SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「竜宮小町?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「竜宮小町?」 【非日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1305344975/




1 名前:PPJ:2011/05/14(土) 12:49:35.53 ID:5lss5Puc0

これは、ド素人が考えた、けいおんとアイドルマスターのコラボです。
内容的には
     ・アイドルマスターは「2」の竜宮小町しか出てこない
     ・放課後ティータイムがバンドデビューしたと言う設定
     ・けいおん、アイドルマスター以外のキャラが出てくる
     ・ニコ厨にしかわからないネタ、多数
     ・918事件?まあいいや。サァ、行くか
です。
不定期に更新しますので、よろしくお願いします。



3 名前:PPJ:2011/05/14(土) 13:27:27.75 ID:5lss5Puc0

唯たちは大学を卒業したあと、バンドデビューした。
梓も引き入れ、デビューシングル「ふわふわ時間」をリリース。今日は、オリコンの発売日であった。

マネージャー「みんな~、オリコンが手に入ったわよ~」

この人は唯たちのマネージャーで、昔デスメタルバンドをやっていたり
なんだりかんだりで性格がさわちゃんに似ている

唯「ホント!?」

律「早速みてみようぜ!」

ムギ「わたしたち、何位ぐらいかしら~」

梓「まあ、デビューしたてのバンドですから、そんなに期待しないほうが・・・」

澪「どきどき・・・//」





4 名前:PPJ:2011/05/14(土) 13:54:33.15 ID:5lss5Puc0

オリコンシングルチャートランキング
         1、BAKKAMOOON            波Hey
         2、メルト                    初音ミク
         3、ふわふわ時間               .放課後ティータイム
         4、SMOKY THRILL            竜宮小町
         5、はたらきたくない             .ニート合唱団
         6、紳士 ~変態と言う名の~        クマ吉
         7、SATSUGAI               .デトロイドメタルシティ
         8、なんかのさなぎ              浜~
         9、ガチムチパンツ体操           .ビリーと妖精たち
        10、おっぱいだいすき             おっぱい星人



6 名前:PPJ:2011/05/14(土) 14:34:22.66 ID:5lss5Puc0

唯「すごい!私たちいきなり3位だよ!!!3位!!!」

ムギ「やったわね唯ちゃん!!」

澪「やったよ~律ぅ~」ガバッ

律「わかったから抱きつくなよ」

梓「すごいランキングだ・・・」

マネージャー「まあ、大学のときからすごい人気だったらしいし、
       デビュー前から話題があったからこういう結果になったのかもね」

律「よ~し!次もこの調子でがんばるぞぉ!!!」

唯、ムギ、澪、梓「お~!!!」

マネージャー「あ、あともう1つ」

梓「なんですか?マネージャー?」

マネージャー「あなた達のテレビ出演が決まったのよ。」

澪「て、テレビ!?」

マネージャー「音楽番組のゲストよ!」

唯、律「ええっ!?」

ムギ「あら~」

梓「ほ、ほんとですか!?」

澪「あわ・・・あわわわ」

梓「澪先輩!?」

律「澪~だいじょうぶか~」

マネージャー「ちなみにゲストはあなたたちだけじゃないわ」

唯「ほえ?」

マネージャー「もう一組、竜宮小町よ」

唯「竜宮小町?」



7 名前:PPJ:2011/05/14(土) 15:41:30.63 ID:5lss5Puc0

同日 765プロ

亜美「やったよ!あたしら4位だよ!」

伊織「まあ、私たちの実力ならこんなもんよ」フフン

あずさ「やったわね~」

ガチャ
律子「みんな!テレビ出演が決まったわよ!!」

亜美「ホント!?さすがりっちゃん!!」

律子「音楽番組のゲストなんだけど、竜宮小町と・・・あと放課後ティータイムね」

伊織「放課後ティータイム?」

あずさ「ランキング3位のバンドね~確かすごい話題になってたわ~」

亜美「確か5人組のバンドなんだよね!!亜美知ってるよ!!」

律子「そうよ、その放課後ティータイムとゲスト出演することになったのよ」

伊織「でも放課後ティータイムってわたしらより売り上げが上なのよね?」

律子「そうだけど?」

伊織「だったら、番組でわたしらの実力を見せ付けて、
   わたしらのほうが上ってことを教えてあげましょうよ!」

亜美「お~!」

あずさ「あらあら喧嘩はだめよ~」



8 名前:PPJ:2011/05/14(土) 16:21:24.54 ID:5lss5Puc0

また戻って唯たちの事務所

梓「ああ、この4位の人たちですよね」

マネージャー「そうよ、765プロの3人組のアイドルユニットよ」

唯「へ~」

律「知らなかったのかよ・・・」

唯「りっちゃん、知ってたの?」

律「いや、全然」

澪「知ったかぶるなよ」

ムギ「うふふふ・・・」

マネージャー「二つとも話題性があるからね、あと番組内で演奏するそうよ」

梓「だったら、今からでも練習したほうがよさそうですね」

唯「え~」

律「明日にしようぜ~」

澪「ミスったらどうするんだよ、恥をかくぞ」

ムギ「唯ちゃんりっちゃん、練習おわったらまたお茶にしましょ」

律「ちぇ~」

マネージャー「あっ、ちなみに」

澪「?」

マネージャー「7位のデトロイドメタルシティはこんな感じよ」
ド~~ン

澪「イイヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!!!!」

梓「マネージャー、なんでそんなもの見せたんですか・・・」

マネージャー「なんとなく」



12 名前:PPJ:2011/05/14(土) 23:00:52.50 ID:R9npdnn20

そして収録当日

テレビ局前

総統閣下「ここで待っとけば会えるのだな?」

クレープス「そうです閣下、ここで出待ちをすれば彼女たちに会えます」

総統閣下「じゃあ澪タンにもあえるんだな!!?」

ブルグドルフ「唯ちゃんにも?」

ゲッペルス「私のムギちゃんにもかい!?」

「おまえら、何をしている!」

閣下「誰だ!!」

元ベルカ空軍第2航空師団第52戦闘飛行隊「ロト隊」隊長 デトレフ・フレイジャー
現在は大学の教授をしながら、竜宮小町のファンをしている(亜美担当)

デトレフ「出待ちなど、真のファンのすることじゃないぞ」

総統「やかましい!!」

ブルグドルフ「そう言うお前はなんだよ!関係者か!」

デトレフ「違う、竜宮小町の出待ちだ」

総統「おめーも同じじゃねぇかよ!!」



13 名前:PPJ:2011/05/14(土) 23:59:39.51 ID:R9npdnn20

エリッヒ「どうしたデトレフ?」

元ベルカ空軍第22航空師団第4戦闘飛行隊「シュネー隊」隊長エリッヒ・ヒレンベランド
現在は民間の航空学校の教官をしながら 竜宮小町のファンをやっている(伊織担当)

デトレフ「ああエリッヒ、実は・・・」

ベルンハルト「そこにいるドイツ人は誰だ?」

元ベルカ空軍第10航空師団第8先頭飛行隊「グリューン隊」隊長ベルンハルト・シュミット
バーの雇われ店長をしながら 竜宮小町のファンをやっている(あずさ担当)

ヨードル「俺たちは放課後ティータイムの出待ちなんだよ。竜宮小町のファンは引っ込んでろ!」

ライナー「ほう、貴様らは放課後ティータイムのファンか」

元ベルカ空軍第5航空師団第23戦闘飛行隊「ゲルプ隊」2番機 ライナー・アルトマン
現在は戦記小説やらエロ小説やらの文筆家で、
律子がプロデューサーになる前からの律子のファンである

エリッヒ「デミトリのおっさんは伊織を紹介してくれねーし、
    ドミニクからテレビ収録の情報を教えてもらったら
    放課後ティータイムの出待ちヤローに出くわすとはな」


デミトリ・ハインリッヒ 元ベルカ空軍で現在は貿易会社の社長
ドミニク・ズボフ 元ベルカ空軍で今は裏家業

もうめんどくさいからその辺はエースコンバットZEROをやってください



14 名前:PPJ:2011/05/15(日) 04:23:00.83 ID:11A67Rch0

ライナー「まったくだ、こっちは嫁に黙ってきてるんだ」

総統「やかましいわ!
   だいたい放課後ティータイムのほうがいいに決まってんだろうが!!」

ブルグドルフ「唯ちゃんはかわいいし!」

フェーゲ「りっちゃんのデコ最高だし!!」

ヨードル「あずにゃんぺろぺろ!!!」

ゲッペルス「ムギは最高にカワイインデス!!!!」

総統「そして何より澪たんのおっぱいぷる~んぷるん!!!!!」

デトレフ「うるさい!それを言うんなら亜美だってかわいいぞ!」

エリッヒ「いおりんのデコマジ最高!!」

ベルンハルト「あずささんのおっぱいだってでかいぞ!dtpnだ!!!」

ライナー「プロデューサーの律子は元アイドルなんだぞ!!!!」



15 名前:PPJ:2011/05/15(日) 11:40:56.99 ID:AsQ1oY960

どうもPJです。自分、あずささんのファンなんですよ

ヘヘッ、花束も買ってあったりして・・・ん?

フェーゲ「そもそも竜宮小町なんて名前、ダサいし!!!!」

デトレフ「放課後ティータイムこそなんだよ!
     学校終わったら帰って勉強するもんだろうが!!!!」ワナワナ

総統「もうあったまきた!!ドイツ軍の恐ろしさを教えてやる!!!」

エリッヒ「上等だ!!!ベルカ軍の誇りと意地を見せてやる!!!!」

オラァァッ

コノヤロー

PJ「うわああああああああ!!!(巻き込まれた)」



16 名前:PPJ:2011/05/16(月) 00:07:21.79 ID:gaSJtkJj0

放課後ティータイム楽屋

マネージャー「あなたたちはこれから大部屋で待機してもらうわ」

澪「わかりました」

マネージャー「竜宮小町のメンバーも一緒になるから」

唯「ええっ、あの人たちも?」

マネージャー「そうよ、仲良くしてちょうだいね」

律「は~い」

梓「いまから竜宮小町のメンバーとご対面ですか」

唯「あずにゃん緊張してる~」

梓「ちっ、違いますよ!//」

ムギ「うふふ・・・」

澪「なにしてるんだよ、みんな行くぞ」

唯「は~い」

唯「ねぇりっちゃん」

律「なんだよ唯?」

唯「竜宮小町ってどんな人たちなんだろうね」

律「さぁ?」


大部屋

澪「ここだな、大部屋は」

梓「そうですね」

澪「失礼しま~す」



18 名前:PPJ:2011/05/16(月) 00:55:38.37 ID:gaSJtkJj0

大部屋
亜美「ねぇいおりん」

伊織「何よ」

亜美「放課後ティータイムって、どんな人たちなのかな?」

伊織「さぁ?わからないわよそんなの」

あずさ「今からたのしみね~」

伊織「って言うかこっちにくるって律子が・・・」

コンコン

あずさ「は~い」



19 名前:PPJ:2011/05/16(月) 01:49:08.38 ID:gaSJtkJj0

ガチャ

澪「こんにちは~」

あずさ「あらこんにちは」

澪「放課後ティータイムです」

梓「きょうはよろしくお願いします」

伊織「ええ、よろしく」

ムギ「あら?水瀬さんじゃない!」

伊織「あっ!琴吹さん!」

ムギ「ひさしぶり~」

伊織「まさかあなたがバンドやってるなんて思ってもいなかったわ」

唯「ムギちゃん知り合い?」

ムギ「ええ、父の知り合いの娘さんの」

伊織「水瀬伊織よ、よろしく」

唯「へ~、りっちゃんと同じぐらいのおでこさんだね~」

律「おでこさんって・・・」

亜美「りっちゃん?」

律「ああ、私だよ。田井中律、よろしく!」

亜美「ほんとだぁ!いおりんに負けないくらいのおでこさん!!」

梓「ホントにふたりとも輝いてますね~。おでこが」

伊織、律「・・・・」



20 名前:PPJ:2011/05/17(火) 06:30:18.74 ID:pNwXNKFt0

伊織「そ、そんなことどうでもいいでしょ!//亜美、あんたも自己紹介しなさいよ!」

亜美「は~い、私、双海亜美、中学生だよ」

澪「へぇ、中学生なんだ」

唯「か、かわいい・・・」ダキツキタイ

梓「唯先輩!?」

亜美「?」

律「ごめん、こいつ可愛いのに目がないんだ」

唯「えへへへ」

あずさ「あらあら~」

亜美「つぎはあずささんだよ」



21 名前:PPJ:2011/05/17(火) 06:47:47.68 ID:pNwXNKFt0

あずさ「わたしは三浦あずさよ、よろしくね~」

唯「じゃああずにゃんと一緒だね~」

あずさ「?」

梓「わたしも梓って言う名前なんです」

あずさ「そうなの~うふふふ」

梓「あずささんは何歳なんですか?」

あずさ「21歳よ」

梓「わ、わたしと同い年!!!」

律「同い年でもえらい違いだ・・・」



22 名前:PPJ:2011/05/18(水) 07:35:47.91 ID:NnokN0TP0

亜美「こっちのあずさはおっぱいが小さいね」

梓「な!・・・」

律(ホントだ・・・でかい・・・)

梓「そっ・・・そんなことはどうでもいいじゃないですか!」ムー

梓「唯先輩!!自己紹介がまだですよ!!」

伊織(話題を変えた・・・)

唯「そうだ!忘れてた!私、平沢唯!」

澪「唯はギター担当なんです」

亜美「へ~」

唯「えへへへ~」にこ~

伊織(苦手なタイプだわ・・・)

あずさ「唯ちゃんはギターをやるの?」

唯「うん、ギー太って言うんだよ」

あずさ「あら~かわいいわね~」

亜美「よろしくね、唯ちゃん。」

唯「うん、よろしく~」

澪(なんとなく、なんとなくだけどあずささんと似てる・・・)



23 名前:PPJ:2011/05/19(木) 07:54:41.78 ID:ibFJkkZ60

唯「次は澪ちゃんだよ」

澪「ええっ!?あっ、ああ私か、ベースの秋山澪です」

伊織「あなたはしっかりしてそうね」

澪「ええもう大変で大変で・・・」

伊織「なんとなくだけどわかる気がするわ・・・」

ムギ「うふふふ、つぎは私ね。」

ムギ「わたしは琴吹紬よ、よろしくね」

亜美「紬って言うからムギっていうんだね」

唯「そうだよ~、ムギちゃんはお茶を入れるのが得意なんだよ~」

あずさ「そうなの~今度いれてもらおうかしら~」

ムギ「は~い、うふふふ~」

伊織「ほんとよ、すごい上手よね」



24 名前:PPJ:2011/05/20(金) 07:39:32.68 ID:e1hsxh+h0

亜美「ムギちゃんは何やってるの?」

ムギ「キーボードよ」

亜美「へ~」

ムギ「うふふふ・・・」

伊織「琴吹さん・・・いつもこんな感じよね・・・」

梓「はい・・・」

梓(つぎは私ね)



25 名前:PPJ:2011/05/21(土) 00:18:16.84 ID:BhIg/obA0

唯「つぎはあずにゃんだね」

亜美「あずにゃん?」

梓「あずにゃんは私です、中野梓です」

あずさ「梓だから、あずにゃんなのね~」

唯「そだよ~かわいいよね~」

あずさ「うふふふ~」

梓(私の自己紹介・・・)

伊織「ところで中野さんは何を担当してるの?」

梓「にゃうっ!」ビクッ     

梓「サ・サイドギターです・・・」

伊織「そ・・・そう(たしかに猫っぽい)」



26 名前:PPJ:2011/05/21(土) 09:45:00.64 ID:BhIg/obA0

伊織「田井中さんは何を担当しているの?」

澪「律はドラムをやってるんだ」

亜美「ところで田井中さんってりっちゃんってよばれてるの?」

律「そうだけど?」

亜美「こっちにもりっちゃんっていう人がいるんだよ」

律「へ~」



27 名前:PPJ:2011/05/21(土) 17:45:33.09 ID:alYU2tAG0

~そのときの律子は~

律子「ん?」


「・・・・・!」

「・・・・・・」

律子(何かしら?)

チラッ

ハマー(浜渡浩満)「お前らの好きには絶対させねぇからYO!!!!!」

ビシィィィィッ!!!!

クラウザー「フフフフ・・・貴様のような忍者に何ができる?」

律子(・・・何コレ?)

律子がのぞいた楽屋では、悪魔と忍者が喧嘩をしていた

律子「さっさと行きましょ」



28 名前:PPJ:2011/05/22(日) 17:47:25.53 ID:O2d+XXDV0

ガチャ

伊織「あら律子」

澪「こんにちは」

律子「あらこんにちは、竜宮小町のプロデューサーの秋月律子よ、よろしく」

梓「よろしくお願いします」

亜美「ねぇねぇりっちゃん、この人もりっちゃんって言うんだよ」

律「ど・・・どうも・・・田井中律です」

律子「秋月律子よ、よろしくね」

亜美「う~ん・・・」

唯「どうしたの亜美ちゃん?」

亜美「やっぱりこっちのりっちゃんはおっぱいが小さい・・・」

澪「た、確かに律子さんのほうがでかい・・・」

律「くっ・・・」



29 名前:PPJ:2011/05/22(日) 19:23:12.10 ID:O2d+XXDV0

亜美「おっぱいでみわけがつくからまちがえないね」

律子「あははは」

律「お、おっぱいが小さくてもいいんだよ!」

梓「そうですよ!!」

澪「二人とも・・・見苦しいぞ・・・・」



30 名前:PPJ:2011/05/23(月) 20:01:24.96 ID:r+tpECaF0

伊織「律子も昔はアイドルだったのよ」

唯「へ~こっちのりっちゃんすごいね~」

律「こっちのって・・・」

澪「でもなんでプロデューサーなんかに?」

律子「もともとはこっちの志望だったのよ、
   でも社長にアイドルもやってみないかって言われてね」

律子「結局ダメだったけどね」

梓「そうだったんですか・・・」



33 名前:PPJ:2011/05/24(火) 20:05:53.02 ID:nm5o9LLu0

律子「でもこれで満足だわ、念願のプロデューサーになれたし」

澪「じゃあもうアイドルはやらないんですか?」

律子「う~ん、それはわからないわね、
   ファンからも「またアイドルやってほしい」っていうメールもあるし」

ゆい「え~、やったほうがいいよ~かわいいのに」

律子「ふふふ、ありがとう」



37 名前:PPJ:2011/05/25(水) 19:58:35.46 ID:FSmfyoMY0


スタッフ「そろそろ本番で~す」

律子「あっ、みんな、行きなさい」

亜美「は~い」

ムギ「わくわくするわね~」

澪(どきどき)



38 名前:PPJ:2011/05/27(金) 11:35:59.64 ID:tE8n1vQh0

亜美「澪ちゃん緊張してるね」

律「澪は恥ずかしがりやなんだよ」

澪「だって緊張するものは緊張するんだよぅ・・・」

あずさ「うふふ、だいじょうぶよ」

澪「え?」

律子「何回も練習して、演奏してきたんでしょ?」

澪「そうですけど・・・」

律子「だったら大丈夫よ、自信を持ちなさい」

梓「そうですよ、律子さんの言う通りですよ」

唯「それに、私たちがいるよ、だから大丈夫!」

澪「梓・・・唯・・・律子さん・・・あずささん・・・」

澪「だったら、がんばろう!」

ムギ「うふふふ・・・」

伊織「仲がいいわね、うらやましいわ」

ムギ「こうして仲良く支えあってきたからここまでこれたのよ」

伊織「なるほどね」



39 名前:PPJ:2011/05/29(日) 22:43:22.04 ID:fq7hhZ6k0

司会「さあ!今週も始まりました!スーパーミュージック!!」

司会「今週のゲストはこちら!!!!」

司会「竜宮小町!!」

キャー!!ワー!!(観客の声)

司会「放課後ティータイム!!」

きゃあああ!! きゃー!!

司会「きょうはこのゲストでお送りします!!」

竜・放「よろしくお願いしまーす」



40 名前:PPJ:2011/05/30(月) 07:38:34.95 ID:x0Hcnatb0

司会「今回は、2グループとも初登場なんだよね」

亜美「そうでーす」

司会「僕、初めてだから、自己紹介してほしいんだけど、おねがいできるかな?
    まずは竜宮小町から」

亜美「ハイ! 竜宮小町の双海亜美、中学生でーす!」

   カワイーッ!

伊織「同じく竜宮小町の水瀬伊織です、にひひ」

  イオリーン!

あずさ「同じく竜宮小町の三浦あずさです」

  アズササ-ン! 

司会「おし!次は放課後ティータイム!!」


唯「ギターの平沢唯でーす!」

   ユイチャーン! 

澪「べっ・・・ベースの秋山澪です」

   ミオチャンカワイー

律「ドラムの田井中律でーす!」

   リッチャーン!

ムギ「キーボード担当の琴吹紬です」

  ムギギュウウウ! 

梓「サイドギターの中野梓です」

  アズニャーン! 

(カタカナは観客)



41 名前:PPJ:2011/05/31(火) 07:45:17.17 ID:hM+EhcYT0

司会「澪ちゃん、緊張してる?」

澪「は、はい」

 カワイー! カワイー!

澪「あ、あはは・・・」

唯(だ、だいじょうぶかな・・)

司会「大丈夫だからね」

澪「は、はいい」

ミオチャーン!ガンバッテー



44 名前:PPJ:2011/06/01(水) 06:11:02.16 ID:q60ki4sX0

司会「あずさ・・・あっ、あずさって両方いるんだね」

梓「はい」

あずさ「うふふふ」

司会「しかも同い年なんだね」

梓「そうですね・・・」

司会「えらくちがうよね」

あずさ「そうですね~」

司会「んで、放課後ティータイムのほうの梓ちゃんは
   あずにゃんって呼ばれてるそうだけど、これは・・・」

唯「はい!私がつけました!」

司会「これはいったいなんで・・・」

唯「あずにゃんっぽかったんで」

司会「な・・・なにそれ」

あずさ「あらあら~」

伊織(わけわかんないわ)

唯「でもカチューシャつけたらもっとかわいいんだよ~」バッ

梓「い、いつの間に!?」

唯「ちょっとつけてみて~」

  キャー!!カワイイーーーー!!!カワイイーー!

亜美「あ~かわいい~」

あずさ「あらあら~」

司会「かわいいねぇ~」

司会「ちょっとこっちのあずささんも・・・」

あずさ「はいはい~」スチャ

イイ~ イイ~

司会「あ~こっちもいいね~」

澪(なんだろう・・・こう)

律(エロイ・・・)



46 名前:PPJ:2011/06/02(木) 05:56:24.24 ID:WFWtbJzr0


司会「唯ちゃんはギターに名前をつけてるの?」

唯「はい、ギー太って言うんです」

司会「へ~」

唯「あと、澪ちゃんのベースはエリザベス、
  あずにゃんのギターはむったんって言うんです」

司会「ミオチャンと梓ちゃんも?」

澪「あっ、はい、エリザベスは唯がつけたんです」

梓「むったんは私がつけました」

司会「なんでむったんなの?」

梓「ギターの種類がムスタングっていう種類なんで・・・」

司会「へ~、ドラムとキーボードに名前は?」

律「そ・・・それは・・・」

ムギ「ないです・・・」

司会「そうなんだ・・・」



47 名前:PPJ:2011/06/02(木) 06:27:16.38 ID:n6Blxf7D0


司会「よしじゃあ竜宮小町」

亜美、伊織、あずさ「は~い」

司会「亜美ちゃんは双子らしいね」

亜美「はい」

唯「ええっ!じゃあそっくりな子がもう一人いるの!?」

亜美「そうだよ」

司会「もう一人は」

亜美「真美もかつどうしてるよ、同じ事務所で」

司会「へ~じゃあ姉妹での共演も見てみたいね~」

唯「私もみてみたいな~」

司会「すっかり忘れてたけど」

 エー!?   

司会「ごめんごめん、唯ちゃんにもいもうとがいるんだよね」

唯「はい、一般人ですけど、私に似てます」

亜美「ホント!?亜美見てみたい!!」

澪「ホントにそっくりだからね」

律「しかも唯よりできる」

亜美「へ~」

あずさ「みてみたいわ~」



48 名前:PPJ:2011/06/02(木) 06:46:00.06 ID:n6Blxf7D0


司会「あずささんはよく迷子になるらしいね」

あずさ「そうですね」

伊織「ホントによく迷子になるんですよ」

亜美「だからちゃんといつでも連絡できるようにしてるし、GPSも持たせてあるんです」

司会「じ、GPSも!?」

梓(どこまでなんだ・・・)

~スタジオ裏側~

律子「ほんと・・・苦労するのよ・・・」



49 名前:PPJ:2011/06/02(木) 07:28:37.80 ID:n6Blxf7D0

 
司会「伊織ちゃんはお金持ちなんだよね」

伊織「はい」

司会「なんでアイドルなんかに?」

伊織「自分の力で頑張りたかったんです」

司会「へ~」

伊織「あと琴吹さんの企業とも仲がいいんです」

司会「そうなの!?」

ムギ「そうなんですよね~」

伊織「ね~にひひっ」

司会「そうなんだ~」

律(あれ、ムギがお金持ちってこと説明してないよね?)

澪(マネージャーが言ってたけど、この司会者、忘れっぽいらしんだよなぁ)

唯「あれ?司会者さん、ムギちゃんがお金持ちだったこと説明したっけ?」

司会「あっ・・・」

エ~!?(若干怒)

司会「すいません、あまりにみんな可愛かったんでみとれちゃったよ」

ムギ「あらあら~いいんですよ~」

伊織「琴吹さん・・・怒ってもいいのよ・・・」



50 名前:PPJ:2011/06/02(木) 21:51:12.57 ID:kaxATAWr0


司会「さ・・・さあ気を取り直して次のコーナー行こうか!」

律(こいつ大丈夫か?)

伊織(よく司会ができるわね)

司会「ほかのアーティストにインタビュー!」

ナレーション「このコーナーは、テレビ局内にいるアーティストにインタビューして、
       メッセージをもらうコーナーです!」

司会「早速、中継に繋ぎましょう!中継の○○さーん!」

中継「は~い、竜宮小町のみなさん、放課後ティータイムのみなさんこんにちは~」

竜、放「こんにちは~」

中継「今回は、Gスタジオで別の番組の収録をしているアーティストさんに突撃インタビューしまーす」

中継「おじゃましま~す、あっ!見てくださいあそこ、今回、インタビューするアーティストです!」

司会「今、だいじょうぶなの?」

中継「いま、休憩中とのことで、大丈夫です」

司会「あ、そうなんだ」

中継「じゃあ、声をかけようと思います」

中継「こんにちは~」



51 名前:PPJ:2011/06/02(木) 22:08:13.40 ID:kaxATAWr0


クラウザー「むっ!?」

澪「イイヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアっ!!!!」

澪以外の一同「うおおっ!?」

中継「今回のアーティストはデトロイドメタルシティの皆さんで~す」

司会「こっちで澪ちゃんがすごいびっくりしてるんだけど」

伊織「ってゆうかあの人より、澪の叫びにビビッたんだけど」

ムギ「澪ちゃん、大丈夫だから」

澪「ううううう・・・・」

中継「あれ、隣に叫んでる人が」

HTTマネージャー「ゴートゥDMC!!!ゴートゥDMC!!!」

ゆいあず「あ・・・」

司会「どうしたの?」

梓「な・・・なんでもないです」

唯(私たちのマネージャーだ・・・)

律(何やってるんだよマネージャー)



52 名前:PPJ:2011/06/03(金) 06:25:33.23 ID:QFn+7Vjt0


中継「クラウザーさん、カメラの向こうには、竜宮小町と放課後ティータイムがいますけど、
   何か一言!」

クラウザー「フフフフフ、その二つの話は聞いているぞ、二つとも恐怖のどん底に落としてやろうか」

澪「ひいいいい」ガタガタブルブル

律「み・・・澪・・・」

ハマー「おいちょっと待てYOクラウザー!そのカメラの向こうには竜宮小町と放課後ティータイム
    がいるんだろうが!かわいこちゃんたちを怖がらせるんじゃねーYO!!」

中継「ああっ!浜~さんです!」

伊織(またキモイのがきた・・・)

クラウザー「ヘタレ忍者は黙ってろ!!!!」

ブン!!(ギターを振る音)

亜美「ああっ!!」

クラウザー「な・・・何っ!?」

中継「変わり身の術!?」

ハマー(パンツ一丁)「俺はここだ!!!」

シ~ン・・・

一同(うわあ・・・・)

中継「は・・・ハマーさん何か一言」

ハマー「お、応援してるんでがんばってください」ニマァ

放、竜(うわあ・・・キモイ)

中継「スタジオにお返ししま~す」



53 名前:PPJ:2011/06/03(金) 06:44:32.95 ID:QFn+7Vjt0


司会「み・・・見苦しいものをみせてすいませんでした」

伊織「ホントですよ」

唯「澪ちゃんなんか終始怯えてたよ」

あずさ「澪ちゃん大丈夫?」

澪「な・・・なんとか・・・」

司会「そういえば澪ちゃん、歌詞を書くのが趣味だって聞いたんだけど」

澪「えっ、あっはい!じつはもってきたんですけど」ワクワク

亜美(復活した・・・)



54 名前:PPJ:2011/06/03(金) 07:38:33.90 ID:QFn+7Vjt0


そして澪は詩を披露した。

しかし、あまりに独特でメルヘンチックだったので、
放課後ティータイムをはじめ、竜宮小町、番組司会、スタッフ、観客は
ぜんぜん理解することはできなかったが、とりあえす理解したふりをした。

司会「あ・・・ありがとうございました・・・」

司会「それでは、ゲストの皆さんに曲を披露してもらいましょう!
   最初は竜宮小町のSMOKY THRILL、二番目に
   放課後ティータイムのふわふわ時間、秋山澪ボーカルバージョンでお送りします!!」

ワアアアアアアアア!!!!



55 名前:PPJ:2011/06/04(土) 00:37:46.54 ID:335QZt/x0

~竜宮小町演奏中~

梓「いや~みんなすごいですね~」

律子「そりゃそうよ、わたしがプロデュースしたんだから」エッヘン

唯「みんなかわいい~」

ムギ「そうね」

律子「そういえば今回は唯ちゃんじゃなくて澪ちゃんがボーカルやるらしいわね」

澪「はい」

律「そういえば、初めて文化祭で演奏したときも澪がボーカルだったんだよな」

律子「そうだったの?」

澪「あのときは、唯が顧問の先生の特訓で声が枯れちゃったんだよ。あのときは怖かったなぁ」

ムギ「そうそう」

澪「でもみんなが励ましてくれたから無事にできたんだよな」

律子「へ~うらやましいわね、あ、そろそろ出番よ」

唯「ああっ、はい」



56 名前:PPJ:2011/06/04(土) 00:48:50.37 ID:335QZt/x0

竜宮小町 演奏終了

ワアアアアアアアア!!!!

ムギ「すごかったわよ~」

あずさ「あら~ありがとう~」

伊織「コレくらい当然よ」フフン

唯「かわいかったよ~」

亜美「んふふっ、ありがと♪唯ちゃんもがんばってね」

唯「うんっ」

スタッフ「放課後ティータイムの皆さん、お願いしまーす!!」

澪「みんな!いくよ!」



57 名前:PPJ:2011/06/04(土) 01:11:41.97 ID:335QZt/x0

この時はなぜか、いつもと違っていた。

マイクの前に立つと、あの時の、初めて文化祭で歌った記憶が蘇ってきた

私が緊張に押し潰されそうになってたとき、唯が声をかけてくれたことも

(みんな、澪ちゃんが練習してたこと、知ってるんだよ)

私の体から緊張が、スーっと、消える感じがした。

これならやれる!

澪「みんな!行くよ!」

唯律ムギ梓「うん!(はい!)」

澪「君をみてると、いつもハートDOKIDOKI♪」



58 名前:PPJ:2011/06/04(土) 06:49:36.26 ID:sRkFsarZ0

亜美「すごい・・・」

あずさ「そうね~歌がうまいわ~」

伊織「しかも気持ちよさそうに歌ってるわ」

律子「すごいわね、このバージョンでCD出したらまた売れるんじゃない?」

~放課後ティータイム演奏終了後~

唯「ふ~、おわった~」

亜美「澪ちゃんすごかったよ!!ホントきれいだった!!」

澪「ありがとう」

律子「ほんとよ、CD出したら売れるんじゃないかしら」

澪「いやいやそんな・・・//」

唯「でもほんとすごかったよ澪ちゃん」

ムギ「いつもと違ってた」

澪「あの時のことを思いだしたんだよ」

律「あの時の?」

澪「はじめての文化祭のことを思い出したんだよ」

律子「へ~」

澪「それを思い出してくれたのも、律子さんにはじめての文化祭のときのことを話したからかも
  しれないです」

律子「そ・・・そんなことないわよ//」

あずさ「律子さん照れてるわ~」

伊織「それでもほんとにすごかったわよ、ランキングが私らより上だってのも、わかる気がするわ」




59 名前:PPJ:2011/06/04(土) 07:13:23.47 ID:sRkFsarZ0

~収録終了後 放課後ティータイム~

HTT「お疲れ様でした~」

マネージャー「お疲れ様~」

律「ところでマネージャー」

マネージャー「何かしら」

律「なんでデトロイドメタルシティのスタジオにいたんだよ」

マネージャー「ちょっと迷い込んじゃってぇ~」

律「嘘つけ!ノリノリでゴートゥDMCとか叫んでたじゃん!!!」

マネージャー「げぇっ」

梓「あの件は社長に言いますからね」

マネージャー「え~!!!」



60 名前:PPJ:2011/06/04(土) 07:23:29.60 ID:sRkFsarZ0

~収録終了後 竜宮小町~

律子「お疲れ様!」

あずさ「お疲れ様~」

亜美「放課後ティータイムの人たち、いい人たちだったね」

伊織「しかも実力もハンパなかったわ、私たちなんてまだまだよ」

律子「そうね、だからこれからもレッスンするしかないわね」



61 名前:PPJ:2011/06/04(土) 07:39:37.25 ID:sRkFsarZ0

放課後ティータイム「お疲れ様でしたー」

竜宮小町「お疲れ様でしたー」

唯「また一緒に出演できるといいね」

亜美「そうだね」

伊織「今度あったときはもっと実力をあげてるわよ、にひひっ」

律「おおっ、言ってくれるね~」

澪「じゃあ、私たちも負けてられないな」

あずさ「あらあら~やる気まんまんね~」

ムギ「お互い、がんばりましょう!」

梓「こんどは、もっと上のときにですね!」

律子「ほんとね、じゃあみんながんばるわよ!」

一同「おーーー!」



~完~

いろいろアドバイスをくれたみなさん、ありがとうございました




62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/06/05(日) 13:47:34.61 ID:XPQPU78m0

もう少し続くのかと思っていたが静かに終わったな。とにかく乙





関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「竜宮小町?」
[ 2011/06/15 14:24 ] 非日常系 | THE IDOLM@STER | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6