒するかもしれん。」

研究者2「足のない未完成MSに、できそこないのニュータイプ、
     お似合いの組み合わせだったんですけどね…」



175 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:03:04.43 ID:2pWFfvUo

唯「嫌だ!!!」

唯は飛び起きた。
自分の部屋だった。側に梓がいる。

梓「どうしたんですか、唯先輩!?」

唯「…夢…?」

梓「唯先輩、シミュレーター訓練中にまた倒れたんですよ。
  医務室は憂が心配するから行きたくないっていうから、
  部屋までムギ先輩が担いでくれたんです。」

唯「はあ、はあ…訓練…しなきゃ…」

梓「もういいです。唯先輩、飲み込み早かったから、
  また明日ににましょう。もう寝てください。」

唯「あずにゃん・・・お願いがあるの・・・」

梓「なんですか?」



176 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:03:37.64 ID:2pWFfvUo

唯「怖い夢見たの…だから…一緒に寝て…」

梓「でも…それって…///」

握ってみると唯の手は確かに震えている。

唯「お願い、あずにゃん。」

梓「唯先輩…」

紬「じゃあ、私は梓ちゃんのベッドを借りるわね。」

梓「ってなんでムギ先輩が居るんですか!?ティッシュ二箱も持ち込んで!!」

紬「気にしなくていいのよ~」

梓「気にします!出ていってください!!//////」



177 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:05:19.81 ID:2pWFfvUo

聡は、自分の機体を見て、愕然としていた。
作業機械レベルである。

聡「なんだよこれ…マジかよ…」

姫子「技術本部から回されてきた機体よ。MP-02Aとか言ったかな。」

聡「俺…これに乗るんですか?ヤバくないですか?一応ザクで訓練したんですけど…」

姫子「大丈夫、お姉さんがゲルググで守ってあげるから。」

姫子の背後から、中年の男が近づいて来る。

曹長「そいつがもう一人の補充兵か?ちっ、男じゃねえか。」

聡「はい、田井中軍曹です。」

曹長「まあせいぜいその茶筒みたいなので奮戦してくれ。」

聡「っ…!」

聡は、はっきりとこの中年曹長が嫌いになった。
物言いはともかく、
さっきからジロジロといやらしい目で姫子を見ているのが気に触るのだ。
曹長は、悪態をつくとどこかに消えていった。



178 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:06:19.97 ID:2pWFfvUo

姫子「ごめんね、小隊長、ああいう人だから。」

聡「別にいいですよ。」

二人の間に、重い沈黙がのしかかった。
耐えられなくなって、聡がぎこちなく口を開く。

聡「ひ…姫子さんは、なんで志願したんです?」

姫子「あたし…?あたしはね…」

姫子はちょっとうつむいて、影のある表情になった。
聡はそれを見て、ハッとした。
めまぐるしく変わる、姫子の表情。
その表情をすべて、余すことなく見てみたいと思った。

姫子「失恋したんだ…それで…どうでも良くなって…」

聡は、自分の心が締めあげられるのを感じていた。
甘い香りが聡の鼻をくすぐる。
夢を、見ているようだった。



179 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:07:20.04 ID:2pWFfvUo

姫子「ねえ、聡くん、ねえってば。」

聡「え…ああ、えっと…」

姫子「ぼーっとしてたよ。疲れてるの?」

そう言われて、初めて聡は姫子に見とれていたことに気づいた。
自分はどんな目で姫子を見つめていたのだろうか。
まさかあの曹長みたいないやらしい目で見ていたのではなかろうか。
そう思うと、聡は自己嫌悪に陥って、居ても立ってもいられなくなった。

聡「そ…そうですね…疲れてるみたいです。
  もう寝ます。今日は有難うございました。//////」

聡は逃げるようにMSデッキを出た。
心臓が胸から飛び出そうなほど高鳴っている。
顔が、真っ赤になっているのが分かる。

姫子の甘い香りが、握った手の感触が、めまぐるしく変わる表情が
その日、聡を寝かせなかった。

聡は恋かもしれない、と思った。



180 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:08:57.00 ID:2pWFfvUo

唯の慣熟訓練は、すぐに終わった。
訓練二日目には実機で飛び、梓と模擬戦もこなした。

梓「唯先輩、もう完璧ですね。」

唯「あずにゃんが付きっきりで教えてくれたおかげだよ。」

梓「えへへ…///」

唯「でもゲルググはスゴイね。これなら負ける気がしないよ。」

梓「今度は負けませんよ。ソロモン戦の雪辱を晴らすです!」

唯「じゃあ、帰ろっか。帰ってあずにゃん分補給しなきゃ。」

梓「唯先輩…//////」 

MSデッキに戻ると、メンバー全員が待っていた。

律「ようお二人さん、モノになったようだな。」

澪「これでみんなで戦えるな。」

紬「唯ちゃん頑張ったものねえ。」

唯「みんなも、ありがとう。一緒にご飯食べに行こうよ。」

律「おう、まずい飯でも食いに行くか!」



181 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:09:52.79 ID:2pWFfvUo

艦が駐留している間は要塞内の食堂を使う。
要塞内にいくつもあるうちの一つだが、
かなりの広さで、入っている人数もかなりものだ。

唯「広い食堂だね。体育館より広いんじゃない?」

澪「一体この要塞に何人居るんだろうな?」

律「ていうかさ、見てみろよ。」

唯「何?りっちゃん。」

律「子供みたいな兵士、日に日に多くなってないか?」

紬「そういえば若年兵の数が多いわね。」

律の顔色が、すぐれない。

澪「律、どうした?」

律「いや、聡が心配でな。
  あいつ私が志願したとき、付いて行くって言って聞かなかったからさ。」

澪「そういえば私たちの時より制限年齢も低くなってるみたいだな。
  訓練時間もずいぶん少なくなったって、和が言ってたぞ。」

律「来るなって言っといたんだけど、何か最近あいつを身近に感じるんだよなあ。」

紬「きっと気のせいよ。戦いが近いから、少し神経質になっているだけなんじゃない?」

律「そうならいいんだけど…」

律は、食堂を出たとき、何を食べたかすら覚えていなかった。



182 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:11:28.26 ID:2pWFfvUo

聡は、嫌な予感がしていた。
いつもは一緒に食事をする姫子が、
今日に限って訓練後に居なくなっていた。
姫子との一時がなければ、食堂に行く意味が無い。
それ位、飯は不味かった。
艦の中を、くまなく探してみる。特に、人気のないところを。
礼装など、普段は使わないものを収納しておく倉庫から、
言い合うような声が聞こえてきた。
聡は、気付かれないように倉庫に入る。

姫子「やめて下さい、小隊長!」

曹長「いいじゃねえか、減るもんでもねえし。」

あの曹長と、姫子だった。
聡の全身の血が沸騰する。

曹長「お前が悪いんじゃねえか、こんなイイ体見せつけやがって。」

姫子「嫌、触らないで!誰か!」

聡が、二人の前に躍り出る。

聡「やめろよ!!嫌がってるじゃないか!!」



183 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:12:43.23 ID:2pWFfvUo

曹長「なんだよ、補充兵のガキか?お楽しみを邪魔するんじゃねえ!」

姫子「さ…聡君!」

聡「あんた、軍人として恥ずかしくないのかよ!
  部下の女の子に乱暴しようとするなんて、最低じゃないか!!」

曹長「軍人なんてのはな、最低な奴がなるもんなんだよ!
   オメーだって訓練生だったとき、週末息抜きに女抱きに行ったんじゃねーのか?」

聡「そんな時間あるかよ!!毎日訓練だったんだよ!!
  訓練だって一週間くらいで終わっちまったんだ!!週末ってなんだよ!?」

曹長「じゃあ俺の後にこいつとヤラせてやるから、ちょっと待ってろ。」

聡は、何も考えられなかった。
気がついたら、手が出ていた。



184 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:13:20.26 ID:2pWFfvUo

聡「ふざけんな、このやろおおおお!」

曹長「イテーな、このガキ!」

曹長の拳が、容赦なく聡に振りかかる。

聡「ぐはっ!うぐっ!」

姫子「小隊長、やめて下さい!」

曹長「うるせえな、このアマ!テメーが大人しくヤラせてくれりゃ、
   こいつがこんな目に合うことも無かったんだろうが!!」

曹長が姫子を蹴り飛ばした。

姫子「キャッ!!」

聡「女の子を…蹴ったな…この屑野郎!」

曹長「まだやんのかよ、ガキ!」



185 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:13:49.63 ID:2pWFfvUo

闘争は、部屋の戸を激しくノックする音に中断された。

士官「その部屋で何をしているのか?」

曹長「へへ…若年兵がいうことを聞かないもんで、ちょっと修正してたんでさあ。」

士官「そうか、曹長、艦長が呼んでいる。行くぞ。」

曹長「へえ…了解。」



186 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:14:28.62 ID:2pWFfvUo

薄暗い部屋の中に、聡と姫子が残された。

姫子「ごめんね、痛かったでしょ。」

聡「こんな事くらいで…大丈夫です。」

姫子「医務室に連れて行くから。」

聡「必要ありません!」

姫子「でも、手当しないと・・・」

聡「自分で出来ますから。俺はこれで…」

姫子「待って、聡君。お姉さんにも、お礼させて。助けてくれたお礼。」

姫子「医務室が嫌ならお姉さんの部屋に来て!手当てするから!!」

聡は、ドキリとした。
姫子の、部屋。その単語に、抗いきれなかった。
結局ふらふらと、付いて行ってしまった。



187 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:15:46.37 ID:2pWFfvUo

姫子「傷口、しみる?」

聡「い…いえ…///」

姫子「助けてくれて、ありがとう。」

聡「と…当然のことです。///」

聡は、目のやり場に困った。
手当てをしてくれているので、姫子が近い。
姫子の顔を見ると、クラクラと正気が保てなくなりそうだった。
たまらず下を向くと、
ノーマルスーツであらわになった姫子のボディーラインが眼に入り、ドキリとする。

姫子をいやらしい目で見ている。
これでは、あの曹長と同じだ、と思った。
見るばかりか、気がつくとその躰に触れてみたくなっている自分が嫌になる。

聡は、欲望と必死に戦っていた。



188 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:16:44.59 ID:2pWFfvUo

姫子「あたし、怖かった。」

姫子が手を聡のそれに重ねた。

姫子「ね…震えてるでしょ?」

聡「え…ええ///」

姫子「聡君が居ると、なんだか安心出来る。」

聡「あ…ありがとうございます…///」

聡は嬉しかったが、次の言葉に、期待を裏切られた。

姫子「ホントに弟ができたみたい。律から、取っちゃおうかな。」

聡「い…いやです…」

姫子「ごめんごめん、冗談だって…」

聡は、消え入りそうな声で呟いた。

聡「弟なんかじゃ…嫌です。//////」



189 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:17:58.85 ID:2pWFfvUo

姫子「え?何か言った?」

聡「…手当て…ありがとうございましたって、言ったんです。//////」

姫子「うん、どういたしまして。」

聡「じゃあ、俺はこれで…」

部屋からでると、聡は俯きながら自室に向かった。

聡「くそっ…俺…駄目だ…。」

聡は、その気持を伝えることが出来なかった。
姫子に拒絶されて、距離が離れるのが怖かった。

気がついたら、姫子をいやらしい目で見ている。あいつと同じように。
自分は、あの曹長と同じ。
だから拒絶されるに決まっている。好きだと言える資格もない。

若い聡には、そう考えることしか、出来なかった。
聡は、自分の欲望を心から憎んだ。


第八話 弟! おわり




191 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/02(木) 20:47:04.28 ID:eqssY22o

エロはいらん!





192 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/03(金) 12:09:16.11 ID:A58TNEU0

聡姫はいらんがおもしろい
支援





194 名前::2010/09/03(金) 19:50:57.67 ID:qpMswtIo

律「おい、見てみろよこの書き込み!>>192」

唯「聡君と姫ちゃんががいらないなんて、ひどいね。」

律「私の弟が一生懸命頑張ってるのに、いらないってのはなんだよ!!」

唯「おお、りっちゃんが怒った!」

律「私、もうやめるからな、二度とゲルググなんか、乗ってやるもんか!」

唯「りっちゃん反抗期みたいでカッコいい!」

紬「軟弱者~」バシィ

律「いってえ、ムギ、なにすんだ!!」

紬「叩かれるのは経験済みだから、今度は叩いてみたくなったの~」

律「ちっ…目が覚めたぜ。唯、再開だ。一話分投下するぞ!」

唯「りっちゃん…」

律「悔しいけど私は…女なんだな…」

澪「変なことやってないでとっとと再開しろっ!!」ゴチン

律「すみません再開します。」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「0079!」#第八話 弟!
[ 2011/05/22 22:58 ] ガンダム | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2145 [ 2011/05/23 02:58 ] [ 編集 ]

唯は死なせりゃいんじゃね?
唯ディスるの大好き梓厨作者

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6