SS保存場所(けいおん!) TOP  >  歴史 >  唯「天下とりたい!」#6

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「天下とりたい!」#6 【歴史】


唯「天下とりたい!」 より
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1248094655/

唯「天下とりたい」#index




377 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:22:13.66 ID:eNeL3+TXO

――沢庵城
 
聡「憂さん!!」ガラッ
 
 
憂「ひゃっ!いきなり何ですか!…ってあれ?」 
 
憂「聡君…でしたよね?」
 
聡「あ、はい。田井中聡です…」
 
憂「…ど、どうして美濃に?」
 
聡「憂さん!大変ですよ!稲葉山城が織田軍に囲まれていて…!」
 
憂「…え?」
 
聡「何とか寡兵で持ちこたえてるようですが…何しろ兵力差がありすぎて…!」
 
憂「…で、でも…数日前に澪さんから手紙が来て…」
 
聡「…!それは偽の手紙です!!徳川軍の仕業です!!!」





378 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:27:27.13 ID:eNeL3+TXO

憂「そ、そんな…」
 
聡「すぐに兵を出して下さい!!上杉軍も美濃へ行ってます!!」
 
憂「で、でも私…」
 
聡「自分の姉ちゃんが戦ってるんだろ!?助けに行かないのかよ!」
 
憂「…!」
 
憂「わ、分かりました!!」
 
聡「…ありがとう!」
 
 
憂はすぐに最大動員数である13000より居城の留守の分を引いた10000の兵を連れて沢庵城を出た。
先頭には聡と憂が並んでいた



381 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:32:28.44 ID:eNeL3+TXO

信長「何だと…!!上杉軍がこちらに向かってくる…!?」
 
明智「はっ!あとは沢庵城の平沢軍も稲葉山城に向けて進行中です!」
 
織田「くっ…!間に合わなかった……!猿めが…!!」
 
信長は歯軋りをしながら稲葉山城の天守閣を見上げる。普段冷静な信長には見られない怒りだった 
 
明智「…信長様!ご命令を!!」
 
信長「…くっ!」
 
信長「い、一度関ヶ原まで退くぞ!!退却だ!!!」
 
明智「はっ!」




382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:35:23.38 ID:scX8jDqpO

織田×平沢の関ヶ原の戦い





383 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:37:27.06 ID:eNeL3+TXO

信長「半兵衛!!貴様は家康にこの旨を伝えろ!!」
 
竹中「はっ」
 
信長「か、勝家!!」
 
柴田「はい!」
 
信長「尾張に残ってる兵を関ヶ原に集結させろ!!」
 
柴田「はっ!」
 
前田「となると仙石か…」
 
織田「総力戦だ!!!関ヶ原で邪魔な平沢と上杉を同時に消してやる!!」
 
竹中「……」



387 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:44:31.71 ID:eNeL3+TXO

北東から上杉軍。北から平沢軍が稲葉山城に来ることを知ると、
織田軍と徳川軍は稲葉山城の包囲を止め南西にある関ヶ原まで退却した
 
唯「…ぁ…うぃ~…」フラフラ
 
憂「お姉ちゃん!!」ガシッ
 
唯「…あうぅ…」
 
憂「ごめんねお姉ちゃん!ごめんね…!」ギュッ
 
 
澪「憂ちゃんは悪くないよ…!」
 
梓「…憂が来てくれて…本当に良かった」
 
憂「…皆さん」
 
包囲が解けた稲葉山城から次々と兵が出てくる。立派な勝者だ
 
しかし籠城していた平沢軍は衰弱していた



388 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:49:05.74 ID:eNeL3+TXO

聡「……」
 
律「…!」
 
律「帰ってきたのか…」 
 
聡「ね、姉ちゃん達が大変だって秀吉さんから聞いたから…」
 
律「…そっか」
 
聡「あれ…そういえば秀吉さんは?」
 
紬「……」
 
憂「……?」
 
律「死んだよ」
 
聡&憂「…!」
 
謙信「マンキーが…死んだだと…?」
 
斎藤「…秀吉は最後に立派な忠義を見せて…逝きました」
 
謙信「…斎藤」
 
唯「でも大丈夫」
 
みんな「…!」



391 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:52:02.47 ID:eNeL3+TXO

憂「…」
 
唯「モンチはみんなの心の中に生きているから!!!!」
 
みんな「!!」
 
憂「お姉ちゃん…!」
 
律「そうだな…」
 
梓「…悲しんでられませんね」
 
紬「まだ最後の戦いが残ってるわ…」
 
謙信「…」
 
謙信「よし!!そうと分かれば腹ごしらえだ!」 
 
澪「へ?」



392 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/21(火) 23:56:41.83 ID:eNeL3+TXO

謙信「腹が減っては戦は出来ぬとはよく言うだろ?」
 
謙信「おにぎりを作ってきたからお食べなさい!景綱!」
 
みんな「!!」
 
景綱「沢山ありますのでどうぞ!もちろん兵の方も…」バッ
 
律「やったー♪」
 
澪「…う」グゥ~
 
唯「んまんま♪」モグモグ 
 
謙信「ふふふ…じゃあ我々は先に織田軍を追うからな!」
 
唯「んまんま♪」
 
謙信「(バカな…!無視しやがっただと…!?)」



395 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:02:15.56 ID:2Sv6/oBgO

美濃・関ヶ原
 
織田「…どうだ」
 
柴田「仙石はすぐ7000の兵を連れてくるようです!」
 
織田「そうか。なら仙石に南宮山に待機するよう伝えとけ」
 
柴田「ははっ!」
 
織田「(謙信よ……乗ってくるか?もう我々は迎撃体制は出来ておるぞ……)」
 
竹中「信長様…ここはやはり…」
 
織田「…わかっている」



404 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:24:28.51 ID:2Sv6/oBgO

関ヶ原の盆地に陣どった織田・徳川連合軍は、平沢・上杉軍に対してすぐさま配置を行った
 
後に西軍と呼ばれることに織田・徳川連合軍は兵力差で上回っていた
 
しかも信長の拠る「笹尾山」、徳川家康の拠る「天満山」、山中さわこの拠る「松尾山」、
そして後に織田救援軍仙石秀久が布陣することになる
「南宮山」のラインで平沢軍と上杉軍を囲む鶴翼の陣を敷いた
 
景綱「…敵は広く鶴翼の陣を敷いていますな……」
 
柿崎「こりゃ少し厳しいなぁ」
 
謙信「……ふむ」
 
西軍の配置
http://imepita.jp/20090722/014130




405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:27:02.65 ID:DBcGsRli0

さわちゃん3000か
織田兵連れてる状態じゃ平沢復帰絶望的じゃね?



406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:27:21.71 ID:jesbyn6m0

さわちゃん生きてたんだ・・・



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:27:43.64 ID:W0NxvIm00

さわちゃんお偉いさんになってるな



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:34:29.27 ID:YWP+pZAAO

ほう松尾山とな





409 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:37:53.42 ID:2Sv6/oBgO

謙信「…ふむ」
 
甘粕「わっはは!どうするんだい謙信公?」
 
景綱「…油断は禁物ですぞ、殿」
 
謙信「(どうしよう…)」 
 
重要安価+5まで多
 
①迂闊に攻め込むと危険だ。退却しよう
 
②よろしい。ならば戦争だ




410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:38:21.38 ID:j0TokqsH0

1



411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:39:03.73 ID:jTq+wPr0O

1



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:39:56.38 ID:ZP9Nfz6+O





413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:40:04.33 ID:ORymxoDcO

1



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:40:20.39 ID:W0NxvIm00

じゃあ1で



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:40:40.80 ID:Y8WW+61FO

2





419 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:45:51.77 ID:2Sv6/oBgO

謙信「ここは退却だ。稲葉山城の包囲は解けたし、越後に帰るぞ」
 
甘粕「あらら~マジかよ謙信公」
 
景綱「まぁもともと我々には関係なかったもんですからな…」
 
謙信「…じゃ、退くぞ!!」
 
柿崎「はっ…!」
 
その後上杉軍が越後に帰ったことを知ると、
織田徳川連合軍はまた東に進行し、およそ11000の平沢軍を打ち破った
 
その後、平沢家の家臣は全員首チョンパとなった……
 
B A D E N D




420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:46:36.33 ID:BDE7bWxY0

yes



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:46:55.53 ID:GT6/mLzFO

マジかよ



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:47:09.23 ID:d8IsBG8SO

オワタ



423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:47:18.67 ID:Vk7tq0J+O

oi



424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:47:51.91 ID:50vDLFXE0

さわこが松尾山にいるのは意味あると思う こばやk(ry



425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:48:00.18 ID:ZP9Nfz6+O

ちょw帰るなw





426 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:48:04.62 ID:2Sv6/oBgO

ちょっと説明不足だったかな…?




427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:48:39.94 ID:jTq+wPr0O

え?
一時退却ってそこまで退いちゃうの?



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:48:57.77 ID:W0NxvIm00

退却って帰るって意味かよwwwwwww



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:49:47.89 ID:h8M7jStuO

マジで…?



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:51:12.07 ID:YNDaOikL0

平沢軍が回復してから一緒に戦う的な意味だと思ってた





441 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 00:57:26.73 ID:2Sv6/oBgO

じゃあ今のはお咎めなしで……
 
甘粕「わっはは!どうするんだい謙信公?」
 
景綱「油断は禁物ですぞ、殿」
 
謙信「……おいおいお前達は本当に私の家臣か?」
 
景綱「へ?」
 
謙信「軍神と呼ばれる意味を織田に分からせてやろうじゃないか…!」
 
景綱「と、殿!!」
 
甘粕「わっはは!そう来なくちゃな!」
 
柿崎「OK。先鋒は任せなさいよ」
 
http://imepita.jp/20090722/034000



448 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:03:11.16 ID:2Sv6/oBgO

唯「げっぷ…」パカラッパカラッ
 
謙信「お…唯殿。ようやく来たか」
 
唯「景綱~美味しかったよおにぎり~♪」パカラッパカラッ
 
景綱「ありがとうございます」
 
謙信「なっ…!また無視しやがっただと…!?」 
 
澪「謙信さん…このあとどうするつもりなんですか?」
 
謙信「え?…あ、あぁ…もちろん攻めるよ」
 
澪「…で、でも…敵は万全の迎撃体制に入ってますし…」
 
謙信「…おろ?」
 
柿崎「謙信。それ謙信やない。剣心や」



454 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:10:06.62 ID:2Sv6/oBgO

謙信「くす…」
 
澪「え?」
 
謙信「いや失礼…美濃の天才軍師秋山澪は、
   いつもこれしきのことで弱音を吐くのかと考えたらつい…」プクク…
 
澪「…なっ//」
 
澪「わ、私だって…!」 
 
梓「澪先輩はそんなんじゃありません!!」
 
澪「へ?」
 
梓「必ずや澪先輩の知略で信長をぶっ飛ばしてやるです!!」
 
謙信「ほぅ…」
 
澪「ちょ、ちょっと梓!?」
 
梓「そうですよね澪先輩♪期待してますよ♪♪♪」ニコッ
 
澪「……」
 
澪「…あ、ああ//」
 
律「(梓…すごいな)」



458 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:19:14.90 ID:2Sv6/oBgO

和「げっぷ…じゃあ評定を始めるわよ…!」
 
唯「アイアイサー!」
 
律「よし…待ちくたびれたぜ…!」
 
和「…まず敵は35000の兵で鶴翼の陣になり私達を囲むようにしてるわ…」
 
澪「35000…」ゴクリ
 
和「…大して私達は10000と20000の合計30000の兵…」
 
唯「…むむむ…」
 
謙信「…なるほどね」



461 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:25:32.35 ID:2Sv6/oBgO

和「あと中央の鉄砲隊は横陣の陣であまり近づけないわね…」
 
甘粕「鉄砲なんて一度打ったらタダの鉄くずだろ」
 
和「甘いわねあなた。明智隊は対騎馬用に柵を作って三段構えをしてるわ」
 
甘粕「なに?」
 
律「それって…」
 
梓「ムギ先輩の『哀愁の貝合わせ』…」
 
紬「まぁ」
 
和「そうよ。信長はそれを改良して三段構えにしたの」
 
謙信「……」



462 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:30:40.68 ID:2Sv6/oBgO

和「だから中央を制圧したい時はこの鉄砲隊を崩さないといけないの」
 
景綱「…厳しいですね…」
 
和「まぁ無理に中央を制圧しなくてもいいけどね…」
 
澪「…だいたいこんなもんか…」
 
和「あ、あと…南西の松尾山にいるのはさわこ先生よ。覚えといてね」
 
唯「…さわちゃん」
 
紬「……」



468 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:42:10.12 ID:2Sv6/oBgO

謙信「よし…じゃあ配置を決めるか」
 
唯「うん!」
 
謙信「…まず西軍は4つの山を支配している…。
   つまり中央から攻めるのはただの自殺行為だ。だから確実に一個一個撃破していくんだ」
 
聡「なるほど…」
 
謙信「…そのためにまず必要な作戦は…」
 
安価+7まで多(勝敗に影響)
 
①律隊を長蛇の陣にして明智隊の前に置き、待機 
 
②さわこ先生の説得
 
③南宮山の制圧
 
④前田柴田隊に突撃
 
⑤鶴翼の陣で明智隊を囲む




469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:45:06.21 ID:kC51geXZO

3か5だな

ここは5にするか



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:46:10.15 ID:2R0PrIz10

3
ここ押さえてからじゃないとさわちゃん説得もできそうもない気がする



471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:46:09.09 ID:oAEC5lwdO

まださわちゃんでは無い!!
はず………
安価内だったら一つ繰下げで



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:46:15.33 ID:j0TokqsH0

2



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:46:24.88 ID:UmcsTqClO

いや、3



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:47:00.94 ID:czadJIja0





475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:47:06.35 ID:XbMbSzq/O





476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:47:46.54 ID:dj/P++YgO

3かな・・・?



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:47:55.78 ID:Xp1e4AtkO

5



478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:48:08.70 ID:kC51geXZO

いや3だな
いきなり中央攻めはきつそうだ
周りから囲まれる可能性もある

手薄なところをまず占領してから次に敵の動きを見て行動した方がいいと思う



479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 01:49:57.04 ID:50vDLFXE0

さわこはひっかけか? 3





484 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 01:55:52.37 ID:2Sv6/oBgO

謙信「まずは真南にある南宮山を抑える!話はそれからだ!!」
 
唯「えー?さわちゃんの説得はー?大事な人なんだけどなー…」
 
和「唯…まず地図をよく見て…南宮山を抑えないと後ろから攻撃されるわよ…」
 
唯「あ!ホントだ!」
 
和「目先のことばかりに目を向けちゃダメよ」
 
柿崎「南宮山を制する者は勝負を制す…!」
 
謙信「んだ」



486 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:00:07.61 ID:2Sv6/oBgO

謙信「さて…南宮山攻略について厄介なのが1つあるんだ…」
 
景綱「それは?」
 
澪「前田隊と柴田隊の動向ですね?」
 
謙信「…!」
 
謙信「そうだ。明智の鉄砲隊は柵があるから行かない限りは近寄らないだろう…だが」
 
謙信「流石にこの2隊は怖いな」
 
聡「……前田…利家」
 
甘粕「…柴田か…ふん」



489 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:03:33.35 ID:2Sv6/oBgO

謙信「…この2隊を誰が抑えるか…」
 
謙信「もちろん中央の本陣も守らなきゃならないけどね」
 
斎藤「……」
 
安価+6まで多
 
①甘粕・柿崎隊
 
②律・聡隊
 
③唯・憂隊
 
④紬・憂隊
 
⑤梓・律隊




490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:05:06.70 ID:ZP9Nfz6+O

2…か…?



491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:05:41.79 ID:FGSUK92H0

3と4はないかな…
1か2?

1で!



492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:07:25.84 ID:dj/P++YgO

2か5だろうが・・・

利家と柴田の突破力に対抗するには2だ!!!



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:08:14.25 ID:FKOL8RLR0

1じゃね?
前回利家に殺されてるし



494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:08:23.88 ID:kC51geXZO

しかし前田と柴田にいきなり特攻するよりはマシだろう

どっちにしても後ろから攻められるなら一騎当千のいない南宮山

初めは鶴翼で後から方円に展開みたいな感じだろ

まあ安価内容見ないことにはわからないが



495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:08:54.97 ID:2R0PrIz10

2
りっちゃんの一騎打ちリベンジを



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:09:53.99 ID:kC51geXZO

これは難しい……が
兄妹パワーにかけて2






503 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:17:04.87 ID:2Sv6/oBgO

謙信「前田・柴田隊を抑えるのは…律殿と…聡!キミに決めた!」
 
律・聡「…!」
 
謙信「敵は精鋭だ……ならば我々も精鋭をぶつけるしかない」
 
聡「ぼ…僕はまだ…」
 
謙信「聡。あの時の約束は嘘だったのか?」
 
聡「…!」
 
謙信「天下無双のお前なら大丈夫だ!」
 
聡「…は、はい!」
 
律「…足引っ張るなよ~?」
 
聡「うぅ…優しくお願いします…」



507 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:23:09.13 ID:2Sv6/oBgO

甘粕「おいおいそりゃねぇぜ!!」
 
澪「わっ」ビクッ
 
柿崎「ちょっと~マジ有り得ないんだけど!」
 
謙信「…ん?」
 
甘粕「何でその役が俺らじゃないんだよ!!俺らの方が適任だろ!」
 
柿崎「そうよそうよ!!」
 
謙信「む…確かに安心に任せられるのはお前ら2人だが…」
 
律&聡「……」
 
謙信「お前ら自分達の兵の数を知ってるのか?」 
 
和「5000…」
 
甘粕「あ…」
 
謙信「前田・柴田隊を抑えるのに10000も兵が必要か?」
 
甘粕「…必要じゃ…ないです…ハイ」
 
謙信「全く…お前ら血の気が多いんだよ…」
 
柿崎「てへっ♪怒られちゃった♪」



510 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:28:20.23 ID:2Sv6/oBgO

謙信「お前らが真ん中を開けたら、本陣に突撃されて終わりだ…」
 
柿崎「だよねー」
 
謙信「…というわけだ唯殿。我々は均等に5000ずつ分けたが、平沢軍は10000。振り分けに唯殿に任せる」
 
唯「アイアイサー!」
 
謙信「(本当に分かってるのか…?)」
 
謙信「よし!!大体は決まった!あとの作戦は後ほど伝える!以上!」
 
みんな「はーい」
 
――――――――
 
信長「まだかよ…」



513 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:32:48.68 ID:2Sv6/oBgO

――そして
 
聡「(…初陣)」ドキドキ
 
律「聡」
 
聡「わっ!は、はい何でしょう!!」アタフタ
 
律「…あの時、無理に平沢家入るよう促してゴメンな」
 
聡「え…?」
 
律「ほら…お前が嫌がってたのに無理矢理さ…あったじゃん?」
 
聡「………」
 
聡「いいよ」ニッ
 
律「…!」
 
聡「俺、平沢家の家臣になりたいんだ!」
 
律「聡…」
 
聡「だから…ご指導、ご助言を賜りたく存じます!!」
 
律「…!」



516 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 02:40:06.77 ID:2Sv6/oBgO

律「…」
 
律「よし!それでこそ田井中家の長男だ!」ワシャワシャ
 
聡「いてて…!」
 
律「さぁー…じゃあ陣形を決めようか!」
 
聡「…!」
 
聡「俺に決めさせてよ姉ちゃん!」
 
律「へ?」
 
聡「これでも越後にいる間は謙信公に兵法について教えてもらったんだぜ!」
 
律「…そっか!」
 
律「じゃあ陣形は任せた!」
 
聡「おう♪」
 
安価+5まで多
 
①鋒矢の陣
②えん月の陣
③鶴翼の陣
④長蛇の陣
 
詳しい人じゃないと分からないかも…?




517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:46:19.66 ID:AAbyPcoTO

2で



518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:47:51.81 ID:dj/P++YgO

左右からの挟撃に対応できて、正面からも受け流せる陣形としては鋒矢がいいんじゃね?

1・・・?



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:49:03.16 ID:Vk7tq0J+O

食い止める係だよな?

………>>522にパス



520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:49:21.57 ID:FGSUK92H0

安価内なら1つ繰り上げで

えん月の陣なんて説明あったっけ?
検索してもわからんのだが…



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:49:53.26 ID:YWP+pZAAO

1なら突撃に見せ掛けも出来るな
しかし背水で行くのか迷うそれなら2だし
俺は2だな

さく兵数にもよるが



522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:50:23.30 ID:xQ3K1su60





523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:51:12.51 ID:jTq+wPr0O

安価なら一つ繰り下げで
ってか考える時間をくれwww

突破と左右への牽制?
1の蜂矢か?





528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 02:56:14.07 ID:kC51geXZO

わかりやすく言うと
1が ↑
2が ∧
3が ∨
4が ┃





537 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 03:10:56.20 ID:2Sv6/oBgO

聡「ここはえん月だね!」
 
律「そうだな…。別に攻めるわけでもないし兵も温存させておきたい…」 
 
律「ならば背水の陣と呼ばれるこの陣形で迎撃するしかないな!」
 
聡「すごい!自然な流れでうまく解説できたよ姉ちゃん!」
 
律「えへへ…まぁな!」 
 
こうして東軍は、本陣に謙信と景綱。対柴田前田隊の北側に律・聡。中央に紬や憂。そして甘粕と柿崎
 
そして南に位置する南宮山を制圧するのは唯・澪・斎藤・梓・和の隊という布陣になった
 
http://imepita.jp/20090722/111920



579 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 12:24:27.90 ID:2Sv6/oBgO

澪「よし…みんな揃ったな!」
 
唯「んだ!」
 
澪「私たちの最初の目標は南宮山の制圧」
 
斎藤「…」
 
澪「だけどそれは決して楽な仕事じゃない…」
 
梓「……」
 
澪「まず梓を先鋒にする」
 
梓「はい!」
 
澪「そしたら次鋒の両翼を和と斎藤さんで固める…」
 
斎藤「…ふむ」
 
和「わかったわ」
 
澪「そして後方は私。全体の指揮をとるから」
 
唯「……ふぇ?」



580 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 12:29:23.18 ID:2Sv6/oBgO

唯「澪ちゃん!私は?」 
 
澪「ん?唯は平沢軍の大将だろ?危険が及ばないようにそこにじっとしてなさい」
 
唯「…!」
 
澪「さ、私たちが動かないと始まらない。行くぞ!」くるっ
 
梓「…は、はい」
 
唯「……」
 
斎藤「…」
 
唯「イヤだ!!」
 
澪「へ?」
 
唯「私もみんなと一緒に南宮山に行く!!」
 
和「唯…」



581 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 12:33:30.95 ID:2Sv6/oBgO

澪「ゆ、唯…」
 
唯「私……大将なのに…一乗谷でも長良川でも稲葉山城でも大した活躍してないし…」
 
梓「…唯先輩」
 
唯「いっつもみんなに迷惑かけて…だから…!」 
 
斎藤「……」
 
澪「…でもな唯。戦では普通…」
 
唯「私だってBADENDで死ぬ以外の役割欲しい!!」
 
澪「…!」



583 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 12:42:07.88 ID:2Sv6/oBgO

唯「澪ちゃんばっかりずるいよ!!小牧山城でも長良川でも活躍しっぱなしで!!!」
 
澪「…そ…それは…」
 
唯「お願いします!!」ペコリ
 
澪「……」
 
梓「……私からも…お願いします!」ペコリ
 
澪「…梓」
 
唯「……」
 
斎藤「……」
 
澪「……」
 
澪「唯。私が合図するまでここを動くな」
 
唯「つ、ついに出禁!?」
 
澪「違う」
 
澪「伏兵の出番までゆっくり休んで待機してること!」
 
澪「そしてみんなで本戦を迎えること!いいな?」
 
唯「…澪しゃん」



585 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 12:49:54.14 ID:2Sv6/oBgO

澪「みんな!作戦が変わった。ちょっといいか?」クルッ
 
和「えぇ」
 
梓「な…なんかするんですか?」
 
澪「…ああ…ちょっとな」
 
唯「…?」
 
澪「(…やっぱり戦力差は大きいし正攻法では勝てないかも知れない。なら唯の伏兵を使って……)」
 
和「何をするの?」
 
澪「(ここはアレしかない!)」
 
戦略安価+8まで多
 
①「ふわふわ時間」
 
②別働隊が北(側面)から攻める
 
③啄木鳥戦法
 
④さわこ先生と協力して南宮山を挟撃にでる
 
⑤ムギの鉄砲隊を借りて「哀愁の貝合わせ」
 
⑥騎馬鉄砲隊で強襲




586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 12:59:34.73 ID:vVnEAGxV0





587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:00:10.80 ID:+aMfOHib0

1、でいいんだよな



588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:01:31.85 ID:YWP+pZAAO

ふわふわ時間って何するんだよ?
啄木鳥は数がいる戦法なんだよな…
しかし伏兵言ってるしなぁ悩むが3かな



589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:04:42.92 ID:mfbla6rdO

1



590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:05:45.16 ID:Nwki9r/7O

正攻法じゃなくて伏兵ってことは
1でいいんじゃないか・・・?



591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:06:23.83 ID:FGSUK92H0

伏兵って言ってるから1っぽいが…
うまくおびき出せるとは思えないんだよなぁ
2は伏兵じゃないし佐久間がちょっと邪魔
3を選んでみるか…



593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:15:17.39 ID:6P7N0ydcO

ここは3かな?



594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:15:47.77 ID:InwIRQvO0





595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:16:53.07 ID:3UyQ4jAv0

3で

>>588
ふわふわ時間は釣り野伏せみたいなもんと思えばおk



596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:16:58.07 ID:8itw6Dh80

釣って伏兵なら3か?



597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:18:06.16 ID:+aMfOHib0

4、4か
なんか3の気がしてきた・・・






598 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 13:21:19.82 ID:2Sv6/oBgO

安価+3まで多
 
①「ふわふわ時間」
 
②啄木鳥戦法




599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:26:40.52 ID:FGSUK92H0

1はおびき出せるかどうかが一番の問題
3は伏兵側に機動力が必要だから唯隊で行けるかどうかが不安
あと相手山の上だからバレそうな気もする

悩めば悩むほどわからなくなってきた
安価内なら繰り下げで…



600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:28:19.85 ID:+aMfOHib0

よし1だ!

斉藤あたりがなんとかしてくれる!
あとついでに>>599をちょっと信じる!



601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:29:57.54 ID:6P7N0ydcO

唯に秀吉みたいな事させられんから2かなあ



602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 13:30:46.50 ID:Y6UnngfS0

同じ戦法は使わないだろということで





607 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 13:38:21.82 ID:2Sv6/oBgO

澪「ここは啄木鳥戦法でいこう」
 
和「啄木鳥戦法?」
 
澪「あ…いや…名前は別に意味ないんだけど……まず本隊と別働隊に別れるの」
 
梓「約4000の兵を2つに?」
 
澪「いや…別働隊は斎藤さんの隊だけでいいんだ」
 
斎藤「…私?」
 
澪「はい。斎藤さんは南宮山を迂回して背後から強襲して下さい」
 
和「…たった500の手勢で南宮山に攻撃?」



610 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 13:46:22.72 ID:2Sv6/oBgO

唯「そんなことしたら斎藤が殺されちゃうよ!」 
 
澪「いや、違うんだ唯」 
 
唯「へ?」
 
澪「斎藤さんは密かに西から南宮山に接近して織田軍を強襲する。
  すると織田軍は驚いて南宮山を下りるだろ?」
 
梓「…!」
 
和「そこを平地に布陣していた私達が叩く…と」 
 
澪「うん。更に真横に唯の伏兵を配置」
 
澪「南宮山から下りた敵は東から私達、南から唯の伏兵、そして南宮山から斎藤の隊に囲まれる…」
 
澪「り、理解出来たかな…?」
 
斎藤「…勿論でございます」
 
唯「…んん?」
 
唯「同じ伏兵なら澪ちゃんのふわふわ時間でもいいじゃん」



612 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 13:51:26.67 ID:2Sv6/oBgO

和「バカね唯。あの作戦は平地だからこそ成り立つ作戦なのよ」
 
和「今回は山の戦い。そんな危険なことは出来ないわ」
 
唯「…そ、そうなの?」 
 
梓「…敵が必ず誘いに乗るかも分かりませんしね」
 
澪「…と、いうことだ。唯は伏兵で待機しててくれ!きっと唯にも場面が回ってくるから」
 
唯「…!」
 
唯「私がんばるよ澪ちゃん♪」
 
梓「大丈夫かな…」



614 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 13:55:40.20 ID:2Sv6/oBgO

律「聡」
 
聡「な、何だよ姉ちゃん」
 
律「お前の隊は少し下がったところにいるんだ」 
 
聡「え?」
 
律「いくら武術が優れていても初陣であることには変わらない…」
 
律「だから正面は私に任せて聡は援護を頼む」
 
聡「……でも」
 
律「わかったな聡?」
 
聡「…はい」



616 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:05:18.68 ID:2Sv6/oBgO

――笹尾山
 
信長「半兵衛よ。何か策があるか?」
 
竹中「……」
 
竹中「…敵は中央に固まっています。ここは明智隊を大いに利用したいところ…」
 
信長「というと?」
 
竹中「まず先鋒の佐久間隊を中央まで進めます」 
 
竹中「中央の敵が出てきたら明智隊まで退き、あとは一斉射撃と…」
 
信長「……」
 
竹中「更に敗走する敵軍を徳川軍が追撃。そしたら中央は崩壊します」
 
信長「なるほど…」
 
竹中「両翼は寡兵なので適当にやらせても構わないでしょう…」
 
信長「良かろう…それで行くぞ」
 
竹中「はっ」



619 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:11:05.54 ID:2Sv6/oBgO

甘粕「むっ…織田軍が動き出したぞ」
 
紬「来るわよ!構え!」 
 
中将「構え!」
 
佐久間「(梓…いねぇかな?)」パカラッパカラッ
 
佐久間「まあいい!者ども進めえぇい!!」
 
わあああぁぁぁ!!
 
紬「(秀吉のためにもここで負けるわけには……!)」
 
紬「撃て!!」
 
バンバンババン!!
 
紬隊の攻撃により天下分け目の戦いともとれる関ヶ原の戦いの火蓋が切って落とされた



620 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:14:46.61 ID:2Sv6/oBgO

梓「…始まったみたいですね」
 
斎藤「…」
 
澪「よし!!唯はまず南側に配置してくれ!」
 
唯「わかった!」ヒヒィーン
 
 
和「唯!」
 
唯「…ん?」くるっ
 
和「絶対…無理しないのよ…」
 
唯「……」
 
唯「I'll be back」
 
和「…!」
 
唯「走れ!風のように!!」パカラッパカラッ
 
梓「行っちゃいましたね…」
 
澪「…ああ」



624 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:23:01.85 ID:2Sv6/oBgO

唯「…はぁ…はぁ」パカラッパカラッ
 
唯「…急がなきゃ!」パカラッパカラッ
 
そういえば、初陣の時もこの道を馳せた
 
何かしなきゃって思いながら
 
何をすればいいんだろうって思いながら
 
唯「……」パカラッパカラッ
 
 
このまま大名になっちゃうのかなって思いながら 
 
澪「大丈夫かな…」
 
和「……」
 
梓「大丈夫ですよ!唯先輩なら!」
 
澪「…お」
 
和「…そうね。信じるしかないわ」



627 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:28:31.52 ID:2Sv6/oBgO

唯「急いで!」パカラッパカラッ
 
中将「はっ!」パカラッパカラッ
 
ねえ 私
 
律『二本槍の律。力になるぜ』
 
唯『りっちゃん!』
 
あの頃の私。心配しなくていいよ
 
澪『戦いは苦手だけど…作戦立てたりなら…///』
 
唯『澪ちゃん!』
 
すぐ見つかるから。私にもできることが
 
紬『お金なら任しといて♪』
 
唯『!』



628 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:31:54.73 ID:2Sv6/oBgO

夢中になれることが
 
斎藤『私は紬お嬢様の仰せのままに…』
 
唯『みんな…!』
 
大切な――
 
大切な―――
 
大切な仲間が―――
 
唯「はぁはぁ…!」パカラッパカラッ
 
憂「(大丈夫かなお姉ちゃん……)」
 
憂「……」
 
憂「(お姉ちゃん頑張って…!)」



629 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:38:13.02 ID:2Sv6/oBgO

斎藤「見つからぬよう慎重に行くぞ!」
 
隠密「はっ!」
 
斎藤「さて…」チラッ
 
服部「また会ったな」
 
斎藤「…!」
 
服部「本陣の偵察に向かう途中で貴様と会うとはな…」
 
斎藤「……」
 
隠密「…」
 
忍者「……」
 
琴吹隠密部隊は南側を迂回していたところ、服部半蔵率いる忍者衆にばったり会ってしまった



640 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 14:59:57.21 ID:2Sv6/oBgO

服部「…」

斎藤「…ようやく分かったんだよ服部」
 
服部「…?」
 
服部「何がだ」
 
斎藤「ずばり!お前が徳川の仲間になった本当の理由」
 
服部「…!」
 
斎藤「お前は昔から俳句が好きだった…。全国を回って俳句を書きたいと思っていた」
 
服部「……」
 
斎藤「しかし全国を旅するには金がかかる。だからこうして徳川の密偵になることで資金集めをしていたのだ」
 
服部「……」



642 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:04:05.75 ID:2Sv6/oBgO

服部「……」
 
斎藤「当たりだろ?」  
 
服部「……」
 
服部「フ……」
 
斎藤「フフフ…」
 
服部「ハハハ…」
 
服部&斉藤「ハーッハハハハハハハハ!!!!!!!!」
 
服部「何が可笑しい!!!!!!!」
 
斉藤「……」
 
斉藤「…図星か」
 


645 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:08:28.90 ID:2Sv6/oBgO

斎藤「資金なら琴吹家が出す」
 
服部「うるさい…」
 
斎藤「だからもうこんなことは止めるんだ」
 
服部「うるさいうるさいうるさい…!」
 
斎藤「そんなんじゃいい俳句書けないぞ」
 
服部「うるさい!!!」 
 
斎藤「…!」
 
服部「…はぁ…はぁ」
 
斎藤「……」



646 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:14:37.05 ID:2Sv6/oBgO

服部「ブチ殺す!!」ゴゴゴ…
 
斎藤「……やってみな」ゴゴゴ…
 
隠密「……」
 
忍者「……」
 
服部「おらぁ!!」バッ
 
 
斎藤「…………」ボゥン
 
 
服部「なっ!?消えただと!?」
 
斎藤「琴吹流…奥義…………」スッ
 
服部「…!!」
 
斎藤「雲淡・零式!!!!!!!!!」ガガガガガ…!!!!
 
服部「ぐわあああああぁぁああああ!!!!」



648 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:20:21.63 ID:2Sv6/oBgO

服部「負けだ…完敗だ…」
 
斎藤「……」
 
服部「…斎藤……ここまで来たらもう悔いはない…殺せ」
 
斎藤「…断る」
 
服部「…!」
 
服部「…貴様は!…武士の情けまで奪うつもりか!!」ガバッ
 
斎藤「違う」
 
服部「…?」
 
斎藤「お前は武士じゃない…俳諧師だ」
 
服部「…!」
 
斎藤「この戦が終わったら…俳句の旅に出ないか?」
 
服部「……斎藤。いいのか?」
 
斎藤「阿呆が。…私は冗談が嫌いだ」



651 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:26:46.69 ID:2Sv6/oBgO

柴田「利家!敵の翼を崩すぞ!!」
 
前田「ああ!!合点だ!!!」
 
柴田「まず目の前の2隊を崩す!!したらば本陣へ一直線だ!!」パカラッパカラッ
 
前田「へへ…!楽勝だな!!」パカラッパカラッ
 
――――――――
 
わあああぁぁぁ…!
 
中将「来ましたぞ…」
 
律「…あぁ…相手にとって不足無しだな」
 
律「(…聡は…私が守る…!!!)」ギュッ
 
律は手綱を握りしめた。迫り来る前田・柴田隊の恐怖に、胸が締め付けられるのをぐっとこらえた



653 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:32:03.93 ID:2Sv6/oBgO

前田「うおおおりゃああああぁぁ!!!」
 
前田隊3000が律の隊に突撃してきた。対して律隊は半分の1500。非常に手厳しかった
 
律「退くな!!当たるんだ!」
 
律は先頭に立って兵を鼓舞していた。しかし前田隊の猛攻は凄まじかった 
 
柴田「がっはっは!やりおるわい利家めが!」
 
柴田「いくぞ!!我らも突撃だ!!」ヒヒィーン
 
わあああぁぁぁ…!
 
律隊の側面から柴田隊が乱入してきた
 
律「…なにっ!?」



655 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:36:18.28 ID:2Sv6/oBgO

中将「律殿!!!」
 
律「あ…ああ!分かってる!!」
 
律「(てっきり3000が柴田・前田隊と思っていたが違うのか…!これはマズいな…)」
 
律隊は6000の軍勢で攻められていた。
えん月の陣で何とか持ちこたえていたが 崩壊するのは時間の問題だった
 
敵「やぁ!!」バッ
 
律「……くっ!」ガキンッ
 
 
しかし律は決して聡隊を呼ぼうとはしなかった



658 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:43:21.33 ID:2Sv6/oBgO

聡「…」オロオロ
 
中将「聡殿!律隊が前田・柴田隊の攻撃にあってます!!!」
 
聡「な、何だって!?」 
 
中将「すぐに援軍に行くべきです!!」
 
聡「だ…だけど姉ちゃんは動くなって…」
 
中将「……」
 
聡「……行きたいのは山々だけど……行けないよ!!」
 
中将「聡君。何のためにここに来たの?」
 
聡「…!」
 
中将「駄目よ逃げちゃ!お姉さんから…何より自分から!」
 
聡「……お、俺は…」




659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:44:54.19 ID:vVnEAGxV0

おい、エヴァ新劇場版見てきただろ



660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:45:00.13 ID:oAEC5lwdO

!!!



661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:46:19.20 ID:+aMfOHib0

誰だコイツ!!!



662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:47:06.69 ID:YD0eLXjT0

中将おおおおおおおおおおお!!





663 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:48:01.36 ID:2Sv6/oBgO

中将「…聡君!」
 
聡「……」
 
聡「前田隊に突撃をかます!!!」
 
中将「…!」
 
聡「(姉ちゃん…謙信公…!)」
 
聡「かぶいてやらぁ!!!!」ヒヒィーン
 
兵「おおおおぉ!!」
 
聡はすぐ前田隊の北側に迂回し、突撃をかました。
律隊同様騎馬で編成された聡隊にとって突撃は効果的であった



667 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:53:18.87 ID:2Sv6/oBgO

前田「おらおらおらぁ!!」
 
柴田隊が加勢したことで律隊に穴が空き、前田隊が突撃してきた
 
律「…くっ!」バッ
 
前田「…!」
 
前田「…敵武将見つけたぞ!!」
 
律「…い…」
 
混戦状態となった中、前田隊の前田利家と律隊の田井中律は出会ってしまった



669 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 15:54:31.27 ID:2Sv6/oBgO

前田「田井中律だな!貴様の名は尾張にも馳せているぞ!!」
 
律「……!!」ギリ
 
律は非常に焦っていた。ただでさえ劣勢な中に柴田隊が介入。
更に豪傑で知られる前田利家に出会ってしまったからだ
 
前田「田井中律……貴様に一騎打ちを申す!」
 
律「…!」
 
律「……」
 
前田「…怖いか?」
 
律「(ど…どうする)」
 
安価+5まで多
 
①一か八かだ!この劣勢を変えられるのはここしかない!
 
②無茶だ!逃げよう!!




670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:56:07.01 ID:YD0eLXjT0

1



671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:56:27.70 ID:zdAwtsd0O

難しいが聡が来てくれるなら…



672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:56:34.30 ID:euJ8GrIyO

1で聡をまつ



673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:57:38.81 ID:dMyhyqov0

前はこの展開でダメだったな・・・でも今度こそ1



674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:57:57.66 ID:Y6UnngfS0

ここで逃げるりっちゃんはりっちゃんじゃない!




675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:58:37.59 ID:FGSUK92H0

聡が来るまで持ちこたえられるか?
聡はすでに突撃している…
ああああああもう1だ!!!頑張れりっちゃん!



676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:58:38.89 ID:8gyFeZydO

かぶくんだろ?
1!



677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 15:58:40.80 ID:xQRNqKLZ0

1



678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 16:00:39.69 ID:787REyjuO

勝って!りっちゃあああああああああああああああんんんん





679 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:01:45.77 ID:2Sv6/oBgO

律「(…前田利家を討ち取れば…敵の士気は低くなる…)」
 
律「…いいだろう」
 
前田「…!」
 
前田「…いい度胸だ」ニヤッ
 
又左衛門の槍と呼ばれる前田利家。対するは鬼の二本槍と恐れられる田井中律
 
どちらも 元はかぶき者であり 出会ったところが違えば よき友になれたかもしれない…
 
律「…ふぅ…ふぅ」ジリジリ
 
前田「………ふっ…ふっ……」ジリジリ
 
2人には この時間がとても静かに感じた



684 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:07:34.75 ID:2Sv6/oBgO

律「(…みんな…そして聡……私は……)」ジリジリ
 
前田「…ふっ…ふっ」  
 
律「…はっ!」
 
先にしかけたのは律だった。律の両手の槍が利家の心臓を狙った
 
前田「!!」
 
しかし利家はしゃがんでそれを避けると そのまま律の身体にタックルした
 
律「がっ…!」ズザー
 
律はその衝撃で片方の槍を離してしまった
 
律「しまっ…!」
 
前田「……勝負あったな」スッ
 
転んだ律の目の前には大槍を構えてる利家の姿。律は目を瞑った
 
前田「さらばっ!!」バッ
 
律「(…無念!)」
 
ガキンッ



690 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:11:34.93 ID:2Sv6/oBgO

前田「…なっ!」
 
律「…ん?」
 
律は恐る恐る目を開けてみた。何があったのか理解出来なかった
 
驚いた。そこには虎の上衣を羽織った大きな聡の背中があったのだ
 
聡「…ぐぐぐ!」
 
前田「…ぬぬ…」
 
律「…聡」
 
大槍と大槍が拮抗しあっていた。利家は一度離れると聡に話しかけた



692 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:15:31.59 ID:2Sv6/oBgO

利家「…貴様…俺の槍を受け返すとは何者だ」
 
聡「…はぁ…はぁ」
 
聡「…俺は……平沢家武将!田井中聡だ!!」
 
律「…!」
 
前田「田井中……そうか。貴様、姉を助けに来たのか」
 
聡「……ああ」
 
前田「ならば!かぶいてみせよ!!いざ尋常に!!」
 
聡「…う」
 
聡の持つ槍は震えていた。流れで律を助けに来たが、
目の前には180もある大男。怖がるのも無理はなかった



693 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:19:53.85 ID:2Sv6/oBgO

律「…さ、聡!私のことはいいから逃げろ!」
 
聡「…はぁ…はぁ」
 
律「聡!!」
 
聡「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…!」
 
律「………!」
 
聡「俺は…」

前田「…!」
 
聡「天下無双の…大かぶきだ!!!!」バッ
 
前田「……」
 
前田「(まるで…慶次を見ているようだな………)」
 
聡「うおおおおぉぉ!!!!!!」ダッ
 
律「ダメだ聡!!」
 
前田「来い!!!」
 
――― 
―― 
― 



696 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:26:06.73 ID:2Sv6/oBgO

――その頃の南宮山
 
斎藤「いくぞはっちゃん!!!」バッ
 
服部「御意!!」バッ
 
忍者「Say!」ズバッ
 
敵「ぎゃぁ!」
 
隠密「破っ!」ドスッ
 
敵「ぐはっ!」
 
仙石「なんだ…騒がしい…」
 
金森「仙石殿!!平沢軍の奇襲です!」
 
仙石「な、なんやってぇー!!??」ズザー
 
金森「敵は寡兵ですがここは危険です!南宮山を下りましょう!(リアクション古…)」
 
仙石「わ、わかった!!すぐに反対側に退却だ!!」くるっ
 
金森「はっ!」



698 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:35:06.47 ID:2Sv6/oBgO

わあああぁぁぁ!!
 
和「きた…!」
 
澪「斎藤さんが成功した!」
 
梓「…」ドキドキ
 
澪「梓。先鋒のお前なら分かってると思うけど…決して油断はするな」
 
梓「当たり前です!」
 
澪「敵は混乱しているとはいえ私達の約3倍だ!」
 
梓「はい!」
 
http://imepita.jp/20090722/596180



701 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:40:28.65 ID:2Sv6/oBgO

金森「ん…あそこに布陣しているのは…?」パカラッパカラッ
 
金森「…!」パカラッパカラッ 
 
金森「しまった!!奇襲は我々を誘い出すための罠だったのか!」パカラッパカラッ
 
金森「全軍止まれー!!!止まるんだ!!」
 
敵「へ?止まるの?」ヒヒィーン
 
敵「マジ?止まるんかいな」ヒヒィーン
 
金森は混乱してしまい、山腹を降りる最中で急に停止を呼びかけた。
しかし当たり前なことに後から来る馬と馬がぶつかり、騎馬隊は崩れてしまった
 
澪「あれ?なんか様子がおかしいな…」
 
梓「勝手に自爆してますね…」



702 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:44:09.57 ID:2Sv6/oBgO

仙石「何してるんじゃい!おんどりゃクソ森!!!」パカラッパカラッ
 
後から来た仙石隊も山腹を下りる
 
金森「うぅ…すみません…」パカラッパカラッ
 
そして金森隊に被害をだしながらも仙石・金森隊はようやく麓までたどり着いた
 
仙石「なぁに!!大丈夫だ!そのまま突撃するぞ!!」パカラッパカラッ
 
金森「は、はい!」パカラッパカラッ
 
和「来るわよ澪…」
 
澪「……」




703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 16:45:39.63 ID:qgIJwCnW0

クソ森wwwwwwwwwwwwww



704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 16:45:57.79 ID:WhQvLmcD0

クソ森wwww



705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 16:46:11.97 ID:vVnEAGxV0

ダメだ…こいつら…早く…なんとかしないと…





706 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:47:45.84 ID:2Sv6/oBgO

わあああぁぁぁ!!
 
仙石「突撃だー!!」パカラッパカラッ
 
澪「唯!!」
 
ボオオォォォオン♪♪
 
澪のホラ貝ベースが響いた
 
唯「…!」
 
中将「唯様!」
 
唯「OK!!行くよギー馬!!!」ヒヒィーン
 
唯「突撃!!!!!!!!!!!!」バッ
 
兵「わあああぁぁぁ!!!!!」ダダダ!
 
伏兵の唯隊2000が無防備な仙石・金森隊の横を突く



708 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:52:56.45 ID:2Sv6/oBgO

唯「いっけえぇい!!」ドドド!
 
仙石「どひゃぁ!!伏兵じゃ!!」パカラッパカラッ
 
 
金森「…!」パカラッパカラッ 
 
和「私達も行くわよ!!」バッ
 
澪「梓っ!」
 
梓「はい!!」ヒヒィーン
 
 
斎藤「私らも行くとしますか…」
 
服部「関ヶ原…兵どもが…夢の跡」ボソッ
 
思わぬ唯の伏兵。万全の迎撃体制を組んだ澪・和・梓の隊。南宮山から追撃する斎藤・服部隊
 
この後どうなったかは説明するまでもないだろう



710 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 16:58:08.74 ID:2Sv6/oBgO

――――――――
 
律「…聡!!聡!!」ユサユサ
 
聡「……あ…姉ちゃん……」パチッ
 
律「…!」
 
律「…良かった」
 
目の前に霞んで見える律の顔。頭が揺れてるみたいだ
 
聡「……俺…どうなったの?」ムクリ
 
聡「!!そうだ!前田利家は!?柴田隊は!?」 
 
律「……」
 
聡「…姉ちゃん?」
 
律「笹尾山まで退却したよ」ニコッ
 
聡「…!!」



713 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 17:10:00.97 ID:2Sv6/oBgO

聡『うおりゃぁ!!』ブンッ
 
利家『むんっ!!』ガッ
 
 
聡と利家の一騎打ちは死闘そのものだった。槍を一振りするごとに風はざわめき、大地は唸った
 
前田『はぁ…はぁ…!貴様…!』
 
聡『…はぁはぁ…』
 
前田『これで最後だああああぁぁ!!』バッ
 
利家は最後の力を賭けて聡に突進した
 
利家の大槍が聡の顔を目掛けて飛んだ
 
聡『……っ!』
 
前田『…!』
 
聡から血が吹き出た。ほっぺをかする利家の槍  
 
前田『…しまっ』
 
聡『目標をセンターに入れて突く……』
 
前田『…!』
 
ドスッ



717 名前:◆sd/yNUiLTM :2009/07/22(水) 17:15:19.68 ID:2Sv6/oBgO

律「お前は立派だよ…聡」ギュッ
 
聡「……姉ちゃん…痛いよ…」
 
律「おお!すまんすまん!」
 
律「しっかし…ほんと…堺の女の子に見せてやりたいぜ…!」
 
聡「は…はは」
 
前田利家が聡に敗れ、士気を失った前田隊は柴田隊とともに退却した
 
律・聡隊は追撃する力こそなかったが、あの精鋭された前田・柴田隊を追い返したのだ
 
これで右翼からの本陣の安全を保証できた東軍であった



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「天下とりたい!」#6
[ 2011/06/16 01:10 ] 歴史 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6