SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ほのぼの >  紬「1人、2組のペアを3年間見ることに徹した私の好きな人とのこと」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「1人、2組のペアを3年間見ることに徹した私の好きな人とのこと」 【ほのぼの】


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1306665044/




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:30:44.82 ID:rImDathDO

キャラはまだ詳しく知らない
思い付いただけだから


紬「菫ちゃん」

菫「はい、紬さん」





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:32:36.19 ID:rImDathDO

紬「高校生活はもうなれた?」

菫「あー…そうですね。中学とはだいぶ違うから最初は戸惑うことが多かったですけど」

菫「今はだいぶ慣れてきて高校生ライフってやつを楽しんでますね」

紬「ふふっ。そうよかった」

菫「これも、紬さんが私の受験勉強に付き合ってくれたおかげです」

菫「本当にありがとうございました!」ペコッ

紬「いいのよ、そんなお礼だなんて。私が勝手にしていたことだから」



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:33:34.33 ID:rImDathDO


菫「いえ、そんなわけにはいきません。
  紬さんだって御自身の大学受験の勉強をしていた上で私の勉強まで見てくれていたんですから!」

菫「それでですね。私、紬さんに何かお礼をしたいんです!」

紬「そんな…お礼だなんて…」

紬「勉強教えるくらいもっと気軽に取ってもらっていいんだけどなぁ~」

菫「そういってもらえるのはありがたいのですが、私の性格上…」

紬「ムリよね…菫ちゃん、変に真面目なんだもん」

菫(変に…)

紬「んー…でも、そういうのって普通本人に聞かないわよね?『お礼させてください』だなんて」

菫「はい…一応自分でも色々考えてはみたんです」

紬「……」

菫「ですが、私、紬さんのためになる物とかよくわからなくって…」

菫「変なことをして気分を害しても仕方がないので、紬さんに直接聞くことにしました」

紬「やっぱり真面目ねぇ~」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:35:04.26 ID:rImDathDO


菫「たはは…ですから、何か私にしてほしいことがあるなら遠慮なくおっしゃってください!」

紬「ん~…いきなり言われても」

菫「なにかありませんか?」

紬「………」ムンッ

菫(なんかすんごい真剣な顔して考えてる…)

紬「………あ」

紬「あのね、菫ちゃん」

菫「はい」

紬「私が望むことならなんでもしてくれるのよね?」

菫「はい。お礼ですから。私が出来る範囲のことなら」

紬「ふーん…そうなの…」ニヤリ

菫(あ、よくない顔してる……)

菫(え…私、なにされちゃうの?)ゾクッ

紬「菫ちゃん」ニッコリ

菫「は、はい、決まりましたか?」ビクビク



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:42:44.43 ID:rImDathDO


紬「こう、両手を上に上げてバンザイして」バンザーイ

菫「へっ………こ、こうですか?」バンザーイ

紬「すきありっ」ガバッ

菫「ひゃあ!?」

紬「えへへ~私、菫ちゃんに抱きつくのが夢だったのぉ~~」ギュー

菫「」

菫「」

菫「」はっ

菫(今一瞬思考がフリーズしてた)

菫(えええぇ~~、な、何事だ、これは!?)

紬「ん~」ギュー

菫(つ、紬さんがっ!わた、私に抱きついている!?///)カァァ



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:43:41.94 ID:rImDathDO

菫「いや、あの…え!?つ、紬さんっ!?」ジタバタジタバタ

紬「こらこら、暴れないで♪」

菫「い、いきなりなにするんですか!?は、離れてくださいよ!?」

菫(みっ、密着度が)

紬「いやよ~♪」エヘヘ

菫「というか、これがお礼ですか!?」

紬「そんなわけないじゃない~♪」

菫「ですよねー」タハハ

紬「へへっ…菫ちゃん、あったかーい」



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:44:21.70 ID:rImDathDO


菫(こ、こんなに顔が近い状況初めて…///)カァァ

紬「ね?菫ちゃん」ジー

菫(んめっ、目のやり場にこまりますっ!?ご主人さまぁぁあああああ!!?)ギャー

菫「な、なんでしょうかっ!?」シセンソラシ→

紬「私が菫ちゃんに勉強教えてたのはね」

菫「は、はい」シセンソラシ↑

紬「単に高校受験に成功してもらうためじゃないのよ?」フフッ


菫「っへ!?な、なんですか、それは!?
  てか、紬さん、ちょ、ちょっと……抱きつすぎてませんか…!?」シセンソラシ

紬「私に抱きつかれるのいや?」

菫「そ、その聞き方は、その……ずるいです」シセンソラシ←



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:45:56.50 ID:rImDathDO


紬「なんでかな?」

菫「私が、いやなんて言うわけないじゃないですか…」シセンソラシ?I

紬「菫ちゃん」

菫「は、はひっ!?な、なんでしゃう」ドギマギ

紬「なんで私の顔見てくれないのかしら?」ジー

菫「っえ!?いや、だっ、だって…その……///」カァァ

菫(恥ずかしいからだなんて言えないよ…///)アウウ

紬「久しぶりに会いに来たんだから、ちゃんと私の顔見てほしいなぁ~~なんて」エヘヘ

菫「っ!?///」

紬「もう高校生になったんだから…いいよね?」スッ


菫「へっ…そ、それは…一体…」

菫「―――っん!?///」



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:47:04.57 ID:rImDathDO


紬「ふふっ、たしかにお礼、いただきました♪」


菫「」

菫「」

菫「」はっ

菫(えと、え!?あ、あれ?私、いま…)

紬「菫ちゃんにキスしちゃった」エヘヘ

菫「いや、私の思考読まないでくださいっ………て!?」

菫「き、キスッ!?」

紬「嫌だったかな?」

菫「えぇ~~~~紬さんとっっっ!?////」

紬「お恥ずかしながら初めてだったの///」カァァ

菫(つ、つ、つ、紬さんと、私がっ!?キス!?///)カァァ

菫(しかも紬さんの、ファーストキスってぇ~~///)

菫(は、はなぢふきそうっ)

紬「菫ちゃん?」ギュッ



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 19:55:31.05 ID:rImDathDO

菫(あっ…む、胸が当たってっ…///)

菫「もうだめ」ボンッ

紬「す、菫ちゃん!?だ、大丈夫!?」

菫「」キュウ

紬「あらあら…キスくらいで…ふふっ、澪ちゃんみたい」

紬「やっぱり、とってもかわいい子ね!私の目に狂いはなかったわ」エッヘン

菫「」キュウ

紬「……」

菫「」キュウ

紬「えへ、せっかくだからもっと抱きついておこう」

紬「菫ちゃん、大好き!」ギュッ


菫「」

菫(すごいことを…聞いてしまった)

菫(も、もう、意識戻ってたけどもう少しだけ、こ、このままでいよう…///)


菫(私も好きですよ、紬さん)

菫(なんて…いつか、言えたらいいな)

菫(まぁ、いつかきっと……そのときは)

菫(こ、今度は私から紬さんにお礼をしよう…///)


紬「あったかあったか♪」


おわり




11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/05/29(日) 20:18:28.55 ID:TzvUt5Bfo


2人とも可愛い
原作でも仲が良ければ嬉しいな



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/05/29(日) 21:16:14.67 ID:1OpiS16Ko

紬さん?お嬢様じゃ" " "





13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 22:16:16.26 ID:rImDathDO

>>12

菫「お嬢様、この問題がちょっとわからないんですが」

紬「…」

紬「菫ちゃん」

菫「はい、なんでしょうか、お嬢様」

紬「私、こうこうでは友達から『ムギ』とか『ムギちゃん』とか『ムギ先輩』って呼ばれてるの」

菫「は、はぁ…ムギ…ですか(『つ』は何処へ)」

紬「うん、そうなの。だからね」

菫「?」

紬「菫ちゃんからもお嬢様じゃなくて、そう呼んでほしいなって」

菫「……え」

紬「だめかしら?」

菫「でも、お嬢様はお嬢様ですし…」

紬「ダメ?」ジー

菫「うっ!?」

菫(そんな雨の中の子犬のような目で私を見ないでマイマスタぁぁああああ!!)キュン

菫「あの…ムギとかはさすがに失礼なので…」

菫「紬さんで…いいですか?」

紬「紬さん…」プルプル

菫「ひゃあ…わ、私ごときがち、調子にのってすみません!?」ビクビク

紬「いいわね、それ!」

菫「っへ?」

紬「なんだか菫ちゃんのお姉ちゃんになった気分だわ」フフッ

菫「お、お姉ちゃん!?」

菫(お、お嬢様がっ!私のお姉ちゃん!?)

紬「ねぇ、もう1回よんでくれないかしら?」

菫「えっ」

紬「お願い」ランラン

菫(か、かわいい。年上だけど…かわいい///)

紬「」ランラン

菫「つ、つむぎ…さん///」


紬「もう1回♪」

菫「紬さん」

紬「もういっちょ♪」

菫「紬さん」

紬「ふふっ、嬉しいな、菫ちゃんにそうよばれたら」

菫「それは…とてもよかったです///」チラッ

紬「えへへ」

菫「……ははっ」


みたいな流れがあったりなかったりしてほしい




14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/05/29(日) 22:16:48.54 ID:Df8T1jImo

これスレタイ紬「」じゃなくて菫「」じゃないの?





15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 22:27:39.13 ID:rImDathDO

>>14
あー言われてみたらそっちの方がよかったかも…
脳内修正しといて

>>11
読んでくれてありがとう
原作楽しみだ



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 23:26:02.11 ID:rImDathDO

菫「紬さんはすごい」

菫「幼少の頃はピアノで賞をとったこともある」

菫「そして高校では、けいおん部という部に入り、キーボードという楽器を担当しているらしい」

菫「もっと言えば、紬さんのバンドの曲はすべて紬さんが作っている」

菫「私はたまに紬さんから誰よりも先に完成した曲を聴かせていただいたり」

菫「曲に関するささやかな悩み事などを聞かせていただいていたりもした」

菫「紬さんが高校3年生の1学期に作曲をした、『ときめきしゅがー』」

菫「彼女が作曲を終えた後に私に感想を求めた」




17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 23:40:14.12 ID:rImDathDO

トントン

「どうぞ」

ガチャ

菫「お呼びでしょうか、紬さん」

紬「菫ちゃ~ん!!」ガバッ

菫「ひゃう!?」

紬「曲がね!曲ができたの!!!」ムギュムギュムギュ

菫「えっ!な、なんですかいきなり!!
  は、離れてください!?不意打ちで抱きつかれるのはいくら紬さんでも~!?」ワタワタ

菫(というか、紬さんだからこそ私の心臓がもたないっ!!)

紬「え~菫ちゃんのケチィ」ブーブー

菫「け、ケチで結構です!というか、キャラが変わってますよ!?」

パッ

菫(あっ…)ションボリ

紬「まぁ、仕方ない。人の嫌がることはしてはいけないものね」

菫「あ、い、いえ…(なんか勘違いさせてしまわれたけど、嫌ではないんですよ私のお嬢様ぁぁあああああ!?)」

紬「さて、と。菫ちゃん!」

菫「はい、さっき曲と言ってましたが…」

紬「うん!そうなの!!やっとね、曲ができたの!!」

菫「それはあの、いつものごとく紬さんのバンドの曲ですかね?」

紬「うん!そうよ!!」

菫「ということは…歌詞は」

紬「そう!!いつも通り澪ちゃんが作詞よ!!!」

菫「ハ、ハア…(やっぱりあの人の作詞か…)」

菫(正直、私があのあまあまな歌詞がちょっと苦手なのは紬さんには内緒です)



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/29(日) 23:53:29.93 ID:rImDathDO

紬「これが今回の曲の楽譜ね」ハイッ

菫「あ、ありがとうございます」オソルオソル

菫(澪さんという方はどんな歌詞を今回は…お書きになったのだろうか…)ジー

菫「はうっ!?」

紬「?」

菫(あ、甘すぎるぜベイベー)

菫(これは…はっきり心の中だけで申し上げると…)

菫(とても高校生が書いたとは思えないくらいとってもメルヘンです!!)

紬「今回も澪ちゃんワールド炸裂よねぇ~」ノゾキ

菫(紬さんが近くに!!)ドキッ

菫「そ、そうですね」ハハハ

紬「今までの曲ならちょっとぐらいかわいい歌詞でもロックっぽさを残した感じにしていたのだけど」スタスタ

菫(あ…キーボードがスタンバイしてある…!)

紬「今回はとってもメルヘンな歌詞だったからそれを活かしてみることにしてみたわ」クスクス

菫(こんな歌詞に…紬さんはどんなメロディーをつけたのだろう…)

紬「菫ちゃん、聴いててね?これが放課後ティータイムの新曲」

紬「『ときめきしゅがー』よ」ポロ~ン



19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 00:18:07.85 ID:A2IBeLbDO

ジャーン♪

菫「……」

紬「……えへへ、どうだったかしら。一応歌ってもみたけど…やっぱりみ―」

菫「すごい…」

紬「えっ?」

菫「す、すごいです!紬さんっ!!」ギュ

紬(あ、手を握って…///)
菫「ま、まさか、まさか!この歌詞にこんなメロディーがつくなんて思いませんでした!!」

菫「あ!これが巷でいう『予想外』ってやつなんでしょうか!?」

紬「え…巷でよく言われてるのか私はわからないけど…」タハハ

菫「すっごくかわいい曲でした!!歌詞に全然違和感がなくて!!私なんだか感動しちゃいましたよ!!」

紬「ふふっ、そう言ってもらえて嬉しいわ」

菫「私、音楽のことよくわからないですけど、
  歌詞がイキイキしてるってこういうことなんだって生意気にも思いました!」

紬(な、なんだかすっごく菫ちゃんがテンション高い……)

菫「恋してる女の子って感じの歌詞がすごい良いですね~~!!」

紬(やっぱり澪ちゃんの歌詞がよかったのかしら…)ションボリ

紬(菫ちゃんは澪ちゃんみたいなしっかりした人がすきなのかな…?)ションボリ

菫「あの歌詞をここまで活かせるメロディーをつけることができるなんて」

菫「やっぱり紬さんはすごいですっ!!」

紬「えっ?」

菫「えっ?」

紬「菫ちゃん……いまなんて…」

菫「へっ?い、いや、あの、この歌詞に曲をつけられる紬さんはすごいですねって言いましたが……」キョトン
紬「………」

菫「あ!?てか、私、感極まってしまって紬さんの手を握ったままでした///!?」カァァ

紬(…私のこと、ちゃんと見ててくれてる人もいるんだ)

菫「と、とんだ無礼をっ…す、すみません…///」ウギャー

紬「あ、いえ、いいのよ!?菫ちゃ─」

菫「あわわわわ、私、し、失礼しましたぁ~」ダッ

バターン

紬「行っちゃった…」ポツーン

紬「ふふっ、でもよかった、菫ちゃんにこの曲気に入ってもらったみたいで…」

紬「この歌詞のために100曲作ったの…無駄じゃなかったわ」エヘヘ

紬(ていうか、菫ちゃんにもわかるくらい澪ちゃん、やっぱり恋してるわよね…この歌詞)

紬(明日からりっちゃんと澪ちゃんの監視を強化しましょう!!)

紬「ファイトよ、つむぎー!!」フンス



菫「なにやら紬さんの叫び声が?」



20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 00:19:51.51 ID:A2IBeLbDO

とりあえずおわり

ここまでくると妄想の垂れ流しだな…




21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:48:36.38 ID:A2IBeLbDO

トントン

「はーい」

ガチャ

紬「あら」

菫「あ、あの。入ってもよろしいですか?」

紬「えぇ。もちろん菫ちゃんなら」ニッコリ

菫「は、はい、し、失礼しますっ///」カァァ



紬「菫ちゃんの方から私の部屋に来るなんて珍しいね」

菫「そうですね、勉強を教えていただくぐらいしか紬さんの部屋には来てなかったかもなので…」チラチラ

紬「部屋をなんだか気にしているみたいだけど…」

菫「あ、いえ…部屋にあったものが随分なくなっているなぁ…と…」

紬「あぁ。そうね。もう大抵のモノは荷造りしてしまったから…」

菫「荷造り……」

紬「……うん」



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:49:14.39 ID:A2IBeLbDO

菫「……紬さん本当に寮に入ってしまうんですね」

紬「そうね。一度は1人暮らしも考えたけど、やっぱりみんなと一緒にいるのも楽しいかなって」

菫「い、いえ、そうでなくて!!」

紬「?」

菫「本当に…この家から居なくなってしまうんですね…」

紬「菫ちゃん……」


菫「なんだか…とってもさみしいです、私」

菫「紬さんと仲良くなれたのに…お別れだなんて」

紬「……」

菫「私のわがままだってわかってます…」

菫「でも、紬さんに追い付きたいと思って、勉強頑張って、桜高を受験して…合格して」

紬(桜高受けた理由どうしても教えてくれないと思ったら、そうだったの…)

菫「ようやく追い付いたと思ったら今度はもっと遠くへ行ってしまう」

菫「私はいつまでも紬さんの後ろ姿しか見ることが出来ない存在なのでしょうか」

紬「そんなこと…!」

菫「紬さんは……いじわるです」グスン



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:49:56.08 ID:A2IBeLbDO

紬「…ごめんね?」

菫「いえ、紬さんが悪いわけじゃないので謝らないでください…私が本当にわがままなだけで…」グスグス

菫「でっ、でも……もっと側にいたかった…もっと紬さんのキーボード聴いていたかったです」ポロッ

すっ

菫「……あ」

紬「泣いたらかわいい顔が台無しよ?」ゴシゴシ

菫「うぅうう……」ポロポロ

紬「泣かないで?菫ちゃんが泣いたらなんだか私まで悲しくなっちゃう」


菫「紬さん…」グスッ

紬「私は確かにちょっと菫ちゃんの先にいるかもしれないわ」

紬「でも、それはほんのちょっと先に生まれた者として避けられないことなの」

菫「はいっ…それは、わかります」グスン

紬「そのことで菫ちゃんを悲しませたのなら、本当にごめんなさい」

紬「でもね?」

菫「?」

紬「人って、けして年齢とか、先に生まれたとかそういうものが一切関係ない時が来ると思うの」


紬「だから、後ろ姿しか見てることが出来ないだなんて、そんなこと言わないで?ね?」

菫「……」

紬「これから桜高で菫ちゃんはきっと色々な体験をするわ」

菫「そう……ですかね?」
紬「そうよ」

紬「たとえば…」フフッ



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:51:22.58 ID:A2IBeLbDO

紬「友達のギターを買うためにバイトをしたり」

菫「ふぇ?」

紬「たまに友達同士が仲良くしているのを見てて嫉妬したりなんかしちゃったり」

菫「……嫉妬」

紬「みんなで合宿をして真っ黒に日焼けをしてしまったり」

菫「がっしゅく…」

紬「ライヴの終わりに安堵した瞬間にステージの上で転んでしまったり」クスッ

菫「えぇ!?」

紬「もしかしたら、高校で出会った大切な友達にお茶をふるまったりとかしちゃうかもしれない」

菫「……」

紬「確かに大変なこともあって、なかなか楽しいことばかりではないかもしれないけど」

紬「でもね?」


紬「その分、きっと菫ちゃんにとって大切なものが見つかると思うわ」

紬「私みたいに」エヘヘ

菫「大切なもの…紬さんみたいに」

紬「そう。菫ちゃんにはたくさん体験をしてもらいたい」

菫「……」

紬「見て、触れて、感じて、そして、それをあなたの大切な人と共有してもらいたいの」




25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:52:09.45 ID:A2IBeLbDO

紬「たしかに私はここを離れてしまうけど、大丈夫。
ちょっとだけ途切れてしまうだけ。でも必ず繋がっているから」

菫「……はい、わかりました」ヘヘッ

菫「私、高校生がんばります!紬さんのように楽しんで大切なものをたくさん作ります!!」

紬「ふふっ…寂しくなったら電話もメールもするからね?」

菫「なんだか、私の方からするのが多くなりそうですね…」

紬「それはそれで私が嬉しくなるからいいのよ」

菫「たはは…そうなんですか…」

菫「あの…」

紬「?」

菫「ありがとうございます…紬さん」ニッコリ

紬「……」

菫「紬さん?」

紬「あ、いえ…な、なんでもないの」アセアセ

菫「そう……ですか」

菫「あ、もうこんな時間!!はやく戻らないと!」

紬「あっ…」

菫「話聞いていただいてありがとうございました!!紬さんのおかげで気持ちがスッキリしました!では」タッタッタ

ガチャ



26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:53:05.22 ID:A2IBeLbDO

紬(さすがに本人に向かって、キスしたくなる衝動に駆られたなんて言えない!)

紬(一応菫ちゃんはまだ中学生だもんね!)

紬「でも……高校生になったら」

紬「ふふっ、楽しみなことだらけね!大学生って!!」

紬「3年間の観察を生かして」

紬「ファイトよ、つむぎ!」オー


菫「紬さんの叫び声が聞こえるような…」

菫「まぁ、いっか!」

菫「紬さんに追い付くためにがんばるぞー私!」オー




27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/05/30(月) 02:54:43.00 ID:A2IBeLbDO

これで本当におわり。

読んでいてくれた方がいたらありがとう。

キャラ汚しなSSを書いてしまってすいません。




28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(滋賀県):2011/05/30(月) 04:41:07.98 ID:/GD595CZo


SSなんて自由で良いと思うよ
2人とも可愛かったし



29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東):2011/05/30(月) 11:05:23.60 ID:cBIVIYCAO

おつ
紬×菫はこれからもっともっと増えるべき





関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「1人、2組のペアを3年間見ることに徹した私の好きな人とのこと」
[ 2011/06/11 22:07 ] ほのぼの | 紬菫 | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:2525 [ 2011/06/13 03:20 ] [ 編集 ]

良すぎだろ

タイトル:
NO:2529 [ 2011/06/13 06:02 ] [ 編集 ]

巷では(と言ってもごく一部ですが)菫さんはムギちゃんの上位交互など
と呼ばれたりで何だか不穏な感じですが、
原作内ではどんな感じのやり取りが交わされるのか楽しみな二人です。

タイトル:
NO:3650 [ 2011/08/22 21:23 ] [ 編集 ]

素晴らしい

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6