SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  憂「私がお姉ちゃんを守るからね…」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「私がお姉ちゃんを守るからね…」 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247220496/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:08:16.13 ID:jFIa1dCEO

律「唯、何度言えば分かるんだよ!
  そこはもっとペース速めなきゃダメだろ?」

唯「ごめんね…難しくって…」

澪「最近練習やってるのか?ずっと出来ないままじゃないか」

梓「先輩しっかりしてくださいよ?」

唯「うん…」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:09:58.51 ID:jFIa1dCEO

紬「まあまあまあまあまあまあ、お茶にしましょう?」

唯「わーい!お菓子お菓子!」

律「テンション変わりすぎだろ!」

澪「まあ唯らしいといえば唯らしいけどな…」

梓「……」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:11:20.52 ID:jFIa1dCEO

梓「あの、唯先輩?」

唯「ん?なあにあずにゃん?」

梓「こういうこと言うのはどうかと思うんですけど…
  リードギター、私にやらせてもらえませんか?」

唯「え…」

澪「どういうことだよ、梓?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:13:59.70 ID:jFIa1dCEO

梓「正直唯先輩には気迫が感じられません!
  毎回同じところでつまってるし、このままだと全体の士気が下がります!」

唯「で、でも私…」

律「うーんそうだなあ…
  梓にリードギター任せて唯には気楽にやってもらったほうがいいかも…」

唯「りっちゃん…」

紬「でも今までだって唯ちゃんがリードギター頑張ってきたんだし…ねえ澪ちゃん?」

澪「……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:17:23.66 ID:jFIa1dCEO

澪「よし!リードギターは梓!唯はしっかり練習すること!いいな?」

唯「そ、そんな…」

律「唯、お前にとってもいいことなんだぞ?梓に任せて大丈夫だって!」

唯「う…」

梓「先輩、任せてください!分からないところは教えてあげますから!」

唯「わ、分かったよ!よろしくあずにゃん!」

紬「唯ちゃん…」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:21:06.84 ID:jFIa1dCEO

唯「そうとなったらしっかり練習しなきゃだね!
  あずにゃん教えて~」

梓「どこですか?」

唯「えっと…」


紬「澪ちゃん、ホントにこれでよかったの?」

澪「ああ、唯もこれでやる気出してくれるだろ」

紬「ならいいけど…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:25:12.30 ID:jFIa1dCEO

唯「あ、あとここなんだけど…」

澪「おーい合わせてみるぞー」

梓「はい!」

唯「あ、うん!」

律「あ、唯はいいんだ、ちょっと聞いててくれ」

唯「え…?」

律「一回梓と4人で合わせてみたいんだよ!そうゆうことで唯は見学な!」

唯「うん…分かった…



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:26:16.43 ID:jFIa1dCEO

唯(あずにゃん上手だなあ…なんか皆もいつもより気持ち良さそう…)

唯(私…)

律「ふう!すごい調子よかったな!」

澪「梓、文句なしだよ!」

梓「えへへ、ありがとうございます!」

紬「どうだった唯ちゃん?」

唯「……」

紬「唯ちゃん?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:28:39.70 ID:jFIa1dCEO

唯「あ、え?」

紬「今の演奏どうだった?」

唯「あ、うん!よかったよ!」

澪「どうしたんだ唯ボーッとして?」

律「聞き惚れてたんだろ?じゃあ唯も入ってやってみるか!」

唯「うん!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:31:07.75 ID:jFIa1dCEO

梓「先輩、そこ違います!それにリードギターは私ですよ?」

唯「あ、ごめ…」

律「うーん、なんか唯が入るとテンポ悪いんだよなあ…」

紬「しょうがないわ、唯ちゃんだって頑張ってるじゃない」

澪「あ、もうこんな時間か…そろそろ終わりにするか」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:33:28.34 ID:jFIa1dCEO

唯「あ、私はもう少しやってくよー」

律「唯、気合い入ってきたか?鍵はここに置いとくからな」

澪「頑張れよ?唯」

紬「あまり無理しないでね?」

梓「それじゃ…頑張ってくださいね?」

唯「うん…じゃあね」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:36:55.15 ID:jFIa1dCEO

21時

さわ子「はあ残業疲れた…
    今日は軽音部に顔出せなかったわね…お茶飲みたかったわあ」

ジャンジャン♪

さわ子「あら?なにこの音…まさか」

唯「……」ジャンジャン♪

さわ子「唯ちゃん!?何してるのこんな時間まで!」

唯「あ、さわちゃん…」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:40:41.16 ID:jFIa1dCEO

唯「私、居残り練習してたんだ~」

さわ子「だからってこんな時間まで学校に残ってちゃダメでしょ!
    早く帰りなさい!」

唯「はーい」

さわ子「…唯ちゃん、顔色悪いわよ?何かあった?」

唯「…何も?たまには頑張らないとね!」

さわ子「そう?ならいいけど…」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:44:07.32 ID:jFIa1dCEO

唯「ただいまー」

憂「お姉ちゃん!どうしたのこんな遅くまで!」

唯「いやー練習に夢中になっちゃってえ」

憂「そうなんだ…でも携帯くらい出てね?心配したんだよ?」

唯「ごめんごめん…」

憂「じゃあご飯にするね?」

唯「あー…今日は夕飯いいや!食欲ないし練習したいから!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:50:10.80 ID:jFIa1dCEO


憂「え、でも…」

唯「じゃそゆことで!」

憂「あ、お姉ちゃん…」

唯(練習しなきゃ…皆の仲間外れになっちゃう!)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:54:30.09 ID:jFIa1dCEO

3時

唯「あ…もうこんな時間だ…いい加減寝なきゃ」

―――――――

律「なあ唯、いい加減にしろよ!お前やる気ないだろ?」

唯「そ、そんなことないよ…」

澪「私たちは梓とやった方がやりやすいし…
  悪いけど唯とはお別れだな」

唯「や、やだよ!澪ちゃん!みんな!」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 19:57:46.62 ID:jFIa1dCEO

―――――――

唯「…はっ!ゆ、夢か…」

唯「4時…まだ早いけど練習しよう…」

唯(頑張って練習して…またリードギターやらなきゃ!)



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:02:24.02 ID:jFIa1dCEO

唯「おはよううい~」

憂「あ、今日は自分で起きれたんだね?…お姉ちゃん!?」

唯「え、どうかした?」

憂「どうかしたって…目、真っ赤じゃない!もしかして寝てないの?」

唯「ちゃんと寝たよ~?少し早起きして練習してたんだ!」

憂「でも…あ、朝ごはんは?」

唯「朝ごはんもいいや!学校行って朝練するんだ~」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:08:38.45 ID:jFIa1dCEO

憂「ねえお姉ちゃん、何かあったの?無理してるんじゃない?」

唯「無理なんてしてないよ!
  皆と楽しく演奏したいから頑張ってるんだよ?」

憂「そう…なんだ」

唯「じゃあね憂!行ってきます!」

憂「行ってらっしゃい…」

憂(なんだろ…嫌な予感がする…)



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:15:46.74 ID:jFIa1dCEO

放課後

唯「さあ部活だよりっちゃん!行こう行こう!」

律「どしたんだよ唯、妙にテンション高いな」

唯「もちろん!今日は自信あるよ!」

紬「でも唯ちゃん、今日一日中居眠りしてたし、
  お昼だって食べないでどこかいっちゃうし…大丈夫?」

唯「もち!全然平気だよ!さあ行こう!」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:22:12.17 ID:jFIa1dCEO

梓「先輩、なんだか自信満々ですね!」

澪「お菓子も食べずに弾きたいだなんて…気合い入ってるな」

唯「うん…ふう…頑張って練習…したから!」

紬「唯ちゃん、ホントに大丈夫?」

唯「うん…!じゃあ頑張ります!」

唯(ちょっとフラフラするけど…
  皆にいらないって思われないように頑張らないと!)



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:26:12.01 ID:jFIa1dCEO

ジャジャジャジャッギャキャギャギャーン…

唯「はぁ、はぁ…ど、どうかな?」

律「す…すげえよ唯!」

澪「テンポもテクも…どれも今までにないくらいのレベルだよ!」

梓「先輩!私見直しました!やっぱりやれば出来るんですね!」

唯「よ…よかった…!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:31:48.04 ID:jFIa1dCEO

紬「でも唯ちゃん…」

澪「よし!じゃあ唯はリードギター復帰だ!いいよな梓?」

梓「はい!文句なしです!」

唯「わあい!」

律「じゃあ今日も練習頑張るぞ!おー!」

唯「ところでムギちゃん、なに?」

紬「…ううん、頑張りましょう!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:39:31.65 ID:jFIa1dCEO

律「ふう…唯、今日はおつかれ!」

唯「……」

澪「すごくよかったぞ!」

唯「……」

梓「リズムも合ってたし、気持ちよかったです!」

唯「……」

紬「唯ちゃん?」

唯「…お…」

律「お?」

唯「か…し…」ドサッ

澪「ゆっ…唯!!!!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:44:05.29 ID:jFIa1dCEO

保健室

律「唯のヤツ、昨日から何も食べてなかったんだな…」

澪「こんなにやつれてまで…」

紬「唯ちゃん…無理しちゃダメって言ったのに…」

梓「先輩…」

ガチャ

憂「お…お姉ちゃん!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:49:33.31 ID:jFIa1dCEO

律「あ、憂ちゃん!」

憂「お姉ちゃんは…?」

澪「貧血だよ…昨日から何も食べてなかったんだって…」

憂「お姉ちゃん…うう…」

唯「た、たくあん…」

紬「唯ちゃん…」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:54:48.36 ID:jFIa1dCEO

憂「お姉ちゃん、帰ろう!起きて!」

唯「うう…ん…」

律「憂ちゃん、そんな無理に…」

憂「…律さんにそんなこと言われる筋合いはありませんから」

律「え…」

憂「さ、お姉ちゃん行くよ?帰っておいしいもの食べようね!」

唯「うん…」フラフラ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 20:59:04.25 ID:jFIa1dCEO

律「なあ澪、さっきの憂ちゃん…」

澪「まあ憂ちゃんだって唯のこと心配してたんだよ、仕方ないって」

梓「でも唯先輩も唯先輩です!自分の体壊したら意味ないですよ!」

紬「梓ちゃん…唯ちゃんも頑張ってたんだし…
  まあ明日になれば唯ちゃんならきっと大丈夫よ!」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:02:56.00 ID:jFIa1dCEO

憂「お姉ちゃん、どんどん食べてね!」

唯「う…あまり食欲ないよう…」

憂「もうお姉ちゃんたら…今度からは無理しちゃダメだよ!?
  律さんたちにも言っとかないと!」

唯「うん…」

唯(でも、やっぱり練習しなくちゃ…皆の迷惑になっちゃうよね…)



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:08:02.30 ID:jFIa1dCEO

5日後

澪「にしても、唯はどんどん上手くなっていくなあ」

唯「えへへーそうかなあ」

律「やっぱり唯にはスパルタが合うのかもな!」

紬「でも、最近唯ちゃんやせたんじゃない?」

梓「憂も心配するし、あまり無理しないでくださいね?」

唯「うん…!」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:15:09.24 ID:jFIa1dCEO

唯(最近は食欲ないなあ…
  朝もお昼も練習で食べないし、夕飯もあまり食べられないや…)

唯(でも、上手くなってよかったなあ…皆も楽しそうだしこれでいっか!)

澪「あ、唯、さっき和がノート返してくれって呼んでたぞ?」

唯「あ、忘れてた…ちょっと生徒会室まで行ってくるね!」


唯(ありゃ…めまいがする…階段がぐにゃぐにゃ…あっ…)


ドッ!ドサドサドサドサ…



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:20:29.23 ID:jFIa1dCEO

病院

律「そ、それで唯はどうなんですか!」

医者「命に別状はありませんが右手首が折れてますね…
   体中を強く打ってますし、しばらくは入院しないと」

澪「そんな…」

紬「命に別状がなくてよかったけど…ギターはしばらく弾けないわね…」

梓「先輩…うう…」

ガチャ

憂「……」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:24:20.73 ID:jFIa1dCEO

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん…」

澪「ごめん憂ちゃん、私のせいで…」

律「わ、私が無理させたからだ!」

紬「私がもっと注意してれば…」

梓「わ、私が…うぅっ…先輩に変な…うぅ…プレッシャーかけたから…」

憂「皆さん…」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:28:52.91 ID:jFIa1dCEO

憂「そんな…皆さんが悪いんじゃないです!」

律「憂ちゃん…でも」

憂「私がもっとお姉ちゃんに注意してればよかったんです…
  ごめんねお姉ちゃん」

澪「…もう遅いし私たちは先に帰るね?また明日来るから」

紬「唯ちゃんが起きたらよろしくね?」

梓「それじゃ憂…また」

憂「はい!皆さんお気をつけて!梓ちゃんもまたね?」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:33:09.25 ID:jFIa1dCEO

唯「うーん…たくあんん…」

憂「お姉ちゃん…」

憂(そうだよ、お姉ちゃんは一人じゃダメなんだ…私が守ってあげなきゃ…)

憂「お姉ちゃん、私がずっと守ってあげる…もう絶対に無理なんてさせないからね…」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:40:04.14 ID:jFIa1dCEO

1週間後

律「え、もう退院できるのか?」

唯「うん、手はまだ使えないけど、打撲はよくなったから」

澪「ならよかったな、なるべく早く治して帰ってこいよ?」

紬「おいしいお菓子と紅茶用意するわね?」

唯「わーい!」

梓「あ、ところでギターはどうしたんですか?
  憂が家に持って帰ったって言ってましたけど」

唯「あ、ギー太にも会ってないなあ…早く弾きたいよう!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:44:25.59 ID:jFIa1dCEO

翌日

唯「ただいまあ…久しぶりの我が家だあ!」

憂「お父さんたちは買い物に行ってくるって!
  お姉ちゃんはゆっくりしてて?」

唯「うん!じゃあ部屋に行ってるね!」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:47:47.58 ID:jFIa1dCEO


唯「ギー太、ギー太っと…どこかなあ~?
久しぶりに服着せてあげるよ~」

唯「あれえ?ないなあ…憂ー!」

憂「なあにお姉ちゃん?」

唯「ギー太はどこにしまったの?」

憂「ああ、あのギターなら捨てたよ?」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:53:32.77 ID:jFIa1dCEO

唯「憂、な、なんの冗談?」

憂「冗談じゃないよ?
  あのギターのせいでお姉ちゃんは体壊しちゃったんだよ?いらないでしょ?」

唯「な、何言ってるの憂!?ギー太は…
  ギー太はムギちゃんのおかげで買えて…バイトだってしたのに…」

憂「でもお姉ちゃんの方が大事だもん!」

唯「う、憂…」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 21:58:16.89 ID:jFIa1dCEO

唯「何言ってるの!?
  私がギー太をどれだけ大事にしてるか分かってるでしょ!?」

憂「何怒ってるのお姉ちゃん?
  私だってお姉ちゃんのこと大事にしてるよ?」

唯「憂…ひどいよ…ひどいよ…うっ…うえ…」

憂「お姉ちゃん…プッ!あはは…」

唯「…憂?」

憂「お姉ちゃん、引っ掛かったー!私、ギター捨ててないよ?
  ちゃんとあるって!」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:05:26.91 ID:jFIa1dCEO

唯「な、なんだ…憂、おどかさないでよ~!」

憂「あはは、ごめんね?私の部屋にあるから待っててね?」

唯「はあ…びっくりしたあ…
  皆との思い出が詰まってるギー太を捨てたなんて…」

憂「はい!持ってきたよ!ちゃんとケースにも入れてあるから!」

唯「ありがとう~」

憂「あ、でも…」

唯「…っ!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:10:19.68 ID:jFIa1dCEO

唯「こ、これ…」

憂「お姉ちゃんが弾けないように、ちょっとだけ壊しちゃった!」

唯「う、憂…ギー太が…ギー太が…」

憂「言ったじゃん!捨ててはないよ?」

唯「うっ…うぇっ…ギー太…ギー太ぁ…」

憂「お姉ちゃん…どうして泣くの?」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:14:12.29 ID:jFIa1dCEO

翌日

律「これ…ひでえな…」

澪「ネックも真っ二つだし、弦も切れてるし…ボディもめちゃくちゃじゃないか…」

梓「…これ、ホントに憂が?」

唯「う…うん…けど私、どうしてかわかんないよ…」

紬「憂ちゃん…どうして…」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:18:49.13 ID:jFIa1dCEO

唯「ムギちゃん、ギー太直らないの!?」

紬「ここまで壊れてると元の形に戻すことは出来ても、
  同じ音は二度と出ないと思う…」

梓「もう修理っていうレベルじゃないですね…」

唯「そんな…うぇぇぇぇん…」

澪「唯…」

律「唯、泣くな!」ギュッ

唯「り、りっちゃん…」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:27:00.78 ID:jFIa1dCEO

律「ギー太が壊れたからってお前はギターを弾きたくないのか?」

唯「そ、それは…」

律「お前がギー太に色んな思い出があるっていうのは分かるけどさ、
  ギー太が壊れたって私たちとの思い出は壊れないんだぞ!」

唯「りっちゃん…」

澪「私たちも協力するからさ、また頑張ろう!」

紬「私も協力するわ!またギターを探しに行きましょう!」

梓「わ、私も…協力します」

唯「みんなあ~」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:31:57.52 ID:jFIa1dCEO

ガチャ

憂「お姉ちゃんいる?」

唯「う、憂…!」

憂「もう、まだ手使えないんだから無理しちゃダメだって!
  さあ帰ろう?」

唯「や、やだ!」

憂「お姉ちゃん…?」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:38:10.88 ID:jFIa1dCEO

唯「今はギター弾けなくたって、私は軽音部員だもん!皆と一緒にいる!」

憂「お姉ちゃん…また具合悪くなっちゃうよ?」

律「憂ちゃん!唯から聞いたけど…
  ギー太をあんなにするなんてひどいんじゃないか?」

澪「いくらなんでもやっていいことと悪いことがあるぞ?」

憂「……」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:48:13.00 ID:jFIa1dCEO

憂「…皆さんは私に偉そうなこと言えるんですか?」

律「え?」

憂「皆さんはお姉ちゃんに無理をさせて、
  このギターみたいに壊そうとしたんじゃないんですか?」

澪「う…」

憂「私だって…お姉ちゃんのことが大事なんです!」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:56:18.95 ID:jFIa1dCEO

憂「それじゃ私、先に帰るね?お姉ちゃん…」

梓「あ、私…一緒に行く!お先に失礼します!」

紬「え?あ、はい!」

唯「あずにゃん…!」

律「憂ちゃん、やることがひどくないか?」

澪「なあ唯、憂ちゃん、このままじゃなにするか…梓大丈夫かな…」

唯「大丈夫だよ…きっと」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 22:59:40.12 ID:jFIa1dCEO

梓「う、憂!」

憂「……」

梓「わ、私…唯先輩のこと全然分かってなくて…えっと、ごめん!」

憂「ねえ、梓ちゃん」

梓「な、なに?」

憂「こうしたら、梓ちゃんはどうなるのかな?」

梓「う…憂?首が…く、苦しいよ…」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:05:47.41 ID:jFIa1dCEO

憂「そう…だよね…やっぱり、苦しいよね」

梓「う…憂?」

憂「わ、私…お姉ちゃんにひどいことしちゃった…」

梓「え?」

憂「ギター…お姉ちゃんのギー太は…
  お姉ちゃんにとって大切なものなのに…それなのに…私…う、う…」

梓「憂…」

梓(憂はやっぱり、悪い子じゃないんだ…!)



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:24:54.15 ID:jFIa1dCEO

梓「だ、大丈夫だよ憂!」

憂「梓ちゃん…」

梓「先輩のギターは元に戻るかわからないけど…
  ちゃんと謝れば大丈夫だよ!」

憂「うん…!」

梓(…ところで、今なんで首を…?)



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:31:23.48 ID:jFIa1dCEO

憂「お姉ちゃん…ごめんなさい!私ひどいことしちゃって…」

唯「うん…私こそごめん…心配かけちゃって」

律「まあ、これからは焦らないで少しずつ練習しろよ?」

澪「私たちは唯がいないとダメなんだからな!」

唯「うん!」

梓「じゃあ、新しくギターを探しに行きましょうか」


紬「…もしもし斉藤?」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:36:28.13 ID:jFIa1dCEO

律「どうだ唯、いいのあったか?」

唯「うぅ…ないよう」

憂「お姉ちゃんごめんなさい…」

澪「うーん、どうするか…」

紬「あの、唯ちゃん?」

唯「なに?あ!ギー太…」

紬「唯ちゃんのギター、お店の人にお願いして直してもらったの!」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:42:16.92 ID:jFIa1dCEO

唯「でも、おんなじ音は鳴らないんでしょ?」

紬「まるっきり同じ音は無理…だけど、似た音は出ると思うわ」

ジャ~ン

唯「ちょっと違うけど…でも、ムギちゃんありがとう!」

紬「ええ!」

律「相当金掛けたんだろうな…」

澪「ああ…」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:47:08.01 ID:jFIa1dCEO

唯「ふう!ムギちゃんのおかげでギー太Ⅱも帰ってきたし…よかったよ!」

憂「ホントにごめんねお姉ちゃん…っていうかⅡなんだね」

唯「うん!いいっていいって!これからはギー太Ⅱと頑張るよ!」

憂「お姉ちゃん、でも私、ホントにお姉ちゃんのこと守るからね?」

唯「うん!ありがとう!」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:47:53.37 ID:jFIa1dCEO

唯「ふう!ムギちゃんのおかげでギー太もギー太Ⅱになって帰ってきたし…
  よかったよ!」

憂「ホントにごめんねお姉ちゃん…っていうかⅡなんだね」

唯「うん!いいっていいって!これからはギー太Ⅱと頑張るよ!」

憂「お姉ちゃん、でも私、ホントにお姉ちゃんのこと守るからね?」

唯「うん!ありがとう!」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:50:09.60 ID:jFIa1dCEO

あ、最後gdgdに…


これで終わりです
読んでくれた方ありがとう

なんかダメだ…ヤンデレ憂は上手くかけない




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:51:18.49 ID:HypwfW4oO

終わりかよwww






136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:51:54.94 ID:32MKIS7nP

こういう憂SSも面白かった!
乙!



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:55:45.22 ID:G41IZnSs0

乙だじぇ



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:55:47.36 ID:226E0KQeO


唯たんうまく書けてたな



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:56:56.91 ID:aBz3Tpna0


俺の憂ちゃんはヤンデレじゃないほうがいいな



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:57:35.61 ID:dzUKtXPOO

乙!
これくらいの病み具合がみてて安心



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:57:41.11 ID:yXeGXSQRO

誰も死ななくてよかった





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/10(金) 23:59:17.72 ID:jFIa1dCEO

やっぱりヤンデレはもう書けないな

死人が出る話は書いてて嫌になってしまう




関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「私がお姉ちゃんを守るからね…」
[ 2011/06/09 15:56 ] 非日常系 | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2448 [ 2011/06/09 16:15 ] [ 編集 ]

鬱展開に躊躇して和解する結末へと舵を切ったつもりなのでしょうが、
結果的に淡々として煮え切らない雰囲気と収拾の付かなさが不気味な様相を
漂わせていて異様な怖さを持つSSになっている気がする。

タイトル:
NO:2598 [ 2011/06/16 18:06 ] [ 編集 ]

簡潔に言えば…
gdgdってやつですな

タイトル:
NO:4620 [ 2011/12/06 07:33 ] [ 編集 ]

俺の嫁が黒くならなくてよかったぜ!乙!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6