SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ガンダム >  唯「グリプス戦役!」#ぷろろーぐ!

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「グリプス戦役!」#ぷろろーぐ! 【ガンダム】


ニュー速VIP避難所(クリエイター) より

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284974948/l50


唯「グリプス戦役!」#index




1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:29:08.16 ID:zccx4x.o

前作の終わりに続編作っちゃえと言われたので作ってみた。
キャラの立ち位置とかぜんぜん違うはんで続編って感じじゃないけど。

気が向いたら読んでください。

鬱が嫌いな人は読まないでね。

では、すたーと!





2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:30:15.88 ID:zccx4x.o

 ぷろろーぐ!

2学期が始まってすぐだった。
人工的に気候が調整されたコロニーとちがって、ここは残暑とやらでうだるような暑さである。

純はフルーツオレを飲み込んだあと、思い出したように口を開いた。

純「そういえば梓、進路どうするの?」

梓「ムギ先輩の会社に誘われてる。他の先輩たちもいるし、そこにしようかと思って。」

憂「私も、お姉ちゃんと一緒にいたいから、そこ受けるんだよ。入社試験、難しいみたいだけど…」

梓「唯先輩が受かったんだから、大丈夫でしょ。」

憂「もう、梓ちゃんひどいよ!お姉ちゃん頑張ってたんだから!」

梓「冗談だってば。唯先輩が頑張ってたの、私も知ってるし。」

憂「純ちゃんは、どうするの?」



3 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:31:00.95 ID:zccx4x.o

純は、来た、と思い立ち上がって宣言した。

純「試験が早くてさ、昨日結果が出て、地球連邦軍にきまったよ!
  航宙パイロット候補生!カッコいいでしょ!!ブーン!!」

純は右手を、飛行機に見立てて動かした。

梓は、驚いた。
何も考えていなそうな同級生が、いち早く進路を決めていたのだから、当たり前である。

梓「びっくりしちゃったよ…なんで軍隊なんかにはいるの?」

純「ご飯困らないから。それに、宇宙暮らしに憧れてたしね。」

梓「純は変わってるね。わざわざ棄民の仲間入りしたいなんて。」

純「梓はスペースノイド嫌いだもんね。」



4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:31:39.33 ID:zccx4x.o

梓「密閉されてるコロニーなんか行ったら、
  この前サイド1の30バンチであったみたいに
  感染症で一気に1500万人全滅したりするんだよ、
  行くの止めなよ。怖いって。」

純「まあ、なんとかなるなる。今から楽しみだなあ。」

梓の両親は先の戦争で、ジオンのコロニー落としによって命を落としていた。
それ以来、宇宙移民者を毛嫌いしている。
憂が、気を使って話に割って入る。

憂「純ちゃんが宇宙に行っても、私たちは友達だよ!」

時は宇宙世紀0085。連邦軍による各コロニーの弾圧が激しさを増して、
スペースノイドたちの不満が募り、それが新たな戦争の火種を起こそうとしていた。



5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:32:37.12 ID:zccx4x.o

律「すげえぞ、このコックピット!」

律は、思わず感激の言葉を発していた。
仕事はテストパイロットだが、正規の軍人ではない。
紬と一緒に入社した、できたばかりの会社の仕事である。
琴吹グループが軍とアナハイムに取り入って興した会社で、
MSを納品する前のテストを主な業務としている。

唯「いいなあ、りっちゃん。私も乗りたいよ~。」

律「後で代わってやるから、今日のとこはその仮想敵のゲルググで我慢するんだな。」

律が乗っているのは、できたばかりの新型量産機RMS-106ハイザックである。
量産機としては初めてコックピットに全天周囲モニターと、
リニアシートが採用されていた。律はそれに感激していたのだ。



6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:33:35.17 ID:zccx4x.o

澪「オモチャじゃないんだぞ、さっさと模擬戦に行け!」

紬「まあまあ、そう言わないで…りっちゃん、全天周囲モニターとリニアシートはどう?」

律「おう、最高だぜ!コックピットが広くなった!周りも良く見えて、いい感じだ。」

紬「模擬戦中に違和感があったら申し出てね。」

律「了解ぃ!」

澪「部長は律に甘すぎます。」

紬「高校の時みたいに、ムギでいいわよ。
  仕事の大半は、斉藤がやってくれてるし、まだ部長なんてガラじゃないわ。」

澪「しかし・・・」

紬「もう…澪ちゃんは、カタイわねえ…」

澪「ム…ムギ…ごめん///」



7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:34:31.94 ID:zccx4x.o

すぐに、律と唯が帰ってきた。
コックピットから二人が出てくる。
そのまま事務所に戻ってお茶を飲みながらミーティングだ。
事務所はアフリカ、キリマンジャロ基地のすぐ近くにある。

唯「新型に歯が立たないよ~」

律「えっへん、見たか!私の腕を!!」

澪「新型の性能だろ!!」

澪は、律の頭をひっぱたいた。

律「いてえな、手加減してくれよ。」

紬「二人共相変わらずね~…それで何か気になったことはあった?」

唯「私も新型に乗りたい!!」

澪「おい唯、お前に聞いてるんじゃないぞ!」

律「そうだな、全天周囲モニターは慣れないと
  ちょっと気持ち悪いかな…もうちょい長く乗ってたら酔ってたかも。」

紬「ふんふん…」

律「あと、ビーム兵器の使用に制限があるのもどうかと思った。
  ビームライフル装備で、ビームサーベル使えないんだもんな。」

紬「そうねえ…」

律「でもまあ、相手がジオン残党なら、ザクやドム、それにゲルググ位だから、
  この程度の性能でもいいのかも。操縦性はすごく素直だったぜ。」



8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:35:22.83 ID:zccx4x.o

紬「貴重な意見だわ。早速まとめてアナハイムと軍に報告しておくわね。」

唯「明日は私がハイザックね!」

律「はいはい…澪は乗ってみたくないのか?テストパイロット魂がうずくだろ?」

澪「私、ハイザックはジオンくさいから嫌だな…」

律「コックピットからはジオンくさい機体は見えないんだからいいじゃん。」

澪「気になる…」

律「細かいこと気にするんだなあ…」

紬「じゃあ澪ちゃんには今度来るジムⅡのテストをお願いするわね。」

澪「ジムⅡ?新型か?」

紬「ジムのリファイン機よ。
  ハイザックと同じ全天周囲のコックピットシステムを導入して、
  あちこちいじって性能の底上げをはかってるの。」

澪「ふうん、いろんな機体が来て仕事も忙しくなってきたな…」

全員、やる気が出てきた。
未だジオンの残党は各地で小規模な紛争を起こしている。
各人は、自分たちの仕事が地球圏の安定に少しでも寄与出来ていることが嬉しく、誇らしかった。



9 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/20(月) 18:36:28.32 ID:zccx4x.o

和は、不満だった。
MS訓練施設での成績は非常に優秀であったが、結局宇宙戦闘機のパイロットに回された。
FF-08WR ワイバーン、と呼ばれる機体である。
新しい戦闘機だが、戦闘の主力はMSである。
傍流である、という思いが強かった。任務はパトロールばかりだ。

和「女だから…かしらね…」

姫子「真鍋さん、何か言った?」

僚機の姫子が、和のつぶやきに反応した。

和「何でもないわよ、この宙域もクリアね。」

姫子「ミノフスキー粒子もほとんど観測されないし、レーダー感も無いわね。」

和「艦に帰投するわ。」

姫子「了解。」

二機のワイバーンは小さな弧を描いて反転した。
MSの運用によって得られたAMBACの技術が導入されているので、
機動性はなかなかのものだ、しかし所詮、戦闘機なのだ。
和はため息を押し殺して、ゆっくりと息をはいた。



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「グリプス戦役!」#ぷろろーぐ!

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6