SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#後編 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243782150/


唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#前編
唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#後編




257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:21:29.90 ID:kJyZ5i98O

―――機関

ガチャ!!!
スタスタスタ!!

唯「む……黒い月が舞い降りたか……」

澪「合っっ宿をします!!」

唯「合……宿?」

澪「そう!もうすぐ夏休みだし」

律「もしかして海!?それとも山とか!?」

澪「遊びに行くんじゃありません!バンド
  の強化合宿!朝から晩までみっちり練
  習するのっ!」





259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:24:07.59 ID:kJyZ5i98O

唯「ククク………着ていく衣を選ばなければな…漆黒のコートにするか…」

律「水着も買わないとな~」

澪「聞けーーーーーー!!!!」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:25:54.38 ID:kJyZ5i98O

―――――

澪「夏休みが終わったらもうすぐ学園祭で
  しょ?」

律「学園祭…?」

澪「そう、桜高祭の軽音部のライブと言えば、
  昔は結構有名だったんだぞ?それなの……にぃ…」

律「学園祭…っ!」

唯「……クク……高機関の学園祭は素晴らしいとあの世界で耳にしたことがある………」

律「模擬店っ!!」

唯「豪炎に焼かれし…そば!」←焼きそば

律「たこ焼きっ!」

唯「ククク……!!」
律「はははっ」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:28:15.52 ID:kJyZ5i98O

律「はいはーい!私メイド喫茶がやりたい!!」

唯「なん……だと……怪物の館ではないのか…?」

律「むっ…メイド喫茶!!」

唯「……怪物の館!!」

律「メイド喫茶っ!!!」

唯「く………怪物…の……館!!!」

律「も~メイド喫茶の方が絶対いいって!!」

澪「………むぅぅ!」
ゴン!!!!

律「なんで私だけ…っ」

唯「なに?……頭から月が出てきた……」
律(たんこぶだよたんこぶ!!!)

澪「私達は軽音部でしょ、ライブをやるの!」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:28:58.84 ID:kJyZ5i98O

ガチャッ

紬「ごめんなさい、遅れちゃって………ん?」




律「ふぐぅ~……いてて…」

紬「マドレーヌ………食べる?」



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:40:52.42 ID:kJyZ5i98O

―――――

澪「なぁ…ムギはどう思う?
  いくら慌てずやって行こうっていっても、一度も合わせたことないなんて…」

律「」モグモグ

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

唯「……6回」ボソ

紬「行きましょうっ?是非!みんなでお泊まりするの、夢だったの~」

唯「………ククク………そうなのか」

律「それじゃあ、海にする?山にする?それとも…」

澪「だから!バンドの強化合宿って言ってるだろ!!」

律「へへへっ…」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:42:09.55 ID:kJyZ5i98O

唯「だが……金額はいくらぐらいするのだ……?」
律「そうだぞぅ?」

澪「っはっ…」


澪「ム、ムギ……」

紬「はぁい?」

澪「別……荘とか……」

紬「ありますよ♪」


律(あるんかい!!!!wwwwww)



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 14:43:20.49 ID:kJyZ5i98O

――――――

憂「姉よ……………」

唯「……ぐぅ~…」zzz

憂「そろそろ目覚めてはどうだ……それに
  貴様……それは私のパジャマだ……」

唯「もう……少し…」

憂「ククク………しょうがない奴だ………
  はあっ!!!!」ズブリ

唯「っぁぁああああ!!!…はっ!」

憂「ククク…目覚めたか……ではさらばだ……」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:25:54.82 ID:kJyZ5i98O


唯「………く…」
ブーブーブー

唯「む?黒髪の堕天使からか……」ピッ


澪『…おはよう』


唯「」(しまった…寝坊だ)



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:27:37.02 ID:kJyZ5i98O

―――――

唯「すまない………本当に……」

律「あれだけ寝坊するなって言っておいた
  のに…」

唯「ククク…ワクワクしてうまく寝ることが出来なかったようだ……
  この世界の人間は実に面白い…」ボソボソ


律「ったくぅ小学生かよっ」

澪「いや、そうでも無いみたい」

紬「すぅすぅ……」zzz



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:29:53.99 ID:kJyZ5i98O

唯「富女……貴様はお泊まりするの夢だと言っていたからな………ククク…」

紬「デュフッデュフフフフッ………ゲル状がいいわぁ…」zzz

澪「ゲル!?」

唯「ククク……どんな夢を見ているのだろうな…」

律「よし、写真に収めようぜっ」

唯「よせ、富女が可哀相ではないか……」
律「思い出思い出っ!」

唯「フッ……地に堕ちるか……」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:32:48.13 ID:kJyZ5i98O

ピピ…カシャ!

紬「んっ………あ、ごめんなさい」

唯「ククク…目覚めてしまったではないか………」

律「へへっ悪い悪い。でさ、そろそろ教えてよ~、別荘ってどこにあるんだぁ?」

紬「ふぁ…?……えっと~…もうすぐ♪」

トンネルを抜けると澄み切った青空と蒼い海があった



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:35:16.08 ID:kJyZ5i98O

唯「…………!!!」

律「すっげぇ!」


澪「海か~!」
紬「はい、海♪」


律「うはぁ~…ごくり…唯っ!!」
唯「ククク!!良いだろう…!」


律「せぇっのっ!!」

ガバッ!

二人は電車の窓を全開にした



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:38:09.86 ID:kJyZ5i98O

唯「ククク………クハハハハ…!!!潮の匂いだ!!!
  生命の力に満ち溢れている!!!
  そして全ての大地が私と共鳴している!」
律(なんだそれwwwwwww)

律「うはwwwwwww」

澪「!!っだから!遊びに来たんじゃな

律「あーーーーーーーーーーー!!!」
唯「フハハハハハハハハハ!!!!!」


澪「ぅぅ………………」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:40:38.71 ID:kJyZ5i98O

―――――別荘

律「うわぁでっけぇ!!」

唯「ここにも要塞が…!?まさか富女は組織の……!
  ………だとすれば私の邪気眼が牙を向くであろう………ククク」ブツブツ

律(こいつは一体何を言って居るんだろ…wwwwww)

紬「本当はもっと大きいとこに泊まりたかったんだけれど、
  一番小さいここしか借りられなくて……」

律(小さい……!?これで?)

唯(………我々の想像を凌駕している……)



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:44:49.78 ID:kJyZ5i98O

ガチャ

律「おーー!」

唯「最終決戦の場所ぐらい広い…」

律「すっげぇなぁ」


澪「ん?これは…」

果物がたくさん置いてあった

紬「あぁっ!ごめんなさい、何もしなくていいって言っておいたんだけど……」



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:50:57.43 ID:kJyZ5i98O

―――――
ガチャ

律「ここはなんだぁっ!!」

唯「……プリンセスベッド!!!」

――――
唯「冷蔵庫だ」

律「せいや!」
バタッ

唯「ククク………………」

律「おいしそうっ!!」



紬「ごめんなさい…っ…」



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 21:53:09.12 ID:kJyZ5i98O

―――――別荘 楽器部屋

紬「いつも普通にしたいって言ってるんだけど、なかなかわかって貰えなくて…」

紬「どうぞ♪」
ガチャ


澪「…わぁ!あはっ!」

紬「暫く使ってないから動くかわからないけど……」

澪「うん、大丈夫そう!!…あれ?唯と律は?」

紬「途中で居なくなっちゃったけど…」



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:17:59.18 ID:kJyZ5i98O


澪「なんか、聴いてたら…負けたくないなって…」

紬「それで合宿しようって言い出したのね?」

澪「………うん………でも…(特に唯………)」

紬「負けないと思う。」

澪「え?」

紬「私達なら……」

澪「ムg」

バコン!!!

律「よーーし!あっそぶぞぉい!」

唯「ククク!!大地が!海が!天が!私を
  呼んでいる!!」

律(かっけぇwwwwwww)

律「先行ってるから二人共急いでねーん♪」



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:21:20.40 ID:kJyZ5i98O

澪「これでも……?」

紬「え、えぇ…まぁ…」



「おーいはやくーーー」


紬「ちょっと、待ってー…澪ちゃん、行こ?」

澪「ぅぇっムギ、行くつもり!?」

紬「せっかく来たんだから、少しくらいなら…♪」

澪「えっ…でも私は………」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:23:42.58 ID:kJyZ5i98O

「ムーーーーギー行くぞーー」


紬「はーい!じゃあ、待ってるから♪」

ガチャンバタン

澪「……………………」うるうる




澪「私もイクーーーーーーー!!!!」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:26:09.15 ID:kJyZ5i98O

――――――

唯「この島に辿り着いてもう二週間か………ククク…」

律「一時はどうなるかと思ったけどな……」


澪「なに勝手な設定作ってるんだ。」ボインッ

唯・律「なっ…!」

唯「エッ、エターナルフォースブリザードォ!!!」ポフ!

澪「ふぐっ……」

律「唯!!泳ぐぞ!!」
唯「ああ…!」
タッタッタタタ………

澪「痛い…けど……ふふっ…いい所だなっ」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:29:48.24 ID:kJyZ5i98O

――――夕方

唯「ククク………大地、天空、海に生命力
  を吸い取られてしまった……」

律「疲れたーーー」

澪「まだまだ!せっかくここまで来たんだし、
  思う存分に遊ばないとここまで来た意味が…………あ!!!練習!!!」

律(忘れてたのかよwwwwwww)



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:35:03.76 ID:kJyZ5i98O

――――――夜
律「澪、こっちこっちー」
紬「ふふっ」

澪「終わったら本当に練習するからなっ」
律「わかってるってーっ」
紬「ふふっ」

律・紬「せーーーーの!」

ボアアアアアアアアアアア
キラキラキラキラ
綺麗な花火が打ち上げられた

唯「クククそれじゃ終焉の旋律……いくぜ…」




唯「だが貴様らに聴かせてやるほど私は甘くない」

律・紬「おーーーい!!!!花火上げてカッコ良く演奏キメて
    澪を感動させるサプライズだったのにー!失敗じゃねぇかー!」

唯「私の旋律は選ばれし者にしか聴こえぬ(すまない…みんな…)」

澪(けど私の為に…………ありがとうみんな)



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:37:30.49 ID:kJyZ5i98O

律「夢は武道館ライブだろ!?」

澪「ふふ……」カチ

~~~♪


澪「武道館に行こうと思ったら、これくらいできないと…」

澪「昔の軽音部の学園祭でのライブ」

律「うめぇ…」

唯「………この曲…私は…」
紬「え?」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:42:30.34 ID:kJyZ5i98O

―――――別荘 楽器部屋

紬「………唯ちゃん…さっき…」

唯「む?ああ…ククク………
  あの程度の曲など全知全能たる私にできぬとでも思ったか??」

律「じゃあ弾いてみよ~」(どうせまた邪気眼とやらが…wwwwwww)

唯「右腕が………」

律(やっぱり………)

唯「武器と共鳴している!!!はあっ!」

~♪
~~♪
~~~♪
~~~~♪
~~~~~♪!!!

律「え…嘘…」
澪「っ!!」
紬「!!」

――――
唯「クク………どうだ…私のこの力は…」



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 22:47:27.14 ID:kJyZ5i98O

律「すげぇ………今まで本当は弾けないと誤解してたぜ唯!」

紬「完璧…っ♪見直したわぁ」

澪「………」ウルウル


唯「武道館に行くのなら、私の力を貸してやってもいいぞ」

律「うん!」
紬「お願いっ」
澪「唯……泣かせてくれる…」

唯「さぁ夢に向かって突き進もう。その為にも………練習だ!!」

三人「うん頑張ろう!おー!」



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 23:08:54.72 ID:kJyZ5i98O

律(唯からこんな言葉が聞けるとはなー!
  私達の知らないとこで頑張ってたんだなっ…唯…!!)

唯「…………来やがった……」

律「ん?」

唯「ぐ………右腕がまた……全知全能たる神が……
  ここに…ククク…今私の間合いに入れば死ぬぞ…」

律(疲れて練習したくないのかっwwwwwww)

澪「じゃあ今日は終わりっ。唯の演奏聴けて満足したし、明日から頑張ろう?」

紬「ええ♪」


唯「ふぅ~~どうやら邪気眼は静まったようだ。」



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 23:11:15.70 ID:kJyZ5i98O

律「唯、練習するかぁ?」

唯「ぐ…ウガッ……また急に腕が…………
  このままでは………力が………爆発す

律「やめよっかっ」

唯「ハァッハァ………危機は去った…」

律「やろっか!」

唯「があああああああああ!!!世界を滅
  ぼす力を持ったこの腕よお!!!」

律(おもしれぇwwめちゃくちゃおもしれぇwwwww)


―そんな感じで、無事に合宿を終えた唯達。
唯は恐るべき腕前を持って居たことが発覚。みんなのやる気が俄然出てきた。
これからもうまくやっていくだろう。ありがとう唯、ありがとう軽音部


  完



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/02(火) 23:11:57.74 ID:kJyZ5i98O

次回はラストで合宿から5年後の話になります

ククク………見てくれるなら
このスレと言う名のラビリンスを守ってやってくれ………さらばだ………


おやすみなさい
ご愛読ありがとうございました



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:13:39.11 ID:qIfS/lJiO


――――――合宿終了直後

唯「ククク…貴様ら……さらばだ………」

律「じゃあまた!」
紬「学園祭頑張りましょうね♪」
澪「じゃあなっ」

唯(人間とは………面白いものだ…
  さあ……帰るか……休息の地へ……)

ププーー!!!!!!!!!!

律「唯!!!!!」
澪「危ない!!!!」
紬「唯ちゃ

キキーッ………ドンッ!!

―――――



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:16:12.51 ID:qIfS/lJiO

唯「…………………」


律「あ…あ……ゆ……い…」

澪「………キャーー!!!」

律「唯ーーーー!!!!!」

紬「大変…は、早く救急車を呼びましょ!?」



377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:20:15.50 ID:qIfS/lJiO

―――――――

唯は轢き逃げされてしまった。
唯は跳ねられ頭を打ってしまった。
なんとか一命は取り留めることができたが、
意識は戻らなかった。所謂植物状態のようだ。



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:22:26.77 ID:qIfS/lJiO

―――――病院

律「ぅっ…うう……なんで……ひぐっ……なんで…」

唯「…………」

澪「…しく…しく…」

紬「………」


唯「…………」



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:25:51.70 ID:qIfS/lJiO

律「…唯……一緒に武道館目指すって言ったじゃないか…!!!
  なんで…なんでこんな事になるんだよ!!
  返事しろよ……唯!!唯……」

澪「………っ律……しくしく…」

紬「りっちゃん………」



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:33:01.22 ID:qIfS/lJiO

―――――夜

三人はずっと泣いていた。


医者「……君達、気持ちは分かるんだけどもう帰った方が…」

律「てめぇ………医者なんだろ……」

医者「??…あぁ」

律「なんで唯を助けれなかったんだよ!!!
  医者なんだからそれぐらい出来るだろ!!!
  私達は武道館に………武道館に行くって……約束したのに!」

医者「最善は尽くしたんだ…本当に申し訳ない」

律「早く唯を助けてよ!ねぇ!お願いだから!なんでもするかr

澪「律!!!もう、やめるんだ……」

律「………ごめんなさい……ひぐっ……」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:36:26.45 ID:qIfS/lJiO

医者「精一杯頑張ったけど無理な時は無理なんだよ……
  君達、唯ちゃんの為を思うならもう帰った方がいい……」

律「………ぐすん…」

澪「……はい…」

紬「…」



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:41:42.17 ID:qIfS/lJiO

―――――深夜

憂「………貴様…何故……」

和「…くっ………」

憂「地獄の…神よ……貴様は何故姉に牙を向けた……」

和「…………唯よ…貴様の復活を…心から願っている……」

和「貴様、今日はもう帰るぞ………」

憂「ああ…………」



387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:44:03.95 ID:qIfS/lJiO

―――――

そしてその日から毎日、軽音部のメンバーは、見舞いに来ては泣き、
見舞いに来ては泣きを…繰り返していた。それは憂も和も一緒だ。

そして、夏休み最後の日が来た。



388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 13:48:32.72 ID:qIfS/lJiO

――――病院

澪「唯………お花持って来たから…置いとくね…?」

律「唯……ぐすん…戻って来てよ……唯ぃぃ…」

紬「………ひぐっ…」

澪「今日で夏休み最後だな…学園祭どうしよう……」

律「…やるしかないよ!唯の為にも」

紬「しくしく……えぇ」

澪「みんな……!!」

澪「明日先生に全部言おう…!!」



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:04:57.94 ID:qIfS/lJiO

――――翌日 学校

律「って事なんです……」

澪「…お願いします…!」

教頭「へぇ、気の毒なもんですね。
  あ、平沢さんは死んだも同然だし居ないってことになりますね。
  つまり三人なので廃部です。ライブはしては行けません。」

律「て………てめえ!」

紬「……な…なんとかなりませんか?」

教頭「なりません。用が済んだのなら早く教室に戻りなさい。」

律「く!!」バッ

紬(りっちゃん…抑えて!気持ちはみんな一緒よ…
  今ここで手を出したら、ライブどころじゃ無くなる!)

律(わかったよ……ごめん…行こう)



393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:08:45.20 ID:qIfS/lJiO

――――
律「くっそ~腹立つなぁ…あの糞じじい…もう無理やりにもやってやろうぜ!」

澪「うん……悔しいもん…」

紬「ですね…」

澪「でも音楽室使えなくなった」

律「無視無視。使っちゃえ!」



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:11:32.69 ID:qIfS/lJiO

澪「でも危険過ぎるよ…」

律「じゃあ他にどんな手が」

澪「…私に考えがある。」

律「ん?」
紬「なぁに?」


澪「学校中のみんなに、唯のこと話そう。  教頭のことも…」



396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:14:35.84 ID:qIfS/lJiO

―――――

軽音部のメンバーは学校中の生徒に言って回った。



生徒1「最低………」
生徒2「唯ちゃんが………」
生徒3「みんなで抗議しましょ!」
………………


生徒2685「教頭許さないよ!」



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:16:25.87 ID:qIfS/lJiO

そしてこの騒動を聞きつけた先生一同。
みんな教頭への怒りを露わにした。


律「さぁ、みんなで教頭に抗議に行こう!!!」

―――――――



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:19:21.40 ID:qIfS/lJiO

…………………………………………………
…………………………………………………
…………………………………………………
…………………………………………………
…………………………………………………
…………………………………………………
↑生徒達

バンッ

律「教頭先生!!!!」

教頭「?…君らは本軽音楽部の……ええ!!何これ…」



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:25:21.53 ID:qIfS/lJiO

生徒全員「教頭先生!この子達に学園祭でライブをさせて上げてください」

先生全員「私達からもお願いします。」


教頭「………!!だ、だがねぇ、廃部してるんです。だからもっと有意義に、別の方法でですね」

生徒全員「この人達に学園祭でライブをさせてあげてください!!」

先生全員「私達からもお願いします。」


教頭「………勝手にしなさい。私はもうこの学校辞めます。」

全員「っしゃあああああああ!!」



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:29:15.61 ID:qIfS/lJiO

―――――
そして無事に学園祭でライブが始まった

ライブには、先生を含め、学校中の全員が体育館に集まった。


律「凄い数………」

澪「は…恥ずかしい」

紬「唯ちゃんの為にも、全力で演奏しましょ。」

律「そうだな……じゃあ、やるか!!1、2、3、4!!」



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:31:51.78 ID:qIfS/lJiO

――――――――
ライブは終わり体育中のみんなが泣いていた。

澪「ひぐっ…みっ…んな……ぇぐっ…ありがとう…」

律「…………ぅえぇぇん………」

紬「………しくしく…」

律・澪・紬(唯・・・・)



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 14:34:27.00 ID:qIfS/lJiO

――――病院
澪「私達の演奏だ。聴いてくれ、唯……」

カチッ

~♪
~~~~♪

唯「・・・・・」

律「……びぇぇぇ」
紬「………」

唯は目覚めることは無かった。



410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:04:48.01 ID:qIfS/lJiO

―そしてあっという間に時は流れ、5年の月日がたった。

軽音部のメンバーは学校が違っても毎日唯の所を訪れ、ライブでの演奏を聴かせていた。

澪「私達は大人になってしまったけど……唯はあの時のまんまだな……」

紬「そうね…」

律「お願いだから戻って来てよ唯…」

唯「……………」ドクン ドクン

律「?」



411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:06:41.39 ID:qIfS/lJiO

紬「唯ちゃん……!」

澪「苦しそう……っ……」

律「早く緊急用のボタンを……!」

ビィィィ


ダダダダ
医者「どうしたんですか!?」

医者「っ………」



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:12:22.16 ID:qIfS/lJiO

医者「………唯ちゃんは今まで頑張りました…けど…もう……
   ……最期を見届けてあげてください………」

律「そんな………唯…行っちゃダメ!!」澪「え………」
紬「そんな…唯ちゃん!!死なないで!」

唯「っ!!……っ!!!」ドクン ドクン

ピーーーーーーーーーーーーー

医者「…ご臨終です………」



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:14:35.22 ID:qIfS/lJiO

律「唯………ゅ……ゅ……唯ーーーーーーー!!!!!!!!!!!」

澪「唯ぃぃ………………」

紬「……びぇぇぇん………」

医者「………」


プッ……プッ………プッ……プッ

医者「…え?」



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:19:09.04 ID:qIfS/lJiO

唯「…………っ…………………」

医者「唯ちゃん……」

律「…ぐす………唯…」
澪・紬「…びぇぇぇん…唯ぃ…」

医者「みんな…唯ちゃんは助かったよ。」
律「………先生、そんな嘘やめてくだい……」

医者「今は眠っているだけ。奇跡だよ…これは…みんなの思いが通じたようだね。」

律・澪・紬「え……?…本当?」



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:23:06.37 ID:qIfS/lJiO

―――――数時間後

唯「………ん」ピク


律「zzz…」

紬「唯…ちゃん?」

澪「……唯?」

唯「………み…みんな…」

ビィィィ

律「!!」

ダダダダ
医者「どうしたんだい!?」

澪「先生!唯が目を!!」

律「んぁ…え?」

医者「そうか、目を覚ましたんだね…本当に、頑張ったね……唯ちゃん」



425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:31:48.97 ID:qIfS/lJiO

――――――――

ガラガラ

和「唯が目を覚ましたって!?」
憂「お姉ちゃん……っ!!!」

律「へへっ速攻連絡したよっ♪」


唯「みんな……ぐすっ………」

澪「唯の為に頑張って来て良かった……」紬「ふふふふ♪ぐす…」




426 名前:チン・プー ◆PUTIN.CgG. :2009/06/03(水) 15:33:15.07 ID:jJmFGl4T0

憂の口調が普通・・だと・・?



427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:33:27.50 ID:mXYHQrD20

口調が違うw



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:33:51.10 ID:q4X7lYufO

ククク・・・齢を数え、憂と和は力を失ってしまったか





430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:37:48.56 ID:qIfS/lJiO

―――――

和「私、唯の事故を聞いたとき死のうかと思ったのよ…」

唯「涙が止まらないよ…」

憂「っ……お姉ちゃんっ」ガバ
唯「苦しいよぉ…うぃぃ…」

律・澪・紬「良かった……本当に……」


唯「夢でみんなの声、聞こえてたよ!!」
律(口調変わってるなぁ)

唯「みんなありがとう!!本当に大好き!!!」



431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:40:54.09 ID:qIfS/lJiO

憂「私も、お姉ちゃんが事故に会った時、死のうかと思った。
  でも、お姉ちゃんがそれじゃ悲しむって律さんが言ってくれて………
  それで……ぐすん……」

律「真っ当に生きれて良かったなっ!立派だぞっ」


唯「みんな…………ありがとう…私も頑張るね!!!」

――その日みんなは一晩中語り合った



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:45:33.52 ID:qIfS/lJiO

唯「私、今幸せだよぉ」

唯「てか、5年も寝てたのかぁ……そりゃみんな変わるね……」

律「唯は変わってないけどな!!大きさ」
唯「私、一生のお願いがあるんだけど…」
みんな「ん!?」

唯「みんなでまたバンドしよ!?和ちゃんも憂も!」



434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:49:23.43 ID:qIfS/lJiO

律「いいね!」
澪「私もやりたい」
紬「ほぁぁ…」


和「私、何もできないけど…」
憂「わ、私も…」

唯「じゃあツインボーカルで良いんだよ~」

みんな「楽しみだな、唯!!!」
唯「うん!!!!みんな頑張ろうね!」


全員「ククク・・・軽音部か・・・・」










436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:51:51.60 ID:qIfS/lJiO

皆さん、支援と保守本当にありがとうございました。
ここまでやれたのも皆さんのおかげです。

ご愛読ありがとうございました。

何か聞きたいこととかありますか?




437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:52:38.51 ID:hdzz2yAw0

乙!!!!
目から汗がいっぱい出たぜ!!



438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:53:28.73 ID:1vjOEuCp0

>>436
邪鬼眼じゃなくなったって一体・・?



439 名前:チン・プー ◆PUTIN.CgG. :2009/06/03(水) 15:53:30.62 ID:jJmFGl4T0

ククク・・・乙だ・・・



440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:53:37.81 ID:q4X7lYufO

作風が大変遷したなww
でも乙



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:54:28.20 ID:Krj58SQzO

乙でした!感動した!



442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:55:04.86 ID:q4X7lYufO

確かに謎を残したままの幕切れだな





443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 15:57:21.28 ID:qIfS/lJiO

>>438
時は経てば誰でも変わります
このままじゃダメだって思ったんでしょう。
唯は実は、全部冗談で感動のあまり口調が普通に戻っちゃったんです。

ってことにしてください




444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:00:21.90 ID:hdzz2yAw0

唯の周りの人間ってほんとにいい奴だったなwwwww



445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:00:51.60 ID:q4X7lYufO

>>443
ククク・・・・確かに・・・・。真に力を持つ者ならば事故になど逢わぬからな



446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:07:16.91 ID:3aHP2hKi0

三部まで唯をカイジに変換しても楽しめます





448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:08:43.01 ID:qIfS/lJiO

>>446
色んな楽しみ方があるんですね
カイジは盲点でした




449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:10:59.54 ID:UkLeJXo4O

久々に最後まで読めたSSであったぞ…ククク…





450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:12:36.78 ID:qIfS/lJiO

>>449
ご愛読ありがとうございました。




時の狭間へ消えます
どうもありがとうございました




451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:14:17.24 ID:Sr9FAPO4O

ククク・・・面白かったぞ・・・



452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:21:24.91 ID:fdqLrPGF0

ククク・・・・激しく乙であると言っておこう・・・・・・・



454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:39:45.47 ID:AVi3Y67Z0

ククク・・・乙と言っておこう・・・



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 16:45:10.45 ID:ggqESZzS0

クッ・・・ 終焉に立ち会えなかったか・・・・・
>>1、乙だ



457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:04:42.98 ID:mAudQZ+j0

>>1
カオスなのかと思ったら目から液体を分泌させる話だった、何を言ってるかわからねぇが俺も何を言ってるかry



458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:05:53.44 ID:Q7kLOpoZ0

終わってたか・・・
ククク・・・>>1よ、乙!





459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:33:37.05 ID:qIfS/lJiO

あ、梓の存在忘れてた




460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:41:29.91 ID:2clqJCcW0

言わなければ(ry



463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:46:59.12 ID:klwMWNYnO

>>459
梓が感動したのは文化祭演奏での唯の魔奏……
そして新歓でのダブル・ヴォイス・ホッチkiss……

この唯我独占空間では交われぬ存在なのだよ……





461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:45:19.61 ID:pijhpJBj0

ククク…乙カレーだ



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 17:45:28.01 ID:hYgAqlVXO

ククク・・・楽しましてもらったぞ



464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/03(水) 18:03:22.33 ID:o2kzglwG0

>>1
ククク・・・面白かったぞ





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ククク・・・軽音部か・・・・」#後編
[ 2011/06/01 10:48 ] 非日常系 | 厨2病 | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4198 [ 2011/10/27 21:10 ] [ 編集 ]

この唯には裏不無を教えたくなるな

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6