SS保存場所(けいおん!) TOP  >  歴史 >  唯「天下とりたい」#第一部 前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「天下とりたい」#第一部 前編 【歴史】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247477307/

唯「天下とりたい」#index




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:28:27.41 ID:k3bJFVHsO

唯「天下とりたい」
 
澪「何寝ぼけてんですか殿は」
 
澪「小国の小大名のくせして生意気ですよ」
 
律「そうだぞ~唯。毎度ながら変な夢は捨てるもんだ」ボリボリ
 
唯「……あの~…りっちゃん?一応私お殿様なんだけどなぁ…」
 
律「ん?」
 
唯「寝そべってお菓子食べるの止めようね?ここ殿中だし」
 
律「ん~分かった」ボリボリ
 
唯「……」 





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:33:19.18 ID:k3bJFVHsO

澪「北に朝倉。南に今川。東に武田。西に浅井」 
 
澪「こんなのに囲まれて天下なんて取れるわけないだろ?」
 
紬「私たちはぺこぺこ頭下げてまったりしてるのが一番ですよ♪」ニコッ
 
 
澪「実際今川に恭順してるしな」
 
唯「で、でも…」
 
律「しっかし今日も眠いな~…」ムニャムニャ
 
唯「り、りっちゃん!!」
 
律「んあ…?」

唯「ちゃんと軍の訓練やってよ!恩給支払ってるんだから!!」
 
律「明日頑張るよ」ゴロゴロ
 
唯「……」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:38:19.10 ID:k3bJFVHsO

―――沢庵城
 
唯「全く!!みんなやる気がないんだよやる気が!!」プンプン
 
唯「みんなやる気になれば天下の1つや2つ軽くとれるのに…!」ズカズカ 
 
唯「まぁ…確かに武員は少ないけど…」
 
唯「…ムギちゃんというお財布もあるし!」
 
唯「……でも天下ってどうやって取るんだろ?」 
 
さわこ「私に任せなさい♪」
 
唯「さわちゃん!?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:44:17.21 ID:k3bJFVHsO

――山中さわこ。我が平沢家の家臣である
 
家中一番の曲者で、敵だけでなく味方からも恐れられている
 
さらに老将ながら呪文や妖術も使えるらしく………
 
さわこ「ちょっと~…私老将じゃないわよ」
 
唯「でもやっぱり老けてるよねさわちゃん」
 
さわこ「…」
 
さわこ「ま、斬り捨てたい気持ちは心の中で抑えといてあげるわ」
 
唯「(……一応お殿様なんだけどな私…)」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:46:26.78 ID:k3bJFVHsO

さわこ「唯ちゃん…天下が欲しい?」
 
唯「欲しい!!」
 
さわこ「ふふ…そうこなくっちゃね」
 
さわこ「でも今の平沢家には到底無理だわ」
 
唯「…う」
 
さわこ「まずは国力をつけないとね」
 
唯「ほぅほぅ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:48:53.40 ID:k3bJFVHsO

さわこ「そしたら今川家を利用する」
 
唯「いまがわを…?」
 
さわこ「そうよ、とことん利用するのよ」
 
唯「で、でもどうやって……」
 
さわこ「政略結婚がいいわね」
 
唯「そ、それって憂を今川家に……」
 
さわこ「そういうことになるわね」
 
唯「………なるほど」
 
唯「(後で憂にいいかどうか聞いてみよ…)」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:53:38.47 ID:k3bJFVHsO

憂「~♪」
 
斎藤「お憂の方」
 
憂「はい?あら…斎藤さん」
 
斎藤「呼び捨てで構いません」
 
憂「何か用ですか斎藤?」
 
斎藤「唯様がお呼びでございます」
 
憂「お姉ちゃんが?何かしら……」
 
斎藤「それでは『唯の部屋』でお待ちしております」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 18:59:09.82 ID:k3bJFVHsO

唯「レボリューション!!!」
 
律「は?」
 
唯「下克上だよりっちゃん!!」
 
澪「え?」
 
唯「私たち平沢家は一致団結して天下をとることを誓います!!」
 
律「また始まった…」
 
唯「りっちゃん!りっちゃんはこれから軍事の指導を頼むよ!!」
 
律「へ?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:04:58.42 ID:k3bJFVHsO

澪「ゆ、唯…?」
 
唯「そして澪ちゃんは外交!」ビシッ
 
澪「はぁ?」
 
唯「そろそろ周りの国にも目を向けないとね!!」
 
澪「が、外交なんて無理だよそんなの!!////」アタフタ
 
さわこ「唯ちゃん…ここは適性が…」
 
唯「う~ん…そうか~。澪ちゃん恥ずかしがり屋さんだもんね」
 
澪「う、うるさいです殿は!!」
 
唯「じゃ澪ちゃんは頭いいから内政頼むよ!」
 
 
澪「そ、それなら何とか…」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:10:20.08 ID:k3bJFVHsO

唯「それじゃムギちゃんが外交ね」
 
紬「あいあいさー♪」
 
唯「賄賂なり何なり色々使って頑張って!」
 
紬「わかったわ♪(何なり…)」
 
唯「斎藤は情報収集ね!」
 
唯「この時代、情報を制する者が天下を制するからね!」
 
斎藤「はっ!琴吹家御庭番の実力を示したく思います!!」
 
唯「うんうん」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:16:54.19 ID:k3bJFVHsO

唯「あれ…さわちゃんは?」
 
さわこ「私は軍師だから仕事はやらないのよ」
 
澪「あれ…軍師は私じゃないんですか?」
 
さわこ「え?」
 
澪「さわこ先生いっつも寝てるから私が任命された筈ですが……前の代の時に…」
 
さわこ「……」
 
律「……」
 
唯「ま、まぁそれはともかくこうして一致団結出来たわけだし…!」
 
憂「ちょっとお姉ちゃん!?」
 
唯「ん?何だい妹よ?」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:21:07.50 ID:k3bJFVHsO

憂「いきなりこんな集会なんかしてどうしたの!?」
 
唯「…全国制覇」
 
憂「え?」
 
唯「お父さん達の代ではやり遂げられなかったことを…私がやってみたいんだ…」
 
憂「お姉ちゃん…」
 
憂「でも皆さんが…」チラッ
 
律「まぁここまで言われたら仕方ないな」スクッ
 
憂「?」
 
律「二本槍の律。力になるぜ」
 
唯「りっちゃん!!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:23:54.21 ID:k3bJFVHsO

澪「わ、私も…」
 
唯「!」
 
澪「戦いは苦手だけど…作戦立てたりなら…///」
 
唯「澪ちゃん!」
 
憂「…!」チラッ
 
紬「お金なら任しといて♪」
 
唯「!」
 
斎藤「私は紬お嬢様の仰せのままに…」
 
唯「みんな…!」
 
憂「うそ…」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:27:19.03 ID:k3bJFVHsO

さわこ「その意気やよしっ!!」
 
澪「ひっ!」ビクッ
 
さわこ「お憂の方…唯ちゃんは本気よ…」
 
唯「うんうん」
 
憂「……そんな」
 
憂「私…戦争なんて嫌です…」
 
唯「……」
 
律「でもな憂ちゃん…」そっ
 
澪「律」ガシッ
 
律「…!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 19:34:40.97 ID:k3bJFVHsO

憂「……こんないきなり…」
 
さわこ「お憂の方…(これは政略結婚は難しそうね…)」
 
憂「……」
 
唯「……憂」
 
憂「…分かりました!私、皆さんと一緒に戦います!!」
 
さわこ「へ?」
 
澪「お、お憂の方…?」 
 
憂「お姉ちゃんのためなら馬にだって乗ります!!」
 
唯「え…あ、そう?ありがとうね憂…」
 
憂「うん!頑張ろうねお姉ちゃん♪」
 
みんな「………」
 
こうして平沢家は役割分担をし、天下へ一歩踏み込んだのであった



32 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:04:57.10 ID:k3bJFVHsO

田井中律。代々平沢家に使える田井中家随一の猛将。唯とは幼い頃から遊び仲間であり、その絆は深い
 
律「ほら~!そこで構えだ馬鹿たれ!」
 
兵「ひいぃ~~っ」
 
紬の資金で雇われた兵を訓練するのが律の仕事  
 
律のそのスパルタから兵士は恐れ「鬼の二本槍」のあだ名がついた




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 20:10:34.53 ID:SqlA8TYP0

りっちゃん利家か





34 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:11:18.86 ID:k3bJFVHsO

秋山澪。出身は農民である。幼い頃から学問を修めるため近くの寺で修行していた
 
幼なじみでもある律の推挙により、十歳の頃に平沢家の家臣となった
 
二代目の平沢唯は澪を文官として重用している
 
 
澪「ふぅ…まだまだこの荒地は開発できるな…」 
 
澪はその優れた才能を農地の開発や商業の奨励、民政などに発揮した
 
そのおかげで平沢家は随分豊かになった



38 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:20:22.26 ID:k3bJFVHsO

琴吹紬。元は公家(貴族)だったが、『面白そうだから』という理由で平沢家の家臣となった
 
平沢家が今までぐうたら出来たのは琴吹家の莫大な財産のお陰である
 
また紬は、持ち前の温和さと、先が読めぬポーカーフェイスで外交に大きく貢献した
 
1560年には浅井家と同盟を結べた
 
唯「えへへ…長政様かっこよかったなぁ~//」
 
澪「弱冠15歳の大名か…確かにすごい方だよな…」
 
律「おいおい~。そんなんじゃ浅井に寝首かかれるぞ唯」
 
唯「むっ!長政様はそんなことしないもん!!」



39 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:23:15.16 ID:k3bJFVHsO

さわこ「しかしムギちゃんグッチョブね!」
 
澪「唯だけだったら戦争になってたかもしれないからな」
 
紬「長政様も意外に乗り気でしたので♪」
 
唯「やっぱり長政様かっこいいよ~///」
 
憂「(あとで長政殺すか)」



41 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:28:09.96 ID:k3bJFVHsO

平沢憂。戦国時代の武家に生まれた女性だが、姉の唯が理解者であり、
人質に出されることも御家の道具として扱われることもなかった
 
また今川家に恭順した時、一目惚れした義元が結婚を申し込むが軽く断ったという
 
唯「ういー。ようかん~」
 
憂「もぉ。お姉ちゃんさっき食べたでしょ?」
 
唯「うぅ…」



42 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:34:44.50 ID:k3bJFVHsO

執事斎藤。紬と唯に絶対的な忠誠を誓っており、
いざとならば自らの死も受け止める覚悟の隠密頭 
 
情報収集に長けており、そのおかげで平沢家は周りの様子が手にとるように分かった
 
 
 
時は戦国。一国一城の主である平沢家。その美濃に変化が起きたのは1560年のことだった



43 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:38:15.10 ID:k3bJFVHsO

―――1560。沢庵城
 
 
斎藤「唯様っ!!」ガラッ 
 
唯「はいはぃ?」
 
律「あ、斎藤さんも将棋やる?澪が弱くてさ~~」
 
澪「将棋は飛車角落ちだたらだろ!!」ゴンッ
 
斎藤「聞いて下さい!!織田家が…!!」
 
さわこ「…!」ピクリ
 
唯「?」



45 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:41:29.65 ID:k3bJFVHsO

斎藤「織田信長が桶狭間で今川義元を破りました!!」
 
澪・紬・さわこ「!!」 
 
唯「あ!りっちゃんそれ私のようかんだよ~!」 
 
律「いいだろ~1つくらい~」
 
澪「……そんな馬鹿な…今川が…?」
 
さわこ「今川義元は!?」
 
斎藤「う、討ち取られたようです…」
 
紬「そんな…!」



47 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:47:21.79 ID:k3bJFVHsO

あの名門の今川家が、平沢家までとは言わないが小大名である織田家に敗れたのだ
 
あっという間の出来事に援軍も出せなかった平沢家
 
澪「ど…どうするんだ?今から援軍を…」
 
さわこ「もう遅いわ…今から行っても…」
 
紬「そんな…」
 
律「……」
 
律「…ここは殿様に決めてもらうしかないな」
 
 
唯「ふぇ?」



49 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:53:53.56 ID:k3bJFVHsO

唯「む、無理だよ私そんな…!」
 
さわこ「唯ちゃん。あなた『誓いの日』に言ったわよね……」
 
唯「…な、何を」
 
さわこ「………」
 
さわこ「…覚えてないけど…それらしいこと」  
唯「……」
 
紬「決めれるのは唯ちゃんだけよ」
 
憂「お姉ちゃん!」
 
唯「う…(どうしよう…)」
 
 
安価+2 
①すぐに織田家と同盟を組む 
 
②歴史に名を残すため、朝廷に献上を装った無礼講ダンス




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 20:54:57.51 ID:zsu4HTN5O

1



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 20:55:13.70 ID:DIpnZwO20






53 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 20:58:26.19 ID:k3bJFVHsO

唯「す、すぐに織田家にムギちゃんを送って!!」
 
澪「じゃあ唯…」
 
唯「今川から独立しよう!」
 
紬「……わかったわ。すぐに土産の沢庵を用意するわね」
 
憂「だ、大丈夫かな…!」
 
律「戦はないのかー!ちぇー!」



56 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:02:19.19 ID:k3bJFVHsO

平沢家は織田家と会盟することに成功した
 
これは平沢家は今川家と縁を切るというメッセージでもあったが、
いまの今川家に対抗する力は残ってなかった
 
唯「余は満足じゃ!」
 
憂「もぉ~お姉ちゃんったら調子に乗って~」
 
 
だが信長は平沢家を使える道具としてしか見てなかった



58 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:08:16.63 ID:k3bJFVHsO

澪「これが鉄砲ですか…」
 
商人「はい。これは種子島から伝わった火器で―――」
 
唯「ふぁ~あ」
 
澪「ゆ、唯!聞いてるのか!」
 
唯「はっ!すいません澪様! (ついに澪ちゃんにも呼び捨てにされた……)」
 
澪がやった商業の奨励のお陰で 美濃の商業は著しく発展した
 
そして内陸部にも関わらず 比較的早い段階で火縄銃が手に入った



59 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:13:50.67 ID:k3bJFVHsO

律「唯~!」
 
唯「あ!りっちゃん!将棋やろうよ将棋!」
 
律「バカ、今それどころじゃないんだよ唯」
 
唯「え?」
 
律「新しい馬300頭ほど買いたいんだけど…いいかな?軍隊を強力にしたいんだ」
 
唯「……馬」
 
律「そっ!強力な騎馬軍団はウチの象徴だろ?」 
 
唯「(でも…前に澪ちゃんがこれからは銃の時代だって……)」
 
唯「(…どうしよう?)」 
 
安価+3
 
①唯「時代は銃だよりっちゃん!」 
 
②唯「OK♪300頭と言わず500頭買おうよ!」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:16:00.99 ID:xcsMzMYM0





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:16:27.22 ID:fDaomqVX0





62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:16:34.47 ID:u6mmpzGBO

1



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:17:15.75 ID:bsWLgBwGO

1





64 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:23:32.28 ID:k3bJFVHsO

唯「時代は銃だよりっちゃん!」
 
律「え?」
 
唯「前に届いた火縄銃見たでしょう?馬なんて古いんだよ!」
 
律「な、何を言ってるんだ…唯?」
 
唯「強力な騎馬軍団も弓矢には勝てない…。ましてや火縄銃なんてもんの前には完敗だよ♪」
 
律「………」
 
唯「あれ?りっちゃん?」



66 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:29:48.22 ID:k3bJFVHsO

律「……私の刻む8ビートじゃ…戦に勝てないってか?」
 
唯「え…?いや…そういうワケじゃなくて…」
 
 
律「今までやってきたのが馬鹿みたいだ!!銃の訓練なんか死んでもしないからなっ!!」
 
唯「え…そ、そんな…」 
 
律「……邪魔したなっ!」バタンッ
 
唯「(…どうしよう…怒らせちゃった…)」
 
安価+3 
 
①なんとか律を説得させる 
②謝りにいき 騎馬鉄砲隊を作らないかと説得してみる
③ほっとく




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:31:23.36 ID:+xTeSAOu0

2



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:06.74 ID:M1VJK/35O

さん



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:14.34 ID:+xTeSAOu0

2



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:28.51 ID:xcsMzMYM0





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:33.28 ID:LFo3Elyi0





72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:47.16 ID:zsu4HTN5O

2



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 21:32:55.57 ID:7sAERwshO






74 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:37:56.98 ID:k3bJFVHsO

――律のお部屋
 
律「(唯のバカ!!もうこんな腐ったところ止めてやる!)」
 
律「(武田家なら…もしかしたら登用してくれるかも…最強騎馬軍団を擁するし…)」
 
律「(………でも)」
 
律「…………」
 
唯「りっちゃん」
 
ふすま越しに聞こえる唯の声。律は急いで涙を拭った
 
律「な、なんだよ唯!説教なら聞かないからな!!」
 
唯「…ごめんねりっちゃん…」
 
律「…!」



76 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:43:20.18 ID:k3bJFVHsO

律「ゆ、唯…」
 
唯「だからりっちゃん!私考えたの!」
 
律「え?何を?」
 
唯「りっちゃんの騎馬軍団に鉄砲を持たせることによって歩兵にも強い鉄砲騎馬軍団!!」
 
律「…はぁ?て、鉄砲騎馬軍団?」
 
唯「うん!絶対最強だよこれ♪」
 
律「い、いやいや…」
 
 
律が理解できないのも当たり前であった。史実で鉄砲騎馬を扱ったのは伊達正宗。
当時は鉄砲もまだ知れ渡ってない。唯の先を読んだ発言に、律は混乱していた



77 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:46:01.46 ID:k3bJFVHsO

律「馬に乗りながら鉄砲なんて出来るわけ…」
 
 
唯「りっちゃんっ!!」 
 
律「!」
 
唯「私、りっちゃんが頑張って訓練してたの知ってるから!」
 
唯「絶対大丈夫だよ!がんばろう!」
 
律「…!」
 
律「唯…」
 
律の忠誠心が5上がった



80 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:50:17.39 ID:k3bJFVHsO

時は戦国。群雄割拠の時代である
 
平沢家は鉄砲騎馬軍団を擁し、織田家・浅井家とともに連合をはった
 
そして1568年。信長は力をつけ入京した
 
平沢家の当主である唯も同行した



83 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 21:58:02.31 ID:k3bJFVHsO

唯「わぁ~ここが京の都か~♪」
 
信長一向が二条城にいる間、唯は京の街で暇を潰していた
 
唯「~~♪」
 
和「唯!?」
 
唯「へ?」くるっ
 
唯「あー和ちゃんだー♪どうしてこんなところに?」
 
和「それはこっちが聞きたいわよ!唯は卒業後、大名になったんじゃないの!?」
 
唯「ふっふっふ!なりましたよ大名に!」
 
唯「この紋所が目に入らぬかっ!」
 
唯が出した紋所にはギー太が彫られていた



84 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:03:50.25 ID:k3bJFVHsO

――団子屋
 
和「あぁ…やっぱりあの平沢家の当主なのね」
 
唯「うん♪いま最も注目されてる大名だよ!」
 
和「…」
 
唯「…最近では桶狭間で今川家をやっつけ…」
 
和「唯?」
 
唯「ん?」
 
和「私ね…いま足利義昭に仕えてるのよ」
 
唯「へ?」
 
和「その辺の事情はよくよく知ってるわ」
 
和「あなた達まだ一回も戦したことないじゃない」
 
唯「うっ…!」グサッ



85 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:06:21.66 ID:k3bJFVHsO

和「成長著しい織田家についていってるだけ…」 
 
唯「……面目ないです」 
 
和「はぁ…こうやってニートが出来上がってくのね」
 
唯「戦やってないだけでニート!?」
 
和「全くもう…唯は相変わらずね…」
 
唯「(何かしなきゃって思うけど…)」
 
唯「(一体何をしたらいいんだろ…)」



86 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:10:04.04 ID:k3bJFVHsO

唯「あれ?そういえば和ちゃんは何でここに?」 
 
和「さっき言ったでしょ?私、足利義昭の仕えてるのよ」
 
唯「義昭って…あの室町幕府の将軍?」
 
和「えぇ。今は将軍じゃないけど…信長さんが何とかしてくれるわ」
 
唯「えー?でも信長様は義昭を追放するとか…」 
 
和「えっ!?」
 
唯「やばっ!!」サッ



88 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:13:04.13 ID:k3bJFVHsO

和「今の話本当なの!?唯!!」
 
唯「も、黙秘します」
 
和「真面目に答えなさい唯!!答えによっては信長を闇討ちにするわ!」 
 
唯「ひぇ…何か怖いよ和ちゃん…」ガタガタ
 
唯「(どうしよう…口が滑ったなんていったら信長様に殺される…)」
 
和「今から二条城に行くわ!!」ダッ
 
唯「…!」
 
唯「(ひらめいた!)」
 
唯「和ちゃん待ったー!!!」



89 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:15:44.76 ID:k3bJFVHsO

和「な、何よ唯…」くるっ
 
唯「和ちゃん……ここで会ったのも何かの縁……」
 
和「?」
 
 
安価+4 
①唯「お命頂戴っ!」
 
②唯「仲間になってくだせぇ!!」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 22:16:12.63 ID:LFo3Elyi0





91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 22:17:37.87 ID:U+I9hDlkO

2



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 22:19:03.01 ID:EHHrt8WJ0

2



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 22:19:54.08 ID:+xTeSAOu0

2



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 22:20:10.54 ID:mvQVIFlK0


和は細川藤孝ポジションか?





96 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:25:58.59 ID:k3bJFVHsO

唯「仲間になってよ和ちゃん!!」
 
和「な、何言ってるのよ唯…私は…」
 
唯「和ちゃーんっ!!」ダキッ
 
和「うわっ!!」ビクッ
 
唯「私…辛いんだよ…信長様の言いなりになるのが…」
 
唯「和ちゃんがウチに入ってくれれば…万人力なんだけど…」ギュッ
 
和「そ、そんなこと言われても…」



98 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:31:31.70 ID:k3bJFVHsO

―――結局
 
唯「ただいまー」ガラッ
 
斎藤「お帰りなさいませ」
 
澪「…唯!」
 
律「あー唯!お土産はー?」
 
唯「あ…忘れた」
 
律「なにぃー!?わざわざ京まで行った意味ないじゃん!?」ガーン
 
唯「ああ、それなら大丈夫だよ」
 
律「おぉ!なんかいいお土産が?」
 
唯「新入武員の和ちゃんです♪」
 
和「うっ…」
 
澪「…え」
 
みんな「えぇーー!!?」
 
和「(私としたことが…ついてきてしまった…)」



101 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:36:31.60 ID:k3bJFVHsO

律「和!来てくれたのか!!」
 
和「わ、私は…!」
 
澪「実は文官が少なくて困ってたんだ…!ありがとう和!!」
 
和「う…うぅ…(というか全体的に何もかも少ない)」
 
唯「目標は天下布武!一気に前進だー♪」
 
紬「おー♪」
 
さわこ「まずは武田ね!!」
 
律「うぉっ!さわちゃんいたのかよ!!」
 
和「……」
 
和「(……まぁ唯も心配だし…これはこれでいいかも…)」
 
 
和が仲間になった!知力92



105 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:40:58.59 ID:k3bJFVHsO

唯「~♪」モグモグ
 
ガラッ
 
和「唯!畳の上で食べないでって何度言ったらわかるの!?」
 
唯「ひっ…!」ビクッ
 
律「はっはっは!唯はバカだなー♪」
 
和「律も!演習許可証が出てなかったわよ!!」 
 
律「えっ…!?ご、ごめんなさいごめんなさい!」
 
唯「あはは!りっちゃんはバカだなぁ!」



108 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:43:45.21 ID:k3bJFVHsO

澪「なんか…和が来てから一段と騒がしくなりましたね…」
 
憂「えぇ、でもいいことですよねそれは」
 
澪「はい。天下のことを忘れてずっとこの毎日を過ごせたらいいのに……」
 
憂「全くその通りですね」ニコッ
 
 
しかしその平和はすぐに壊れた



111 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:52:56.62 ID:k3bJFVHsO

斎藤「唯様っ!!織田軍が越前に侵攻!!」
 
さわこ「何ですって!?」
 
唯「ちょっと待ってよ~今いいところなのに~…」
 
澪「バカ!今そんなことしてる場合じゃないだろ!!」
 
唯「ひぃっ!ご、ごめんなさい!」
 
紬「越前というと…朝倉家!!」
 
澪「でも朝倉と浅井は同盟してたはず…!」
 
和「信長は裏切ったんだわ…浅井長政を…!!」 
 
唯「えぇ!?長政様を!?」ガタッ



113 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 22:56:07.47 ID:k3bJFVHsO

さわこ「浅井長政は義を重んずる武将…きっと同盟関係が深い朝倉家につくでしょうね…」
 
紬「でも…私たちは織田家と浅井家のどっちとも同盟を結んでいるし…」 
 
澪「……」
 
さわこ「どうやら決断をするべき時が来たようね……」
 
律「唯」
 
唯「へ?また私?」



116 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:01:08.89 ID:k3bJFVHsO

和「唯!どう考えても信長は悪よ!今なら浅井軍と一緒に背後から織田軍を突けるわ!」
 
さわこ「奇襲ね」
 
澪「で、でも織田家は力量は私たちを凌駕してるし…失敗して逆に攻め込まれたら……」ブルブル
 
 
憂「お姉ちゃん…」
 
唯「え?え?」
 
唯「(ど、どうしよう……)」
 
重要安価+5 
 
①織田家につく(傍観)
 
 
②浅井家につく(奇襲)
 
 
③朝倉家に侵攻(暴走)




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:01:58.91 ID:wN6HPCD30

2



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:02:11.15 ID:RFUIV7ja0

じゃあ2で



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:02:38.46 ID:LFo3Elyi0





122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:02:48.50 ID:teRL9pLWO





123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:03:21.73 ID:+xTeSAOu0

2





127 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:09:20.24 ID:k3bJFVHsO

唯「(…信長……奇襲……浅井…越前…騎馬………)」ポクポクポクポク
 
律「ゆ、唯…?」
 
唯「(ひらめいた!!)」チーン
 
憂「お姉ちゃん…?」
 
唯「りっちゃん!すぐに出陣の用意をして!!」 
 
みんな「!!!」



129 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:17:06.18 ID:k3bJFVHsO

唯「憂と和ちゃんはみんなの食糧を用意して!!」
 
和「唯…」
 
唯「ムギちゃんは浅井家に連合する意思を伝えて!」
 
ムギ「どんとこいでーす♪」
 
唯「斎藤は馬を用意するように!」
 
斎藤「はっ!」
 
唯「さわちゃんは誰か手伝って!」
 
さわこ「……」
 
唯「そして澪ちゃん!」チラッ
 
澪「………」ガタガタ
 
唯「澪ちゃん……」



132 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:24:42.05 ID:k3bJFVHsO

澪「やだ…私やだよ…」ガタガタ
 
唯「…澪ちゃん」
 
澪「織田軍の強さ、信長の恐ろしさは唯も分かるだろ!?」
 
さわこ「………」
 
澪「…怖いよ私…」ガタガタ
 
唯「澪ちゃん!」ガシッ
 
 
澪「ゆ、唯…」
 
唯「I'll be back」
 
澪「……」
 
澪「…は?」
 
唯「よしっ!準備が整い次第出陣じゃあ!」
 
澪「いやいやいやいや唯!!全然励まされてないから!!こらっ!行くなバカ!」



135 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:29:36.56 ID:k3bJFVHsO

――そして
 
唯「敵は一乗谷にあり!!」
 
紬「おー♪」
 
律「へへ…血が騒ぐぜ」 
 
澪「ゆ、唯!」
 
唯「ん?」
 
唯「わぁ!澪ちゃん兜似合ってるね!」
 
澪「え…?そ、そうかな…///」ポッ
 
澪「…ってそうじゃなくて!!」
 
唯「大丈夫だよ」
 
澪「へ?」
 
唯「私…やっぱりりっちゃんのこと信用して良かったと思う…」
 
澪「り、律?」



136 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:33:28.54 ID:k3bJFVHsO

唯「この騎馬軍団見てよ…ざっと2000頭はいるよ」
 
澪「……」
 
唯「りっちゃんが手にかけて育てた伝統あるお馬さんたちだよ」
 
唯「これなら奇襲は成功するよ!」
 
澪「(馬が…?)」
 
唯「ほら!澪ちゃんも私の後ろ乗って!」ガシッ
 
 
澪「わっ!///」ヒョイッ
 
唯「2人乗りだね!」



138 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:38:32.88 ID:k3bJFVHsO

律「唯!出陣はまだか!!ドラムスティックが疼くんだよ!」
 
唯「OK行こう!」バッ
 

律「おっしゃぁ♪」パカラッ
 
紬「楽しみだわ~♪」パカラッパカラッ
 
斎藤「お嬢様。危険になったら迷わず逃げて下さい…くれぐれも」ブツブツ 
 
さわこ「(初陣は錦を着て帰るわね…)」パカラッパカラッ
 
憂「(澪さんいいなぁ…お姉ちゃんの後ろに乗れて…)」パカラッ
 
和「(…信長……義昭様の仇……絶対に許さない!!)」
 
澪「……」ブルブル



140 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:44:38.10 ID:k3bJFVHsO

 一乗谷
 
朝倉氏が南北4キロの狭い谷間に築いた城下町。平沢軍はその山に佇んでいた
 
 
律「さて…敵さんがお見えだぜ唯!」
 
さわこ「まだ織田軍は攻めてないみたいね」
 
和「浅井軍は?」
 
紬「もう来てるわよ♪ほら!」
 
憂「あっ!あそこ!!」 
 
みんなが見ると向こうの山から一気に山を下る騎馬軍団。浅井家だ
 
谷間にいる織田軍は完全に後ろを取られ 混乱している



142 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:49:59.33 ID:k3bJFVHsO

しかし信長はお市の方が送った小豆で危険を察知したのか、すぐに秀吉を殿として撤退していった 
 
和「あ…!逃げてゆく…!」
 
律「唯!早く命令を!!」
 
唯「任せなさい!!」
 
 
安価+2
 
①馬で山を一気に下って逆側から奇襲!
 
②初めての交戦!山は慎重に下りてから奇襲!




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:50:27.97 ID:LFo3Elyi0





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:51:24.66 ID:EHHrt8WJ0

1



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:51:31.80 ID:3bYeXbIxO





146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:51:38.72 ID:XCsmvaQn0





147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 23:53:53.31 ID:znPgv7v5O






148 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/13(月) 23:57:14.80 ID:k3bJFVHsO

唯「早く追うんですよドドリアさん!!」
 
律「よっしゃぁ!そう来なくっちゃ!」ヒヒーン!
 
 
澪「ちょ…律!!1人で走りすぎるな!」
 
唯「大丈夫だよ澪ちゃん!見てて!」
 
律「さっさと私についてこい!!ドラムスティックで叩かれたくなかったらな!!」ドドド…!  
兵「おおおぉぉ!!」ドドド…!
 
さわこ「うおりゃあああぁぁぁぁ!!」ドドド…!
 
澪「…」ポカーン
 
唯「ね?」ニコッ



151 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:01:59.63 ID:p4xHtZ2qO

律「刻め!血液のビート!!」ドドド…
 
律「ふんっ!」バキッ
 
敵「ぐわっ!!」
 
兵「おりゃぁ!」ズバッ
 
 
敵「ぴぎゃぁっ!」
 
柴田「な、何事だ!!」 
 
森蘭丸「敵です!平沢軍が裏切った模様!!」
 
信長「……なに?」
 
 
さわこ「破っ!」ドパァンッ!
 
丹羽「ぐわぁ!!」
 
さわこ「(ふふ…甘いわねりっちゃん…こういう時は武将クラスを狙うのが一番なのよっ!)」



154 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:08:14.24 ID:p4xHtZ2qO

信長「我に刃向かうとは…平沢唯……うぬも地獄へ堕ちたいのか?」
 
前田「信長様!!被害甚大!!早く撤退を!!」 
 
信長「ふん…!」くるっ 
 
唯「よーし!!第二陣も続くぞー!!」
 
紬「おー♪」
 
斎藤「お嬢様…くれぐれも無茶はなさらないように…」
 
和「信長…絶対討つ!!」
 
唯「よぉし行くか!」ヒヒーン!
 
憂「お、お姉ちゃんはダメ!!」
 
唯「えー?何でー?」ブーブー



156 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:12:14.24 ID:p4xHtZ2qO

憂「あ、危ないんだもん!」
 
唯「えー大丈夫だよー大勝利だもん!」
 
澪「ゆ、唯?私もここに残った方がいいと思うな…」
 
唯「えー?そうかなー?」
 
和「行くわよ2人とも!!」パシンッ
 
紬「えぇ♪」
 
斎藤「はいっ!」
 
500の騎馬がまた谷間に向かって雪崩れ込んだ



158 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:16:05.70 ID:p4xHtZ2qO

さわこ「やっ!」ペチッ
 
梓「きゃあっ!」ズザー
 
 
さわこ「あれ…?ゴキブリかしら…何でこんなところに?」
 
梓「……」ピクピク
 
ワーワー!ワーワー!
 
 
紬「りっちゃん!」
 
律「おうムギ!信長は!?」
 
紬「南へ!撤退したわ!」
 
律「くっ!逃げられてたまるか!!」
 
紬「行きましょう!」
 
律「おう!」



161 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:20:55.50 ID:p4xHtZ2qO

ワーワーワーワー!
 
秀吉「くっ…!これじゃきりがねぇ…!」
 
秀吉「ん?あれは…」
 
 
浅井軍と戦っていた秀吉はふと山のてっぺんを見上げた
 
平沢軍大将の平沢唯が単騎で佇んでいる
 
秀吉「…平沢唯!」
 
秀吉「(…あいつを討てば…!!)」
 
秀吉「えぇい者ども!あの山に向かって駆け上れ!!平沢唯の首があるぞ!!」
 


165 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:25:21.77 ID:p4xHtZ2qO

唯「……」
 
澪「……」
 
唯「…暇だね」
 
澪「…うん」
 
唯「ねぇねぇ澪ちゃん」 
 
澪「ん?」
 
唯「私達も降りよっか!」
 
澪「え…?でも憂ちゃんがここで待ってろって……」
 
唯「え~降りて一緒に戦いたいよ~!!」
 
澪「でも憂ちゃんが…(やだよ怖いよ)」
 
安価+3
 
①私達も一気に下りて戦う!
 
②あたし待つわ




166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:25:51.92 ID:IUVUR6Sp0





167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:26:57.03 ID:D8wdtKgC0





168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:27:43.20 ID:fICtmioMO

1



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:27:44.03 ID:2ewjXceYO





171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:28:51.66 ID:yRsXtBa9O





172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:28:51.73 ID:iCmjKbPw0






173 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:32:21.51 ID:p4xHtZ2qO

唯「いっけぇ!ギー馬!」ヒヒィーン!
 
澪「ちょ…!ちょっと唯!?」
 
唯「大将だけこんなところにいたら部下に示しがつかないんだよ澪ちゃん!!」ダダダ!
 
澪「わわわ!!」
 
澪「ゆ、唯!そんなに飛ばして…!乗馬得意だったの!?」
 
唯「ううん!全然!!」ダダダ…!
 
澪「 」
 
唯「あ…」グラッ
 
き ゃ あ あ あ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ



179 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:36:18.05 ID:p4xHtZ2qO

ドザーッ…!!
 
唯「……」
 
唯「…うぅ」フラフラ
 
唯「…はっ!しまった!!」
 
唯「ギー馬大丈夫!?」ガバッ
 
澪「…う、馬より私を心配しないか…バカ唯」
 
 
唯「あ、そうだった!澪ちゃん大丈夫!?」バッ
 
 
澪「ぅう…大丈夫だけどバカ唯のせいですりむいた…」
 
唯「(一応私大将なんだけどなー…)」



181 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:41:33.40 ID:p4xHtZ2qO

澪「ゆ、唯は大丈夫なのか?」フラフラ
 
唯「うん!右手の小指折った!」ポッキリ
 
澪「ひいぃっ!」ゾクゾク 
 
澪「…って唯…痛くないのか?」
 
唯「い、痛いけど…我慢しなきゃ…」
 
澪「……」
 
澪「(痛いのを我慢して私を懐抱してくれたのか……)」
 
澪「…唯、応急処置してあげる」
 
唯「おぉ!澪ちゃん天使!」
 
澪「全く唯は元気だなぁ…」クスッ
 
??「おやおや?お嬢さん達、こんな山の中で迷子ですか?」



184 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:47:17.46 ID:p4xHtZ2qO

唯「…っ!」くるっ
 
澪「あ…あ…」
 
秀吉「見つけたー!秀吉様が見ぃつけた!」
 
澪「きゃあぁぁ!」ビクビク
 
唯「(……まずい…澪ちゃんはパニック状態だし…向こうは約10人…)」
 
 
秀吉「よう、平沢唯…。よくも我々を裏切ってくれたな…」
 
唯「(ど、どうしよう…)」
 
本日最後の安価+5
 
①律に助けを求める
 
②紬に助けを求める
 
③憂に助けを求める
 
④さわこに助けを求める 
 
⑤斎藤に助けを求める
 
⑥和に助けを求める




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:47:51.96 ID:odAyGvQq0





186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:47:54.58 ID:D8wdtKgC0





187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:48:24.17 ID:p7658xd00

6



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:49:08.49 ID:BAsnUAVkO

した



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:49:12.48 ID:fICtmioMO

やはり1だな



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:49:16.62 ID:37IVRviiO

3



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:49:30.14 ID:yRsXtBa9O





192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 00:50:55.02 ID:iCmjKbPw0

これだからエロ猿は…





193 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:53:37.17 ID:p4xHtZ2qO

唯「(…ここは)」
 
秀吉「わっ!このおなご別嬪だなー!!お市様そっくりだ!!」
 
澪「ひっ!」ビクッ
 
秀吉「どうじゃ?儂と結構せぬか?にひひ…」
 
 
唯「(りっちゃんに助けを求めるしかない…!!!)」
 
唯「りっちゃあああぁぁぁぁぁああん!!」
 
秀吉「なっ!?」
 
秀吉「誰かこいつの口を塞げ!!」
 
部下「はっ!」
 
秀吉「ちっ…余計なことを…」



194 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 00:56:06.01 ID:p4xHtZ2qO

律「はぁ…はぁ…!!」パカラッパカラッ
 
紬「…はぁ…はぁ!」パカラッパカラッ
 
律「くそっ!!信長のやつ何処に行きやがった…!!」
 
紬「完全に見失いましたね…」
 
律「せっかく追ってきたのに…!!」ギリギリ
 
紬「仕方ないわりっちゃん…戻りましょう…」
 
律「そうだな…」



196 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 01:01:37.49 ID:p4xHtZ2qO

秀吉「ホントはちょっと楽しみたかったがなぁ…」
 
秀吉「仕方ない…殺すか」ニヤリ
 
唯「…!」
 
澪「いやっ!止めて!!」ジタバタ
 
秀吉「ふん…貴様らが裏切るのが悪いんだ……。この首は信長様に献上しなければな…」スッ
 
唯「(大丈夫!りっちゃんが助けてくれる!りっちゃんが……)」グッ
 
 
秀吉「ご愁傷様!」スパンッ
 
唯「……!!!」シュパッ
 
 
き ゃ あ あ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ
 
最後に、澪の悲鳴が耳に残った。そして見える自分のカラダ。赤い血がどばどばと吹き出ている
 
 
唯「天下…とりたかったなぁ…」
 
B A D E N D



251 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:30:24.37 ID:p4xHtZ2qO

唯「…っ!」くるっ
 
澪「あ…あ…」
 
秀吉「見つけたー!秀吉様が見ぃつけた!」
 
澪「きゃあぁぁ!」ビクビク
 
唯「(……まずい…澪ちゃんはパニック状態だし…向こうは約10人…)」
 
秀吉「よう、平沢唯…。よくも我々を裏切ってくれたな…」
 
唯「(ど、どうしよう…)」
 
安価+3
 
①律に助けを求める
 
②紬に助けを求める
 
③憂に助けを求める
 
④さわこに助けを求める 
 
⑤斎藤に助けを求める
 
⑥和に助けを求める




253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 12:32:00.51 ID:gSkVm8RBO





254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 12:32:45.29 ID:tRxEUZ1M0

帰ってきた!!!




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 12:32:54.78 ID:fqxcq7HQO

5



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 12:34:15.04 ID:gSkVm8RBO






257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 12:36:56.32 ID:2ewjXceYO

早速リーサルウエポンww





258 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:37:27.75 ID:p4xHtZ2qO

唯「(…ここは)」
 
秀吉「わっ!このおなご別嬪だなー!!お市様そっくりだ!!」
 
澪「ひっ!」ビクッ
 
秀吉「どうじゃ?儂と結婚せぬか?にひひ…」
 
唯「(憂に助けを求めるしかない…!!!)」
 
唯「ういいいぃぃぃぃぃぃぃ!!」
 
秀吉「なっ!?」
 
秀吉「誰かこいつの口を塞げ!!」
 
部下「はっ!」
 
秀吉「ちっ…余計なことを…」



262 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:44:30.62 ID:p4xHtZ2qO

和「ここは鶴翼の陣になるのがいいわね」
 
憂「分かりました!斎藤!」
 
斎藤「はっ!」
 
ういいいぃぃぃぃぃぃぃ…………
 
憂「…!」ピクッ
 
憂「和さん…今何か聞こえませんでした?」
 
和「…さぁ?混戦状態だから何も…」
 
憂「そうですか…」
 
憂「(…でも確かに山腹から)」チラッ
 
憂「…!」
 
憂「頂にお姉ちゃんがいない…!」



264 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:47:20.77 ID:p4xHtZ2qO

憂「ポニーちゃん!!行くよ!!」くるっ
 
ヒヒィーン!!
 
和「あ…!ちょっと憂ちゃん!?」
 
憂「走れ!風のように!(何だっけこの台詞…)」ダダダ…!
 
和「い、行っちゃった…」ポカーン
 
斎藤「私が追います!和殿は陣を仕切って下され!」
 
和「わ、わかったわ…」



265 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:53:12.02 ID:p4xHtZ2qO

秀吉「ホントはちょっと楽しみたかったがなぁ…」
 
秀吉「仕方ない…殺すか」ニヤリ
 
唯「…!」
 
澪「いやっ!止めて!!」ジタバタ
 
秀吉「ふん…貴様らが裏切るのが悪いんだ……。この首は信長様に献上しなければな…」スッ
 
唯「(大丈夫!憂が助けてくれる!憂が……)」グッ
 
秀吉「ご愁傷様!」スッ
 
 
憂「お姉ちゃああああぁぁぁぁぁあああん!!!」ズドドド…!
 
唯「憂!!」
 
秀吉「なっ!?」ビクッ
 
 
秀吉は目を丸くして驚いた。女装束の格好した美女が
奇声を発しながら槍を振り回して向かってきたら無理もない反応だ



266 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 12:58:36.31 ID:p4xHtZ2qO

憂「私がっ!」バキッ
 
雑魚「ぎゃっ!」
 
憂「お姉ちゃんを!」ドカッ
 
雑魚「ぐふっ!!」
 
憂「守る!!」ドスッ
 
雑魚「ぴぎゃぁ!」
 
秀吉「な、何じゃありゃああぁぁ!?」
 
憂「はあああああぁぁあ……!!」
 
憂は素晴らしい無双振りを見せてくれた。
あっという間に秀吉の手下をなぎ倒し、秀吉に土下座をさせたのだ
 
 
唯「Wow…」
 
澪「…す、すごい」
 
斎藤「…大丈夫ですか!!」ザザッ
 
斎藤がようやく追いついた。憂は斎藤に縄で縛るように命じると、すぐに唯の元へ駆けつけた



268 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:02:14.74 ID:p4xHtZ2qO

唯「う、憂……ありがと…」
 
澪「……」パクパク
 
憂「お姉ちゃんのバカ!あれだけ動いちゃダメっていったのに!!」
 
唯「ご、ごめんなしゃい……」
 
澪「で、でも…憂ちゃん凄いな…10人の侍をいとも簡単に…」
 
憂「…はっ!」ビクッ
 
憂「ど…どうしよう……私…人を殺しちゃった……」ブルブル



269 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:06:41.80 ID:p4xHtZ2qO

唯「憂……」
 
憂「わ…私…ひと…を…」ガタガタ
 
澪「う、憂ちゃん落ち着いて…!」
 
唯「さ、斎藤!」バッ
 
斎藤「二名軽傷。五名重傷。……そして二名……亡骸となりました」
 
秀吉を縛り終えた斎藤が目を伏せながら報告した 
 
唯「…!」
 
憂「うわあああぁぁぁあああん!!お姉ちゃあああぁぁん!!」
 
唯「う、憂…!大丈夫だよ!助けてくれたんだもん憂は!大丈夫!」ソッ



273 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:12:56.20 ID:p4xHtZ2qO

澪「そ、そうだよ!憂ちゃんは何も悪くない!(憂ちゃん怖い…)」
 
憂「で、でも…人を……」ガタガタ
 
唯「…だ、大丈夫だよ憂!私だって人の1人や2人…」
 
ブオォォオオオン!
 
 
泣き崩れる憂を慰めていると、谷間の方から大きな音が聞こえた
 
澪「…これは」
 
唯「さわちゃんのホラ貝ギターだ!」
 
斎藤「どうやら終わったようですな」
 
唯「い、行こう!憂もほら…!さわちゃんが呼んでる!」
 
憂「う、うん…」グスッ
 
 
4人と1匹はゆっくりと山を下っていった



276 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:18:11.74 ID:p4xHtZ2qO

さわこ「ちょっとぉ~何してたのよ~待ちくたびれたじゃない!」プンプン 
 
澪「あ、あの…さわこ先生これは…」
 
さわこの周りには武将クラスの人間が何人も縛られていた
 
丹羽「く…不覚…」
 
蜂須賀「くそったれぇ……」
 
唯「(あれ…?これってゴキブリかな…?いやまさか…)」ジロジロ
 
梓「………うぅ」



279 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:22:54.45 ID:p4xHtZ2qO

律「お~い!」パカラッパカラッ
 
唯「あ、りっちゃん」
 
信長を追っていた律と紬の隊も戻ってきた。全員が生きて谷間に集合できたのだ
 
さわこ「それでりっちゃん、どうだったの?」
 
律「いや~~…それが逃げられちまってさぁ…」 
 
紬「抜け道を使われたみたい♪」ニコッ
 
澪「…そ、そっか」
 
律「め、面目ない!!」 
 
唯「大丈夫だよ~♪りっちゃんとムギちゃんは頑張ったもん♪」



280 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:26:55.39 ID:p4xHtZ2qO

さわこ「そうね…次また戦えばいいもの」
 
和「…信長」
 
憂「…あ!浅井軍と朝倉軍は?」
 
さわこ「まだ残党を片付けてるわよ」
 
斎藤「このあと朝倉浅井平沢の三者面談があります」
 
唯「げっ…!私三者面談苦手なんだよね…」
 
唯「憂私と代わってくれない?」
 
律「おい!」ビシッ



281 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/14(火) 13:30:06.50 ID:p4xHtZ2qO

唯「お願い~憂ぃ~」
 
憂「お、お姉ちゃん…」 
 
和「ダメよ唯!三者面談はこれからの進路を決める
  大事な話し合いなんだから当主が出ないと意味ないじゃない!」
 
唯「う…怒られた…」
 
 
紬「ところでこの方たちは?」ニコッ
 
澪「敵武将だ。全員織田軍の」
 
紬「まぁ」
 
さわこ「さて…戦犯処理の時間ね」
 
律「(なんかゴキブリがいるぞ…?)」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「天下とりたい」#第一部 前編
[ 2011/06/14 22:46 ] 歴史 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6