SS保存場所(けいおん!) TOP  >  戦争 >  澪「プライベート・律っちゃん?」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「プライベート・律っちゃん?」#後編 【戦争】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247908347/

澪「プライベート・律っちゃん?」#前編
澪「プライベート・律っちゃん?」#後編




312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:06:47.88 ID:i4NJE59lO

唯「こんなのって…ひどすぎるよ!いくら敵だからって!」

唯の言葉に耳を貸す者は誰一人としていなかった
憂でさえも




澪はガレキに腰掛け、周辺の地図を広げた

澪「」ガクガク

澪「くっ…」

澪「うっ…くぅ…うぅぅ…」

澪は必死に涙を堪えた
上官が部下の前で泣くなど許されないことは澪にもよくわかっていた

さわ子「よくみんなの前では我慢したわ」

さわ子が澪の隣に腰掛ける





314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:13:10.19 ID:i4NJE59lO

さわ子「大丈夫。ここなら誰からも見えないわ」

澪「うぁあああ…」ポロポロ

さわ子「あなたはもう立派な上官よ。胸を張りなさい」

澪「ああああああ!」ボロボロ

さわ子は澪が泣き止むまでずっと抱き締めていた



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:42:38.96 ID:i4NJE59lO

唯は紬の埋葬を手伝っていた

唯「これ、日本の煙草」

敵兵「ニホンノタバコ?アリガト。ニホンスキ」

唯「日本語上手だね」


澪「唯、穴堀はもういい。出発するぞ」

唯「でも…」

唯「!?」

梓は敵兵に向けて銃を構えた



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:47:26.38 ID:i4NJE59lO

敵兵「~!」

唯「むぎちゃんを撃ったことは謝るから許してって言ってる…」

梓「この期に及んでぇ!」

梓は今にも銃の引き金を引きそうなほど目が血走っていた

唯「あずにゃん待って!澪ちゃん止めて!捕虜を殺すのは条約で禁じられているはずだよ!」

澪「…」

澪「来い!」

澪は乱暴な手つきで敵兵を引っ張った



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:51:02.51 ID:i4NJE59lO

唯「澪ちゃん、お願いだよ…かわいそうだよぉ…」

澪「捕虜は連れていけない。この先で会った日本軍に降伏しろと伝えろ」

唯「澪ちゃん!ありがと!」

唯「~」

敵兵「~」

梓「嘘でしょ…信じられない!」

憂「澪さん!あいつを逃がすんですか!こんなの許せませんよ!」



319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 19:59:42.74 ID:i4NJE59lO

澪「出発の準備をしろ。いよいよ最前線だぞ」

梓「こんなことって…!」

澪「出発だ。上等兵」

梓「…。素晴らしいご決断ですよ、大尉。正しい行いってやつですか」

梓「笑っちゃいますよね、私達二人の命より田井中二等兵一人の命の方が重いっていうんですから!」

さわ子「梓ちゃん、出発よ」

梓「大尉殿は二等兵を日本に帰したところで死んだ二人に顔向けできるんですか?」



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:05:52.15 ID:i4NJE59lO

さわ子「いい加減にしなさい!」

一同「…」

梓「私は降りますよ。こんな馬鹿馬鹿しい任務…二等兵を見つけたところで私が銃殺しそうだ」

さわ子「梓ちゃん戻りなさい」

梓「嫌です」

さわ子「戻りなさい」

梓「イヤ」

さわ子「上官命令よ!」

さわ子は梓に銃を向けた

梓「敵は逃して私は殺すんですか。どうぞ撃って下さいよ。撃てるものならね」

さわ子「その減らず口、黙らせてあげるわ」イライラ



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:10:00.20 ID:i4NJE59lO

梓「だったら早く撃てばいいじゃないですか。丸腰ですよ?私」

さわ子「黙りなさい。イライラするわね」

梓「あんまり苛立ってるとお肌に悪いですよ?」

さわ子「本当に口の減らないガキね」イライラ


憂「澪さん止めてください!これじゃあ本当にどっちか死んじゃいます!」

澪「…」

澪「軍曹、今懸賞金はいくらだ?」

さわ子「は?」



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:19:44.07 ID:i4NJE59lO

澪「懸賞金だよ。私がコソコソ何を書いてるのか、賭けをしてるんだろ?」

さわ子「…」

憂「じゅ、10円です!」

澪「はは、随分大金なんだな」

さわ子「それで、何を書いてるの?」

澪「歌詞を書いてるんだ」

さわ子「歌詞?」

澪「うん。この任務が終わったらバンドを組んで、私が作った歌をみんなに聞いてもらいたいんだ」



331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:46:04.75 ID:i4NJE59lO

澪「私は国籍なんて関係なく、みんなに楽しんでもらえるような歌詞をかきたいんだ」

澪「梓、降りたかったら降りてかまわない。私は止めないよ」

梓「…」

澪「むしろここまで一緒に戦ってくれただけでありがたい。お前がいなきゃここまで来れなかったよ」

澪「他にも降りたい者は降りてくれ。咎めたり、上にチクったりしないから」

澪「私は10分後に出発する。一緒に来てくれる者は準備をしてくれ」

澪の言葉を聞いて、引き返そうとする者はいなかった



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:53:25.38 ID:i4NJE59lO

1942年、5月

部隊はビルマ最前線の街に到着しようとしていた

澪「あの街が最前線だ。あそこにいなければ…」

さわ子「戦死…しているってことね」

梓「骨折り損のくたびれ儲けにならないことを祈りますよ」

唯「うい~…お腹減ったぁ…」

憂「もうちょっとで街だよ!そこまで頑張って!」

唯「ご~は~ん~」

憂「腹ペコのお姉ちゃんも可愛いなぁ///」



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:58:31.84 ID:i4NJE59lO

「止まれ!」

澪「!?」

「武器を捨てて両手を…って日本軍?」

澪「あ、ああ。味方か…びっくりした…」

梓「みなさん気を抜きすぎです!敵だったら死んでましたよ!」

さわ子「そういうあなたも気付かなかったでしょ…」

梓「な、なんのことやら」

「ハッハッハ、気付かないのも仕方ない!我々はここで敵を待ち伏せしていたのでね!」



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:04:51.95 ID:i4NJE59lO

澪「そうだったんですか。私は秋山大尉。今は特別任務で人を探しているんです」

佐藤「佐藤少尉です。私は街に掛かる橋の死守を任されています。こちら私の部下です」

律「ども!田井中二等兵であります!」

鈴木「鈴木一等兵です」

澪「よろしく」

澪「ん?」

澪「た、田井中二等兵…?」




337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:08:07.57 ID:n0DIx8Z80

おぉ!つ、ついに・・・





339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:10:55.61 ID:i4NJE59lO

澪「京都出身の?」

律「ええ、よくご存知で。私ってそんなに有名人?」

澪「い、いた…良かった…」

さわ子「今までよく頑張ったわ澪ちゃん」

梓「まさか本当に見付かるとは…」

唯「やったね憂!」

憂「うん!お姉ちゃんが頑張ったからだよ!」

律「え?何々?話が見えないぞ」



341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:19:33.26 ID:i4NJE59lO



佐藤「いやあ、増援とは有難い。こちらも大分やられてね。
   ギリギリのところで持ちこたえてるという感じなんですよ」

澪「少尉、悪いが私達は増援じゃないんだ。特別任務でキミの部下、田井中二等兵を探しにきた」

律「私を探しに?なんでまた?」

澪「キミを本国に送還するためだ」

律「送還?意味がわかりません。どういうことです?」

澪「実はキミの弟がな…」



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:24:34.89 ID:i4NJE59lO

律「そっか…弟が…それで私を本国に送還すると?」

澪「うん。母親にお前の元気な姿を見せてやれ」

律「…」

律「できません」

律「なぜ私だけが特別扱いなんです?戦ってる仲間を置いて私だけ帰国なんてできない」

澪「命令だ二等兵」

律「嫌です。聞けません」

梓「ふざけるな!」



343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 21:32:33.90 ID:i4NJE59lO

梓「お前のために仲間が二人も死んでるんだ!そんな勝手が許されるか!」

律「…!」

律「本当ですか?」

澪「…」コクッ

律「…。それでも私にはできない…」

澪「ならばキミの母親に姉も戦死したと伝えるか?母親の気持ちも考えてやれ」

律「母にはこう伝えて下さい。
  あなたの娘には戦場で一緒に戦う兄弟がいると。その兄弟達と運命を共にしますと」

そう言うと律は仲間の元へ走っていった



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 22:24:30.70 ID:i4NJE59lO

さわ子「どうするの?あっちの部隊に加わる?それとも引き返す?」

唯「引き返すに一票!早くこんな任務終わらせて宿舎でゴロゴロしたいもん」

梓「でもこの街はどうするんです?たった30人程度じゃ3日も持ちませんよ」

憂「私達の任務は律さんを連れ帰ることだし…わざわざ危ないことしなくても…」

澪「…」

澪「ここは日本にとって重要地点だ。ここが落ちれば日本軍は後退せざるを得ない」

さわ子「それじゃあ」

澪「彼らに協力する」

さわ子「そうこなくっちゃね!」



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 22:45:49.22 ID:i4NJE59lO

澪「私達も一緒に戦わせてくれ」

佐藤「有難い!こちらも人手不足だったのでね」

佐藤「それで上官殿、どういった作戦を?」

澪「えっ!?私が作戦を立てるの!?」

佐藤「?あなたの階級が一番上なんだから当然でしょう?」

澪(30人以上の部隊の指揮なんて無理だ!今すぐ日本にかえ)

さわ子「できるわね?澪ちゃん」

梓「澪大尉のすごいところをみんなに見せ付けてやりましょう!」

澪「…」

澪「わかった」



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 22:54:12.95 ID:i4NJE59lO

澪「梓は時計台から狙撃。それと敵の動きを逐一私に知らせてくれ」

梓「了解」

澪「憂ちゃんと唯は機関銃で敵の数を減らしてくれ。唯、悪いが今回は一緒に戦ってもらうぞ」

唯「りょ、了解…」

澪「それと律、お前は私の側から離れるな」

律「は?」

澪「上官命令だ。従ってもらうぞ」

律「了解…」



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 22:59:56.70 ID:i4NJE59lO

さわ子「もう震えないのね」

澪「30人の命を預かってるんだ。ビビってる暇はないよ」

さわ子「やっぱり私の目に狂いはなかったわね。あなたに付いて来てよかったわ」

澪「え?何?」

さわ子「なんでもない。勝ちましょうね、この戦い」

澪「もちろんそのつもりだ。もし生き残っていたら私の歌詞を見せてあげるよ」

さわ子「楽しみにしてるわ」



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:02:50.14 ID:EXMTpEX4O

澪「それと、橋まで攻められたら誰かが橋を爆破しろ。これは最後の手段だが…」

梓「爆破したら、もう誰も生き残れない…」

澪「そうだ。所謂玉砕…だな」

律「天皇陛下のためなら!」

澪「…」

澪「天皇のため、なんて言うな。お前は母親のためになんとしてでも生き延びろ」

律(!?それが上官の言うことか!?)

さわ子「彼女は部下の命をなによりも大切にしてるのよ。そこら辺のアホ上官とは一味違うでしょ?」



369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:09:18.96 ID:EXMTpEX4O

憂「お姉ちゃん、弾を取ってこよ」

唯「う、うん…」

憂「大丈夫?」

唯「だ、大丈夫だよ!」

憂「いい?私ともう一人が機関銃で撃ちまくるから
  お姉ちゃんは予備の弾を持って待機してて。私がお姉ちゃんを守るから」

唯「うい~…;;」

憂「お姉ちゃん泣かないで…日本に帰ったら一緒にゴロゴロしよ!」

唯「うん!」



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:19:26.19 ID:EXMTpEX4O

時計台

純「あのさ、猫好き?」

梓「猫?ん~飼ったことないからなぁ」

純「猫可愛いよぉ~。そうだ!日本に帰ったら子猫あげるよ!先日産まれたって手紙が来たんだ~!」

梓「…」

梓「その日本に帰ったらってやめて…何か怖いよ」

純「何が?」

梓「いや、なんとなくなんだけどさ…」

梓(これがフラグ!?)



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:48:45.87 ID:EXMTpEX4O

澪「律がお前で良かったよ」

律「?どういうこと?」

澪「仲間を置いておめおめ日本に帰ろうとするような奴じゃなくて良かったってこと」

律「そんなの当然だよ。今は弟より仲間の方が大切だ」

澪「そうか。これなら死んだ二人も報われる」

律「死んだ二人の名前は?」

澪「真鍋和と琴吹紬」

律「真鍋和と琴吹紬か。日本に帰ったら墓参りしないとな」

澪「ああ、二人もきっと喜ぶぞ」



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:56:55.65 ID:EXMTpEX4O

澪と律が談笑していると地鳴りと共にキュラキュラと言う音が響いてきた

澪「きたか…」

澪は時計台を見上げた
梓が手信号を送っている

澪(10時の方向、戦車2台歩兵80)

さわ子「戦車さえ潰せば作戦通りにいけるわ!戦車が中央を通ったら爆弾を起爆させて!」

澪(戦車は軍曹に任せて大丈夫だろう)

澪「律、私から絶対離れるなよ」

律「了解」



382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:05:00.37 ID:EXMTpEX4O

戦車の音は益々大きくなってくる
兵士はそれぞれの持ち場につき、さわ子の奇襲を待った

さわ子「今よ!」

さわ子の声と共に仕掛けた爆弾が爆発し敵戦車と歩兵数人がふっとぶ
それと同時に時計台と建物の陰から機関銃が撃たれた


時計台

パーン

パーン

パーン

純「梓ちゃん凄い!一発も外してない!」ババババババ



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:14:18.20 ID:EXMTpEX4O

梓(外してる暇なんてないんだよ)

梓「むぎさん、私に力を貸して」

パーン

梓「むぎさんの仇、討つから!」

パーン

梓(すごい。何か今日はいつもより集中できるよ)

パーン

梓(一発も外す気がしない!)



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:18:45.11 ID:EXMTpEX4O

建物の内

ババババババ

唯「うい~…」

憂「大丈夫だから下がってて!」

唯「う、うん…」

佐藤「弾幕薄いぞ!」

憂「は、はい!」

憂(弾幕?)



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:25:29.75 ID:EXMTpEX4O

中央

澪「とにかく歩兵を橋に近付けるな!撃ちまくれ!」

律「了解」

パパパパパ

律「2台目の戦車が来たぞ!」

さわ子「私に任せなさい」

さわ子は戦車に照準を合わせ、バズーカを放った

さわ子「戦車の動きが止まったわ!操縦士を殺りなさい!」



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:39:18.42 ID:EXMTpEX4O

味方兵士達は操縦士を殺そうと戦車の回りを取り囲んだ

澪「!?」

澪「馬鹿!一ヶ所に固まるな!狙いうたれるぞ!」

案の定、遅れてきた20ミリ機関銃によって、味方兵士達は蜂の巣にされる

律「あ、頭が吹っ飛んだ…」

澪「律!機関銃を潰すぞ!」

澪が突撃しようとすると、機関銃を撃っていた敵兵士が急に倒れる
時計台を見上げると梓が親指を立てていた

澪「まったく、どこまでも頼りになる奴だよお前は」

澪は危険に晒されることなく機関銃を破壊することができた



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:44:45.52 ID:EXMTpEX4O

憂「もう弾がなくなる!」

佐藤「クソ!こっちもだ!」

憂「お姉ちゃん、弾取ってきて!それと澪さんにここは持ちそうにないって伝えて!」

唯「わ、わかった」

憂「撃たれちゃダメだよ?」

唯「わかってる。すぐ戻るから待ってて!」

唯は激戦地の中央通りを走り抜けた



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:52:55.86 ID:EXMTpEX4O

時計台

純「梓ちゃん!弾が切れた!」

梓「クソッ…」

パーン

梓「お願いむぎさん…私達を守って」

パーン

梓「…!」

梓は狙撃に集中するあまり、3台目の戦車が時計台に照準を合わせていたことに気付けなかった

梓「嘘…」




396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:54:02.53 ID:gOcqHa8d0

あずにゃあああああああああああああああああああああああああああああんんんんんn








400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 01:56:53.62 ID:EXMTpEX4O

梓「純ちゃんふせてええええええ!」

梓「…!」

……

梓「あれ?生きてる…?」

純「外したみたいだよ!バーカバーカ!」

梓(きっとむぎさんが守ってくれたんだ)

梓「ここは危ない!下に降りて大尉達と合流しよ!」

純「了解!」



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 02:12:31.69 ID:EXMTpEX4O

澪「まだ戦車がいたのか…軍曹行くぞ!」

さわ子「はいよ!」

律「私も」

澪「お前は隠れてろ!」

律「は、はい…!」

澪とさわ子は戦車の照準を合わせないように、ジグザグに走った
が、照準は初めから律の方に合わされていた



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:29:07.17 ID:EXMTpEX4O

さわ子「澪ちゃん!りっちゃんが狙われてる!」

澪「なんだって!?律!逃げろ!」

激しい銃声の中、澪の声が律に聞こえるはずがなかった
律は戦車の砲台が自分に向いてることなど知らず、敵歩兵相手に銃撃戦を展開している

澪「律ーー!逃げろー!」

律「え?」

律「!?」

微かに聞こえた澪の声でようやく戦車の狙いに気付く



471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:30:46.50 ID:EXMTpEX4O

梓「早く立て!」

律「あ、ああ!」

梓は律の服を掴んでズルズルと引きずった
同時にドン、という轟音と共に弾が発射された

弾は律が隠れていた建物に直撃、着弾と同時に硝煙があがり建物の一部が崩れた

澪「律!軍曹、戦車を頼む!私は律のところに行く!」

さわ子「了解!」



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:31:49.22 ID:EXMTpEX4O

梓「大丈夫?」

律「ああ、ありがとう…助かったよ」

梓「ここまで来て死なれちゃ困るからね」

澪「律!」

律「はいよ、生きてますよ~」

澪「梓か…良かった…よくやってくれた」

梓「大尉、ここは引きましょう…後ろから戦車も歩兵もうじゃうじゃ沸いてる…後退して橋の爆破を…」

澪「やるしかないのか…」



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:33:19.14 ID:EXMTpEX4O

建物外

唯「早く憂に弾を届けないと!」

唯「!?」

敵兵「~!」

敵兵「~!」

敵兵は憂のいる建物内に入っていく
唯は、咄嗟に敵兵から身を隠した

唯「あぁあぁあああ…うい~…」ガクガク



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:34:01.09 ID:EXMTpEX4O

建物内

憂「弾が切れちゃった!」

佐藤「こっちもだ!ちくしょう!弾薬はまだか!」

憂「お姉ちゃーん!弾持ってこーい!お姉ちゃーん!」

佐藤「静かに!」

カンカンカンと階段を登る音が聞こえる
憂は音のする方に銃を向けた

憂「お姉ちゃん…なの?」



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:45:36.33 ID:EXMTpEX4O

パパパパパ

壁の向こうから銃撃される
運悪く、佐藤少尉は銃弾に倒れた

佐藤「あああああ!あ…が…」

憂「少尉!?う、うわあああああああ!」

パパパパパ

憂「ハアハア…」

憂「やった…の?」

ガチャ

敵兵「ああああああ!」

憂「!?」



479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 19:59:59.69 ID:EXMTpEX4O

敵兵は憂目掛けて突進し、憂の上に馬乗りになる

敵兵「~!」

憂「うあああ…!このクソ野郎!」ゴロン

憂「私はお姉ちゃんと一緒に日本に帰るんだよおおお!こんなところで死ねるか!」

今度は憂が馬乗りになり、敵兵にナイフを突き付ける

憂「あああああ!」



481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:06:32.62 ID:EXMTpEX4O

唯「うい~うい~;;」

唯「腰が抜けて立てないよぉ…ういがやられちゃう…」

唯「誰か憂を助けて…」

唯は昔のことを思い出していた

唯(私の方がお姉ちゃんなのにいつもいつも憂に守られてばっかりだった…)

唯(今回の作戦も憂を頼りにしてた…それでなんとかなると思ってた…でも今は)

唯「…!」ゴシゴシ

唯は乱暴な仕草で涙をぬぐった

唯「今は私が憂を助けなきゃ!」



483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:15:36.72 ID:EXMTpEX4O

敵兵はまたしても憂の上に乗っていた

憂「うあ…やめて…!ストップストップ…!」

敵兵のナイフは憂の胸に到達しようとしている

憂「いや…!お姉…ちゃん…お姉ちゃん!」

ガチャ

唯「憂を離せー!」

パーン



484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:19:22.71 ID:EXMTpEX4O

敵兵「が…」ドサッ

唯「あ、あれ?」

憂「ハアハア…お姉ちゃん…お姉ちゃん!」ダキッ

唯「憂!良かった~!ごめんね遅くなって;;」

憂「私は大丈夫!でも少尉が…」

佐藤「生きてるよ」

憂唯「!?」

佐藤「腕を撃たれただけだ。問題ない」



487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:25:52.77 ID:EXMTpEX4O

憂「敵を撃ったのはお姉ちゃんなの?」

唯「私じゃないよ。部屋に入った瞬間に敵が倒れたからビックリしたんだ~!少尉が撃ったんじゃない?」

佐藤「いや、俺じゃない。怖くて死んだふりをしていたからな」

唯憂「…」

憂「あれ?」

機関銃を撃つために開けた穴を見ると、梓がこちらに向かってどや顔をしながら親指を立てていた

憂「梓ちゃん!?もしかしてこの穴から敵を狙撃したの!?」




488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:27:16.19 ID:wBwLG1D+O

梓凄すぎワロタ





489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:30:23.49 ID:EXMTpEX4O

梓(普通ならあんな狙撃成功するはずないのに…)

梓(やっぱりむぎさんが私を守ってくれてる)

梓(むぎさん、もう誰も死なせないから!)

澪「唯ー!後退だー!橋まで退却しろ!」

唯「あいあいさー!」

唯「憂、行こう!」

憂「うん、お姉ちゃん!」



491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:39:08.69 ID:EXMTpEX4O

憂「お姉ちゃん!橋までダッシュだよ!」

唯「わかってるよぅ!」

ダダダダダ

ドテッ

唯「あいた!うい~!ちょっと…まっ!」

唯「うい~うい~;;」





憂「平沢姉妹、佐藤少尉戻りました!」

澪「よく生きててくれたな!って唯は…?」

憂「お姉ちゃんなら後ろに、え…?」

憂「おおぁぁぁおおおねーちゃーん!」ガクガク



494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:45:34.89 ID:EXMTpEX4O

憂「お姉ちゃん!?澪さん、お姉ちゃんがいない!」

澪「落ち着け!一体どこに忘れてきたんだ!?」

憂「おおおお姉ちゃんのことだから途中で転んだのかも…私探してきます!」

澪「ダメだ!もう橋を爆破する!早くしないとこちら側に敵が雪崩れ込んで来るんだぞ!?」

憂「でも…お姉ちゃんが…」ポロポロ

律「…」

律「私に行かせてくれ…!」

憂「律さん…」ポロポロ

律「私のために誰かが死ぬのはもう嫌だ!唯は私が助ける!



495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:51:06.35 ID:EXMTpEX4O

澪「それなら私も…」

さわ子「はいはーい、注目~」

澪「こんな時になんだ軍曹!」

さわ子「若いものがわざわざ死ぬことはないわ。澪ちゃん5分だけ時間を頂戴。私が唯ちゃんを助ける」

澪「でも…」

さわ子「私を信じなさい。203高地でも最前線で一発も被弾しなかったんだから!」

澪「大丈夫なのか…?」

さわ子「大丈夫」

澪「…。わかった。でも5分だ。5分で戻らなければ橋を爆破する」



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:56:32.91 ID:EXMTpEX4O

澪「死ぬなよ?」

さわ子「私を誰だと思ってるの?第101師団、鬼の山中軍曹よ?」

澪「…。待ってるからな…」

さわ子「ええ、あなたは絶対にりっちゃんを守り抜きなさい。いいわね?」

さわ子「バイバイ澪ちゃん。あなたの部下で本当に良かったわ」

澪「!?」

ダダダダダ

澪「…くっ。梓!援護射撃だ!軍曹を死なせるな!」

梓「了解!」



501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:07:46.08 ID:EXMTpEX4O

後続の敵部隊が橋に迫りつつあった

唯「あわわわわわ…」ガクガク

唯(もうダメだ…!憂、お姉ちゃんは一足先に靖国で待ってます…
  あれ?私って靖国に合祀されるんだっけ?まぁどうでもいいや…)

さわ子「唯ちゃーん!」

唯「!?」

さわ子「唯ちゃん!」

唯「さわちゃあん~!怖かったよぉ;;」

さわ子「早く立って!敵がすぐそこまで来てるわ!」



509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:44:44.21 ID:EXMTpEX4O

さわ子「私が敵を引き付けるからその間に橋を渡りなさい!」

唯「はい…」

さわ子「澪ちゃんを頼んだわよ」

唯「え?それってどういう…」

さわ子「行くわ!タイミングを見て走りなさい!」

さわ子は両手に歩兵銃を構え乱射しながら走り出した
と思ったらすぐに戻ってきた

さわ子「やややや、やっぱ無理ー!」

唯「!?;;」




511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:46:30.18 ID:Le1N5nysO

ちょwww



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:47:24.34 ID:n2ANmZLF0

さわちゃんwwwwwwww





513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:49:42.75 ID:EXMTpEX4O

パーン!

敵の放った銃弾がさわ子に被弾した

さわ子「ぎゃああああああああ!ケツを撃たれたああああああ!」

唯「さわちゃん!?」

さわ子はそのまま川へ転落した

唯「なんてこった…!」



澪「軍曹ー!」

梓「そんな…軍曹が死ぬなんて…」

律「また一人…私のせいで…」




520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 22:06:34.09 ID:Q6HjR5DcO

ホーバスもケツ撃たれてたなぁwww





517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 21:56:11.46 ID:EXMTpEX4O

律「くそっ…」

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん…」

澪「…」

澪「橋を爆破する…」

憂「待って!お姉ちゃんがまだ!」

澪「憂ちゃんごめん…こんな言葉で逃げたくないけど…上官命令だ」

憂「嫌だ…いやぁ…」ポロポロ

律「おい!戦車が狙ってるぞ!」



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 22:00:45.57 ID:EXMTpEX4O

澪「!?みんな伏せろおお!」

轟音と煙を上げ、一瞬にして日本軍の防衛ラインが粉砕された

澪「う…あぁぁ…」

澪「起爆スイッチは…」ズルズル

梓「大尉!どこに行くんです!身を隠して!」

澪「爆破…橋を爆破しないと…」ズルズル



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 22:09:33.56 ID:EXMTpEX4O

澪はヨロヨロと立ち上がり起爆スイッチのあるところに向かった

敵歩兵が、その的を見逃すはずがない
敵の放った銃弾が澪に被弾した

律「みおー!」

梓「出ちゃダメだ!」

律「でも澪が…澪が…」


澪「うぅううああう、爆破しな…いと…」ズルズル



唯は驚愕していた
澪を撃った敵兵が、前の戦闘で命を助けた者だったから



523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 22:14:16.19 ID:EXMTpEX4O

戦車が橋に差し掛かった
澪を見つけ、照準を合わせる

澪「…うっぐ…」ズルズル

澪「早く…スイッチ…」ズルズル

砲台は完全に澪に向けられた
もはや発射のスイッチを押すのみである



542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:23:18.24 ID:EXMTpEX4O

澪の頭の上で轟音が轟いたかと思うと、さらに凄まじい音と共に、戦車が爆発し火が上がった

梓「零戦…?」

律「初めて見た…」

何機もの零戦が敵部隊目掛けて機銃を放った
さらに後ろからはぞろぞろと日本兵が沸いてくる

敵部隊はこれは敵わないと判断し、早々に退却を開始した



547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:31:56.94 ID:EXMTpEX4O

敵兵「零戦だ!退却!退却!」

唯「動くな!」

敵兵「!?」

唯「銃を置いて手を上げろ…」

敵兵達は唯の指示に従った

唯「よくも澪ちゃんとさわちゃんを…」プルプル

敵兵「ユイ、ワタシダ。マエニユイニタスケテモラッタ。ユイトモダチ」

唯「…」プルプル

敵兵「ユイダイスキ。ハハハ」

パーン!

唯「ハアハアハア…行け…行け!」

唯は元捕虜だけを射殺し、残りの者は逃がした



550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:39:05.69 ID:EXMTpEX4O

梓「澪大尉!」

澪「り、律は?律は生きてるか…?」

梓「ええ…!ええ!あなたが守ったんですよ!律さんは生きてます!」

澪「そうか…やっと私にも正しいことができたんだな…」

澪「これで胸を張って、死んだみんなに会えるよ」

梓「縁起でもないこと言わないでください。
  日本に帰ったらバンド組むんでしょ?それと一緒にむぎさん達の墓参りに行きましょう」

澪「あ、ああ。そうだったな…梓、ちょっと疲れた。少し休ま、せて…」

梓「!?衛生兵ー!衛生兵ー!」

梓は衛生兵を探すため、その場を離れた



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:43:14.50 ID:EXMTpEX4O

澪「り、つ…」

律「はい」

澪「これを頼む…。持っていてくれ」

澪は血まみれの歌詞を書いた紙と和の手紙を胸ポケットから取り出し、律に手渡した

律「やめろよ…もう死ぬみたいなことはよせ…」

澪「死な、ないよ。日本に帰ったら…バンドを組むんだから、な…」

澪「律…命を無駄に…する、な。しっかり生きろ…」

日本軍がビルマを制圧したのは、このすぐ後のことだった



557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:52:58.71 ID:EXMTpEX4O

少しその後の話をしよう

梓は今回の作戦でその実力が認められ、異例の尉官特進の話が持ち上がった
しかし当の本人は階級になど興味がないといい放ち、作戦直後に除隊
彼女は終戦後初の総選挙で見事に当選を果たすと、
新米派ということもあって、吉田茂の右腕として
サンフランシスコ平和条約や日米安全保障条約を締結させた
さらに憲法9条を提案したのは他ならぬ梓だった

その後、自民党に入党した彼女は、
佐藤栄作内閣外相として日米共同声明を発表、沖縄返還を実現させた

沖縄が返還されると、自分の役目は終わったとでも言うように
外相を辞任、次の総選挙には出馬せず、
今は全国各地をまわり戦争の悲惨さを訴える講演を行っているそうだ

唯は達者な中国語とその愛くるしいキャラを活かし、外交官として活躍
日中国交回復のため、中国を飛び回った
そして彼女の側にはいつも有能な秘書がいる
もちろん唯の大切な妹、憂ちゃんだ

そして私、田井中律は…



560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:58:19.37 ID:EXMTpEX4O

律「普通の人生を送ってしまった」

孫「おばーちゃん、急にどうしたの?」

律「なんでもないよ~ふぇっふぇっふぇ」

孫「その笑い方やめてっていつも言ってるでしょ!馬鹿律!」

律「ふぇっふぇっふぇ。まったくおばーちゃんに何て口の聞き方だい。
  おっと、遊んどる暇はないの。そろそろ行かないと」

孫「どこ行くの?」

律「お墓参りだよ。お前も来るかい?」

孫「うん、行く」



567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:02:52.23 ID:vrDX3S4yO

墓地

梓「…」

律「おーおー梓じゃないか」

梓「律さん、久しぶり」

律「毎年この日はみんなに会えるのぅ」

梓「そうですね。ところでそちらはお孫さん?」

孫「こ、こんにちは…」モジモジ

律「そうそう。いつまでたっても恥ずかしがり屋で困ってるんじゃ」



568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:06:44.50 ID:vrDX3S4yO

唯「おーい二人共ー!」

律「うるさいのがきたの」

梓「あなたが言えないでしょ…」

唯「いると思ったよ~!」

憂「お久しぶりです」

唯「お?そちらはりっちゃんのお孫さん?」

孫「ここ、こんにちは…」

唯「あはは~照れてて可愛い~!昔の澪ちゃんみたいだね!」



574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:15:40.82 ID:vrDX3S4yO

「みんな揃ってるわねー!」

一同「?」

律「あの~どちらさん?」

さわ子「ちょっとぉ!軍曹の顔忘れるなんてひどくない?」

一同「えーーーー!?」

律「あんた一体何年生きてるんだ!」

梓「というか生きてたの!?」

さわ子「そりゃあ生きてるわよ。連合軍に土左衛門寸前で引き揚げられてね~
    そのまま終戦迎えてシベリア抑留よ!いや~あれはしんどかった!」

律「ターミネーターかよ…」

さわ子「ちょっとぉ、人を何だと思ってるの?そんなことより線香上げて早く飲みに行きましょ!」

律「まぁ、こんな終わりも悪くないか」



576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:18:21.55 ID:vrDX3S4yO

終わりです
疲れました
保守支援してくださった方、絵を描いてくださった方、本当にありがとうございました




577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:18:46.87 ID:slrJAJ2TO

おいさわ子すでに100歳越えてんだろwwwwww



578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:19:08.67 ID:YWP+pZAAO

さわちゃん凄すぎ



579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:19:12.72 ID:PnA8meTD0

乙!!!!



580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:19:58.77 ID:WqCATet7O


そして忘れ去られた純



581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:20:06.64 ID:C6hY2/yaO

乙でした
中々面白かったよー
プライベート・ライアン借りて来て見てみるかな!



582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:20:16.55 ID:X4KywLEZ0


あずにゃん死ななくて良かった



583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:21:19.10 ID:tztTjHTv0


面白かったよ



584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:21:44.87 ID:W0NxvIm00





586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:22:37.24 ID:50vDLFXE0

その墓は澪だけじゃなく納骨してなくとも麦と和も弔ってるんだよな?



588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:23:24.42 ID:OM5Yhxo8O



最後に俺の嫁が亡くなったのはガチでショックだった…

でも、SSとしてはよかったよ





585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:21:47.87 ID:vrDX3S4yO

律「めでたしめでたし」

唯「うっうっう…ええ話や…」

紬「すごいわねりっちゃん。また紙芝居を作るなんて」

律「はっはっは、隠れた才能だからな」

梓「というか律先輩、絶対私のこと好きですよね?」

律「だって梓可愛いんだもん」

梓「か、可愛いだなんてそんな///」



589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:23:58.71 ID:vrDX3S4yO

ガチャ

澪「ういーす」

律「!?」

律「やべぇ!澪には見せるな!隠せ!」

バサバサ

律「あ」

澪「なんだこれ?」

澪「澪「プライベート・律っちゃん?」?」

澪「…」プルプル

澪「こんなオチは認めな~い!」





fin



605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:30:02.54 ID:vrDX3S4yO

本当に終わりです
色々な指摘有難うございました
勉強になりました
梓がチートなのは梓が大好きだからです///

梓むぎの絡みとさわ子のケツを撃たれたを書けて大満足でした




587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:23:14.23 ID:n4zhqXU00

おまwwwwそれはけいおん!SSでおなじみ過ぎるからwww



590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:24:18.13 ID:GM4lndC/O

律ちゃん隊員…乙であります!



591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:24:28.63 ID:qLSvTqWXO





592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:24:53.33 ID:k36zgty10

とりあえず乙!
なかなか面白かったし、なんかホッとした



593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:25:16.94 ID:dELQXUco0

乙!!!

りっちゃんは相変わらず話し作るのうまいなww



595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:25:43.07 ID:OMdSMWk60

乙です



596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:26:07.77 ID:siTdN79z0





598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:26:21.60 ID:hAVtYmnw0

またこういうオチかwwww 乙!!



599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:26:23.84 ID:k69PLgxM0

オチで澪が瓶の傷確認してるSSの作者と同一人物だってのが分かったwww
乙!



602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:28:29.01 ID:FFsqviPt0

乙!



603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:29:02.95 ID:KuGoJxJv0





604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:29:05.52 ID:xdCdq2vW0





606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:31:16.40 ID:BCgJfzPS0





609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:36:33.10 ID:nQQC6rgS0





612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:42:31.50 ID:xQ/5xhRcO

>>1に感謝

面白かったです



613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:44:33.30 ID:W0NxvIm00

りっちゃんは将来ドラマーと作家の二足の草鞋



614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:44:38.00 ID:vNp0mcp6O

面白かった
映画見てみるかな乙



615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:45:37.45 ID:89ET4UCKO

最高に楽しかった



619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:35:25.10 ID:FGSUK92H0

おつかれ!楽しかった
>>585の律梓に萌えたw



626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 03:33:54.78 ID:f55Sef8jO





627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 03:36:32.02 ID:lHtPwzjDO

澪大尉と>>1に敬礼!



628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 05:01:18.61 ID:Sr+pyp/QO

おもろかったぜー!



629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 05:27:49.13 ID:TAqakBCcO

乙!



631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 07:20:15.70 ID:zxak5AxAO

次も期待してるよー



632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 07:33:43.84 ID:wYZn/rj7O

乙!!!!!!



633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 07:34:11.40 ID:Muz0sfFDO

楽しかった
また頼むよ



634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 07:34:24.85 ID:5UtPYpin0

なんどでも乙!



636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 08:31:44.97 ID:l2gSQ5LJO

珍しく澪がかっこいいSSだったなwww

>>1さん乙です!!





関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「プライベート・律っちゃん?」#後編

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4287 [ 2011/11/06 23:57 ] [ 編集 ]

左利き繋がりで澪がジャクソンかなと思ってたけど梓のジャクソン&ライベンがかっこよすぎてどうでも良くなった
面白かった!

タイトル:
NO:5730 [ 2012/03/03 08:15 ] [ 編集 ]

はっきり言おうつまらんな

唯「うい~うい~;;」
池沼にしてさぞ楽しかっただろう

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6