SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ヤクザ >  紬「ここが私のお家よ、入って入って♪」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「ここが私のお家よ、入って入って♪」 【ヤクザ】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1244874178/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:22:58.90 ID:cLhuXGuqO

律「『関西琴吹会本部』…」

澪「あ、あぅあぅ…」

梓「…」

唯「うわぁ~立派な門構えだねー!」

紬「ささっ、入って入って♪」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:24:29.89 ID:Kdr8ohmhP

ヤンムギ







4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:27:24.58 ID:cLhuXGuqO

澪(お、おい律…これはどうみても…)

律(ああ、893だ…)

唯「ムギちゃんちってヤクザ屋さんだったんだね~!」

律・澪「「おいぃ!!はっきり言うな!!」」

紬「まあまあ、とにかく入って頂戴な♪」

若い衆A「!」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:31:45.81 ID:cLhuXGuqO

若い衆A「紬お嬢さん!お帰りなさいやし!」

若い衆's「「「お帰りなさいやし!!!」」」

紬「ただいま~♪」

唯「ムギちゃんカックいぃ~!極妻みたい!」

律「ガクガクブルブル…」

澪「 」←気絶

梓「 」←放心



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:38:59.84 ID:cLhuXGuqO

斎藤「これはお嬢さん!お帰りなさいやし!」

紬「ただいま、斎藤。」

斎藤「御友人方も道中お疲れでしたでしょうっ!!」

律「ひいっ…」

紬「うちの若頭の斎藤よ。顔は少し怖いけど、優しい人だから安心して。」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:41:39.66 ID:cLhuXGuqO

斎藤「ささっお上り下さい!」

紬「さ、立ち話もなんだから…」

唯「お控えなすってぇ!!」
律「!?」

澪「!」

梓「!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:49:08.63 ID:cLhuXGuqO

唯「あっし、宇治川のほとりで産湯をもらい、比叡山の空っ風を親代わりに育ちやした…」

唯「姓は平沢、名は唯と申しやす…」

律「ゆ、い…」

紬「あらあら♪」

唯「まだまだ足りぬところもございますけれど、
  根性肝っ玉だけは日の本一と自惚れておる若輩ではございます…」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 15:57:56.15 ID:cLhuXGuqO

唯「兄(あに)さん方、この上お知りあいになりやした限りには、どうか」

唯「どうか侠道界のいろは、この足りぬあっしにご教授頂けると幸いでさぁ…」

唯「お控えなすってぇ!!」
律澪梓「…」

斎藤「こりゃ今時のお嬢さんにしては随分と折り目正しいお人だ。
   こちらこそ宜しゅう申しあげやす。」ぺこり

斎藤「野郎ども!!」

若い衆s「「「宜しゅう申しあげやす!!」」」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:02:01.85 ID:cLhuXGuqO

~紬の部屋~

律「唯、お前なぁ…」

唯「えへへ~お父さんが仁侠物大好きでさあ、ずっと憧れてたんだよね~♪」

澪「や、やっぱり落ち着かない…」

梓「ふぅ。それにしても、紬先輩の部屋、ずいぶんファンシーですね。」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:07:10.38 ID:cLhuXGuqO

唯「掛軸とか日本刀とか飾ってあるのを期待しちゃったよ~」

紬「ごめんなさいね、ぬいぐるみばっかりで。
  お父さんの部屋はそういう感じなんだけれど…」

律(まあそうだろうな…)

梓「本当に驚きました。紬先輩のお家がヤクザさんだったなんて…」

律「こら梓っ!」

梓「あ、すいません…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:13:36.66 ID:cLhuXGuqO

紬「いいのよ、事実だから。」

紬「今日みんなに来てもらったのも、それを知ってもらうつもりだったから。」

唯「ムギちゃん…」

紬「お父さんがこういう仕事をしてるから、
  今までできたお友達は、何歩も引いて接してくるか、離れていくかで…」

紬「本当のお友達なんてぜんぜんいなかったの。」

紬「でも桜高に入ってみんなと出会って…」

紬「私はみんなのことが大好きになった。だから…」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:20:05.75 ID:cLhuXGuqO

紬「私のこと、私のお家のことを知ってもらって…」

紬「それでも、それ…でもお友達でいてくれたら…」ポロ…ポロ…

律「ムギ!んなこと言うな!どんなことあってもあたしらの中は変わんないから!」

紬「りっちゃん…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:21:58.79 ID:cLhuXGuqO

唯「そぉだよ~!嫌うどころか尊敬し始めてるよあたしゃ!」

梓「そういうことですよ、紬先輩。」

紬「みんな…」

澪「わ…わたし…だって…」ガクガク

律「澪、生まれたての小鹿みたいだぞ…」

紬「澪ちゃんも有り難う」

澪「ムギ…」

若い衆B「失礼いたしやすっ!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:25:18.67 ID:cLhuXGuqO

澪「ヒッ…」ガクブル…

若い衆B「お嬢さんっ!!夕餉の支度が調いやしたっ!!」

紬「あらありがとう。では居間に行きましょうか。」

律(澪大丈夫か~?)

澪(うぅ…)



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:29:51.03 ID:cLhuXGuqO

若い衆B「こちらでごぜえやす。」

若い衆B「おやっさんっ!!お嬢さんとお客人方、お連れいたしやした!!」

男性「おお。入ってくれ。」

若い衆B「ささっどうぞ!!」

律「GOKURI…」

唯「わくわく…」

梓「スゥハァ…スゥハァ…」

澪「  」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:33:44.06 ID:cLhuXGuqO

紬父「お嬢さん方、はじめまして。紬の父です。」

律(沢庵!!まごうことなき沢庵!!)

梓(沢庵の遺伝子だぁ…)

唯「どうか!!どうかお控えなすってぇぇ!!」

律「またかよ!?」

このあと唯の「名乗り」が10分ほど続きます



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:38:36.51 ID:cLhuXGuqO

紬父「斎藤から聞いてはいたが、昨今には珍しく肝の座ったお嬢さんだ。」

紬母「ええ、見ほれてしまいましたよ。」

唯「えへへ~///」

律(お母さんは沢庵じゃないんだな。)ヒソヒソ

梓(でも和服に昔の人の髪型で…まさに極妻ですね…)ヒソヒソ

紬母「さあさあ、みなさん、召し上がって頂戴な。」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:55:28.90 ID:cLhuXGuqO

律「すっげぇ豪華…」モグモグ…

唯「こんなのお誕生日でも食べられないよ~」パクパク…

梓「そういえば紬先輩。よく行くあの楽器店も紬先輩のお家の会社なんですよね?」

紬「ええそうよ。」

紬父「あの店か…」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 16:56:12.43 ID:cLhuXGuqO

紬父「暴対法が厳しくなってから、資金繰りに苦労するようになってね。
   こんな渡世をしていると、カタギの方は勘違いなさるかもしれないが、
   うちの組のシノギの半分は法律に触れない稼ぎでね。」

紬母「あなた!」

紬父「おっとすまない。お嬢さん方にする話じゃなかったね。」

梓「あはは…(もう半分は法律に触れるんだ…)」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:05:16.65 ID:cLhuXGuqO

澪「 」

律「おい澪!」

澪「ハッ…」

律「箸が進んでないぞ!紬のお母さんに失礼だろ!」

澪「ア、アア…」

紬父「こちらの黒髪のお嬢さん…」ズイッ!

澪「ヒッ…」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:07:36.53 ID:cLhuXGuqO

紬父「よく見りゃ母さんの若いころにそっくりだ!器量といい…」

紬母「あらまあ…」

紬父「若いころのうちの母さんのドス裁きといったらもう、なあ斎藤?」

斎藤「へい!姐さんの太刀筋は関西一体に轟いたもんでさあ…」

紬母「嫌ですよ恥ずかしい…」

澪(うう…おうち帰りたい…)

若い衆「かしらっ!!おやっさんっっ!!!!」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:15:46.68 ID:cLhuXGuqO

斎藤「馬鹿野郎!!お客人が見えてんだ!!静かにしねぇか!!」

若い衆C「それが…山中会の奴等が…」

斎藤「なんでぃ!!弱虫の山中なんぞは、お前ら下のもんがうまくやれや!
   一々おやっさんに報告すなっ!!」 

若い衆D「そ、それがですよ、山中の兵隊動かしてるのが…夜叉サワなんですよ!!」

紬父「なにっ!?」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:18:07.10 ID:4Pp8CO4i0

サワwwwwwwwwww



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:18:15.96 ID:zrkua6t60

まさかのさわちゃん!?www



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:18:54.71 ID:4DE6wVUN0

さわちゃんここでかwww



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:19:21.51 ID:+WSKdBqH0

レディース上がりか・・・



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:22:53.75 ID:r5ls7HV80

やしゃさわ





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:23:47.65 ID:cLhuXGuqO

律(ムギ…山中会とか夜叉サワってなんだ?)

紬(山中会っていうのは、うちのライバル組織なんだけれど…)

紬父「夜叉サワが出張ったならワシが行かんとあかんめぇ!」

紬母「あんた!?」

紬父「チャカ持ってこい!!斎藤、兵隊集めろ!」

斎藤「へい!!」

唯「うわ~カチコミだ~!!」キラキラ…

律梓「ガクガク…」

澪「  」

紬「お父さん…」

その後すぐに、唯たちは組の若いもんに送られて各自帰宅した。
そして、次の日…



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:33:36.48 ID:cLhuXGuqO

唯「zzz…むふふ…伊勢海老もー食べられないよぉ~」

♪~(携帯着信)

唯「zzz…でも~食べちゃう…」

♪~(携帯着信)

唯「…ん?け、たい?」

カチ

唯「ふぁ~い」

律『やっと出た!唯!いますぐテレビ見ろ!○チャンネル!』

唯「へぇ~?」

律『いいから早くしろ!!』



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:35:56.73 ID:cLhuXGuqO

憂「あっお姉ちゃん!日曜なのに早いねぇ。」

唯「リモコンリモコン…ういー、テレビのリモコンはぁ?」

憂「そこにあるよ~」

唯「えっと○チャンネル…」
Pi!



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:45:05.86 ID:cLhuXGuqO

キャスター『襲撃された琴吹組組長○○氏は意識不明の状態であり、
      府警は同氏の夫人と幹部を中心に取り調べを…』

唯「え!?ムギちゃんのお父さん…」

律『病院は調べてある!すぐ行くぞ!』

唯「あ…う、うん!」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:55:33.99 ID:cLhuXGuqO

~京都府内某病院~

紬「…」

律「ムギー!」

唯「ムギちゃん!」

紬「みんな…」

唯「お父さんの具合はどうなの!?」

紬「命に別状は…ないらしいけど…」ポロ…

澪「ムギ…」ギュ…

紬「みおちゃん…う、うぅ…」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 17:59:40.29 ID:cLhuXGuqO

律「昨日言ってた山中会って奴等が…」

斎藤「お嬢さん…皆さん…」

紬「斎藤!!あなたは大丈夫なの!?」

斎藤「へい。掠り傷だけでさぁ…替わりにオヤジさんをこんな目に…」チャキッ

澪「ヒィィィィ!!」

斎藤「あっしの右腕でこの責めを…!」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:02:05.16 ID:cLhuXGuqO

紬「斎藤止めて!今はあなたがしっかりしなきゃ!」

斎藤「お嬢さん…」

紬「お母さんはまだ取り調べ?」

斎藤「へい、あっしと入れ違いになったんでもうしばらくは…」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:09:06.25 ID:cLhuXGuqO

紬「そう…」

紬「斎藤、話してくれる?お父さんをこんな風にしたのは、山中会って人たちなのね?」

斎藤「…」

紬「斎藤!」

斎藤「へ、へい…といっても、相手は一人だけだったんでさあ…」

紬「一人の人間に!?琴吹組からは20人以上走ったじゃない!?」※走る=抗争に出向く

斎藤「うちの下の組織の事務所に山中組のカチコミがありやして…」

斎藤「そこに向かう途中に襲われたんでさあ…」

唯「…」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:11:43.80 ID:cLhuXGuqO

紬「そうだったの…」

唯「多分陽動だね~」

律「は?唯お前何を…」

唯「つまり、最初からムギちゃんのお父さんを襲う目的で抗争を仕掛けたんだよきっと。」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:18:01.99 ID:cLhuXGuqO

唯「斎藤さんや他の若い衆の人たちの傷は打撲痕が中心だけど、
  ムギちゃんのお父さんは創症しかなかった。」

唯「つまり、犯人の目的はムギちゃんのお父さんだけだったんだよ!」

律「唯…お前…」

梓(唯先輩のキャラ違いません?)

澪(まあ唯にはアスペルガー疑惑があるからな。
  ビル・ゲイツやアインシュタインもアスペらしいし…)



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:36:55.81 ID:cLhuXGuqO

斎藤「確かに…。平沢お嬢さんの言うとおり。
   夜叉サワの奴は、おやっさんのセダンを止めたあと、
   真っ先におやっさんに向かっていきやした。」

唯「でもね、普通に考えたら大将の首を取るのが常道だけど、ちょっと不思議なことがあるんだ。」

斎藤「というと?」

唯「斎藤さんの話やみんなの傷から考えると、その夜叉サワって人はそうとうの使い手だよ。」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:39:05.53 ID:cLhuXGuqO

唯「けれど、ムギちゃんのお父さんは致命傷を負ってない。
  さっき看護婦さんに確かめたけど、お父さんが意識不明なのは、
  怪我のせいというよりもそれによるショックが原因なんだって。」

唯「犯人は、ムギちゃんのお父さんを殺すつもりはなかったってことになるよね。
  その意図はまだわかんないけど…」

律(誰だよコイツ…)

梓(やばい唯先輩かっこいい…少し濡れてきちゃった…)ジュン…



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:51:37.07 ID:cLhuXGuqO

紬「唯ちゃん…」

紬「斎藤、その『夜叉サワ』っていうのは何者なの?」

斎藤「山中会の会長の一人娘…らしいんですが…」

律「むすめぇ!?女の人が一人でこんな…」

斎藤「拳銃は使わずに長ドス一つで、抗争を渡り切る。
   腕前は平沢お嬢さんがおっしゃった通りです。」

斎藤「関西の名だたる極道の何人かをその手にかけた…
   名うてのヒットマンならぬキラーウーマンです。」

唯「まさに人切り…だね…」

斎藤「とは言っても、確かに夜叉サワが人を殺したことはありやせん。
   極道として再起不能になった奴はいくらでもいやすが…」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 18:58:20.35 ID:cLhuXGuqO

唯「とにかく、ムギちゃんのお父さんがこれ以上何かされることはないはずだね。」

律「ああ…でも…」

澪「ムギ、しばらく私の家に来ないか?色々気疲れもあるだろうし…」

紬「澪ちゃんありがとう。」

紬「けど、ごめんね。こんな時こそ、私がお母さんや組のみんなの側にいないと。」

紬「おっとりぽわぽわな私でも…みんなのために…」

斎藤「お嬢さん…」

澪「ムギ…」

唯(りっちゃん…)

律(なんだ?)



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:04:45.02 ID:cLhuXGuqO

~山中会本部事務所~

山中会若頭「お嬢さん、○○先生がお見えになりました。」

「束渡して帰って頂きな!」

若頭「お嬢さん、左腕の傷を診てもらわねえと…」

「んなもんウィスキーぶっかけときゃ直る!」

若頭「…」


「無駄口叩く暇あったら、ウィスキーのおかわり持ってきな!」

若頭「へい…」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:06:56.16 ID:cLhuXGuqO

ゴクッ…ゴクッ…

「…」

「つっ…」

「足りないわ…」

ゴクッ…ゴクッ…

「…」


「ムギ…ちゃん…」




「ごめん…ね…」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:23:22.22 ID:cLhuXGuqO

~次の日、部室にて~

律「ムギ、いいのか?学校休まなくて?」

紬「私もそのつもりだったんだけど、お母さんが行きなさいって。」

律「そっか…」

唯「律ちゃんムギちゃん!今日は私がお菓子持ってきたよ~!」

律「おいおい…大丈夫だろうな?」

唯「だいじょぶだいじょぶ!」

澪「…お、駄菓子か。たまにはいいかもな。」

ガラッ…



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:28:15.97 ID:cLhuXGuqO

さわ子「…」

唯「さわちゃん?」

律「遅いぞー…て、左腕怪我したのか?」

さわ子「ちょっとね…」

さわ子「聞いたわ…ムギちゃん…」

紬「!」

さわ子「お父さん…のこと…」

紬「はい…昨晩遅くに意識を回復して…もう少ししたら病院に行くところです。」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:32:33.50 ID:cLhuXGuqO

さわ子「そう…」

全員「…」

律「でもさ、ムギは強いよな。
  お父さんや家が大変でも、こう基本どっしりしてるというか…
  ヤクザものの漫画とか読むとさ、
  ムギのポジションの奴はたいてい悩んで悩んで…てのばっかりじゃん。」

澪「律!」

紬「いいのよ、澪ちゃん。」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:42:40.02 ID:cLhuXGuqO

紬「中学のころ、少し悩んだ次期もあったけれど…」

紬「でも、私にとってはそれが普通なんだし、組のみんなのことも大好きだし…」

律(極道漫画でよくある展開だけど…けど…)

さわ子「…」

紬「私は自分のできることでみんなの役に立ちたいと思うの。」

さわ子「…」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:45:10.72 ID:cLhuXGuqO

紬「あ、そろそろ行かないと…」

唯「私たちも行っていい?」

紬「もちろん!」

澪(もう怖いお兄さんには慣れたはず…)

梓「わ、私も行きます!」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:50:36.06 ID:cLhuXGuqO

さわ子「所用があるから、鍵は閉めないでいいわよ。」

律「そっかー。じゃ、さわちゃん、また明日ー!」

唯「じゃーねー!」

澪「失礼しまーす。」

梓「お疲れ様です。」

紬「失礼します。…それと、わざわざありがとうございました。」

さわ子「ええ。さようなら…気をつけて…ね…」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 19:52:55.95 ID:cLhuXGuqO

さわ子「…」

さわ子「う…うぅ…」

ガタッ

さわ子「う゛う゛う゛……」

さわ子「う゛゛……」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 20:04:27.71 ID:cLhuXGuqO

さわ子「ただいま。」

若い衆「「「お帰りなさいやし!!」」」

若頭「お嬢さん、お勤めご苦労さんです。」

さわ子「夕飯は食べてきたからいらないわ。」

若頭「お嬢さん、実はもうすぐ来客が…」

さわ子「誰?」

若頭「上から本部長が…」

さわ子「!?」


ここで解説。ヤクザ組織に詳しく無い人もいると思うので。
ヤクザの組織は縦割りで、一次組織、その下に二次組織(子)、三次組織(孫)…というようになっている。
カタギのグループ会社や持株会社以下の組織と同様である。
このssの設定では、山中会は二次組織で、さわ子の父親は一次組織の大幹部ということにしたい。



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 20:13:16.71 ID:cLhuXGuqO

某日本最強の広域暴力団を参考にすると、

組長

若頭

本部長

舎弟頭

の順になる。
さわ子の父親は、No.4の舎弟頭ということでいきます。



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 20:18:17.38 ID:cLhuXGuqO

本部長「さわちゃん、久しぶじゃーの!」

さわ子「○○の小父さん、お久しぶりです。」

本部長「山中の、お前さんの親父さんを見舞ってきたが…」

さわ子「もう半年も持たないでしょう…ね…」

本部長「山中の兄弟とは若い頃からずいぶん暴れんまわったもんだったが…」

本部長「獅子も病に倒れてはの…」

さわ子「…」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 20:29:41.56 ID:cLhuXGuqO

本部長「ついては、山中の親父の跡目のことじゃが…」

さわ子「うちの若頭の○○じゃいけませんか!?」

若頭「お嬢さん…」

本部長「それは難しいな。こいつは一度本部から破門を食らった身じゃからの。なあ?」

若頭「へぇ…面目次第もねぇこって…」

本部長「てなわけやし、なにより、本部の大幹部どもはさわちゃんの度量に期待しとる。
    もちろん器量にも人一倍な…げっへへ…」

若頭「ギロ…」

本部長「う、うむ、タダな、一つ条件がな…」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 20:32:34.03 ID:cLhuXGuqO

さわ子「条件?」

本部長「はっきり言おう。琴吹組の組長と幹部2、3人のタマとってほしいんじゃ。」
さわ子「…」

若頭「つまり殺れ、と。」

本部長「その通り。」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:02:09.77 ID:cLhuXGuqO

本部長「ふぅ…ガキが…。骨が折れるわな。」

舎弟「おやっさん」

本部長「おう!山中のガキのカチコミん日決まったら
    速攻でサツにゲロったれや。(注・警察に密告してやれ)」

本部長「わしはなあ、山中のタコもその娘も昔から気にくわなかったんじゃ」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:04:50.08 ID:cLhuXGuqO

本部長「山中会が今度のカチコミでくーちゃーぶんかいして、わしの勢力におさまる。」

本部長「これでわしは何年か後には、晴れて日本ヤクザのドンじゃ!」

本部長「わしはヤクザ王になったるでぇ!!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:08:10.62 ID:cLhuXGuqO

『…はヤクザ王になったるでぇ!!』

憂「どうやら黒幕がはっきりしたようだね。」

和「唯、どうするの?」

唯「とりあえずこっちも守り堅めないと~…あ~ピザおいしい~!」

和(何枚食べても太らないんだから…殺してやりたいわ…)



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:14:48.10 ID:cLhuXGuqO


若頭「姐さん…こういうものが…」

紬母「…へぇ…カチコミの予告かい。随分となめられたもんだね。」

紬「お母さん…」

紬母「紬、心配させちまったね。お前は何にも気に病むことはないんだから…」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:20:00.60 ID:cLhuXGuqO

カチコミの予定日まで三日

紬「お父さん、お帰り…」

組員「「「お帰りなさいやし!!」」」

紬父「すまねえ…心配かけたな…」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:23:00.60 ID:cLhuXGuqO

カチコミの予定日まで二日

斎藤「平沢のお嬢さん、いったい…?」

唯「ズバリ、明後日に山中組のカチコミがありますよね~?」

斎藤「え…なぜに…」

唯「実はね…」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:26:32.62 ID:cLhuXGuqO

カチコミの予定日まで一日

さわ子「準備はどうだい?」

若頭「兵隊の訓練もモノの整備も万全です。」

さわ子「そうかい…」








さわ子「ムギちゃん、ごめんね。これが終わったらわたしも…」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:34:02.18 ID:cLhuXGuqO

~そしてカチコミの日~

律「今日はムギ学校にこなかったな…」

澪「お父さんの怪我が予断許さないんだろう。」

唯「ならさ、これからさ、ムギちゃんち遊びに行かない?」

梓「え?いきなりで大丈夫ですかね?」

唯「大丈夫大丈夫!あ、和ちゃんも誘っていーよねー?」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:37:07.93 ID:cLhuXGuqO

さわ子「ただいま。」

若い衆「「「お帰りなさいやし!!」」」

若頭「お嬢さん…いえ、姐さんお帰りなさい!」

さわ子「用意は?」

若頭「もう万端でさあ…」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:40:32.46 ID:cLhuXGuqO

さわ子(お父ちゃん…)


さわ子の父『…』スーハー

さわ子『…』

医師『モルヒネの投与ももうあまり意味がありません…』

さわ子『そう…ですか…』



さわ子「お父ちゃん…」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:46:23.30 ID:cLhuXGuqO

ピンポーン

唯「こんにちは~!」

律(まだ慣れないな…)

澪「 」

梓「澪先輩しっかり!」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:49:53.45 ID:cLhuXGuqO

若い衆「へーい…これは紬お嬢さんの…」

唯「遊びに来ました~。」

若い衆「あ、いや、今日日は誰も通すなとカシラから…」

斎藤「お嬢さん方、ようこそ。」

若い衆「カシラ!」

斎藤「お通ししろ。」

若い衆「へ、へぇ…」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 21:57:18.53 ID:cLhuXGuqO

唯「失礼しまーす。」

紬母「!?」

紬「み…んな…」

紬母「斎藤!?カタギのお嬢さん方をこんな日に!」

紬父「母さん、オレも了解済みだ。」

紬「あんた…」

紬父「お嬢さん、本当にいいんですかい?」

唯「いいんです!だって大好きなムギちゃんのタメなんだもん!」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:03:10.49 ID:cLhuXGuqO

唯「とりあえず…」

和「私を監視カメラを統制してる部屋に連れていって下さいますか?」

斎藤「へぇ…お連れしろ!」

若い衆「はいっ!」

唯「後は…」

律「後は?」

唯「ムギちゃんち借りて練習でもしようか!?」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:08:33.77 ID:cLhuXGuqO

澪『君を見てると~♪いつもハートdokidoki~♪』

唯「♪~」

律(何かおかしいな…)♪♪♪~

梓「…」♪~

紬「…」♪~



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:13:11.45 ID:cLhuXGuqO

紬(久しぶりにみんなと合わせて…)♪~

紬(やっぱりみんなと音楽するのが…一番楽しい!)♪~

澪(なんかいやに調和(あっ)てるな…)♪~

梓「♪~♪~」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:18:39.31 ID:cLhuXGuqO

ジャーン♪

律「いえーい!」

紬「楽しかった…」

澪「やはりこうで無くちゃな!」

唯「ここで重大発表があります!」

律「んー?」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:22:06.31 ID:cLhuXGuqO

唯「ここ琴吹組本部事務所は、今から一時間後きっかりに襲撃されます~」

律「は?」

澪「へ?」

梓「え?」

紬「本当ですか!?」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:28:50.05 ID:cLhuXGuqO

斎藤「はい、事実です。」

律「はぁ!?」

澪「え、せんそう……バタ…」

梓「澪先輩!!しっかりして下さい!」

唯「あれ~こんなはずじゃ~」

『お姉ちゃん!お姉ちゃん!』



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:31:21.64 ID:cLhuXGuqO

唯「あ、うぃ~!」

律「この声は…憂ちゃん!?」

憂『皆さんすいません!手短に話しますと、私達のお父さんの権限を勝手に使ってまして…』



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:41:10.62 ID:cLhuXGuqO

律「権限!?」

唯「さいぼうにしにっぽり…」

憂『お姉ちゃん!?違うでしょ!?
  警視庁西部方面統括管理官、それがうちのお父さんの職名です!』

斎藤「鬼の平沢警視監、略して、鬼監といえば、あっしら極道も泣いて黙りやす…」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:47:49.40 ID:cLhuXGuqO

律「なんか色々えらそうだな…」

唯「ということでムギちゃんを守るため、一緒に頑張ってみない?」

律「もちろん!」

澪「の、の、望む所!」

梓「ウッ…」ビクン!ビクン…!

梓「は、はい(唯先輩…2度もイッちゃった…)」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:49:17.09 ID:cLhuXGuqO

紬「唯ちゃん…」

唯「おーっと、もう後戻りはできませんよ~!」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 22:51:18.86 ID:cLhuXGuqO

若頭「姐さん!後は姐さんが蹴り出してくれんの待つだけでさぁ…」

さわ子「…」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:01:37.70 ID:cLhuXGuqO

さわ子「よし、琴吹組長、若頭、若頭補佐、この三人を狙いな。
   あとは一人の命(タマ)も取るな!!」

舎弟「「「へいっ!!」」」

さわ子「行くよっ!!」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:08:08.61 ID:cLhuXGuqO

和『唯!侵入者よ!熱源は…およそ5人正面から、裏面から約5人、左側面から七名…』

唯「斎藤さん!テハズ通りに!」

斎藤「へえ!!」

律「唯!私たちは!?」

紬「…」

唯「私たちは…」

唯「…歌を歌うの!!」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:22:08.16 ID:cLhuXGuqO

若頭「各方面報告しろ!」

『後部…抑え…ぐわぁー!!』

若頭「くそっ!?まるで襲撃を読まれていたような…」

若頭「姐さん!ここは引きやしょう!」

さわ子「あと兵隊は何人つかえる!?」

若頭「4、5人でさあ…」

さわ子(お前とそいつらで突破口開け!そのあと、すぐに脱出しろ!)

若頭「姐さん!?そんな無駄な…!」

さわ子「いいから!早くしろ!ブチ殺すぞワレ!!」

さわ子「早く…!」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:26:23.36 ID:cLhuXGuqO

和『唯、あんたの予想通りよ。敵方は皆、逃げかえってるわ。

和『一人を除いてね。』

律(なんで和までこんな特殊能力身に着けてんだよ…)

唯(小さい頃から一緒に遊んでたらいつの間にかね~)



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:29:15.25 ID:cLhuXGuqO

さわ子「…」

さわ子「予想通りの兵隊の減りかた…」

さわ子「いよいよね…」

カチャッ



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:33:56.46 ID:cLhuXGuqO

紬「さわこ先生…」

さわ子「!?」

紬「その仮面の奥はさわ子先生なんですよね…」

さわ子「…」




202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:36:49.15 ID:XqSglLaM0

仮面www



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:39:10.60 ID:hO8snVWgO

メタル時代のかwww



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:40:02.68 ID:eeJkiik40

あのやりすぎた衣装かよwww



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:40:28.37 ID:GEJaWWxS0

仮面wwwww





206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:41:45.48 ID:cLhuXGuqO

さわ子「…」パカ…

コロンコローン…

さわ子「見たままの通りよ…」
澪「せ…んせい…」

梓「やっぱり…そうだっだんだ…」

さわ子「さあ、死合ましょうか…」

斎藤「ここはわたしが…!」

紬「斎藤!ごめんなさい!」

斎藤「お嬢さん!?」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:50:22.52 ID:cLhuXGuqO

紬「ごめんなさい斎藤!」

紬「でもここは任せてほしいの!」チャキッ…

さわ子「ムギちゃん、私に長ドスを向けることがどんなことか分かってるの!?」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/13(土) 23:58:33.12 ID:cLhuXGuqO

紬「先生こめんなさい!」チャキっ!

さわ子「でりゃぁぁ!!!」ガタン!

紬「くっ…」

梓「あうあう…」

澪「どちらにも負けて欲しくないのに…

唯「大丈夫だよ澪ちゃん!」

澪「唯!?」

唯「これを二人に対して叫ぶの!!」

澪「…」

唯「早くしないと二人が…」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:06:19.10 ID:4k6U60s8O

澪「ムギもさわこ先生も…ごにょごにょ」

唯「声が小さい!!」

澪「ムギもさわ子先生も私の蜜壺ぐちゃぐちゃになるまで掻き回してぇぇ!!」

紬「!!」

さわ子「!!」

唯「GJ!」

律「サンキュー!ハァハァ…」




216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:10:03.50 ID:vo6NaB+eO

意味不明な発言www



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:10:16.86 ID:nj5k5dNM0

!?



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:10:58.32 ID:cnAKBHRD0

これはひどい



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:13:19.76 ID:Q02oT6TtO

澪w



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:13:30.69 ID:xn9ACnkZ0

キマシタワー



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:13:56.36 ID:dPHUVi7K0

え?



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:14:59.57 ID:0rsPQh6Z0

!?



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:15:43.60 ID:gp9/oB2z0

なんだこれwww



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:17:50.49 ID:LanRnnOQO

キマシタワ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 00:19:51.97 ID:4k6U60s8O

紬「ミツツボ…ミオチャンノミツツボ…」
さわ子「ミツシル…ミオチャンノミツシル…」

澪「い、やぁぁぁ!!!」

唯「なーむー。お仏だんの○川~」

律「おいぃぃ!!!」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 05:57:08.47 ID:4k6U60s8O


さわ子「良いわね~。勝者には良い女が与えられる。
    極道はいつもそうやって生きてきたじゃない…」チャキッ

さわ子「ムギちゃん!長ドス握り返しな!行くよっ!」

ムギ「!?」

律「澪~お前、これじゃただの痴女だな~」

澪「もお゛お゛よ゛め゛に゛い゛げない…」

唯「いーや澪ちゃんGJだよぉ!」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:07:30.08 ID:4k6U60s8O

一方そのころ

和「紬のお母さん、次にこのような布陣をとって下さい」

つ 紙切れ

紬母「…中庭に奴さんたちを集めるんだね?」

和「はい。敵の指揮者の釘付けには成功しましたから。指揮の行き届いてない集団は…」

和「ただの烏合の衆です。」

紬母「あんた…にしろ…平沢のお嬢さんにしろ…いったい…」

和「それと、紬のお父さんに敵を近付けないように…」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:19:52.97 ID:4k6U60s8O

チャキッカン!キン!

紬「先生!私…先生とこんなことしたくない!」

カン!カキン!!

さわ子「愛しい子と殺りあうのがこんなに興奮するなんて…ゾクゾクするっ!」

律(さわちゃん…ならなんで…)

律「なんで涙流しながら戦ってるのさ!!」

さわ子「!?」

和『唯!状況は陣形βに…』
唯『おっけー!』

唯「さてと…」



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:26:29.24 ID:4k6U60s8O

唯『スピーカーに接続した?』

和『ばっちりよ。』

唯「よし。スイッチヲン♪」

『ふぅ…ガキが…。骨が折れるわな…』

さわ子「!?」

『~はなあ山中のタコもその娘も…』

さわ子「○○の小父さんの声…」



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:36:24.03 ID:4k6U60s8O

~中庭~

山中会若頭「こりゃいったい…」

斎藤「山中のカシラ、あんたらもワシらもハメらたっちゅうことじゃ。」

山中会若頭「なんやて…」



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:42:16.26 ID:4k6U60s8O

さわ子「そうか…。あたしら自体が○○の小父さんに踊らされて…」

唯「そーゆーこと。だからさわちゃん、こんな無駄なことは…」

さわ子「だとしても…止められないわ…」

唯「え゛…」

さわ子「ムギちゃん、決着をつけましょう…」

唯「え゛え゛っ…」



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:48:29.10 ID:4k6U60s8O

カツッ!カシッ!チャッ!

紬「せんせぇ…!くっ…」

さわ子「…」

唯「あれぇ?憂のシナリオだと、ここで大円団に…あれぇぇ?」

律「唯…お前…」


一方そのころ平沢家

梓「うい、先輩たち大丈夫かな…?」

憂「大丈夫。お姉ちゃんはやるときはやる人だから。」

憂「手順さえ間違えなければ…」




唯「あれぇ~??」



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 06:57:49.06 ID:4k6U60s8O

唯「あれぇ?」

カン!カキン!

律「唯…」

唯「あはは…あたしは所詮憂の手駒だから…あはははは」
律「やっぱり…」

カキン!カン!

澪「どうするんだよこれ!?」

唯「ちょっと待って…こんな時はたしか…」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:02:53.89 ID:4k6U60s8O

~回想~

憂『お姉ちゃん、孫子・九地篇にはね、処女のごとくつつましやかにして敵を油断させて…』

~回想終わり~

唯「うし!」

カン!キン!ザッ!

紬「ぐ…」

さわ子「後がないわよ!」

唯「みおちゅわん!?」

澪「なんだ!?」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:08:43.60 ID:4k6U60s8O

唯「澪ちゃん処女だよね!?」

澪「いきなり何を言うんだお前は…///」

律「ポカ~ン…」

唯「大事なことなの!処女だよね?」

澪「…///」

唯「違うの!?」

澪「…だよ…」

唯「ん?聞こえないよ!」

澪「処女だよ!というか付き合ったことさえないよ!!」
カン!

さわ子(唯ちゃん…)

紬(GJ!)



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:17:13.10 ID:4k6U60s8O

唯「なら行ける!」

澪「それとこれといったいなんの…」

唯「孫子九地篇に曰く…」

唯「処女の如くつつましやかにして敵を油断させ…」

唯「しかして後に脱兎の如く敏速に敵に襲いかかる…」

澪「唯…お前は何を…」

唯「脱兎…」

唯「つまり脱がす!澪ちゃんごめん!Eカップおっぱい御開帳!!」

ぺろ~ん…

紬「!?」

さわ子「!!」

澪「!!!!!」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:35:16.30 ID:4k6U60s8O

ぷる~ん♪

澪「あ…ああ…」

律「唯…お前…」

さわ子(澪ちゃんの乳輪…)

紬(澪ちゃんの乳首…)

さわ子・紬「鼻血ブーーーー!!!!」

律「ちょっとGJ…」ポタポタ…(鼻血)

唯「さすが孫子大先生&憂!!戦いの動きを一瞬で止めちゃったよ!」

澪「あ…あ…」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:43:21.83 ID:4k6U60s8O

さわ子「…変な邪魔が入ったけど…続き行くわよ!」ポタポタ…(鼻血)

紬「先生もう止めましょう!」ポタ…ポタ…(鼻血)

唯「あれぇぇ?」

律「唯…」ポタ…(鼻血)

澪(私いったいなんでこんな所でおっぱいを人前にさらしてというか
  まったく意味がなかったようなまるでおっぱいさらし損のような…)

澪「お嫁にいけなくなった…」

澪「歌を…歌うか…」



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:49:39.13 ID:4k6U60s8O

さわ子「極道の子に生まれた時から運命は決められているのよ…」

カキン!

紬「…」

澪「今~私の~ねがーいごとが~♪」

澪「叶うな~らば~翼が~ほしい」

さわ子「!」

紬「みお…ちゃん…」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:54:16.26 ID:4k6U60s8O

♪この~背中に~鳥のように~♪

和「澪…おっぱいさらしてまで…モニターから丸見えよ…●RECと…」ポタ…(鼻血)

紬母「澪ちゃん…」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 07:58:05.62 ID:4k6U60s8O

♪白い翼~つけてください

山中会若頭「この歌は…」

斎藤「綺麗な…綺麗な歌じゃ…」

紬父「ああ…綺麗な歌だ。抗争なんて馬鹿らしくなるような…な。」

斎藤「おやっさん…!」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:02:49.29 ID:4k6U60s8O

澪「♪この大空に翼を広げ~飛んでゆきたいよ~」

さわ子「…はは…ははは…ホント…馬鹿らしくなっちゃうわ…」

カラン…コローン

紬「ええ…」

カラーン

律「澪…二人が刀を…」

唯「澪ちゃん…」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:15:13.62 ID:4k6U60s8O

澪「♪かなしみのない自由な空へ~」

紬「せんせぇ…」

さわ子「ムギちゃん…ごめんね…」

紬「せんせい!」

紬父「終わったようだな…。」

紬「お父さん…?」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:17:04.40 ID:4k6U60s8O

紬父「山中のカシラ…」

山中会若頭「へぃ…」

紬父「そっちが良ければ…これで手打ちにしてぇんだが…」

紬父「澪ちゃんの歌を酒代わりによ…どうかい?」

山中会若頭「へい、姐さんの一存で…。でも手打ちになりやしょう…」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:20:12.67 ID:4k6U60s8O

澪「♪翼はためかせ~ゆきたい~」

さわ子「ムギちゃん…」ギュッ

紬「先生…」ギュ

山中会若頭「あんな姐さんの顔、見たの久しぶりですから…」

紬父「そうかい…それにしても…」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:26:12.28 ID:4k6U60s8O

紬父「澪ちゃん…見事なおっぱいだ…」ポタ…(鼻血)

山中会若頭「へい…」ポタ…(鼻血)

斎藤「…」ポタ…(鼻血)

若い衆「「「おっぱい!おっぱい!」」」

澪「…」

律「澪…」ギュ…

唯「澪ちゃん…」

律唯「そろそろおっぱい隠せ(そうよ)」

澪「い…」


いやぁぁぁぁぁ!!!!!



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:30:10.36 ID:4k6U60s8O

こんにちは、平沢憂です。

あの一件のあと、お父さんの回線や盗聴システムを無断で使ったことがばれて、

お姉ちゃんと私はこってりと搾られました。

おこづかい三か月間無しだそうです…



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:34:55.05 ID:4k6U60s8O

さわ子先生たちを嵌めたなんとかっていう本部長さんは、今は隔離病棟に収容されてます。

なんでも、ポニーテール怖いツインテール怖い、ってひたすら呟く毎日だそうですよ♪



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:39:12.08 ID:4k6U60s8O

さわ子先生の組織と紬先輩のお父さんの組織は、仲直りというか、友好関係に入ったそうです。
人間、仲良しが一番ですよね。

そして軽音部の皆さんは…



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 08:43:24.35 ID:4k6U60s8O

さわ子「さあ!学園祭まで時間ないわよ!練習練習!」

律「おうよ!」

澪「おっぱい…おっ…ぱい…」

唯「澪ちゃん、過ぎたことを何時までも気にしてちゃ駄目だよ!」

澪「お前が…お前がぁぁ!!(泣)」

紬「うふふ…」



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:08:33.79 ID:VI+oo6IB0

紬(軽音部に入って本当によかった…)

和「澪いるかしら?実はうちのパソコンがwinnyに感染してね、
  お父さんが悪いんだけど…」

澪「え?」

和「それであの時の画像が…」

紬(私の秘密を知っても、大変なことに巻き込んでも…)

紬(変わらずに、ううん、もっともっと近くにいてくれる。)



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:14:14.95 ID:VI+oo6IB0

唯「お腹すいた~おやつにしようーよ~」

梓「先輩!はじめてまだ20分も経ってないですよ!」

唯「いーじゃんいーじゃん!ねー、さわちゃん?」

さわ子「そおね…ムギちゃんはどう?」パチッ…wink☆

紬「じゃあお茶にしましょうか!」ピッ…wink☆

和「本当にごめん!」

澪「え?」

律「いやー澪も晴れて女神の仲間入りだな~!」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:19:34.05 ID:VI+oo6IB0

紬「今日は○○屋のタイヤキですよ~」

梓「ピクッ…」

紬(うふふ…)

紬(お父さんの跡目を継ぐためにも、
  キーボードを使いこなせる女極道にならないと…)

紬(みんな、これからもよろしくね♪)

和「ほんとうーーーーーにごめん。」

澪「え?」

~おわり。~




297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:24:51.82 ID:YB/DiQp2P

面白かったよ
乙でした



298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:39:13.12 ID:fZNwGA+K0

おもしろかつた



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 09:41:52.82 ID:hFYE4zQkP

乙ですた



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 10:06:03.51 ID:0tJUIpWlO

乙!面白かったです



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 10:10:32.63 ID:ggfjLQdlP



で、その流出したモノはどこにあるのかね?



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 11:18:37.03 ID:SLcJ8+Hu0





304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/06/14(日) 12:17:38.79 ID:liUV7exTO

面白かったよ





関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「ここが私のお家よ、入って入って♪」
[ 2011/06/01 12:24 ] ヤクザ | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6