SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  憂「お料理教室」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「お料理教室」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1306286228/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:17:08.02 ID:PPueIdTF0

唯「私、大学生になったら一人暮らしするんだ」

それは憂にとって全く予想外だったこと。

それまで当たり前のように寄り添っていた二人。

それが当たり前でなくなる現実を突き付けられる。

日常の一部にぽっかりと穴が開いてしまう。

あまりにもつらい欠落。

憂には、唯が離れることのショックは大きい。

様々な負の要素が瞬時に駆け巡り、憂の中で想像以上に深い孤独が押し寄せる。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:19:01.00 ID:PPueIdTF0

憂「だ、駄目だよお姉ちゃん一人暮らしなんて」

唯「何で?」

憂「色々危ないし」

唯「大丈夫だよ、寮だからみんな一緒だし」

憂「でも・・・」

唯「もう決めたんだ」

憂「そんな・・・」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:20:28.96 ID:PPueIdTF0

次の日

昼休みいつものように純、梓とお弁当を食べていた時の事。

向かい合って座っていた純が憂の態度を伺うように言った。

純「憂、どうしたの?元気ないよ?」

梓「そう言えば、朝からそんな感じだよね」

憂「う、うん・・」

純「何かあったの?」

憂「・・・あのね」

憂は事情を話す。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:23:58.28 ID:PPueIdTF0

純「へー、唯先輩が一人暮らしね」

梓「そう言えば、先輩達みんな大学の寮に住むって言ってた」

憂「だから、私ひとりぼっちになっちゃうの」

純「あ、憂の両親ってあんまり家に帰ってこないんだよね」

憂「うん」

純(そう言えば、唯先輩が修学旅行で居ないってだけで泣きそうになってたな)

梓「でも良い機会じゃない?」

純「何が?」

梓「唯先輩が憂離れする」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:26:29.81 ID:PPueIdTF0

純「確かにね、唯先輩もう子供じゃないんだし」

憂「それはそうだけど」

梓「それに、憂もいつまでも唯先輩にベッタリしてるのも・・・」

純「姉妹なんだから」

憂「・・・でも」

梓「今からそんなんじゃ、4月からどうすんの?」

純「そうだよ、今の内から慣らしてった方が良いんじゃない?」

憂「慣らすって?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:28:01.27 ID:PPueIdTF0

梓「あんまりべたべたしないようにして少しずつ距離を置くとか」

憂「・・・うん、そうだよね」

純「後は、好きな人作るとかして心のスキマ埋めるとか」

憂「好きな人か・・・」

梓「今居ないの?好きな人」

憂「お姉ちゃんかな?」

純梓「おおおおぉいい!!」

ズビシッ!!



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:31:46.29 ID:PPueIdTF0

3年の教室!

唯「今日のお弁当は唐揚げとエビフライです!」

律「どうせ憂ちゃんが作ったんだろ?」

唯「その通り!」

紬「憂ちゃん料理上手ね」

澪「あのさ、今度憂ちゃんに料理教えて貰いたいんだけどさ」

唯「憂に?」

澪「うん、大学生になったら寮で暮らすとは言え自炊出来ないとって思って」

唯「そうだね、料理くらい出来ないと」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:34:35.24 ID:PPueIdTF0

律「私は料理出来るから問題ないぜ」

澪「律は、意外に料理上手いよな」

紬「私もシェフに習ってるから」

澪「シェフ・・・」

唯「今度の土曜日で良い?」

澪「お願いしていい」

唯「憂に話しておくよ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:37:14.00 ID:PPueIdTF0

土曜日

澪「お邪魔しまーす」

唯「いらっしゃい」

律「私も付き添いで来た」

澪「ムギも誘ったけど予定があるってさ」

憂「こんにちは」

澪「憂ちゃん、今日はよろしく」

憂「こちらこそよろしくお願いします」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:39:39.84 ID:PPueIdTF0

律「唯、ゲームでもしてようぜ。
  キッチンに4人は狭いから料理は澪と憂ちゃんに任せてさ」

唯「良いよ、何やる?」

律「スト4やろーぜ。スト4!」

唯「返り討ちにしてくれる!」

澪「あいつは一体何しに来たんだ・・・」

律「料理できたら、呼んでくれ」

憂「分かりました」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:43:27.69 ID:PPueIdTF0

憂「じゃあ、今日はハンバーグと煮物とサラダを作りましょう」

澪「うん」

トントントントン

澪「へー、手慣れたもんだな」

憂「えへ、そんな事無いですよ」

澪「憂ちゃんなら良い奥さんになれるよ」

憂「ありがとうございます」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:46:41.82 ID:PPueIdTF0

憂「これを切る時は、包丁をこんな感じで持って」

澪「こう?」

憂「もうちょっと包丁を寝かせて、ちょっと良いですか」

憂の手が澪の手に添えられる。

澪(ドキッ!)

憂「どうしたんですか?」

澪「あっ、なんでもない///」

澪(何を私はドキドキしてるんだ///)

憂の声に我に返り、誤魔化そうと包丁を動かす。

トントントントン



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:49:07.50 ID:PPueIdTF0

憂「あ、澪さんそんなに速く切ると危ないですよ」

憂は澪の慌てた様子に注意を促そうとしたが、一足遅かった。 

サクッ

澪「あ痛ッ・・・!」

澪の指先に、ピリッとした鋭利な痛みが走る。

その部分に目をやると、右手の人差し指からうっすら血が滲んでいた。

澪「痛たた、切っちゃった」

憂「澪さん大丈夫ですか?」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:50:54.82 ID:PPueIdTF0

澪「血、見るの苦手なんだよな」

憂「ちょっと見せて下さい」

憂はすぐに澪の人差し指を手に取り、傷口に目を向ける。

憂「うん、そんなに深くは切ってないですね」

指先をじっと見つめてそう言うと、その憂の唇が近づいてゆき・・・

澪「あ・・・」

指先がそっと口に含まれた。

しっとりとした唇に挟まれ、温かい口内で傷口の血が舐めとられる。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:55:34.27 ID:PPueIdTF0

澪(うわー、うわー///)

澪は固まり、その光景と感触を半ば放心気味に見つめる。

澪「憂ちゃん///」

指先から唇が離される。

憂「カットバン持ってきますね」

憂はそう言ってキッチンを離れる。

指先には唇の温もりが残ったまま。

澪(ビックリした、いきなりだもんな)



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 10:58:39.03 ID:PPueIdTF0

憂「お待たせしました。カットバン持ってきましたよ」

憂は澪の指を手に取り、傷口をカットバンで包んだ。

憂「これで大丈夫ですね」

澪「あっ、ありがとう」

憂「じゃあ、料理続けましょうか」

澪「うん」

澪は普段通りに振舞おうと返事をした。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:01:02.93 ID:PPueIdTF0

澪(まだドキドキしてる///)

憂「どうしたんですか?」

そう言って澪の顔をズィっと覗き込む。

澪「!」

澪「な、何でも無い///」

そう言い、顔を背ける澪。

澪(今私の顔真っ赤だよな///)

憂「?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:05:01.02 ID:PPueIdTF0

その頃唯律は

唯「ヨガファイヤー、ヨガファイヤー、ヨガフレイム!」

律「おのれ、小癪な」

律「波動拳、波動拳、神龍拳!!」

唯「うあー、負けた・・」

律「ふっふっふ思い知ったか」

唯「りっちゃん強すぎるよ」

律「今度違うのやろーぜ」

唯「じゃ、モンハンやろ」

律「良いぜ、私のやり込みデータを見せてやる」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:08:27.62 ID:PPueIdTF0

律「イビルジョー2匹クエやろーぜ」

唯「良いよ」

律「大剣で行くか」

唯「溜め短縮5攻撃9のお守りだと?」

律「半日火山に籠もって掘り当てた」

唯「私もそれ欲しいんだけど出ないんだよ」

律「テーブル合わせたり色々大変なんだよ」

唯「そうなんだ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:10:29.77 ID:PPueIdTF0

律「振り向き溜め3ぶちかまし!!」

唯「大迷惑切りフンス!」

律「大迷惑切り止めろよ・・・」

唯「ごめーん」

律「よっしゃー恐暴竜の宝玉ゲットだぜ!」

唯「私も出たよ!」

憂「お姉ちゃん達、ご飯できたよ」

律「盛り上がってきた所で。ご飯食べたら続きやろーぜ」

唯「うん」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:13:23.48 ID:PPueIdTF0

唯「美味しそう!」

律「美味そうじゃないか」

澪「中々の出来だろ?」

唯「食べよ」

「いただきます」

律「澪が作ったにしては美味いじゃないか」

澪「私が作ったにしてはって何だ」

律「さすが憂ちゃんドーピング」

憂「澪さん料理結構上手いですよ」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:14:56.42 ID:PPueIdTF0

律「私のハンバーグにはまだ勝てんけどな」

唯「どっちも美味しいよ」

「ごちそうさま」

唯「もう遅いから二人とも泊まっていきなよ」

律「私は最初からそのつもりだ」

澪「厚かましい」

憂「澪さんも泊まっていって下さい」

澪「うん、じゃあお言葉に甘えて」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:19:42.80 ID:PPueIdTF0

憂「お風呂沸きましたよ。お客さん達からどうぞ」

律「おう、サンキュー。でも4人別で入ったら結構な時間になるな」

唯「一人30分だとして140分だよ!」

澪「120分だ」

唯「2人ずつ入る?家のお風呂入れるよ」

唯(私が憂と入って、りっちゃんと澪ちゃんが一緒で良いよね)

澪(唯は憂ちゃんと入るだろうから私は律と入るか)

憂「じゃあ、私がお姉ちゃんと・・・」

憂(いやっ、駄目。距離を置かないと)

憂「澪さん、一緒に入りません?」

澪「へ?///」

唯律「えええええっ?!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:21:44.05 ID:PPueIdTF0

お風呂場

律「まさか、唯と一緒に入る事になるとはな///」

脱ぎ脱ぎ

唯「私もビックリだよ」

脱ぎ脱ぎ

律「まあ、合宿とかで一緒に入ったしな」

唯「そうだね」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:24:13.38 ID:PPueIdTF0

律「それにしても唯・・・」

唯「何?」

律「ずいぶんと胸が大きくなってるじゃないか?」

唯「そう?」

律「くー、昔は私とほとんど変わらなかったのに」

唯「えへへ」

律「けしからん、実にけしからん!!」

律「こうしてくれる!」

ふにふにふに

唯「いやーん」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:27:29.48 ID:PPueIdTF0

澪「・・・あのさ、何で唯じゃなくて私となの?」

憂「何ででしょーね」

憂はそう言い、クスリと笑って見せる。

澪「何ででしょーって・・・」

律「お風呂空いたぞー」

唯「もう、りっちゃんのH///」

澪(何があったんだ?)

憂「じゃあ、澪さん入りましょ」

澪「う、うん」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:30:33.63 ID:PPueIdTF0

憂「澪さんスタイル良いですね」

脱ぎ脱ぎ

澪「あんまり見ないで、恥ずかしい///」

脱ぎ脱ぎ

憂「うふふ、それだけスタイル良ければ見られても大丈夫ですよ」

そう言い、髪をほどく憂。

ファサッ

澪「うわ、髪下ろすと本当に唯そっくりだな」

憂「あんまり、見つめないで下さい恥ずかしい///」

澪「ご、ごめん///」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:33:53.66 ID:PPueIdTF0

お風呂場

憂「傷、染みません?」

澪「ん、カットバン貼ってもらったから大丈夫」

憂「髪、洗わせてもらって良いですか?」

澪「え?良いけど」

シャカシャカ

澪(変な気分///)

憂「髪綺麗ですね」

憂「ありがと///」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:40:53.60 ID:PPueIdTF0

風呂上がり

律「睡眠爆破!」

唯「さすがりっちゃん」

澪「またモンハンか」

律「私達、布団入りながらモンハンやってるから」

唯「憂の部屋に澪ちゃん泊めて上げて」

澪「へ?」

憂「うん」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:43:28.22 ID:PPueIdTF0

憂の部屋

澪「お見舞いに来た時以来だな、憂ちゃんの部屋」

憂「あの時はありがとうございました」

澪「亀のぬいぐるみも懐かしい」

憂「バッティングセンターでホームラン打って獲ったんですよ」

澪「へー、凄いな」

憂「じゃあ、電気消しますね」

パチッ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:45:16.75 ID:PPueIdTF0

澪「・・・あの」

憂「何です?」

澪「・・・豆球付けてもらって良い?」

憂「ごめんなさい。豆球付かないんです」

澪「え?そう、なんだ・・・」

憂「暗いの怖いですか?」

澪「う、そうじゃないけど・・・」

澪「慣れてないから落ち着かないって言うか」

憂「じゃあ一緒に寝ましょうか?」

澪「ええ?!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:47:59.03 ID:PPueIdTF0

憂「良いじゃないですか女同士なんだし」

澪の布団に潜り込む憂。

憂「たまにお姉ちゃんとも一緒に寝たりしてるんで」

澪「そうなんだ、本当に仲の良い姉妹だな」

憂「でも、もうすぐそれも出来なくなるんですよね・・・」

澪「寮に入っちゃうもんな」

憂「・・・・・」

憂「・・・うっ・・ひく・・ぐす」

澪「憂ちゃん?」

突然泣き出した憂に動揺を隠せない澪。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:51:10.22 ID:PPueIdTF0

憂「離れたくない・・・お姉ちゃんとずっと一緒にいたい」

憂「一緒にいたいのに・・離れたくないよ」

澪はすっと人差し指で憂の涙を拭き取った。

澪「憂ちゃんが悲しむ顔、見てらんないよ」

澪は自分の胸に憂の顔を抱き寄せる。

憂「澪さん」

憂は泣きじゃくりながら、たどたどしい言葉づかいで続ける。

憂「だから、今の内からなるべく距離を置こうと思って」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:53:17.12 ID:PPueIdTF0

震える声で胸の内を明かした憂。

その声から、震える肩から、澪の中でじわじわと熱いものが広がりこみ上がっていく。

その瞬間、澪の胸の鼓動が一気に加速してゆき、切なく締め付けられる。体が熱い。

自分の腕のなかでまだ少し震えている、温かく柔らかい憂の身体。

そんな彼女の体温で温められているかのような錯覚が、

余計に彼女への愛おしさを助長する。

この昂ぶる感情を抑える術はない。愛おしくてたまらない。ずっと抱きしめていたい。

私・・この娘のことが好きなんだ。

澪「憂ちゃん・・顔上げて」

憂「・・ぐすっ・・はい?」

うつむく憂の涙を優しく拭い、頬をそっと持ち上げる。

そして~



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:56:33.85 ID:PPueIdTF0

翌朝

律「ふぁー、何か良い匂いがする」

唯「お、既に朝食が出来てるじゃありませんか!」

憂「おはよう」

澪「遅いぞ二人とも」

律「日曜の朝から二人揃って朝食作りとは、お前ら新婚か!」

憂「ええっ、そんな///」

律(何この憂ちゃんの反応)



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 11:58:40.23 ID:PPueIdTF0

律「ふぃー喰った喰った。澪もずいぶん上手くなったじゃないか」

唯「ホント美味しいね」

澪「教えてくれる人が上手いからな」

憂「そんな事無いですよ///」

律(だから何この憂ちゃんの反応)

律「長居しても悪いし、そろそろ帰るか」

澪「・・そうだな」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 12:01:47.21 ID:PPueIdTF0

律「じゃあな、色々ご馳走様」

澪「憂ちゃん、ありがとうな」

憂「どういたしまして」

憂は澪にそっと耳打ちする。

憂「澪さん、また一緒に料理しましょうね。今度は二人きりで」

澪は黙ってコクンと頷く。

昨日だけで澪さんの色んな事が分かった。

澪さんは、恐がりな事。

澪さんに抱きしめられると、とても暖かい事。

澪さんの唇はとても柔らかい事。

澪さんは、寝る時にノーブラな事。

もっと澪さんの事が知りたい。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 12:04:48.85 ID:PPueIdTF0

唯は律にそっと耳打ちする。

唯「またゲームしょうね。今度は二人きりで」

りっちゃんは、とてもゲームが上手い事。

りっちゃんは、貧乳を気にしてる事。

りっちゃんは、寝る時にノーパンな事。

もっとりっちゃんの事が知りたい。


お終い




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 12:20:22.47 ID:AgKxEAcxO


律のノーパンで吹いた



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 12:52:11.78 ID:UbebIX4w0

おもしろかったよ



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 12:58:00.90 ID:Z9Bt4pe60

裏では唯律になってて良かったけどノーパンてw



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 13:23:26.24 ID:yAz6ytZki

唯憂じゃなかったのかよおおおお
でも乙です





関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「お料理教室」
[ 2011/05/25 17:00 ] 非日常系 | | CM(8)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2207 [ 2011/05/25 18:14 ] [ 編集 ]

澪も大学の寮にいくのに澪とくっつけちゃったよ

タイトル:
NO:2210 [ 2011/05/25 19:08 ] [ 編集 ]

2207が盲点をついた

タイトル:
NO:2212 [ 2011/05/25 19:20 ] [ 編集 ]

>純「後は、好きな人作るとかして心のスキマ埋めるとか」
ってあるから澪とくっついて憂の姉依存が無くなるんだから良いんじゃない?
寮生活でも自由あるんだから、会えるだろうし

タイトル:
NO:2213 [ 2011/05/25 20:07 ] [ 編集 ]

憂のシスコンが問題なんだから唯以外とくっつくのは有りだと思うが
それより律のノーパンについて詳しく

タイトル:
NO:2217 [ 2011/05/25 22:29 ] [ 編集 ]

好きな人と離れてしまうことが問題だったのか
単にシスコンなのが問題だったのか

タイトル:
NO:2219 [ 2011/05/26 00:04 ] [ 編集 ]

えへへ~、りっちゃんノーパンで寝るんだね!

タイトル:
NO:2223 [ 2011/05/26 13:58 ] [ 編集 ]

それで澪依存になったら意味ないだろ

タイトル:
NO:2247 [ 2011/05/27 21:41 ] [ 編集 ]

好きだったkら依存していたのか、姉だから依存していたのかにもよるな。
姉だから依存していたのなら、別に問題ないだろう。
純に好きな人作れって言わせているんだから、作者としては姉だから依存していたと言うことなんだろう。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6