SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#前編 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243782150/


唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#前編
唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#後編





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:02:30.43 ID:R3E5UPi10

立て






3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:04:24.00 ID:pHw67q4SO



唯「私が死の旋律を奏でてくれよう……ククク」ブツブツ


律「もしかしてあなたが平沢唯さん?」

唯「如何にも…クク……
  こちらの世界ではそう呼ばれている」

律(うわぁwwww)

律「にゅ、入部希望の!!」

唯「ああ……」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:06:24.37 ID:pHw67q4SO

律「色々誤解してごめん!
  ギターすっごいうまいんだよね!?」

唯「待て……」

律「ん!?」

唯「何を誤解していた…」

律「…テ、テンポ悪くて使えないドジっこだと……」

唯「ちっ…〝あの時〟か……(てかギター弾けねぇ…)」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:09:32.49 ID:pHw67q4SO

律「あの時…?」

唯「ふっ…部外者には関係無い…(職員室で紙をバラバラにしてしまったんだ)」

律(あいたたた)

唯「だが、同じ機関の者として
  一つだけ言ってやる… あの時邪気眼が発動した…」

律(機関てwwwwwクラブだろっ!
  ってか邪気眼ってなんだよ!)



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:10:52.27 ID:pHw67q4SO

律「お、音楽室の前じゃアレだし中に入ろうぜ?」

唯「ククク……終わりの始まり、か…」

ガチャッ

律「みーんなーっ入部希望者連れてきたよ!!」

澪・紬「あは」


澪「ようこそ、軽音部へ」
紬「歓迎致しますわ~」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:12:55.84 ID:pHw67q4SO

律「よーしムギィ!お茶の準備だ!」

紬「はい~♪」


紬「どうぞ♪」

唯「ズズ……こ、これは…うまい…
  (こ  の世界でもこのような待遇を受ける  とは…)」


律「平沢さんはどんな音楽するの?」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:14:45.45 ID:pHw67q4SO

唯「なっ…」

律「好きなバンドとか」

唯「クッ!!(何も知らないなんて言えない…)」

律「好きなギタリストは?」

唯「……く(ちゃんと言わなきゃな…実はギター弾けないと…)」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:15:59.94 ID:pHw67q4SO

唯「じっ、じっ、じっ!!」

澪「ジミーヘンドニクス!?」

唯「ち、違…じっじっ!」

澪「ジミーペイジ!?」

唯「ち、ちがっがじっち!!!」

澪「ジェフベック!?」
律「お~っ」

唯「!(ギタリストって〝ジ〟で始まる奴が多いのかあああ)」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:20:53.83 ID:pHw67q4SO


律「そっかぁジェフベックかぁ!」

紬「どなた?」

澪「ロックギタリストにも二種類しか居ない
  ジェフベックとジェフベック以外だって言われている
  常に新しいサウンドを追求する
  挑戦的なギタリスト」

紬「まぁ~」

律「さっすが渋いねぇっ平沢さん!」

唯「………はっ…はははっははは…」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:23:04.05 ID:pHw67q4SO

律「平沢さんみたいな人が入ってくれて良かったな~!」

紬「一週間以内にあと一人集まらなかった
  ら廃部になる所だったんです」


律「本っ当にありがと~ぅ!」

唯(ますます言い難くなっちまった…だが言わなければ…)

ガタ
唯「……申し訳ないのだが実はこの機関を辞退するといいにきた」



チーーーーーン



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:25:19.74 ID:pHw67q4SO


律「え…(死の旋律とか言ってたじゃん!おいっ!)」

唯「他の武器をやるものだと思ってな…(ククク………死の旋律をな…)」

紬「(武器?楽器ね…)じゃあ、何ならできるの?」

唯「ククク…聞きたいか…死の旋r…ゲフンゲフン
  (しまった…これはこの世界では知られてはならない…)」



唯「カスタネッ…………ハーモニカだ…」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:27:28.40 ID:pHw67q4SO

律「あ、ハーモニカならあるよ、吹いてみて!?」

唯「グ…………ガッ!!!」

律・澪・紬「平沢さん!?」

唯「…ぐ……右腕が…!!!近づくな…今近づくと死ぬぞ!!
  (クク…私がな)離れろ!離れろぉ!」

律(右腕の包帯どうしたんだろうwwwwwてか何このセリフwww)

唯「ぐああああああああ!!!!っはぁっはぁ………」



律(ヤバいwwwwwwwこの子wwwヤバいwwww)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:28:59.80 ID:pHw67q4SO

澪「でも…ウチの部に入ろうとしたってことは、
  音楽には興味あるってことだよね?」

紬「他に入りたい部とかあるの?」

唯「ククク……特にない…」



律「!(せっかくのカモをここで
  手放すわけには行かないぜ!)」キラ

澪「!(廃部を逃れる為に!)」キラ

紬「!(引き留めなければ!)」キラ

↑アイコンタクト



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:32:00.94 ID:pHw67q4SO

唯「すまない……この世界の人を
  巻き込むわけには行かないんだ…さらば……」ガタッ

律「ぁぁあっちょっとまって!!」

紬「も!もう一杯お茶いかが!??」


紬「クッキーとマドレーヌもあるの!」
律「うん!!」




澪(餌付けたwwwwwww)

唯「ふ……私の力が必要か…」

律(殴りてぇwwwwwww)



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:33:30.88 ID:pHw67q4SO

唯「うまい………
  しかしこんなに馳走になるわけには…」

律「いいのいいの」

紬「毎日こうやって一緒お菓子を食べましょう?」

澪「何か主旨が変わってきてい…ぎゃ!」ドカ律「!(澪!!)」

律「平沢さん、他にはどんなものが好き?」

唯「ククク、己自身の力…とでも言っておこう……」

律(こwwwwwwwいつwwwwwww)



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:36:43.74 ID:pHw67q4SO

律「休みの日、家では何して過ごしてるの?」

唯「…………この…腕が闇と共鳴して………世界に闇をもたらしている……」ボソボソ

律「そ…」(声ちっせぇぇえwwwwwてか意味わかんねぇww)

紬「好きなものとかある?」

唯「ふっ…先ほども言ったはずだ……己自身の力とな…」


律(録音しとこっと)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:38:33.85 ID:pHw67q4SO

澪「その力ってなn

唯「黙れ!!!!!!!!!!部外者には関係ない!!!引っ込んでろ!!!」

律(wwwwwww)
澪・紬「え」ポカーン

澪「ご、ごめん……あ…に、苦手なものは…」


唯「己自身の…力だ……私ではこの力を止めることはできない…」



律(好きって言ってたじゃねぇかっ)ガーン



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:39:46.01 ID:pHw67q4SO

澪(手強い……)
律(いったいどうすれば…)
紬(わかりません…)

唯「クククそれではまた、いつの日か……」

律「はっ・・・行かないでぇ!居るだけでいいからぁ!」

唯「機関の呼び出しだ、すまない」

紬「もっと・・・もっとおいしいお菓子持って来ますから!」

唯「す、すまない…軽い気持ちで入部したいなんて言ったから…なんと謝れば良いか……」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:41:59.34 ID:pHw67q4SO

紬「私達こそごめんなさい…」

澪「………無理に引き止めて悪かったな…」


律「じゃあ…っ!じゃあせめて私達の演奏を聴いていって!」


唯「なに…?演奏してくれるのか…?」


律(よっしゃ食い付いた!wwwww)



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:45:53.70 ID:pHw67q4SO

――――

律「1、2、3、4!」

♪~
 ♪~    (翼をください)
  ♪~

―――――

唯「ほぁあああ………」

律「ひひひひぃっ!どうだった?」

   ダークキルホーリーホース
唯「闇を葬る光の馬」

律「翼をくださいだよ。で、感想は?」

唯「なんというか言葉にしにくいのだが…」



唯「あまりうまくないな」

律(ばっさりだああ)ガーン



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:47:22.17 ID:pHw67q4SO

唯「だが、なんだか凄く楽しそうだった。私はこの機関に加入する。」

律「」ぷに澪「」ぷに
↑お互いのほっぺたをつねり合い現実か否かを確認し合っている


律「ばんざああああいい!」


律「ふふっ!!ちょっと失礼~」
ゴソゴソ
律「軽音部活動開始記念に!」
澪「あ、私のカメラ!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:49:07.35 ID:pHw67q4SO

唯「ばっ!!やめろぉぉおお!!!!!この世界に私を残すのは禁じられている!」

律(なんでwwwwwww)カシャ

唯「…終わった…………私はあの機関にやられる…」

律(なんだそれwwwwwww)

唯「まぁよい、私は貴様らの戦闘を援護する」

律()マネージャーって言いたいんだな?wwwwしかも戦闘じゃなくて演奏だろっ!

唯「なん…だと…」


律(思ってたことが口に出ちゃったwwwwwww)



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:50:19.46 ID:pHw67q4SO

唯「(この機会に闇のギターを始めてみるか…
  ……死の旋律を奏でなければヤツは倒せない……)」


唯「エターナルフォースブリザード…敵は死ぬ」ブツブツ

唯「…ふっ…いよいよ始まる…か」ブツブツ

律「私達もわからないとこは教えてあげるしね」

唯「死の旋律は貴様らにはわかるまい……」ブツブツ

――――――



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:51:55.81 ID:pHw67q4SO

――――――
和「ククク…結局機関に入ったみたいだな…」

唯「あの機関には私の力が必要らしいからな………ふふ…」

和「…どうせ援護役(マネージャー)か何かだろう…」

唯「ふん…貴様に言われると腹が立つな……ちゃんと援護役ではない。私も戦闘(演奏)に参加する…」

和「まさか貴様!!死の旋律を!!!」

唯「ククク………右腕が疼いて来やがった………」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:53:09.83 ID:pHw67q4SO

唯「ククク!御名答!この世界にヤツが来ているかもしれん……」

和「なっ…!貴様!一般人を巻き込む気か!」

唯「ふ………凡人の命など…どうでもいい……私は能力者しか見ていない…」

和「それより…死の旋律を奏でる為のギターはどうする気だ……」

唯「ふふ…貸して貰えるんじゃないか?」
和「貰えないと思うがな…」



生徒達(うわぁ…なんだあれ…)



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 00:54:13.24 ID:pHw67q4SO

和「それより軽音部は凡人の集まりだ……決して邪気眼を発動させないようにな…」
唯「…クク………フフ…フハハハハハハハ!」





唯「ククク……軽音部か…」





~終わりの始まり~ 完



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:05:19.25 ID:pHw67q4SO

キーンコーンカーンコーン

―学校という名の要塞の束縛が解けた。
 物語はそこから始まる―

和「唯よ…さぁ……帰るぞ…幻想の果てに……」
唯「ククク…すまない…
  こっちの世界の機関に行かなくてはならない……
  私の力を必要としているあの場所へ…」

和「ふっ…それじゃあ仕方ないな……
  貴様にも打ち込めるものが出来たのだな…
  嬉、寂……」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:07:06.84 ID:pHw67q4SO

唯「ククク…ククッ…クハハハ…」

和「…どうしたのだ」

唯「今日は富あるものが美味しいお菓子を
  持って来てくれるのだ………クク」

和「なら…死の旋律の準備はどうするのだ…」

唯「くっ……むぅ…」

―――――



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:11:28.09 ID:pHw67q4SO

――――――

唯「幼要塞の頃も小要塞の頃も……
  中要塞の頃も、ずっと気が宇宙にあったが…」

訳:幼稚園の頃も小学生の頃も…中学生の頃もずっとぼーっとしていたが


唯「高要塞に入った私は…軽音機関に入。」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:12:27.75 ID:pHw67q4SO

ガチャ

唯「ふっ………諸君、私が来たからと言って
  強張ることはない。よろしく頼む。」

律・澪・紬「あ、こんにちは」

この三人がこの機関のメンバーだ。

澪「」

こいつは秋山澪と言う。
背が高くて、大人っぽい。
能力者ではない…



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:14:39.05 ID:pHw67q4SO

唯「貴様は何故ギターではなくベースをや
  ろうと思ったのだ?」

澪「だ、だってギターは…は、恥ずかしい・・・」

唯「恥ずかしいだと?」

澪「だってギターはバンドの中心って感じで先頭に立って
  演奏しなきゃいけないし観客の目が自然と集まるだろ?
  だから自分がその立場になるって考えただけで…」

ボフン!!!!
澪は爆発した

唯「中心か…ククク悪くない……疼いてくる…」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:16:24.65 ID:pHw67q4SO

紬「澪ちゃんっ」

そしてこいつはキーボード担当琴吹紬だ

紬「」~

通称ムギ、おっとりぽわぽわ、可愛い奴だ
唯「貴様はキーボードうまいな、歴は長いのか…?」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:19:52.08 ID:pHw67q4SO

紬「小学4年生からやっているのよ♪」

紬「コンクールで賞を貰ったことがあるのよ♪」

小要塞4年目からだと…こいつ…できる!
唯(だが何故この機関に……裏があるな…)

唯「貴様は私と同じ匂いがする…クク…愉快…」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:20:44.70 ID:pHw67q4SO

紬「?匂い??」クンカクンカ
律「いい匂~い!」クンカクンカ

唯「なんでもない。聞き流してくれ…」


紬「さぁ、お菓子の準備ができたわ。みんなで食べましょう♪」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:22:14.73 ID:pHw67q4SO

唯「ククク、頂く………」
唯「ありがとう……」ボソ

唯「ふと思ったんだがこの機関の部屋って
  やけに道具が揃っているな…
  この世界の要塞では全部こうなのか?」


律(突っ込み所大杉wwwwwww)

紬「全部自前です♪」


唯「なっ!!!!!!!!!!!!」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:24:04.14 ID:pHw67q4SO

唯(クククこの富女を……仲間にすれば
  ヤツも倒せれるかもしれんな………
  この富女を利用して武器を得る……
  くく…いい気味だ…)

唯「!!…ふぐ!!…………
  くそ…こんなときに………っ!!静まれ…静まれ!  」

律「唯?」

唯「なに、例の発作だ。気にするな」

律(病気なのかなwwwwwww)

そしてこいつがドラム担当の田井中律
通称りっちゃん。



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:25:00.28 ID:pHw67q4SO

律「」

元気いっぱいの明るい女だ……


唯「クク…貴様は如何にもドラムって感じだな…」

律「どはっ!私にだって誰でも聞けば感動する理由があるんだぞ!?」

唯「述べよ……」

律「それは!!……えっと…あれだ…」

律「カッコいいから…?」

唯「ふっ…そこか…」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:26:52.46 ID:pHw67q4SO

律「だっ!だってさぁ…ギターとかベースとかキーボードとか
  ちまちまちまちまちまちましてるのを考えただけで
  ヒィィィヤアアアアアガアアアア!ってなるんだよう!」

唯「ふふっ…楽器選びにも性格が出るのだな。」


―――――――



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:28:01.21 ID:pHw67q4SO

―――――

澪「そういえば平沢さん、ギター買ったの?」

唯「唯でいいぞ。」

澪「えっ…あ…」

唯「私すでに貴様のこと貴様って呼んでるからな」
律(貴様のことww貴様てwww)

澪「ゅ…」



澪「唯…」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:29:56.29 ID:pHw67q4SO

唯「こっこははははっ!可愛いやつだ…」
澪「恥ず…かしいっ…」

律「で、唯…ギターは?」

唯「む?ギター?………クク私としたことが…すっかり忘れていた。
  (死の旋律を忘れるとは…処刑ものだな…)」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:31:24.00 ID:pHw67q4SO

澪「軽音部は喫茶店じゃないんだぞっ?」
唯「クククククク…すまない」

律(ククククククwwwwwwってw)

唯「そんなことより…いくらするんだ?武器…」

澪「安いのは1万円からあるけど高いのh
唯「貴様、私に武器を買え?」
澪「聞けよっ」

紬「はい♪喜んで!(唯ちゃんの喜ぶ顔が見たい…)」

律(ムギいいやつ過ぎるwwwwwww)



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:32:14.23 ID:pHw67q4SO

律「()いいのかよwwwwwww」

律「声に出ちゃったwwwwwじゃあ早速、買いに行くか!」

―――――――



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:33:24.19 ID:pHw67q4SO

――翌朝唯家

唯「ふ…ふ…」zzz


憂「目覚めよ……………シュ」

唯「ッハアアアア!」ガバッ

憂「なんちゃらの秘孔を押した。貴様はもう、死んでいる」

唯「!ククク………やるな。行ってくる」
唯「目覚めを与えてくれてありがとう」




憂(強い!)



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:34:50.73 ID:pHw67q4SO

――――――
テクテクテ

律「あ!唯だ!唯~っ!」


唯「貴様らか…」

唯「む…あれは地獄の番犬ケルベロス…」
律(ただの人のペットだろwwwwwww)

唯「よしよしよしククク…また魔界で会おう…」

律(魔www界wwあいたたたたたwwwww)



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:36:55.11 ID:pHw67q4SO

――――――

唯「不覚にも新武器が楽しみだ…」

律(ギターっていえよwwwwwww)




唯「は!あの店は!ククク…私を呼んでいる…」

律(ねぇよwwwwwww)



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:38:06.50 ID:pHw67q4SO

律「こらこら…」

唯「ふ……嗜むだけダククク…」

律(ダクククwwwwwww)


―――――――



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:39:09.17 ID:pHw67q4SO

唯「ふっ私は疲れた…」

律(自分のせいだろ~~!)

唯「次は何処へ……ん?」

唯「なにか忘れててないか?」


澪「楽器だろ楽器」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:41:26.73 ID:pHw67q4SO

楽器の店――――――
唯「フハハハハハハハ!!!
  闇より古の魔界ククク!始まりの始まりよ!」

律(テンションたけーwwwwwかく言う私もテンションたけぇけどwwwwwww)

紬「どぅふふふふっ♪」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:44:01.85 ID:pHw67q4SO

――――――

律「唯~ギター決まったのかぁ?」

唯「この武器と私の右腕が共鳴している!!!」

律「うわ25万…」

唯「この武器さえあればヤツも葬れるだろう……」

律「…」(ヤツってなんだよ~!)

律「ムギ…いいのか?」

紬「はい♪」

唯「かたじけないな…」



唯「やるか…」
唯「クク………ライジングウェーブ…」ドアアアア



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:46:30.55 ID:pHw67q4SO

唯「ククク…このギター以外全て破壊してやった…」

唯「私以外の魔界のものが現れぬよう…」

律(スーパーキチガイヤ人…wwwwwww)

律・澪「いい加減にしろ~っ」

唯「邪気眼を持たぬ者にはわかるまい」


唯「貴様、出番だ。これを。」
紬「は、はい…」

紬「買ってきますね♪」

唯はギターを手に入れた!



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:49:57.43 ID:pHw67q4SO

唯家――――


唯「ついに手に入れたぞ、これで死の旋律が奏でてられる………
  ククク楽しみだ…」
  
唯「地獄の果てまで消し去ることもできるかもな………」

唯「ぐあああああああああまた右腕が!!!治まれぇ……治まれ……!ッハァハァ…」

ガチャ

憂「貴様、うるさいぞ」


唯「いらぬ叱責を受けてしまった…」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:52:42.08 ID:pHw67q4SO

―――要塞 機関

唯「私を見ろ」

律「うほぉカッコいい!」
澪「ギターを持つとそれらしく見えるなぁ」
律「なんか弾いてみて?」


唯「クク…貴様らに聞かせる程私は甘くない」

律(うわぁ逃げ出したああああwwwwwww)



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:53:53.51 ID:pHw67q4SO

澪「そういやギターのフィルムも外してないんだね」

律「はっ!……はっ!ふぁ!そいゃああ」
ベリベリベリベリ!!!


唯「ぐわあああああああああああああ!!!!!!!」


澪「律!謝れ!!!」

律「わりぃわりぃ本当にごめん出来心だったんだうわ~んごめんなさ~い!!!」


唯「」~~



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:55:14.86 ID:pHw67q4SO

紬「唯ちゃん、お菓子お菓子♪」

澪(そんなもので機嫌が…)



唯「♪」
澪(直った~~~!!!!)


唯「クククそうだな、この武器は弾くものだな。
  ただ大切にしてるだけではダメ  だな…気付かせてくれてありがとう」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:56:01.56 ID:pHw67q4SO

律「ふふん唯が練習するきっかけになればと思って…流石はわたsぴぎゃ」バコ
澪「さあ練習始めるか」

――――――――



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:57:36.84 ID:pHw67q4SO


唯「ライブみたいな音を出すにはどうすればいいのだ」

澪「アンプに繋げばいいよ」



律「………よし♪いいよっ弾いてっ」


唯「貴様らに聞かせる程私は甘くない」
律(いやいやいやいや弾けよwwwwwww)

唯「貴様らにはもっと生きてほしいから弾くわけにはいかない…ククク…」

律()何を言っているのかわからないダメだこいつ早くなんとかしないと…

唯「貴様!」
律「すまんすまんっ」
―――――
唯(まぁ死の旋律を能力者以外に聞かせることはできない…
  ククク…終焉の時に全て聴かせてやろう…)

唯「さて帰るか、ヘルズラビリンス※に…」
※お家

律(練習中なのに帰り出した~~!!!!)



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 11:59:10.40 ID:pHw67q4SO

―こうして唯はタダで最強の武器を手に入れた―

ヤツを殺す為の準備が整った
ヤツとは一体何者なのか!
次回、テストと言う名の地獄!
頑張れ厨ニ病少女唯!





――戦闘準備―― 完



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:38:29.30 ID:pHw67q4SO


―学校という名の要塞の束縛後、機関での物語が始まる―

唯「ギターの弦とは恐ろしい物だな…クク
  …細くてカタいから指が切れてしまいそうだ……」

律「そうだぜ~?気を付けないと指がスパーッって切れて血がドバーっと!」

澪「ぎぃやあああああ!!」

唯「?…ククク…貴様が悲鳴を…」

澪「痛い話はダメなんだぁっ」シクシク



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:39:28.17 ID:pHw67q4SO

唯「ふん…心配することはない……
  本当に血が出てる訳じゃないからな……クク」


澪「ん?あ…オホンまぁ、練習しているうちに
  指先がカタくなって行くから血が出ることは 無いよ」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:40:33.44 ID:pHw67q4SO

澪「ほらっ」

唯「ククク…誠だな…少し触らせて頂く」

唯「プニプニ~プニプニ~~~…プニプニ~!!」
律(可愛いなwwwwwww)

澪「あの…もういいかな…」

唯「もう暫く待て……クク」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:41:41.31 ID:pHw67q4SO

――――――

唯「武器の練習すると言っても、一体何からやればいいのだ……
  このままでは…死の旋律を奏でることができない………」ブツブツ

澪「はいっ」

唯(聞かれていたか…?そうするとマズい……
  死の旋律がこの世界の住人に知られることは…)

澪「最初はこれでコードを覚えるといいよ!」

澪はギターの本を唯に渡した



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:43:07.45 ID:pHw67q4SO

唯(いらぬ心配だったな)

唯「ククク…かたじけない……」ペラッ
唯(……難しすぎる)

唯「くっ………ぐぁ……また右腕が…疼いてきやがった…
  暗黒の神とかよ…静まれ…頼む!!静まれぇえ!」

澪「…き、今日は帰るか」
唯「っは……私は一体何を…!」

律(末期wwwwwww)



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:44:07.51 ID:pHw67q4SO

―――――
テクテクテク

律・澪「じゃっ」

唯「クククッ!また明日・・・」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:46:09.16 ID:pHw67q4SO

――――――

唯「Cがこうで・・・・」ブツブツ


タッタッタ
和「おい、貴様」

唯「なんだ貴様か!」ピィーン

和「…なんだ…それは……新しい能力なのか?」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:47:11.35 ID:pHw67q4SO

唯「フッフッフッ……実はだな…今日ギターのコードの本を貰ったのだ………
  これをマスターすれば死の旋律をも……!」

和「ククク………貴様も頑張っているのだな…」

唯「そういえば貴様、今日は幻想の果て※に帰るの…遅いのだな…」

※お家



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:49:03.67 ID:pHw67q4SO

和「クク…ク…それはそうだ……
  図書館で地獄とも言える任務を果たしていたものだからな……」

  ダークスタディストーム
和「暗黒勉強の嵐………脳はとける」


唯「そうか……ん?……なっっ!!!!!
  !中間テストだとぉ……っ」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:50:50.12 ID:pHw67q4SO

唯「クククいよいよ地獄が始まるか……右腕が疼いている……
  私の武器の上達を図ろうとしたのだが……」ブツブツ

和「貴様…中要塞の頃からダークスタディストーム等したことなかったではないか……」

唯「私はヤツを倒すことしか頭に無いのだ……ククク…大丈夫だ」

―――そして、テストと言う名の地獄が幕を開けた



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:52:54.15 ID:pHw67q4SO

―――――テスト中

唯「この世界の知識等、無に等しいのだ……ククク…」ブツブツ


唯「あの世界では私は全知全能である………」ブツブツ



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:54:52.33 ID:pHw67q4SO

――――機関

律「ふぁぁああっ!やっとテストから開放されたーっ!」

紬「高校になって急に難しくなったから、大変だったわ」

澪「そうだな…そして、もっと大変そうな奴がいる」

律(wwwwwwwwwwwwww)

唯「は……はは……はははは…はっ…」ズーン

律(あば………あばば……あばばば…ばっ!!だったら笑ってたwwwwwww)



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:58:16.56 ID:pHw67q4SO

唯「クックック……クラスでただ一人追試だそうだ……」

律・澪・紬「うわぁ…」

紬「だっ…大丈夫よ!今回は勉強の仕方が悪かっただけじゃない?」

律「…そうそう!ちょっと頑張れば追試なんて余裕っ余裕!」


唯「ククク……ダークスタディストームは全くしていなかった………」

律(ちょwwwwwww励ましの言葉返せー!てかそれ以前にその単語はなんだー!)



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 19:59:22.18 ID:pHw67q4SO

律「てか、なんで勉強しなかったのさぁ……」


唯「ふ………こっちの世界の知識など私の世界では無に過ぎないからだ……」

唯(本当は死の旋律を奏でれるようになるため訓練をしていた)

律「…あ、ギターとか練習してたんじゃない?」

唯「貴様、心を読んだな……?」

律「いや適当だけどwwww(してたのかよっ!!!wwwwwww)」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:00:44.07 ID:pHw67q4SO

唯「ふん、そういう貴様は、テストどうだったのだ?」

律「ん?あたし?」


律「余裕ですよこの通りぃ!!!」バーン

唯「くっ…こんなの……貴様のキャラじゃない……!!!」

律「おーっほっほっほ!私ぐらいの人間になると、
  何でもソツなくこなしていけるのよっ!」

唯「貴様は私の仲間だと信じてたのだが……」

律「おーほっほっほぉ!」

澪「テストの前日に泣きついて来たのはどこの誰だっけ?」

律「ギクッ!うわぁ!バ、バラすなよぉ!」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:01:59.04 ID:pHw67q4SO

ポン
唯「それでこそ貴様だ…」

律「あ、赤点取った奴に言われたくねーーーっ!!」


唯「貴様と貴様はどうだったのだ?」

澪・紬「はいっ」

律「どれどれ?はぅあ!……ま、まぁこんなもんだよなぁ!?
  あたし他ミスしちゃったしなぁ!あは…あははは…」

唯「」

律「頼むから何か言ってくれぇっ…」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:02:57.35 ID:pHw67q4SO

――――別の日 職員室前

唯「では…失礼する。」

――――機関

唯「フハハハハ!今日はようかんか!」

唯「ククク!追試の人は合格点取るまで機関停止らしい……」モグモグ



律・澪・紬「えぇぇえええ!!!?」

澪「結構厳しいなぁ…」

律「そしたらここに居るのはまずいんじゃ……」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:05:03.38 ID:pHw67q4SO

唯「大丈夫だ…お菓子食べに来てるだけだからな…」

律「そっかぁそれなら安心………ってなんでやねん!!!」ぎゅうぅぅ

唯「ぐぇあああああああ!!」

律は唯の首を絞めだした


澪「もしも唯が部活来なくなったら私達三人だけになるんだよ!?
  …てことは部員数が足りなくなる…」

律「それで…廃部…?」ぎゅうぅぅ



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:06:33.41 ID:pHw67q4SO

澪「追試は…いつあるの?」

唯「一週間後だ…ケホ」

唯「ククク…それだけあれば毎日ここに来ても大丈夫だな……」

律「だぁ~!そんだけしかないの!!」

澪「追試に受からないと…このクラブ自体も無くなるかもしれないんだよ?」

唯「そうだな…貴様らのこの機関には私が必要不可欠だから私は頑張るとしよう……」

律(確かにそうだけど口に出されるとムカつくなおいwwwwwww)



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:07:52.51 ID:pHw67q4SO

――――唯家 唯の部屋

唯「ククク………始まる、か……」

唯「再び悪夢が蘇る…ダークスタディストームの復活……ククク…やってやろう……」



唯「なんでこうも散らかっているのだ………片付けるか…」

唯「…これは機関のあいつに貰った武器のコードの本……ククク」


唯「」

ギターを弾き始めてしまった!



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:09:28.71 ID:pHw67q4SO

――――数時間後

唯「………は!もうこんな時刻か…聖水浴びて※眠りに入らなければ……」
※風呂

――――追試まで後6日



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:10:36.98 ID:pHw67q4SO

――――機関

律「なんか、唯が居ないと張り合いがないよな」モグモグ

澪「その割には良く食ってるな」

律「えへへっ!それとこれは話が違いますワン!?」


澪「唯……ちゃんと勉強してるかな…」

律「大丈夫なんじゃない??」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:11:33.83 ID:pHw67q4SO

――――その夜 唯家

唯「Xの二乗+X-2…………」ブツブツ

唯「ふ……やればできるじゃないか……ん?」

唯はギターを見つめている



唯「yの二乗なんちゃらなんちゃら…ん??」




唯「」

またギターを弾き始めてしまった!



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:12:59.12 ID:pHw67q4SO

――――追試まであと3日
―――機関

澪「唯、勉強進んでるかな……」

律「やっぱ心配になってきた…」

紬「今晩、みんなで励ましのメールをしてあげるのはどう?」

律「ぉぉっ名案だな!!」

澪「私もやってみるよ」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 20:14:32.08 ID:pHw67q4SO

――その夜――唯家

唯「」カキカキ
ブーブーブー

唯「ん?黒髪…あいつからか…」

澪『勉強頑張ってる?油断大敵だよ。』

唯「ふふ……御意…」ピッ


唯「」カキカキ
ブーブーブー

唯「ん?富女からか…」

紬『夜分に失礼いたします。無理のないようにがんばってください。
  美味しいお菓子が待ってますよ♪』

唯「ククク…かたじけない…」ピッ



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:17:29.36 ID:pHw67q4SO


唯「」カキカキ
ブーブー

唯「ん?あいつからかwww」

律『私からのエールを受け止めろーーーー!!』
ムービーが送られてきた。

唯「フハハハハかたじけないな!」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:22:26.91 ID:pHw67q4SO

―――追試まであと2日

唯「私はやはり集中する能力が欠乏しているんだな…」

唯「だがこれさえあれば大丈夫だな。クク…疼いて来た…」

と言い、取り出したのはサルでもできる5分間トレーニング。

唯「とりあえず、最初の5分はこれで集中力を付けて………」

―20秒後
唯「くっ…続かない……時空の覇者よ!!貴様は何故私に牙を向ける!!」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:23:34.51 ID:pHw67q4SO

唯「ダメだ。ここで諦めるからダメなんだ  。ん?あれは……ニヤリ」

唯「」チャンッチャンッ

またギターを弾き始めた



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:25:49.20 ID:pHw67q4SO

―――追試前日

唯「と、言うわけで貴様ら!私を助けろ…」
澪「え?勉強してきたんじゃないのぉ…?」

唯「く………できなかった…」

律「どぇぇぇええ!!?」

紬「合格点取れなかったら私達…」


唯「それだけは絶対に避けねばならない…………」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:28:41.90 ID:pHw67q4SO

澪「……よし、今晩特訓だ!」

唯「ククク」

律「澪に教えてもらえば確実に合格点取れるぞ!?」

澪「ぃゃ~…」

律「うまいんだぜ!一夜漬け教えるの!」


澪「うぼぉぉい!!普通に教えるよ!!」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:30:02.41 ID:pHw67q4SO

――――唯家

律・澪・紬「お邪魔しま~す」

憂「今帰ったか姉よ……む?友人か…?ククク…憂だ…姉が世話になっている……」
澪・紬「」

律(キャラがww姉とwwwww被っとるwwwwwww)

憂「下駄だ。ありがたく使うが良い………」

澪・紬「」

律「よろしくね、あ…ありがとう」(良くできた子だけどダメな子wwwwwww)



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:34:52.57 ID:pHw67q4SO

―――唯の部屋

律「いや~やっぱ姉妹だと変わらないねぇ~」

唯「なにがだ?」

律「色々と………」

ゴンゴン
ガチャ

憂「貴様ら、茶が入った。ククク…ありがたく呼ばれるが良い……
  買い置きのお菓子で申し訳ないんだが…」

律(良くできた子なのになんかだwwwwwww)



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:38:33.86 ID:pHw67q4SO

律「憂ちゃんは今何年生?」

憂「ふっ…中要塞3年目だ………」

律(突っ込まないからな!)

律「あはっ一つ違いじゃん!」

紬「じゅ…受験生ですね♪」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 21:40:27.51 ID:pHw67q4SO

律「高校はどこに行きたいの?」

憂「姉と同じ要塞に所属しようと思っている………
  ククク……だが私の学力で行けるのかどうか……」

唯「さぁ来るが良い……」

律「お姉ちゃんでも行けたんだから憂ちゃんも行けるよ!!」

澪「お姉ちゃんに勉強教えて貰えばいいんじゃない?」

憂「自分で……ぐわあああああ!左腕が暴れる!!闇の使者が私の腕に舞い降りやがった!!」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:07:45.93 ID:pHw67q4SO

規制怖い……

唯「っあああ!!疼いている……感じる……感じるぞ世界もろとも消せるこの力を!
  ククク!今私に近づいたたら死ぬぞ……エターナルフォースブリザードォ!」

律(もうやだこの家)

澪・紬「 」

律(帰りたそーーーwwwwwww)
―――小一時間後



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:14:45.05 ID:pHw67q4SO

唯・憂「…………すまない、邪気眼が発動するとああなってしまう。」

律「どうでもいいから勉強しよ!?な!?」

唯「ああわかった・・・貴様は部屋に戻ってろ・・・ここは危険だ・・・・」

憂「死ぬ気だな…姉よ………さらばだ……」

―――こうして、勉強と言う名の地獄に挑む唯



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:27:18.60 ID:pHw67q4SO


――――
ピーンポーン
ガチャ

憂「なんだ貴様か」

和「ククク……地獄を満喫してるようだな唯よ……
  ん?貴様らが唯が所属している機関の……」

律(またなんかきた~!!!wwwwwww)

和「サンドウィッチ作ってきたから一緒に食すぞ…」

律(サンドウィッチwwwwwww)



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:31:45.43 ID:pHw67q4SO

―――こうしてなんやかんやあったがなんとか勉強と言う名の地獄から開放された唯


翌日は追試と言う名の悪魔に挑む



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:39:11.42 ID:pHw67q4SO

―――追試当日

唯「私に本気を出させるとは……ククク……世も末だな……」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:45:12.32 ID:pHw67q4SO

―数日後

澪「今日テスト帰ってくるんだよね…」

律「大丈夫なんじゃないの~」

澪「もっと心配しろ~!」
ガチャ

唯「…………貴様ら」

澪「ど、どうだった!?」

唯「私は100点取ってしまった………
  どうしよう……己の力が恐ろしい…クク…」

澪「!!」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:47:53.52 ID:pHw67q4SO

澪「でも良かった~とりあえずこれで一段落だな」

紬「そうね~♪」

唯「貴様らのおかげだ。あの…その……あ、ありがとう…」

律「いやあそれ程でもぉ!」
澪「貴様は何もしていない!」


紬「じゃあ、早速練習しましょ?」



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:49:26.77 ID:pHw67q4SO

澪「試験勉強中にも練習したってことだしちょっと弾いてみてよ!」

律(来るぞ来るぞぉぉ)

唯「ッ!!……ククク…また…邪気眼が…
  離れろ…私から…離れろぉお!
  死ぬぞ貴様らぁ………ククク……」

律(きたーwwwwwww)

澪(私達はいつ唯の演奏聴けるんだろう……)

紬(ドゥフフフフ♪)



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/01(月) 22:52:19.30 ID:pHw67q4SO

唯「貴様ら、支援感謝する」




―テストと言う名の地獄― 完



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#前編
[ 2011/06/01 10:46 ] 非日常系 | 厨2病 | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2372 [ 2011/06/05 12:41 ] [ 編集 ]

麦5歳の頃からじゃね?

タイトル:
NO:6334 [ 2012/04/19 20:55 ] [ 編集 ]

ムギは4歳から。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6