SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律「「復讐しよう」と唯は言った」#プロローグ

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「「復讐しよう」と唯は言った」#プロローグ 【非日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1305339305/


律「「復讐しよう」と唯は言った」#index




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:15:05.60 ID:+38DJBxWo


律「――それは誰の為にだ?」

唯「復讐なんて、常に自分の為だよ。
  でも私としては、それがりっちゃんの為にもなってくれると嬉しい」

その言葉を聞いた時、私の心は九割が喜びで満たされていた。
私こそが正しかった、あいつらは間違っていたんだ、という醜い喜びで。
残り一割はそのあいつらに対する罪悪感。申し訳なさ。復讐される側への同情、かもしれない。

そのようなものが心を掠めるということは、やはり私も普通の人。
過去の思い出を捨てきれない、弱い人。
だが、その弱さを見抜いているかのように、唯は問うんだ。

唯「りっちゃんも手伝ってくれるよね?」

もちろん、断る理由はない。私はその為にここにいる。
ずっとここにいた。唯のそばにいた。

だから、すぐに頷けないのはやはり弱さ。迷い。
でもいずれは頷かないといけない。その為に私はずっと待ったのだから。
唯と共にあるために、ずっと唯の目覚めを待ったのだから。

唯「……出来ない?」

律「……いや、出来るさ」

そう、出来る。出来ないといけない。
出来ないと、唯の目覚めを待ち続けた二年間が無駄になる。私の二年間が無意味なものとなる。
私も、唯と同じように、私のため、ついでに唯のため。そんな気持ちで動けばいいんだ。


――私の名前は田井中律。留年二年目が確定している、冴えない女だ。





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:18:58.67 ID:+38DJBxWo




――事の起こりは二年近く前。

大学の入学式を目前に迎えた私達に届いた、急な悲報。
唯の事故。意識不明の重態。
入学式には出られない。そりゃそうだ。皆、気が動転していた。

最初のうちは皆で毎日。見舞いに行った。皆で願った。唯が目覚めますように、と。
だが一月、二月、半年と、ずっとその願いは届かなかった。
そうしていつしか、願う事に疲れていった。

……その事で皆を責める気は無い。私も、疲れていたから。
だから、皆の正論が胸に刺さった。

『…私達は先に進もう。唯もきっと、それを望んでいる』

私が唯の立場でも、きっと同じ事を言うから、とか、そんな事を確か澪が言っていた。
まぁ今となっては誰が言ったかはどうでもいいし、文章が一言一句同じである必要もない。

大切なのは、澪と梓は先に進む事を決意し、ムギは保留し、私は拒否した。その事実。
澪と梓に対し薄情だ、と責めることはしなかった。
唯ならそう言うであろう、というトコロには私も同意していたからだ。

――まぁ現実は違ったのだが、そこは今はまだ置いておく。



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:23:29.17 ID:+38DJBxWo


その時は、澪と梓のほうが大人であり、現実を認めたくない私だけが子供だった。
それだけのことで。そんな『大人』にムギは引っ張られていき、私は一人になった。
一人といっても、大学ですれ違ったりすれば会話はする。
孤立しているわけじゃない。ただ、歩む道が違っただけ。

しかし道を違えた代償は大きく、私は唯が目覚めるまで完全な無気力状態。
一年目から単位が足りず余裕で留年。というか単位も友達もなにもかも足りていなかった。

そんな私を憂ちゃんは毎日のように心配してくれた。
実際毎日病院で会っていたから、毎日心配してくれていたのかもしれない。

今にして思えば、私も憂ちゃんのことを心配してやるべきだったと思う。
私以上に唯のことを気にかけているはずでありながら、
私より真面目に学校に行き、お見舞いに来て、家に帰って両親の世話。

……ああ、唯の両親も流石に今は家にいるらしい。
憂ちゃんを一人にも出来ないし、唯のこともあるし。
というかこれで帰ってこないような人だったら
私も憂ちゃんに愚痴の一つもこぼしていたかもしれない。憂ちゃんが困ると知りながらも。

――話が逸れた。ともあれ、そうして一年が過ぎ、二年目。
憂ちゃんも梓も大学に進学。澪が主になっているバンドサークルは今や超有名で、
私の抜けた穴はなんか覚えにくい名前の凄腕の誰かが埋めてくれたらしい。

憂ちゃんは唯のことや家事のこともありサークルには入らなったが、梓はもちろん澪の後を追った。
私のことは…語るまでもないだろう。学校に顔を出す方が珍しい日々だった。

そしてまた半年くらい経って。私は留年二年目もほぼ確定しつつも、
最近ムギのこと聞かないなー、とか思っていたら久々に病室で再会した。

紬「私、留年するのが夢だったの~」

…だそうだ。とはいえ、そのまま受け取るほど私も愚かじゃない。
やはり、ムギも唯のいないバンドに耐えられなかったのだろう。ムギは、唯のことを好いていたから。
ラブかライクかは、私にはわからない。ただ、誰に対しても接し方を変えない唯という存在が、
ムギの目には非常に美しく輝いて見えたのだろう、くらいは察しがつく。



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:25:16.77 ID:+38DJBxWo


ムギからそう言われた頃だったか。
今更ながら、どうしてここまで私と澪、ムギと梓に差がついたのか考えてみた。

私と澪については、思い至れば簡単な事だった。
高校一年の頃、澪は私が強引に誘うまでは軽音部に入るつもりなどなかったからだ。
お互いが楽器をやっていると知りつつも、澪は違う道を選ぼうとしていた。

今でこそ澪は音楽というものに傾倒しているが、
あの頃は音楽を捨ててでも『私と違う道を選びたかった』のだ。
……言い方が悪いか。要するに澪は私から自立したかったのだ。
出会いが私が助けたようなものだったからこそ、
澪の中にはいつかは私から自立しないといけないという思いがあったのだろう。

今になって思えば高校三年間は私はそれを邪魔したわけだ。悪かったな澪。

ムギと梓は…正直わからない。どちらも唯のことは好きだったはずなのに。
梓が内心嫌っていたなら納得いくが、梓はそんなにヤな奴じゃないし、
そんなに嘘の上手いタイプでもない。ありえない話だろう。


……しかしまぁ、復讐すると言っておきながら、
案外私はまだあの二人のことは嫌いじゃないんだな。

でも、それでも距離感を感じる出来事は多々あった。
最たるものは、ムギと再会してから少し後のあの日――唯が目覚めた日のこと。



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:27:44.21 ID:+38DJBxWo



唯「――あ…れ、りっちゃん?」

律「!? ゆ、唯!?」

唯が目覚めた。その事に動転した私は、ナースコールのことも忘れて医者のもとへ走った。
深夜も近いというのに、迷惑な話だ。

看護師に注意され、医者が唯のところへ向かい、
ようやく私は『みんなにも連絡しないと』ということに思い至る。

そして私は――憂ちゃん以外には連絡しなかった。

結局みんな集まってきたのだが、それは憂ちゃんが連絡したからであって。
距離感なんて言ったけど、結局私は

『ロクにお見舞いも来なくなった連中と喜びを共有したくない』

という子供じみた感情から、自ら皆と距離を取ろうとしたのだ。
バカげたことをしたものだ。気を利かせてくれた憂ちゃんには感謝している。

憂ちゃんに呼ばれて駆けつけた澪と梓は泣いていた。ムギも涙ぐんでいた。
憂ちゃんは言うまでもなく抱きつきながら泣きじゃくっていた。
……私だけが、涙を流すタイミングを逃していた。バカげたことをした罰だろうか。



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:33:42.58 ID:+38DJBxWo

――そして、唯が目覚めた翌日。
約二年も経っているという事に愕然としつつも、唯は私達の事を案じ、「学校に行って」と言う。
梓や澪は「今日くらいは」と言い、渋る。きっとそれは本心だ。
今まであまりお見舞いに来なかったことに対する罪悪感から来る醜い本心。
だから逆に私が、皆を引っ張って学校に行く。

律「じゃあな、唯。また来るよ」

唯「うん。またね、りっちゃん」

澪「お、おい律――」

律「――バカ、唯の気遣いを無駄にするな」

梓「そうは言いますけど…ちょ、引っ張らないで――」

――そうして、文句を垂れる二人をひきずって学校まで行き、
1コマだけ講義を受けて、私は一人で再び唯の病室に戻った。
当然、唯は怪訝な顔をする。
それに対する弁明とでも言うように、私はこの二年間のことをありのまま、唯に語った。



――そして「復讐しよう」と唯は言った。



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大分県):2011/05/14(土) 11:36:11.52 ID:+38DJBxWo

プロローグ終了オヤスミ



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/14(土) 13:01:54.83 ID:MaLJDHovo


続きが気になるね



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/05/14(土) 13:38:30.57 ID:7iH222p0o

なんてひどい話なんだwwww乙
続きが気になるな



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府):2011/05/15(日) 00:52:53.91 ID:t6iIbejO0

乙 なかなか心くすぐられる導入部分
なんというすれ違いの物語か
がんばって書き上げてね





関連記事

ランダム記事(試用版)




律「「復讐しよう」と唯は言った」#プロローグ
[ 2011/06/02 17:59 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6