SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  唯「いちんごパフェが止マラない」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「いちんごパフェが止マラない」#前編 【エロ】









管理人:エロイです。閲覧にご注意下さい。









http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1306684892/l50


クラスメイト一覧


唯「いちんごパフェが止マラない」#前編
唯「いちんごパフェが止マラない」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:01:32.33 ID:SG8iLIvv0

(∪)



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:06:27.67 ID:SG8iLIvv0

さわ子「今日の掃除当番は窓際の列ね」

さわ子「それじゃあ解散」

  「さようならー」

律「よーし部活行こうぜー!」

さわ子「そうだ、田井中さんと琴吹さんはちょっと職員室に来てもらえるかしら」

律「ぐえー」

紬「そういうわけだから澪ちゃん先に行ってて」

澪「ああ」

唯「私も掃除が終わったらすぐ行くよ~」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:14:29.04 ID:SG8iLIvv0

唯「よーし掃除がんばるぞー。よいしょっと」

和「唯、机から教科書落ちてるわよ」

唯「うわっと!」

ちか「あはは」

唯「あぶないあぶない」

もう落としちゃったけど。
それより早く掃除終わらせて部室に行こっと。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:22:22.82 ID:SG8iLIvv0

  『きゃあぁあああぁああ~~!!』

唯「なっなに!?」

和「1組から聞こえた気がするけど」

  『助けて美空ぁ!』

  『ひっ! 恵にいちんごが生えてる!!』

唯「!?」

俊美「いちんご……!」

ちか「私ちょっと見てくる!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:31:19.86 ID:SG8iLIvv0

唯「あっ」

多恵「行っちゃった」

美冬「ついでにゴミ捨て行ってきて欲しかったな」

ますみ「俊美、私達も見に――」

  『きゃあああああああ!』

  『いやあああああぁぁぁ!!』

  『やめてえええええぇ!!!』

唯「うぉ!?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:39:39.14 ID:SG8iLIvv0

多恵「ね、ねえ……」

ますみ「なんだかヤバそう」

1組だけが騒がしいと思ったけどそうじゃないみたい。
いつもの放課後にあるわくわくするような活気じゃなくて、なんだか学校中がどよめいてる。
教室に残された私たちが不安がっていると1組を見に行ったちかちゃんが帰ってきた。

ちか「……」

美冬「ちか、何があったの?」

ちか「……ヤバイ」

美冬「え?」

ちか「わ、わた……私にも生えちゃった」

美冬「何言って……え?」

ちかちゃんは腰に巻いていた紺色のカーディガンでスカートの前面を隠していた。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:47:09.16 ID:SG8iLIvv0

美冬「はいはい冗談言ってないでゴミ捨ててきて」

ちか「冗談じゃ、なくてね?」

そう言ってちかちゃんがカーディガンを取る。
スカートの前面がなんだか……テント張ってるみたいな?

ちか「ほら」

唯「あっ!」

続いてちかちゃんがスカートをたくし上げるとそこには――

唯「い、いちんごが生えてる……」

美冬「うそ!?」

ちか「はぁ……はぁ」

ちかちゃんが息を荒げながら私たちの方へ歩み寄ってきた。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 01:56:06.54 ID:SG8iLIvv0

ますみ「え……野島さんパンツ履いてない」

ちか「1組の人に取られちゃった」

俊美「え……え?」

ちかちゃんをよく見るとパンツはいてないし制服も乱れてて、
何よりいちんごが生えてて様子がおかしい。
ていうか

唯「うあ……いちんごってあんなになってるんだ……」

ちか「み、美冬~」

美冬「ちょっ、何するのちか!?」

唯「おおっ!?」

ちかちゃんが美冬さんに抱きつき腰をカクカクし始める。

美冬「や、やめっ……ひゃああ!?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:05:46.78 ID:SG8iLIvv0

多恵「うええっ!?」

俊美「うわー!」

ますみ「ナニコレ……」

いつの間にかちかちゃんが美冬さんを組み伏せて服を脱がせてそれから……なんかすごいことしてる。

ちか「はあはあ! も、もう入れてもいいよね!」

美冬「は、はあっ!? あんた何言ってるの!?」

ちか「あああああもうがまんできないよおおおお!!」

そう言うとちかちゃんが美冬さんの別腹にいちんごを挿入しちゃった……!

美冬「いぎぃ!? あ、あ゛っ!」

唯「う、うわー……!」

俊美「ごくり」

ますみ「……」

私たちはちかちゃんが美冬さんをペロリしているところを唖然としながら見ていた。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:15:04.81 ID:SG8iLIvv0

ちか「あっ……っく、ああああ美冬っわたしもう出る! なにか出ちゃうっ!」

美冬「あっんあっや、やだっ、やめてっ! んひぃ!」

ちか「……っあ゛!!!!」

ちかちゃんが腰を打ち付けるのをやめたかと思ったらビクッビクッと震えだした。
美冬さんはぐったりしちゃってる。

ちか「あ……ひは……はあはあ」

ゆっくりと引き抜かれたいちんごは濡れてテカテカ。
でもさっきより小さくなったかも。
あとへにゃってなってる。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:25:15.50 ID:SG8iLIvv0

俊美「だ、大丈夫?」

美冬「はあはあ……あ?」

美冬さんがゆっくりと起き上がる。
なんだか様子がおかしい。
そりゃあそうだよね、いきなりこんな……ショックだよね。

美冬「あ……あ……」

俊美「……?」

それからゆっくりとこちらに体を向ける。

俊美「えっ!?」

多恵「嘘……」

私の考えははずれだったみたい。
美冬さんのスカートがテントを張っていた。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:35:57.91 ID:SG8iLIvv0

ますみ「……マジで?」

美冬「マジみたい……はぁはぁ」

美冬さんの息が荒い。
さっきのちかちゃんみたいだ。

美冬「はあぁははぁあはぁ」

美冬さんがゆっくりと俊美さんに近寄っていく。
やっぱり様子がおかしい。
喜んでいるような恥ずかしがっているような不思議な表情を浮かべてる。

俊美「ちょっ……大丈夫なの?」

美冬「だめ……我慢できない……ごめ、ごめんっ!」

俊美「きゃあ!?」

突然美冬さんが俊美ちゃんに襲い掛かった。
それでやることはさっきのちかちゃんと一緒。
いちんごを入れ……うわぁー……。

ちか「あ、私もまた……」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:45:26.59 ID:SG8iLIvv0

ちかちゃんとちかちゃんについているいちんごがムクムクと起き上がる。

多恵「ひっ」

ますみ「なんで生えたの!? さっきまでなかったのに!」

和「これって……うつるのかしら」

俊美「そうみたいだよ」

美冬さんに襲われていた俊美ちゃんがいつの間にかますみちゃんの傍に。

ますみ「と、俊美?」

俊美「ますみぃ……はぁはぁ」

ますみ「いやぁぁぁああ!」

何がどうなってるの……?
いつの間にかクラスにはいちんごの生えた女の子が3人。
残った4人の内襲われているのが2人。
これってまずいんじゃ……。

和「唯、出るわよ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 02:55:10.24 ID:SG8iLIvv0

唯「え?」

返答を待たずに和ちゃんは私の手を引いて教室を飛び出した。
そっか、逃げるんだ。

唯「でもっみんなが!」

和「2対5じゃどうにもできないわよ」

唯「2対5?」

和「松本さん(美冬)と柴矢さん(俊美)を見てたでしょ。アレが生えるの」

唯「う、うん」

和「多分もう矢田さん(ますみ)と菊池さん(多恵)にも生えてると思う」

唯「ええっ!?」

和「それにいつもの彼女たちなら絶対あんな風に人を襲ったりしないわ」

唯「たしかに」

和「あのマラ……いえ、いちんごは人にうつるのよ。恐らくいちんごを入れられるか中に――」

唯「あっ待って!」

階段に差し掛かり迷うことなく1階へ降りようとする和ちゃんを引き留めた。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:05:10.46 ID:SG8iLIvv0

廊下に出て分かったけど悲鳴のような声がそこかしこで聞こえる。
きっとさっき教室で見たような事があちこちで起こってるんだ。

和「唯?」

唯「私部室に行く! それで澪ちゃんたちにも知らせないと!」

和「なら私が――」

唯「和ちゃん職員室に行くつもりだったんでしょ? 先に行ってて。私たちは後から――」

和「いえ、来なくていいわ」

唯「えー!?」

和「よく考えたら部室で騒ぎが収まるのを待ってた方がいいかもしれないし」

唯「あ、そっか。じゃあそうするねっ」

和「じゃあ私職員室行って先生にこの事を伝えてくるから。あんた気をつけなさいよ」

唯「和ちゃんもね!」

和ちゃんは「まったくこの子は……」みたいな顔で鼻からため息をついて階段を降りて行った。
よーし私も早く部室に行こっと。
それにしてもみんな信じてくれるかなぁ。
もし信じてくれなくても部室の外に出なきゃ大丈夫だよね。

こうして私と和ちゃんは道を違った。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:14:22.68 ID:SG8iLIvv0

桜校は3階建ての校舎で私のいる3年2組の教室は2階にある。
3年2組の隣には中央階段があって
そこから1階に降りれば玄関、3階へ登れば音楽室と私たち軽音部の部室。

部室に入って鍵をかけておけば襲われないよね。
和ちゃんが職員室に行ってくれてるから先生たちが何とかしてくれるはず。
階段を一段飛ばしで駆け上がり勢いよく部室の扉を押し開く。

唯「みんなっ!」

……。

唯「あれ、誰もいないや」

おっかしいなーみんな先に来てるはずなのに。
……まさか。
じっとりとした汗が出てくる。
嫌な予感が脳裏を過った時、部室奥にある物置の扉がゆっくりと軋みながら開いた。

唯「だっ……だれ?」

扉からちょこんと頭を出してこちらを窺っている人物が一人。

澪「唯、か?」

唯「澪ちゃぁん! はぁ~よかった~」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:24:21.96 ID:SG8iLIvv0

恐怖は一瞬で消し飛んだ、が。
どこからか悲鳴が聞こえてきて私は慌てて部室の扉を閉めて鍵をかけた。

唯「び、びっくりしたー」

澪「今の悲鳴……」

唯「そうだ大変だよ澪ちゃん! 実は――」

私は教室で起こった事を伝える。
澪ちゃんは黙って聞いていた。
だけどうんともすんとも言ってくれない。
やっぱり信じてくれないのかな。
ていうか説明するの結構恥ずかしいんですけど。

唯「えっと、澪ちゃん?」

澪「……」

唯「だからね、本当にみんなに、えっとぉ、い、いちんごが生えちゃって……」

澪「わかってる、信じてるよ」

唯「ほんと?」

澪「ああ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:40:07.47 ID:SG8iLIvv0

唯「あと和ちゃんが言ってたんだけどね、
  いちんごをあ……あそこに入れられるとその人にいちんごがうつっちゃうんだって」

澪「……それは少し違うと思う。いちんごを入れられて尚且つ中に出されるとうつるんだと思う」

澪「あといちんごが生えた人は……
  脳をいちんごに支配されるっていうか、とにかく他の女の子を襲いたくなっちゃうんだ」

唯「そうなの?」

澪「多分だけどな。女の子にだけ反応するアンテナがあるんだろう」

うーん……教室での出来事を思い返してみよう。
確かにいちんごを入れられてすぐに生えてはいなかった気がする。

ちかちゃんが美冬さんを襲った時も
ちかちゃんが最後にビクビクッってなっていちんごを引き抜いた後だった。
その後美冬さんが急に襲いだして……。
ってことは澪ちゃんの予想で合ってるっぽい!

唯「そっかーやっぱり澪ちゃんはすごいね!」

澪「そんなんじゃないよ。それに和も分かってたと思う」

唯「そういえば私が和ちゃんの話を途中で切っちゃったんだった。でへへ」

澪「まったく……」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:48:16.43 ID:SG8iLIvv0

唯「とにかくいちんごを入れさせなければいいんだね」

澪「だな。それでなくてもそう易々とやられたくないだろうけど」

唯「あはは、だよねえ」

澪「……だよな。それに相手も女の子だろ。普通は……嫌だよ、な?」

唯「え? どうなんだろうねー」

澪「……」

唯「時に澪ちゃん」

澪「ん?」

唯「澪ちゃんてこういう話したら恥ずかしがると思ってたけどあんまり恥ずかしくなさそうだね」

澪「え、ああ、そういえばそうだな。それにさっきは怖かったのに今はそんなでもないみたい」

唯「おお、澪ちゃんが頼もしく見えるよ!」

澪「はは」

唯「それとさ」

唯「りっちゃんたちは?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 03:57:26.69 ID:SG8iLIvv0

澪「まだ来てないんだ」

唯「大丈夫かな……」

部室の外からは相変わらず悲鳴や嬌声が響いている。

澪「だめかもしれない」

唯「そんなぁ! りっちゃんたちにもい、いちんごが生えちゃったのかな」

澪「……」

唯「どうしよう澪ちゃん」

澪「……」

澪ちゃんは質問に答えず俯いている。
私は澪ちゃんの傍に行こうとしたけど、澪ちゃんの一言で足が止まった。

澪「私が探してくる」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 04:12:30.29 ID:SG8iLIvv0

唯「えっそれはマズイよ! 部室の外は危ないって」

澪ちゃんにも聞こえてるよね?
今も外から色んな音が聞こえてくるのが。
だけど澪ちゃんは私の横をすり抜けあの異様な空間へ出ようとする。
いくら声をかけても澪ちゃんは止まってくれない。
どうして?
怖がりな澪ちゃんがそこまでするなんて。

はっ!?

もしや澪ちゃん……りっちゃんの事を……!
いや、ムギちゃんか!?
はたまた……
それが澪ちゃんのSo 原動力なんだね。

よし、そういうことなら!

唯「澪ちゃん! 私も探しに行く!」

澪「唯はここから絶対出るな」

唯「えーっ!?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 04:27:34.04 ID:SG8iLIvv0

唯「ど、どうしてさ!?」

澪「外は危険だからだ」

唯「それならみおちゃ――」

澪「何かあった時に唯まで守れるかわからない。
  唯を危険な目に合わせたくないんだ。だからここにいてくれ」

唯「うぐ……」

戦力外通知……そんなぁ。

唯「大丈夫だよっ! 私走るの苦手じゃないよ? ……好きでもないけど」

澪「私が出たらすぐに鍵をしめるんだぞ」

唯「待って澪ちゃん!」

鍵を開けドアノブに手をかけた澪ちゃんにしがみ付いた。

澪「っ!? 離せっ!!」

視界がぶれる。



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 07:07:40.56 ID:SG8iLIvv0

左のこめかみが激しく痛い。割れる。ていうか割れた。
お尻も痛いけど比較にならない。

澪「あっ……ご、ごめ……」

そっか、澪ちゃんに振りほどかれたんだ。
それで尻もちついちゃったのか。
あとこめかみが痛いのはアレだね、アレ。

唯「ぐおおぉ……澪ちゃんナイスエルボー……ぐふ」

う、うまく笑えない。
むしろ泣きそう。
いやこんな所で泣いてる場合じゃないよ。

唯「ぃ……すぅー……」

痛いとか言っちゃだめ。
澪ちゃんこういうのずっと引きずるんだから。

澪「ごめんっ! だいじょう……うっ!?」

唯「ぉぁぁ……だいじょうぶだいじょうぶ。……ん? 澪ちゃん?」

痛みが引いて余裕ができると澪ちゃんの異変に気付けた。
なんだか息が荒くて左目とおでこのあたりを押さえている。

唯「澪ちゃんどうしたの? 頭痛?」

澪ちゃんの右目が私に向いた。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 07:16:09.80 ID:SG8iLIvv0

唯「みおちゃん?」

澪ちゃんの右目は私を見ている。
でも私と目線が合ってない。
澪ちゃんの視線を辿ると尻もちをついて膝を立てている私を見ていた。

唯「澪ちゃーん?」

私がM字なんちゃらから女の子座りにシフトしても尚、視線は私のお尻に向けられている。
澪ちゃん、目が怖い。

唯「えーと……」

澪「ゆい――」

名前を呼ばれた時、物置の方から扉の軋む音がした。



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 07:31:13.47 ID:SG8iLIvv0

後ろを振り向くと澪ちゃんが閉めていた筈の物置の扉が開いている。
あっ!
すっぽり忘れてた。
部室には出入り口が2つある事を。
ここは隣の音楽室と物置を通して繋がってるんだった!
さっき澪ちゃんがあそこから出て来たのに全然考えが回らなかったぜ。

  「はぁ……はぁ……はぁ~~~ぁ」

物置から出て来た生徒は息が荒い。
こちらに視線を向けると息を吸いながら不安を煽る高音で鳴いた。
やっぱりいちんごが生えていてスカートを押しのけて反り返っている。
あれ、もしかしなくてもこっちに近づいてきてるのですが。
……あっでも澪ちゃんも物置の扉の事忘れてたよね。
澪ちゃんも意外とおっちょこちょいだねー。
……。

唯「逃げよう澪ちゃん!」

澪ちゃんの手を掴んで部室を飛び出した。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 07:40:01.06 ID:SG8iLIvv0

こけそうになりながら階段を駆け下りる。
3階は部室と音楽室しかないので2階へ逃げるしかない。
2階へ着いた。廊下は左右に伸びている。
左は私の教室と1組の教室がある……うんだめだ。
右は3年3組から5組までの教室と文化部の部室か……こっちの方がまだましかも。

唯「澪ちゃん早く早くっ」

澪ちゃんを引っ張って右へカーブ。
よかったーこっちの廊下には誰もいない。
あっ! 確認してからどっちに行くか決めればよかった。

……誰もいなかったからオッケーってことで。
部室を出てから澪ちゃんはずっと私に引っ張られている。
澪ちゃんがその気になったら私を引っ張るくらい早く走れるのに。
3年の教室からは人の気配がしたから素通りして文化部の部室を目指す。
その間も澪ちゃんを引く手は重かった。

唯「文芸部……誰もいない。ここに入ろう」

声を抑えて澪ちゃんに話しかけるが澪ちゃんはその場に立ち尽くしている。
動こうともしない。

唯「澪ちゃんってば」

尚も無反応の澪ちゃんを無理矢理引っ張って文芸部に立て籠もることにした。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 09:45:11.52 ID:SG8iLIvv0

唯「ふー危なかったぜ」

軽音部の部室に侵入してきた子が来る気配はない。
どうやら振り切れたみたいだ。
でもここは扉にカギがないからちょっと怖い。

軽音部の部室ほど大きくないし机や本棚やロッカーに
来月辺り必要になるであろう扇風機等が室内を圧迫している。
とりあえずここで澪ちゃんと隠れて……そうだ澪ちゃん。

唯「もー澪ちゃんしっかり走ってよー。捕まっちゃったらいちんご生えちゃうんだよ?」

窓際で校庭を眺める澪ちゃんに冗談ぽく言ってみた。
しかし返事は無く逆光の所為で表情も見えない。
体調悪いのかな。それともさっきのバックスピンエルボーを気にしてる?

唯「ねえ澪ちゃん?」

澪「……もう無理。ごめん唯」

唯「へ? なに、どうしたの?」

澪「ヤバイ……もう限界なんだ」

澪ちゃんがこちらを向いた。
手で体を抱えるようにして何かに耐えているように見える。
息が上がっていて小刻みに震えてて明らかに体調が悪そう。

唯「ど、どしたの澪ちゃん大丈夫?」

澪「……ムリ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 09:54:20.02 ID:SG8iLIvv0

唯「体調悪いの? そっかだからあんまり走れなかったんだね」

澪「そうじゃなくて、唯に会う前から生えてたんだよ」

唯「……へ」

澪「ごめん……中々言い出せなくて」

言い終わると澪ちゃんが両手でスカートの前面を捲った。
その姿は純白のホイップみたいに甘美で、
だけど茶色のマーブルがどろどろこぼれる様な光景。

いつもの澪ちゃんからは想像できない行動に私は口を開けてぼーぜんとする。
私の中で真面目なイメージがあった文芸部の部室。
澪ちゃんはそれを一瞬で塗り替えてしまい、ここが卑猥な場所だと倒錯してしまった。

唯「あ……」

1年の学園祭で起きたあの事件後から度々使うようになったという短い丈のスパッツ。



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:04:37.98 ID:SG8iLIvv0

それが苦しそうに張っていた。

澪「な?」

唯「……あ、うん」

なんて言ったらいいか言葉が出てこないよああああええと何か言わなきゃ。

澪「だからさ、どうやったらいちんごがうつるのかとか、
  生えるとどういう気分になっちゃうかも分かるんだ」

唯「そ、そうだったんだ……」

相槌しか打てない。

澪「いつもだったら恥ずかしくて死にそうになっちゃう事も言えるし出来る」

澪「いつの間にか恐怖も感じなくなった」

澪「それから……いちんごの生えていない本当の女の子を見ると……苦しくなるんだ」

それってつまり……私を……。

澪「私は元が恥ずかしがりで怖がりだったから多少の我慢も出来たのかもな」

語りかけながら澪ちゃんがこちらに向かってくる。



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:14:41.71 ID:SG8iLIvv0

澪「……っていうのが半分で、もう半分は唯が部室に来る前に一人でしてたんだ」

唯「え……な」

何を、って聞いても今の澪ちゃんなら臆面なく言うんだろうな。

澪「生え立ての時はまだ恐怖と恥ずかしさがあったから部室に逃げ込んだ」

澪「そしたらこれがどんどん大きくなって、とにかく出したくなって……
  何回やったのかわからないくらいやったら少し収まったんだ」

澪「そこに唯が来たってわけ。はぁ」

唯「そ、そうなんだ」

澪「ぁぁ……私が部室を出て行こうとしたのに
  唯が抱きついてくるからおかしくなりそうだったよ……襲う手前だった」

そっか、だから私の事を突き飛ばしたんだ。

澪「あとさっきまで手を繋いでただろ? 体温が伝わってきて……はぁぁ」

冷静に話しているように聞こえるけど澪ちゃんの憔悴した目が怖い。
依然として体は震えているし息も荒い。



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:24:45.44 ID:SG8iLIvv0

澪「それに何より……唯は特別匂うんだ」

唯「えっ私くさいのっ!? クンクン……んーわかんない」

身体に鼻を寄せてみるけどそんなことは……あっでも自分じゃわからないって言うし……。

澪「ちがうちがう。いちんごが生えると分かるようになるんだ。本当の女の子からするいい匂いが」

澪「唯は特別、私にとって特別いい匂い。バニラみたいに甘くて、うっとりするような……」

澪「これを嗅いでるだけなんておかしくなりそうだ」

遂に私の前へ来た。
尚も足を止めない。

澪「限界なんだ」

澪ちゃんが私の横をすり抜ける。

澪「だから私はここから出る」

え……?



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:34:49.60 ID:SG8iLIvv0

唯「ま、まって」

澪「待たない。ここにいたらもう唯を襲うしかない」

唯「そんな……澪ちゃんは外に出てどうするの?」

澪「わかんない。もうなにも考えられないから他の子を襲っちゃうかも……はあはあ」

唯「そんな……」

澪「本当の女の子がいなければいちんごの生えた子を襲うかも。
  匂いは半減してるけどそれでも女の子だし……はぁぁ」

唯「それって澪ちゃんが襲われるかもしれないってことだよね」

澪「そうだな。でもそれでもきもちい――」

私は再度澪ちゃんにしがみ付いた。

澪「っ!! バカっ……あぁ……ぁあ」

そんな殺伐とした世界に澪ちゃんを放り出すわけにはいかないよ。

澪「あぁ……はぁ……あぁああ」

唯「澪ちゃんしっかり! わ、わ……私が何とかするからっ!!」

澪「ばかぁぁ……なんとかもなにも……もう無理はぁはぁはあごめんはあはあああはあ!」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:44:53.61 ID:SG8iLIvv0

唯「きゃあ!」

澪ちゃんが私に抱きついて押してくる。
あっという間に壁際に追い込まれて逃げ場がなくなった。

澪「ゆい……ゆいいいいぃ」

首筋に澪ちゃんの鼻がこすり付けられる。
うあ……においを嗅がれるって結構恥ずかしいんだね。

澪「ゆいっ……ごめっ、す、っ……はぁはぁ!」

においだけで我慢出来なくなった澪ちゃんが首筋に舌を這わせて私を舐め始める。
それがエスカレートしてしゃぶり付くようになる頃には
澪ちゃんは殆ど言葉を喋らなくなっていた。

唯「んあ……澪ちゃ……はげし……!」

澪「はあっはあっ……ずぢゅううううっ!」

私が澪ちゃんを引き留めて何とかするって言ったんだ。
うまくいくかわからないけどやらなきゃ後悔する。

唯「澪ちゃんちょっとごめん」

私は澪ちゃんのスカートの中へ手を入れて短めのスパッツをずりおろした。



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 10:56:53.92 ID:SG8iLIvv0

パンツだけでは抑えきれなくなったいちんごが飛び出す。
それがタイツ越しのふとももに擦り付けられる。
これが澪ちゃんのいちんご……密着しててよく見えないけど固いのだけはよく分かるよ。

澪ちゃんが言ってた。
私が部室に来る前に一人でしてたって。
最初に部室で見た澪ちゃんは殆どいつもの澪ちゃんだった。
だから……いちんごからアレを出してあげればいつもの澪ちゃんに戻れるかもしれない。
その後の事はわからないけど今はそれに賭けるしか澪ちゃんを助ける方法がない。
澪ちゃんのためなら私頑張っちゃうよ。

澪「はあぅっ、はあっ……はっはっ!」

唯「んっ……!」

澪ちゃんがきつく抱きしめてくる。
このまま押し倒されたら澪ちゃんを助けるどころの話じゃなくなっちゃう。
私は執拗に押し付けてくる澪ちゃんのいちんごを右手で掴んだ。

澪「ひぐっ!? あっ、あ゛ーーーー……」

それだけで澪ちゃんは涎を垂らして気持ちよさそうに天を仰いだ。
澪ちゃん……私が何とかするから!

澪「あひっ! あっ、はあぁぁ……!」

右手でいちんごを扱くと澪ちゃんの反応が大きくなった。
腰を震わせて快楽に悶えている。



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:05:57.65 ID:SG8iLIvv0

唯「これなら出すことはできそ――ひゃっ!」

澪ちゃんがまたも思い切り抱きついてきた。

唯「ぐ、ぐるじい…………あっ!?」

いちんご放しちゃった!!
やば……!

澪「あっ、んっ……んんんんんんっ!!」

終わった……このまま澪ちゃんに捧げちゃうんだ……まあそれでも………………あれ?
そんな事を思ってたら澪ちゃんがびくびくと震えだした。
この震え方……ちかちゃんも最後はこんなふうに震えてた。
てことは。

澪「……っあ、はぁ……はぁ……」

澪ちゃんの痙攣が収まって抱き付く力が弱まった。
その隙に確認してみる。
私のタイツは純白レースのホイップでデコレーションされていた。
やった、何とかなった……かな?



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:15:01.35 ID:SG8iLIvv0

唯「澪ちゃん落ち着いた? 私が分かる?」

澪「はあ……あ……ゆい?」

唯「よかった~」

何とか自我を取り戻してくれたみたい。

澪「あ、あ……ごめん私はなんて事を……本当にごめん」

かすれ気味の声から澪ちゃんの申し訳ないって気持ちがひしひしと伝わってくる。

澪「唯にだけはこんなことしたくなかったのに……!」

唯「まあまあ、私がこうしようと思って澪ちゃんを引き留めたんだよ。
  澪ちゃんが元に戻ってくれてよかったー……あえ?」

ふとももには濡れた感触と固い感触が……。
下を向くと澪ちゃんのスカートが翻っている。

澪「ごめんな。せっかくしてくれたのにこれじゃすぐさっきの様になっちゃう」

澪「だからその前に今度こそ……」

だめだったのかな?
でも澪ちゃんと会話が出来るようになったし……。
澪ちゃんは何度も一人でしてたって言ってたから……うん。
ここはやるべきでしょ。



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:24:05.05 ID:SG8iLIvv0

唯「もうー勝手に行かないで!」

どこへも行けないようにきつく抱き付いた。

澪「うあっ!? いいから離せって!」

唯「まあまあまあ、とりあえずもっかい出してみようよ」

澪「ばっ……! それが嫌だから出て行くんだ!」

唯「……ほんとに嫌なの?」

澪「えっ」

唯「今も私の事襲いたいんでしょ?」

澪「……襲いたいけど、そうじゃなくて……唯に酷い事をしたくないんだ」

唯「酷い事って?」

澪「唯にいちんごを生やしたくない。
  私が無理矢理するのも嫌だし唯にこんな苦痛を味わってほしくない」

唯「そうかなー結構似合うかもよ?
  それに苦痛っていうけどさっきの澪ちゃんすごく気持ちよさそうだったよ?」

澪「ぐぁ……ばかそんな事言ったら……はあはあはあ」

唯「うわぁあ澪ちゃん落ち着いて!」

澪「はぁはぁ……それにな、唯が……唯が他の女の子を襲う事が嫌なんだ」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:33:08.73 ID:SG8iLIvv0

唯「澪ちゃん……えへへ」

澪ちゃんが恥ずかしげもなくそんなこと言うなんて。
なんか顔が熱いや。

澪「笑ってる場合じゃないだろ……はあはあ」

唯「それなら私だってそうだよ。澪ちゃんが他の子に酷い目に合わされるのやだ」

澪「唯……うぐっ」

唯「というわけで……ね?」

再び澪ちゃんのいちんごを握る。

澪「きゃひぃ!? や、やだぁ……ゆいをよごしたくないぃ……はあはあ」

唯「泣かないでよー。私がこうしたいの。それにさっき汚されちゃったし?」

辛そうな澪ちゃんを見てたら自然と手が動いた。
いちんごはさっき握った時よりヌルヌルしていて扱き易い……
はずなんだけど抱き合った態勢だからやり辛い。

いちんごを刺激された澪ちゃんはもう何も考えられないみたいで反論も出てこない。
そのかわりに身体中を流れる情欲を吐き出したくて、涎を垂らしながら深く息衝いている。
抱き合った態勢でその息遣いを耳元で聞かされるから澪ちゃんの今の気持ちがよく分かった。

すぐ楽にしてあげられるよう頑張るね。
態勢も悪いしまだ2回目でぎこちないけど出来るだけ素早くいちんごを扱いた。



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:42:12.43 ID:SG8iLIvv0

澪ちゃんは悦んでくれているらしく淫靡な声をあげている。
……。
我に返るとすっごく恥ずかしい事してるような気がしてきた。
さっきまで割と必死だったから気付かなかったけどなんか私の手の動きやらしいし……。
澪ちゃんは私にもたれかかって耳元であーー、あーーって春の猫みたいなトーンで鳴いてるし。

唯「んっ……!」

あ……澪ちゃんに耳舐められたら勝手に声が出ちゃった。

唯「澪ちゃん……澪ちゃん……」

私の右手はいつの間にかスピードを上げていた。
あ、これ痛くないかな……私にはよく分からないや。
でも澪ちゃんが気持ちよさそうだからこのままで。

澪「あっあっあっ、はっはっ、あ、んっ、ふゃ」

澪ちゃんの息遣いが細かくなってきた。
それが私にもうすぐ出るよって言っているように聞こえて変な気持ちになる。
それと同時に澪ちゃんの体が私を押してきた。
澪ちゃんが自分で腰を振っているんだ。

それといちんごに付着しているヌルヌルのせいで私はまたも手を放してしまう。
手の締め付けを失ったいちんごが快楽を求めて私の身体を突き上げんばかりになする。
右のふとももの内側、股関節のあたりにいちんごの頭がある。
その辺りがちょうど窪みになっていちんごの突きを受ける形になった。
そんな所を刺激されるのはもちろん初めてで、関節という自分の弱い部分を突かれる事になんとも言えない充足感を覚えた。



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 11:51:16.12 ID:SG8iLIvv0

いちんごは適度なボジションとタイツという刺激を得て血気盛んに暴れている。
私を抱く澪ちゃんの腕はさっきからどんどん力を強めていて今にも淫欲を吐き出しそうだ。
私は澪ちゃんが少しでも早く楽になれるように促すことにした。

唯「澪ちゃん出したい? いいよ、このまま出していいから。ね?」

澪ちゃんの耳元でそう囁くだけのつもりだった。
でも澪ちゃんの首筋から香る匂いやかわいい形をした耳を見ていたら……澪ちゃんの耳を舐めてた。
舌を平らにして耳全体をすくい上げるように一舐め。

澪ちゃんが息を吸ってびくりと跳ねる。
私の舌があまり濡れていなかったからざらっとした感触だ。
舌も乾いてしまった。

今度は唾液を舌に乗せてヌルヌルとした感触になるように舐める。
舌の先端が耳の窪みに入り、澪ちゃんの耳穴に少し入った。
それがきっかけになったのか澪ちゃんががくがくと震えてだらしない声を発する。

私の股関節にいちんごとはまた違った熱さの液体が注がれるのが分かった。
タイツ越しでもヌルヌルした感触が伝わる。
それを吐き出しながらも澪ちゃんは腰の動きを止めない。
タイツにそれをすり込んでいる。



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:00:19.85 ID:SG8iLIvv0

澪「あっ……んくっ……あ、はぁー、はぁー」

唯「はぁ……はぁ……」

腰の動きが止まるころには私のタイツとふとももはべとべとにされていた。
二人して肩で息をしていて、
その内澪ちゃんが立っていられなくなったみたいだから一緒に腰を下ろした。

あー……すごい。
澪ちゃんすごい。
こんな風にドキドキしたの初めて。
……。
あ、それより。

唯「澪ちゃん大丈夫?」

澪「はぁー、はぁー……あ、うん。だいぶ楽になったと思う」

唯「よかったぁー」

澪「あ……」

澪ちゃんの目線は私のふとももに。

澪「ごめん……タイツ汚しちゃった」

唯「え? 大丈夫だよー。このタイツ三足1000円のだから」

澪「スカートにもついちゃうよ……もう結構ついてるけど……」

唯「そっかー……じゃあタイツ脱ごう」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:09:23.67 ID:SG8iLIvv0

脱いだらどうしよう。
拭くものないし何かこの部屋にあるもので……あ、扇風機で乾かすとか?
においとか大丈夫かな?
ていうか洗わないと履けないか。

唯「それにしてもよかったよー澪ちゃんが元に戻ってくれて」

澪「……」

唯「澪ちゃん?」

澪「あっ……いや、ごめん」

澪ちゃんは食い入るように私の着替えを見ていた。
あ……しまった。
元に戻ったと言ってもいちんごがなくなったわけじゃない。
今の澪ちゃんにこういうの見せたらまずいかも。

唯「ごめんっ」

澪「私こそごめん。気持ち悪いよな」

唯「え、そんなことないよ。それにいちんごが生えてるんだからしょうがないよ」

澪「いや……」

唯「?」

どしたんだろ澪ちゃん。
私何か変なこと言ったかな……。



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:18:27.39 ID:SG8iLIvv0

唯「あれー、澪ちゃん私の着替える所見てドキドキしちゃったのかなー?」

澪「ああ、そうかも。唯がタイツ脱いだ瞬間いちんごがビクッってなった」

唯「ふごっ!?」

唯「えっと……う……あ」

澪「あはは、自分で言っておいて照れるなよ」

唯「だ、だって澪ちゃんがぁ……」

私の中では
冗談を言う>澪ちゃん「なんでやねーん」>二人「あはは、あはは」
だったのに真顔で返されてしまった。
そんなこと言われたら恥ずかしくて何言っていいかわかんないよ~!

唯「澪ちゃんが恥ずかしげもなくそんな事言うなんて……」

澪「ああ、もう全然恥ずかしくないな」

唯「ええー、なんかつまんないよ」

澪「さっきの唯が照れてるとこ、面白かった」

唯「うぅ……」

澪「唯のそういう所ってあんまり見れないから新鮮でいちんごが反応し――」

唯「ちょっ! ストップストップ!」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:26:18.97 ID:SG8iLIvv0

澪「はははは」

唯「澪ちゃんがぁ……遠い所へ行っちゃった」

澪「ごめん。恥ずかしさとかは忘れたけど唯を守りたいって事は忘れてないよ」

唯「あ、うん、ありがと」

澪「なんだけど……はぁはぁ」

唯「澪ちゃん? えっと……もう来たの?」

澪「そうみたい」

唯「そ、そっか……」

澪「唯、さっきまではこんな事絶対にしちゃダメだって考えがあったのに
  今はどうしてそれがダメと思っていたのか思い出せないんだ。
  これもいちんごの所為なんだろうけど」

唯「うん」

澪「それで、唯がかまわないって言うなら……お願いしてもいいかな?」

これはさっきのアレの事を言ってるんだよね、うん。
うん……。

唯「……わ、わかった」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:35:06.02 ID:SG8iLIvv0

まさか澪ちゃんからお願いされるとは思わなかった。
さっきまであんなに嫌がってたのに。

……澪ちゃんは元に戻ったんだよね?
恥じらいが無くてやけに素直だけどこれはいちんごが生えたせいなんだよね?
ちょっと不安になる。

澪「はぁはぁ……唯?」

唯「あ、うん」

澪ちゃんは床に女の子座りしている状態。
ふとももには私がずりおろしたスパッツ。
スカートはいちんごの所為で捲れている。

唯「ええと、さっきみたいな感じでいいの?」

澪「ああ」

唯「じゃあ……」

改まっていちんごを握るのって恥ずかしい。
おかげで余計にぎこちない動きになってしまう。



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:45:39.16 ID:SG8iLIvv0

でも……さっきみたいにしなきゃ。
握る力を僅かに強めて速度を上げる。
向かい合って座りながらいちんごを扱くって……傍から見たらどういう光景なんだろう。
そう考えると誰もいないと分かっていても周りを見回してしまう。

澪「あ……唯ぃ……」

切ない声。
確かに気持ちよさそうだけどさっきとは違う感じだ。

唯「澪ちゃん、どうかな?」

澪「あっ……ん、えっと、何ていうか……切なくて辛い。もっと強くしてみて」

言われたとおりにやってみるけど澪ちゃんの反応はやはり変わらない。
おかしいな。
澪ちゃんは出したいのに出せないって感じだ。
身体に溜め込んだ欲望が消化不良を起こしているような感じ?
とにかくこのままじゃまずい。
何とかしなきゃ。



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 12:55:06.45 ID:SG8iLIvv0

澪ちゃんを気持ちよくさせるには……何か、何かないのか。
ここは文芸部の部室。
あるのは本と机と私が脱ぎ捨てたタイツくらいしか……。

唯「……ねえ澪ちゃん、タイツ好き?」

澪「へぅ? 好きって言われても……んっ……あんまり履かないかな……んはぁ」

唯「違う違う。こういう事だよ」

でろでろのタイツを拾って澪ちゃんのいちんごに被せてみた。
1、2回目のヌルヌルも合わさっていい感じじゃあないでしょうか。

唯「できた」

澪「……」

唯「ほら、澪ちゃん2回とも私のタイツに出してたから好きなのかなぁ~……って」

澪「唯……」

やっぱりだめですよね。

澪「とりあえずこのまま扱いてみて」

唯「え、うん」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:05:11.58 ID:SG8iLIvv0

隆起したいちんごに再度刺激を与える。
熱いいちんごと冷めかけの液体が混ざり合い、
そこにタイツのザラザラ感が合わさって何とも不思議な感触。

澪「っあ! これ、いい……かも」

唯「やった。やっぱり澪ちゃんてタイツが好きなのかな?」

率直に聞いてしまった。
いつもの澪ちゃんなら顔を赤くして怒るだろうけど今の澪ちゃんにこの質問は……。

澪「んっあっ……はは、そうかもな。ザラザラでいちんごが擦られて気持ちいい……あんっ!」

唯「あ、そ、そうなんだ……」

艶かしい声で素直に答える澪ちゃん。
んもー聞いてる方が恥ずかしいよ!

澪「それに……唯のタイツをいちんごが履いてるって考えただけで……はぁ、はぁ……!」

唯「わ、わかったから」

澪「これ、唯のアソコを包んでたんだよな……
  朝からずっと……んっ……なあ唯、今日何回トイレに――」

唯「う、あぁぁぁ……! も、やめてよぉ……!」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:17:25.28 ID:SG8iLIvv0

あまりの恥ずかしさに俯いて澪ちゃんの視線から逃げた。
手の動きも鈍る。

澪「っああ……唯のその顔……やばい……もうちょっとだから強めに……んっ!」

唯「ばかぁ……」

私は今どんな顔してるんだろう。
そんなに変な顔してる?
自分じゃわからないよ。
とにかく今は手の動きに集中しよう。
早く終わらせないとまた澪ちゃんに恥ずかしい事言われちゃう。

澪「ああああっいいよ唯のタイツ!
  手もやわらかいし冷たくてきもちい……あっあっあっ!」

唯「もおおおっ」

いちんごをさらけ出してよがってる澪ちゃんの方が
恥ずかしさは上のはずなのに私ばっかり恥ずかしがってる。

俯いてるけど分かる。
今澪ちゃんは絶対私の顔を見てる。
それで恥ずかしがってる私を見て興奮してるんだ。
だからこんなに固いし熱いし脈打ってる。

澪「あっゆいっ……そろそろ出そうっ! 唯のタイツと手に出ちゃぅ……んくっ!」

澪「あっ、んっ、は、ひぅ、ゆい、に、あ、あ、あ゛、あああーーーー……!」

タイツ越しに液体がどんどん滲み出てきて私の手からも零れる。
異様な光景にそこから目が離せなかった。
うあ……タイツドロドロだ……。



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:28:28.89 ID:SG8iLIvv0

澪「はあ、はあ……あぁ……ふぅ」

唯「……」

な、何か言った方がいいのかな。
でも何て……?

澪「はぁ……唯、ありがとう」

唯「ふぇ、あ、うん」

澪「えっと、そろそろ放してくれないとまた大きくなるから……」

唯「あっごめん」

慌ててタイツごと腕を引っ込める。

澪「んあっ!」

唯「あっごめん!」

澪「大丈夫。それよりベトベトになっちゃったな、ごめん」

唯「そ、そだね……」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:38:37.05 ID:SG8iLIvv0

でもこれで暫くは大丈夫なのかな?
澪ちゃんは立ち上がってスパッツを履き直す。
私は顔から噴き出した余計な汗を拭ってようやく一息ついた。
ちょっと休みたいかな。

澪「唯……」

唯「えっ、まさかもう!?」

澪「違う。扉の向こう」

澪ちゃんの視線の先は部室の入り口。扉のすりガラスには人影が写っていた。

唯「うぇ!? もしかして今の見られてた!?」

澪「声がでかい! それよりもここに唯がいるってばれたみたいだ」

唯「えっ?」

澪「影がフラフラしてる。
  普通の人ならあんな動きはしないだろうから恐らくいちんごが生えた生徒だろうな」

澪「どうして気付かれたんだ?
  声は他の教室の方がうるさいよな。姿を見られた訳でもないし」

澪「……やっぱり唯の匂いか。
  部屋の外からでも分かるのか……唯が興奮してたから匂いも強くなったのか?」

唯「ぅえ!? こ、こうふんしてないよ! うん、してなかった!」

澪「静かに。それより私の言う事をよく聞くんだ。まず――」

何故か先程とは打って変わって冷静な澪ちゃんがそこにいた。



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:48:49.15 ID:SG8iLIvv0

澪ちゃんは予め考えていたかのように指示をすらすらと言ってのける。
こういう澪ちゃんってかっこいい。

でも言ってる事を反芻してみると……やっぱりちょっとおかしい。
どこかからネジがいちもつ飛び出したような作戦だった。
でも他にいい考えが浮かばないし……。

澪「入ってきたぞ」

そうだった。今はピンチなんだった。
掃除用具入れの隙間から外の様子を窺うと一人の生徒が見える。
お願いだからこっちに来ないで……!

  「……くんくん」

本当に私のにおいを嗅いでるの……?
今日から長めにお風呂入ろうかな。

  「くんくん」

鼻を鳴らしながら的確に私のにおいの発生源へと進んでいる。
澪ちゃんの言ってた事は正しかったみたい。
身体を洗う時間を増やそう。



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 13:59:41.25 ID:SG8iLIvv0

  「はあはあはあはあ!」

生徒が半開きになってるロッカーを乱暴に開け放った。
中にはそよ風運ぶ扇風機。
一方私たちは掃除用具入れから飛び出して部室の外へ。
いちんご生徒をまんまと奥のロッカーに誘い込み私たちは脱出に成功。
部室を出る瞬間に振り返ると生徒が扇風機に縛り付けてある布を掴んでいた。
残念、それは私のパンツだ。

澪「成功だな。いくら本体がそばにいても
  匂いを風で送ってやればそっちに食いつくだろうと思ったんだ」

唯「うぅ……」

澪「このまま1階まで行って外に出るぞ。急げ!」

唯「えっ!? わ、私のパンツは?」

澪「タイツで我慢してくれ」

唯「そんなぁ……このタイツヌルヌルで」

澪「いいから早く走れ!」

唯「ふええん!」

生タイツ……スースーする。



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:08:26.63 ID:SG8iLIvv0

文芸部の部室の傍にある階段を下りて1階へ辿り着いた。
このまま昇降口から学校を出よ……お?

澪「……しまった」

生徒用の昇降口にはいちんごをぶら下げた生徒が待ち構えていた。
そういえばこの騒ぎが起こったのって掃除中だった。

部活のない生徒は丁度帰るところ……それでこの人数なのか。
既に何人もの生徒がこちらに気付いている。
強行突破は無理そうだ。

澪「講堂へ逃げるか……?
  いや、講堂で挟み撃ちされたら立て篭もる場所がない……正面玄関に行くぞ!」

逆方向に駈け出した澪ちゃんが早々に足を止める。
正面玄関への廊下にはさっき文芸部の部室へ入ってきた生徒が。

それに続いて赤緑青、赤青緑、緑緑赤緑。
一階だけあって緑が多い。
みんな挙動がおかしくて、スカートを見るとみんな生えてる。
ふつふつと嫌な汗が出てきてYシャツがへばり付く。

唯「ど、どうしよ澪ちゃん……」

澪「……ごめん」

あ……私ここでやられちゃうのかな……うぅ……怖いよ、嫌だよ、死にたくないよ!
膝が笑う。動悸が激しい。ヤバイ。どうしよう。

澪ちゃん、澪ちゃん、みおちゃん……そうだ澪ちゃん!
澪ちゃんはいちんごが生えてるからここにいるみんなの目的はほぼ私のはず。
私を優先して狙ってる訳だから上手くいけば澪ちゃんだけでも逃がせ――

和「ゆいぃーーーーーー!!!!」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:17:22.54 ID:SG8iLIvv0

唯「!」

いちんご生徒のさらに奥の廊下にみんなが目を向ける。
生徒たちの隙間から見覚えのあるシルエットが確認できた。
職員室の前辺りで忙しなく動いてる。

身振り手振りで何かを伝えようとしているのかな?
とにかく和ちゃん無事だったんだ!

唯「のど――おぅあ!?」

腕を引っ張られて倒れ込みそうになった。
笑ってる膝でなんとか持ちこたえる。
一瞬の出来事に頭がついてこない。

澪「和のおかげで助かった」

いつの間にか更衣室に入っていた。
そっか、いちんご生徒が和ちゃんに気を取られてる隙に
澪ちゃんが私の手を引いてくれたんだ。

階段と昇降口の間にある小さな更衣室。
ここには鍵もついてる。
扉がガタガタいってるけど気にしない。気にしないフリ。
……あっ!

唯「和ちゃん大丈夫かな!?」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:26:51.93 ID:SG8iLIvv0

澪「和の周りに生徒はいなかったし
  私たちを囲んでた生徒があっちにいっても職員室に立て籠もれる……かな」

唯「そっか。また和ちゃんに助けられちゃった」

澪「でもこの後どうするかな」

唯「このあと?」

澪「これだけいちんごの生えた生徒がいたら先生たちだけじゃ手に追えないだろうな」

澪「それにいちんごは人にうつる。こうしている間にもどんどん増えてるはずだ」

なるほど。
私は今も更衣室のドアを叩いてる子たちが怖くてそこまで考えられなかったよ。
澪ちゃん本当に怖くないんだね……。

澪「いつまでもここにいるのはマズイかもしれない」

唯「そ、そっか……」

それならどうするかを考え始めた澪ちゃんが黙る。
私も何か考えなきゃ。
うーん……。

澪「唯」

何か……何かを……。

澪「唯!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:38:52.49 ID:SG8iLIvv0

唯「はいっ!?」

澪「携帯鳴ってないか?」

唯「え?」

携帯を取り出すとブルブル震えている。
全然気が付かなかった。

唯「和ちゃんからだ! もしもし?」

和『唯、大丈夫?』

唯「うん! 和ちゃんも?」

和『ええ、職員室で立て篭もってるわ』

唯「そっかぁ、よかった~」

和『あんまり良くはないわね。唯も見たでしょ、あの生徒の数』

いちんごの生えた生徒の事だよね。

唯「うん……あっ!」

和『?』

唯「りっちゃんとムギちゃんそっちにいない?」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:48:45.53 ID:SG8iLIvv0

和『……こっちにはいないわ』

唯「そ、っか」

和『大丈夫、きっとどこかに隠れてるのよ』

唯「そうだよね」

和『ええ。ところで唯』

唯「何?」

和『職員室にいる先生だけじゃ
  どうにもならないみたいだから私は外に助けを呼びに行くわ』

唯「え、大丈夫なの?」

和『廊下側はあの生徒で溢れてるけど職員室には校庭側にも出入り口があるしね。
  そこから出て敷地の端にある通用口から校外に出る予定なの。
  出来れば唯達と合流したいんだけど……』



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 14:57:48.41 ID:SG8iLIvv0

通話中も扉をがったごと言わせて邪魔をされる。

唯「私たちは大丈夫だよ!
  こっちはこっちで何とかしてみる。だから和ちゃんも気を付けて」

和『そう、分かったわ。……ごめん』

唯「大丈夫だよー。私たちも出来たら学校を抜け出して助けを呼んでみる」

和『無理しちゃだめよ?』

唯「まかせてよ!」

和『……大丈夫かしら』

そんなやり取りを繰り返して電話を切った。
そっか、和ちゃんは外に助けを呼びに行くんだ。
2回も助けられたのにこれ以上和ちゃんばっかりに助けてもらうわけにはいかないよね。
……よし、決めた。

唯「澪ちゃん、あのね……私外に助けを呼びに行こうと思うの」

澪「そっか。携帯から和の声が漏れてたから大体分かったよ」

唯「どうかな?」

澪「やってみるか」

唯「うんっ!」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「いちんごパフェが止マラない」#前編
[ 2011/05/31 15:20 ] エロ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6